■駅前魔女食堂■

料理を作っては写真を撮る毎日です。「美味しいは正義!」を合言葉に食べ歩きもしています。

千屋牛を目指して新見市へGO!グルメで賑わっている道の駅でした!

2021-04-13 | 食べ歩き(岡山)
倉敷の後は晴天であればしまなみ街道へというプランであったが、あいにくの雨。
雨の日の代替案は、山の中へお肉を食べに行こうぜ!という素敵なコースを考えていました。

当日も天気予報通り小雨。
花より団子の私はパラつく雨に高揚した気分を隠せずに鼻歌混じりで車に乗り込んだのでした。
で、新見ってどこ?状態の私。google地図では山の中、滅多に訪れない中国地方の真ん中です。
ナビをセットしても迷いようがない一本道。



ここでちょっと「千屋牛」のお勉強をしましょう。
2019年にブランド牛として認定された「千屋牛」は、新見市千屋地区で繁殖・肥育されたもの、または岡山県下で生産された子牛を新見市内で18ヶ月以上肥育されたものと定義されています。
飼育頭数が少ないので流通も少なく、今回倉敷市内でトラックに描かれた千屋牛のロゴを見て私も初めて知りました。

中国地方の黒毛和牛のファミリー・ツリーを見ていくと、特性が固定化され遺伝力が強い牛の系統を「蔓牛(つるうし)」と呼ぶのだそうです。
新見市で飼育していたのが3大蔓牛のなかで一番古い「竹の谷蔓」という種類です。
1770年ごろから労役や農耕用に強い品種に改良を重ねてきた蔓牛は、1850年以降食用に改良されてきたのです。
単に飼っていたわけではなく意図的に飼育されてきたので記録があり、そのルーツは明確なものだと思われます。


移動中に付け焼き刃でお勉強しているうちに、JA晴れの国岡山に到着しました。
人数のせいなのか、予約が間に合わなかったのか、とにかく予約ができていなかったので余裕を見て開店30分前に到着したところ・・・
雨の中たくさんの人がお店の前で待っていました。
お店の前に設置されたウエイティングボードに名前を書いたものの、15番目くらいなので1巡目の入店は難しいかもしれません。
肉好きは私だけではなかったのですね。こんなに多くのファンが居るなんて・・・。



隣の物産販売所をゆっくりと丁寧に見学して開店時間に店の入り口に集合しました。
雨脚が強くなっていますがみなさん辛抱強く待っています。
時間きっちりにまずは予約客から呼ばれ、案内されていきました。
何組かの予約客が入店したあとに、ウエイティングボードに書かれた順番に案内が始まりました。
みなさん席の状態に気が気ではない様子。

なんと15番めの私も1巡目に呼ばれました。
そして満席に!ラッキーです!!!

店内に入ってびっくりです。
真ん中にテーブル席、その両側に座敷席がたくさんあります。
入り口が小さかったので店内は広くないと思っていたのですが、入ってみるとすごく広いのです。

私は希望通りテーブル席に案内してもらえました。
タブレットが完備され、メニューの全てをタブレット注文できます。
普通のメニューも置かれていて、タブレットではなく店員さんに注文してもOKなのだそうです。



事前にネットで予習しているので、注文は迷うことなく「千屋牛セット 4〜5人前」を注文しました。
千屋牛のA-5ランク、特選ヒレ・特選ロース・特選カルビ、そして野菜・サラダ です。



そして喉が渇いていたのでこちらも注文!
ノンアルコールのビールです。
不思議なことにちゃんとビール味なんですね。
酔わないけどビール飲んだ気分になるし、これは良いなぁ。


さあ、注文が終わって食べる心構え万端です。


待ってる間、このポン酢が気になる〜〜(笑)


しばらく待つと、ドンとお肉が届きました。
右から、特選カルビ、特選ヒレ、特選ロースです。


新鮮な地元野菜のサラダ!
野菜の味が濃い〜〜!トマトが甘い〜〜!


焼き用の野菜も味が濃くて美味しいです。


私が一番気に入ったのがやはりヒレの部分です。
網の温度を確認しながら、表面をこんがりと、中まで熱を通して焼き上げるのが好みです。


これはロースですね。
肉の甘みがよくわかります。


ほんとに美味しいロースでしたので、もっと近寄って撮ってみました。
この脂、松坂牛よりも少なめで赤身の部分が楽しめます。


カルビは流石に脂が多い。
でも肉の味は松阪牛に比べるとクセがない。


お肉は、脂の割合は松阪牛と神戸牛の間くらいでしょうか。
肉の香りと甘みは但馬牛に似たものがあります。
なんとも言えず上品なお肉の味がしました。

人気があるのもわかります。
遠くから来ている人もいるようですが、近所からエプロンをしたまま食べに来ているお母さんもいます。
そしてこの店には流れるようなオペレーションがあって、何事も滞りなく処理されていきます。
2〜3人でお昼の定食、肉を焼いて食べてる人たちも早い早い。
30分で食べ終わって席を立って行くので、とってもリズムが良いのです。

私は地元人ではないですし、ここに来れるのは一生に一度かもしれないので、ゆっくりとよおく味わって食べました。





焼肉レストラン 千屋牛     HPはこちらです

住所:岡山県新見市正田397-2

営業時間:平日 ランチ11:00~14:30    ディナー16:30~21:30
                  土曜・日曜・祝日   11:00~21:30

定休日:火曜日






コメント

「返し寿司」なるものを食べに、新装開店したばかりの成一を訪問!

2021-03-31 | 食べ歩き(岡山)
今回倉敷への旅のキーポイントになったのは、珍しい「返し寿司」なるものがあると知ったからです。

岡山には祭り寿司とかばら寿司と呼ばれるお祝いやお祭りの時に作るお寿司があるのですが、そういう郷土料理が食べたいなぁと検索していたところ、「返し寿司」という楽しそうなお寿司を見つけました。
未知との遭遇ですね。

これは面白ろそうというので早朝から電車を乗り継ぎ、途中で車に乗り換えて倉敷入りをいたしました。
前回更新の大原美術館に行く前に、とりあえずは旅の主たる目的である「返し寿司」を食べに、四季菜料理「成一」(せいいち)に突撃したのです。

お店に到着してみると、真新しくできたばかりの様子にびっくり。
確かHPではお庭の素敵な老舗の日本建築の写真を見たのだけどなぁ。
よくよくお話を聞いてみると、「蔵Pura 和膳 風」というお店が最近移転して「成一」になったのだ判明いたしました。
最近というのはほんとに最近で、3月8日に移転新装オープンだったのだそうです。
お祝いの蘭の大鉢がハンパない!!!


靴を脱いで2階のテーブル席に案内されました。
メニューを置いて去ろうとする店員さんにすかさず「返し寿司」単品でお願いしました。
ちなみにメニューには、返し寿司に天ぷらや小鉢などが付いたセットもありました。

さあ、テーブルセッティングも終わって(笑)気合十分に返し寿司なるものを待ちます。


その昔、備前岡山の池田のお殿様が質素倹約令を出したのは有名な話ですが、
「食膳は一汁一菜」を推奨したのだそうです。
推奨といえば聞こえはよいですが、役人のチェックもはいる本格的な命令だったのでしょう。

でもどんな時代にも私のような食いしん坊はいるようで、毎日が質素だと耐えらなかったのです。
よおくわかりますよ、私には。
しかも、お祭りや冠婚葬祭にも一汁一菜を守るのは至難の技。

そこで、見た目はご飯の上に錦糸卵を乗せただけのお寿司ができました。
これなら文句はあるまい!


役人のチェクが済んでどこかに行ってしまえば、このお寿司を箱ごとひっくり返します。


で、木の蓋を外せば・・・
こんな豪華なちらし寿司!
返し寿司とはトリック寿司だったんですね。


ご飯は酸味の弱い酢飯で、小さな切り昆布やカンピョウかな?お醤油で煮たものが混ぜてありました。
そのご飯の上に彩とりどりの魚と野菜が所狭しと乗っかっています。
しかも瀬戸内の魚が綺麗に重なって居ます。
鯛、鰆(さわら)、ツバス(?)烏賊、シャコ、穴子、ホタルイカ、蛸、海老。
シャコと海老は味見をしていませんが、魚類はどれも鮮度がよく、納得のレベルです。
野菜も、筍、菜の花、えんどう豆など春を感じることができて、ウキウキするようなビジュアルです。
添えられたお醤油は魚の上に掛けるのではなく、魚をつけてお召し上がり下さいと説明がありました。


来るまで知らなかったのですが、玄関のお祝い花に「門下生一同」という札がありまして、見送りにきてくれた店員さんに聞いてみたのです。
以前の場所では総料理長として多くのお弟子さんを指導されていた方という説明でした。

さすが有名な料理長!
味も申し分なく、つい私もお上品に食べようと頑張ってしまいました。




四季菜料理 成一     お店のHPはこちらです

住所:倉敷市阿知3丁目12−8

営業時間:ランチ11:30~14:00   ディナー17:00~22:00

定休日:不定休





倉敷に到着してすぐにミッションコーンプリートの旅でした。
これであとは安心してゆっくりと観光ができます。





コメント (2)

倉敷の旅!まずは大原美術館とアイビースクエアー!

2021-03-29 | お出かけ日記
ダリの美術展以来、美術館賞とグルメの二兎を追うお出かけが流行っている。
私の中で流行っているだけですが・・・

お出かけ自粛が解除された直後に、子供の頃数回訪れた倉敷に行ってみることにした。
うっすらとした記憶で、確か一度はアイビースクエアーにも泊まったことがあるはず。
街も整備されているはずだし、女子に人気の高い倉敷の美観地区を散策してみたい。
そして大原美術館!
30回ほど訪れたことのある知人に強く勧められたこともあり、ここは外せない。
ということで、早朝から出発して一路倉敷へダッシュした。

晴れ女のはずなのにその日は曇りのち雨(笑)
まぁ、そんな日もあるさ!
花粉症の私には嬉しい天気です。


記憶にあるよりお店が増えた美観地区。
ちょうど卒業式のシーズンだったので、袴を着た女学生達が写真を撮っていました。
微笑ましいよね。


昨年は数ヶ月ほどコロナ感染予防のため閉館していた大原美術館ですが、最近ようやく開館しているというので楽しみにやってきました。
レトロな建物は昔と変わってないような気がします。


館内が混み合わないように入館数を制限しているということで、館内はひっそりとしていました。
館内は作品だけでなく建物や内装の写真撮影が不可でしたので、入り口だけ撮らせてもらいました。
入り口上部にある丸い窓は、館内の2階階段踊り場から近づいて見ることができました。
この窓、内側から開けることができるそうで、近づいて見せていただきました。
重厚な作りに感激した私です。


美術館は、本館に新しく建て増しした部分や、昔ながらの蔵風の建物もあって、5棟で構成されています。
展示物がたくさんあって興味深いものがいくつもあります。
分館は工事中で立ち入れず、ちょっと残念でした。
桜はようやく咲きかけたところです。


ざっと見て回って隣の「カフェ・エル・グレコ」で珈琲タイム。


ここの珈琲はいまでもネルドリップで挿れているそうです。
月1の珈琲、今月はここでいただきました。
が、あまりのよい香りに気を取られて肝心の珈琲写真を撮り忘れてしまいました。
申し訳ない。


窓の外には太いアイビーの幹が絡まっています。
夏に訪れるときっと緑の葉で覆われているに違いありません。
アイビーがこの太さになるには何年くらいかかったのでしょうか。


珈琲タイムが終わったら宿のアイビースクエアーにチェックインです。


門の内側、左右の壁が茶色になっているのがわかりますでしょうか。
アイビーの蔦だと思うのです。夏になると緑の葉っぱで覆われるはずです。
確か子供のころにその緑のアイビーに魅せられて、大人になってからアイビー柄の食器を買ったはず。
また泊まることができて嬉しいです。


予約は楽天トラベルから「お部屋おまかせ」という当日にならないとわからない安いプランを申し込みました。
そういうのもワクワク感があって楽しいものです。

当日は満室に近い状況で、広い部屋にはなりませんでしたが、新館のツインルームをシングルユースというお得感のあるお部屋になりました。
入り口から見たお部屋です。
なんと!洗面台が部屋に・・・!


これは窓側から入り口方向です。
アメニティは一応過不足なく揃っていました。
最近どのホテルでもシャワーキャップを置いてないのは理由があるのかな。
シャワーキャップ欲しいよね。次の旅行は百円ショップで買って持参するかな。


狭いのに圧迫感がないのはこの天井のおかげです。
そうなんです、2階建の最上階ということで天井が小屋裏になっています。
斜めになって高く感じるんですよ。
バスルームには浴槽がなくシャワーブースだけですが、私の大好きな真上から落ちるシャワーがついていたのでご機嫌です。
朝早く起きたので、1時間ほど仮眠して夕食に備えました。
デュベスタイルのベッドとたくさんのコンセント!これほど嬉しいことはありません。




倉敷アイビースクエアーホテル    HPはこちらです

住所:倉敷市本町7−2




街を散策中にみつけたマンホール!


色鮮やかで映えるなぁと思います。





コメント

サンセリテにて歩く熟成牛を味わった!A5のなかでも希少種らしい

2021-03-26 | 食べ歩き(三重)
久しぶりにサンセリテのフレンチが食べたくなった。
でもなかなか敷居が高い。
思い立ったら食べどきなのに、前日までに予約必須なのだ。
当日、ふらりと立ち寄ることはできないのです。

ようやく「明日こそは!」と電話をかけてシェフと打ち合わせをする。
何が食べたいのか上手く聞き出してくれて、メインは松阪牛に決まりました。
前回訪問時に同行者が食べて、「美味しかった」と絶賛していたので松阪牛のグリルを食べてみたかった。

朝ごはん抜きでちょうど正午にサンセリテに到着です。
オリジナルのソフトドリンクはライチ入りのため私はNGです。
ノンアルコールのシャンパンで喉を潤して準備万端。
ノンアルコールのシャンパンって単にサイダーなのでは?と思われるかもしれませんが、口当たりはまさにシャンパンなのです。



前菜のお皿はトマトが主役。
甘く濃厚な味のルネッサンストマト。マリネ、ドライ、そしてドレッシングにと3種の姿で登場です。
桜マス、北海道からの帆立と合わせてサラダ仕立てになっていました。
別のテーブルには甘エビらしい。エビNGの私にはいつも帆立が出てきます。


大根のスープ!
嬉野大根という水分と甘みの強い大根です。
ほろ苦味はないですが、ほんのりと大根の風味が感じられます。
添えられたクルトンは松阪牛脂でカリっと仕上げています。


メインの松阪牛の一皿。
A5の松阪牛のなかでも4%しか流通しない希少種と説明がありました。
腿肉のグリルです。
牛蒡、蕪、アスパラガスなどの春野菜添え。
ソースは大好きなジュ・ド・ヴィアンド。このソースは松阪牛筋を加え、4日間かけて完成するそうです。

牛肉の断面に斜めに走る筋のようなものが見えます。
脂肪なのかな?
これが柔らかくて驚きなのです。
断面がピンクなのにこの柔らかさは何?って感じ。
シェフに質問攻めで調理法を聞き出しましたが、これは素人では無理だわ〜という領域でございました。
松阪牛独特の香りも控えめで、気をつけないとイッキに完食してしまいます。
ここは味わないといけない一皿ですよね。


デザートは「あやひかり」(近くで栽培している国産小麦)のクレープです。
マスカルポーネチーズが詰まっていてそれほど甘くない。
苺のジェラード、苺ソース、乾燥苺パウダーなど、苺尽くしでした。
スープがたっぷりの一人前の量だったので、このデザートは半量で用意してくれました。



サンセリテでの楽しみの1つがこのデザート!
パテシエのマダムがデザートを残しがちな私に、脂肪分少なめ&量少なめの仕様にしてくれます。
そうすると最後のプチフールも食べることができるのです。
紅茶を選び、チーズケーキ、アプリコット入りのチョコ、フィナンシェの小菓子を全部食べて満足のランチになりました。


お会計は入り口付近なのですが、キッチンからも近いので、シェフが出てきてしばし歓談。
食べてるときは話さないので、この最後の歓談で情報を聞き出します。
今日の感想を伝えたり、お肉の焼き方を聞き出したり・・・(笑)
ほんの数分立ち話をして機嫌よくお店を後にしました。





キュイジーヌ フランセーズ サンセリテ   HPはこちらです

住所:松阪市下村町字坊山1964-5

営業時間:ランチ12:00 - 15:00(L.O.13:00) 
    ディナー18:30 - 22:30(L.O.19:30)

定休日:毎週水曜日 と第一火曜日






コメント (2)

【お弁当】まるごと冷凍弁当に挑戦!!!

2021-03-24 | お弁当
最近は外食の更新が多いのですが、久しぶりに自作弁当をUPします。
なぜだか少し恥ずかしい・・・と思うのは私だけかな。

元気に食べ歩きをするために普段は手料理で体調を整える毎日です。
朝は熱い紅茶とパンを1個、お昼はお弁当、夜はお惣菜中心の定食スタイルとなっています。
私ってNGの食材が多いので、家食では徹底してアレルゲン無しの献立にしてるのです。
そうすることによって、たまの外食でNG食材が少し紛れ込んでいてもたいした反応にはならないから。
少量なら大事には至らずに過ごせます。

毎日のように準備するお弁当。
長年作っているので手早くはあるんだけど、もっと時短できないかと考えてみました。
時短とダイエット。
その2つをキーワードに考えているところに、ネットでお取り寄せできる冷凍弁当を見つけました。
冷凍宅配弁当というのでしょうか。
チンするだけで食べられる完全食です。

その中でも、口コミで味の評価が良いもの、低糖質のものが何社かありまして、
少量をお試しで注文できるものを選びました。


1食1食に献立、カロリー、温め時間が表記されていてとっても便利。


袋の隅を挟みで切り、あとはレンジで4分ほど待つだけで、調理時間0です。
お茶用のお湯が沸くより早くおかずが出来てしまいます。
この会社のはおかずのみ、ご飯無しなので自分で用意します。
冷凍乾燥を防いでいるのか思ったよりもおかずに水分が多くて、パサパサしていなくて好印象です。


ですが、1食あたりのコストが高いので継続は難しい。
うむ〜〜〜
なんとかしたい、なんとかしたい!!!
そう強く思っていると、突然閃きました。

自分で作ればいいのでは?!

調理するのは嫌いじゃないから一度挑戦してみましょう。

改善点は、1つのお弁当箱にご飯も入れた完全食とすることでした。
蓋を開けて電子レンジでチンするだけの手間いらず弁当です。

そこまで考えたところで検索してみると、作り方がたくさん載っていました。
世間の皆様・・・すごい!
参考になるもの満載です。


まずは頂き物の味付け海苔を使って「のり弁」をいくつか作ってみました。
鮭や卵を焼いて、ごま油を使わないキンピラ牛蒡、チキンナゲット、無限ピーマンなどなど・・・
炊き上がったご飯をお弁当箱に詰めて並べます。
次に、作ったおかずを適当に乗せていくだけです。


キンピラ牛蒡は私用に胡麻油を使わないキンピラです。
甘塩の鮭は、みりんなどを加えて焼き、味に深みを出したものです。



ハンバーグの日はランチの時間が待ちどうしい。

これは椎茸の中に鶏ひき肉を詰めました。










朝、冷凍庫から出して、常温にてお昼まで自然解凍。
次にレンジで2分40秒温めると、できたてのような美味しいお弁当の完成です。


今は1週間分だけ作り、即冷凍庫へ!
毎朝、冷凍庫から出したお弁当を包むだけ。
時短とは別に、無駄のない食材調達ができて一石二鳥・・・いえ、三鳥ですか(笑)
当分このスタイルで朝の貴重な時間を大切にしたいなぁ。



さて、次回は久しぶりにフレンチレストランに行った話を予定しています。







コメント

Links

↓ ↓ ↓ ランキングとかSNSとかに参加してます。よろしかったらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへレシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド