goo

今日の議会質問から

昨日もそうでしたが、今日も防災に関する質問が続きました。

たとえば、
1)市の本庁舎は耐震性はあるのか?・・・震度6から7程度でもほぼ大丈夫

2)避難所に公衆無線LANがあれば非常時の通信に使えるので、公共施設にWi-Fiを設置してはどうか?
・・・市立図書館と博物館と地区公民館に設置する計画がある(吹田市情報化推進計画)
   現在、図書館3館(千里、千里山佐井寺、山田)に設置済み

3)非常用物資の備蓄は?・・・吹田市立サッカースタジアムにも備蓄している

4)個人の非常用物資の備蓄は?・・・以前は3日間分と言われていたが、東日本大震災以降、7日間の備蓄が必要

5)耐震性防火水槽・・・毎年1基ずつ増やしており、現在市内には65基あり

ほかにも待機児童解消アクションプランに関する質問も続きました。

私も今日の午後、質問しました。

今回の質問のメインは、手話通訳者の配置と派遣について、と、みどり政策についてでした。
得るものもありましたし、分かったこともありました。

わかったことの大きな一つは、吹田市民病院には手話通訳者がいるということです。
昨年7月定例会の質問に対しては、「いない」との答弁だったので
病院に手話通訳者を設置するように要請してほしいと質問しました。

すると答弁は、「医療事務を委託している事業者には契約仕様書に手話通訳ができる者を置くとしているので、今年度も設置している」とのことでした。

昨年の答弁がなぜ「いない」だったのかは、深く追求しませんでしたが、とにかく、いるということが分かったので、手話通訳を必要としている聴覚障害のある患者さんが安心して市民病院にかかることができるよう、ちゃんとアナウンス、広報するよう求めました。

『未来にまっすぐ』をご覧いただいたみなさまへ ブログランキングに参加しています。下のバナー(政治家と書いた紫色のマーク)テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。ご協力よろしくお願いします。 にほんブログ村 (政治家・市区町村)
コメント(0)|Trackback(0)
« 5月19日(木)の... 5月20日(金)の... »
?
?