中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

似ていた人

2019年06月20日 | 日記
仕事で梅田へ出る途中、乗換駅の地下鉄のホームで知っている人によく似た人を見かけました。
「◯◯さん?」と、声をかけようと思いましたが結局かけることができなかったのは、その時私は会社の制服姿で、よく似た人はとても疲れているように見えたからでした。

もしかしたら人違いかもしれない。
たとえその人であったとしても、「誰でしたっけ?」と言われたら恥ずかしい。
そんな思いが頭の中を駆けめぐり、後から来る雑踏の中に紛れてしまったのでした。

でももしかしたら人違いではなく、その人も私をわかってくれたかもしれない。
人違いだったなら謝れば済むことで、覚えてくれていなかったとしても改めて自己紹介をすれば良かったのかもしれません。
どうしてあの時、声をかけられなかったのだろう。

もし人違いでなかったら、その人に話したいことや聞いてみたいことが沢山あったのです。
アレッ? と思った時に一瞬、目が合ったような気がしたけれど思い過ごしのような気もして、間もなくホームに入ってきた電車に乗り込んだのでした。

ほんの数分の出来事が、今もなぜか心に引っかかっているのです。




コメント