たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

名木

2013年10月31日 | 日記

「幾世の松」 愛知県江南市・曼陀羅寺(まんだらじ)の塔中・寛立院の赤松

3日つづきの庭木剪定、生垣二面の金芽つげの剪定で疲れてしまった。南隣りと東隣りの家の屋敷へ入らせていただいての剪定になります。なるべくゴミが落ちないようブルーシートを敷いて、必要に応じ脚立作業です。南側は日陰で生育が悪くあまり繁茂しない。東側は陽は良く当るが隣りの屋敷側で、自宅側はやはり日陰で生育が悪い。段々幅が広くなって始末に負えません。縮めるとスカスカに穴になってしまいます。

今日は布団を乾し、カバーとシーツ、毛布などをクリーニングに持っていきました。暇なので江南市ドライブに一周しました。よく休む名刹曼陀羅寺の塔中(たっちゅう)寺院の名木を見ました。
「幾世の松」(元愛知県知事・桑原幹根氏命名)今年は早や剪定も済ませ、庭も綺麗にしてありました。樹齢、樹姿、品格があります。門冠りが素晴らしい。庭師も尾張の腕利きです。
前にご住職が剪定代が車を買う替わりの道楽だと言われました。数十万円の剪定代です。

空模様も怪しくなり、布団を乾していたので急いで帰宅しました。

コメント (2)

庭仕事3

2013年10月30日 | 日記

庭仕事、職人さんの松の剪定が今日で終わりました。本職が丸2日間、しかも8時には来宅されました。本職並みのお手伝いさんが10時頃から応援丸1日、概ね3人工で料金は35,000円と昨年並みだった。昨年は1人で2日半掛かった。日当16,000円ほどなので、剪定ゴミの始末料も含みお値打ちです。剪定ゴミは田圃に一時ストックし近くの木材団地の会社に運び焼却されます。
松の剪定は職人さんそれぞれのやり方があり、ここ4年頼んだ方はふんわりと仕上げる手の方で仕事は丁寧、少し手間がかかりますが気に入っています。松の足を長くしてしまってはいけないのです。壇を低く能舞台の背景のような老松が理想なのです。わが家の松はすこし濃すぎるとの話しでした。上から2段目がスッキリしないので、切りたい枝があるとのことでしたが、来年の課題にして頂きました。
亡妻の旧家の便所の前にあった松で、2度の移植でわが庭に落ち着きました。東京の義妹や春日井の義妹が見れば、感慨もあるでしょう。ブログ名は知っています。

この辺の松も、ゴルフ場の松も松枯れで片端から枯れていきます。松くい虫、マダラカミキリが運び屋になり、わずか1ミリに満たない、線虫マツノザイセンチュウの仕業です。ここから見える山の松も枯れたのが沢山見えます。松枝の切り口から入るので、切り口を消毒する薬を常に持ち歩いていると言っておられました。
それと気にしていなかった毛虫、今日も細い大事な枝は1本枯れていました。6月頃殺虫剤スミチオンを少し濃い目に500倍水溶液で消毒をきつく言われました。

来年は、この辺の気候では6月中・下旬に新芽が出揃った頃春剪定、年末頃秋剪定しようかと思います。少し出費は嵩みますがそれが本当の剪定なのです。

 

コメント

庭仕事2

2013年10月29日 | 日記

昨日につづき庭の生垣の剪定をやりました。曇天で昨日より寒く朝方パラパラもありましたが何とか一日仕事ができました。精込めて熱中し、お陰で夕方歯医者の予約が入っていたのを忘れてしまった。再予約ですね。

田舎から、嫁っ子の母、孫のお婆ちゃんが1週間ほど遊びに、家事の手伝いや孫の顔を見に来ていましたが帰られました。お婆ちゃんは私より少し若い。田舎で一人暮らしです。嫁は親一人、子一人です。年に何回か遊びに来て1週間ほど滞在します。
五平餅が名物なのでお土産に持ってきてくれましたが、最近食欲がないので自分は辞退しました。おでんの種を買って1週間ほど持て余しています。もう捨てなきゃね。

お婆ちゃんは車の軽四を持っています。道中と寒くなるので体にも気をつけてと、見送りました。嫁が乗っているカローラはおばあちゃんの払い下げです。車庫に車4台がギシギシに入っていました。自分の車庫は別車庫です。狭い屋敷に車を道路にはみ出さないため、中二階のような変な家なのです。お婆ちゃんはこの家へ来ると疲れると愚痴りますね。

お互い歳を取るといろいろ老後のことも考える必要がある家族構成です。

コメント

庭仕事

2013年10月29日 | 日記

庭木職人が入ってくれました。急に寒さがやってきて寝付れず、朝になって熟睡し職人さんに起されました。もう庭にシートが敷き詰められていました。途中から手伝いの相棒が来てくれました。
自分は金芽ツゲの生垣を先ず剪定鋏を砥石で研ぐことから初め、一日中生垣剪定をしました。
わが家の庭は夏中トカゲの棲家、排水枡はビニールシートで年中覆って、ぼうふらが湧かないようにしていますが蚊が多く、今年は雑草引き以外は一切春から手をかけませんでした。

朝、喫茶店へ朝食に行ったのと、午後職人に出すお茶と茶菓子を生協へ買いに行っただけで、昼も取らず頑張った。予想したとおり1本の松が二人で終りません。もう半日弱1日置いて入って貰うことになり、主人の散髪代の3年半分位の、松の散髪です。
3坪ほどの雑草畑も草引きに追われ放しです。嫁は芝庭にしてしまえと言いますが、土の畑も少しあった方が良い。金芽ツゲは根を張るので野菜や、草花の栽培に適しません。除草剤もしかりです。

松に毛虫がついている。卵が越冬するので殺虫剤スミチオンを1000倍液に薄めて除虫せよと、枯れた枝を見せられました。松は元気がいいが、子芽は小さい性質の松だとも。
夕方は疲れてお勝手も嫌で、カレー屋、coco一番屋で200gの小盛をいつものように食しました。

その足で今日はゴルフレンジの90分500円のシニアの日、打ち放しへ行き、2階打席は苦手ながら、店員の大丈夫ですよ、の声で2階で打ちました。手首や足が疲れで引きつり、危なくてまともに打てなかった。今度からは800円の1階にします。高所恐怖症が高齢化で増したようです。駅のホームやレンジでヨタついて落ちたら一巻の終りです。年寄りは金を惜しむなということでしょう。怖くて重心移動が十分出来ないのです。

コメント

庭木の剪定

2013年10月28日 | 日記

今日は予約を1日早めて職人さんが松の剪定に来てくれます。台風にもめげず頑張って仕事し1日早まったという電話でした。家を建替える前は大きな庭だったので玄関の門被りを初め4本もの松がありました。築庭したのは家内の叔父です。
私の現職時代は長く叔父や、義父が剪定してくれていましたが皆亡くなりました。退職後2、3日の弟子入りで見様見真似で自前でやってきましたが、6年前から木が大きくなったこと、自分も歳とって職人さんに頼んでいます。

松の剪定は難しいですが、要領を得れば奥が深く風情があります。僅かに1本残った松は樹齢50年くらいでしょうか、家内の旧家にあった1本を叔父が移植していて、その後わが家へ再移植したものです。
昔の写真をみると細い木でした。生垣のキンメツゲも二代目で、その前は”あかめがし”を植えていましたが、30年ほど前いっせいに枯れる病気が流行り枯れました。
二代目のキンメツゲは家内が手植えしたものです。これもヘタってきています。これは自分で剪定しましょう。
急に寒さがやってきました。 体調に気をつけましょう。昨夜は大腸切除の後遺症で、深夜になって便意があり、長い時間トイレに坐り、その後寒さもあって寝られませんでした。

コメント

となりのトトロ (高音質) 秋山カズ

2013年10月27日 | 日記

となりのトトロ (高音質) 秋山カズ

映画館では近く公開スタジオジブリの「かぐや姫」の上映と、宮崎駿監督の引退表明を記念してパネル展をやっていました。宮崎監督が監督・プロデュースされた20作品でした。わたしは「となりのトトロ」が傑作だと思っています。

GooブログへのYou Tube 共有タブが復活解消しました。Googleも時々変なことをやるので困ります。前はブラウザGoogleでブログ記事を打ち込むと漢字の再変換ができませんでしたが、これも今は解消されました。

台風は心配した割りにおとなしく去っていきほっと一安心です。昨日は快晴になりましたが、墓参に行ってロウソクの火を点けようとしても、一日中吹き戻しの風で一苦労でした。静岡県の磐田市あたりは冠水で大変だったようです。私の住む美濃地方は比較的天災から縁遠く助かっています。

土曜日は千葉県で開催中のプロゴルフも雨天・コース状態が悪く3日目の競技が中止になりました。静岡から東がよく降ったようです。
トップに来ている谷口徹選手が、私も数ヶ月前に中古で求めた大分古い型のパターです。丸山茂樹も浮気しても結局このパターに戻るという名器、「オデッセイ・ホワイトホット#5」を、谷口は浮気せず使い続けています。
今日は3日間に短縮された最終日なので、谷口が#5をどんな構えをするか、テレビで観察するね。昨日の2日目競技の録画では大分、トウ(先の方)を浮かせて構えていた。

トッププロ二人が手放さないのだからやはり名器なのでしょう。丸山プロは左手親指の付け根の痛みの故障で春から試合から遠ざかっていましたが、今回のブリヂストン・オープンでは出場しています。
谷口プロは右足を半歩後ろに引く、プロでは少数派のクローズドスタンスの選手です。体や肩の向きは目標に並行です。彼も12億円以上を今までに稼ぎ立派なものです。大口を叩くのでビッグマウスと言われています。彼のスイングはクローズドスタンスで、インパクトで肩の開きを遅めにするため縦に使い、体の回転が速いのが特徴といわれます。彼は故障がない選手です。

コメント

映画「許されざる者」

2013年10月26日 | その他

映画「許されざる者」を観てきた。9月13日ロードショーで10月30日終映とあって、昨日は日に1回だけ18時40分開演なので、早い夕食を1膳飯で済ませ早めに行った。

この映画は1992年ハリウッド映画「許されざる者」、クリント・イーストウッド監督・主演の名作の日本版という作りです。ハリウッド映画が黒澤明の「七人の侍」がベースのアメリカ版。ハリウッド(ワーナーブラザーズ製作)+李相日(監督・脚本)+渡辺謙(主演)、世界が注目する日本映画誕生とパンフにあります。助演は柄本明、柳楽優弥等。

“舞台は1880年明治はじめの北海道、主人公は幕府軍の残党で、政府軍の残党狩りで、かっては“人斬り十兵衛”と恐れられた男。愛する妻と出会い子供2人をもうけ、刀は捨てたはずだった。しかし、妻亡き後、幼い子供たちと極貧の生活にさらされる日々のなか、昔の仲間が“賞金首”の話を持ってやってくる。“ということからストーリーは始まる。“男たちの覚悟が、女郎である女達の意地が、感情の臨界点を越える“とパンフにある。

重い印象の映画だった。当方の高齢化もあり、台詞がどの役者も聞きづらく閉口した。
雪の北海道の広野でロケして力作ではある。手間隙もかけている。私は前にイオンモールでパンフを貰ってきて、手元にあるので読むことができます。
映画を待っている間に、パンフの補充に係員が来たので、上映中の映画の簡単なパンフが欲しいね、観終わった映画の筋や役者も後で追ってみたい、昔はそうだった。と話しかけると、今は上映中のパンフは置かないのだそうです。商売本位でつまんない。

観客は私1人の独占上映だった。終わって9番スクリーン(一番奥にある)を出ると、係りの女性が扉をあけてくれた。
1人の独占上映でありがとうと言い、観客がない時は映写しないのでしょう、と聞くと「そうですね」と答えた。

広い暗い映画館に一人で見るのは少し気味が悪かった。
モギリの出口で終映を聞くと、21時半からレイトショーになり、一番遅い終映が23時50分だといった。レイトショーはシニアと同じ1,000円になる。

このイオンモールのシアターは、ワーナーマイカルからイオンシアターに最近経営主体が変わった。次は「おしん」を観る。

コメント

やんぬるかな!

2013年10月25日 | 日記

市営墓地に運良く縁がありお墓を作っている。何十年も前に亡妻が市役所へパートに行っているとき、往時はのんきな市政で、死亡者がいなくても空墓地を募集した。1メートル四方程度の墓地の永代借地料が20万円だった。
その十数年後まさか自分が真っ先に墓地に葬られるとは亡妻も予想しなかっただろう。
お陰で家内を偲ぶことができる。お墓はやはり心を穏やかに落ち着かせる場所だ。広大な墓地なので誰かと大体会う。その墓地は長い間管理料が無料だったが、10年ほど前斎場が新築され、墓地が公園化されたため管理料が要ることになった。わずか年2千円だ。民間だと数万円を取られる。3年分前払いで昨日支所へ行って納めた。
請求書には納付書に記載の納入金融機関へ払え、となっていて銀行名はあるが市役所でも支所でもいいとは書いてない。迷いながら9時前に行くと「オハヨウございます」と、窓口と支所長が挨拶して迎えてくれた。
墓地の枯れた供花を時に係が巡回し収集して始末してくれている。聞くと1週間に1度は巡回するという。ありがたい公的サービスでここに縁のない市民は嘆くだろう。

近く月命日を迎える。供花はしないまでも線香を上げお参りは欠かさない。口には出さないでも近頃はこんなことがあったよ。こんなことに困っているよ。とお墓に話しかけている気分だ。そっちはどうだい。もうどこかへ生まれ変わっているのかい。という気分だ。
新しい木綿にお骨を包んで納骨したが、大分土になって崩れている。在所は骨壷のまま納めている。どっちがまともな納骨なのだろうか知らない。

昨日の新聞は23日またも、近くの瑞穂市の老人男性(80代)が銀行協会を名乗る20代の男に詐欺にあい、900万円を騙し取られた。
今日は24日岐阜市の女性(73歳)が、同じサカモトを名乗る男に同じ手口で、300万円を騙し取られた。
前者は「銀行員にヤクザと手を組んで金を抜く者がいる。銀行に預けていると危ない」という。
後者は「詐欺の犯人を捕まえたら、あなたの名義の預金通帳があった。銀行協会へ電話しておきます」と電話。直後に銀行協会を名乗る別の男から「お金が危ないので預かる」と電話。お金を銀行から下ろして待っていると自宅に来た男に手渡した。

ああ、やんぬるかな!人を疑うことをしない善良でバカ正直なお年寄りよ。人は疑ってかかれ。悪人になれ。

三鷹市の高校生は、フィリッピン人の母、父は日本人で離婚している。幼い歳の離れた妹がこの犯人にいる。大学にも行けず、高校を出て自衛隊に入ろうとしたが、持病ではねられた。コンビニのアルバイトなどでくすぶっていて悪事を働いた。フェースブックには立命館大在学中と騙して彼女と友達になった。
ハーフで英語が得意、南米系のハーフと嘘をついて近づいた。1年弱の付き合いが肉体関係まで発展し、犯人の友人に「彼女は清純な高校生だったが、遊びを教えてやったので、彼女の貞操観念が変わってしまった」と言い、クローゼットで待ち伏せしているとき、友人に「無差別ではない、自分は被害者だ」とメールし、そこにはあるサイトのアドレスが貼ってあった。そこを開くとまた別のサイトのアドレスが貼ってあり、それを開くと海外エロサイトの恥ずかしい彼女の写真がいっぱい投稿されていた。
(ネットを探ると恥ずかしい写真の極致は、局部写真、犯人のお宝を口に含んだ写真だったようだ。脱がせ屋だとの記事もあった)
兵庫県在住の女性(24歳)も被害に会い、あるときこの男のスマホか何かを見ると、女の裸写真がいっぱいあって、危険に気づき第3者の男が中に入り仲介、削除させたとある。
(以上は週刊文春の記事だ)

善良な老人や世間知らずの高校生・中学生よ、騙されるな。世の中は危険がいっぱいよ。

コメント

買い物下手

2013年10月24日 | 日記

一人暮らしの勝手気ままなキッチン、ホットプレートのテフロン加工が破れてひらひらし気持ち悪いので、替わりを買いに行った。量販電器店でも手頃な大きさのが展示してなくて、3つも店を回ってタイガー魔法瓶の会社製「タイガー小型グリル鍋」を買った。一人暮らしにぴったりサイズ、深鍋直火OK、焼肉に最適、蒸し皿つき、7,000円、カタログ定価は12,500円だった。今までの丸いホッとプレートがどこにも売ってなかった。

ところがこの製品は鍋とヒーターの部分が別物で、熱伝導で鍋を間接的に熱する製品。鍋が熱く熱するまでに時間がかかってイライラする。最大250Wもあって電気を喰う。しかも棚への収納に厚みが邪魔して納まりきらない。スキヤキや、鍋物料理が簡単に作れる今までのような製品をまた探してみるかと鬱陶しい。

半年前に買い替えた電気釜、三菱製、12,000円ほどだった。これがまたご飯が美味しくない。蒸したような味、保温を一昼夜置くとベタになり喰えないような味に変わってしまうので、冷凍して解凍して食べる始末。カレーのCOCO一番屋も冷凍してテナントへ送ったら、何故かルーが美味しく変わったというではないか。それが大成功のヒミツらしい。

電気釜は高価な製品はいっぱいあるが、前に使っていた日立製は半年くらいで内釜の樹脂に穴があいてメーカークレーム、接着剤がガス化して穴になったと日立の会社が謝罪し、新品に交換してくれた過去がある。このガスは無害だと言い訳された。

それも駄目になって、同じような日立製は、今度は炊き上がったご飯に、内釜の樹脂や接着剤の匂いがついて食べられなかった。代理店に来て貰い匂いを嗅いで貰い、「こりゃひどい」という始末。米と一緒に本社へ送ってもらい、その経過報告は本社も困っているとのこと、結局代金を返してもらって、古い製品を使い続けた。電気釜にはついていない。

高齢で何を食べても美味しくないし、食欲もなく、無理して有合せを食べている。お魚の鮭、サンマ、鯖は常食の好物だ。鯵の干物も悪くはないが二番手になる。朝、昼兼用の喫茶店モーニングは特売日300円のチケットが日課です。夜が困る、外食も食べたい物がない。
喫茶店定休日に食パンを買ってきて食するがこれも、美味しくない。カランコロンかカビを生やす始末です。

月初めに手術した内唇のおできの後遺症で少し痺れがやはりある。気にすれば気になる程度です。同じ場所の奥歯の虫歯治療で金属の詰め物が入った。これもどーんとした鈍痛がある。来週冠の型を取る。
で、タバコは禁煙できたかって? それよ、聞いてくれるなおっかさんよ。

コメント

閑居の日

2013年10月23日 | 日記

今年最後でしょうバラが一輪咲きました。近くの方の松と生垣の剪定に職人が入った。わが庭の松1本もこの職人に3年ほど剪定してもらった。春に緑摘みをしなかったので、例年程手間隙が掛からないと言われた。今年は少し間を引き透かしたいと言っていた。

今日は先日初めて行ったゴルフドライブレンジのシニアデイ、2階打席90分500円、1階打席800円の日、2階打席で久方振りに練習した。打席からバランスを崩して落ちそうな恐怖感があって、高所恐怖症気味なので思う存分振れなかった。婦人を含め老人でいっぱいだった。

 

台風が2つも来るらしい。藤原の効果とかいって、2つがどう迷走するか予想がつかないらしい。
伊豆大島の住民を島外へ避難させた。スーパーを経営していて避難できない若いお母さんが、4歳の幼稚園児を姉に託し、避難させていた。幼児の娘を波止場に見送り涙を流していた。未だ行方不明の犠牲者が何人もおられる。自衛隊員もご苦労様です。

中日バッテーリーコーチに元広島カープの達川光男氏(58)が就任し、記者会見していた。
「現役時代名古屋球場では”たわけ”とよく野次られた。たわけとはどういう意味ですか?」、記者の声がボソボソと聞こえ「ああ、そういう意味ですか、たわけと言われないよう頑張ります」と、笑わせた。広島では「アホバカたわけ」とは言わないのだろう。

NHKのクローズアップ現代ではストーカー被害の拡大や急増にどう防ぐか特集していた。三鷹警察署の対応は今回少し甘かった、犠牲者が気の毒だった。真剣に取り組んでほしい。ストーカー防止法は桶川事件で法制化されたが、実効はあまり上がっていないらしい。話し合いに持ち込む⇒リスク、一人で解決できない⇒デンジャー、ただちに避難し住所を隠す⇒ポイズンの3段階があると、NPO法人は教えていた。
週刊文春は住民票も閲覧禁止にする制度を教えていました。現職時代、酒乱で酒が入ると人が変わる異常人格の後輩がいて、よく自宅にも押しかけられ迷惑した経験がある。ストーカーされると本当に困ることは体験済みです。一人で悩まず誰かに相談する事が大事です。

コメント (2)