湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

TAKフリマ今日の午後4時まで

2014-08-31 10:08:24 | イベント
フリマ開店しました。予報に反して意外と降られずに2日間限定で今日までやっています。
今日の昼ごろまでにhttp://www.ustream.tv/channel/alicegoodで実況中継します。
場所は下の写真をご参照ください。

フリーマーケット&アート展を、逗子海岸東浜向かいSUPクラブOCEANSのゲート奥で開催。
同時開催:TAK詩集パイロット版展示・武重路子版画展・逗葉文芸「北斗七星」展示即売ほか 入場無料
場所:a b sea(逗子市新宿1-4-32 逗子海岸東浜前 国道134号線沿いBarefoot coffee&LUANA横後ろSUPクラブOCEANSと同じ建物)
よろしくお願いしま~す

コメント

フリマ実況

2014-08-30 13:28:15 | イベント
 TAKフリマ今日から始まりました。フリマのことをjunjun707でつぶやいてます。
ユーストリームalicegoodで、会場付近と会場内の様子をアップしました。また今日の14時頃実況中継しま~す
武重路子版画展も好評。

「阿修羅」お買い上げいただきました。ありがとうございました
私たち3人の詩集も展示しています。逗葉文芸「北斗七星」と喜多哲正小説集「天草・逗子・鶴岡、そして終焉」も展示即売中。
今日・明日10~16時にやっているので、いらしてくださいね!
コメント

あしたとあさってTAKフリマ

2014-08-29 00:42:17 | イベント
海の家からの逗子海岸。

今月末で閉店ですね。しかもそれぐらいまでお天気もイマイチっぽい感じ。
でも今月末=明日・明後日のTAKフリマは雨天決行。屋内スペースもありますから
…と臨機応変にやります!
お気軽にお立ち寄りください。

コメント

フリマ会場a b seaって?

2014-08-27 00:00:34 | イベント
TAKフリマ8月30日(土)~31日(日)10:00~16:00
フリーマーケット&アート展を、逗子海岸東浜向かいSUPクラブOCEANSのゲート奥で開催します。
同時開催:TAK詩集パイロット版展示・武重路子版画展・逗葉文芸「北斗七星」展示即売ほか 入場無料
場所:a b sea(逗子市新宿1-4-32 逗子海岸東浜前 国道134号線沿いBarefoot coffee&LUANA横後ろSUPクラブOCEANSと同じ建物)

逗子海岸東公衆トイレの134号線隔てた向かい側に立っているこの青い道路標示の所がちょうど入口です。会場は建物1階のAの自宅部分で、看板とか出してるわけではないのですが、A バイザシーでa b seaという名前を一応付けてあるんです。お気軽にいらしてくださいね~
コメント

伊集院静と逗子・鎌倉

2014-08-26 00:00:53 | 文学
なぎさホテルの近くに住んでいたことのあるTによると、夏以外はのんびりしていて海辺の風景に溶け込んだ格式ばらない雰囲気のホテルだったそうです。
タクシーのシートに背を埋め、車窓に流れる逗子・新宿界隈の風景を見ながら、私は自分がもう二度と、あのホテルに戻れないのだろう、と思った……。

本当にその直後になぎさホテルは閉館してしまい、二度と戻れなかったわけです。
彼は結婚を機に鎌倉に移りました。
 今年のぼんぼり祭で。
コメント

逗子の文学碑

2014-08-25 00:40:13 | 文学
逗子には、8月21日投稿の「蘆花之故地」板碑の他にも藤原楚水先生が文字を書いた文学碑があります。

田越川沿いの「蘆花独歩ゆかりの地」碑です。徳富蘆花と国木田独歩が過ごしたことのある柳屋の跡地に建っています。

逗子の文学碑分布は上のマップのとおり。最も謎な立地なのが、浄水管理センター敷地内に建っている国木田独歩文学碑。

逗子市教育委員会発行「逗子の文学散歩道」パンフによると、この石碑に引用している「たき火」という作品の中で少年たちが遊んでいた浜、左に鐙摺岬、右に大崎、江の島、富士山が見える場所に建てたんだよ~ってことだそうです
コメント

詩 最新作

2014-08-24 00:53:17 | オリジナル

昨日行われたジャスト40回目の金沢まつり花火大会。いつもの適当な手持ちバルブ撮影で、すみません。Tの詩をどうぞ~
約束
あの日
たくさんあったであろう約束
「さよなら また明日ね」ささやかなものから
「結婚しよう」重いものまで
明日がなくなる  などと誰も思いはしなかった
突然果たせなくなってしまった約束
それらはどこへ行ってしまったのだろう
交わした人々の想いは あの日から宙へ漂い出した
それは時を超え
ずっと遥かの何時の日か
どこかでめぐり逢った人達と
知らずに果たされるのだ

私とあなたの約束もまた
何時かの時代の  遠い何処かの村で
誰かと誰かの交わした約束だったのかもしれない

3年前の大震災の前にあったであろう約束にも思いをはせて…
コメント

もうすぐTAKフリマ

2014-08-23 00:00:59 | イベント
富士見橋の近く、渚マリーナ生垣沿いの逗子市広報板。

昨日TAKフリマのポスターを貼りましたよ~ もちろん、ここ以外の広報板にも。
8月30日(土)31日(日)10:00~16:00に開催です!
コメント

立石公園泉鏡花文学碑

2014-08-22 17:11:55 | 三浦半島
横須賀西海岸、立石にある泉鏡花文学碑「草迷宮」。

口語現代文に慣れた私たちにはするすると読めませんが、泉鏡花の作品は深くインパクトのある表現で満ちていてカッコイイです。
詩人の蜂飼耳さんによる「草迷宮」鑑賞を、ご紹介します。
はじまりに近いところで、修行中の小次郎法師は、相州三崎をまわって、秋谷の海岸を通り、茶店に休む。茶店の媼が、口の長い鉄葉(ブリキ)の湯沸から渋茶を注いで出す。「引傾いた、湯沸の口を吹出す湯気は、むらむらと、法師の胸に靡いたが、其さへ颯と涼しい風で冷たい霧のかゝるやうな、法衣の袖は葭簀(よしず)を擦って、外の小松へ翻る」。茶から立ちのぼる湯気が、言葉を読むいま、このとき、目の前を流れる。その眺めは、作中に繰り返し出てくる手毬歌とともに、なぜか、ぴしりと心に残る。 (神奈川近代文学館 生誕140周年記念 泉鏡花展~ものがたりの水脈~「幻想と実感」より)
コメント

蘆花之故地板碑

2014-08-21 00:07:45 | 文学
いつもの水やりは霧吹きでシュッとするだけのエアプラント。ものすごい暑さなので水にドボンと漬けてあげました。
 たまに数時間こうしてあげるといいらしいです。

さて、トロピカルな植物に囲まれたこの碑は、浪子不動園地に建っているものです。揮毫した藤原楚水先生ご自身の説明を「随筆 藻塩草」から引用します。
表面の文字は私が拙筆を揮い、裏面の芦花小伝のかなまじりの文は私の次女青霞(英)の筆である。この板碑は初めは逗子駅前の小公園に建てられていたが、後にこの場所に移建せられた。

裏面はなぜ令嬢の英さんが揮毫したかというと、楚水氏、仮名書が苦手だったからだそうです。明治13年のお生まれですからね。そして百歳を超えても矍鑠として、平成2年に亡くなられました。明治・大正・昭和・平成と4つの時代を生き抜いた、元気な高齢者のまち逗子のお手本のような方であります
市内新宿の、今の川間橋(旧東芝橋)の近くにお住まいでした。
シニアの皆さん、若者もげんなりのこの暑さの中、いくらお元気だからって無理しすぎないでくださいね
コメント