Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

5.5 ミュージックピクニック in 芝畑 『泳げ鯉のぼり』2019 リポート

2019-05-06 | ミュージックピクニック芝畑

今年のGWは史上最長の10連休と言われて(オレはほとんど関係ないが)その9日目のこどもの日、毎年5月と9月に行われているミュージックピクニック・・・5月のタイトルは「泳げ鯉のぼり」だ。 

 すのっぶのまだむが企画・制作して、芝畑の地主、酒井さんのご協力によって今回も開催! 


まさに5月晴れの天気の中会場に到着~!鯉のぼりも元気に泳いでいる

 今回はいつもよりスタート時間が早いので早めに準備開始。


例によって酒井さんご提供のトラックのステージと鯉のぼり用のユニック車が並ぶ、ありがたいね


みんなで客席用のテントを張ったり、販売用に惣菜作り、そして音響機材セットして~


本日のスケジュール。やぐりんさんは腰痛?でお休みでした

なんだかんだで約40分遅れで~

 
まだむのMCにてライブスタート

 
可児さん担当の販売コーナーも開店!やきそばもこのところトモヒコさんはじめ酒井さんご一家におまかせして出来上がり!
各種お惣菜(混ぜご飯・いなりずし・厚揚げみぞれ煮・漬物etc..)も無尽蔵のママさんが指揮・調理してくれている。みなさんに感謝!
子供に大人気のおもちゃコーナーもあり。

 

1.わたくし、前田直弥


午前中から元気にいきますぜ!珍しく今回は童謡メドレーを組み込んでみました。画像提供ははちろうくん

1.HEARTBEAT
2.こいのぼり~背くらべ
3.Dramatic Journey

そして前夜急遽決まった


TELとのコラボで

4.熱 烈
5. 蒼 (ニジャスノヴァージョンパイロット版)

12弦ギターで絡んでくれた、ありがとう!早々と来て聴いてくれたみなさんもありがとう!

 

 2.はちろうはじめ


芝畑初出演。知り合ってしばらく経つけど彼のステージを見るのは初めてだ・・詩人のような朴訥だけど激しさを秘めた歌詞をボリュームのある歌声で表現していた。

 
この角度から見ると完全にトラックのステージだということがわかるね

 

3.岐咲芯一


初出演の人だと思いきやステージに上がった姿を見たら、あれ?植竹さん?・・最近芸名に切り替えたということでした。しかし歌声&曲調は変わらずフォークソングをやさしい歌声で聴かせてくれたっ

 
日差しも強くなってきたが風はちょうど良い感じで吹いていた。

 
TELと愛娘、愛ちゃん。大きくなったね~。

 

4.半仁門(はんじんもん)


病欠のやぐりんさんに代わり2日前に出演決定したという半仁門くんは大道芸さながらの出で立ちでステージではなく芝生の上に立つ

 
ワンマンバンドで14種の楽器を操りながらフォルクローレの曲を中心に歌も入るよ!観客はその芸に見入っていた

 
こどもの日だからね、子供たちも元気に外で遊ぶ

 

5.オッチィ&ヒロシ


オッチィ(vo)とヒロシ(EG)の独特のコンビネーションで洋楽ナンバーを聴かせてくれるが今回はめずらしく日本語の「涙をふいて(三好鉄生)」も入れて勢いよく轟かせていた!

 

 6.東鶴&きんとと


毎回のようにご一緒している講釈師東鶴さんと鍵盤使いのきんととさんのコンビは今回も話術と懐かしい昭和歌謡のパフォーマンス。曲により変わるピアニカ・アコーディオン・ピアノの音色に乗せて学生服のようにきっちりした歌声が流れてきた。

  
今回初挑戦の東鶴さんのサックスで「夜霧よ今夜も有難う(石原裕次郎)」も

 
強い日差しなのでテント席が人気でした

 
鯉のぼりをつかんで引っ張る子供たち

 7.憂児(フーチーロッカーズ)


最近すのっぶでもライブを行っている彼もたぶん芝畑は初登場でしょう。歌声もギターもロックの雰囲気でメッセージを放っていた

 

8.高橋賢一


芝畑初登場の彼とも知り合いだったが歌を聴くのは初めて、それもそのはず本職はドラマーで弾き語りは比較的最近始めたそうだからだ
ブルース調の曲にのせたオリジナル曲の歌声は激しく突き刺さるよう、とてもキャリアが浅いとは思えない感じだった~

 8.Sand Rose


音楽ライブの中で雰囲気が切り替わった4名の女性たちのダンスはその衣裳もひきたって艶やかでしなやか

 
食い入るように見る観客たち①。


食い入るように見る観客たち②。

 
かなり注目を浴びていましたね!

 
この頃は風も強くなり大きくたなびく鯉のぼり

 

9.春妃


北海道出身の彼女も最近すのっぶでライブを行っているという。カヴァー曲もオリジナル曲もその歌声はさわやかで良く通りまさに春の野外にぴったりマッチしていた!

 

 10.畠山智行


こちらも芝畑初出演、津軽弁で歌うことが特長のステージスタイル。その曲目はバラエティに富んでおり「ボヘミアンラプソディー(クイーン)」から「ふるさと」まで・・・パワーのあるヴォーカルも印象的でした。

 

11.Rose


横浜から何回も芝畑には参加しているRoseさん、意外にも「泳げ鯉のぼり」は初めてだとか、いつも「秋場所」の方だったのね。それでも秋と変わらず明瞭なヴォーカルとオーディエンスを引き込む力でコール&レスポンスで会場を盛り上げてくれた~。

 

芝畑シスターズ


いつもは最後に歌&あいさつの地主さんのお孫さんと近所のコ、そして遊びに来たコたちも混じって総勢5名でまだむ演奏で「こいのぼり」を歌う!

 
毎回イベントにかわいいアクセントをつけてくれている、ありがとう!

 

12.TEL


ラストは朝から会場入りしていたTEL。日曜夕方だから「笑点のテーマ」からAKB、そして本チャンのラグタイムでギャロッピング!その指使いにみんな注目していた。

 
最後は愛ちゃんと父娘共演の「バイバイブルース」、ちゃんと覚えて元気よく歌ってた!愛ちゃんすごーい!よくできました

 
イベント最終盤には子供たち初めて来た子もみんな集合で仲良く遊んでいた

 
可児さんの売店、食べ物はすべて完売!おつかれさまでした。売り上げの利益は災害被災地に寄付される予定です

 最後の最後は・・・


まだむの「この街から」をTELとRoseさんでサポート

 


♪この街で出会い~この街で暮らし⇒この街からはじめようのリフレイン、みんな盛り上がって今年の「泳げ鯉のぼり」終了~!

 


最後まで子供たちは芝畑を駆け回っていました、超元気!この光景がEEね!

地主の酒井さん、ご一家のみなさん、そして協力してくれた方々に感謝です!
出演者のみんな、ご来場のお客さんたちもありがとうございました。

そしてまだむ、大変おつかれさまでした!次回「秋場所」は9月15日だそうです・・もう決まっているのね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新曲 『強 烈』 | トップ | Next Live:5月19日(日)... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リポートありがとうございます (sony)
2019-05-06 21:37:45
前田さん、ライブリポートありがとうございました。
写真見ながら読んでると、実際に行ったような感覚になりました。
sonyさんへ (708)
2019-05-07 08:00:35
コメありがとうございます。そう言っていただけるとブログを書く励みになります!

コメントを投稿

ミュージックピクニック芝畑」カテゴリの最新記事