goo

ローカル・マニフェスト推進連盟関西勉強会

今日の午後は大阪市内北浜でのローカル・マニフェスト推進連盟関西勉強会に参加しました。

今日は三重県津市でも三重県地方自治研究センター主催の「議会改革シンポジウム」があり、
両方重なっていたので、どちらに行くか、とても迷ったのですが、
結局、場所が近いといういことで、こちらを選ばせていただきました。

先日のマニフェスト大賞を受賞された方々の報告もあり、
新たな出会いと学びもありました。

先日、議会運営委員会の視察で寄せていただいた可児市議会の川上議員も来られていたので
視察のお礼を伝えました。

明日は、オプションとして伊丹市の視察をさせていただきます。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

フューチャー・デザイン シンポジウム

午前中は、事務所で作業をしていました。

午後からも作業するつもりでいたところ、
フューチャー・デザインのシンポジウムに申し込んでいたことを思い出し
急いでシンポジウム会場の大阪大学の銀杏会館に向かいました。

乗ったモノレールはひよこちゃんのラッピング車両、なんとなくウキウキします。



【プログラム】
13:30 開会挨拶:小林 傳司 (日本学術会議第一部会員、大阪大学理事・副学長)

13:40 講演①『未来社会デザインと工学の役割』
田中 敏宏 (日本学術会議連携会員、大阪大学大学院工学研究科長)

14:20 講演② 『フューチャーデザイン:持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために』
西條 辰義 (日本学術会議第一部会員、総合地球環境学研究所特任教授・高知工科大学フューチャー・デザイン研究所長)

15:00 講演➂ 『フューチャー・デザイン:社会科学的観点からの展望』
小林 慶一郎 (慶応義塾大学経済学部教授)

休憩(10分)

15:50 講演④ 『フューチャーデザインの応用と社会実装』
原 圭史郎 (日本学術会議連携会員、大阪大学大学院工学研究科附属オープンイノベーション教育研究センター フューチャー・デザイン部門長・准教授)

16:30 講演④ 『フューチャー・デザインとリスクコミュニケーション』
倉敷 哲生 (大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻教授)

17:10 閉会挨拶:林 高史 (大阪大学大学院工学研究科附属オープンイノベーション教育研究センター長)

17:20 シンポジウム終了




遅れて参加しましたので、西條先生の途中からしかお話聞けませんでした。

原先生のお話の中では、吹田市の環境基本計画の策定にフューチャー・デザインの手法を取り入れたとのことでした。

将来世代人になりきって、将来から現在を見る(バックキャスト)
そして考える、話し合う。

将来世代のグループと、現世代のグループに分かれて考えることもあるけれど
同じグループが将来世代と現世代の両方を経験することもあるそうです。

相対的に、現世代として政策を考えたときは身近な政策を
将来世代として政策を考えたときは、大所高所からの政策を考える傾向があるそうです。

私が環境リスクマネジメントの講座を受講したときの先生のうちのおひとりであった倉敷先生は、リスクコミュニケーションとの関連のお話をしてくださいました。

一度、私も将来世代の人を体験してみたいと思います。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

議会運営委員会視察(可児市議会)

視察の二日目は岐阜県可児市の議会です。



こちらも視察対応は、議長さん、副議長さんで、サブで議会事務局長さんがついておられました。



可児市議会も議会改革のこと、議会基本条例、議会報告会、ICT、サイボーズの会議ソフトを使って委員間協議するとか、予算決算サイクルのこと、などなど、ほんとすごいです。





私が質問したのは、予算、決算の分科会のこと、吹田市議会の分科会では質疑をしますが、可児市議会では、分科会は、それまでに議員個人が行った質疑応答を参考に、分科会としての提言をまとめる場所だそうです。

それから、委員会代表質問があるというので、会派代表質問や議員個人質問との日程や順番は?と尋ねたところ、
会派代表質問はしていないとのことで、委員会代表質問があれば先にして(委員長に限らず、委員会の委員がだれか1人代表で質問する)その後、議員個人の一般質問をするそうです。

また、予算や決算の付帯決議や提言については、予算、決算への賛否は賛否、付帯決議や提言は別としているので、賛否が割れても決議や提言は全会一致できるとのことでした。

議員人数が22人ということもあるのかもしれませんが、うまく議員間でやり取りできる、ちょうどよい規模なのかな、なんて思いました。

議場も見せていただきました。



可児市の花がバラということで、議長席の前にバラのアレンジメント(実は造花?)が置かれていて、
それだけでも雰囲気が良くなるなぁと思います。

可児市議会では一問一答方式だけでなく、一括質問一括答弁の場合でも対面式で行うそうです。

雨が降って大変かな、と思っていましたが、そんなにひどく降らなくて助かりました。

JR可児駅から帰る前、時間があったので駅前に新しくできている子育て健康センターのmanoに立ち寄りました。
特に見学はお願いしていなかったので、あちこち自由に見て回りました。

駅からの入り口側は屋根のある広場


吹き抜けの気持ちの良い空間


入り口から向こうの別の入り口まで見渡せます


天井は木材のルーバーで間接照明、配線など隠しています


みんなの書斎と書かれていて、自由に本が読めます




お土産も販売していて案内所も兼ねています
広々したフロアの真ん中に島のようになっていて
360度から中が見えます




中央児童センター


大阪に戻ってきたときも路面は濡れていましたが、雨は降っていなくて、よかったです。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

議会運営委員会の視察(江南市議会)

10月3日は、朝から名古屋経由で江南市に行き、江南市議会の議会改革のことなど説明を受けました。

対応してくださる予定時刻より早く着いたので、市役所内を見学。

江南市は曼陀羅寺の藤が有名ということで
マスコットキャラクターは藤花(とうか)ちゃん


物産がたくさん


特に日本酒がいろいろあって、乾杯条例がありました


吹田市と同じく健康づくりに力をいれているようです


議会改革の主役は議員ですので、副議長(議長さんは公務でお留守)さんも最後まで同席され、議会改革特別委員会の委員長さんとICT推進委員会の委員長さんが視察の対応をしてくださいました。



議会基本条例、政治倫理条例、議会報告と市民との意見交換会、もちろんICTの推進のこと、などなど、盛りだくさんの内容を、ざっくばらんに説明していただき、とても勉強になりました。

質疑応答では、先日の議会事務局研究会で話題になった、代表監査委員が質疑応答するかどうかについて、江南市議会では予算、決算の議会に代表監査委員が出席し、答弁もしているとのことでした。

また、興味深かったのは、吹田市議会では委員会室で質疑する議員は座って発言するけれど、答弁する執行部職員は立って発言するのですが、江南市議会では、両者とも座って発言するとのことでした。
その理由は、委員会が始まるときの市長挨拶は立って行うけれど、答弁の時はマイクの高さを考えれば座って発言しないといけないでしょう、とのこと、そりゃ、そうだ、と思いました。
吹田市議会も委員会では座って答弁してもらうほうがいいのではないかしら?
だって、立って発言されるので聞き取りにくいときありますし、手持ち資料を見ながら答弁するなら立つより、座ってのほうが合理的ですよね。

政治倫理の条例についても質問したいこともありましたが、私ばかり質問しても悪いので止めました。

議場も見せていただきました。
今任期の初めに耐震工事をするときに改修工事もされたとのことです。
議員席にはICTのタブレットにも使えるようにコンセントがあったり、
質問席にはコードがあって、タブレットやスマートフォンに差し込むと
それらの中にある画像やデータを議場内にあるモニターに映せるようになっていました。



傍聴席まで階段でないと行けないとのことで、議席と同じフロアの一角に足の不自由な方用の場所があります


また質問席の原稿台は上下動かすことができ、車いす対応、質問者の背の高さにも対応できます。


いいな、いいな、と思うところたくさんありました。

*昨夜はホテルに宿泊し、ブログアップできなかったので帰宅してからアップしています。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

議員研修 

午前中に、先日、参加した研修報告書を作成し、その後、市役所に向かいました。

午後2時から、議員研修として、国会図書館の方に、図書館を用いて資料検索、政策立案につながるデータ検索とその活用について学びました。

ちょっとまだ本調子出ていないので、今日はここまで。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

北九州市 子ども食堂の視察

健康福祉委員会の視察二日目は北九州市の子ども食堂の視察です。

市役所でお話を聞くのではなく、実際に子ども食堂をしている尾倉市民センターでお話を聞きました。

声が少し出ましたので、質問も少しだけしました。

子ども食堂では、子どもたちに食事を提供するだけでなく、調理も教えているということについて尋ねました。
子ども食堂は月に1回とか多いところでも週に2回で、食事は毎日のことなので、
子どもたちが自分でご飯を炊いたり、ちょっとしたおかずを作ったりできるように、教えているとのことでした。
これって、とっても大事なことだと思います。

また、宿題を見ているということでした。
ボランティアで大学生が入ってくれていて、子どもたちの宿題を見てくれるので
子ども食堂に来ている子どもたちは、それまでよく宿題を忘れていた子どもも忘れなくなったそうです。

教育委員会の学習支援と同じですか、別ですかと尋ねたところ、
別だけれど、連携をとっていて、別の日に開催するようにしていて
子どもたちが、両方にさんかできるようにしているそうです。

お話を聞いていて思ったのは、なんでもそうですが、仕組みを作っても
それを動かすのは人で、その人たちをコーディネート、調整する役割の職員さんがどれだけ熱心にかかわってくれるか、そういうことが事業や施策の成功を生むのだと思いました。

家には早く帰ったので、ちょっとだけ食べて薬飲んで寝ました。

(なので、この記事は、本当は10日に書いています)

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

福岡100の視察

朝、新大阪から新幹線で博多まで行き、地下鉄で天神駅まで移動して、福岡市役所につきました。

市役所の議会の委員会室で、福岡100(100歳まで健康に生きるためにという意味)の施策について説明を受け、質疑応答がありました。

私は声が出ないので、皆さんの質問を聞くだけでした。

そのあとは、翌日の視察先、北九州市に移動しておくほうが都合がよいということで
また地下鉄で博多駅に戻り、新幹線で小倉駅まで移動し、徒歩でホテルにつきました。

夜ごはんの後は、まだどこかのお店に行かれる方もいましたが、私は声も出ないし、しんどいのでホテルに帰って寝ました。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

研修2日目 昨夜は東京タワーへ

今日の研修は、議員の資質向上、待遇(定数、報酬額、政務活動費)についてでした。

政務活動費は、「調査研究等その経費の一部にあてる」となっているのだから、
第一に調査研究費に使うべきだ、との講師の考え、なるほどと思いました。

研修は議員の資質向上のため、であれば議員報酬から使ったらよいとのこと。
これもなるほどとは思いましたが、吹田市議会の場合、研修にも使えるようになっているので、いいのかな、と。

政務活動費関連の裁判の判例によると、使途基準にあるから大丈夫ではなく、
もし返還請求の訴えを起こされたとき、政務活動費で使う理由を証明(立証)できなければ、負けるということでした。

講義のあとの質問で、議員報酬は、県議も市議、町議も、住民に対することは同じようなことをしているのに報酬額が違うのはどうかと思う、例えば慶弔費についても県議よりも市議、町議のほうが住民との関係が密だから、たくさん必要になるので・・・という意見がありました。
ちょっと待ってよ~。慶弔費って香典とかお祝金とか、そういうの出すこと自体、公職選挙法違反になるでしょう、と突っ込みたくなりました。

さて、昨夜は何十年ぶりでしょうか、東京タワーに行ってきました。
中学校の修学旅行で東京タワーに行ったはずですがあまり記憶がなく
でも家に東京タワーのお土産があったと思うので、行っているんですよね。

高さ150メートルのメインデッキまで登りましたが(チケット900円)
シースルーになっていて下がみえるようになっているところは
落ちるはずないんだけれど、覗き込むだけでも怖かったです。

250メートルの特別展望台には2800円のチケットで登れるのですが
高いところ苦手だから、やめておきました。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

研修で東京に

春から。議員向け研修に参加しようと、予約をしていたのに、会派が変わったり、また、次は全員協議会があるかも、と言われてキャンセルし、やっと今回の研修に参加できました。

研修の内容は、議員力、議会力をつけることです。

レポートは帰ってからまとめますが、議員個人がいくら力を付けても、それは即その議会の力になる訳ではなく、議会力をつける、向上させるためには、議長がリーダーシップを発揮できるようにする事だと学びました。

単に名誉のために議長になりたい人ではなく、議会力を高め、二元代表制の一翼を担う議会として、市長と対峙できる力をつけること、対峙すること、そのために議長になってリーダーシップを発揮するするために議長になりたい人、なってほしい人が必要だと思いました。

さて、研修会場は、浜松町駅からすぐの世界貿易センタービルの38階にある会議室でした。

浜松町駅に下車するのは初めて(だと思う)で、東京タワーが近くにありました。
また、会議室の窓からは、遠くに羽田空港がみえるらしいのですが、飛行機は見えましたが空港まではちょっと見えなかったかな。
でも、海が見える景色っていいな、と思いました。

明日もしっかり学んで帰ります。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)

第14回地方議員特別セミナーin鈴鹿

午後から鈴鹿市の市民会館で開催される特別セミナーに参加するため
朝から阪急ー地下鉄ー近鉄を乗り継いで鈴鹿市に行ってきました。

鈴鹿市に行くのは初めてで、地図で見ると近鉄の鈴鹿市駅から徒歩数分の所にある市役所の隣とのこと。
駅を降りてその方向を見ると、周りの建物は低いのに、とびぬけて高い15階建ての建物(市役所)がありました。

その隣に市民会館がありましたが、入り口がよくわからない建物で、「入り口はこちら」と書いているほうに行くと、扉があっても入れず、階段かエレベータで2階にある展示室(今日はこの部屋でセミナーが開催されました)にだけ行ける、というちょっと不思議なシチュエーションでした。

ともかく、セミナー会場に少し早く着いたので、受付の名札の準備など手伝い、セミナーが始まりました。





最初はSIB(ソーシャルインパクトボンドSocial Impact Bond)についての説明と実際に自治体と組んで行った事例の紹介でした。

後半は、構想日本の事業仕分け、ではなくて、「公益とは」のレクチャーの後、グループに分かれて、実際に鈴鹿市の予算要求書資料を材料に、委員会のように質疑応答をして、最終的に結論を出すワークをしました。

質疑に応答してくださるのは、鈴鹿市の職員さんが来てくださっていました。

私のグループは、鈴鹿市の自転車駐車場の事業予算について質疑をし、付帯決議をつけての賛成となりました。
*付帯決議は、駐車場の土地(借地)の賃借料がバブル時期に決めたまま、ずっとそのままだとわかりましたので早急に賃借料を見直すことを求めるものです。

実際の予算審査では、一つ一つの事業ごとに賛否を問うものではないですが、決算審査において、事業ごとにしっかり質疑し、その結果を次年度の予算に生かす、ということが大事ではないかということでした。

ブログランキングに参加しています。 テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 (政治家・市区町村)

コメント(0)|Trackback(0)
« 前ページ   
?
?