雲のむこうはいつも青空

まったりもったり~自閉症息子のいる暮らし@ちびくまママ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大雨の朝

2016年07月13日 | 働く大人になりました
朝食を食べていたら、突然窓の外が真っ暗に。
びっくりして外を見てみると、バケツをひっくり返したような雨が降っていました。
遠くで雷までなり始めています。

慌ててネットで雨雲レーダーを確認すると、まあ、この辺一帯、赤を通り越して赤紫
ラジオからも「車のワイパーがきかないほどの雨」「通勤途上の方はくれぐれもお気をつけて」と聞こえてきます。

「こんな土砂降りじゃ、大変だよ。会社まで車で送ってあげようか」
出勤準備をしている息子に声をかけました。いつもは徒歩5分⇒バス10分⇒徒歩8分⇒電車13分⇒徒歩15分の道のり。この雨の中歩けば、会社に着くまでにきっとびしょ濡れになるでしょう。車ならドアツードアで20分。
ところが「えーと、社会人だから」。

どうやら、「僕、これでも社会人なんだよ。大雨くらいで親に送ってもらわなくて結構。バカにしないでよ」ということらしい。

「ホントに大丈夫~?こんな時は無理しなくていいんだよ~」なおも食い下がる母をしり目に「行ってきま~す」と息子はあっさり出ていきました。

レインコート着せるのにさえ苦労したあの子が、こんなに大きくなったんだ。
自分の持って生まれた能力をしっかり生かして、真面目に働いて、こんなにプライドを持っている。
先月より、昨日よりいい仕事をしようと頑張って、人間的に成長している。

アメリカの日本人幼稚園で孤立して泣き続けた日。
自閉症の診断に、目の前が真っ暗になって、「今までこんなに頑張ってきたのに、こんな子が産まれたせいで、私の人生終わった」と考えた日。
あのころの私に、今の息子の姿を見せてやりたい。

息子の成長に恥ずかしくないくらい、私は成長できただろうか。

そんなことを思った、大雨の朝でした。



コメント (3)

義理だから、もっと嬉しい。

2016年02月16日 | わたしたちにできること
息子、勤め始めて何とか1年が過ぎました。
初めて自閉症や知的障害の人と一緒に仕事する方たちにとっては、毎日が「?」の連続だったかもしれませんが、
職場の人たちの、温かい理解とサポートのおかげで、様々な仕事を体験させていただき、本人も少しずつ
「働く自分」への自信をつけていっているようです。

そんな彼ですが、なんと今年は「義理チョコ」ならぬ「義理お菓子つめあわせ」を職場でいただいてきました。
「○○くん、いつもありがとうございます」のカード付。

これまでも、女性の担任の先生や、福祉事業所の職員さんや利用者さん仲間から「義理チョコ」をいただいてくる
ことはあったのですが、今年の「義理」は母の方が嬉しかったです。
なんだか、「職場の一員として認めてますよ」と言ってもらったみたいで。
「○○さん」でなく「○○くん」だったのも、なんだかほっこりしてしまいました。
「可愛がってもらってるのかな~」なんて。

お菓子はあまり食べない息子、いただいた中から自分の分を少し残して、あとはいつもお世話になっている
障害者卓球サークルのおやつとして提供したようですが、なぜか好きではないはずのチョコレートは自分の手元に
残したようなので、「バレンタイン」=「チョコレート」ということはわかっているのかもしれません。

男性にとっては「義理でもうれしい」ことも多いらしい、バレンタインのチョコですが、私にとっては
「義理だから、なおさら嬉しい」職場での気遣いでした。
コメント (2)

ああ、ぬか喜び

2015年09月30日 | 時には泣きたいこともある。
息子が、今日、10月1日から年度末までの契約書を持って帰ってきました。
「あれ?本採用になったときに、年度末までの契約書、もらってたのにな~、なんでだろう?」と思って
息子に訊くのですが、さっぱり要領を得ません。

しかたがないので、2枚の契約書を並べて、どこがちがうのか、比べていたら、なんと、時給が15円も
上がっていることに気が付きました。

さっそく息子を呼び寄せ、
「ねえ、ちびくまくん、ちびくまくんがお仕事頑張っているから、10月から、もっとお給料がもらえるんだって
 すごいねえ毎日、欠席も遅刻もしないで、一生懸命お仕事しているからだねえほんとに良かったねえ。
 さすが、もうすぐ21歳になるだけのことはあるねえ
と、思いっきり、褒めちぎりました。

まあ、金銭にはまるっきり興味のない息子、「ふーん」と気のない返事だったものの、私の褒め言葉には、
若干気を良くした様子。
「ぼくは毎日、お仕事をがんばっています」なんていう独り言も聞こえてきました。

珍しく感動した私は、遅く帰宅した夫に、
「ねえねえ、ちびくま、時給15円も昇給したよ。評価してくれてんのかな~

すると、夫、にべもなく、「ああ、10月1日から、最低賃金上がるからな~」

なぬっ?
すぐにネットで調べると、その通りでした。最低賃金が16円、上がっていたのです。つまり、
時給(最低賃金+2円)だったのが、時給(最低賃金+1円)になっていただけ
がーーーーーーーーん

ええいっ。いいんだーいうちの家の中では、「息子が頑張ったから」昇給!それでいいんだ
コメント (1)

重度知的障害者判定

2015年06月10日 | 「発達障碍」を見つめる眼
先日、初めて県の障害者職業センターに行ってきました。
目的は、「重度知的障害者判定」を受けるため。

会社から、「ぜひ受けてみてほしいのですが」と言われて、「なにそれ、おいしいの?」
状態だった私なのですが…

元々、特支高等部卒業後は継続B型の事業所に入り、「30歳までに就労できるようなチャンスがあれば」
などという、ゆるーーい就労希望だった我々親子。

施設から勧められて、同じ事業所の就労移行に移ってからも、本人の希望もあり、そのまま
継続B型の仲間と一緒に作業を続けるうちに、「これ、ちびくまくんにぴったりだと思うんですけれど!」と
言われる求人が出て、あわててハローワークに登録したら、あれよあれよという間に採用が決まり・・・
という怒涛の展開だったので、就労の仕組みや利用できる制度についてはホントに不勉強で来てしまったのです。

障がいのある人の雇用については、現在「障害者雇用促進法」という法律に基づいて行われています。

この法律上、「知的障害者」とは、障害者更生相談所などの判定によって交付される「療育手帳」(自治体によって
名称は色々ですが)を持っている人のほか、障害者職業センターで「知的障害者」と判定された人も含まれます。
つまり、療育手帳がなくても「障害者枠」で就職することは可能なのですね。

そして、知的障害者のうち、特に障害の重い人が「重度知的障害者」と定義されます。
この重度知的障害者には、療育手帳で障害程度がA・重度と判定されている人のほか、障害者職業センターで
「重度知的障害者」と判定された人も含まれます。

というわけで、療育手帳の有無や判定内容、障害者年金の判定とは全く別の基準で、「障害者雇用促進法上の
知的障害者」「障害者雇用促進法上の重度知的障害者」と認定されることがあるのです。

障害者の雇用促進のため、各企業には法定雇用率と言って、従業員のうち一定割合の人数の障害者を雇用する
義務が課されていて、これを満たしていない場合には「納付金」(罰金のようなもの?)を納めなくてはなりません。

逆に、障害者を雇用している企業には、その数や障害種別・障害程度、対応の内容などによって、各種の助成金が
交付されることになっています。

で、「障害者雇用促進法上の重度障害者」は、ダブルカウント、つまり1人雇えば2人雇っているのと同じ
扱いになるので、企業にとっては経済的メリットがいろいろあるらしいです。
障害が重ければ重いほど、採用される機会が限られる、という現実に鑑み、重度の人が少しでも雇われやすいしくみに
なっている、ということなのでしょう。(息子の場合はすでに雇用されているので大きなメリットはないように
思われますが)

重度障害者にあたるかどうかの判定は、最寄りのハローワークを通じて申し込み、障害者更生相談所などで
IQ判定を受けている場合はその結果、それに社会的生活能力についての調査票(本人または保護者記入)、
カウンセラーとの面接、作業検査の結果を総合的に判断して行われるようです。

息子は、判定時には「Mさんはとてもきもちのいいお返事ができますね」と褒めてもらったので、嬉しそう。
久しぶりに、平日仕事を休んで、大好きなバス(そこか!)を乗り継いでの外出、ということで、それなりに楽しめたようです。
担当カウンセラーさんは、息子の試用期間後、本契約移行の際にも立ち合い、企業側と話をした方だということで、
「頼んだ仕事を真面目に丁寧にやってもらって助かっている、とおっしゃっていましたよ」とほっとする言葉もいただきました。

結果は約1週間後に郵送、ということでしたが、息子は無事(?)「重度知的障害者」の判定をいただきました。(わはは)
記憶力だけがむやみに良いために、生活実感よりはずっと上の数値が出てしまう知能検査には
「本人の困り感や配慮の必要性が評価されてない~」と不満を持っているので、むしろ「職業上の重度」の文言には
「そうよそうよそうなのよ~」と喜んでしまったのですが

療育手帳の取得に抵抗があったり、療育手帳の判定が「中度」「軽度」と出ていた場合には、この「重度知的障害」と
いう表現に引っかかる方もあるかもしれません。でも、「就職および職業生活においてより配慮が必要な人である」と
いうことの証明、と思えば、納得もいくのではないでしょうか。

コメント

本採用になりました。

2015年05月18日 | 働く大人になりました
息子、試用期間の3カ月が過ぎ、先日、今年度いっぱいの契約書をもらってきました。
以後、1年ごとの契約更新になるようです。
フルタイムではないのですが、1日あたりの就業時間が若干増えたため、社会保険加入
義務も出来たとかで、自分名義の健康保険証も持って帰ってきました。

息子が厚生年金保険料を納めるようになるとか、健康保険の本人になるとか、
考えてもみていなかったので、正直まだ私の方がとまどっています。

息子の勤め先は、特例子会社や継続A型ではない一般の企業ではあるものの、彼以外にも身体や知的に
障害のある人たちが複数働いている会社で、かなり理解はあるほう、と言われているところですが、

環境の大きな変化や、一般企業で働くということの厳しさは、やはり大きなストレスに
なっているのでしょうか、
4月末には、アトピーが急激に悪化し、大きいものではこぶし大の円形脱毛が多発して
外見がすごいことになってきてしまいました。

実は今年の1月にも、頭髪が三分の一ほどごっそり抜け落ちてしまい、アトピーで顔は真っ赤、
眉毛はなくなっている、というすさまじい外見で採用面接を受け、よくあのルックスで通ったものだと
変な感心をしてしまったくらいだったのですが、せっかく回復しはじめたかと思った矢先、また
あれよあれよという間に悪化してきてしまいました。

以前から皮膚科にも通って塗り薬はもらっているのですが、かなりきつい薬を塗り続けているのに
改善がはかばかしくないので、隣町にある、漢方のお医者さんを訪ねてみたところ、

やはり、ストレスが大きくかかわっているのは間違いないだろうね、ということで、
炎症をとる漢方薬と、ストレスを緩和する漢方薬を処方していただきました。

「わー、繊細なタイプだねえ。穏やかで、反抗期とかなかったんじゃない?」
脈をとっただけでそう言うドクター。
「顔つきもやさしいけどね。気持ちが優しすぎて、ストレスがかかっても、
物や他人にぶつけることができず、全部自分の中に溜め込んじゃうんだね」

医療の仕事は、患者の体だけでなく、心も癒すこと。そう言ってくれるこのお医者さんには
これからもしばらくお世話になることになりそうです。

そんなこんなの日々ですが、息子は無遅刻無欠勤、毎日笑顔で出かけていきます。
物欲のほとんどない息子には、時折外出先で飲み物を買うくらいしか、こづかいの
使い道がなく、給料の額にはほとんど興味がないようです。
それでも、仕事を頑張れるのは、ひとえに「働く自分」を誇りに思う気持ちからのようです。

幸い、職場の周囲の人たちも少しずつ息子に慣れてきてくれたのか、最近は彼が毎日つけている
業務日誌の隅に「丁寧にしあげてくれてありがとうございます」「いつも助かってます」など、
親の私にも嬉しい一言を、どなたかがちょこっと書き込んでくださる機会が増えてきました。

いろんな人に支えられて、愛されて、元気に仕事が続けられますように。
週3回だけ持っていく息子のお弁当箱に、そんな念をこめて、出勤する彼に手渡しています。
コメント

新たな一歩

2015年02月17日 | 働く大人になりました
長らく放置いたしまして・・・
もう見てくださる人もいないかな、とも思うのですが、こっそりご報告しておきます。

この度、息子が就職しました。
9時~15時のパート勤務、当初は3カ月更新の身の上ではありますが、
一応は長期継続雇用を前提としての採用、ということです。

「性格が素直で愛嬌があって、努力家だから、マッチングさえうまくいけば
十分就労可能ですよ」という就労移行事業担当さんの言葉に乗せられて
就労継続B型から就労移行に移ってははみたものの、

聴覚過敏のため、大きな音のするところや、たくさんの人がざわめいているところはダメ、
体温調節が苦手なので屋外作業は避けたい、筋力が弱いので重量物は運べない、
じっと立ったまま手だけ動かす、というのも難しい、という息子。
「ほんまに就労なんてできるんやろか」と半信半疑の母でしたが、なんとか
うちで働いてもらいましょう、と言ってくださるところが見つかりました。

私はと言えば、嬉しいよりも、これまで特別支援学級・特別支援学校・障碍者支援事業所と
保護された環境でずっと育った子を、社会へ送り出すことへの不安やら心配やらで
毎日胃が痛いです。

息子がこれからも、自分らしさと笑顔を失わず、誇りを持って働き続けられるよう、
祈るような気持ちで、毎朝家を送り出しています。
コメント (2)

ちびくま、ハワイに行く(その2)

2013年03月18日 | ちいさな幸せ
空港に着いたら、まず、旅行会社のカウンターでチェックイン。
空港税の支払いをし、説明を聞いて、次は航空会社のカウンターで
チェックイン。
これも、今ではセルフチェックインの機械がありますが、
グラウンドホステスのお姉ちゃんがテキパキと操作してくれるので、
ただ横でぼーっと待っているだけ。

チェックインが済んだら、セキュリティチェックと、
出国審査のカウンターを抜けて、拍子抜けするほどあっさりと
出国手続き完了。

ちょうど夕食時なので、何か食べようかと、ロビーを見回してびっくり。
出発ロビーの店が、ほとんど閉店している!
「関空の国際線ロビーは閉まるのがはやい」ってこういうことだったんですね。

それにしても。
アメリカに行くときにも、このロビーを使ったはずなのに、
私の記憶には、風景の一片すら、まったく残っていませんでした。
そろそろ多動の始まっていた息子を連れて、外国に
引越しする、という不安だらけで、とてもそんな余裕なかったんだろうなあ、と
昔の私がちょっとかわいそうに思えました。

やっと、ロビーの反対側に、イタリアンのスタンドを見つけて、
息子はピザ、私はパスタを頼んで一息つきます。
「お味どう?」「おいしいよ」
そんな会話をしながら、ニコニコとピザをほおばる息子を
見ながら、「大きくなったよなあ」と改めて思ったのでした。
コメント

ちびくま、ハワイに行く(その1)

2013年03月18日 | ちいさな幸せ
さて、いよいよハワイに旅立つ日がやってきました。
飛行機は夜出発なので、家は夕方に出れば間に合います。

ところが、この日に限って、春の大嵐。
台風かと思うような、雨と風で、あちこちで警報発令。
朝からずっと飛行機の航行状況と、鉄道の運行状況、
バスの運行状況をネットで調べながら、
一番影響の少なそうなルートを探しました。

関空は人工島にあるので、橋が封鎖されたらアウトですが。

で、いろいろ調べた結果、一番天候の影響を受けにくいのは
バスルートらしいということがわかり、
神戸までバスで出て、そこからエアポートリムジンに
乗り継ぐことにしました。
家を一歩出ると、傘ごと吹き飛ばされそうな、すごい
風と雨で、息子の持っていた折り畳み傘はたちまち
くしゃっと骨が折れてしまいました。

めげずに直近のバス停にたどり着き、神戸行のバスを待ちます。
幸い、バスは時刻通りにやってきました。
窓に雨粒が叩きつけられ、ワイパーはフル稼働状態ですが、
これで、道路さえ封鎖されなければ、座っていれば神戸につきます。

定刻通りに神戸につくと、幸い、こちらは、幸い雨が降っていませんでした。
めいめい、スーツケースを引っ張って、リムジン乗り場に移動します。
まず、切符売り場でチケットを買い、乗り場に待機しているポーターさんに
スーツケースを預けて、定刻通りにやってきたバスに乗り込みます。

リムジンが出発して間もなく、背後から雨雲が追い付いてきたかのように
激しい風雨が始まりました。そらは真っ黒、ワイパーはフル稼働。
空港に着くまで、ずっとその天候が続きましたが、わずか5分遅れで
リムジンも無事関空に到着しました。

ふと見ると、同時に到着したバスの行先表示には「代行運送」の文字。
どうやら鉄道は風のせいで運休してしまっていたようです。
バスルートを選択して正解でした。
それにしても、出発から大嵐、って、この先大丈夫なのか、と
ちょっと心配にはなったのでした。
コメント

卒業旅行(3)

2013年03月18日 | ちいさな幸せ
13年ぶりの米国行きでは、その他にも初めての
体験がいっぱい。

以前はビザ免除プログラムでは、機内で所定のフォームに
記入して、入国審査時に提示すればよかったのですが、
今、米国領に旅行するには、ESTAの事前申請が
必要になります。

ESTAの申請はインターネットで行いますが、申請手数料を
クレジットカードで支払う必要があります。
日本語サイトもあるので、ネット(ショッピング)に慣れていれば、
どうということもありませんが、これ、旅行社に代行してもらうと、
ビックリするような手数料をとられます。

TSAロック付きのお手軽サイズスーツケースも購入。
費用を浮かせるため、○天のスーパーセールを利用して、
日替わりセールの半額商品を買いました。
スーツケースも安く、軽くなったんだなあ、とびっくり。

医療費の高い海外行きでは、旅行保険も必須ですが、
これもネット申し込みならすごく安い商品が出ているものの、
一般の生命保険や医療保険と同様、既往症があると入れないものが
ほとんどです。今、元気だと言っても、私は一応今も
投薬を受けて、医療管理下にある身。
既往症があっても入れるものも数社ありますが、これらは
既往症を原因とするものについてはカバーしてくれません。
いろいろ調べて、やっと、AIUだけが、既往症があっても
加入OK、既往症の悪化にかかる医療費も上限があるけれど
負担してくれることがわかって加入しました。
その分、保険料が割高だけど、背に腹は換えられません。

食品の持込にも制限が出来ていました。
肉、肉加工品は、持ち込み不可。これには「肉エキス」も
含まれます。よって、レトルトカレー、カップラーメンの類は
全滅。その他の食品も、全て税関への申告が必要です。

最初は、インスタント味噌汁や緑茶のティーバッグを
持っていこうと思っていたのですが、通関の手間を考えて
今回は断念しました。

有名になった液体持込の制限にも注意が必要です。
液体と聞いてすぐに思い着くようなものだけでなく、
ジェル状の日焼け止め、保湿クリーム、リップバーム、
リキッド状の口紅やリップグロス、マスカラ、梅干、蜂蜜、味噌
なんかも「液体」になるらしいです。
知らずに持ち込もうとすると没収されます。
コメント

卒業旅行(2)

2013年03月17日 | ちいさな幸せ
年末に我が家に突然届いた封筒。表には「○○賞当選のお知らせ」。

明けてみると、なんと、昨年秋になんとなく応募していた懸賞があたり、
ソウル4泊5日旅行への無料招待か、ハワイ4泊6日旅行から
10万円引きの優待が選べるというのです。

指定されているツアーは、2月中旬から4月中旬までの出発で、
ちょうど春休みにぴったり。
優待は1人分だけですが、それでも、総額から10万円引となれば、
グアム旅行の予算に少し足せば、2人でハワイに行けそうです。

こういう時だけ、信心深くなる都合のいい私、
「これは、神様からの『今、ハワイに行って来い』という
思し召しなんだわ」
と解釈して、急遽行き先をハワイに変更することにしました。

13年ぶりの海外、やらなければならないことは山積です。

まず、パスポートの手配。申請書は最寄の市民センターでもらえるし、
戸籍謄本や住民票は簡単に取り寄せられますが、意外に苦労したのが
パスポート用の写真。

息子は、自然な姿では口が開いていることが多いのですが、
証明写真などで、口を閉じて、と指示をすると、むやみに口元に
力が入って、変な顔になってしまいます。
ところが、パスポート用の写真では、口をあいているのは不可、
笑顔も不可、変な表情も不可、あくまで、正面向きの真顔、という
指定があるのです。

デジタル時代ならでは、写真屋さんで、休憩を挟みつつ、
何度も撮りなおしてもらって、ようやくパスポート申請に
使えそうな写真が出来上がりました。

パスポートは申請のみ代理人でも出来るので(特に未成年の場合は
親は法定代理人なので簡単)、2学期中に申請に行っておいて、
冬休みに入ってすぐ、息子と一緒に受取りに行きました。
受け取りのときには、名前の自書と、口頭で氏名と生年月日の
確認がありましたが、これは難なくクリア。

パスポート番号がとれた時点で、卒業式の次の週に
出発するハワイツアーに申し込みました。
コメント