たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

貴景勝の美しすぎる母は何者

2018年11月30日 | その他

左から純子さん、貴景勝、一哉さん(共同通信社)

松坂慶子さん似の美しすぎる母は何者?と騒然となったとか。こういう話題はいいね。

秋篠宮さまの大嘗祭に関するご発言も、至極もっともなご意見と思う。
一夜の宗教色の強い皇位継承の行事に、国費を25億円も支出する政府の計画はおかしい。
今朝の日経は天武天皇の頃の大嘗祭は草葺きの質素な宮殿で行われたと報道。
儀式後に解体・撤去する大嘗祭宮に14億円もかけるのは国民が許さない。
聞く耳を持たなかったと発言された山本宮内庁長官も安倍に忖度したか。

コメント

ニッカーズ君

2018年11月29日 | その他

まるで別の生物!牛の群れに2倍の“巨大牛”(18/11/28)

巨大牛がオーストラリアで出現。大き過ぎて売れず命が助かった。

今朝の中日新聞・中日春秋(蛇足:相変わらず天声人語は冴えない低声尽語)

何をテーマかと読み進むと、中国の科学者が遺伝子を都合よく改変できるゲノム編集(小学生でもできる簡単な遺伝子操作)でエイズ患者から、女の子の双子を誕生させたという。
これには、さすが中国本国でも、世界中から倫理面でタブーだと非難されている。中日春秋は説話の世界だけに終わってほしいと結んでいた。

チャイナはバカが多くて困る。そのうちこの生まれた女児も、ニッカーズ君のようになるやも知れず!

今朝の喫茶店のニャンコはゆったり君だった。

ママにデジカメを見せると「いましたか、かわいい」と自分のニャンコに歓声を上げた。

お昼寝の邪魔するなと睨まれた。

コメント

ひどい高千穂町殺人事件

2018年11月28日 | その他

神話の郷・宮崎県高千穂町の一家5人、知人1人の殺害事件は稀なるひどい事件だ。
犯人と目されるこの家の次男(42)は2キロ先の神都高千穂大橋から飛び降り自殺した。遺体は発見翌日大型クレーン車で吊り上げられた。
今朝の岐阜新聞には殺害された息子・長男(21)の写真はFace Bookより」となっていたので、ネット検索すると同じ写真だった。21才のハンサムな普通の青年だったようにみえる。
容疑者・次男は妻とは再婚で息子・長男(21)は前妻との子とか、内輪揉めの原因はネットでは妻の不倫だったようだ?。(朝日新聞は夫の女性関係と報道)(PS:TBSも次男の女性関係をめぐり夫婦関係にトラブルありと報道)

容疑者の子・小学2年生の唯ちゃんまで手に掛けた。わずか45人の児童しかいない高千穂町・押方小学校校長は児童に「唯さんは生きたくても生きられなかった。皆さんは唯さんの分まで自分の命と、他の人の命も大切に生きてください」と、適切な訓示をされた。

唯一屋外で死んでいた母親(66)は首を切断されていたという。何とむごい。
人はここまで狂うのか。

コメント

公園ぶらり・小野洞砂防公園

2018年11月27日 | その他

愛知・犬山市富岡・名鉄広見線富岡駅近くから車で5、6分登ると犬山ひばりケ丘公園、愛知県営犬山浄水場があり、傍に谷川を利用した珍しいコンセプトの小野洞砂防公園がある。

公園を車で一周して降りてこれるが、片方の道は車1台分で退避場がないので危ない。
晩秋に向かう暖かい昨日、高齢の男性2人が昼寝したり、スマホしたりしていた。

先日当市の航空自衛隊が恒例の航空ショーをやった。駐車場が無いので行かなかった。
きれいに撮ったブログがあった。

コメント

公園ぶらり・可児やすらぎの森

2018年11月26日 | その他

日本ラインGC練習場へ主にパット練習に行った。月曜休業をついまた忘れた。
しかたがなく帰る道中にある「可児やすらぎの森」市民公園へ紅葉を見に寄ってみた。
ここは初めてで東口と西口がある。西口駐車場に車を停めた。
西駐車場そばに管理事務所兼休憩所があり、すぐ下の池に鴨が飼ってあった。事務所前に紙袋に入った食パンを小切れにしたエサ袋が置いてあった。
案内書もここで貰う。餌袋をもらって橋の上から投げると一斉に寄ってきてパクついた。

袋は事務所へ返してほしいとのこと。

自分は投げ役で4、5人のご婦人連れが、こんないい写真が撮れたと見せてくれた。自分はいいショットにならなかった。

小山を歩く散歩コースは延長1.0km 所要時間15分、山岳コースは延長1.5km 所要時間20分とある。

少し健脚向きでもあり頂上に2階建て展望台がある。展望台前ベンチでご婦人二人がおやつを食べたいた。

この近くの住宅団地・犬山市「四季の丘」に時ならぬ早咲きの桜が目に入ったので寄ってみた。

団地造成で整備再建された神社の御神木桜5本が満開だった。

この後ついでに、近くにある愛知県・小野洞砂防公園へも寄ってみた。

コメント

飛騨高山松倉城主・三木秀綱

2018年11月24日 | その他

数日前、郷里飛騨の高校級友からレターパックでDVDが贈られた。今春4月に最後にすると同窓会を閉じた翌日、皆で高山市郊外の松倉山にある松倉城址に登った。

同窓会で積み立ててきた慶弔費が7万円余残り、始末を相談した結果市へ寄付し、城址の案内版などが朽ち果てていたので、再建とか登山道の整備に寄付することになった。
その任務を預けた級友が市と交渉したが、頭にくるような市の対応だったようだ。

幹事をやってくれた別の級友に電話して来て、当方等へメール便があった。「羽織の紐を贈られても予算がない。行政とはそんなもの」と、一人は返信してきた。

そんな始末を地元衆が相談して、ローカルテレビ・Hit Net TV が放映した松倉城と絵馬の2編をDVDに作製して貰い、級友に贈呈したとのことだった。

前置きが長くなったが、今から四百数十年前の戦国武将・松倉城主・三木(みつき)秀綱ご夫妻の最期の地を訪ねる好番組で・城主夫妻が追手から逃れ、別ルートを辿り信州松本市、淡田町の縁者を頼って行く途中お二人とも非業な最期を遂げた。
その1編と最近放映したという絵馬の2編で、それぞれ25分番組だった。ネット検索すると、淡田町史から現地を探訪した好ブログがあり、興味深く読みました。

郷里飛騨ではそれほどでもないのに、逃避地で果てた秀綱城主夫妻をこれほど哀惜してくれた信州の人達に敬意を感じたところです。

秀綱夫妻には子があり、別の人に預けていた。その子孫が高山市一之宮町に住んでおられ、現在14代目だと系図で説明された。

絵馬は飛騨地方の縁起物です。陶匠の級友も写っていた。

話は変わるが、当方の生まれ故郷の集落は50数戸中10数軒が同性を名乗り、同族の集団墓地がある。町史には五〇〇年余前、北条早雲の末族某の三人兄弟が、温泉郷の上宝へ入り、程なく移り住み集落の開祖になったという。村の鎮守の守護神は出生地の駿河へ赴き、富士浅間神社の御分霊を奉戴して帰り祀ったという。

この兄弟は、飛騨国司・姉小路尹綱(あねがこうじ ただつな)、に仕え尽忠の心厚く、当方の姓を賜ったとあります。歴史って面白いね。姉小路尹綱 父方の系譜その1 その2

コメント (2)

寒い勤労感謝の日

2018年11月23日 | 日記

今日の勤労感謝の日は少し寒くなった。
過剰
超過勤務が社会問題化している、教員の孫達をはじめ働く人々に感謝する。
モーニング喫茶に少し遠い店に行ったついでに、木曽川を越し愛知県江南市「フラワーパークこうなん」へ寄ってみた。

こども達も今日は寒いようだ。

サンタクロースの衣装は無料で貸してくれる。10組くらいあるらしい。

管理センター2階ではシクラメン展をやっていた。フロントで聞くと市民やここで育てたのではなく、業者のさんの出品だそうだ。入口と出口が反対のエレベーターで上がった。

3階屋上庭園に上がると、順光になる各務原方面の遠望が素晴らかった。

家を出る際、突き当たりになるT字路の我が車庫を出ようとしたら、VW乗用車の若い女性が勢いが良過ぎるスピードで向かってきた。
一応一時停車し左右確認したが、ウインカーも出さず、左折して行った。危ない運転だと呟いた。

それから数キロ走って、市の文化会館前を通過し、しばらく行ったT字路で車の衝突事故らしく、警官が誘導し旗を振り実地検証していた。
信号待ちの隙にパチリ撮った。
信号機があるのに、左からの無理な突っ込みだろう。当てられた方の正面の車の運転席ドアがガラスごと大きく壊れ、運転者の若い男性が憮然と座っていた。突っ込んだ方だろうか男女が警官に説明していた。
近所の交通事故で交通事故現場の写真は撮らない方がよいと警官に言われたことがある。ネットアップも良くないが承知の上だ。横着運転が多過ぎる。

コメント

急に寒さが

2018年11月21日 | 日記

相変わらず入眠障害に悩まされている。10時頃には床に入るが寝付かれず結局何度も起きては一服タバコになる。健康がどうとかは、全く無頓着でいつ死んでもいいが、長い闘病生活で家族に迷惑はかけたくない。
夜中2時には新聞が配達され、トイレに起きたりするので寝つけるのは2時、3時になる。入眠剤マイスリーは残り僅かで医者にも行かず、薬はなるべく頼らない。

電気毛布も古くなって手元スイッチが不完全動作する。昨夜は寒かった。
今夜はもっと寒くなり、飛騨など雪が舞うかもとの予報だ。

車検は一日で終わり、12万4千円だった。格別の部品交換はない。ガソリンスタンドやカー用品店が誘うが、メーカーのデーラー以外やる気はない。命をかける車検に倹約などもってのほかだ。

トヨタのクレジットカードのポイントがあったので9年で3,800円を充当した。
ついでに冬タイヤに履き替えた。積雪地ではないが、シーズン中2朝ほど薄雪が積もることがある。
古ホイール付きでタイヤの積み下ろしは重い。近所の人から「もう替えるのか」と聞かれた。
日産ゴーン会長の逮捕容疑に呆れている。ニッサンや三菱の車でなくてよかった。

今朝は喫茶店に行く途上、サウジアラビアの服装の夫婦が例の服装で歩いているのに出会った。この寒い朝、この服装でこの田舎町に散歩とは!と驚いた。記者殺害の事件で嫌な印象を持ってしまう。

コメント (2)

今日は車検を受ける

2018年11月20日 | 日記

日常の大事な足、愛車カローラアクシオの4回目車検予約の日だった。

初年度登録が平成21年12月なので、3年×3回=9年間乘ったことになる。
現行モデルの一代前の型で、今のより5ナンバーいっぱいのサイズで大き過ぎる懸念はある。
堅実で運転しやすいが、バックの際車体感覚が取りずらい。初期モデルはバックモニターが常備だった。デーラーは9時半開店となり30分遅くなった。代車の現行モデルを借りたが、4WD車で団地の坂道は馬力がある。ゴルフバッグの横積は真っ直ぐにはできない。自車は完全横積が可能だ。

車など耐久消費財は長く使い無駄遣いしない性格、今の車の前はトヨタ・コロナだった。
平成元年4月初期登録し、平成21年12月まで、何と22年間、243,266KMも乗ってクーラーが故障し廃車した。

その前は日産・サニーで初めて車を持ったのが、まだ二男が生まれる前だったと思う。二男は今年50歳になった。妻が10年勤めた退職金が10万円そこそこで全額つぎ込んで、長年恨まれた。

今のカローラは各種付属品込み125万円弱だった。古い車の更改の国の助成金が25万円、値引きが15万円余で、実質165万円ほどの車になる。
堅実に走るし、塗装も十分な輝きを保っている。もう終末までこの車で行くのかと思う。
無事故・無違反が第一、安全第一を肝に命じよう。
↓自車で今日車検を受ける車 背景は各務原市図書館と市民公園 昔は岐阜農林(岐大農学部前身)だった

昨日は会社OB会コンペだった。関市セントフィールドCCでコースは戦略的でメンテも良く、グリーンが難しい。よく練習したが才能と身体能力不足でグロス108も叩き、ブービー賞を貰った。

コメント

今日は孫の大事な日

2018年11月16日 | 日記

今日は長孫の勤める小学校では研究発表の公開授業がある。
この子は祖母に当たる亡妻の病気が見つかる1年余前に生まれた。
1年間の産休期間が終わり、2歳から保育所のお世話になった。3年余後に二孫が生まれた。
当時若世帯は別居してアパートに住んでいた。

長孫誕生後1年余で私が退職した。1年間の失業保険受給中、孫を保育所へ迎えに妻と通った。
その後、名古屋へ派遣労働に頼まれ1年通い、その間の妻の孫の迎えは多大な無理を強いた。
その後、乳癌の転移が見つかり末期治療を余儀なくした。これらの間の妻の労苦と、孫の頑張りは大変だった。
その孫が成長し、教員になり伝統ある名門校で、今日は大役を勤める。
夜遅く朝早く、音を聞いていても最近の勤務振りは大変だったようだ。
仏壇にお参りし、亡妻に報告し孫の成功を祈ろう。 

コメント