中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ジジ

2019年04月21日 | 日記
今日4月21日は我が家の黒猫王子こと、ジジの命日でした。
ジジと出会ったの1995年の冬の朝、職場近くの駐車場でした。
以来、黒チビと呼んで毎朝コンビニおにぎりの海苔をあげていました。

当時一人暮しをしていた家には前年の夏に同じく職場の近くで拾った先住猫のミャーミャーがおり困っていたところ、実家で飼ってくれるというので仕事納めの日の朝に「今日のお昼の1時に迎えにくるからね」と言ったら、ちゃんとその時間に現れたのでした。
その現れ方は今考えても不思議なのですが、1時に迎えに行った時には駐車場におらず、箱を持って「黒チビ~」と呼ぶと空から箱の中に落ちてきたのです。
駐車場に屋根はなく周りはマンション、それは今だに空から降って来たとしか思えない現れ方でした。

帰りに動物病院へ寄って蚤取りと駆虫薬の注射をしてもらって実家に送り届け、一安心した翌日の大晦日の朝、実家からこんな猫は飼えん! と怒りの電話がありました。
あろうことか父の布団の中に虫入りの便をしたとのことで、急いで実家へ迎えに行って仕方なく家で飼うことになったのでした。

当初怒っていた先住猫のミャーミャーにもジジは平気で無邪気に近づいてゆき、そのうち一緒に寝るほど仲良くなりました。
ミャーミャーは吹田に住んでいた2012年に亡くなってしまいましたが、ジジは一緒に西宮の今の家に引っ越してきて2016年まで元気に生きていました。

そんなジジが今朝、夢に出てきてくれたのでした。
もうすぐこの家から実家へ引っ越しますが、ジジもミャーミャーも一緒に引っ越すことをわかってくれているのかもしれません。
いつもそばにいてくれてありがとうね。

洗濯物をたたみ始めると、必ず膝の上に乗ってくるジジなのでした。
この後、膝の上から落ちまいと爪をたてて夫に悲鳴をあげさせる寸前の2016年2月のジジ。
コメント

期日前投票

2019年04月20日 | 日記
平成最後の選挙の期日前投票に行ってきました。
候補者一覧の略歴を見ても、誰がどんな人なのか、実際の人柄なんてわかりません。
選挙期間中の候補者の人達は皆、一様に笑顔で親しみを込めて挨拶し、一見良い人に見えてしまうものです。

けれども以前、県議会議員で当選した後に不正がばれて号泣会見したり、散々な辞め方をした市長もいたっけなぁ。
そんな選んだ方が恥ずかしくなるような人だけは投票するまいと、じっくり選んではみました。

それでも選挙は毎回、悩ましいのでありました。
コメント

春の小川

2019年04月19日 | 日記
いつもとは違う道を通ったら、橋の上から落ちんばかりに身を乗り出した小学生の男の子がおりました。
危ないッ!
とばかりに駆け寄ると、そこには長閑な光景がありました。
新学期が始まったばかりなのに世をはかなんでよもや、と思って慌てたおばさんのとんだ早合点でした。
不思議そうに見上げる無邪気な瞳にニッコリ微笑んで、照れ隠しに写真を撮るおばさんなのでありました。

甲羅干しする亀と獲物を狙う青鷺。
鷺の目線の先にはかなり大きな魚が群れをなしておりました。
コメント

北斎先生

2019年04月18日 | 日記
今日4月18日は葛飾北斎の命日です。
嘉永2(1849)年に亡くなったので今年は没後170年なのです。

北斎先生に深く傾倒するようになったのは、杉浦日向子さんの「百日紅」を読んだことがきっかけでした。
初めて読んだ十代の時から今に至るまで、枕元のおやすみ文庫(眠る前に読むために積んである本)には上下巻が常に揃っています。
まるで北斎先生の後ろをついて歩くように、本の中の江戸の町に自分もいるような錯覚に陥ったまま眠る幸せ。

先日、さて今夜も江戸の町へと思って本を取ろうとすると、ない。
勧めたわけでもないのに、いつの間にか隣で夫が熱心に読んでいました。

北斎先生の魅力は、こうして伝染してゆくのでありました。
コメント

不思議だなぁ

2019年04月17日 | 日記
先日、渋沢栄一さんの孫である鮫島純子さんのことをこのブログで書いたのですが、その時に鮫島純子さんの新刊がでていたことを知り、早速買って読みました。

その時に鮫島さんの著書とは別にもう1冊、前から気になっていた本も一緒に買いました。
それは昨日のブログで書いた鍼灸院の書棚で見つけた本で、タイトルを見た時からずっと気になっていて、買うか買うまいか迷っていた本でした。
買おうと思って探した時は古本しかなく躊躇していたのですが、鮫島さんの本を買うときに検索すると新品が出ていたのです。

2冊の本は内容的に重複する部分が多々あり、それは自分が常日頃もしかしたらそうなのかも知れないと思っていたことでもあり、その考え方は間違ってないよ、と教えてくれたような気がしたのでした。
また新たに知ることもあり、自分の思っていたことをさらに深く考え、そうか、そういうことなのか、と納得することができました。

こうなれば良いな、嬉しいな、と思っていたことが現実になったり、ちょっと自分には難しいかもしれないと尻込みしていたことに対して、こうしてみたらどうだろうという別のアイデアが浮かんだりするという不思議な嬉しい連鎖が最近よく起こります。
最近会っていないけどあの人は元気にしているかなぁ、と気になった人に偶然ばったり会うような、そんな不思議な感覚です。

この道で良いのかな、と思いながら歩くことの多い毎日ですが、この道で良いんだよ、と背中を押してもらえたような気がしたのでありました。
コメント