Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

Next Live:5月31日(日)ライブハウス『和 音』開店祝い!?ライブ

2009-05-29 | スケジュール
埼玉県を中心に活躍していて4月の越谷でのライブでお世話になった ベラフさんがこの度ライブハウスをオープンさせた。埼玉県春日部市に、その名は『和 音(わおん)』という店だ。このご時勢に、しかもなんか突発的なところがROCKなベラフ氏っぽい・・・
もうすでに先週から営業を始めているとのことだが我々の仲間でも開店祝いを兼ねて歌いに行こうということになった。当面はアコースティック中心ということだがどんなハコでどんな雰囲気なのか今から楽しみだ。出演者、観覧者ともに大募集中とのことですのでお近くの方はぜひお立ち寄りください


★イベント名:ライブハウス和 音 オープン記念ライブ(前田班) 
  日 時:2009年月31日(日)17:30~ 
  場所 :ライブハウス 和 音(わおん)
      埼玉県春日部市中央1丁目14-21
      
       東武野田線春日部駅西口下車イトーヨーカドー裏
        焼肉ちづるや3F
      

  料金:1ドリンク他オーダー
  共演:中 たつのり/月/高橋和幸/ほか
      出演時間20分+α
      当日出演者募集中!・・・飛び入り大歓迎。チャージ¥1000で20分ステージ予定。


ベラフさん・・・・開店おめでとうございます

コメント

5.23 OLINZマンスリーライブ リポート

2009-05-25 | オリンズ
さわやかな風薫る5月の気候の中、いつものように千葉県松戸市にあるライブハウス OLINZ(オリンズ)へとたどり着いた
店の主であるファンキー利根川氏は日中、子供の運動会で綱引きに参加したそうで腕は真っ赤に日焼けして、手のひらにはマメを作っていた

さてこの日の出演は4組、予定とは順番が入れ替わったが順を追ってリポートしよう(敬称略)。

1.小林洋一

仕事の都合でトップバッターに入った彼だがバラードから入るあたりはタダモノではない。自ら「説教歌手」と言っていていつも時節柄の話をするのだがこの日は話が少なくていささか残念・・・でもアップテンポのナンバーを織り交ぜ目一杯曲に集中して聴かせてくれた~


         新曲「おかげさまの涙」は意味深く聴かせる良い曲です




2.小島千奈

毎週のようにOLINZのイベントに参加してバンドで歌っているそうだが、この日はオケヴァージョン。英語歌詞の曲を一曲ずつ丁寧に説明して情感豊かに歌う、パワフルさも持ち合わせている。聴くのは何度目かだがその度に成長した落ち着いたステージングを見せてくれている。


         オリジナルの新曲は明るいカンジでGood Feeling




3.THE FUN FACTORY

1月年頭の「まつどミュージックショー」以来の共演だがアラフォー世代のメンバーはみんな元気結成25年という年輪を感じさせる高度にまとまった演奏とヴォーカル須賀のにこやかでパワフルな歌声が会場の雰囲気を明るくさせていた。ドラムスがコーラスを加えていたが意外にもこの日が初めての試みなのだそうだ。


     お客さんからのアンコールにはギター一本弾き語りで応えていた。




4.わたくし、前田直弥
ライブ活動14周年記念ライブだが迂闊にも撮影をお願いするのを忘れてしまった・・・ステージの途中で気がついたが後の祭り・・・。まあ、いつも大して変わりばえしないからいいっか
新曲も演ろうと思っていたが例年通り古い曲だけでの構成にした。

1.どこまで行こうかな・・・(96年)
2.今まで此れから ・・・(98年)
これはレアだ!
3.時 間       ・・・(94年)
4.失うものはないはずだった ・・・(93年)
5.オレの歌道 ・・・・(05年)
間奏導入部歌詞の年数が毎年増える。
6.石ころの唄 ・・・(94年)
 
以上6曲、初めてのお客さんには何のこっちゃ?で申し訳なかったが個人的な思い入れで懐かしくも新鮮に歌ったよ
途中、THE FUN FACTORY のお客さん(女性)が申し訳ないけど用事があるので帰るからといってわざわざあいさつと握手をしていってくれた・・・ライブの最中にってのは初めての体験でした、でもアットホームで楽しいよね~
出演のみなさん、おつかれさまでした、ご来場のみなさん、どうもありがとうございました

自分にとっての記念だけどたまには昔の曲を歌ってみるのもいいね。気持ちよくまた新たな歴史を歩いていこうと思う。新曲はまた来月にでも演ります

しかし気分が良かったのはここまでで・・・帰りに外へ出てみると降ってる!マジか~。しかもJR武蔵野線が架線火災の影響で止まっていて動く気配なし・・やむなく南流山駅までタクシー移動・・・いきなり前途多難な気分にさせられたな~



    
コメント

Next Live:5月23日(土)OLINZマンスリーライブ 5月分

2009-05-18 | スケジュール
毎年5月のOLINZマンスリーライブはライブを始めたOO周年記念として今あまり歌わなくなった昔の曲を織り込み構成している。「初心忘れるべからず」という意味も込めて・・1995年5月の江古田マーキーでのステージに思いをはせつつ、オレにとって懐かしい曲、そして新曲も混ぜて歌いたいと思う



★イベント名:OLINZマンスリーライブ5月分 
  日 時:2009年月23日(土)19:00~ 
  場所 :Music communication OLINZ(オリンズ)
      千葉県松戸市西馬橋蔵元町125武藤ビルB1F
      TEL047-347-4664
       JR常磐線馬橋駅下車徒歩5分
      オリンズHP:
http://ameblo.jp/olinz/
  料金:¥2000円(1ドリンク付)
  共演:THE FUN FACTORY/小林洋一ほか
      出演時間45分



15年目も変わらずよろしく


コメント

5.10 E-JAM PRESENTS LIVE in アンの家

2009-05-12 | その他のライブリポート
中たつのりと連れ立って初めて北総線に乗り、西白井駅に降り立った・・・スーパーマルエツを見た瞬間、記憶が蘇ってきた。しかしおよそ8年ぶりくらいに訪れた「アンの家」は同じ駅すぐ近くだが店が移転していた

広さは前と同じくらいだと思うがオープンテラスの席もあってこちらの方が開放的でアジアンな雰囲気が味わえる
ひさびさマスターにあいさつしたら顔を見て「あっ!」という感じだった・・・そうお変わりもなく元気そうだった


さて、ここからE-JAM、スタート夕食がてらいらしていたお客さんたちを前にE-JAM主宰のはあと島田氏がごあいさつ

1.はあと島田

本日はソロでの出演。忙しく企画をして大変な中、でもいつもながら楽しそうだった。レイニーウッドのカヴァー曲がカッコよかったね。そしてこれもいつもながらイベントの盛り上げ役を担っていた



2.わたくし、前田直弥

そういえばそこのマルエツの前で機材持ってきてライブやって苦情(オレの歌ではない)出たっけ・・・などと懐かしい思い出を語りながら
1.ここまでやって来た  2.シンプル  3.LIVESONG  以上3曲、新店舗初お目見えで歌いました~



3.林家ペタ子

かの林家三平師匠の12番目?13番目?のお弟子さんで普段高座に上がる傍ら音楽活動もしているという落語家の方。観ている人を引き込むエネルギーと話術はやはりさすが・・・自作の曲も「中高年を元気づける」コンセプトのもと、等身大で笑いを含んだ楽しいものが多かった。盛り上げる力・・・勉強になりました



4.ムー

人前で歌うのはひさしぶりだという・・・若者っぽいさわやかな曲だがオリジナルにこだわる姿勢は素晴らしい。素直な人柄も感じられた



5.中 たつのり

毎度おなじみの中たつのり。この日は歌う前から終始リラックスした様子・・・彼もひさびさのアンの家だったがこの日のステージはギターと歌声のメリハリが効いていた。ヒゲはまた伸びていたが・・



6.YOSHIHIRO

カントリー調のフィンガーピッキングをマーチンD45(おそらく)のきれいな音色で爪弾くと実に心地よい。やさしい歌声も相まって癒される感じがします・・・年輪感じますね




7.浜田人志
珍しく撮影するのを忘れてしまいましてどーもすいません

吉田拓郎の「制服」をフルカヴァー、ハーモニカも入って素晴らしかった。この曲をカヴァーするあたり拓郎世代ど真ん中でしょうかチェリーカラーのハミングバードもカッコよかった



8.てつたろう

数日前アンの家にはバンドで出演したそうだがこの日はソロ。独特のハイトーンでキレのある声が印象的、押し出す迫力もある・・・はあと島田氏が松戸駅路上ライブで知り合ったというイチオシシンガーだそうだ。なるほど。


一回りしてまたこれからみんなで演ろうというところだったが電車の時間が迫っていて(北総線もなかなかに少ない)お先に失礼した・・・懐かしさと新鮮さがない交ぜになったこの日のイベントもいろんな人との出会いがあっておもしろかった
みなさん、ありがとう!おつかれさまでした

       アンの家店内にはマスターが旅して撮ってきた写真が多数
       飾ってある。本日は食さなかったがカレーがおいしいお店です



コメント

Next Live:5月10日(日)E-JAM in アンの家

2009-05-08 | スケジュール
昨年12月に初めて参加したライブ企画 E-JAM(イージャン)に再び参加する。E-JAMはこの5月で10周年だそうで東京・千葉などでずっとライブの企画を行ってきた・・・我々も「HEARTBEAT」というライブ企画を行っているが今は諸事情で休止中なので(今秋に復活予定)コンスタントに活動するのはなかなか至難の業なのだ
10周年おめでとう
今回の会場、千葉県西白井の「アンの家」はオレもその昔知人の紹介で何度かライブを演らせてもらったことがある懐かしいハコだ・・・実に8年ぶり・・・くらいかな。
当時は車で行っていたが今回は鉄道で行ってみようと思う。ひさしぶりに名物マスターに会えるのも楽しみだ、オレのこと憶えてるかなあ


   イベント名:E-JAM PRESENTS  アンの家ライブ
     日 時:2009年5月10日(日)19:30~
     場 所:カフェレストラン&ライブハウス アンの家
          千葉県白井市清水口1-1-8
         TEL 047-492-3020
         北総鉄道 西白井駅下車徒歩1分
     アンの家HP:
http://annoie.jp/
     料 金:通常オーダーその他投げ銭
     共 演:はあと島田/浜田人志/林家ペタ子/小田 幸
          YOSHIHIRO/中 たつのり/ムー/てつたろう
     出演時間:未定


前回「E-JAM若夏」のときの画像

コメント

新曲 『イメージカラー』

2009-05-02 | 新曲情報

この曲も曲だけできていて詞がなかなか思ったように乗らなかったのでしばらくペンディングしていた曲だ。サビの部分の歌詞が思い浮かんでからは結構素早く形になってきて・・・ひとまず完成。(後に添削するかも)
いろんな色を持ったものに囲まれて暮らしている我々だが心情=心の色もその時々で様々だ。一般に気分がよいときは明るい心の色、沈んでいるときは暗い色、今の状態で未来の色まで予測してしまう(お先真っ暗(黒))とかね・・・でも過去も未来も現在も心の色は自分で決められるんだよね。そういうことを伝えたい曲です・・・貴方のイメージは何色ですか?



              イメージカラー

         あんなにも悲しくて 流した深い涙色
         さわやかに乾かした 風は 緑色
         悩んでいたときは 灰色にすべてが見えていた
         過ぎ去れば 明け方の 茜色が癒す
         生きることはたくさんの 色に彩られて
         とどめておくものを 選ぶこともできる

         たった一度だけ 自分色に染め上げた
         ただ一遍の物語を 作っていきたい


         君がいて 微笑んで 浮き立つ心は バラの色
         去っていった 淋しさは 暗い闇の色
         木枯らしに揺れている 懐かしい思い出はセピア色
         くりかえす 明暗は 虹色のネオンサイン
         心は時々に 色が重なりあう
         過去さえ好きな色に 塗り替えられる

        *たった一度だけ 自分色のイメージで
         ずっと最後まで その絵を描き上げていきたい
   
          *REPEAT

          09.6一部改訂



ひさびさの本格バラードかな。

コメント