たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

松崎ナオ - 川べりの家

2019年02月09日 | 音楽

松崎ナオ - 川べりの家

NHK「ドキュメント72時間」のテーマソング、妙にグッとくるね。年末の番組「2018年 年末スペシャル」も見た。今日のお昼前の番組・再放送「真冬のキャンプ場富士山を眺めながら」のエンディングでも聴いた。

岐阜県海津市出身の足立佳奈も似ている。

足立佳奈 『あの日に戻れるなら・・・』(Special Edit)

コメント (2)

第90回岐響定演

2018年12月16日 | 音楽

今日は岐響第90回定期演奏会に行ってきた。師走の一日を入口で待っていてくれた高校級友と一緒に楽しんできました。

不二羽島文化センター スカイホール

指揮>松尾 葉子
ピアノ>小見山 純一  オルガン>吉田 文

曲目>
ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」約8分 
シューマン/ピアノ協奏曲イ短調 約30分  ピアノ:小見山 純一  / 繊細な音色のきれいな曲でした。
サン=サーンス/交響曲第3番ハ短調「オルガン付」約35分 オルガン:吉田 文  / 腹に響く重厚な曲でした。

開演前のロビーコンサート / 珍しく競輪の補助を受けた共催でした。

コントラバスは腹に響いて生演奏の醍醐味が味わえます。

以下:案内メールから

聴きどころなど
今回は第90回定期演奏会で、岐響創立65周年を迎えた岐響サウンドをお届けします。
 最初はベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」。コールアングレのゆったりと哀愁のある
旋律から一変!「謝肉祭」の賑やかな活気のあるリズムが続きます。曲中では休符を注意
深く数えていないと大変。団員の必死な表情も見物()です。
 2曲目はシューマン/ピアノ協奏曲です。時にはピアノがオーケストラの伴奏を受け持っ
たり一つのメロディーをかけあったりと、ピアノを多分にオーケストラ楽器の一つとして扱っていて、
一緒に音楽を作っている感じがするとても素敵な曲です。ソリストと意気のあった演奏がお届けできれば。
 メインはサン=サーンス/交響曲第3番「オルガン付」。
アマチュアオーケストラにはなかなか難易度の高い曲ですが、65周年、また90回定期にふさわしい、
華やかで荘厳な曲です。会場にはパイプオルガンがないのでオルガンを持ち込みます(苦笑)。
曲は大きく2部からなり、30分ちょっとの交響曲ですが、短い中にも複雑なリズムの緊張感が詰め込まれ、
そのあとに出てくるオルガンの響きになんと救われることか。
是非皆さんも体感されることでしょう。どうぞお楽しみに。

今回指揮者には女性指揮者の第一人者松尾葉子氏をお迎えしました。
岐響とは2回目になります。氏のフランス音楽には世界的に定評があります。
ピアノ協奏曲では地元?の小見山純一氏との共演になります。こちらも岐響とは2回目。
繊細なピアノの音色と響きをお持ちで、氏の音には心が洗われるような気がします。
65
年の歴史を持つ岐響と地元に関係のあるお二人のゲスト、私たちも本番が楽しみです。

コメント

五木ひろしさん叙勲おめでとう

2018年11月03日 | 音楽

VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~2018 8 28 発売 五木ひろし
*スペイン語「人生を生きる」(人生万歳)

今日は文化の日、秋の叙勲が発表された。歌手・五木ひろしさんが2007年の紫綬褒章につづき旭日小授章を受賞した。おめでとうございます。演歌歌手の中で一番好きな歌手です。

今日の新聞はどれも紹介記事を掲載した。「たかが歌、されど歌です。歌には大きな力がある」と喜びを語った。


IBH716 よこはま・たそがれ⑥ 五木ひろし (1971)150603 Ver2L HD
*山口洋子さんの歌詞・断言切りで有名

五木ひろし -そして めぐり逢い
*私の現職時代の十八番だった 

コメント

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

2018年10月22日 | 音楽

今日の朝日は相変わらず全面広告が多く11ページもある。今日の「ひと」には日本を愛するキューバの歌姫・オマーラ・ポルトゥオンドさん87歳だった。
彼女を一躍有名にした映画・「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のDVDを持っている。
この映画はアメリカ映画で、魅惑的でセクシーなキューバ音楽の埋もれていた老音楽家たちを再結集させ映画を作ったもの。
アメリカ人のキューバ音楽に魅せらられた映画監督ヴィム・ヴェンダースが異端ギタリスト、ライ・クーダー親子と、現地で映画化し97年のグラミー賞を受賞した。大成功しカーネギーホールで演奏された。

当時私はテレビで見たか興味を持って、CDショップ・ゲオに行き中古が出たらと、お願いして来たら、忘れた頃通知があり2,480円で購入したものです。懐かしいなあ!

Buena Vista Social Club 'Chan Chan' at Carnegie Hall ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ チャン チャン カーネギーホール

今夜はBS日テレ「恋するクラッシック」を見る予定だ。

コメント

恋するクラッシック

2018年10月15日 | 音楽

今夜のBS日テレ「恋するクラッシック」は夜の9時から、岐阜県大垣市出身で、東京芸大特待生在学中の 辻 彩奈(つじ あやな)さんのヴァイオリンです。
彼女の生演奏は岐響コンサートで2回聴いています。今夜はビデオ録画をセットしました。
使用楽器は COCO壱番屋 創業者・宗次徳二・直美ご夫妻の好意により、NPO法人イエローエンジェルより貸与されている名器です。過去ブログ参照してね。

【恋するクラシック】ヴァイオリニスト 辻彩奈 10月15日(月)よる9時放送

コメント (2)

クシコス・ポスト(ネッケ)Csikos Post (Necke)

2018年10月08日 | 音楽

8日午後9時BS日テレ「恋するクラシック」を聞いていたら、運動会のクラッシックとして、懐かしい曲をピアノで弾いてくれた。運動会では吹奏楽で演奏が多いとか・・。
クシコスの郵便馬車 ドイツ語

クシコス・ポスト(ネッケ)Csikos Post (Necke) 演奏:前田勝則

クシコス・ポスト/運動会BGM

コメント

ブンガワンソロ

2018年09月21日 | 音楽

今日も雨、イオンモールの散髪、QB House へ行ってきた。今日は珍しく待ち時間なし。散髪台に座ると正面に小さな字幕ニュースサイトが映し出される。
’14年9月に噴火し多くの犠牲者が出た、御嶽山の登山が長野県側だけ26日に解除されると出た。

噴火した情報は世界中に知らされたとみえて、’89年のひと夏をわが家で過ごした、インドネシアンのイルファン・ワンダナ君がカナダから「大丈夫だったか」と、お見舞いメールを二男と同報で寄せてくれたのを思い出した。

彼は当時竹下首相のアジア訪問の手土産で、アジアの高校生をひと夏日本に招待すると約束し、受け入れ事務をAFS日本協会が請け負った。その前年二男がアメリカオレゴンへ1年間お世話になった返礼の意味で、わが家がホストマザーを希望して受けた。

彼はムスリムなので豚肉は食さず、妻に苦労をかけた。お酒も縁のない宗教なので、毎晩晩酌する私と一緒に食事した。戯れにインドネシア民謡「ブンガワンソロ」(ブンガワン川)を口ずさむと喜び、ある日当地のAFS集会で自己紹介と共に彼に歌ってもらった。母国の父に報告したようで、父親からヘティ・クース・エンダンのテープが送られてきた。
BENGAWAN SOLO, Composed by: Gesang, sung by: Hetty Koes Endang

Bengawan Solo - Gesang (Official Video)

ブンガワンソロ

彼はその後国際コンサル会社・アクセンチュアに勤め、カナダ・カルガリに居を構え、シニアマネージャーをしている。FACE BOOKを見ると元気なようだ。 下はAFSのサイトに昔投稿したもの。

昔書いた彼の妹さんの思い出。 当時可愛いお手紙と写真を送ってくれた妹・シンディさんも可愛いお子さんを持つ母になっている。 土産に持って来てくれた分厚いインドネシアの紹介本が手元にあるが、英語版なので写真を見るくらいだ。世話になった高校へ寄付すべきだった。

コメント

岐響定演に行ってきた

2018年06月17日 | 音楽

第89回岐響定演を聴きに行ってきました。今日は羽島市文化会館でした。

http://gikyo.ktroad.jp/information.htm#89teiki

指揮>塚田 隆雄
曲目>
サン=サーンス/交響詩「死の舞踏」作品40 約8分
モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」ニ長調K.385 約19分
ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14 約55分

リクエスト曲 /E, サティ ジム /ペティ第1番 

今日の指揮者は名古屋を中心に活躍中の若い指揮者でした。

休憩を挟んで今日のメイン、ベルリオーズ /幻想交響曲はよく練習されたらしく、聴き応えがありました。帰りの途上、中年男性2人が同じ会話をしていました。 

駐車場が7つに散在していていずれも満車で、空きを探すのに二回りしました。

コメント (2)

津軽恋女 新沼謙治

2018年02月01日 | 音楽

後、三日で立春だというのに雪が降ります。
下北半島、竜飛崎は二男が仙台出向中、二人で東北一周旅行で行ったことがあります。

津軽海峡冬景色 歌謡碑 ボタンを押すと歌い出した。こんなに立派だったかな。
青函トンネル記念館も見ました。

故郷の飛騨ではみず雪とは言わずベタ雪という。
コメント

義足のダンサー・大前光市

2018年01月22日 | 音楽

昨晩(1月21日)のNHKスペシャル「義足のダンサー・大前光市」は感動的でした。
 ツイッターにも感動したと投稿されました。 番組は誰のことかな?というくらいで見始めたら、当県・下呂市出身のダンサーで、2年前のリオパラリンピックの閉会式に出て踊り、地元へも凱旋公演して県内でも一躍知られる人になりました。

 

今回のステージで振り付けを担当した、かってのライバルだった辻本知彦さんとの熱い創作の日々を描く。

芸術には縁のない貧しい田舎の家の出身ながら、ダンサーを志し修業中、暴走してきた車にダンサーには命の左足を失う。
どん底から立ち上がったダンサーを密着取材した感動編だった。

-------------------
年末に渋滞で止まっていた孫の車に、前方無視のぼんやり運転の車が追突し、後部が大きく破損した。代車に乗って通勤しているが修理がまだ3週間ほどかかると昨日言っていた。昨年春就職し、初ボーナスで買った中古のホンダ・フィットだ。
けしからん。無自覚運転は許されん。

コメント