ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

大晦日、今年はいろいろありました

2013年12月31日 | ボート

大晦日です。
今年は、いろんなレースに出た一年でした。
距離で言えば、350m、500m、1,000m、3,000m。
艇種はエイト、クオド、ナックル。
場所は鶴見川、戸田、宮ケ瀬湖、博多。
クルーは五大学ミドル、C60、G大OB。

五大学ミドルのメンバーも地道に増えています。
レースをきっかけに、他チームとの交流も広がっています。

来年も上昇気流でいきましょう。

コメント

江頭先生、田中先生のこと

2013年12月28日 | 日記

先日届いた高校の同窓会誌で、江頭先生が亡くなったことを知りました。野球部の顧問だった先生には3年間お世話になりました。1年生の夏、先生のテスト(数学の先生でした)で0点をとったことを思い出します。「勉強しなかったな!」と赤ペンで書き込まれていました。野球部の練習や合宿で、勉強なんてしていられない、という開放感全開の年頃だったわけですが、その後は少し真面目?に勉強するようになりました。

ドイツ語の田中安行先生は数年前に亡くなられました。第二外国語でドイツ語を2年間教わりました。G大インドネシア語学科に進学したのも、高校で第二外国語という授業があったからだと思います。大学合格の報告にうかがった時、「将来インドネシアに行ったときは、大野君に通訳してもらおう」とおっしゃっていましたが、その機会もなく。

きょうは年末大掃除。窓拭きしていたら、晴れ渡った青空に飛行機が・・・
Dscn1019

コメント

G大端艇部納会

2013年12月22日 | ボート

12:00~14:30 晴、西風
G大端艇部納会@戸田

きのうに続き今日もいい天気でしたが、風はきのうより強く、波も少々立っています。エイト(Concordia13)を出して、交替で乗艇。私は最初の回の5番を漕ぎました。半分が1年生で、エイトを漕ぐのは初めてとのことです。

往路は6Wでノーワーク。復路は10本パドル×6回くらい。最初はバタついていましたが、次第にまとまってきました。10本パドルはフォワードRushぎみでSR34~34.5でしたが、それでも泡一つあいていたとのこと(Cox N澤さん)。若人のパワー、さすがです。

13:30頃から、合宿所内で懇親会。OBは舘さん、斉藤さん、永澤さん、山田先生、関野さん(早退)、内藤さん、小林さん、金子さん、伊澤さん、三浦監督、小林コーチ、大野(例年より少なめです)。山本勇子さんの差し入れクッキー(クリスマスツリー型)おいしくて、あっという間になくなりました。ありがとうございました。

1年生が13人いるものの、4年生が抜けたあとは、全体に人数少ない感がただよっていました。来春の新人勧誘大事ですね(冬は翌年のレースのために、春は3年後のために――山田先生)。

K林さんが撮影してくれた写真を掲載します。
 
 
 
 

みなさん、よいお年を。
初漕ぎは1月11日(土)12:00@戸田(10:00@明治神宮)です。

コメント

五大学ミドル納会&忘年会

2013年12月21日 | ボート

9:30~14:00 晴、ほぼ無風
年末恒例の五大学ミドル漕ぎ納め(@鶴見川)&忘年会(@楊家餃子)でした。
エイト3艇に分乗して、漫漕。

(SE3 H江艇) C H江 S CK良 7 I井 6 O田(多摩川) 5 KG山(東工) 4(空席) 3 O竹 2 SK(外語) B S本和(東工)
(SE4 I藤艇) C I藤 S F野 7 SS木 6 N山(筑波) 5 S木邦 4 OK野(筑波) 3 M本 2 K林 B K上
(SE5 S藤艇) C S藤 S S野 7大野 6 A沢 5(空席) 4 M浦 3 Y嶋 2 MT本 B K渕

《メニュー》
・漫漕(鷹野大橋1往復)

朝のうちは気温4℃と寒かったのですが、出艇のころには空も晴れ渡り、ぽかぽかの漫漕日和の中、各艇ゆったりローイングを楽しみました。

一年のうちでいちばん多くの漕友が参加してくれる納会。今日のメンバーはぎりぎりで心配しましたが、外語 SK君が助っ人で乗艇してくれて、なんとかエイト3艇出せました。ありがとう!

また、筑波大のOK野さん、N山さんが初参加で、発足2年にして名実ともに「五大学」に。これからも参加お待ちしてます。

Dscn0981

エイト3艇、乗艇前の点検

 

I藤艇

 

H江艇はセブンで

1530585_497711823676585_323044988_n

S藤艇(Cox S藤さん撮影)

Dscn0993

測定談義?

↓ M本さん撮影の写真追加します
Img_3372 Img_3382
I藤艇                            H江艇

Img_3374 Img_3383
S藤艇                            全員 

来年の納会はぜひエイト4艇、再来年は5艇を出したいと思います(ゆくゆくは鶴見川艇庫貸切り。楊家も増築100人収容)。みなさんも五大学ミドルへの勧誘、よろしくお願いします。

11:30からは楊家餃子で宴会。N川さん(東工)、S田さん(図南会)は宴会から参加。生ビール、紹興酒等々飲み放題。美味しい料理の数々。さまざまな漕友との楽しいひとときでした。S田さんより、10月発刊の文春新書『東京五輪』の紹介あり。読んでみようと思います。

Dscn0994 Dscn0995

おなじみ、楊家餃子での宴会

2014年の五大学ミドルは、学生よりも早い(!)1月5日初漕ぎ予定。寒くなってきましたので、お体に気をつけて。よいお年を。

コメント (3)

クオドとダブル

2013年12月14日 | ボート

9:00~11:30 晴、ほぼ無風
クオドとダブルスカル乗艇@鶴見川

(QS赤) M本、K上、M木、S藤、Y下(シート不明)
(DS2) S大野/I藤(1周交替) B F野

《メニュー》
(クオド) 漫漕風、とのこと
(ダブル) ・一人漕ぎでNW~LP
      ・技術練習(Catch、Finish)
      ・両舷でNW~LP
      (鷹野大橋2往復)

バウF野コーチのもと、ダブルスカルの練習。
艇の方向を変えるには、片方を「強く」ではなく「長く」漕ぐ、との指導。やってみると、たしかに曲がります。これで方向調整も、やや自由自在に。

良コンディションにもかかわらずブレードが水面に当たるので、フェザーのリカバリーを少し遅らせてみました。このほうがフォワードがスムーズにできて良いみたい。まだまだ至らないところが数多くありますが、試行錯誤で上達していけたらと思います。

ダブルは「軽快」というイメージなのですが、今日は一人漕ぎが多かったので、「重い」し、一周でもけっこう漕ぎでがありました。

Dscn0969 Dscn0970
いつもと違うアングルで撮ってみました。逆光でまるで夜みたいです。
クオドはよくオールが合っていますね。

Dscn0973 Dscn0975

Dscn0979

《楊家飯店》
生ビール×2、春雨炒め、厚揚、レバもやし、麻婆豆腐、餃子、焼きそば、ご飯

コメント (2)

逆サイド練習

2013年12月07日 | ボート

9:00~11:30 晴、微風
エイト乗艇@鶴見川

(SE3) C S藤 S S野 7大野 6 M木 5 Y下 4 I井 3 K渕 2 F野 B K上
    (2周目以降はSと7番、6番と5番がサイドチェンジ)

《メニュー》
(1周目)
・NW~LPで漕ぎ確認
・技術練習(Finish、Catch)
・10本P
(2周目)Sフォアはサイド交替
・6W~両舷でNW~LP
・片手漕ぎ(インサイド、アウトサイド)
・10本P
(3周目)新鶴見橋まで
・NW~LP

寒くなく、風もなく、Blind Rowをやると漕ぎながら寝てしまいそうな(ウソ)いい天気。「シーズンオフ」ということで、漫漕風に、逆サイド練習も交えた乗艇。

ストロークサイドはもう何回か漕いでいるので(学生の時も1年間は漕いでいたので)、だんだん慣れてきました。が、パドルをやると、ブレードターンが追いつきません。右手の筋肉と神経がまだ対応しきれてないようです。

逆サイドに慣れるには、片手漕ぎが効果的だと思います。ボートは基本動作は同じなので、野球の右打ち⇔左打ちの切り替えよりは簡単なはず。とはいえ、いつものサイドで使わない筋肉を使うので、その辺りの筋肉と神経が反応していけば、同じ感覚で漕げるようになるでしょう。

Dscn0966

《昼食@楊家飯店》
生ビール(さすがに誰もおかわりしなくなりました)、冷奴ピータン、餃子、ザーサイ、貝柱ブロッコリー、肉もやし炒め、ご飯
Dscn0968








(われわれには)新メニューの貝柱ブロッコリー

コメント

整形外科定期健診

2013年12月06日 | ボート

昨年と同様、腰椎のズレに変化が無いことを確認するため、整形外科で一年に一度のレントゲン&検診。

今年もほぼ毎日、体幹トレとストレッチをやりました。その成果か、脚に違和感を感じることは昨年より確実に減っています。というか、ほとんど異常なしです。少しは筋肉が増えてるのかな?

さて今年の結果も、去年から変化なし、でした。来年もボートが漕げます。

コメント (2)

松井さん

2013年12月05日 | ボート

本日、五大学シニアの第一回乗艇練習が戸田であった由。メンバーもちゃんと五大学がそろったそうです。今後の盛会を祈念します。

それにつけても、以前も書きましたが、松井さん(元G大端艇部監督・故人)の「五大学混成クルー論」を思い出します(⇒第23回五大学プログラム)。これを読んだ数十年前は、あまり気にせずスルーしてました。G大ボート部員として、他大学とクルーを組む、という心の余裕は無かったように思います。今でも現役学生の混成クルーは難しいでしょう(まったく無いわけではないようですが)。

でも、ミドル、シニアでは、松井さんの持論が実現しましたね。なんだか不思議な気持ちです。

もっとも、松井さんがいれば、漫漕なんかしてる奴らは同好会だ、と言われるでしょう (ま、同好会なんですけど)。

コメント

Concordia147号

2013年12月04日 | ボート

Concordia(G大端艇部会報、年2回発行)147号が送られてきました。いつものように、I澤さん制作のカッコいい出来です。今号には私の「五大学ミドル2013年活動報告」も掲載されているので、ご紹介します。
 

コメント

2013年レース記録

2013年12月02日 | ボート

2013年の全レースが終わりましたので、レース記録を掲載します。
みなさんお疲れさまでした~。

2013年五大学ミドルレース記録

コメント