Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

9.21 OLINZマンスリーLIVE リポート

2008-09-24 | オリンズ
台風も去ったというのに一日空けてまたこの日も雨・・・しかも千葉県松戸市にあるライブハウス OLINZ(オリンズ)に向かう夕方はこの地区は土砂降り!ギターケースを濡らしながらようやくたどり着いた
この日の出演は豪華5組、初めての組もあるので楽しみにしていた~。順を追って紹介しよう!(敬称略)。

1.阿蘇品 青(あそしな せい)。


初めに会ったときはリーゼントだったと思うが今はロングヘアーになりかけている・・・歌は変わらずの気持ちをブツけてくるような彼独自のパフォーマンス。


2.TeaFor2(ティーフォーツー)。


オリンズのファンキー利根川がドラムスでアシストする彼の先輩バンドはちょっとオールドっぽいロックなサウンドで演奏レベルはかなりなモノ・・・身近なことを題材にする作品性もGOOD!楽しめた


3.高橋和幸&JJ


すっかりおなじみになったこのコンビでゆく夏くる秋を表現。「まつり」で盛り上がりそしてしっとりとしたナンバーも繰り出すんだ


            途中、ソロでハープと歌声をブルースするJJ


閑話休題。音とライティングをつかさどるポーカロー。



4.石岡タイガース


初登場!と思ったらVo&gは昔から知り合いのRAGBOPSのテルだった。
初登場!と思ったらこのバンドはベースのヒラタが大阪へ帰るために今回で解散だそうだ・・・・残りのメンバーで再生を誓う


ブリティッシュなロックナンバーのカヴァーと怪しい出で立ちで仕切るテル


5.前田直弥


トリで登場はひさびさ画像があるわたくしでございまーす
1.シンプル 2.HEARTBEAT 3.夏の記憶 4.蜃気楼 5.Radiance 6.ひまわり 石岡タイガースの藤井(テル)がわざわざオレや高橋に姿を見せたくてブッキングしたというから予定曲を変更して 7.蒼  で気合を入れて返礼してやったー



以上、総勢5組の豪雨の中のライブ(屋内だけど)は無事終了。帰りに表に出てみると雨はすっかりやんでいて心と同様に洗い流されてるようだった

コメント

9.19 時夢創屋コンサート リポート

2008-09-22 | その他のライブリポート
茨城県行方市(旧玉造町)にあるログハウスレストラン時夢創屋(トムソーヤ)では毎月第1,3金曜日に定期コンサートを行っている。台風13号が近づいているこの日そのコンサートに参加した。
その企画に合わせて来店する方もいらっしゃるがただ普通に食事に来る方もコンサートが始まると注目!時夢創屋の総元締め荒井一美さんが歌声を披露、数年前にオレが作詞した霞ヶ浦浄化イメージソング「君はいつもそばに」をはじめ幅広いカヴァー曲を聴かせてくれた~


忙しい社長業の合間に地道な音楽活動を続ける 荒井氏。


そしてわたくし 前田直弥。最近撮影しなきゃな~と思いつつも億劫になっている、この2枚しか撮ってないのだ!反省します
それでもライブはGOING!MY WAY!久しぶりのこのお店の雰囲気を噛み締めつつしっかり歌いましたよ
1.HEARTBEAT 2.さすらい 3.夏の記憶 4.雨の匂い 5.LIVESONG ほかここから特別にカヴァー曲のオンパレード、思いつく限り、随分と歌ったね♪

途中からこの近くに住むプロオカリナ奏者の野口喜広さんが遊びに来てくれてハーモニカやジャンベ(打楽器)で参加してくれて盛り上げてくれた~


まんまるい月琴も携えてきた 野口さん

その後はいつものお決まりお客さんも交えての歌合戦大会2年前も来てくれたの常連さんのギターの伴奏もしまして遅くまで楽しんで台風の余波の雨の中、無事帰りましたとさ
わざわざとなりの鉾田市からバスでいらしたというお客さん、食事に居合わせたお客さん、お店のオーナーせっちゃん(荒井さんの母上)、スタッフのみなさん、どーもありがとうお世話になりました~
コメント (2)

9.14 アルナマックハウスLIVE14 リポート

2008-09-17 | アルマナックハウス
さらっとした心地よい夕暮れの秋風に吹かれて千葉県市川市のライブハウス アルナマックハウスへと向かった。そこへは二年以上通っているが今回はまた違うルート開拓、TXみらい平~北千住~町屋~京成市川真間というルートで初めてお店のドまん前にある市川真間駅に降り立った。何か気分よかった~

さてこの日の出演は5組、敬称略でご紹介しましょう
まずは前回共演して今回はお店でアルバイトしているご近所のウッディー田所がマイスターに代わって口切・・・飄々とした持ち味がいいね!


前回に続いて聴けた、ウッディー田所。


1番目、なんとオレと同じ「つくばみらい市」から来ているという DAISUKE。最近奥さんの実家に引っ越してきたということで地元に知り合いがいないのでマイスターがブッキングしてくれたらしい・・・ノリのよい明るいキャラクターでステージをこなしていた。地元でまたよろしく!


アクシデントも歌にすりかえるノリの DAISUKE。


2番目、わたくし前田直弥ですが・・出演順番を間違えていて焦ってステージへ向かったため撮影をお願いできなかった~そのため今回は画像なしです
1.シンプル 2.HEARTBEAT 3.夏の記憶 4.蜃気楼 5.ひまわり 6.LIVESONG  以上6曲 気合入れて歌いました~、こちらも気持ちよかった。


3番目、佐藤庸介。オレのD-35と同じ年代のマーチンD-28(ハコ鳴りしている)を駆る若きシンガーは練習不足だと言っていたが直前に覚えた即興的カヴァー曲などを歌い、話も面白かった。最後のオリジナル曲はやっぱ伝わるね


富士登山の話がおもろい 佐藤庸介。

4番目、遊泰寛ユニット。ヴォーカル&ギター遊泰寛とリードギターTakama(後で聞いたら親子だそうだ)、そしてキャラも際立つ、ドブロウ&マンドリンあべのトリオ。やさしくも切ない旋律が印象的で三声のハーモニーも綺麗でした


コンビネーション抜群の遊泰寛ユニット。

一際観客の耳目を集めたのがドブロウとマンドリンを持ち替える あべとしひこ。曲を引き立たせる確かな演奏にはうならされた~


明るいキャラクターの名手あべとしひこ。このあと仲良くなってメール交換した。

5番目最後は永世玉来。キャロルキングのカヴァーを中心にのピアノ演奏はリズミカルでソウルフル。友達が作詞した曲もよかった。時間の都合で最後まで聴けなかったのが残念。でもまたよろしくです。


おしとやかな中に熱いモノがうかがえる 永世玉来。

以上5組+1の豪華なライブで音楽を堪能しました~。出演者のみなさん、ご来場のお客さん、そしてマイスター おつかれさまでした。そしてありがとう
コメント

9.13 稲葉 浩&高木 克ライブ 見学

2008-09-16 | 見学

九州は唐津から2年ぶりのツアーでやって来た 稲葉 浩さんのライブを土浦のライブハウス COUNTRY(カントリー)に観にいった
15年前まで10年間つくばに住んでいた稲葉さんは「29BAR」を中心に音楽を根付かせていって、その頃の後輩たちが終結、スピリットを確かめ合っていた
GUILL0TINES (ギロチンズ)が先陣を切り、フーチーロッカーズが続いたあと、

BOTTLE BABY’Sが大音量の3ピースのカッコよさを見せつけて・・・


ギタリストとしてツアーに参加している高木 克(EX shady dolls )がソロでシブくロックナンバーを歌い、

稲葉 浩登場相変わらずの迫力ある低音のヴォーカルで骨っぽい男の唄をじっくりと聴かせてくれた~


高木 克の冴えわたるリードギターとのコンビもバッチリ、仲間とのアツき夜は更けていったのであったー
15日高円寺「稲生座」でのライブを終えて単身唐津へ帰るという。気をつけて~またよろしくです
コメント (3)

Next Live:9月のライブスケジュール

2008-09-12 | スケジュール
9月も中旬にさしかかろうというところだが月中旬にかたまっているライブの予定をご紹介しまーす

イベント名:アルマナックハウスLIVE 14
  日 時:2008年9月14日(日)19:30~
  場 所:アルマナックハウス
       千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
       京成線市川真間駅新田5丁目出口すぐ中華ふーみん2F
   TEL047-323-7271
   料金:ライブチャージ700円(他通常オーダー)
   共演:  永世玉来/佐藤庸介/遊泰寛
   アルマナックハウスHP:
almanac-house@k5.dion.ne.jp




イベント名:時夢創屋(トム・ソーヤ)定期コンサート
  日 時:2008年9月19日(金)20:00~
  場 所:アットハートレストラン時夢創屋
      茨城県行方市浜370-1
      TEL0299-55-0404
      料金:お店のオーダー他投げ銭あり?
      共演:荒井一美ほか
      時夢創屋HP:http://www.a-1group.net/tomsawyer/index_t.htm
 ピザとスパゲッテイのおいしいお店で毎月第1、3金曜日夜に行われているライブに参加予定。こちらで歌うのは実に2年半くらいぶり・・・カヴァーなども取り混ぜて楽しく演りたいね


イベント名:OLINZマンスリーライブ9月分 
  日 時:2008年9月21日(日)19:30~ (OPEN18:30)
  場所 :Music communication OLINZ(オリンズ)
      千葉県松戸市西馬橋蔵元町125武藤ビルB1F
      TEL047-347-4664
       JR常磐線馬橋駅下車徒歩5分
      オリンズHP:http://ameblo.jp/olinz/
  料金:¥2000円(1ドリンク付)
  共演:TeaFor2/阿蘇品青/高橋和幸&JJ

すっかり秋めいてきましたが夏の残り香~秋の夜長を音楽で楽しみましょう。がんばりやす
コメント

9月13日(土)稲葉 浩&高木克ライブ in COUNTRY

2008-09-08 | スケジュール
佐賀県唐津市から「玄海の唄うたい稲葉 浩さんが2年ぶりにやって来る。今回は相棒ゲストの高木克氏を引き連れて相変わらず男の骨っぽいロック魂を見せてくれるだろうか、楽しみ!迎え撃つは「29BAR」時代からの後輩、地元BOTTLE BABY’S(ボトルベイビーズ)ほかだ。ツアーでの土浦凱旋ライブは熱い夜になるだろう・・・見逃すな

稲葉 浩HP:http://www5c.biglobe.ne.jp/~ina-hiro/index.html#home

  イベント名:稲葉 浩&高木克ライブ
     日時:2008年9月13日(土)18:30~
     場所:COUNTRY(カントリー)
        土浦市港町1-6-15   TEL029-826-7040
         JR常磐線土浦駅東口下車徒歩3分
        COUNTRY サイト:http://www17.plala.or.jp/country7040/
     料金:2000円1ドリンク付
     共演:フーチーロッカーズ
         GUILL0TINES 
          BOTTLE BABYS


稲葉 浩氏(2006年のライブより)



BOTTLE BABY’S(2006年のライブより)

コメント

8.30 OLINZマンスリーLIVE リポート

2008-09-01 | オリンズ
このところ続いている「ゲリラ豪雨」をかいくぐり千葉県松戸市のライブハウス OLINZ(オリンズ)へとたどり着いた。ゆく夏を惜しむこの夜のライブは平日夜に開かれている老舗イベント「アコミ(アコースティックミーティング)」新旧参加者の顔ぶれとなった。(新)松原りゅうじ・MINTほか (旧)小林洋一・前田直弥という感じ。 敬称略にて紹介いたします

先頭は小林洋一。10年くらい前のアコミは週2回開かれていたが水・木両日ともかかさず参加していた大御所だ。この日はのっけから気合入りまくりのステージを展開、聴く人をみな唸らせていた。


淡々とでもアツく歌う・・・小林洋一

彼のブログ(ブックマーク参照)も絶好調で(コメント数がスゴい)それを通じてライブを観にきたお客さんもいた。奥様も撮影に録音にとがっちりサポート


この日のナンバーはベスト曲集とも言える選曲でした~

2番目、松原りゅうじ。現在アコミに参加し、レギュラーまで昇りつめてきた若手のホープのライブはスガシカオのカヴァーライブ


KIYOSHI     &      松原りゅうじ    

急遽、お昼の営業帰りに駆けつけた KIYOSHIがベースで特別参加。メロウなシカオナンバーにアクセントを付け、松原も楽しそうに歌っていた

3番目、わたくし前田直弥。アコミには小林さんと同時期に仕事終わりのついでに回っていったり、新曲ができたら試しに歌いに行ったりちょこちょこ参加していて今となっては思い出深いな~

この日は「雨に負けるな!」と気合いを入れてみました(内容とは特に関係はない)。
1.シンプル 2.HeatBeat  3.小林さんがブログ上で気にしてくれた・・・二人で行こう  4.夏の記憶  5.Radiance  6.碧き空の果て 

           変わったアングルからの撮影はポーカロー氏


4番目、MINT(ミント)。現在のアコミを引っ張るキーパーソン。彼?彼女?の情報によるとこのところのアコミは上尾からの参加者たちが熱く、千葉VS埼玉の様相を呈して盛り上がっているという。今宵のライブはというと未発表だった曲とおなじみの曲を交え、アリスへのロールケーキ贈呈式(何のこっちゃ)など楽しい内容でした


お話も楽しい MINT。コメントサンキュー!


5番目、そのMINTがベースになって流れを汲む、アリスと愉快な仲間たち 。先月もご一緒したが今回はサックスのアキさんがお休みだそうだ。でもいきなりアリスの衣装で度肝を抜かれた~、白装束の着流しに赤いエナメルベルトが摩訶不思議感


またまたクドいようですが・・全員男です。

曲目は幅広いジャンルから聴き覚えのあるナンバーをきちんと演奏、歌いまーす
「夢芝居」の妖艶さ、「雨上がりの夜空に」のノリの良さがGOOD

   コンセプトは妖怪?のアリス

今回は新曲として「ゲゲゲの鬼太郎」を披露してくれたがこのギターアレンジがスゴい涙が出るほど笑い・・・そして感動


「ゲゲゲ・・・」のアレンジ、サイコーのテッシー


帰りの都合で最後まで聴けなかったが楽しませてもらいました。
出演者のみなさん、ファンキー利根川&ポーカロー、来て頂いたお客さんたち、そしてお昼の営業後駆けつけてくれた大島ヘブンさん、ありがとう!おつかれさまでした。・・帰りは掻い潜れず雨に降られてしまいましたとさ・・。

コメント (3)