Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

10.31 オネスティLIVE リポート

2019-11-05 | その他のライブリポート

岩手県大船渡市周辺で行われる震災復興を願う The North Journey(ザ ノースジャーニー)に今年も参加する・・・その前に同じ岩手県の奥州市にある オネスティ にてプレライブを行うのもここ数年の流れになっている

森偉蔵の新車ジムニーにて高速道を突っ走り夕方水沢駅近くのホテルに投宿し、福井経由のすのっぶのまだむと落ち合うことになっていた。

 
4年連続で訪れたオネスティ・・・駅からもホテルからも近い

 
ライブハウス、そしてフォーク酒場的な側面ももっているお店です

 


プロミュージシャンのライブも多数行われています

 予め来訪を告げていたお店のマネージャーのあさちゃんと再会のあいさつをして、しばし歓談、ほどなくライブスタート

わたくし、前田直弥


1年弱ぶりのオネスティ・・今回の旅の相棒はYAMAKIバッファローヘッドのギターなのだ。

1.HEARTBEAT  2.強 烈 3.熱 烈 4.蒼 5.Dramatic Journey などなど旅のスタートを切った~!

 
昨年も来てくれたエリさん、今年も来てくれました

 

森 偉蔵


千葉県からずっと運転してきた疲れも見せずに思いっきり歌う!

  

佐倉孝司


こちらも実家福井から下道22時間(途中寄り道あり)の運転の疲れも見せずに熱唱!

途中、団体のお客さんがご来店、岩手の方々に自作の「アントラーズ応援歌」を見舞った~

 
オイラの曲「夜明間近」をカバーしてくれたっ、初めて聴いたがまだむ風味になっている。

一通りライブが終わったあと、

 
マネージャーのあさちゃんがギターを弾いてお客さん(顔出しNG)が歌った、相変わらずギター上手いね。そして毎年ノースジャーニーの最終日に顔を出してくれています

さらにこの後オイラも酔っ払っていたが一人でご来店のお客さんのご要望により歌ったりして、こうして岩手の初日の夜は楽しく更けていったのであった


泊まりはいつものみずさわ北ホテル。

 翌朝・・・


奥州市を後にして、車で約2時間のノースジャーニーの開催地である大船渡市に向かった。

 

 

 

コメント

9.21 宇宙居酒屋ゆかりオープンマイク in  秀緑  リポート

2019-09-23 | その他のライブリポート

フォークグループ奏(かなで)の山田さんのご紹介で 茨城県坂東市にある元は酒蔵だった観光交流センター「秀緑」でのオープンマイクに参加した。主催するのはセンター内にある宇宙居酒屋ゆかりさんです。

坂東市岩井は昔から仕事やその他でよく訪れていてそこここに思い出もある土地なのだが歌いに行くというのは初めてなのでわくわく感があった。仕事を切り上げて車で坂東に向かっていった。


旧岩井市街地にある秀緑酒造跡、イベントやおみやげ、飲食店などで跡地の活性化を図っているようだ

 
勇壮な門構えを入ると広い敷地に建物もたくさんある

 
蔵作りの日本家屋も古きよき感じを残してリノベーションされているようだ。

 広くてウロウロしていると音が聞こえてくる建物が・・・


こちらがオープンマイクの会場になっている本蔵


かなり立派な建物だ。

 
中に足を踏み入れると年月を経た柱と新しい漆喰がきれいな館内。「秀緑」の歴史も展示されています。

天井の高いかなり広いスペースにてライブが行われていた!


ライブやイベントなど多目的スペースになっているようです

 オープンマイクは参加費1000円/人で1ドリンク付、組数によって15~20分の持ち時間な感じだった。まだ山田さんは来ていなかったが先日ご一緒した得能さんがいらした(出番は終わっていた)ので心強かった

この日は15時スタートでオイラが着いたのは17時半頃、出くわしたミュージシャンを羅列します(名前も存じないのでその点ご了承くらはい)。

 


タカヤマさんギターで女性ヴォーカル、元気が出るような曲と歌声でした。

 


後で聞いたら御年70歳!ガットギターがきれいな音ですが「ダンシングオールナイト(もんた&ブラザース)」が意表を突いてGOOD!

 
備前堂・・・同じつくばみらい市でなんとHEARTBEATかわらばんの読者だった!「いつのまにか少女は(井上陽水)」などしっとり王道フォーク!

 

画像無いけど・・・わたくし、前田直弥

1.ここまでやって来た
2.強 烈
3.麗しのスーパームーン
4.Dramatic Journey

以上4曲、めでたく坂東デビューしました!手拍子も入れてくれてみなさんの温かさを感じました、ありがとう!

 


コバキング・・・「I LOVE YOU(尾崎豊)」をソロで、女性ヴォーカルを交えてノリよいメッセージを聴かせてくれたっ

 
かなり広いスペースで音も回りすぎない反響がやっぱ蔵な感じです

 
当時使用のタンクなども展示されている

 


岡やん・・・ひさびさ出くわした岡やんもこちらは初登場、サンタクルーズギターで珠玉のインスト演奏、美しい音が響く~

 
前に見たものよりさらに増えてるハープギター、友人の遺品だそうだが’弦楽器のお化け’を弾きこなしその演奏にみんな注目!

 


ハマダ・・・フォーク伝・昭和で会った方、古い長渕カヴァーで「祈り」や「二人歩記」、岡やんサポートでライブ版完全だ

 
ドンコーマサ・・・二度目かな、アクションしながらアツく歌う。「パプリカ(米津玄師)」でお客さんも振り付きでノリノリ

 


山田和行・・・やっぱ松山千春が決定版「旅立ち」「銀の雨」「大空と大地の中で」、やさしい高音が蔵に響く~!

 
飲食もOKでビールやチューハイ、ジュース、食事はカレーライスや各種おつまみも販売されている

 


ボサノバからいきなり女性ベースを持ってオリジナル曲「メタリックタイフーン」はロック色満載!

 


ここで出会ってユニット結成「フレンズ(レベッカ)」や「夏の終わりのハーモニー(井上陽水&玉置浩二)」二人楽しそう♪

 


タカヤマ・・・今度はソロで「ボヘミアンラプソディー(クイーン)」「イマジン(ジョンレノン)」を独創的日本語訳で、ロック魂!

 


ヒラオカ・・・ハンドパン、金属の反響で曲を構成、よい音色です。1曲だけだったのでもうちょっと聴きたかったー

 


スダコ・・・ウクレレ&ヴォーカルとカホン。「かもめが翔んだ日(渡辺真知子)」ほろ酔いで元気MAXの歌声と演奏でした~

 
ユータロー・・・オリジナルインスト曲は叩きながらキレのある美しいギターの音色をじっくり聴かせてくれました。

以上、たくさんのミュージシャンとお客さんが集い、蔵作りの雰囲気も相まってまさにアットホームに盛り上がっていました。県西地区はほとんど来ていないけどこういう場所もあるんだね。

 
イベントのスタッフのみなさん、お世話になりました。オープンマイクは毎月第三土曜日に開催されているということなのでまたおじゃましたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

9.7 シュガーサウザントフレンズLIVE in フォーク伝・昭和  リポート

2019-09-08 | その他のライブリポート

茨城県竜ヶ崎市にあるライブハウス フォーク伝・昭和 にてバンド、シュガーサウザント 主催のライブに参加した・・・前回は2月だったので半年以上経っている、時の流れが早い


前回は真冬、今回は夏、この日は真夏のように暑い日だった。


リサイクルショップ「青い空」も兼ねているので店内はまさに昭和なグッズであふれているのだ

 
エコの時代、使えるものは大切に使おう!

 
画像ちょっと暗いけど関東鉄道竜ヶ崎駅から歩いて10秒!です。

 
本日の出演はシュガーサウザント主催の全5組

 仕事を終えオイラが会場に着いたときはすでにみんなリハーサルが終わっていて、ぼちぼちお客さんも入ってきていた。簡単に音出ししていよいよライブスタート


昭和のマスターのあいさつにより今宵のライブがはじまります!

 1.ムーンフレンズ


前回につづき水戸から参加のMoonオオツキさん率いるバンドはジャーニーの曲のカヴァーからド派手に始まるステージに圧倒されるぅ。それでも音は爆音ではなく大人のしっかりした演奏に乗りMoonさんが会場内を練り歩き、パワフルに歌う

 
洋楽カヴァーのほか「六本木心中(アンルイス)」など・・最後はオリジナル曲納豆の歌で会場は盛り上がった~、さすがー!!

 

 2.のりりん


こちらも水戸からお越しで4月の千波湖ライブでご一緒したのりりんさん。しっとりとしかし張りのある歌声で「悪女(中島みゆき)」や「ひこうき雲(荒井由実)」などで惹きつけ

 
後半はオリジナル曲の尾道市の曲や「茨城自慢の歌」でみんなで「だっぺ~」の大合唱!
ご夫婦と昔のフォークソングの話をしたがエレックレコードのファンとのことで筋金入りだった

 

3.わたくし、前田直弥


気温と人いきれの熱気でムンムンする中、負けずにアツく歌うぜ!画像はみきさん提供。

1.ここまでやって来た
2.強 烈
3.ひまわり
4.麗しのスーパームーン
5. 蒼
6.Dramatic Journey

以上6曲、2回目(+オープンマイク2回)だがアウエーな感じはなくみんな暖かく話や手拍子、復唱にも追いてきてくれたので汗だくになりながらもリキ入れて歌いましたー。竜ヶ崎の昔なじみの方々も来てくれて、みなさんありがとう!

 
こちらの画像は高級一眼レフ撮影の酒井さん提供、いつもありがとうっす

 

4.中島壽浩&ドラゴンハーツ


初共演の地元竜ヶ崎のバンド。男子4名(ヴォーカル・ギターX2・カホン)女子2名(ベース・キーボード)の編成、大勢のお客さんの応援を受けオリジナル曲中心に演奏、歌う・・・楽曲も歌声もさわやかだ!

 
竜ヶ崎名物コロッケを歌った曲もノリがよく、会場みんなで盛り上がり最高潮~!

 

5.シュガーサウザント


いよいよ主催のシュガーサウザントの登場!本日はシュガー(vo,g)、サウザント(Eg)、コータロー(Eg)、Hosoya(b),そして


アンジェラ・みゆき(vo,pa,Ds)。ステージでも、そして主催の企画者としても大活躍!!おつかれさまでした!
「LONELY BUTTERFLY(レベッカ)」などこちらも盛り上がる~!

 
マスターもお助けドラマーとしてハードな音で援護!

 
レゲエの曲やビートルズなどシュガーさんのヴォーカル中心に落ち着いて聴ける大人のバンドですね~、ツインギターもかっこよかった。

これにて全5組、それぞれに持ち味を出して楽しめるライブになったのではないでしょうか、ご来場のみなさんありがとうございました!

 
音響のスタッフの方もありがとうございました

出演者はじめ集合写真を撮って終了~!まだまだ暑い晩夏の夜のアツいライブでした!

画像ないけどスタッフのちかちゃん、お店のマスコットのねこちゃんもおつかれさまでした

 

 

 

 

 

 

コメント

9.1 E-JAM PRESENTS LIVE at アンズハウス  リポート

2019-09-02 | その他のライブリポート

はぁと島田さんが主催しているライブイベント E-JAM  に参加した、場所は千葉県白井市にあるライブカフェ アンズハウス・・・去年9月にひさびさに行ってからもうちょうど丸1年が経っていた

 
みらい平→南流山→東松戸→西白井 のルートで到着~!

 
日中は真夏のようだったが夕方は涼しくなってきた・・秋近し、か。

 
駅前の陸橋から千葉ニュータウン方面を望む

 
その昔の思い出もあるマルエツも健在だ。

 駅から徒歩1分で


アンズハウスに到着。店先にイベント用のテントが出ていた。

 
直前までジャズバンドのライブも行われていたみたいです。

 お店から出てきたマスターにあいさつ、


本日の出演者が店内モニターに映し出されている。ドンコーマサさんは都合により欠席でした。

 出演者も集まり、定刻通りにライブスタート

1.Still water(スティルウオーター)


久々にご一緒したSWさん、体調も良くなったということで何よりです。本日初披露のラリビーのギターにてオープンGチューニングでハワイアンなまさに夏の雰囲気を醸し出してくれた~。指弾きのクリアな音とオリジナル曲の作品性がマッチしてましたね

 

  2.わたくし、前田直弥


E-JAMもちょいとひさしぶり、アンズハウスはかっきり1年ぶり、ゆく夏を惜しんで歌います画像はStillwaterさんご提供。

1.HEARTBEAT
2.強 烈
3.夏の記憶~1979
4.麗しのスーパームーン
5.Dramatic Journey

 以上5曲、手拍子や咄嗟の「♪スーパームーン」にも声合わせてくれてありがとう!

 

3.ぺっぱあべいぶ


女性ヴォーカルの激しめの歌声が印象的、ギターもハードに弾いて洋楽を彷彿させるオリジナル曲はパンチが効いてEEね!盛り上げたギターの彼は旧知のヨコタくんだった・・・帽子が目深なので名乗るまで気づかなかったがひさびさの再会。

 
アンズハウスはタブレットでオーダーが出来てスムーズ。カレーほかメニューも充実

 

4.得能克正


初めましての得能さんだが茨城県結城市からなので共通の知り合いもいていろいろお話もできました
今回初お披露目の三線から


こちらは長年演奏している三味線、ソーラン節などの民謡もさすが声がよく通る~!

最後はギターでこれも洋の民謡「スカボロフェア(サイモンとガーファンクル)」そしてやさしい感じのオリジナル曲で締めっ

 

5.ハリー


長年のバンド活動から弾き語りはじめて2年とのことですが、野太い声で叫ぶようなそのヴォーカルとオリジナル曲はロックスピリッツ溢れていて訴えかけてくるぅ!61歳という年齢を聞いて驚き!若いっすね~。

 

6.はぁと島田


最後は御大、はぁとさん登場!やさしく力強い歌声が響く・・・特に「サルビアの花(早川義夫)」~オリジナル曲「教会の鐘」の流れがよかった!「教会の鐘」つながりだったんですね~。しっかりと盛り上げてさすがの締めを見せてくれました~

 これにてこの日のライブは終了~!はぁとさんはじめみなさんおつかれさまでした。


恒例!?の出演者による記念撮影。ご来場のお客さんたちありがとうございました。

 
アンズハウスのマスター、お世話になりました。またおじゃましまーす。

 帰りも同じルートで、


途中、成田空港からのアクセス線に乗ると大荷物の人々、武蔵野線に乗るとディズニーランドからと野球観戦帰りのマリーンズファンとか・・みんな夏の終わりを楽しみましたなー(笑)。

 

コメント

4.20 ユニバーサルレコーディングファクトリー感謝祭 in HAND-CLAP

2019-04-21 | その他のライブリポート

昨年惜しくも亡くなった豊原社長が営んでいたユニバーサルレコーディングファクトリー(URF)は学校関係などのほかわれわれのようなノンプロミュージシャンのCD制作も請け負ってくれていて非常にありがたかった。そこでCD制作したミュージシャンなどが集まって豊原社長を偲ぶ、というかライブで感謝の宴をしようということになっていた。 


場所はURFがあった千葉県松戸市馬橋。

 
オレもかつてあったオリンズというライブハウスに長年通っていたので思い出深い街だ

 
JR馬橋駅の全景、当時とはだいぶ様変わりしている

 そしてそのオリンズあった場所に今ある音楽居酒屋HAND-CLAP(ハンドクラップ)が今回の会場です


昨年6月以来、10ヶ月ぶり2度目の来店になりますね。

 
ちょうど開店5周年を迎えるそうで地下の店内ではライブの準備が進んでいた

 
URFの豊原社長も幾度となく足を運んだ場所でいよいよライブスタートを迎えます

 
たまたま外回りの仕事でURFを見つけて関係を築いた森偉蔵がごあいさつ

 

1.もっち


しばらく歌っていなかったそうで今回が再ライブデビューのもっちさん。集合住宅でも練習ができるという小ぶりなギターにて3曲、しっとりと元気よい曲も織り交ぜて伸びのある声がよかった

 

2.円谷邦広


昨年ひさびさに会った円谷さんはあれから頻繁に各所のオープンマイクなどに出演しているそうで今回は曲も楽器も多種多彩、まずはピックギターで演歌調の曲にも挑戦


ウクレレとブルースハープからの

 
オークションで手に入れたというミニアコーディオンまで。

 
そして最後はバンド全員が蟹座で構成された伝説のキャンサーズの曲をメンバーのアキオくんと、趣向を凝らした飽きさせない構成でした~

 

3.わたくし、前田直弥


5年前にリリースした「LIVESONGS」はURFで制作してもらった、その収録曲を中心に、

1.光と影
2.熱 烈
3.Dramatic Journey
4.ひまわり
5. 蒼

以上5曲、豊原社長の話し出したら止まらない思い出がよみがえった、CD制作ありがとうございました。

 
撮影は森偉蔵くん。URFは彼の紹介だったね

 

4.森 偉蔵


豊原社長と知り合った経緯から一番親交が深かった偉蔵さんは3枚のアルバムを制作したそうだ。ありったけの想いを込めて天国の社長に向かって歌っているよう、途中感極まったりしていた

 
最後は彼の曲にTHE8CCがバックを努める今宵のスペシャル構成!「家路」「名もなき詩」アレンジもかっこよくてGOODでした

 

5.THE 8CC


ラストを飾るのはURFでやはり複数枚のアルバムを制作したというTHE 8cc、歌詞カードの不具合や納期ギリギリで手伝ったというエピソードを交えて、思い出深いファーストアルバムのナンバーから配信したばかりのアルバムからの最新ナンバーまでやっぱ迫力のサウンドがすごくてEEね!


弾き語りソロ活動は抑え気味、熱血ドラマー 苺くん

 
森偉蔵の曲からもかっこいいアレンジのギター、クワハラくん

 

 
DTMでの音楽制作も冴えている、ベース&コーラス相馬くん


いつもアツいヴォーカル、そしてアツいメッセージ!ヴォーカル&ギター アキオくん

 アツくてそして楽しい、そのステージは初期の名曲「立石メモリーズ」で最高潮!ジョイサウンドのカラオケにも収録されるらしいっす!


最後の最後は円谷さんも入っての「世界一!」の連呼!盛り上がってオーラスを迎えた~


終わって出演者+αで記念撮影。豊原社長も喜んでくれたことでしょう!

HAND-CLAPのマスター&ママさん、お世話になりましたー、またよろしくです。

 
店内に飾ってあるピンクレディーのパネル、デビュー間もない頃かな

 

 

コメント

2.23 シュガーサウザンド フレンズライブ in フォーク伝・昭和 リポート

2019-02-24 | その他のライブリポート

旧知のバンド、シュガーサウザンド の企画ライブに声かけてもらった・・・場所は茨城県龍ヶ崎市にあるライブハウス フォーク伝・昭和。先日ちょっと下見的に行ってきたけど今回は本格的ライブ参加!仕事を終えて現地へ向かった

 
関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅すぐ横で徒歩10秒?の・・

 
リサイクルショップ「青い空」と併設される珍しい形態のお店なのだ


本日のライブのポスターも展示。

 

 竜ヶ崎駅。今回オイラは車で行ったので利用はしていない


JR常磐線佐貫駅から2駅往復の路線。昔随分竜ヶ崎には歌いにきたが乗ったことが無いので今度乗りたいね。

 さて、お店に入ると


ステージと客席が広がっている。入場料ほかドリンク販売、アルコール類や食品は持ち込みも可能です(持込料あり)

 
店内にはギターが吊り下げてあったり(一部売り物)、懐かしいレコードジャケット、ポスターがたくさん貼られていてこれまた懐かしいTVなどの家電品、楽譜、マンガなどが所狭しと置いてあって俺ら昭和世代にはたまらないワンダーランド的店内さすがリサイクルショップも兼ねている強み!?

 
この日は4組の出演、スタート前からお客さんが多数来場

 そしていよいよ、


お店のマスターのあいさつからライブスタート

 オープニングアクション シュガーサウザンド


本日主催のシュガーサウザンドが口切に2曲ほど、本日はギターのサウザンド(千崎さん)がお休みでした

 
アンジェラミユキさんヴォーカルの「your the sunshine of my life(スティービーワンダー)」も軽快でした♪

 

 1.ムーンフレンズ


水戸市から遠征のムーンオオツキさん率いるフレンズバンドが登場!ジャーニーの3連曲「Separate Ways」ほかでいきなり大盛り上がり

 
そのあとは「六本木心中(アンルイス)」、しっとりと「For you(高橋真梨子)」迫力のヴォーカルとそのパフォーマンスは圧巻!演奏もGOOD!ラストは納豆の歌で会場も身振り手振りで楽しさ全開!素敵にどっかーん、とかましてくれましたー。

 

 2.わたくし、前田直弥


弾き語りのオリジナル曲オンリーはオイラだけか・・大盛り上がりの後はしっとりから入りますよ~! 画像はカメラマン酒井さんご提供

1.道の上から
2.光と影
3.熱 烈
4.夕 凪
5. 蒼
6.蜃気楼

以上6曲、ほとんどが初めて聴く人たちなのに後半2曲は手拍子、そしてコーラス?まで飛び出して異様な盛り上がり~!逆にお客さんに乗せられた感じかな~。昔からの顔なじみの方々のご来場もあり、十何年ぶりひさびさの龍ヶ崎凱旋?ライブは気持ちよく歌えました

 
画像は二十数年前「スイートハート」というお店でお世話になった、みきさんご提供
ライブ後も多数のお客さんから声かけてもらった、みなさんありがとう!

 

3.スリーメン


地元竜ヶ崎のバンド、スリーメン登場ホントは7名だが本日は5名構成・・ケガのギタリストの方は客席から応援
普段から市内各所のイベントに出演しているバンドはオリジナル曲とカヴァー曲「サボテンの花(チューリップ)「栄光の架け橋(ゆず)」で惹きつける~。前にオイラのイベントにアコースティックセットで出てもらったがバンドで聴くのは初めてだ。 


超やさしい歌声に癒されるヴォーカルの加勢さん

 
先々週もお世話になった大久保まーちゃん(Ag)&さゆりさん(key)夫妻もクリアな演奏とコーラス

 
会場も終始よい雰囲気でライブは進んでいきます。

 

4.シュガーサウザンド


そしてラストは再びシュガーサウザンド登場!本日はメンバー4名+1名の構成でいくぜ~


ドラムスに、カホンに、こまごまとしたことも、そして衣裳チェンジでヴォーカルも!大忙しのアンジェラミユキさん、お世話になりました。

 
+1名は昭和のマスターがドラムスで援護!急遽とは思えないジャストフィット!

 
ドラムスがアンジェラミユキさんに替わり、ベース細谷さん、ギターコータローさん

 そしてヴォーカルはシュガーK(初めてその名を聞いた)。


買ったばかりのギター、Takamine MOONで作ったばかりの新曲とオリジナル曲、そして「雨を見たかい(CCR)」など、聴くたびにバンドの質が上がってますね!かっこいいステージでしたー。

 これにてライブ無事終了~!たくさんのご来場ありがとうございました


集合写真① みなさん、おつかれさまでした!

 
集合写真② みんな楽しそう♪良いライブでしたね。オイラはノンアルビールで乾杯画像はカメラマン酒井さんご提供。

フォーク伝・昭和のマスター、音響担当の方、スタッフの方、お世話になりました。またおじゃましまーす!


店内には看板ねこちゃんがいてライブ中でもステージに上がったりします、音に慣れてんのね、かわいい。

 

 

 

 

コメント

12.24 ダチフェス クリスマススペシャル~HMD(堀切音楽同好会)スタジオ 

2018-12-25 | その他のライブリポート

低い気温と風が強かったクリスマスイブのこの日、ノースジャーニーでもご一緒している小林聡さんのお誘いで東京都葛飾区にある HMD(堀切音楽同好会)のスタジオ へ向かった。

最寄りのみらい平(TX)~北千住(スカイツリーライン)~牛田・関屋(京成本線)~堀切菖蒲園 のルートで


到着~!ここに降り立つのは初めてだ

早めに着いたので駅の周りをウロウロ散策していると森偉蔵と遭遇、彼の案内で駅近くのスーパー、惣菜店で持ち込みの飲食物を買い込んでいざスタジオへ。

 徒歩5分くらいで、


通りに面した雑居ビルの地下1階がHMD(堀切音楽同好会)のスタジオになっている

 
こちらは小林聡さんはじめ地元の音楽仲間有志で借りていて、ライブ会場やスタジオとして活用している夢のようなスペースです。

中に入ると結構広いスペースにステージがあり、ギターなどが掛けて飾ってあり、音響機材そして客席も完備されている。手作りだがほんとにライブハウスと同じような感じだ。我々ビジターは使用料一人500円払い、飲食物はみな持ち込み(持ち寄り)でそれもEEね!

 今回は毎月開催されているダチフェスというイベントのクリスマススペシャルということで全8組の出演が予定されていた。到着したメンバーでくじ引きを行い出演順決め、いよいよライブスタート


小林聡さんがMCとして出演者を紹介してくれます。

 

 1.YASUO(ヤスオ)


建築業の出で立ちから仕事帰りと思いきやこれがステージ衣裳だそう(普段はスーツ)・・・ガテン系から繰り出す曲は、ド下ネタ~!名曲をもじったものあり、オリジナルありの放送できないくらいの作詞で飛ばす~っ!会場はのっけから笑いが!

 
「伝統工芸士」という曲からティッシュをばら撒く「ティッシュ」まで・・・作りこまれたエンターテイメントでおもしろかった

 

2.小林聡


都合のためくじ順を入れ替えて、「クリスマスイブ(山下達郎)」や小田和正などの盤石のやさしいヴォーカルで空気も入れ替える~!「白日夢」や「マリン」などのオリジナル曲もさすが!でした~

 

3.布元 孝


先々週土浦に来てくれた布元くん&みねこさんとも再会!今回も明るく楽しく、「さよなら(オフコース)」は珍しいレゲエ調で、もちろんオリジナル曲「アンクルシュガー」も、

 
来場していきなり参加のハツヤさんドラムで「Don't let me down」で盛り上がる~!

 

4.森 偉蔵


もう何回かこちらで歌っている偉蔵さん、まったりと飲んでいるとこからおもむろに登場!このところのラインナップ「もう引き返せない(金森幸介)」からオリジナルパレード!「君に咲く花」「家路」、そして新曲「11月、千年広場にて」もアツく歌っていたねっ

 

5.わたくし、前田直弥


クリスマスだからね、トナカイ角付サンタ帽でHMD初登場、一生懸命歌います!

1.道の上から
2.HEARTBEAT
3.White Christmas 1コーラスのみ
4.蜃気楼
5.イメージカラー

以上5曲、初めてのオイラをあたたかく迎えてくれてありがとう!


ハツヤさん&布元くんのドラム、パーカッションで豪華に歌えた~撮影は偉蔵さん。

 

6.けだま


ひさびさに一緒になった男女ユニットは独特な弾きまわしの激アツギターに合わせて「朝日の当たる家(アニマルズ)」からピアニカも入っての「サザエさん」・・・オイラが「今まさに放映してる時間だよ!」と言ったが今日は月曜日だった。本日唯一の女性ヴォーカルでクリスマス気分を盛り上げてくれた~

 

7.安達辰浩


HMDメンバーで小林聡さんとは小学校からの同級生、「ダチフェス」は友達では無くてアダチさんの「ダチ」だそうだ。その安達さん、「島人ぬ宝(ビギン)」や斉藤和義のカヴァーをこちらも年季が入ったやさしい歌声で聴かせてくれた~!歌がお好きなご様子が伝わりますね!YAMAHAのギターの音もきれいだったっす。

 

8.マイスタースズキ

 
ぬあんと言わずと知れたアルマナックハウスの主、マイスターがお店が定休日だったので参加してくれたのだった!こういった場所でマイスターの歌を聴くのもまた新鮮ですな~。やはりハツヤ&布元の援護を受けての、

「ウイスキー」「くよくよするなよ」などの名曲と最近のオリジナル曲も交えて、そして最後は「ジェファーソンホテル(MOGAMI)」みんなで歌ってオーラス!さすがですね!
最後まで盛り上がって~!


HMDメンバーでバンド堀切チャーハンの吉田さんも音響を整えてくれたり、エレキでも急遽参加!お世話になります。

 
こうして全8組+アルファ無事終了~、みんなで楽しめましたね~

 アンコールは、


小林聡さんを中心に「ふるさと」。最後までさわやか~!

初めて出演させてもらったHMDライブは手作りなイベントで料理同様みんながパワーを持ち寄り、個性を競って、居心地のよい楽しいライブになりました。
ご来場の方々、出演者のみんな、そしていろいろ世話をやいてくださったHMDのみなさん、ありがとうございました

そのあと、女性の鍵盤弾きの方が加わり、吉田さん主導のもとバンド形式のステージ大会!思い思いの曲をセッションして歌っていました
その辺の自由度もEEね!また新たな出会いもあり、機会があればまたおじゃましたいです。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

コメント

11.21 オネスティLIVE リポート

2018-11-27 | その他のライブリポート

今年はいつもより3週間遅れの11月下旬に岩手県気仙地区で行われる音楽イベント North Journey(ノースジャニー) に向けて森偉蔵とクルマで旅立った。

それに先駆け21日は同じ岩手県の奥州市水沢区にある Music Live Honesty(オネスティ)でのライブの予定・・こちらも3年目だ。
途中雨に降られ、雪になるなよ!と祈りながら夕方水沢に入り、ホテルにチェックイン、軽く食事をしてからオネスティに向かう・・・ホテルからは徒歩1分かからない場所なのだ

 
JR水沢駅からも徒歩3分くらいのメイン通り沿いだ。

 
1年以上ぶりに会うマネージャーのあさちゃんと再会をよろこぶ、そしてまだむこと佐倉孝司さんともここで合流!

カウンターにお客さんもいらしていて、少しまったりしてからライブスタート

 1.わたくし、前田直弥


またここへ帰ってきたよ~!

1.ここまでやって来た
2.道の上から
3.雨の匂い
4.麗しのスーパームーン
5.さすらい

EX6.ヘッドライト・テールライト(中島みゆき)
7.光と影

以上、二周り目も少し、気持ちよい音響で岩手初日を飾ったぜ!聴いてくれた方々ありがとう!

 

2.佐倉孝司


単独で水沢入りのまだむも疲れを見せずライブ!さばいばるいとうさんから譲り受けたギルドギターのデビュー戦だそうだ。
恒例の岩手でも「アントラーズ応援歌」からオリジナル曲、カヴァー曲も交えて・・・途中お客さんが連れてきた若い男性を指し「この22才を感動させる曲を演ってくれ!」という無茶ぶりにもやさしく応えていた

 

 3.森 偉蔵


平日のため道中でも仕事の対応に追われていた彼もここは落ち着いて、「家路」などこれからの旅で歌う曲を熱唱!良い旅を予感させたね

 宴はまだまだ続いたが、


毎年ノースジャーニーにも顔を出してくれているあさちゃん&のりちゃん・・・素朴なのりちゃんがロン毛になっていた!
そして今年初めて会った女性のお客さん、遅くまで付き合ってくれて、さらにノースジャーニーも来てくれてありがとう!

 

オネスティはプロのライブの他フォーク酒場的に自由に弾き語ったり、あさちゃんたちの演奏で歌ったりもできるお店です・・・大きい写真の方がオーナーです。

 
初日からけっこう飲んでしまった。あさちゃん、ありがとう~

 翌朝、ホテルの部屋から水沢市街地を望む

 


毎回宿泊してる みずさわ北ホテル

盛岡では前日初雪が積もったという報もあり、なるべく南側の道を通りNJの本拠地である大船渡へ移動!つづく。

 

 

 

コメント

10.30 E-JAM in 二子玉川ジェミニシアター  リポート

2018-10-31 | その他のライブリポート

E-JAMライブを主催しているはぁと島田さんからお誘いを受けて今回の会場となる 二子玉川ジェミニシアター に向かった。距離はあるが思ったよりも 乗り換えがよく、みらい平→北千住(東武スカイツリーライン、メトロ半蔵門線、東急田園都市線相互乗り入れ)→二子玉川 と乗り換え1回、乗車1時間半でたどり着いた。

 
以前仕事で来たことがあったが夕方の駅周辺はにぎわっていてやはりどことなくおしゃれな街ですな~
グーグルマップをたよりに徒歩7分ほどジェミニシアターにたどり着いた。

 
まだできてほどないそうで新しいライブハウスだとのこと。

 
地下1階がお店、降りて入口を入ると受付やロビースペースがあってまるでシアター(映画館)っぽい作り・・・受付を済ますとスタジオのような扉を開ける。

 中に入ると


ホントにシアター!客席は120席くらいあるだろうか、そして勾配がついている。

 最上段席には専属の音響・照明スタッフがいて、ステージもかなり広い!このホールでのライブはすでに始まっていた。

1.ジャンキー吉川


「復活」ということだったのでご病気だったのかな?それを感じさせない歌声とマーチンの切れのある音がGOOD!

 

2.佐藤真規


「ハエ」とか「じゃがりこ」とか題材が凝ってるオリジナル曲はクラシック的なヴォーカルで繰り返しが楽しい、「神田川」パロ「目黒川」おもしろい

 

3.Sukesan


夜の世界を歌ったブルージーな歌声とギターがシブく印象的。成田からお越しだそうだ。

 

4.わたくし、前田直弥


思いがけずひさびさにホールライブ感を楽しむ。音響も良いし、この空間感がEEね!  画像は佐藤真規さんとはぁと島田さんご提供

1.シンプル
2.夕 凪
3.光と影 

以上3曲だったが、ニコタマ初登場ははるばる来た甲斐があったー

 

 

 5.有吉かつこ


かなりひさびさにご一緒した。変わらず正確でさわやかな歌声~・・・孫との曲や野菜の曲などオリジナル曲は生活に根差してますね

 

 

 転換中、ステージにはモニター4台!バンドでも十分な広さで照明器具が充実しています

 

6.Doumoto


茂原でご一緒した彼はニコタマ在住のジモティー、歩いてきたそうだ。ラブソングをやさしく歌っていた。

 
後方の客席が見るとこんな感じ。受付で購入してのホールで飲食可

 

7.Ray♪


ダークな感じのオリジナル曲は独特の雰囲気に引き込まれる、最後は弾けたブルースがかっこよかった!

飛び入り


音響スタッフの方が鍵盤&ヴォーカルとあの有名バンド(後で出てくる)の方がドラムスで1曲「横浜ホンキートンクブルース」・・アップ禁止!つーたけど遠いアングルだからいいでしょ?

 8.ハリー


竹原ピストルのような声でメッセージを、ストレートに伝わってくるね!普段は主にバンドで活動されているそうです。

 

9.敬々


ガットギターを叩くように弾き、歌詞が独創的な世界。楽しむように歌っていました。

 

10.はぁと島田


ラストは主催者!「UFO(ピンクレディー)」からはじまりユーミンから矢沢永吉まで・・・はぁとヴォイスと巧みなギターアレンジでカヴァーにとどまらない聴きごたえ!

 
これにてライブ終了~、はぁとさん、今回もみんなをまとめてありがとうございました!出演者のみなさん、おつかれさまでした。

この後打ち上げがあったそうだがオイラはさすがに電車の時間が・・・ということにお先に失礼しました

 
今月のですがスジュール表。ジューシィフルーツが出演しています!

 スタッフのみなさん、お世話になりました、また機会がありましたらぜひ来たいです


地上からのエントランス。

帰りは行きと違い、乗り換えが・・・二子玉川(東急田園都市線・メトロ半蔵門線)→表参道(メトロ千代田線)→北千住(TX快速)→流山おおたかの森(TX普通)→みらい平  結構疲れたけど充実感あり

 

 

 

 

 

コメント

9.2 E-jam presents Partylive in アンズハウス  リポート

2018-09-03 | その他のライブリポート

はぁと島田さん主催のライブイベント E-jam presents Partylive(イージャンプレゼンツパーティライブ)に参加した、場所は千葉県白井市にある多目的カフェ アンズハウス ・・・前は「アンの家」というお店だったが現在のマスター奥田さんになってからは初めて訪れた。

 
涼しい曇り空の中、電車を乗り継いて北総線西白井駅に到着~!

 駅の橋を渡ると


スーパーマルエツがある。この場所は十数年前に当時のアンの家のマスターに頼まれて音響機材を持ち込んで屋外ライブを行った思い出ある場所なのだ

マルエツとタイアップしたライブだったが参加した若者バンドのギターが爆音出して、苦情がきて、その回のみになってしまった

 
確かこの辺で演った・・・「アンの家」は当時このマンションの所にあったと思う。

 店舗が付近に移転してから9年前に来ていたがアンズハウスになっては初めて。

 

アンズハウス外観、アジアンな雰囲気は引き継いでいますね。

 
入口の看板、本日は昼間もライブが行われていたようです

 店内に入り、マスターにごあいさつ・・・去年マジカルファンタジーで会ってはいました


本日の出演者が店内に案内されています。

 軽くリハ後オレにとっては懐かしいタイのシンハービールがあったので飲みながらくつろいでいたがいよいよライブスタート

1.アルティメットゼロ


聞いたことある名前だなと思っていたら去年春日部和音で共演しているバンドだった、その時は兄弟男子2名だったが本日は女性ヴォーカルが入って、
「糸(中島みゆき)」「そよ風の誘惑(オリビアニュートンジョン)」など優しめの選曲をさわやかに

 
そして彼はオリジナル曲「モノクローム」などこちらはロックテイスト満載の激しめの曲でしたー
群馬県伊勢崎市から来ているこのバンド、後から聞いたらヴォーカルの女性は何と二人のお母さんでしたびっくりファミリーバンド万歳!

 

2.わたくし、前田直弥
毎度のことながら急遽あべとしひこさんにリードギターを付けてもらうことになって気合入れるぜ!
しかしながら画像は撮れなかったので誰かがアップしてくれたら後載せします

1.シンプル
2.HEARTBEAT
3.ひまわり
4.蜃気楼
5.50の空

以上5曲、打ち合わせ無しでも雰囲気を察してくれるゴキゲンなあべさんの12弦ギターをバックにほぼ初めてのお店で気持ちよく歌えましたー
居合わせて聴いてくれたお客さんたちありがとう!

 

3.ざ・ヤンデルず 


江戸川競艇にいるオヤジ風の衣裳(ジャージ)に着替えたあべさんとマーチンDCの高級ギターを駆るボギーさんの病んでるコンビはお決まりの「♪オレは死ぬのは怖くねえ~」からノリノリで会場を沸かせ、ついギターを買ってしまう心理を「縁切寺(バンバン)」の歌詞に巧みに乗せた曲などで笑いとコールレスポンスでいつもながら盛り上がるステージでした

 4.はぁと島田


主催のはぁと島田さんも仕事終わりに駆けつけて「前を向いて歩こう」「ノー・ウーマン・ノー・クライ(ボブマーリー)」など明るい曲、しっとりとした曲をあべさんのギターと共にじっくり聴かせてくれたっ!いつも演ってるみたいだがオレがこのツーショットを見るのは初めてで音楽で繋がる縁を感じて感慨深かった

 
歌&演奏もさることながらライブを盛り上げようとする姿勢にも感服します

 
そして「まだギター弾き足りねーな」とツワモノのあべさん

 これにてライブ終了~!出演者のみなさん、おつかれでした、お客さんたちありがとうございました


片付けの中、「22才の別れ(風)」を12弦で華麗なテクで聴かせてくれたボギーさん・・・きれいな音色

 
アンズハウスはテーブルに備えられたタブレットでオーダーできます!カレーもおいしかったし、一品料理もGOOD

マスター&スタッフのご両人お世話になりました~、またうかがいますね!

 

 

コメント