feel.

レンズを通してみえたもの。感じたこと。

24hr営業ワールドプラスジム.

2020年08月08日 | 徒然
小さな頃から水泳教室でお世話になっていたジムに15年ほど前から加入し平日2000-2230のみ利用が可能なナイト会員で運動していたのだけど

最近オープンしたジムを乗り換えることにした。

水泳出来ないのは大きなデメリット…でも最近はトライアスロンをやってるわけではないし、他のメリットのほうが大きかったし

今度のジムの特徴は下記

・24時間365日いつでもOPEN

・まずはインターネットで入会登録と月間5980円(税抜)の支払いを完了させ後日実店舗にて説明を受けた上で入退室用の指紋を登録すれば完了。

・入退室は指紋解錠タイプのロック付き自動ドアでスマート、機材を含め室内は真っ黒で統一されており、オシャレ感がある。

・無料の鍵つきロッカーは30コほど設置されており、有料の専有ロッカーも何十個か有り月1000円だが完売状態。

・水素水が飲み放題。あんまり関心はなく普通に水として飲むつもりだけどコロナの影響等でコップを設置していないそうで、コップや水筒を持参する必要がある。

・機材はおそらく最新のモノで、重さの選択を物理スイッチでパチパチやるだけで荷重を選択することができ使い心地は良い。

・”マシン特化型ジム”というのがHPを読む限りウリなようだ。要はマシンが有るだけで人はいませんということ
教えてくれるトレーナーがいないので(できたてだからか日中は4人も受付スタッフがいた。受付と頻繁な掃除をされていた)トレーニングの知識は必要。使い方やコツ紹介する動画を作ってユーチューブででも公開すればいいのに。

・受付のスタッフは1000-2200の間は常駐しており、それ以後はセコムが遠隔でセキュリティの対応をするそうだ。

・全国のジムで利用が可能

・無料でwifiが利用可能で、スピードを計測すると田舎じゃびっくりなスピードを計測した。

どこのISP使ってるんだろう…ここならyoutube動画を観ながらの運動も可能だろうな。前のジムは音楽聴いてても途切れてたから

コスト感の割り切り感、イマドキのジム感が漂い個人的には好印象

今はまだオープンして間もないからかコミュニティが形成されている感じはなく皆様黙々と運動をされていた。

僕が滞在したのは1時間弱だったけどその間にも結構な人の入れ替えがあった。ちょっとやってさっと帰る感じかな。

早朝でも深夜でもちょっとやる気になったらできるんだぜとか意気込んでるけど喜んでるのは最初の一ヶ月だけだろうなと自分でも思う

マイペースで頑張ろう。遅かろうが早かろうが思いついたときにぱっと行けるのはありがたいな。日曜日にも行けたし。

靭帯の具合で外を走れていないので無駄に筋トレばっかり。また大胸筋が育ってきたわ。







このマシン凄い感じ。どの位置に持っていっても本体と繋がっているので落下させる恐れが無いようだ。

シャワーは二部屋

100人加入したとしても月間粗利60万かスタッフ4人で回すとして…

200人くらいいればなんとかなりそうな気もするけど熱心な人がそんなにいるかな?なにはともあれ頑張ってもらいたい。
コメント

New iMac発表.

2020年08月05日 | モノ

apple siliconが発表され大々的に行くのかなと不安になっていたのだけど、今年もマイナーチェンジでさらっと発表。

去年手持ちのiMacが壊れ新調したばっかりだったのでちょっと安心

今年の大きなトピックはナノテクスチャーガラスという低反射のガラスをオプションで採用していることでなんと+5万

それと10世代のcoreCPUを採用してきたこと。i7→i9へのアップグレードが+4万なのは前と同じなような。

Fusion Driveは廃止とのこと。以前はここが壊れたからウィークポイントだったのかな

+24万で8TBのSSDを盛れるそうだ。やりすぎだろうけど最近はmac proでベンツ買えるくらいまで盛りまくれるからな

僕が購入したときと同じようなスペック+ナノテクスチャーグラスでカスタマイズをしてみると…

税金入れると456,000円

ハーフミリオンに近づいてきたな

恐るべし。
コメント

凪.

2020年08月01日 | 徒然

海はとってもゴキゲン穏やか

そんな海を眺めながら僕は仕事に向かう


森永製菓からいかにも胡散臭そうな味のプロテインが発売されているではないか

8月から24時間営業のスポーツジムに鞍替えすることにしたので気分一新プロテイン愛を以て試してみることに

どの程度ラムネに近いんだろうか。期待はまったくしていない
コメント

ダイハツ・タントをレンタル.

2020年08月01日 | クルマ
車好きのお友達が軽とはどんなもんぞやと興味津々

横幅を全く気にしなくて済み日常使うには最高の車で、足るを知ることができ心を通わせたことはないが老子に近づけた気分になると僕は力説

ウチの車に乗ってみる?と提案したら是非と。

そんな訳でタントを友人に貸してあげることになり、僕は彼の車に乗って帰ることになった。


その車はE43 AMG

何という交換条件









剛性感の塊のようなボディに収まるとかつてない安心感に包まれ、重厚感のある乗り味は正直重いという感覚

1930kgもあれば重いのは当然なんだろうか?523dツーリングは1800kgだ。

400ps、トルク53kgmを誇る3リッターツインターボはその巨体を全く不足なく前に運ぶ。

重々しくでもリッチにジェントルにどこまでも安定感をもって際限なく速度を上げていくさまは初めての感触で、ああ、これが1000万を超える真の高級車なのかと思わされた。

ちなみにその感触は以前乗ったE200やE220dでは感じなかった気がするので、セッティングの妙だったのだろうか?

この奥深い味わいはなかなか他で味わったことがない…これは正直欲しいと思えるほどのもので、凄いもんを造る技術を持ってるもんだと舌を巻いた。

高級特別なAMGなのだから当然なのかもしれないけれど、同じEセグである我が523dと比べて次元がひとつ上の安定感を提供してくれている気がする。

滅茶苦茶いい車。不思議と皆様道を譲ってくださいますし。
コメント

梅雨が明け

2020年07月31日 | 徒然

本格的な夏が始まった。

さぁ、今年はどんな思い出を残せるかな。
コメント

ダイハツ Tantoインプレ.

2020年07月28日 | クルマ

家族用で導入したダイハツ・タント。

高速にゃちょいちょい乗るから加速力のある方をと選んだのはXターボ・セレクションという上のほうのグレード

このコはなんとも優秀で不満を言うとすれば高速道路でのロードノイズが大きいということくらいで、ほかは本当に良くできている

あ、あとクルーズコントロールのブレーキ操作が雑というか急でちょっとびっくりしちゃうのもマイナスと言えばマイナスかな

パワーがないからだろうね、高速で一旦前車に追従して減速しちゃうと次に前へ追いつくには相当エンジンが唸ってる。これNAなら更にしんどそう。

それ以外は概ね褒め言葉

外観
まずはコンパクトさが素晴らしく駐車場で困ることがまずない。スペースが余っちゃって車庫入れが下手に見える

結構に品質が高く見え、デザインは奇をてらってなくていい感じで収まりがとてもよろしい。

ライトはアイラインが上下にあるけど実際に光るのは上だけらしい。これは想像と違ったな。

内装とユーティリティ性
軽自動車に品質を求めるのは酷なもんなのでここは易しめに。使い勝手は素晴らしいもの。

両側電動スライドドアをはじめ車内の広さ、シートアレンジの多彩さ、利便性はなんと凄いことだろう。

スライドドアは運転席側がオプションとなるけれど、ドライバーが荷物を後部座席などに突っ込む場合が多いなら付けておいた方が後悔はないと思う。

後部座席に座ったときのスペースのあまり具合と言ったらBMW5シリーズなんか目じゃないね。足を組んでも未まだ余るのは僕の足が短いというわけではなく広いのだ。


インフォテイメント
収まりがよく格好いい純正9インチナビは魅力的だけどお高いので却下

かといって小さいのをはめ込むと枠が見えて猛烈におダサい

かわりに導入したアルパインのDAF9はスマホをつなげることで初めてナビとして機能するが必要十分かな。

画面が大きいのは素晴らしい加えて前に飛び出る設計なのでドライバーに近く操作性も良し(๑•̀ㅂ•́)و✧god job

ボタンが画面左側についていると地味に遠かったりするのだけど、このモデルは下についているので届きやすくて操作性良し

ただコクピット周りにデザイン的に空きがなく、スマホ固定アームを取り付けるスペースに難儀した。

バックカメラを映した時に車幅を想定したガイドラインを表示させられるけど、ステアリングの操舵に合わせてガイドラインを曲げる機能はないらしい。付いてるだけマシレベルかな。

軽自動車がスペースや車幅間隔で困ることなんてそうそうないだろうし、変に技術てんこ盛りだと人が退化するのである程度は人間の感覚と技術を養っていただきます

走り
ターボ付きのエンジンということで運動性能はさして不満なし。

”パワーモード”なるPWRボタンがステアリングに付いており、押下すると高回転を維持されかなり景気よく回り高速の合流ですら不満を覚えないほどにパワフルになる。

よくできてるなあ

それでいて普段の平均燃費はリッター15kmくらいはある。二人で乗るととたんにリッタ-12くらいに落ちるのはやむなしかな。

走り云々はこの類の車は専門じゃないだろうしやさしめに。普通に高速を走る分には問題はないかな。

風が強かったりトンネルでトラックに追い抜きをかけたりすると車体が持っていかれそうになってちょっと怖かったりはする。



運転サポート系
ライトはON/OFF だけでなくハイビームON/OFFをすべて自動でやってくれるのでライトに一切触る必要がないのは凄い。今の軽ってほんとすごいな

クルーズコントロールは十分に機能するけど減速が激しくちょっとびっくりしちゃう。処理がちょいと雑?もうちょい頑張ってほしい


総じていい感じ。日頃乗るには最高だ

僕と言えば普段はハイゼットだけど、この車のパワーモードは正直とっても出来がいいので普段これを乗りたいくらい。

ディスプレイオーディオもこっちにしておけばよかったやはり画面は一度大きいのみるとそっちが欲しくなるね


タントターボ、良い車です。


コメント

龍神丸の高垣酒造による貴重なお酒。

2020年07月20日 | グルメ
まんが”もやしもん”で有名になった和歌山の地酒龍神丸。

とても美味しくお気に入りであったものの杜氏さんである旦那さんが若くしてお亡くなりになり一旦は商品がなくなってしまったものの

奥様が復活させ再始動をされている。味は流石に異なるので前ほど熱心には飲んでないけど

そんな龍神丸を醸す高垣酒造さんがmakuakeというホームページでクラウドファンディングを募っている。

そこで得られる商品が奥様が作る新酒と、なんと亡くなった旦那さんが仕込んだという10年前のお酒。

これは結構貴重なんじゃないかということで6000円を支払い飲み比べセットを応募

モノが届くのは来月らしい。

たのしみ~
コメント

ダイハツ タント納車.

2020年07月18日 | クルマ

NIKON D850 + sigma35mm F1.4





おにゅーダイハツコンビ

アルパインの9インチディスプレイオーディオDAF9。画面大きい

7kmからのスタート



あべのハルカスを横に見ながら高速ドライブ。高速道路巡航はハイゼットの3AT+オーバードライブより明らかに回転数が低い。燃費が良いわけだ

3月にはオーダーを入れて本来なら4末納車の予定でいたのだけれどコロナの影響で工場が止まってしまい、結局納車は6月末となってしまった。

7万円のサポカー割引は間に合うかな?

コメント

雨雨.

2020年07月17日 | 徒然
雨が降り膝靭帯の損傷も加わり外を走ることができず

そんなときこそスポーツジム

コロナの影響でやってんのかどうかもわからなかったけれど行ってみたらひっそり?営業はされていた。

入り口で検温を済ませていざ

ガラガラやな…

まぁのんびりできるからいいけどね

柔軟と筋トレを済ませ、仕上げはプールでスイミング。

1レーン1人の枠を余裕でゲットしのんびり水と戯れることが出来た。足に優しくていいな。

一通りやり終えたら体脂肪ちぇっく



体脂肪8.1%の26歳とは数字だけ見れば随分スポーティーな青年が居るではないか

実際は12-13%の○○歳だけど話のネタでそっちの数字を出そう。
コメント

家族車導入計画.

2020年07月15日 | クルマ
4月にオシゴト用ハイゼットカーゴを買ったのに続き、家族用のお車も追加することになった

選定するにあたって実用性重視のスーパーハイトワゴンという選択になり、候補はダイハツ・タントかホンダ・Nボックス
 
・パワー不足な軽自動車を選ぶとなるとターボは要る
ウチの母はお四国さん巡りで独り午前2時半のフェリーに乗り1泊2日で四国1週1000km走って帰ってくるなかなかパワフルな人なのだが、AudiA4アバントを乗り潰した後タントカスタムターボに乗りかえ、ターボはスイスイ走るし経は細い道でもどんどん行けるから最高やわ~と満足しているので僕じゃなくてもターボパワーはあったほうが良いのだろうなと思った次第。巡航距離だけは不満があるようで携行缶を携え走っている。

・ドレスアップバージョンのカスタムグレードは不要

などなどある程度的を絞って両者を比較しにいく。


イマドキの軽って凄すぎて言うことないね

最近BMWの5シリーズを手に入れて最新鋭だぜフンフン鼻息を荒くしていたけれどその類の機能はほとんど全部付くし…

両車試乗すると正直あまり違いがわからず、カタログで重箱の隅を突くような性能比較をしてるとホントどうでも良くなってきたのでここは基本骨格が新しく見た目が好みなタントにすることにした。

実際は家族がタントカスタムターボに乗ってるので安心して選べたというのがあったり

Nボが今年の秋にはマイチェンが入ってしまうという話があり、買っていきなり旧型に落ちるのは嫌だなというのもある


・Nボックスは新型タントが登場してもなおトップを走り続ける不動の明王であり、その魅力は何なのだろう。

調べてみるとNボ販売数の8割はノンターボのNAモデルだそうだ。

各社NAモデルとの一番の違いは、ホンダは”ホンダセンシング”なる運転サポートなどの先進機能がお安いNAモデルにもついているということ。

他社は軒並みターボモデルに標準ないしオプションで付いているものであり、廉価モデルで標準搭載なのはホンダだけっぽい。

上級モデル=ターボモデルであり(別軸でカスタムモデルか否かとうのもあるが)、わざわざ高い金を払ってまでパワーは要らない方もいらっしゃる。

"お安いモデルで安全機能が手に入る”という決め手でNボは人気を博しているのではないだろうか。

ドレスアップカッコイイ系のカスタムモデルが欲しい人はそっちのお金がかかるわけだし、タービンに吸い込ませるお金は勿体無いのだろう。

営業さんがやたらノンターボモデルを勧めてくるのはそれ故か

ちなみにその営業さんはVTECエンジンのカムが切り替わることを知らず、「カムってなんすか?」と僕に聞いてくるくらいなので走りにはあんまり興味がないと思われた20台のイケメン男子

「ターボなんか要ります?」といかにも無用の長物のように語られていた。

そんな事言われても僕はターボパワーが欲しいわけで、ターボモデルとなるとNボックスのメリットは随分と減ってしまうみたいで

そうなるとやっぱり基本骨格が新しいタントの方が製品寿命は長いかなと思うに至った。


閑話休題、強いてタントの残念ポイントを挙げるとすれば電子パーキングでなく足踏みパーキングであるため、クルーズコントロール時に停車したら足でブレーキを踏み直さないといけないところかな。これは日産の軽がクリアしているらしい。ホンダは最新のN-WGNがクリアしており秋頃でるであろう新型Nボはついてくるだろうという噂

N-WGNは個人的にデザインが謎すぎてもう。デザイナーさんは別世界に行ってしまわれてるようで凄いなと思う。悪い意味でなくて。

街中で+30,000円くらいのオプションカラーであるホワイトパールを纏った個体を発見。この色を選ぶことにする

・ターボモデル”Xターボ”
・色々オプションがついておトクな”セレクション”モデルをチョイス…①②がセットでついてくるパック
①スマートクルーズパック…アダプティブクルーズコントロール、レーンキープコントロール、ステアリングスイッチ(ステアリング右側のボタン類と思われる)、運転席シートリフター、チルトステアリング、ETC、本皮ステアリング、ドライブアシストイルミ
②コンフォータブルパック…UVカットガラス、格納式シートバックテーブル、シートヒーター

それに加えて追加したのが以下のオプション
・ナビ装着アップグレード +27500円…ステアリングスイッチ(ステアリング左側のボタン類と思われる。ボリュームなど)、バックカメラ、16cmリアスピーカー、TVアンテナ、ステアリング加飾など
※ここで360°アラウンドビューモニター欲しい場合はパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック+60500円を選ぶ必要がある。
見切りの良い車だし車幅はたいしたことないので僕は不要と判断。ミラーをぶつけたら高くつきそうだし

↑ステアリングボタンの右と左。勝手についてくると思ったら大間違い。そんな記載ないのにオプションの違いって結構細かいのでよーく調べないと後悔することになるね

・運転席側の電動スライドドア +55000円
などなど

収まりは良いけど20万円の高い純正ナビと360°モニター以外はほぼフルオプションかと思われる。

そして以下は車本体以外に選んだもの
・ディスプレイオーディオを選ぶことでナビ機能はiPhoneに持たせる。アルパインのDAF9をチョイスし13~20万のナビ代を7万円に圧縮
・最近の移動式レーダー取締が怖いのでユピテルの最上位機種LS310をチョイス。4万円。ここはケチらない
・ガラスコーティング
・カーペット
・ワイドバイザー

フルモデルチェンジをしても王者Nボックスの牙城が崩せないからか最新型にもかかわらず値引きがある+3月だけの6万割引+今なら7万円のサポカー割引ということでトータル値引き13万円決算の3月はありがたいね。

全部ひっくるめて190万

イマドキの軽自動車の値段って凄い…
コメント (5)