みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

9月28日(水)のつぶやき

2016-09-29 01:08:22 | 花/美しいもの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乳幼児の重症化防げ せきや高熱…RSウイルス感染症/RSウイルス感染症Q&A(厚労省)

2016-09-28 21:00:48 | ほん/新聞/ニュース
やっとお日さまが顔を出した晴れ間に、
庭の彼岸花を撮りました。


栽培種のピンクの彼岸花。

朝陽があたるとイエローがかって見えます。
   
道の下のハウス北の彼岸花。

花が増えてきたので、また庭に球根を植えかえようと思っています。


クリック してね 
人気ブログランキングへ

ところで、
今年も9月に入って、呼吸器の感染症の、RSウイルス②かかる人が広がっているようです。

一歳未満の小さな子がかかると重症化することがあるので要注意。
抵抗力が落ちているひとや高齢者もリスクが高いそうです。

中日新聞生活面、徳島新聞の記事、
厚労省の「RSウイルス感染症Q&A」の情報を紹介します。

  乳幼児の重症化防げ せきや高熱…RSウイルス感染症
2016年9月27日 中日新聞

 秋から冬にかけて乳幼児を中心に流行するRSウイルス感染症の患者数が増加している。今月11日までの1週間に報告された患者数は、今の統計方法になった2012年以降で最多(同期比)。乳幼児の場合は重い肺炎などを起こして入院するリスクが高いため、専門家は「小さな子どもがいる家庭では、日頃から手洗いなどの対策を」としている。

 さいたま市の女性(32)の長女(当時九カ月)は昨年十二月、軽いせきと鼻水の症状が出た。「風邪をひいたかな」と女性は思ったが、長女は十日後から急に四〇度の高熱を出したため、小児科を受診。その後も高熱が三日間続き、嘔吐(おうと)もするようになったため入院し、RSウイルス感染症と診断された。入院は八日間に及んだ。

 女性は「自宅で看病していたら、良くなるどころかどんどん病状がひどくなった。呼吸があまりにも苦しそうで、死んでしまうのではないかと思った」と振り返る。長女の前には、上の兄二人がRSウイルスに感染しており、三歳の次男も高熱が出た一方で、六歳の長男は鼻風邪程度だった。

 東京都立小児総合医療センター感染症科医長の堀越裕歩さん(41)は「乳幼児は急激に病状が重くなる場合が多く、状態の急変に注意が必要です」と話す。

 国立感染症研究所(感染研)によると、RSウイルス感染症は一歳までに六割の子が、二歳までにほとんどの子が感染する。ただ、はしかや水ぼうそうなど、一度かかると免疫ができてかかりにくくなる病気と違い、繰り返し感染するのが特徴だ。

 感染後、四~五日の潜伏期間をへて、三八~三九度の発熱や鼻水、せきなどが出る。健康な大人は、鼻からのどまでの上気道に炎症が出るだけで終わることが多い。重症化すると、気管や肺など、より深い下気道にまで症状が広がり、細気管支炎や肺炎などを起こす。

 初めて感染する一歳未満の乳児や、心臓や呼吸器などに病気がある子ども、高齢者は重症化のリスクが高い。呼吸が苦しくなった場合は入院が必要になり、先進国では乳幼児が入院する主な原因となっている。

 有効な抗ウイルス薬はない。入院しても酸素吸入や気管支を広げる薬の投与など、呼吸を助ける治療で自然回復を待つしかないという。医薬品メーカー「アッヴィ合同会社」(東京都)が、RSウイルス感染症で入院した三歳未満の子どもを持つ親百三人に聞いた調査では、最初に症状が出てから入院までの期間の平均は二・九日で、入院期間の平均は六・七日だった。

 感染者のくしゃみやせきなどの飛沫(ひまつ)を吸い込んだり、ウイルスが付いたものを手で触り、目や鼻の粘膜に付着したりすることで感染する。堀越さんは「対策はなるべく感染しないこと」と指摘して、「重症化するリスクが高い乳幼児がいる家庭では、日常的に手洗いを心掛け、せきが出るときにはマスクをするなどの対策をしてほしい」と呼び掛ける。

 感染研のまとめによると、全国約三千の小児科医療機関から報告された患者数は、九月五~十一日で三千三百四十七人。例年、年末にピークを迎えることから、注意を呼び掛けている。
 (稲田雅文) 


  RSウィルス感染症(1)
2016/9/8 17:15 徳島新聞

 徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)
 子どもの呼吸器系の感染症は秋から冬に流行することが多く、その多くはウィルス感染症です。ウィルス感染症に対する治療は対症療法に限られます。しかし中にはマイコプラズマや百日咳のように適切な抗生剤療法が必要な疾患もありますから正しい診断をつける必要があります。今月は呼吸器感染症の代表的な疾患であるRSウィルス感染症についてお話します。

 RSウィルス感染症が重要な疾患である理由は新生児や乳児期早期に罹ると無呼吸や重篤な呼吸障害を発生する可能性がある点と、RSウィルスに罹患した児がその後喘鳴を反復したり喘息様症状を示すことがある点です。

 RSウィルス感染症の流行は地域によって多少異なりますが、毎年9月頃から翌年3月位までに見られます。

 このウィルスは鼻粘膜に感染して咳や鼻水などの感冒症状を示します。RSウィルスには1歳までに7割の子どもが罹り、2歳までにほぼ100%の子どもが一度は罹るとされます。さらに反復して感染すると言われます。また母体からの移行抗体は感染予防には効果が不十分であり、新生児や乳児期早期にもこのウィルスに感染することが知らされています。

 RSウィルスの潜伏期間は3~5日間です。患者の鼻水や飛沫によって感染します。ウィルスのついた手で鼻や目を触ると感染して鼻粘膜に感染を起こします。

 RSウィルスは再感染しますから年長児でも成人でも感染して感染源になります。新生児や乳児期早期には免疫があると思っていても咳エチケットなどの感染予防策を実施することが大切です。 


  RSウィルス感染症(2)
2016/9/15 徳島新聞

 徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)
 RSウィルスは鼻粘膜に感染するウィルスです。感染すると3~5日の潜伏期間を経て発病し、まず上気道炎が出現します。鼻水が出て発熱することもありますが、咳は少し遅れて見られます。年長児や成人では上気道炎の症状のみで数日で回復しますが、乳幼児では咳が増加してクループ症候群、気管支炎、細気管支炎、肺炎など、病気が下気道に広がっていくことがあります。

 RSウィルスの病変が上気道から下気道に広がると喉頭から気管、気管支、細気管支、肺胞へと病変が進行します。それに伴って咳の増加、喘鳴の出現、多呼吸となり、陥没呼吸などの努力呼吸が著名になり、これに加えて哺乳力の低下による脱水症を起こし、低酸素血症となれば入院管理が必要になります。

 この中で乳児にとって重大な病態は細気管支炎です。これはRSウィルスの感染による気道粘膜の浮腫、粘液産生の増加、気道上皮細胞の壊死による剥離、気道周囲の炎症細胞浸潤などによって気道内腔が狭窄します。その結果、喘鳴が聴取され肺の過膨張や無気肺が発生してガス交換が障害され低酸素血症となります。

 このような呼吸障害の状態は呼吸機能が未熟な早産児や血行動態の異常がある先天性心疾患児、免疫不全児、ダウン症候群などでは発生しやすくRSウィルス感染症の重症化が見られることが知られています。

 RSウィルス感染症に対して特別な治療法はありません。治療は去痰剤や吸入療法などを中心に対症療法が中心になります。感染予防に注意することが大切です。  


  RSウィルス感染症(3)
2016/9/22 徳島新聞

 徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)
 RSウィルス感染症には再感染が多く、流行期には年長児や成人など多くの感染者が存在しますから抵抗力のない新生児や乳児には感染機会が多くなります。感染した児の全てが重症化する訳ではありませんが、呼吸器系の未熟な早産児や呼吸循環器系に基礎疾患の有る児は重症化しやすいことが知られています。

 RSウィルス感染症は迅速診断キットで簡単に診断されるようになりました。2歳ころまでに全ての児が一度は罹る疾患であると言われます。本ウィルスは再感染が多く、感染を繰り返す度に症状は軽くなり単なる感冒で終わるようになります。初感染では重症化することがあり注意が必要です。

 RSウィルス感染症の治療には対症療法しかありません。年長児や成人では上気道炎の症状のみで終わりますが、早産児や先天性心疾患児では呼吸障害が重症化することが知られています。重症化することが予想される状態や疾患に対してはRSウィルスを構成するF蛋白に対するモノクローナル抗体の注射薬パリビズマブを使用して重症化を予防する処置が行われています。

 パリビズマブは非常に高価な薬剤ですから乳児全員に投与する訳にはいきません。在胎36週未満の早産児、血行動態に異常のある先天性心疾患児、ダウン症候群、免疫不全児には保険診療でパリビズマブの投与が可能です。RSウィルスの流行期間に1カ月1回の注射によってRSウィルスの感染を予防することが出来ます。

 RSウィルスに対しては感染者からの隔離、手洗いやマスク、せきエチケットなどによる感染予防策を講じることが大切です。 


  RSウイルス感染症Q&A(平成26年12月26日)
厚生労働省HP 

RSウイルスについて一般の方々に理解を深めていただけるよう、Q&Aを作成しました。なお、今後の知見の進展等に対応して、逐次、このQ&Aを更新していくこととしています。

Q1.
 RSウイルス感染症とはどのような病気ですか?
A1.
 RSウイルス感染症(respiratory syncytial virus infection)は、RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。RSウイルスは日本を含め世界中に分布しています。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています( 国立感染症研究所 ホームページ:IDWR2013年第36号<注目すべき感染症>RSウイルス感染症参照 )。症状としては、軽い風邪様の症状から重い肺炎まで様々です。しかしながら、初めて感染発症した場合は重くなりやすいといわれており、乳期、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。そのため、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)のお子さんがいらっしゃる場合には、感染を避けるための注意が必要です。

Q2.
 今年(平成26年)のRSウイルス感染症の発生状況はどのような状況なのでしょうか?
A2.
 RSウイルス感染症は例年冬期に報告数のピークが見られ、夏季は報告数が少ない状態が続いていましたが、2011年以降、7月頃から報告数の増加傾向がみられています。2014年の報告数は第30週から徐々に増加傾向がみられ、第34週から第37週にかけて急速な増加がみられました。さらに第45週以降、急激な増加が見られています(第50週現在)。今後の発生動向について、さらなる注意が必要です。

Q3.
 RSウイルスはどのように感染しますか。
A3.
 RSウイルス感染症はRSウイルスに感染している人が咳やくしゃみ、又は会話をした際に飛び散るしぶきを浴びて吸い込む飛まつ感染や、感染している人との直接の濃厚接触や、ウイルスがついている手指や物品(ドアノブ、手すり、スイッチ、机、椅子、おもちゃ、コップ等)を触ったり又はなめたりすることによる間接的な接触感染で感染します(国立感染症研究所 ホームページ:同上 )。
 RSウイルスが麻疹や水痘、結核のように空気感染(飛沫核感染)するといった報告はありません。

Q4.
 RSウイルスに感染すると、どのような症状が出ますか?また、感染してからどのくらいの時間で発症しますか?
A4.
 通常RSウイルスに感染してから2~8日、典型的には4~6日間の潜伏期間を経て発熱、鼻汁などの症状が数日続きます。多くは軽症で済みますが、重くなる場合には、その後咳がひどくなる、喘鳴が出る、呼吸困難となるなどの症状が出現し、場合によっては、細気管支炎、肺炎へと進展していきます。初感染乳幼児の約7割は、鼻汁などの上気道炎症状のみで数日のうちに軽快しますが、約3割では咳が悪化し、喘鳴、呼吸困難症状などが出現します。低出生体重児や、心臓や肺に基礎疾患があったり、神経や筋肉の疾患があったり、免疫不全が存在する場合には重症化のリスクは高まります。重篤な合併症として注意すべきものには、無呼吸発作、急性脳症等があります。生後1か月未満の児がRSウイルスに感染した場合は、非定型的な症状を呈するために診断が困難な場合があり、また突然死に繋がる無呼吸発作を起こすことがあります。
 RSウイルスは生涯にわたって感染を繰り返し、幼児期における再感染での発症はよくみられ、その多くは軽い症状です。
 成人では通常は感冒様症状のみですが、RSウイルスに感染した小児を看護する保護者や医療スタッフでは、一度に大量のウイルスに曝露して感染することによって、症状が重くなる場合があります。また、RSウイルスは高齢者においても急性のしばしば重症の下気道炎を起こす原因となることが知られていて、特に長期療養施設内での集団発生が問題となる場合があります( 国立感染症研究所感染症疫学センターホームページ「感染症の話:RSウイルス感染症」参照 )。

Q5.
 特に感染しないように注意すべき人はどのような人ですか?
A5.
 感染によって重症化するリスクの高い基礎疾患を有する小児(特に早産児や生後24か月以下で心臓や肺に基礎疾患がある小児、神経・筋疾患やあるいは免疫不全の基礎疾患を有する小児等)や、生後3か月以内の乳児への感染には特に注意が必要です。

Q6.
 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいですか。
A6.
 RSウイルス感染症の感染経路は飛沫感染と接触感染で、発症の中心は0歳児と1歳児です。一方、再感染以降では感冒様症状又は気管支炎症状のみである場合が多いことから、RSウイルス感染症であるとは気付かれてない年長児や成人が存在しています。従って、咳等の呼吸器症状を認める年長児や成人は、可能な限り0歳児と1歳児との接触を避けることが乳幼児の発症予防に繋がります。また、0歳児と1歳児に日常的に接する人は、RSウイルス感染症の流行時期はもちろんのこと、流行時期でなくても、咳などの呼吸器症状がある場合は飛沫感染対策としてマスクを着用して0歳児、1歳児に接することが大切です。接触感染対策としては、子どもたちが日常的に触れるおもちゃ、手すりなどはこまめにアルコールや塩素系の消毒剤等で消毒し、流水・石鹸による手洗いか又はアルコール製剤による手指衛生の励行を行います。

Q7.
 治療方法はありますか。
A7.
 RSウイルス感染症には特効薬はありません。治療は基本的には対症療法(症状を和らげる治療)を行います。

Q8.
 ワクチン接種などの予防策はありますか?
A8.
 現在、ワクチンはありません。
 その他の方法としては、遺伝子組換え技術を用いて作成されたモノクローナル抗体製剤であるパリビズマブ(Palivizumab)の投与があります。RSウイルス感染症の流行初期に投与し始めて流行期も引き続き1か月毎に筋肉注射することにより、重篤な下気道炎症状の発症の抑制が期待できます。投与対象患者となっているのは以下の方です。
・在胎期間28週以下の早産で、12カ月齢以下の新生児及び乳児
・在胎期間29~35週の早産で、6カ月齢以下の新生児及び乳児
・過去6カ月以内に気管支肺異形成症の治療を受けた24カ月齢以下の新生児、乳児及び幼児
・24カ月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患の新生児、乳児及び幼児
・24ヵ月齢以下の免疫不全を伴う新生児,乳児および幼児*
・24ヵ月齢以下のダウン症候群の新生児,乳児および幼児*

 *本剤の添付文書では、投与に際しては学会等から提唱されているガイドライン等を参考とし、個々の症例ごとに本剤の適用を考慮すること、とされています。
 なお、パリビズマブ製剤の投与は保険適用となっています。

<このQ&Aは、国立感染症研究所の先生方のご協力により作成しました>


最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ
クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月27日(火)のつぶやき

2016-09-28 01:09:25 | 花/美しいもの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪/耐震シェルター設置工事、完了しました!

2016-09-27 18:44:38 | ほん/新聞/ニュース
おび杉の床材も張り終えて、耐震シェルター設置工事が終わりました。
メーカーの担当者がやってきて完了の確認もすんだので、
きょうから晴れて、部屋として使えます。

テレビやパソコン、テーブルなどを戻す前に、
記念写真を撮っておきましょう。
   
寝ているとき以外は、ほとんどこの範囲で仕事をしたり、
食事をしたりしているので、この中にいる限り、
大地震で家が倒壊しても、隙間ができるので、いのちだけは助かるとか。
   
近くにいる子どもたちに、
いざという時は助け出してもらうように、よく頼んでおきましょう(笑)。

冬場は薪ストーブなので、太い梁が薪ストーブを直撃して、
火事になったら?という心配は残ります。

とはいえ、
工事が終わって、真新しい部屋にはいれるのはうれしいし、
やさしい杉の無垢材の感触も、ここちよいです。

クリック してね 


ところで、
昨日の毎日新聞の刊の特集ワイドは、テレビ面にドカンと載っていて、
小泉今日子さんと上野千鶴子さんの女性誌での対談の発言がテーマ。

もとになった対談は読んで共感しましたが、
この毎日の記事もとっても良いので紹介します。

  「特集ワイド アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
毎日新聞2016年9月26日 

「美魔女」現象に反旗 若さより「年相応の美」 シワも「大切な自分自身」
 「アンチエイジングって言葉が、大嫌い」。女性誌の対談で、こうハッキリと時流に反旗を翻した人気女優の小泉今日子さん(50)と社会学者の上野千鶴子さん(68)の発言に、女性の共感が広がっている。テレビでは若づくりの「美魔女」がもてはやされてきたが、これに徹底抗戦する構えだ。一体何が起きているのか−−。【横田愛】

<小泉今日子>亡き父との思い出語る 「本当にウマが合った」
 小泉さんと言えば、アイドル時代の輝きが加齢とともに増すイメージで、2000年の化粧品コマーシャルのキャッチコピーは「さびない、ひと。」。アンチエイジングの女神にもなれそうな立場だが、表面的な「若さ信仰」にモノ申したのだ。

 注目の対談は、40代向け女性誌「GLOW」(宝島社)9月号に掲載された。「アンチエイジングって言葉が、大嫌いなんです」と切り出した上野さんに、小泉さんは日ごろの思いを爆発させるかのように、次のように語った。

 「私もです。ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから『かわいい』って言われる中に、『若い!』という声が入ってくるようになって。これ違くない? 喜んじゃいけないんじゃない? って」

 実年齢より若く見えることを尊ぶ「美魔女」現象への批判にも小泉さんは同調し「これは抵抗しなきゃと。私は『中年の星』でいいんじゃないかと思ってます」と言い切った。

 GLOW9月号は22万部を完売。反アンチエイジング宣言は「女性セブン」などの女性誌やネットメディアにも転載された。女性の年の重ね方に「一石を投じた」と好意的な反応が多く「かっこいい! そもそも劣化や賞味期限なんていう言葉を使うこと自体がバカげてる」「年相応が理想」などの書き込みもあった。GLOW編集長の大平洋子さんは「おそらく皆さんどこか根底で思っていたことが、お二人の発言によって市民権を得られた気持ちになったのではないでしょうか」と語る。

 「こんなことが事件になるとは想定外。びっくりだわ」。発言を引き出した上野さんを訪ねると、開口一番、当たり前のことを言っただけなのに、という表情を見せた。

 上野さんは、反響の大きさは、アンチエイジングを強いる社会的な空気の裏返しだと分析する。「女性の価値は賞味期限付き。若さがなくなると女の値打ちが減るとみんな思い込んでいたからじゃないですか。日本の男が女にそう思わせてきたのだけど」

 ネット上では、育児などから復帰した女優の容姿が「劣化」したなどと心ない攻撃が今も相次ぐ。これに対しても上野さんは「私は逆のことを思っています。アイドルには同世代のファンたちと一緒に老いていって、老い方をちゃんと表現してほしい。表現者にはその責任があると思う。小泉さんにはこれからも中年の星、老年の星になっていってほしい」と力説した。


 40代前後の「アラフォー」女性を対象に「国民的美魔女コンテスト」が始まったのは10年。「年齢を感じさせない美しさ」が脚光を浴びた。GLOWの創刊はくしくも同じ年だ。「美魔女」とは一線を画し「加齢を否定しない」スタンスでスタートしたが、大平編集長は「当初は『年を取った自分が好き、とか負け犬の遠ぼえに聞こえて痛い』とも言われた」と振り返る。

 あれから6年。大平編集長は「大人の女性の美しさが、若さを競うのではなく年を重ねたなりの美しさを打ち出す方向に変わってきていると感じる」と言う。特にこの2〜3年、中高年向けのファッションや化粧品の新ブランドが次々生まれ、選択肢が増えたのが大きいと見る。

 資生堂が昨年から50代以上向けに発売した総合ブランド「プリオール」もその一つ。新設に先立って同社が55〜79歳の女性を対象に行った調査(複数回答)では、「実際の年齢よりも若く見られたい(23%)」「若さを取り戻したい(23%)」という若さへのこだわりに比べ、「いつまでも輝いていたい(53%)」「年をとっても新しいことにチャレンジしたい(47%)」と、年を重ねた今を充実させることに意識が向いていることが分かった。ブランドマネジャーの橘鷹(きったか)恵子さんは「『若くなりましょう』ではなく、等身大の美しさを出すことに重きを置いた」と話す。

88歳現役モデル「ありのまま」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以下略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ
クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月26日(月)のつぶやき

2016-09-27 01:07:41 | 花/美しいもの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何度でも食べたい五条烏丸の名店「京都 蕎麦工房 蕎麦の実よしむら」。そばがきも絶品。

2016-09-26 19:22:59 | おいしいもの/食について
WANの拡大理事会のあとは、懇親会があったのですが、
わたしは食べられるものがないのでパス。
5条のホテルにチェックインしました。

ホテルの斜め前には、「京都 蕎麦工房 蕎麦の実よしむら」という
蕎麦屋があることを、事前に調べておいたので夕ご飯はまよわずお蕎麦。

蕎麦工房 蕎麦の実よしむら

地下鉄烏丸線の5条駅の1番出口の目の前です。
  

石臼挽きの国産そば粉のこだわりの手打ちそばが食べられるというので、
行列ができていましたが並びました。

入り口を入ったところにそば粉をひく石臼があり、
  
ガラス張りの蕎麦打ち場(蕎麦工房)で職人さんたちがそばを打っていました。

順番を待っている間、撮影しようと許可をとったら
「プレッシャーかけてください」とのことだったので、
蕎麦を打って切るところまで、かぶりつきで写真を撮りました(笑)。
   


薄く薄く延ばして、リズミカルに細く切っていく手元は、
おどろくほどていねいな仕事でした(感嘆!)。 
  
きっとおいしい蕎麦だ、と期待が膨らみます。

クリック してね 


ほどなくして名前が呼ばれて二階に案内されました。

外がよく見える、ゆったりとしてカウンター席で、
両隣は外国人のカップル。

まずは10割蕎麦を注文。
長野県の新そば(夏そば)です。

細い蕎麦ですが、香りと腰があっておいしいです。

もう少し食べたかったので、おしながきをみて
おススメの「自慢のひとしな」を注文。

おぼろ蕎麦豆腐(580円)。

そばがき、700円。

ごまかしのできないそばがきを食べると、
お店の力がわかるといいますが、ふわふわで絶品でした。


さいごにでてきた蕎麦湯まで、とてもおいしくいただきました。

京都に来たらまた来たい
並んでも食べたいお蕎麦屋さんです。


ホテルも2階に大浴場があって、セキュリティもしっかりしていて、女一人でも安心。
シニアプランでツインのシングルユースだったのですが、
ベッド(寝具)も堅すぎず柔らかすぎず、寝心地がよかったです。

最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ
クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月25日(日)のつぶやき

2016-09-26 01:07:34 | 花/美しいもの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中古住宅の診断で取引を促進 「内容提示」盛り込み法施行へ(白井康彦)/低所得者に住宅 自立支援

2016-09-25 20:14:47 | ほん/新聞/ニュース
一泊二日の京都旅行、
じゃなかった、
丸一日半のWANの会議をみっちりして、1時間ほど前に帰宅。
ハードでしたが、やはり顔を合わせて話し合うと、
課題や懸案事項の解決がはやいです。

帰って来たら、
シェルター設置工事はかなりすすんでいました。

床の断熱材は敷きおわって、照明もつけてありました。
    
木と金属のとりあわせ、わたくしてきには悪くないです。

あとは、杉の床材を張っていく作業が残っているだけ、とのこと。
完成がたのしみです。

クリック してね 


後半は、
出かける前に紹介しようと、下書きに入れておいた、
中日新聞生活面のの白井さんの記事。

毎日新聞の「ハウジングファースト」の記事も合わせて紹介します。

  中古住宅の診断で取引を促進 「内容提示」盛り込み法施行へ
2016年9月23日 中日新聞

 中古住宅を購入する際に買う側が気になるのは、その住宅の傷み具合だ。国は、住宅診断の検査項目や検査手法を示したガイドラインを定めたほか、売買の際に不動産業者が住宅診断結果を提示できる改正宅地建物取引業法を二〇一八年までに施行する。空き家増加に歯止めをかけ、消費者に信頼される中古住宅市場をつくるのが目的だ。

 改正法では、不動産業者が購入希望者に住宅診断を実施したかどうかや、実施済みの場合は診断結果の提示を義務付ける。住宅診断の実施は任意だが、法的に位置付けられたのは初めてで実施済みの中古住宅の取引を促進するとみられる。

 住宅診断は欧米諸国では普及しているが、日本では普及が遅れている。全国宅地建物取引業協会連合会は「空き家問題が深刻なので、中古住宅売買の活性化が必要となっている。法律に位置付けられたことで、住宅診断の普及に努めたい」としている。

 愛知県宅地建物取引業協会が実施している無料相談には、「中古住宅を購入したが、思わぬ不具合があった」といった買い主からの相談が多いという。同協会の幹部は「トラブル防止のために住宅診断の普及に力を入れたい」と話す。

 住宅診断の検査項目や検査手法は、国土交通省が「既存住宅インスペクション(検査)・ガイドライン」として策定済みだ。外壁や基礎などを、目視や計測などでチェックする。

 国が改正法を実施する背景には、中古住宅の売買が低迷していることがある。国交省によると、空き家は一三年に八百二十万戸に達したが、中古住宅の年間売買戸数は十七万戸弱とほぼ横ばいが続く。同省不動産業課は「改正法などを通して、消費者に信頼される中古住宅市場にしたい」としている。

◆調査の中立性がカギ
 住宅診断が法律で位置付けられたことに、不動産業界には期待する声もある。

 個人向け不動産コンサルティング会社「さくら事務所」(東京都渋谷区)は、住宅診断を月間二百件実施している。民間資格「ホームインスペクター」(住宅診断士)を持つ社員の川野武士さん(44)は「中古住宅を買った後で、予期せぬ補修で費用がかさんだら大変。住宅診断では、建物の傷みや不具合の兆候をつかめます」と話す。

 さくら事務所は、国のガイドラインに沿って住宅診断を実施している。「雨漏りの形跡がある」「建物が傾いている」ことなどが分かり、補修費用の目安が分かる場合もあるという。調査費用は、一軒当たり六万~十二万円程度という。

 注意点は、住宅診断は精密な検査ではないこと。このため、住宅診断を実施する業者が、住宅の売り主やリフォーム業者の意向をくんで、都合のいいアドバイスをすることが懸念されている。

 同省はガイドラインの中で、調査業者に客観性や中立性の確保を強く求めている。

 住宅診断する業者の調査能力の差も、診断結果を左右しかねない。住宅診断を数多く手掛ける株式会社住宅相談センター(名古屋市中区)代表の吉田貴彦さん(58)は「建築士でも、現場経験が足りない人では適切な診断が難しい場合もある。業者を選ぶ際には、これまでの診断実績を尋ねるといい」と勧める。
(白井康彦) 


くらしナビ・ライフスタイル 低所得者に住宅 自立支援
毎日新聞 2016年9月23日

生活困窮者や路上生活者のために住まいを確保しようという動きが進んでいる。民間団体がアパートを借り上げて困窮者に提供する「ハウジングファースト」活動を実施。国も低所得者らのセーフティーネットとして空き家を活用できないか検討中だ。

●路上生活戻る例も
 従来は施設や病院への収容が中心だったが、相部屋で人間関係がうまくいかなかったり、結局、路上生活に戻ったりする例が出ていた。ハウジングファーストでは、まず安定した住まいを提供したうえで、医療や福祉の専門家が支えていく。1990年代に米国で始まり、欧州にも広がった。しかし、住宅購入を促進する「持ち家政策」がとられてきた日本では、低所得者向けの賃貸住宅が少なく、公営住宅の倍率も高いため、住まいの対策はなかなか進んでいなかった。

 このため、生活困窮者の支援団体が中心となって2014年に「一般社団法人つくろい東京ファンド」(稲葉剛代表理事)を設立。東京都中野区のアパートを借りて、路上生活者やネットカフェ難民らを支援する個室シェルターを開設した。一時的に住宅を提供し、自立へとつなげる。これまで約60人が利用したほか、新宿区や墨田区などにも施設を設置した。

 ●仕事探しにも利点
 中野区のシェルターで暮らす派遣社員の男性(42)は、仕事が切れたためシェアハウスの家賃が払えなくなり、追い出されてシェルターを利用。その後、東京都の自立支援センターに移り、一度はアパートに入ったが、再び職がなくなり、ネットカフェ難民となったあと戻ってきた。男性は「雨露をしのげ、屋根があるところに暮らせるかどうかで天国か地獄になる。仕事探しのうえでも住所があるのは大きい」と話す。さらに、施設の集団生活でない点について「自分の好きな時間に風呂に入れたり、食事を作れたりすることも大きい」と歓迎する。

 この活動の延長線上で、豊島区ではアパートを丸ごと借り上げた「ハウジングファースト東京プロジェクト」が始まっている。契約時に必要となる敷金・礼金などの資金をインターネットで募るクラウドファンディングを9月末まで続行中。稲葉さんは「低収入で自分の家は夢のまた夢という人が増えている。ネットカフェや路上と施設を行き来させるのでなく、住宅のセーフティーネットが必要だ」と訴える。市民団体「住宅政策提案・検討委員会」の14年の調査では、年収200万円未満の20〜30代の若者の77・4%が親との同居を余儀なくされている。独立して住居費を払うのは困難だからだ。今後、親の高齢化が進めば、老朽化した住宅の修繕も難しくなり、相続税が払えず手放さざるを得ないケースが多発すると予想される。

 ●空き家の活用検討
 一方、国土交通省の「新たな住宅セーフティネット検討小委員会」は、低所得の高齢者についても、賃貸住宅の大家が家賃滞納や孤独死のリスクから入居を拒むケースがあると指摘。さらに、生活保護受給世帯を著しく狭い住宅に住まわせて不当な利益を得る「貧困ビジネス」の存在も問題視している。

 検討会では、公営住宅は建て替え優先で大幅な増加が見込めない一方、民間の賃貸住宅も供給が進んでいないと分析。空き家や民間賃貸住宅を活用した住宅セーフティーネットの強化策を議論した。今後は住宅情報を都道府県または市町村に登録する仕組みを作り、家賃負担が困難な世帯には比較的低家賃が期待できる空き家の活用を促す。住宅改修や家賃の低廉化のために、地域の実情に応じて自治体が支援する仕組みも作れるようにする。

 9月5日には国会内でシンポジウムが開かれ、低所得者対策に取り組んでいる韓国・ソウル市住宅供給公社の担当者も参加した。ソウル市では住宅費補助のほか、団地内の作業場を活用した雇用創出にも取り組んでいるという。担当者は「仕事がないと家賃が払えないので自分たちで働いて住めるようにしている」と説明した。ミニ図書館をベースにしたコミュニティー作りもしているという。住宅を確保した後に、どのような支援ができるかは、日本でも課題になりそうだ。【柴沼均】  


最後まで読んでくださってありがとう

クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【言わねばならないこと】<特別編>民意 届いたのか 「全日本おばちゃん党」 谷口真由美氏/耐震シェルター設置工事4日目。

2016-09-24 18:08:40 | ほん/新聞/ニュース
耐震シェルター設置工事4日目です。
天井板が入りました。

床下も土が見えなくなりました。

日一日と形になっていくので、出来上がりが楽しみ
です。

月曜日には工事が終わって完成。の予定とのこと。
当初の予定より早いペース、
来週早々にはあたらしい部屋で仕事に復帰できそうです。

クリック してね 


WANの会議で京都に来ています。
今日は拡大理事会、明日は理事会とWAN基金運営委員会。

拡大理事会後の懇親会は、食べられるものがないのでパス。
ホテルの近くに10割蕎麦のお店があると調べておいたので、
ここで夕食を済ませたいと思っています。

WANつながりということで、
昨年、WANの総会シンポのパネルでごいっしょした、
谷口真由美さんの記事がwebに載っていたので紹介します。

  【言わねばならないこと】<特別編>民意 届いたのか 「全日本おばちゃん党」 谷口真由美氏
2015年9月18日 東京新聞
 
◆「口うるさい市民」継続
 全日本おばちゃん党は「うちの子もよその子も戦争には出さん!」を掲げて二〇一二年に設立した。その時は、この言葉がこんなに重みを持つとは思わなかった。

 集団的自衛権行使を容認した昨年七月の閣議決定以前から、私は集団的自衛権を「ツレが殴られたから俺も殴りに行く」という「ヤンキーのけんか」に例えてツッコミを入れてきた。安全保障関連法制にも「反対の気持ちはあきらめへんで」と言いたい。

 政府の姿勢や国会審議を見ていると「オッサン政治ここに極まれり」という感じがする。一つは、安倍晋三首相が他人の話を聞く耳を持たないこと。例えば、中東・ホルムズ海峡での機雷掃海は想定していないと自分で認めたのに、安保法制の条文を全く変えようとしない。前提が大きく変わってるのにそのままなのはおかしい。異論に耳を貸さずに「この道しかない」ではアカンでしょ。

 もう一つは、戦争は人が人を殺すというリアリティーが伝わらないこと。「積極的平和主義」と言うなら、シリアから欧州に流入している難民の受け入れなど、やるべきことはある。けんかが強いやつが偉いというのは「ヤンキー文化」の発想だ。

 安保法制は腹が立つことばかりだが、良い側面を挙げれば、国民がおかしなことに対して声を上げることを覚えたことだ。

 SEALDs(シールズ)などが主導しているデモはカラフルでポップ。ラップ調の若者が先頭で叫んで、ベビーカーを押す母親や風船を持った人もいる。若者に触発されて、中年も高齢者も声を上げ始めた。デモや集会で反対の声を上げることは、悪いことでもキモいことでもないという価値観が広がったのは良いことだ。

 安保法制の成立後、デモに参加していた人たちが無力感や虚無感にさいなまれることを心配している。政府は「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と思っているはずだが、法律ができたら終わりではない。抗議活動が実らなかった「デモロス」に陥らず、これからも、できることをできる範囲で続けたらいい。

 自分の意見をなかなか言わない日本人が意思表示を始めたことで、日本の民主主義も変わっていくと思う。これを契機に日本人は口うるさい有権者、市民にならないといけない。

<たにぐち・まゆみ> 1975年生まれ。大阪国際大准教授。男性中心の政治を変えようと「全日本おばちゃん党」をフェイスブック上で設立し代表代行。女性議員の増加や地方選挙での投票率向上などを訴える。現在の党員は約5300人。


最後まで読んでくださってありがとう

クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月23日(金)のつぶやき

2016-09-24 01:08:44 | 花/美しいもの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運動で心身の衰え防止を 健康寿命脅かす転倒リスク/耐震シェルター工事三日目。

2016-09-23 17:54:14 | ほん/新聞/ニュース
耐震耐震シェルター工事、三日目が終わった時点の画像です。
がんじょうな天井が入りました。

床の土台になる部分もはいっています。

これで大地震で家がつぶれても、命だけは助かるとか。
     
この基礎の上に木の根太を渡して、
無垢の杉材をはっていきます。

そうそう、けっこう床は湿気があるので、除湿剤を敷き詰めて、
断熱材も杉床の下に入れます。
化学物質は避けたいので、床下の木に通常は塗る、
防腐剤のクレオソートを塗るのはお断りしました。

防腐剤を塗らなくても、20年ほどは持つでしょう。
その前に、今回直してない床のほうが抜けるかも、という判断。
いずれにして、
築100年は超えるような古民家は、定期的なメンテナンスが必要ですね。

クリック してね 


話しは変わりますが、
ノルディックウオーキングとスクワットをするようになってから、
足腰が強くなったと実感しています。

つれあいも、わたしの歩いている姿を見て「力強くなった」と。

腱板炎が肩を痛めていたあと数年は、
片足立ちで靴下も履けなくなっていたし、
床に何かあるとつまづきそうになって
転倒しないように注意していました。

幸いなことに転んだことは一度もありませんが、
筋力が落ちたことを自覚していました。

ちょうど9月20日の中日新聞の生活面に、
「運動で心身の衰え防止を 健康寿命脅かす転倒リスク」の記事が載っていて、
わたしは「フレイル」予備軍だったのだとナットクです。

  運動で心身の衰え防止を 健康寿命脅かす転倒リスク
2016年9月20日 中日新聞

 足腰の弱った高齢者が転ぶと、骨折で寝たきりになったり、最悪の場合は死に至ったりする。日本転倒予防学会は、健康寿命を脅かす転倒のリスクを減らしてもらおうと、心身が少しずつ弱っていく段階である「フレイル」という概念を普及させ、適切な支援につなげることを目指している。

 「ずいぶん上手になりましたね」

 九月上旬、愛知県大府市の国立長寿医療研究センターで、市内の女性(75)が、理学療法士の指導でバランスを取る筋肉を鍛える訓練を受けていた。リハビリロボットに立って乗り、前後左右に体重移動をすることでテニスやスキーなどのゲームをこなす。

 このロボットは、楽しみながらふくらはぎなど転ばないための筋肉を鍛えることができる。「最初は全然続けられませんでしたが、毎日訓練するうちに、足が疲れにくくなりました」と女性は話す。

 女性は七月中旬、卓球の試合中に転倒し、左脚の付け根を骨折。股関節を人工関節にする手術を受けた。それまで、複数のクラブを掛け持ちして週三、四日はラケットを振る日々。「まさか自分が骨折するとは。衰えを実感しました」

 同センター病院長の原田敦さん(64)は「転倒してはじめて、心身の衰えなどに気付く人が多い。しかし、転倒に至る原因はさまざまです」と指摘する。

 厚生労働省の人口動態統計(二〇一五年)によると、日本人の死因のうち「転倒・転落」は七千九百九十二人。十年前より千人以上増加し、減少を続ける交通事故死の五千六百四十六人を上回る。同省の国民生活基礎調査では、要支援・要介護になった原因のうち、「骨折・転倒」は12%で、四番目の割合を占める。

 転倒予防学会は転倒を社会全体の問題としてとらえようと、医療と介護関係者が一四年に発足させた。十月二日に名古屋市で開く学術集会では転倒防止をテーマに専門家らが議論する。

◆スクワットや「開眼片足立ち」が効果的
 転倒は、筋肉やバランスの衰えのほかにも、不整脈や視力障害、転びやすくなる薬の服用など、さまざまな原因で起こる。このため、転倒予防のために支援する対象者を絞り込めないのが課題だった。

 フレイルは二年前から使われだした概念で、要介護や生活機能障害、死亡などの危険性が高くなった状態を指す。同センターは▽体重が減った▽力が弱くなった▽倦怠(けんたい)感があり日常動作がおっくうになった▽活動性が低下した▽歩くのが遅くなった▽体重が減少した-のうち、三つ以上当てはまるとフレイルの可能性が高いとしている。

 心身の衰えだけでなく、うつなどの精神的な問題や、閉じこもりといった社会的な問題までを含むため、フレイルの人への対策が転倒予防につながる可能性が高い。

 フレイルや転倒を予防するために有効なのが運動。脚の筋力を付けるスクワットと、バランス能力を鍛える「開眼片足立ち」の簡単にできる二つの体操でも効果的だ=イラスト参照。

 転倒のリスクが高い人に、科学的に組んだ運動プログラムに取り組んでもらったところ、転倒が減少した研究成果も出てきた。

 原田さんは「自宅でできる安全な運動だが、長く続ければ転倒を確実に減らす。ひいては、将来介護が必要になる可能性も減らすことができる」と勧める。
 (稲田雅文) 


最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ
クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月22日(木)のつぶやき

2016-09-23 01:09:40 | 花/美しいもの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もんじゅ「廃炉」 核燃料サイクルを揺るがすな/大転換の時代に移る もんじゅ、廃炉へ/お彼岸の曼珠沙華

2016-09-22 18:19:40 | ほん/新聞/ニュース
きょう9月22日は「秋分の日」。
朝から雨が降っていたのでウオーキングはお休み。

倉庫の東の坂に置いてある車を動かそうと道に出ると、
パイプハウスの北の曼珠沙華が満開になっていました。

お彼岸のころに咲くので「彼岸花」とも呼ばれます。

今年は夏が暑かったからか、早めに咲きはじめたのですが、
やっぱりお彼岸に合わせて満開になりました。

太陽が当たると真っ赤に光ってきれいなのですが、
あいにく小雨なので、花がちょっとくすんでてザンネンです。

クリック してね 


奥の狭い部屋にパソコンもテーブルも置いて生活しています。

ブログは夕方ささっとアップしているのでアクセスも減り気味(反省)。

ここ数日は、ちょっと気がかりなことがあって、
図書館で借りた本で調べたり、アマゾンで注文した本を読んだりしています。
そのことについては、またあらためて書くかもしれませんが、
とりあえず今日も「もんじゅ廃炉へ」の社説を紹介して終わりにします。

  社説:もんじゅ廃炉へ 無責任体制と決別を
2016年9月22日 朝日新聞

遅すぎたが、当然の決断だ。

 政府がきのう、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)について、廃炉にする方向で見直すことを決めた。

 もんじゅはこの20年あまり、ほとんど運転できていない。動かすには安全対策などに数千億円が必要だ。早期の実用化を求める声がないに等しいなか、多額の国費を使うことは許されない。地元自治体への説明など山積する課題と向き合い、廃炉への歩みを着実に進めてほしい。

 もんじゅに投じた事業費は1兆円に達するが、ほとんど成果をあげられなかった。一方で廃炉の決断も遅れた。ずるずると事業が続く無責任体制と決別しなければならない。

 原子力開発を進めるために原子力委員会と科学技術庁(現文部科学省)が設けられた1956年、政府は最初の長期計画で「主として原子燃料資源の有効利用の面から、増殖型動力炉の国産に目標を置く」とうたった。燃やした以上のプルトニウムができる高速増殖炉は、世界各国が夢見る技術だった。

 もんじゅは、実験炉から原型炉、実証炉、実用炉へと進む2段階目にあたる。85年に本格着工し94年に初臨界に達したが、95年に冷却材のナトリウムが漏れる事故が起きた。海外で事故例があったのに「ナトリウム漏れは起こさない」と強弁し、事故後も被害を小さく見せようと事実を隠したり偽ったりして、社会の信用を失っていった。

 その間に高速増殖炉の技術的な難しさやコスト高がはっきりし、開発を断念する国が相次いだ。2010年の運転再開で研究成果をまとめる機会を得たかに見えたが、燃料交換装置の落下事故を起こし、1万点に及ぶ機器の点検漏れも発覚した。

 にもかかわらず、年間約200億円もの維持費を使って「延命」されてきたのは、事業へのチェック機能が働かなかったからだ。原子力委員会や関係省庁、原子力分野の研究者が一体となり、予算を審議する国会も手をつけようとしなかった。

 今回、政府は関係閣僚会議を開いて廃炉方針を打ち出した。政治が責任を持つという意思表示なら、一歩前進だろう。

 だが、懸念は少なくない。政府は核燃料サイクルを堅持し、もんじゅ廃炉後をにらんだ新たな高速炉の開発に向けて会議の新設を決めた。もんじゅの二の舞いになる危うさをはらむ。

 広く国民が納得できる原子力行政をめざすべきだ。その一歩として、もんじゅ廃炉の実行と、核燃料サイクル全体の見直しが問われている。/td>


 社説:大転換の時代に移る もんじゅ、廃炉へ
2016年9月22日 中日新聞

 「もんじゅ」がようやく廃炉に向かう。高速増殖原型炉。使用済み燃料を再利用する核燃料サイクルの要の石だ。日本の原子力政策は転換すべきである。

 原発停止、火力による代替が長引くと、石油や天然ガスの輸入がかさんで「国富」が消えていくという。

 だとすれば、展望なき核燃料サイクル計画による長年の国費の乱用を、どのように説明すればいいのだろうか。

 原発で使用済みの燃料からウランとプルトニウムを取り出す再処理を施して、新たな核燃料(MOX燃料)にリサイクルして、もんじゅでまた燃やす-。それが核燃料サイクル計画だった。

色あせた原子力の夢
 もんじゅは、計画の要とされた新型の原子炉で、理論上、燃やせば燃やすほどリサイクル燃料が増えていく“夢の原子炉”というふれ込みだった。

 現在の運営主体は、文部科学省が所管する独立行政法人の日本原子力研究開発機構、正真正銘の国策である。

 一九七〇年代の計画当初、もんじゅにかかる費用は、三百五十億円という見積もりだった。

 ところが、ふたを開けると、深刻なトラブルが相次ぎ、費用もかさむ。本格稼働から二十二年、原子炉を動かせたのは延べわずか、二百数十日だけだった。

 そんな“夢”というより“幻”の原子炉に、政府は一兆円以上の国富を注ぎ込んできた。止まったままでも、もんじゅの維持には年間二百億円という費用がかかる。

 冷却材として、水ではなくナトリウムを使うのが、高速炉の特徴だ。ナトリウムは固まりやすく、停止中でもヒーターで温めて絶えず循環させておくことが必要だ。月々の電気代だけで、一億円以上になることも。

飛べない鳥のように
 発電できない原発が、日々大量に電気を消費する。むだづかいを通り越し、皮肉と言うしかないではないか。

 米国や英国、ドイツは九〇年代に、高速増殖炉の実験から手を引いた。もんじゅでナトリウム漏れ事故が発生し、当時の運営主体による隠蔽(いんぺい)が指弾を浴びた九五年、日本も夢からさめるべきだった。

 青森県六ケ所村の再処理工場も九三年の着工以来二十三回、完成延期を繰り返し、建設費用は当初の三倍、二兆円以上に膨らんだ。核燃料サイクルという国策も、ほとんど破綻状態なのである。

 二〇一〇年策定の国のエネルギー基本計画は、高速増殖炉を「五〇年より前に実用化する」とうたっていた。ところが一四年の計画からは目標年が消えていた。

 政府の中でも、もんじゅは終わっていたのだろうか。

 それなのに、廃炉の決断は先延ばし。科学の夢を塩漬けにする愚を犯しただけでなく、金食い虫の汚名を着せて放置した。その責任は軽くない。

 プルトニウムは核兵器に転用できる。日本は日米原子力協定で、非核保有国では例外的に、プルトニウムを取り出す再処理を認められてきた。政界の一部には「特権を手放すべきではない」との声も根強くある。

 日本は現在、四十八トン、長崎型原爆六千発分とも言われるプルトニウムを国内外に保有する。

 核不拡散を主導する米国も、再来年に迫った協定の期限を前に、日本の「核の潜在力」に対する警戒感を強めている。

 プルトニウムは増殖どころか、そもそも減らすべきものなのだ。

 日本はおととし、フランスが、核廃棄物の減量や無害化をめざして開発を進める高速炉「ASTRID(アストリッド)」への技術協力に合意した。核燃料サイクルのシステム自体、減量に軸足を移すべきである。

 3・11を経験した日本で、もはや原発の新増設などあり得まい。これ以上ごみを増やさないように脱原発依存を進めるべきである。しかし、最終処分場の選定が容易ではない以上、保有するプルトニウムや、一時保管されている、すでに出た使用済み核燃料を減らす技術は必要だ。

 先月末に再稼働した四国電力伊方原発3号機のような、MOX燃料を通常の軽水炉で燃やすプルサーマル発電だけでは、とても追いつかない。

雇用や経済は維持を
 廃炉にしたもんじゅの設備を核廃棄物減量の研究拠点に転用できれば、地元の雇用や経済は維持できる。もんじゅと共生してきた自治体も納得できるに違いない。

 いずれにしても、もんじゅがなければ、核燃料サイクルは根本的に行き詰まり、日本の原発政策の大前提が崩れ去る。

 それは、核のごみを増やせない時代への転換点になる。 


最後まで読んでくださってありがとう

人気ブログランキングへ
クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月21日(水)のつぶやき

2016-09-22 01:10:22 | 花/美しいもの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政府 もんじゅ 廃炉含め抜本的な見直しの方針/全原発廃炉、国民負担に 料金上乗せ

2016-09-21 19:04:29 | ほん/新聞/ニュース
耐震シェルター設置工事、二日目。

きのうは工事途中をうつしたのですが、
けさ見たら、床を外したところが大きくなっていました。

根太が傷んでいて、シェルターを入れるために準備したおび杉材を、
最大限広く入れてもらうことにしたとのこと。


午前中は病院に行ったり、買い物をしたりで家を空けていました。
夕方大工さんたちが帰られてから写したら、ここまで進んでいました。

下は床材の下と、上は梁ぎりぎりまで、
丈夫な鉄骨入れて、その中にいる限りは、つぶれないということです。。
  
通常は、鉄骨にさび止めのペンキなどを塗るそうですが、
化学物質フリーの家なので、溶剤を使うものは断りました。

ということで、完成しても銀色の鉄骨がむき出しです。
これはこれで、素敵、と思うことにしましょう(笑)。

クリック してね 


後半は、
「もんじゅ廃炉の方向性」のグッドニュース。
文部科学省や「もんじゅ」がある敦賀市などが存続を求めているそうです。

朝日新聞と毎日新聞は「もんじゅ廃炉へ」がトップニュースですが、
「原発廃炉、国民負担に 料金上乗せ」が一面トップです。

原発廃炉は、国民につけを回すという、許しがたい方針です。

  政府 もんじゅ 廃炉含め抜本的な見直しの方針 
9月21日 NHKニュース
 
政府は、安全管理上の問題が相次いだ高速増殖炉「もんじゅ」の今後の取り扱いを協議するため、21日、関係閣僚による会議を開くことにしています。会議では、「高速炉」の開発は継続する必要があるとしたうえで「もんじゅ」については、廃炉を含め、抜本的な見直しを行う方針を確認するものと見られます。

福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」をめぐっては、安全管理上の問題が相次いだことから、所管する文部科学省が、原子力規制委員会の勧告を踏まえ、ことし夏にも、日本原子力研究開発機構に代わる新たな運営主体を示すことになっていましたが、新たな運営主体は現在も決まっていません。
こうした状況を受けて、政府は、21日、総理大臣官邸で、菅官房長官、松野文部科学大臣、世耕経済産業大臣ら関係閣僚が出席して、「原子力関係閣僚会議」を開き、「もんじゅ」の取り扱いや今後の「高速炉」の開発などをめぐって、意見を交わすことになりました。会議では、核燃料サイクル政策を維持するため、燃料の有効利用や放射性廃棄物の減少につながる「高速炉」の開発を継続する必要があるとして、政府内に新たな会議を設置して、今後の「高速炉」の開発の方針を議論することを確認する見通しです。
そして、「もんじゅ」については、維持費が年間200億円程度かかっているほか、存続する場合、耐震補強などで数千億円規模の費用がさらにかかると見込まれる中、政府・与党内に存続に否定的な意見があることも踏まえ、廃炉を含め、抜本的な見直しを行う方針を確認するものと見られます。
政府は、「もんじゅ」の扱いや、「高速炉の開発の方針」などについて、年内にも結論を出したいとしていますが、文部科学省や「もんじゅ」がある福井県敦賀市などが存続を求めていることなども考慮して、慎重に議論を進める方針です。

これまでの経緯
高速増殖炉「もんじゅ」をめぐっては、文部科学省が存続を前提に新たな運営主体を検討してきましたが、運転の再開に多額の費用が見込まれることなどから、関係省庁や電力業界との調整は進んでいませんでした。
使った以上の燃料を生み出す夢の原子炉として平成6年に試験運転が始まった高速増殖炉「もんじゅ」は使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを再び燃料として利用する核燃料サイクルの柱の1つと位置づけられてきましたが、事故やトラブルのため、この22年間の運転実績は250日とほとんどありません。
4年前の平成24年からの国の検査ではおよそ1万件にのぼる機器の点検漏れが明らかになり、その後も安全管理上の問題が続いたため、去年、原子力規制委員会はいまの日本原子力研究開発機構に代わる新たな運営主体を示すか、それができない場合は、廃炉も含め、事業を抜本的に見直すよう異例の勧告を出しました。
勧告を受け、文部科学省は、外部の専門家でつくる検討会での議論を踏まえて、原子力機構からもんじゅの運転部門を切り離し、電力会社やメーカーから協力を得たうえで、運営管理を担う特別会社を新たな運営主体とする案を軸に関係省庁などと協議を進めてきました。
しかし電力業界からは「技術的な知見がないうえに一般の原発の再稼働の対応で余裕がない」などとして、運営主体を担うのは難しいという見方を繰り返し示されています。
さらにもんじゅの運転再開には年間200億円の維持費に加え、新しい規制基準に対応する対策に多額の費用がかかることなどから経済産業省などには国民の理解が得られるか疑問視する声があり、調整は進んでいませんでした。
その一方で、政府内では、もんじゅについて廃炉も含めた抜本的な見直しをする場合でも核燃料サイクルを維持する必要があり、プルトニウムの有効利用や放射性廃棄物の減少につながる新たな高速炉の開発を進める意見が出されていました。


  全原発廃炉、国民負担に 料金上乗せ
2016年9月21日 中日新聞

 経済産業省は、東京電力福島第一原発の廃炉や事故処理にかかる費用のほか、他大手電力が保有する原発も含む廃炉費用を、原則としてすべての電力利用者に負担させる方向で調整に入った。大手電力が持つ送電網の使用料として、新規参入の電力小売会社(新電力)が支払う「託送料金」に費用を上乗せする案が有力だ。

 二十日に有識者会合「東京電力改革・1F(福島第一原発)問題委員会」(東電委員会)と「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」を設置することを発表。年内に正式な結論をまとめ、二〇一七年の通常国会に電気事業法の改正案を提出する考えだ。

 同省の方針通りに決まれば、四月の電力小売り自由化で大手電力会社以外と契約した消費者も費用を負担することになる。福島第一原発関連の費用に加え、すべての原発に必要となる費用がいくらかかるのか、上限が見えない中で、同省の方針通りに決まれば消費者の負担はさらに増えていく。原発を保有する大手電力会社ではなく、原発の電力を使っていない消費者にまで負担を強いる方針には批判が避けられそうにない。

 託送料金は、修繕費など送電網の維持管理に必要な経費を基に国が認可し、すべての電力利用者の電気料金に上乗せされている。主に原発の維持に充てられる電源開発促進税も含まれ、東京電力管内では一キロワット時当たり八・五七円。ここに福島第一原発の廃炉や除染、賠償に必要な費用やほかの原発の廃炉費用も上乗せする案を軸に調整する。

 同省は、原発による電力の一部をすべての電力会社が安く利用できる仕組みを整えることで「国民への恩恵がある」(経産省関係者)とし、消費者に上乗せの理解を求める方針だ。

 福島第一原発では廃炉や除染、被災者への賠償にかかる費用が一三年の見通しを上回っている。東電の数土(すど)文夫会長は今年七月に「越えるべきハードル(負担)が見えないと、責任を持てない」と政府に支援を要請。自民党も対応を求める提言をまとめていた。同様に一二年にも国に支援を求め、国民の負担を強めた。誰も責任を取らないまま国民負担が膨らむ構図は、今でも変わっていない。

 一方、ほかの原発の廃炉費用は、同省が一五年の有識者会合「廃炉に係る会計制度検証ワーキンググループ」で、すべての電力利用者から徴収する方針を示していた。電力の自由化で大手電力会社から顧客が流出すると、廃炉費用を工面できなくなる可能性があるためだとしている。 


最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ
クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加