feel.

レンズを通してみえたもの。感じたこと。

TREK DOMANE4.5

2013年07月30日 | チャリ




友人がトレックのドマーネ4.5を手に入れた。

試乗させてもらって直ぐ感じたのがシートのショック吸収能力が高くすこぶる快適なこと。

ほんのちょっとしか乗れなかったけれど、すごく良さそうなバイク^^

そしてなりより、僕との話を通じてトライアスロンを始めてみようかと思ってもらえたのが一番嬉しい。
コメント (2)

クライミング三昧。

2013年07月29日 | フォト/カメラ

クライミングが面白くて仕方がない。

土曜は夜の12時前まで登り

日曜も友達の結婚式に出席した際、夕方までの待ち時間でクライミングを愉しんだ。

写真はグランドフロント大阪のジムにてよく似たレベルの男の子とセッション中の1枚。

二日続けて全力で遊ぶと体が悲鳴を上げて上半身は怪我と筋肉痛だらけ^^

もっともっと強くなるぞ^^b
コメント

うみがめ荘。

2013年07月27日 | フォト/カメラ

来年の分も予約してしまった。次は友達と二人で参加するかも?
コメント

.

2013年07月26日 | フォト/カメラ
コメント

鰻ウナギ

2013年07月23日 | 徒然


月曜は土用の丑の日。

ローソンで働いているお客様にお願いされて届いたウナギ\1980-

ちなみにこの日の朝もウナギドン

おいしゅうございました。
コメント

ミタライ

2013年07月22日 | スポーツ

SIGMA DP2M

炎天下で使うと白飛びしすぎて難しいねコレ^^;

なんと車のピラーに開けられた穴に駐車場代を払うシステム^^

エメラルドグリーンの清流

夏限定、川の中から発進課題。落ちるとドボン^^









奈良の山奥にある御手洗渓谷へ外岩クライミングに行ってきた。
滝の音と蝉の鳴き声が鳴り響く川原にデカイ岩がゴロゴロと。
あまりの暑さに上裸になってレッツクライム(≧∇≦)
疲れてきたら清流にドボン!
一瞬で体が冷えるくらい冷たい水が最高に気持ち良い✨
ゴールデンレトリバーとたわむれて、思う存分登って。

戦績は、4Qとは到底思えない4Qを1本落とし、3Qを2本、2Qを2本(≧∇≦)
1Q&初段は撃沈とまだまだこれからな内容だった(^_^)
外岩は、手はまだしも足が辛い (^◇^;)
かかった費用はガソリン代と駐車場での500円のみ。
外岩最高!(≧∇≦)
コメント

ルビースパーク。

2013年07月20日 | フォト/カメラ


第一弾に続き買ってみました第三弾1000円マクドナルド。

因みに第二弾はトライアスロンに行くためのフェリーの時間とかぶってしまって、ついた頃には売り切れという非常に寂しい事になってしまって買えなかった。

スパイシーな薄切りチョリソーがたっぷり使われてて純粋に美味い。

そしてボリュームも満点。

初回の酢豚バーガーよりも良かったな^^

ネタにも舌にも嬉しいランチだったけれど、

840kcalもゲットしてしまって吃驚。
コメント

本日のにゃんこ。

2013年07月20日 | フォト/カメラ








コメント

グランドフロント大阪。

2013年07月18日 | フォト/カメラ




























コメント

トライアスロン後日。

2013年07月17日 | スポーツ
大会を走り終えた後は温泉につかってビールを煽って思いっきり寝る。

翌日月曜も休みを取れていたので連泊を取り、ゆっくりと過ごした。

つっても月曜までゆっくりしてたらもったいない。

朝イチで大阪に出発し、夏のバーゲンセールでもう一戦臨むことにした^^


友達に乗せてもらってお出かけ。彼もトライアスロンを始めるかもということでバイクを物色に。


可哀想なくらい寂れたブリーゼブリーゼ。

しかし人気イタリアン店のピアノピアーノなどは予約で満席だったりする。実力がある所は生き残る梅田大競争時代。

名前につられて入ったかもめ食堂もけっこう混んでて良い感じ




大阪で合流したツレと昼間っから飯を食いつつ軽く飲んでいたので

酔い覚ましを兼ねてグランドフロント大阪にあるクライミングジムを偵察することにした。

いつの間にこんなにクライミングは流行りだしたんだと不思議に思うくらいに人がいっぱい!

入場制限がかかっているほどだった。

壁を見たらウズウズしてくるじゃないか。

シューズは勿論クライミングのパンツだって借りられちゃう手厚いサービスだったので、思わず会員登録して登ってしまった。

夜の9時までみっちり4時間超。

晩飯を食うのも忘れショップをめぐる時間もなくなるまで、空調が整った素敵な環境で目一杯愉しんだ^^

いいね、グラビティリサーチ梅田。
コメント