あれから50年・・アンヌのひとりごと

ズバリ!団塊の世代。ひし美ゆり子のブログsince・06・1・14

超大怪獣サミット&長髪大怪獣・ゲハラ

2009年09月27日 22時29分15秒 | アンヌのひとりごと
昨日は新宿ロフトプラスワンというトークライブハウスで『超大怪獣サミット』と題したイベントに参加した。
ここは10数年振り3度目の出演だが、今回は延々8時間以上続くという長丁場のイベントです。
会場は超満員、立ち見客も大勢いて凄い熱気です。
老若男女が大集合、おそらく会場内で一番の年長者は私でしょう、若い人に混ざって楽しんできちゃいました。



話は逸れますが合間時間に立ち寄った会場近くの沖縄料理店「南風」の女将は元女優の嘉手納清美さん、
セブン第46話「ダン対セブンの決闘」でサロメ星人を演じた方、アンヌとは撮影終了後初めて42年振りのご対面でした。
話してみれば私の事もよく憶えていて下さり昔話に花が咲きました。
「あらあの頃アンヌさん、私よりずっと下かと思ったら同年代だったのね」
「私も嘉手納さん、もうチョットお姉さんかと思っていました」
2ショット写真撮っておけば良かったナァ、でも再会を約束したからそのうちにね。

PS、2ショット撮った方から送られてきました~。

さてこのイベントで初めてお話しした手塚昌明・樋口真嗣両監督はとっても話がお上手で楽しい方達です。
旧知の原口智生・清水俊文両監督も早くからご出演で頑張っておられました。
司会の木原浩勝さん始めスタッフの皆さま長丁場ご苦労様でした。


私の写真集を複数册お買い上げ下さってた初対面の手塚監督と・・

そうそう今回初めてお会いした『長髪大怪獣・ゲハラ』の20代の若手監督田口清隆さん。
9月30日発売のDVDにサインまで入れて頂いちゃいました。
この作品でゆうばり映画祭で受賞、先頃ニューヨーク国際インディペンデント映画祭でも受賞したらしいです!

早速DVD拝見させて頂きました。
俳優陣の演技がしっかりしていて且つたいへん丁寧に創られていて、観ていて心地好いです。
これぞ日本の文化である怪獣映画の原点、懐かしい匂いのする正統派怪獣映画・・てな感じカナ。

田口監督は28才、益々これからが楽しみです。
セブン好きにも受けいられる事間違いなしの作品です。
アンヌからもお薦めで~す!
長髪大怪獣ゲハラ [DVD]

キングレコード

このアイテムの詳細を見る


イベント終了後、有志が集まっての打ち上げ懇親会、皆お若いせいか夜に強い。
新宿小便横町の朝まで営業しているお店で私はついに撃沈、それでも午前3時まで頑張って付き合いました。
あらあらお歳なんだから早く帰ればイイのに・・なんて声が聴こえてくる様ですね
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

特撮音楽ライブ♪

2009年09月22日 15時50分00秒 | アンヌのひとりごと
「ひし美さん、最近凹み気味のご様子、気分転換に特撮ライブは如何?」
親切な友人からお誘いを受け昨日特撮演奏会に行って来た。
何年振りでしょう、代官山というお洒落な駅におりたったのは?
内容は以下です↓

特撮演奏会 with Moment
日時:2009年9月21日(月・祝)
出演:福田裕彦(P, Key, Arr)、
高野二郎(Vo)、山岸由香(Vo)、
moment Strings Quartet(木野裕子:Vn/松岡聡子:Vn/羽藤尚子:Va/郷田祐美子:Vc)
里村美和(Perc)、他
■場所■
東京・代官山「晴れたら空に豆まいて」

いや~行って良かった♪素晴らしいライブでした。
ヴォーカルの高野二郎さんは昨年7月ビックサイトのイベントでお逢いしたオペラ歌手、
と、「ギララの逆襲」の音楽を手掛けた福田裕彦さんの絶妙な掛合いトークを交えて、
可愛いらしいモーメント・ストリングスカルテットとのコラボ演奏会でした。
平成~昭和に遡って素晴らしい特撮ソングのオンパレード、
勿論!ウルトラセブンの挿入歌も素晴らしいアレンジで演奏され、もうもうウルウルでした。


ライブ終了後出演者の皆さんと記念撮影して頂きました~。
次回は12月を予定しているそうで~す。
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

グルメ旅&41年前の記憶が蘇った!

2009年09月15日 16時45分03秒 | 地谷子のひとりごと
蛤の美味しい季節です。
週末、獲れたて焼きハマグリを求めて千葉外房までグルメ旅してきました。
この旅は親友K子のたっての願いでした。
「ねえ地谷子、九十九里浜まで蛤食べに行かない!?」
TVで紹介され、それを見た食道楽のK子がすっかり蛤に取り憑かれみたいです。
行きたくて行きたくて矢も盾もたまらなくなりグルメ旅を決行したのです。

かつては世話女房、今は未亡人生活5年目、私より3才年嵩の彼女は
「もう大恋愛なんて無理だろうし、今は食べるコトが一番楽しみ!」って、
大蛤をジュ~ジュ~いわしてパクついてた、その嬉しそうな顔ったらなかった。
45年来の友があんな大声でケタケタ笑って子供の様にはしゃいだのは初めて見たかも?
最近凹みぎみの私だが彼女を傍観しているだけでこっちまで幸せ気分になれました♪
立派な焼き蛤お見せしたかったのですが写真撮るの忘れてた~。


で、これからは「アンヌのひとりごと」です。
外房というとウルトラセブン30・31話のロケ地・館山が思い出されます。
30話「栄光は誰のために」31話「悪魔の住む花」
31話は松坂慶子さんが出演なさった回というとお判りでしょう。
ところで私の写真集に出てくる↓「館山グランドホテル」前、
当時の撮影クルーがここに宿泊したと思っているかたも多いでしょうね。
私もずっと勘違いしておりました。



今回、ホテル前に立ってみてふと記憶が蘇ってきたのです。


30話ゲストの山口暁さんと宿泊先である賭けをしたコトを思い出したのです。
ビールをおちょこで20杯立て続けに呑むコトが可能か?という賭けでした。
私はそれをやってのけたのです(笑)
あの時の宿は民宿みたいなところでした。
当時あんな立派なホテルに泊まれる制作費は無い筈ですモンね。
タイアップなら解りますが、一切本編には出て来ませんもの。

ここは当時話題のオープンしたばかりのホテルです。
撮影が先に上がったのでお茶を飲みに寄ったのでしょう。
あの日は自家用車(ベレット)で来てたフルハシ隊員とソガ隊員と三人で帰ったのです。
その時の記念写真、ほらベレット前で私服で写ってるでしょ。
シャッターはフルハシ隊員です。
私がシャッター押したフルハシ・ソガの両隊員の私服写真も何処かに存在してる筈ですよ。

今回の旅行で41年前の記憶が蘇ったのでした。
めでたしめでたし・チャンチャン♪
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

私の大切な宝物・・

2009年09月07日 14時46分04秒 | アンヌのひとりごと
”彫刻アンヌ”
私の大切な宝物をご披露しましょう。
若き彫刻家澤田志功氏ご本人から直々にプレゼントされた物です。
防虫剤になる樟脳の木で彫ってあるのでしょうか?ほんわり好い香りがします。
底に「shikow/1990 」と記されています。
プロフィールによると彼は1965年生まれ
1990年は東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了となっている。
・・と言うことは芸大大学院の卒業制作でしょうか?24歳の頃の作品です。

この”彫刻アンヌ”を眺めていると私の勝手な想像が働きます。
10年程前、子供の美術の教科書をパラパラしてて邂逅した彫刻作品、
その作風に魅せられた私ですが、その彫刻家舟越桂とイメージがダブリます。
さて「澤田志功」って芸術家的なお名前ですね、ご本名かしら?
あの版画家・棟方志功を連想する私です。

数年前、澤田氏自らアジアンタイペイまで届けて下さった。
余談ですがご本人とってもハンサムで魅力的な方でした~

コメント (45)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ultraseven

2009年09月05日 01時35分52秒 | アンヌのひとりごと
以前から知っていたのですが、youtubeにこんなのが投稿されています。
ブログネタに使わせて貰いました。
バックミュージックが替わるだけでムードがまた違いますね♪
投稿者は外国の方の様です。
ごらんあれ。

ultraseven


コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加