Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

新曲  『さらり』 改訂版

2009-04-27 | 新曲情報

昨年作った「さらり」という曲がある、何回かライブで歌ったがなぜかあまりしっくりこなかった。自然と歌わなくなって「お蔵入り」しそうになっていたのだが前奏のベースランニングする所とサビの部分はけっこう気に入っていたのでもったいない・・・・そこでこの度大幅改訂してみました
マイナー前奏から始まってメジャー調に変化するところをやめ、全面マイナー調に統一、歌詞もサビ以外この曲の基本に流れるメッセージはそのままにすべて書き直した。
さあ、再び「お蔵入り」せずに歌われてゆくか、これからが勝負どころだ



さらり

今 オレ達の心をくじくものは一体なんなのか?
いつのまにか あの若い頃の 純粋な輝きはくすんでいる
まとわりついてきて ドロドロ淀んでる 世間の垢をここらへんで
*さらり さらさら さらり さらさら 流してゆく

今 オレ達の行く手を阻むものは一体なんなのか?
先が詰まった閉塞感で 未来に希望など無いという
右肩下がりの時代だとしても 隙間を探してつたってゆく
さらり さらさら さらり さらさら 流れてゆく

今 オレ達の力を奪うものは一体なんなのか?
やりきれなさを ひとつ飲み込む度に
弾んでた心は 固まってゆく
とめどなく降りかかる じめついたニュースを
右へ左へ 受け流し
さらり さらさら さらり さらさら 流れてゆく

*REPEAT



コメント (2)

4.18 OLINZマンスリーライブ リポート

2009-04-20 | オリンズ

天気が良くて、暖かい。まさに春の行楽日和のこの日マンスリーでライブを行っている千葉県松戸市のライブハウス OLINZ(オリンズ)に向かった。
3週連続のライブの最終日、また気合を入れて歌おう

OLINZではこの日中、印西市のショッピングセンターBIGHOPで出張の野外ライブを行ってきたということだ。その時は女性シンガーばかりの出演だったということだが夜の出演者は男ばかり・・・ま、慣れているけどね

1.中 たつのり

おなじみ中 たつのりは2カ月に1回のペースでOLINZLIVEに復活してきた。地元に近いし昔からの馴染みの顔なので彼の復帰はとても喜ばしい
この日もメッセージ色の濃いオリジナルナンバーをじっくり聴かせてくれて・・・得意の「あと2曲」フレーズも飛び出したよ

当人は「サイコーにいい気分で歌えた」と言っていたそうだがステージの後飲酒して眠りこけてしまっていた・・・・お疲れなんだね



2.MINT

男ばかりの中でもなぜか華やかなのは MINT。仕事が遅れて会場入りはドタバタだったそうだがこの日はギターを2本持参、青いレスポールモデルはいい色で似合っていた

そしていつものGodinのギターに持ち替えて「あと5分」とか馴染みある曲とhideの曲も披露してくれた~。「運転中の化粧は危ないからやめましょう!」と注意を促していた



3.わたくし、前田直弥

先月のライブを録音したところ、間違いだらけだったので今回はそのリベンジに燃える。曲のラインアップも最後の曲だけ代えただけの  1.シンプル  2.HEARTBEAT 3.雨の匂い 4.秘すれば花  5.のんだくれ2009  6.蜃気楼  7.願い願う  以上7曲。今回はたいしたミスもなくバッチリOK!う~ん充実


撮影協力 ミーロンさん


この録音盤(MD)を昔から応援してくれているある方に差し上げるつもりで録音したのです



4.高橋和幸

先週も越谷で一緒だったこちらもおなじみの高橋和幸はこの日はソロで出演
ユニットとは違う彼の作品を多く取り入れた構成でいつも通り元気よく「弾き叫び」していた。


はい、今日も元気印ですね~

今日はスタート時間が遅くなっていたので電車の時間が迫ってきていて最後まで聴くことができなかった・・・スンマセン

いち早く退散してしまったけど出演者のみなさん、おつかれさまでした。ご来場のお客さん、ありがとうございました。OLINZの店長ファンキー利根川氏、録音良い音で録れてました、サンキューベリーマッチ
こうして男ばかりでしかもオヤジ(MINTも入るのか)たちの宴の夜は更けていった。おしまい

コメント

4.12 ベラフPRESENTS LIVE in あき爺  リポート

2009-04-14 | その他のライブリポート
今回初めてライブをするハコは東武伊勢崎線大袋駅近くの線路沿いにある あき爺 という場所だった。前情報もあまりなく名前から察して居酒屋かなと思っていたが立派な設備のスタジオも併設するれっきとしたライブハウスでした、失礼っ

主催するベラフ氏が集めたメンバーは全8組。このライブのもようを順を追って紹介しよう!(敬称略)

1.HASUMI

女子大生シンガーの彼女は等身大の思いを歌にして思いっきり発表!歌声もハツラツとしていたしMCもなかなか堂に入っていて落ち着いていた。ベラフ氏イチオシだ。


2.森田智子

巫女姿?で登場してあっと驚くパフォーマンス。ギターを叩いたり、琴のように弾いたり1曲としてそのまま弾かない工夫と笛や鈴など小物も出てくる出てくる・・・歌声はパワーと神秘にあふれる伝統美系。その存在感が強烈に刻み込まれた。



3.グラス

左からテイラー、オベーション、ギブソンのトリオギターの自称オヤジバンド。アリスやaikoなど多彩なナンバーを圧倒的な音量で盛り上げてくれた~



4.高橋和幸&JJ

地元が近いインパクトシンガー高橋とイキなブルースハープのJJで生き様のメッセージを叩きつけた~!その姿勢と安定したギターワークを後にあき爺のマスターが絶賛していた



5.は こ

年季の入った女性フォークシンガーは音量大きめの出演者たちの中、淡々と自分の世界を繰り広げる。ひとしきり時代を渡った者は流されることなくマイペースを貫けるのだね


6.リヨコ

女性ヴォーカルとベースのユニット。やや低音域で声量豊かな歌声はピアノの音色と共にジャズブルースの雰囲気を漂わせる。スローでもハードでもこなせるリズム感がOK!ベースプレイもノリがGOOD



7.わたくし、前田直弥


撮影はミーロンさん

近くに住む友達のY君が仲間を引き連れて来場してくれたのでハリキリマッスル
1.シンプル  2.HEARTBEAT(ハープJJフーチャー) 3.秘すれば花  ここで出ましたみんなで歌おう!4.のんだくれ2009  5.蒼  以上5曲。
飛び交う友達のヤジもひさびさでうれしかったね
会場の広い空間に響く声の感覚とモニターの音のバランスが良くて気持ち良かった。



8.ベラフ feat バッテン太郎


さあ~ラストは主催の頭目ベラフ師匠とバンドで組んでいたギタリスト バッテン太郎で〆ていただきやしょう。ロックテイストの効いたナンバーにロッカバラードも交え、さらにいつものおもしろ小噺も交え、ベラフ色満載でライブのトリを飾ってくれた~
リードギターの音もクリアで良かった


お客さん N氏




     お客さん  A氏

と言ったわけでスムーズに進行してこの第1回ベラフPRESENTS LIVEも盛況のうちに終了~ご来場のお客さん、会場のスタッフのみなさん、あき爺のマスター高橋さん、ありがとうございました。出演者のみなさん、そして主催のベラフさん、おつかれさまでした


そしてこの後、打ち上げでセッション大会。マスターも参加してトランペットは出るわ、アコーディオンは出るわで有志の出演者と盛り上がっていた

コメント

4.5 アルマナックハウスLIVE リポート

2009-04-06 | アルマナックハウス

ウチの方はまだだが東京は桜が満開宣言テポドンも日本上空を過ぎ去っていったこの日、千葉県市川市のアルマナックハウスでのライブに向かった。
さすが春本番、手袋など防寒装備なしで自転車にも乗れ、暖かさに感謝しながらJR市川駅に到着。すると本日共演予定のエルさんが駅前の路上で歌っていた・・・前回は知り合う前だったが今回はお知り合いになっているので「おつかれさまです。」と一言ごあいさつ・・・・今日も気合が入っているエルさんでした。


彷徨うホーボー達の家



さて、本日の出演者は野郎(男)ばかりの総勢4組。それに加えてお店の主、マイスター鈴木が古きフォークソングでオープニングアクションを飾ってくれた


毎回ギターが違うマイスター




1.佐藤庸介


2回目の競演となるがカヴァー曲とオリジナル曲を取り混ぜてジャンルに縛られず歌いたい曲を自由に選曲しているのが新鮮だ。何と言ってもこの日は「走れ正直者 by西城秀樹」がインパクトがあった・・・こうして聴いてみるとなるほどいい曲だ。オリジナルも良かったよ。東京のド真ん中、日本橋に住んでいるそうだ。


2.エ ル


こちらも二度目の競演となるが淡々とそして熱いメッセージが印象的。前出のように駅前で歌ったり、話の中にも音楽を楽しんでいるという雰囲気がいいです
素肌にウールセーターは発汗しても体が冷えないというこぼれ話はためになりました。しかしこのミラーボールのような帽子は一体どこで売っているのだろう


3.わたくし、前田直弥


丸3年となるここアルマナックハウスでのライブは当時と同じ桜色のセーターで登場してみた。ここで演るのは数えて17回目となるのだがその間、いろいろあったが過ぎてみるとあっという間な感じがするね。人生もそんなものかも・・・(深イイ
1.シンプル  2.HEARTBEAT  3.秘すれば花  4.のんだくれ2009  5.蜃気楼  6.旅はまだ続く  以上6曲を熱唱


撮影はたつのり。


振り返りつつもまた新たな気持ちで歌っていきたいと思います。よろしく
ちなみにギターは今回ヤマキYW40を持っていった、ギターに詳しいマイスターに見せたかったのだ、年代の割りの綺麗さに驚いていた



4.中 達範


毎度おなじみ酔いどれシンガー、たつのりはステージ前にガバガバ水割りを飲んでいた。緩めのテンションでいつも通りのメッセージ色濃いナンバーを披露、テポドン飛来を受けて戦争に関する曲「サイレン」も歌った。
ヒゲを剃っていなく自分で「カールのおじさん」だと言っていた


最後はまたもや・・・マイスターによる「グッドナイト・アレン」いつもの味のある歌声で締めた


アルマナックハウスにしては静かなのんびりとした春の夜でした~。
それにしても駅からの途中にあった料亭の庭に咲く桜は満開で美しかった・・・デジカメ持ってるんだから撮ればいいのに・・・頭回りませんでした。グスン。


コメント

Next Live:4月のライブ予定

2009-04-01 | スケジュール

少しインターバルを置いてましたが・・・いよいよ春本番!4月からいきますよ~。まだ情報が不足しているものもあるけどとりあえず4月3連発褌のヒモを引き締めてがんばります


★イベント名:アルマナックハウスLIVE 17
  日 時:2009年4月5日(日)19:30~
  場 所:アルマナックハウス
       千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
       京成線市川真間駅新田5丁目出口すぐ中華ふーみん2F
   TEL047-323-7271
   料金:ライブチャージ700円(他通常オーダー)
   共演:中達範/佐藤庸介/エル   出演時間40分
     アルマナックハウスHP:almanac-house@k5.dion.ne.jp
    アルマナックハウスもお世話になってもう丸3年、当初AWAYのつもり
      だったがいつのまにかHOMEの気分。多数いる共演者もほぼ一回り
      したかな・・・・変わらず、しかし新たな気持ちで歌いましょう



★イベント名:(仮)ベラフ&FRIENDSライブ
  日 時:2009年4月12日(日)17:30~  開場17:00
  場 所:あき爺
       埼玉県越谷市袋山
       TEL048-979-0110
       東武伊勢崎線大袋駅下車踏み切り渡って線路を左、
       細い路地300m先右側
  料 金:1500円+1ドリンク500円
  共 演:ベラフ・高橋和幸&JJほか全8組予定
       出演時間30分内
       
このところイベントなどで顔を合わせる三郷の首領、ベラフ氏
       企画のライブ。居酒屋?に集うベラフグループのツワモノ共と
       対バンで埼玉県に乗り込みやす
      
  


  
★イベント名:OLINZマンスリーライブ月分 
  日 時:2009年4月18日(土)19:00~ 
  場所 :Music communication OLINZ(オリンズ)
      千葉県松戸市西馬橋蔵元町125武藤ビルB1F
      TEL047-347-4664
       JR常磐線馬橋駅下車徒歩5分
      オリンズHP:
http://ameblo.jp/olinz/
  料金:¥2000円(1ドリンク付)
  共演:未定
      出演時間45分
     
先月ひさびさMDにライブ録音したのだがミステイクだらけ
      今回はそのリベンジといきましょうか~



待ちわびていた春到来

コメント