あれから50年・・アンヌのひとりごと

ズバリ!団塊の世代。ひし美ゆり子のブログsince・06・1・14

読売新聞社をぶっ潰す!?

2008年08月31日 16時40分10秒 | 地谷子のひとりごと
「読売新聞社をぶっ潰す!おいママ、どうやったら潰せるんだっ」
「馬鹿じゃない、そんな事出来る訳ないじゃない、たった一人の反乱だわね」
「そんな事言わずに教えてくれよー」
私は失笑しながら
「知らない!本社に乗り込んで盾付くか、占拠するしかないんじゃない?」
9歳年下の夫はたまに幼稚なこと訊いてきて私を困らせる。
こっちが訊きたいよー。

次女が傍で・・
「みっともないことしないでね」

「あいつ等が悪いのじゃなくって、新聞社のシステムが悪いのだ!
 本社の人間たちはノウノウとしていて、弱者にノルマを負わせてんだ、
 チクショウ、ぶっ潰してやるー」

じつは地元の読売新聞拡張員に騙された型になったからだ。
「今月のノルマが果たせるから三ヶ月だけ無料で配布させてくれませんか、
 購読料の方はこちらでやっときますので、ハンコ貸して下さい、」

ところが昨夜、事の成り行きを知らない?別の販売員が集金にきたのだ。

「お父さん馬鹿じゃない、そんな虫のいい話ある訳ないじゃない!」

私に怒られたモンだから、怒りの矛先が本社にまでいっちゃったよ。
「あのジジー(○ベツネ)俺と勝負だー!」

夫は闇雲に何処かに突撃してっちゃったよー!!
コメント (37)

夕べの雷・・50余年前の落雷・・

2008年08月29日 13時41分41秒 | 地谷子のひとりごと
夜半の雷豪雨、ビカッ!ドドドドドド・ドス~~~ン!
窓ガラスが揺れた、ベッドも揺れた・・
なのに、最近の私ったら図々しい、しぶとい、夢現つ状態、
大花火大会か映画の戦闘シーンを観ている1ギャラリー、
取り立て目を覚ましたりはしなかった。

朝寝坊した私の第一声・・
「夕べの雷すごかったねぇ」
居間じゃ夫が食事中・・
「怖かったよ、外に居たんだけど稲妻で眼をやられるかと思った、
 こんなの初めてだよ」
そこへ次女が・・
「怖かったね~、雷落ちるのじゃないかと眠れなかったよ」

テレビの報道では・・
我が家の調布・三鷹界隈はけっこう落雷やら被害がでたみたいだ。
あれほど雷が嫌いだったのに最近の私の図太さは、
どうしちゃったんだろう?既に人生の二巡目を迎えたからかな~?


中野の生家に雷が落ちた。
昭和26年夏・・
当時のラジオは木製縦長で彫刻模様を施したずっしりとしたもの、
応接間に置くほど立派な代物だった。

夕立だ・・
母はあわてて洗濯物を取り込んだ。

姉がラジオをつけたままうたた寝してた。

私は廊下でガラス越しに稲光りを見た、途端ドーーーーン!

姉が大声で叫んでいる。

すわと母が応接間に走った、
火だるまになったラジオをヒョイと持ち上げ庭に投げ捨てた。

私がまだ4歳だった、雷が落ちることも初めて知った、
ありありとあの時の光景は憶えている。


何年かして
”火事場の馬鹿力” っていう言葉に反応したのは、あの時の母の姿。
昔のお母さんってつおいよね~!


あの母が今朝起きて来て夕べの雷について何も反応がなかった。
最近耳が遠くなったせいかな??
コメント (30)

コノミ隊員と仲間たち・・

2008年08月28日 11時53分23秒 | アンヌのひとりごと
ウルトラマンメビウスのアマガイコノミ隊員こと平田弥里さんが・・
調布のアジアンタイペイに見えた。
「メガネッコ」ってニックネームをファンの間からよく耳にするが、なかなか人気の女性隊員だ。


コノミ隊員から花束のプレゼントを頂き感激のアンヌ。



インスパイアの社長さん、まーみを囲んで。
会社創立10年周年記念にコノミ隊員からまーみへお祝い品の贈呈。



集合写真で~す。何の脈絡もない?いやいやウルトラが繋いだ仲間たちだ!
左から脚本家の小林雄次さん、「ウル8兄弟」の八木毅監督、女性三人とばして、
特殊メイク&造形の原口智生監督、
手に持った本「ウルトラ兄弟おあそびCDブック」の編集者の間宮尚彦さん。
この本は昨日発売コノミ隊員の写真がイッパイ彼女の歌CDも入ってるよ~。
コメント (18)   トラックバック (1)

恐るべし!食い物の恨み・・

2008年08月26日 20時06分01秒 | 地谷子のひとりごと
「即席ラーメン」が生誕50年だって。
当時一個35円、庶民にはとてもとても高嶺の花だったよ。

中学一年の時、古閑クンがお弁当に持ってきた。
アルミの弁当箱に即席麺をいれ、
ストーブのやかんの湯をかけ蓋をしてニヤリと一言・・
「三分間待つのだ!」
クラス中の視線を一斉に浴び、彼はその一瞬スターだった。
それだけの出来事で50年近く経た今「古閑クン」って覚えてるんだから、
食い物の恨みはおそろしいね、それがなけりゃ覚えてないモン。

もう一丁遡って思い出した。

小学校4年、高学年になって土曜日だけ弁当持参だった。
給食だけの低学年に比べ弁当持参は高学年になった自負があり新鮮な出来事だ。
本田クンはいつも担任の女教師にまとわりつき媚をうる少年だ。
10歳の私の眼からも女教師が贔屓してるのがみえみえだった。
その本田クン、弁当のおかずを一品一品箸の手をかざし大声で講釈つき、
「ほら!ウインナー」
魚肉ソーセージしか食べた事ない私にゃ、憎たらしい子だったよ。

食い物の恨みって名前まで覚えてるんだから、トラウマになってんだね(笑)

コメント (28)

戯言・・

2008年08月26日 15時20分19秒 | 地谷子のひとりごと
フル稼動していた空調ともしばしのお別れ。。
今、網戸を通して入る風が涼しくて気持ちイイ~!
ヒグラシの声が晩夏を告げているのか、尚更に涼しげだ。。

庭の蜜柑、まだ青いけど、今年は実が少ないナ。
実モノって隔年って聴くけど、やっぱりね、
去年は鈴なりだったもんなぁ。

柿の木はとうとう切られてしまったよ、庭に物置小屋を建てたから。
しかしモノが増えて増えてしかたがないよ。
こうして二度と使わないと思われるモノを保管して、
だんだん緑を少なくしている、愚の骨頂だね。
二階の屋根裏部屋にもモノが詰まっているけど、
何が入っているんだか?今じゃ開かずの扉になってるよ。

整理整頓が下手な人って頭が悪いって聴いたコトあるけど、
私としちゃ、いやいやモノを大切にしてるんです!
・・なんてぇ言い訳はやめよう。
言わずもがな・図星です・・ショボ~ン

あ~~ぁ!余計なモノが何にもない処に住みたい!
通いの人に掃除してもらって肴を作ってもらって・・それじゃ隠遁者か?
いやいや~やっぱね~、それはそれで寂しいものね・・
喧騒の中の隠れ家的がイイ~!

バカじゃなかろか、戯言吐いてんじゃないの~、
今のご時世、そんな贅沢言っているとバチがあたりそうだよ~。

ウ~ン判ってる、無い物ねだりだね。
コメント (13)

自分は自分・・

2008年08月24日 21時29分07秒 | 地谷子のひとりごと
八月だというのに・・すっかり秋風を感じるこの頃だね、
今年の夏も終わっちゃったかな。
今の自分、ピューとすきま風が吹き、シトシトと秋雨が降っているよ。

幾つになっても独り立ち出来ないでいる自分に地団駄踏んでる、
あの人を抱きしめてあげられない自分・・
かの人に抱きしめてももらえない自分・・
どうしようもなく、切なくて、遣る瀬なくて、
今の自分はすっかり閉塞前線にとり憑かれちゃってるよ。

みんな自分は孤独なのだよね。
このポッカリ空いた穴をかがるのも自分・・
大きい穴、ちいちゃい穴、人生の満たされない穴は人夫々だろうけどね。

♪え~~、穴かがりの御用はございませんかね~~~♪
な~んて、そんな人の穴をかがってあげられる
寛容な慈悲深いマリア様のような自分に、
いつになったらなれるのだろう?

ただ哀しいかな・・
幾つになっても女を捨てきれないでいる自分が、何故かしのびないんだよな。。


な~んちゃってっ、意味プンだよね、オリンピックも終わり・・祭りのあと、
野球負けちゃったしぃ~寂寥感もあるのかな~~~(笑)
WBCに期待しましょ!!
コメント (36)   トラックバック (1)

応援ヨロシクお願いしま~す・・って、

2008年08月19日 17時46分12秒 | ゆり子のひとりごと
北京五輪も終盤、日本もまだいくつかの種目にメダルの期待がありますね♪

ところで私が女優になったキッカケが五輪なのです。
遠因ではありますが44年前の映画「東京オリンピック」(市川崑監督)
その映画を次回開催地のメキシコに持って行く親善使節コンテストの準になったから。

大松監督率いる「東洋の魔女」の女子バレーボールが金メダル、
マラソンで円谷幸吉が銅メダル、その他日本は金銀銅のメダルラッシュだった。
当時私は高校2年生、
まさかその映画がキッカケで女優になるとは露知らず夢中で応援したものです。

それにしても今回の中国もしかり、応援が直のせいか開催国(ホーム)って強いよね。
よくスポーツ選手のインタビューで誰もが同音に
「応援ヨロシクお願いしま~す!」
またこのフレーズかっ、他にいう事ないのかっ!・・と、思っていたりもしましたが、
ところがどっこい「応援」は最大の力を発揮出来る、最大公約数!
素晴らしいフレーズだということに気がついたよ。

さて、今夜は星野ジャパン、日本対中国だ!
皆さ~ん、開催地に負けない応援を一緒にしましょうね~~~~~!


序ながら(笑)私が関わった映画
『スカイ・クロラ』『大決戦!超ウルトラ8兄弟』
”応援ヨロシクお願いしま~~~す

只今4連勝中の横浜ベイスターズもねっ

コメント (26)   トラックバック (2)

ご無沙汰してま~す。

2008年08月16日 22時57分47秒 | 地谷子のひとりごと
早い~、オリンピックが始まって一週間以上も経った。
柔道やら水泳やら・・センセーショナルな出来事が立て続けで、
ブログ書く暇なかったよ。
こうしてる今も野球、日本対韓国の攻防戦を観ながらなのです。
私は元気で~す!
あまり間が空くとお歳柄かなぁ?心配して下さる奇特なお方もいらっしゃるので。

じゃあね~、また応援に戻りま~す、ガンバレ!ニッポン

コメント (28)

映画「スカイ・クロラ」&北島肉屋のメンチカツ

2008年08月08日 21時15分04秒 | 地谷子のひとりごと
昼間、久々に吉祥寺の街に出て映画「スカイ・クロラ」を観た。
初めて独りっきりで映画館に入ったんだ。
今日は押井監督の誕生日、ささやか且つ間接的だけどプレゼントのつもりで(笑)
しかし、ささやか過ぎた!しっかりシニア料金で入場、1000円だった(セコッ)

いやいや正直言って明後日、友人たちと団体で観に行く約束しているんだが、
その為の下調べってとこだ、原作も読み、初号試写も観たのに、
まだまだ凡庸な私にはテーマが深過ぎてチト難しい。
映画は(ほぼ)原作に忠実だと思えたから、原作自体が難しいのかも。

映像は綺麗だし、音楽、音、最高でした!
それだけで満足、大空を気持ちよく泳ぎまくってきたって気分だ。
人物はデフォルメ・チックって言うのかな?
詳しくは皆さまぜひ映画館でチェックしてね~!

で、映画の帰り駐車したデパ地下で面白い食品に出くわした。
水泳の北島選手の実家、西日暮里の「北島肉屋のメンチカツ」だ。
今夜から始まるオリンピックに因んで売ってたのだ。
私も夕飯の一品に買って帰ってきたよ、まだ食べてないけど。
さて、北京オリンピック、開会式が始まった様ですね~。
コメント (27)   トラックバック (2)

遠い遠い昔・・40年前の8月8日のワンショット

2008年08月01日 20時50分21秒 | アンヌのひとりごと
遠い遠い昔・・1968年8月8日の日盛り時、
「ウ~ン、ダンはビールのCMで忙しいみたいだし、撮影は終わったし寂しいナ」
この日アンヌは、家で天井を見ながらゴロゴロ~・・アンニュイだった。

そこに一本の電話が・・
「アンヌ~完成記念の集合写真を撮るからすぐ美センにおいで~」
「ウルトラセブン」最終回を担当した満田監督からだ。
慌てて井の頭の家からタクシー飛ばして約10キロ・・滑り込みセ~~フ!
既に特撮班の集合ショットは終わっていたが本編班には間に合った。

この写真は大汗かいて当時流行のAラインワンピを着て駆け付けた時のショット。
何をバラそうウヒヒ・・
このワンピは6/10の21歳の誕生日祝いにフルハシ隊員からのプレゼントだよ~ン。

懐かしいナ~、アンヌの隊員服を着ているのは美術スタッフのまめちゃん、
あら、満田監督も隊員服を着てますね~、
助監督の山ちゃん”山本正孝さん”も若い~(前列左から2番目の緑のシャツ)
アンヌの向かって右側はプロデューサーの末安昌美さん、
右上の水玉シャツはスクリプターの関根ヨシ子さん、
向かって関根ちゃんの左隣はキャメラマンの永井仙吉さん、
右隣(中腰で下を向いてるヒゲの人)はポインター専属運転手の小山さんで~す。

あっ前列に仕事をやり終えたばかりのアマギ隊員の勇姿が・・
「アマギ隊員がピンチなんだ!」
あのシーンが撮影のラストシュートだったのですね、、なっとく。
ズバリ今年2008年8月8日はセブン撮影終了丸40周年なんです。
コメント (57)   トラックバック (4)