湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

富岡直木三十五邸跡

2018-10-11 21:52:11 | 文学
昨日の富岡吟行では、こんな所も訪れました。

現在は慶珊寺駐車場になっていますが、直木賞に名を残す直木三十五が晩年(昭和8~9年)を過ごした家が建っていた場所です。

アプローチには自ら設計した家の間取り、内部の写真、こだわりポイントを説明するパネルがあります。

入口付近に、昭和35年に建てられた直木三十五文学碑が。当時の文藝春秋社長の書で、彼が随筆に書いた「恋は短く、貧乏は長し」を「芸術は短く…」に変えた碑文が大きく刻まれています。アレンジするのってアリなんですかね。
直木の忌日南国忌にちなんだのか、文学碑の向かい側にはバショウの木がありました。そこで一句。
更地への坂の途中に破芭蕉(やればしょう)
ジャンル:
作家
コメント   この記事についてブログを書く
« 富岡旧川合玉堂別邸 | トップ | 湘南句会月1回に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文学」カテゴリの最新記事