浅草の木材バカ四代

東京下町・浅草の材木屋。四代目社長日記

20年前のノート発見

2024-02-19 00:00:00 | 日常の話

木について学んだことを一冊のノートに書き連ねていた時期があります。

そのノートを久しぶりに見返しました。

最初は一人で学んで、一人でノートに記録していました。

何せ、当時は社内で一番若くて経験も浅かったので、早く先輩方に追いつきたいと思ってひたすら勉強していました…。

座学だけでなく、もちろんOJTでも学びました。

そして、次のステップで社内の先輩方からちゃんと時間を設けて学ぶ機会を作ることにしました。

以前はうちの会社、土曜日も半日出勤していたので、仕事が終わった後の昼に一時間の勉強会をすることにしたのです。

自由参加でしたが、ほぼ全社員が出てくれました。

逆パワハラですね…(汗)。

ノートを見返すと、平成12年(2000年)の1月22日に始めたようです。

机上の勉強もしましたが、実際に木を見ながらの勉強もありましたし、いろんなところに見学に行きました。

製材所やお客さんの工場や展示会や、木材が使われている店舗にも行きました。

ノートの記録によると、平成16年(2004年)の9月2日まで続きました。

私だけでなく、社員一同、その時の学びが今に生きていると思います。

当然今も学び続けていますが、当時ほど熱量が不足していることを反省しています。

今一度、20年前のノートを見返して、気合を入れ直しました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今週の読書

2024-02-17 08:48:17 | 今週の読書

「禁断の中国史」 百田尚樹

・中国では唐の時代から、人肉が普通に市場に並ぶようになりました。
・人間の肉が犬の肉の五分の一の値段であった。
・清の時代に女真族の数は当時の中国人口で約三パーセントと言われています。歴史を見ると、三パーセントもあれば十分国を支配できるのです。

☆☆☆★★

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今週の鳥越神社

2024-02-16 08:13:00 | 今週の鳥越神社

暖かくなってきました。
もうすぐ春ですね。
あたたかいって、ありがたいです。
鳥越神社にも行きやすくなってきました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白湯が売ってる~!

2024-02-12 00:00:00 | 日常の話

「白湯」って、売ってるんですね。
ビックリです。
買う人がいるのかな…なんて思っていたら、結構売れているようです。

数十年前、「水」が売りに出されていてビックリしたことがありましたが、今では普通ですし、自分も買っていますし…。
外国なんかだとビールよりも水のほうが高かったりしますし…。

そう言えば「塩むずび」が売られていた時もビックリしました。
でも結構美味しくって…。

それぞれ、素材の良さのみで勝負していて潔いです。
うちの会社(佐久間木材)は木材という素材屋です。
素材の良さだけでも売れないので、あとは買ってもらいやすくしないと…。

見せ方、伝え方、ですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今週の読書

2024-02-10 08:44:37 | 今週の読書

「ノーサイド・ゲーム」 池井戸潤

・最後には道を過たず、理に敵ったものだけが残る。逆にいえば、道理を外れれば、いつかしっぺ返しを食らう。自浄作用がなくなったとき、そのシステムは終わる。

☆☆☆★★

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする