【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「パーマネント野ばら」:木場三丁目バス停付近の会話

2010-05-22 | ★業10系統(新橋~業平橋)

ここから先は、高速道路だ。
世の中、高速をスイスイ走るような人生もあれば、凸凹道をノラクラ歩くような人生もあるのよねえ。
なに、気取ったこと言ってるんだ?
いや、凸凹道をノラクラ歩くような女たちが出てくる「パーマネント野ばら」なんていう映画を観ちゃったもんだからさ。
ああ、あの映画に出てきた女たちはみんな、お世辞にも高速をスイスイ走るような人生は送ってないもんな。
主役の菅野美穂も、小池栄子も池脇千鶴も、みんな男に恵まれない低空飛行の女たち。
身につまされる?
あなたみたいな男の近くにいる身としてはね。
おいおい、いくらなんでも、俺はあそこまでどーしよーもない男じゃないぜ。
男はみんなそう、うそぶくのよ。
そうかなあ。俺はどっちかって言うと、菅野美穂の恋人役の江口洋介にそっくりだなあと思って観てたんだけど。
んなわけないでしょ。それに恋人役とはいえ、結局、彼の存在にもある秘密があったんだから。
ああ、映画ならではのギミックが仕掛けられていて、菅野美穂の深い孤独感が露わになる。
あら、あなたなら「手垢にまみれた手法だ」ってボロクソにこき下ろすかと思ったのに、まんざらでもないのね。
西原理恵子原作だけあって、監督は違うものの「女の子ものがたり」の続編みたいな趣が感じられ、情が沸いちゃったのかもな。
うん、菅野美穂たち三人組のコンビネーションが、あの映画の三人組を思い出させるし、それ以上に、彼女の子ども役とその同級生の三人組が「女の子ものがたり」の少女たちそのものよね。
いちばん貧乏役の女の子がなんとも貧しそうで印象的な顔つきしてるんだよなあ。
そうかと思うと、彼女たちを取り巻く年取ったオバチャンたちのほうが元気というか、奔放というか・・・。
ほんとは逆だろうって言いたいくらいだ。
監督の吉田大八もぶっ壊れた傑作「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」から「クヒオ大佐」で落ち込んだあと、ようやく危なげのない、こなれた演出を見せるようになったわね。
脚本の奥寺佐渡子が影響しているんじゃないか。
あいかわらず、観客を置き去りにしない、わかりやすくてツボを得た脚本だもんね。
高速道路を走るだけが人生じゃないってことだな。
歩くのも人生。
バスに乗るのも人生。
映画がはねたら都バスに乗ろう!・・・って、できすぎよ。







このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前





コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 「冷たい雨に撃て、約束の銃... | トップ | 「月に囚われた男」:木場四... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
奥寺佐渡子氏 (タニプロ)
2010-11-03 00:19:10
廣木隆一監督次回作「軽蔑」(中上健次原作)、成島出監督次回作「八日目の蝉」(角田光代原作)、そしてマッドハウスのアニメーション(原作はライトノベルだとか)で、3作も公開待機作があるようです。
■タニプロさんへ (ジョー)
2010-11-08 21:45:49
売れっ子なんですね。いいことです。
これからが楽しみになってきました。

コメントを投稿

★業10系統(新橋~業平橋)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

「パーマネント野ばら」みた。 (たいむのひとりごと)
西原理恵子原作と言うよりは、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など細田守アニメで脚本を担当した奥寺佐渡子さんの脚本だというところに期待して鑑賞。(というか、西原理恵子原作だと知らずに鑑賞していた)
映画「パーマネント野ばら」を観ました!!(2010-5) (馬球1964)
映画「パーマネント野ばら」を観ました!!
「パーマネント野ばら」恋をし続けた先にみた忘れられない恋の残像 (オールマイティにコメンテート)
5月22日公開の映画「パーマネント野ばら」を観賞した。 この映画は高知の田舎町で美容室を営んでいる母親の元に 離婚して戻った娘が男運の悪い者3人同士で繰り広げる 30代の恋のストーリーである。 女同士だから言える事、そして30代になっても恋を忘れられな...
パーマネント野ばら (だらだら無気力ブログ)
『いけちゃんとぼく』『女の子ものがたり』と著作が次々と映画化されている 人気漫画家の西原理恵子の同名作品を『クヒオ大佐』の吉田大八監督が、 『Dolls ドールズ』以来8年ぶりの主演となる菅野美穂を迎えて映画化。 共演には、江口洋介、夏木マリ、宇崎竜童、池脇...
[映画『パーマネント野ばら』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆連続して映像化されている西原理恵子原作の作品。  『いけちゃんとぼく』と同じく四国の漁港が舞台。  離婚して、一人娘のももを伴なって実家に戻ってき...
パーマネント野ばら (あーうぃ だにぇっと)
昨夜は、妻、次女、三女と九段会館で「パーマネント野ばら」を観た。 評判良いようなので、とっても楽しみにしていた作品。 さてさて、その結果は?
叙情的に頼らない叙情「パーマネント野ばら」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています西原理恵子、同名漫画『パーマネント野ばら』を映画化。監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『クヒオ大佐』の吉田大八。脚本は奥寺佐渡子(「時をかける少女」「サマーウォーズ」)。主
[映画][2010年][名台詞][名場面]パーマネント野ばら(吉田大八) (タニプロダクション)
シネ・リーブル池袋 たて続けに劇場で二度観賞。 パーマネント野ばら 日本映画 監督:吉田大八 脚本:奥寺佐渡子 出演:菅野美穂 小池栄子 池脇千鶴 畠山紬 宇崎竜童 夏木マリ 江口洋介 加藤虎ノ介 山本浩司他 撮影:近藤龍人 音楽:福原まり 主題歌:さかいゆ...
パーマネント野ばら (そーれりぽーと)
西原理恵子原作+吉田大八監督+菅野美穂主演て! 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を超えるパンチを予感して『パーマネント野ばら』を観てきました。 ★★★★ パンチパーマの下品なおばはん共の巣窟となっている美容院「野ばら」さんがあるのは、とある漁師町。 こ...
*『パーマネント野ばら』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、吉田大八監督、西原理恵子原作、奥寺佐渡子脚本、菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介出演。
映画「パーマネント野ばら」を観た感想 (映画初日鑑賞妻)
★★★女たちのスッタモンダが延々と描かれて、肝心の、なおこのストーリーが横に行っちゃった。だから、それで? 状態。ウルウルは来た。その気持ちもわかる。女の子だもん。でもだからって納得はしないよ。
「パーマネント野ばら」を観る (紫@試写会マニア)
メイン出演者トークショウ付き・女性限定「パーマネント野ばら」の試写会に誘って頂きました。主人公の菅野美穂ちゃん、可愛い♪しかも年齢より若い!お母さん役だった夏木マリさん、彼女こそ年齢(58歳)よりず~~~っと若い!素敵なお二人のトークもイケていた、オンナ...
女たちよ~『パーマネント野ばら』 (真紅のthinkingdays)
 寂れた漁師町で唯一の美容院、「パーマネント野ばら」。母が切り盛りするその 店に、幼い娘を連れて出戻ってきたなおこ(菅野美穂)は、...
*パーマネント野ばら* (Cartouche)
[[attached(0,class=popup_img_500_333 width=400 height=266)]]      ***STORY***                     2010年  日本             なおこは夫と離婚し、娘の一人娘のももを連れて実家に戻った。実家では母・まさ...
パーマネント野ばら (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  管野美穂が映画で主演を張ったのは、『Dollsドールズ』以来約8年ぶりである。今年33歳になるというが、まだまだ若くて清楚な美しさも健在だね。 男運の悪い女ばかりが住んでいる、とある海辺の田舎町。子連れ出戻り女の「なおこ」を演じる管野美穂は...
■映画『パーマネント野ばら』 (Viva La Vida!)
西原理恵子の名作コミックを、菅野美穂主演で映画化した『パーマネント野ばら』。 高知県の港町に生きる女性たちの、おかしくも悲しく、でも力強い生命力に驚かされる一作です。 何と言っても、出て来るおばちゃんたちが強い強い! きっついパンチパーマをあてて(...
『パーマネント野ばら』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:吉田大八原作:西原理恵子脚本:奥寺佐渡子主題歌:さかいゆう出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠山紬鑑賞劇場 : ヒューマントラスト...
「パーマネント野ばら」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本:ショウゲート配給監督:吉田 大八原作:西原 理恵子脚本:奥寺 佐渡子 西原理恵子の人気コミックを、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」、「クヒオ大佐」の吉田大八監督が映画化。主演は北野
『パーマネント野ばら』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「パーマネント野ばら」□監督 吉田大八 □脚本 奥寺佐渡子□原作 西原理恵子□キャスト 菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠 山 紬■鑑賞日 4月23日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■c...
どんな恋でもないよりはまし?~「パーマネント野ばら」~ (ペパーミントの魔術師)
このタイトルからしてごっつい役で出てくるのかと思いきや 完全に裏方に回ってた夏木マリさん。 個人的には「ピンポン」や「シュガー&スパイス」の あの雰囲気を当てにしていったんですが 見た目のインパクトとはえらい違いで 口悪かろうが、目つききつかろうが 哀しさ...
パーマネント野ばら (to Heart)
「ずっと好き」はどこにもないから 私は毎日、小さな嘘をつく──。 製作年度 2010年 上映時間 100分 原作 西原理恵子 脚本 奥寺佐渡子 監督 吉田大八 出演 菅野美穂/小池...
パーマネント野ばら (映画的・絵画的・音楽的)
 同じ原作者の映画『女の子ものがたり』が大変良かったこともあり、また菅野美穂の8年ぶりの主演映画ということもあって、『パーマネント野ばら』をヒューマントラストシネマ・有楽町で見てきました。 (1)余り先入観を持たないように映画を見ようとしたために、映画が始...
パーマメント野ばら (単館系)
ずーと好きはどこにもないから私は毎日小さな嘘をつく 娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と、その母まさこ(夏木マリ)が営む町に一つ...