ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

ペンタ平日練習@戸田④

2022年05月19日 | ボート

14:40~16:50 曇
ダブルスカル乗艇@戸田

《Diosa DyK》S松本 B大野
(B&Wは午前中練習)

以前からの課題であったグリップのオーバーラップを少なくするため、乗艇前にオールのインボードを各20mm短く調整(855mm⇒835mm)。その結果、オーバーラップは6cm程度となり、漕ぎやすくなった。その分、少し水は重くなったが、レート・艇速とも前と変わらず出せている。レースもこのリギングでよさそう(ただし逆風の場合はさすがに重すぎるので、少し長めにすべき)。

今日はコース2周(6km)。
・W.U.(NW~LP)
・ハーフスライド5本、10本
・ハーフスライド10本+力漕10本
・ハーフスライド10本+力漕10本+コンスタント10本 ×2
・ハーフスライド10本+力漕10本+コンスタント(500mまで)
・C.D.(NW~LP~LPP)

やや風があったが、ほぼ無風の時もあり、水面は穏やかな良コンディション。シングルスカルが数艇練習しているだけで、今日もコースは空いていて練習に集中できる。

ハーフスライドは1本目しっかりと艇を出す。2本目以降は落ち着いてタイミングを合わせる。いい感じ。力漕(R31)~コンスタント(R27~28)の艇速も安定している。コンスタントはレートを落とすことにこだわらず、整調の漕ぎやすいリズムにおまかせ。

(整調コメント)
・キャッチ前にバランス崩れるので注意
・蛇行(Bサイドに曲がる傾向)は損なのでまっすぐ進める

外語艇庫にて出艇前のダブルスカル

※ ところで、本日シングルスカル「PENTA Ⅰ」(WinTech Competitor)発注しました。納期は約4か月とのことなので9月中旬の見込みです。外語艇庫に置かせてもらおうと思います。ブレードカラーは外語を希望。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初の3回転ローイング

2022年05月14日 | ボート

8:45~11:00 雨のち曇
エイト乗艇@鶴見川

《SE3》
(1回転目)C廣江 S吉田 7藤松 6宮本 5大西 4岡野 3ワン 2堤 B高橋進
(2回転目)C廣江 S益村(埼玉) 7加藤重(埼玉) 6加藤T(埼玉) 5下遠野 4人見 3雨森 2高橋圭 B木暮
(3回転目)C廣江 S益村 7加藤重 6加藤T 5下遠野 4人見 3木暮 2高橋圭 B関野

全日本マスターズ前ともあって参加者多く、エイト1艇を3交替で使う初の3回転ローイング(1回転約40分)。1回転目は医王会+ペンタ、2,3回転目はおひさしぶりの埼玉大OBマキシモ+ペンタ。朝の荒天によりダブルスカルは練習中止としました。


朝のうち鶴見川にはいろいろな注意報が出ていましたが、実際にはそれほどでもなく、雨も風もしだいに止んで良コンディションになりました。

1回転目(雨にピントが合ってしまった?)
1回転目(宮本さん提供)
2回転目(宮本さん撮影)
3回転目

動画(2回転目)⇒ YouTube
動画(3回転目)⇒ YouTube

K3さん360度動画(1回転目) ⇒ gopro
K3さん360度動画(2回転目) ⇒ gopro
K3さん360度動画(3回転目) ⇒ gopro
K3さん360度動画(3回転目おまけ) ⇒ gopro

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

めずらしい午後練

2022年05月07日 | ボート

13:45~16:00 晴/曇
エイト乗艇@鶴見川

《SE1》C廣江 S岡野 7下遠野 6高橋圭 5高山(医王会)⇒大野 4藤野⇒人見 3雨森⇒渡邉 2堤 B深井⇒河上

《メニュー》
[前半]
①WU 
②技術練習
・レッグスオンリー→NW→LP→LPP(R18〜R20)鷹野迄
③ビルドアップ
・各20本(R18→20→22)×1セット
・各20本(R20→22→24→26)×1セット
③ダッシュ練習→連続10本パドル(慣らし)
④短力
・R28 20本×3セット程度
⑤スタート練習
・→コンスタント迄
⑥1分半インターバル
・最初スタート付R30×3セット(1分NW)

[後半]
①WU(6men)
②2分漕(R28)
③スタート練習
④短力 20本P(R28)
⑤3分漕(R20)
⑥20本P
CD

宮ヶ瀬湖がまさかの使用不可で鶴見川でなんとか15時からエイト1艇空きを見つけ(14時に前倒し)乗艇。やや風あるがまあまあのコンディション。

風の影響か微妙な揺れはあるが、リズムよく艇を動かせたのでは。

フィニッシュを決めて艇を浮かせて次のキャッチを取りに行く。
パドルはついついフォワードラッシュしないこと。
腕・肩は軽いタッチで。
フィニッシュまでしっかり体を飛ばす。
逆風はオールがあおられるのでブレードリカバリーを遅めに。

 後半組(廣江さん撮影)

動画(前半) ⇒ YouTube

K3さん360度動画(前半)⇒ gopro
K3さん360度動画(後半)⇒ gopro

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レースいろいろ

2022年05月04日 | ボート

G.W.は各地でいろいろなレースが行われました。

【5月3日 戸田マスターズレガッタ(2X)@戸田】
《Diosa MyK》S中本 B渡邉

【5月4日 戸田マスターズレガッタ(8+)@戸田】
《三菱艇》C廣江 S吉田 7出井 6岡野 5大西 4藤野 3赤尾 2堤 B河上

動画(前半、中本さん撮影)⇒ YouTube

動画(後半、渡邉さん撮影)⇒ YouTube

K3さん360度動画(前半)⇒ gopro

K3さん360度動画(後半)⇒ gopro

【5月4日 朝日レガッタ(KF)@琵琶湖】
(withYOU海鷹)C勝本卓 S西山 3下田 2高田 B田村

動画(人見さん撮影)⇒ YouTube

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海の森試乗会

2022年05月01日 | ボート

10:00~12:00 曇/小雨
4X、2X乗艇@海の森水上競技場

《Atlanta Ⅰ》S高橋圭 3山本 2高橋進 B出井
《London Ⅰ》S松本 B大野

日ボの「海の森水上競技場再開業イベント」の保有艇試乗会に参加。
りんかい線国際展示場駅から臨時シャトルバスに乗り、3年ぶりに海の森にやって来ました。道路も施設もきれいに完成していますが(あたりまえ)、相変わらず交通の便は悪い(というか、無い)です。

曇り空ですが天気はなんとかもちそう(途中から小雨がパラパラと)。しかしなんと、あの(超)強風のイメージしかない海の森が、ほぼ静水無風の絶好コンディション。

ペンタ参加者は6人で4Xと2Xに分乗。のはずでしたが、佐藤桂助さんがせっかくタクシーに乗ってまで来場したにもかかわらず、急に脚の痺れがでてリタイア。高橋K3さんのお知り合いでたまたま他の試乗に来ていた江戸川区ボート協会の山下さんに急遽代漕をお願いしました。山本さんありがとうございました。

(以下2X)
TOKYO2020オリンピックの予備艇だった(結局1度も使用していない)Filippiの新艇をお借りしてコースに漕ぎ出しました。他にはエイトが1艇とナックルが数艇いるのみで、8レーン幅のコースは貸し切り状態。

Filippi新艇は漕ぎやすかったです。特筆すべきはオーバーラップが約5cmしかなく、Diosa MyKの半分ほどだったこと。松本さんはこのほうが漕ぎやすかったようです(乗艇後にオールとスパンの長さを測っておこうと言っていて忘れた)。

試乗といえど混成2Xの練習も兼ねて短力やロングLPなどのメニューも含め二往復。力漕R30で2'03"、パドルR26で2'08"くらい。最後はスタートからゴールまで2000mをオリンピック気分で?風景を見ながらノンストップで漕ぎました。約10分。

慣れない環境でやや上体寄りに意識がいってしまったか。脚ドライブをもっと効かせて長いレンジで漕げるようにしたい。

日ボの竹内さん、お世話になりました。

帰りは駅近の店で昼食後、解散しました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4年ぶり2度目の優勝(五大学2千M)

2022年04月30日 | ボート

3年ぶりに五大学レガッタが開催されました。

◆エキシビション招待エイト

《Yamazaki》C廣江 S西山 7川本 6宮本 5深井 4奥 3渡利 2高田 B大野
《計測》知加良
《陸》出井 大竹 今野 高橋圭 中本 関野 高橋進 佐藤博昭 茂木 藤野 岡野 カナブン親娘 その他各校OBOG多数

発艇は15:00。
五大学ミドル(Yamazaki艇)は14:15に外語ポンツーンから出艇。
あいにくの逆風で波もけっこう高い。

波高し(知加良さん撮影)

・0~500m
「スタートで出られても焦らない」「コンスタントをしっかり漕いで1500mからが勝負」という事前の確認だったが、スタート落ち着いてうまく滑り出る。スタート力漕(R36)からコンスタント(R32)へ練習通りの加速。意外にも(?)500mで横並び、というか一番前に出ている? 想定外の事態にも慌てず(?)予定通りにコンスタントで艇を進める。

・500m~1000m
競艇場を出て、まずは500mを上手く出たという安心感で波に乗る。前に出ているからか、漕ぎにも余裕が出る。スタート前はけっこうな逆風だったが、漕ぎ始めると、逆風など忘れるくらい水中が軽い。(廣江さんの言うように「クルーがZONEに入った」のか?)

・1000m~1500m
R31前後でリズム良く進む。時折「大きくいこう」でレートを抑える。横を見ると相変わらず全艇見えている(差は開いたか)。どう漕いだかはあまり覚えていない。普段通り漕いだだけ。

・1500m~ゴール
ラスト500m、これから上げるぞという気持ちだけでなく、実際に上げる余力もある感じ。短めのラストスパート。みんなまだまだ元気。レートも艇速も上がる。
ゴール。勝った。4年ぶり2回目の優勝。

一本で出す、というより、テンポよく艇を動かしていくいつもの2480整調ピッチ漕法テイストだが、8本のオールがよく合っていて、ロスが少なかった。

2017年の「玉砕戦法」から、2018年のイーブンペースでの優勝、2019年には強敵の厚い壁を感じ、今年は、出られても焦らず1500mから、という一見控えめなレースプランも、コンスタントで勝てるという自信の裏返しでもあり、成長の跡がうかがえる。クルーは日々入れ替わるが、ペンタとしてこの10年みんなで漕ぎ続けてきて、「ペンタ漕法」というコンセンサスができてきているのでは? また、家ルゴや非合法eエルゴ(オンラインエルゴ練習のこと)での地道なトレーニングも体力・漕力向上に貢献していると思う。

個人的には、「毎日エルゴ」の10kmないし7kmのラスト2000mはレース想定の(Max出力ではなく95%程度だが)イメージトレーニングを毎日入れてきたことで、体力面でもメンタル面でもいい準備ができたと思う。来年の五大学に向けて明日からまた続けます。

《記録、知加良さん計測データ》
記録_500mラップ
記録_ハンデ後
計測_100mラップ(五大学ミドル)
計測_波形(五大学ミドル)

出漕クルーメンバー表 ⇒ Dropboxリンク

《動画》
知加良さん(ウォームアップ) ⇒ YouTube
知加良さん(スタート前) ⇒ YouTube
知加良さん(スタートから途中まで) ⇒ YouTube
岡野さん動画 ⇒ YouTube
K3さん360度動画 ⇒ gopro
K3さん360度動画(出艇から)⇒ YouTube

《参加クルー写真》(知加良さん撮影)
四神会ミドル
団塊号朱雀
佐鳴漕友会
医王会
碧水会RC
五大学ミドル

サンレイチャで祝勝会(宮本さん提供)

◆外語出漕レース

コロナ禍で寂しげだった各大学の艇庫に、岸に、久しぶりに学生とOBOGが集まり盛り上がる光景が見られました。五大学レガッタを初めて経験する学生が大半となる状況で、3年ぶりの開催に漕ぎ着けた学生・OBOGのみなさまの実行力、結束力に敬意を表します。

レースNo.2 新人ナックルフォア① 3レーン
14:00発艇 混成ナックルフォア 熊谷心(F1)、大室義文(R1)、東工の新人2名

レースNo.6 女子シングルスカル 3レーン
15:10発艇 東京外国語大学A 山岡美貴(Po2)

レースNo.6 女子シングルスカル 2レーン
15:10発艇 東京外国語大学B チェヨンス(J3)

レースNo.7 男子シングルスカル 3レーン
15:20発艇 東京外国語大学 チョウテンヨウ(J4)
東京外国語大学端艇部YouTube

レースNo.8 女子ダブルスカル 3レーン
15:30発艇 東京外国語大学 福岡奈央(F2)、廣岡沙和(E2)
東京外国語大学端艇部YouTube

レースNo.9 男子ダブルスカル・ペア 4レーン
15:40発艇 東京外国語大学 五十嵐創矢(L4)、平山克己(In2)
東京外国語大学端艇部YouTube

レースNo.1 OBエイト(シニア)
13:45発艇
東京外国語大学端艇部YouTube

レースNo.4 OBエイト(ヤング)
14:30発艇
東京外国語大学端艇部YouTube

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家ルゴ(25)「Concept2 Logbook締日」

2022年04月29日 | ボート

Concept2オンラインLogbookの今シーズン(2021年5月~2022年4月)締日です(明日はレースなので漕がない)。今シーズンの漕艇距離は2,222kmで、年間としては過去最長となりました。来期以降はほぼこのペースとなるでしょう。

通算距離は5,890kmです。昨年9月にカンボジア(4,404km)あたりまで来ていましたが、今はジャカルタ(5,775km)を過ぎました。

東京からの距離

Affiliationは"Japan & Friends Indoor Rowers"に所属

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ペンタ平日練習@戸田③

2022年04月26日 | ボート

11:30~13:00 曇
ダブルスカル乗艇@戸田

《Diosa MyK》S松本 B大野

《メニュー》
(1周目)
・W.U.
・ハーフスライド10本+力漕10本(R30)+コンスタント10本(R26)
(2周目)
・NW~LP~LPP
・ハーフスライド10本+力漕10本(R30)+コンスタント10本(R30⇒R26)+コンスタント10本(R26)
(3周目(半周))
・ハーフスライド10本+力漕10本(R30)+コンスタント10本(R30⇒R26)
・ハーフスライド10本+力漕10本(R30)+コンスタント10本(R30⇒R26)+コンスタント10本(R26)
・C.D.

先週木曜日松本さんが都合により欠漕となったので今日に振替。曇天で午後は風が強くなるとの予報だが、昼まではむしろ無風~微風の良コンディション。平日でコースもほぼ貸し切り状態。後ろを気にせず漕げる。

メインメニューのハーフスライド+力漕+コンスタントは力漕2'03"、コンスタント2'08"という感じ(順風)。ハーフスライドは前回の反省を基に、ブレードの加速を意識(エイトと同じく、1本目はとくに)。ハンザウェイをすばやく処理することで安定する。だんだん慣れてきた。

(整調より)フォワードラッシュ注意。キャッチ前バランス注意。Bサイドに曲がる傾向あり。レーン中心で漕ぐこと。

力漕からコンスタントに切り替えるところは一気にレートを落とすと漕ぎにくいので徐々に(成り行きで)落とす。整調はハイピッチタイプなので、漕ぎやすければコンスタントR28も可。

常に整調のリズムに合わせること。キャッチは軽く速く。
この艇の特長かもしれないが、タイミングが合うと船足がぐっと伸びる感じあり。これを続けたい。

先週インボードを5mm+5mm=10mm短くしてもらったが、整調はまだオーバーラップが気になる。次回インボード短縮または代替オールを検討。

今日も練習に集中しすぎて(!?)写真撮影を忘れたので無人の戸田コースの写真を

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

五大学2千M_発艇7日前

2022年04月23日 | ボート

今日の練習は戸田(五大学2千M)と鶴見川(通常)の二組に分かれました。

◆9:00~12:30 晴
エイト乗艇@戸田(コースが空いてきたのでコースで)

《Yamazaki》C廣江 S西山 7川本 6宮本 5深井 4奥 3渡利 2岡野 B大野
《陸・計測》知加良

《メニュー》
・W.U.(Legs only~ノーフェザー~LP~LPP)
・10分漕LPP(R20)(リズム掴む)
・ダッシュ練習→連続10本パドル(慣らし)、続けて数セット(R28)
・短力(R28•R30) 20本×3セット程度
・スタート練習→コンスタント迄
・1分半漕 スタート付R30×2セット(ラスト30” 2枚上げ スタート〜コンスタント〜スパートの感覚合わせ)
・5分漕(R30)(ラスト30” 2枚上げ 2,000mイーブンペースを意識)
・CD

北海道、愛知、三重、京都、九州から集結した遠距離クルー。ようやく(ほぼ)全員が揃っての乗艇練習。荒川での練習を想定したが、戸田コースが空いてきたのでコース練習に切り替え。

よく晴れて気温は高め(27℃)だが、ここ最近では最高の水面コンディション。久しぶりに揃っての練習ながら最初から息の合った漕ぎで艇も気持ちよく走る。

・1本目からフィニッシュまで押し切って艇を動き出させる。
・艇を滑空させてニュートラルな動きでキャッチを狙う。
・キャッチ引っかけてからの体重移動。艇速とドライブのシンクロ。支点(ブレード)の意識。
・スタート(とくに1本目)は水が止まっているのでガツンとではなく加速的に。
・コンスタントのリズム最重視。最後まで落ちない漕ぎ。

今日の漕ぎを来週もきちんと出せればOK。

(廣江さん撮影)

《知加良さん動画》
ウォームアップ1 ⇒ YouTube
ウォームアップ2 ⇒ YouTube
ウォームアップ3 ⇒ YouTube
スタート練習 ⇒ YouTube
スタート付き1分30秒漕 1本目 ⇒ YouTube
スタート付き1分30秒漕 2本目 ⇒ YouTube
ランニングスタート5分漕 ⇒ YouTube
クールダウン ⇒ YouTube

《昼食@ぎょうざの満州》
生ビール、餃子(一人一皿!)、よだれ鶏、麻婆豆腐、焼きそば、炒飯

◆8:45~11:00 曇
エイト乗艇@鶴見川

《エイト》C藤野⇒河上 S堤 7河上⇒高橋進 6中本⇒藤野 5ワン 4佐藤桂助 3雨森 2人見 B赤尾

(赤尾さんレポートより)
「今朝の鶴見川、曇天なれど無風で暑い🥵好コンディション。主力メンバー抜きでなんとか練習をこなしました」

前半(中本さん提供)
後半(中本さん提供)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

外堀埋める

2022年04月21日 | ボート

松本さんが急遽都合悪くなり今日の2X練習は休み。
戸田に行って、B&Wの練習を動画撮影しました。
明治安田のW4X、W1Xなどが練習していてとても上手いのでお手本としてこれも撮影。
(動画はB&Wに提供)

帰宅途中、家の近くの自転車屋で懸案の自転車購入。

思えば自転車買うのなんて高校生の時以来…。
戸田に行くのに使います。
これで外堀埋めました。

あとは内堀(シングルスカル購入)を埋めれば、戸田に行ってスカル漕いで自転車漕いで帰ってくる(with 着の身着のまま)、ローイング・ライフ・バランスが整います。

家ルゴと自転車とシングルスカル。今様三種の神器。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする