湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

個の詩パート10

2017-10-31 00:00:07 | オリジナル
共通テーマ「個」でTが書いた詩を投稿します。

秘密の花

「私の中が冷たくなるの。ここは温かい」
私の部屋を毎日訪れていた彼女
二人 音楽を聴き おしゃべりをし……

あの時
彼女は予感していたのでしょう
先の未来を独りで生きていくことを
他人に敏感すぎる程反応し
そのくせ華やかだった彼女は
二十五年間で一生分を生きてしまったのです
以後 個を閉じ
その中だけで過ぎていった彼女の時間

世界を拒絶した彼女は
閉じてしまう前の自分を封じ込めた種を
私の部屋に蒔いていたのです
華やかさに惹かれた私の想いを肥料にして
私の中で
それはゆっくり 確実に育ち 発芽し
ダークレッドの大きな花が咲きました

彼女の花は
四十年たった今でも咲き続け
蜜は私を潤します


「個」「演じる」の詩の提出締切は11月3日(金)です。未提出のメンバーさん、よろしくお願いします。
コメント

フォーエバー現代美術館&演じるの詩パート7

2017-10-30 00:16:38 | オリジナル
フォーエバー現代美術館コレクションから、草間彌生「私の魂を乗せてゆくボート」

では、共通テーマ「演じる」でIが書いた詩を投稿します。
ガラスの仮面伝説
ガラスの仮面はいつ終わるの?
紅天女は誰が演じるの?
北島マヤはどうなるの?
様々な疑問をかかえながら
漫画は語り継がれていく
完結したら 一巻から読む
最終巻にたどりつくまで
夢を追いかけて
コメント

逗子トリエンナーレ&演じるの詩パート6

2017-10-29 00:10:27 | オリジナル
ZAF2017トリエンナーレに参加中の逗子のアーティスト青山誠拓さんのUse___With ARTは、日常品とアートの融合がテーマ。

火気厳禁と書いてあるポリタンクに火気が描いてある~ 他にスポーツ用具、金槌、トイレのバキュームカップなんて品物をそのままアートにしちゃった作品も! キリガヤショールームに今日まで展示されています。

では、共通テーマ「演じる」でSが書いた詩を投稿します。

形而上的笑劇

先のばしにしているのではない
待っているのだ
死ぬわけにはいかないのだ
あしたのあさ

逢えるかもしれない
「逢う」は男女の場合にだけ
使える字
朝日がさわやかかどうかなどと

なやまない
総攻撃も覚悟で賭にでる
いつまでも待つ
キレたりムカついたりしながら

ひとり芝居をつづける
アーメンも
フェードアウトもない
コメント

ZAF美術展&個の詩パート8

2017-10-28 00:17:47 | オリジナル
文化プラザでZAF美術展を鑑賞。ZAF美術展は今日の16:00まで開催。下の写真はTのEBアートです。

市民交流センターではEBアートのワークショップも行われていました。こちらは昨日限りの開催でした。

では、共通テーマ「個」でTが書いた詩を投稿します。

個と個

木洩れ陽の下
君が透けて見える

体内の濃度 水分量
鼓動の速さ
君だけの宇宙だ
中に響くのは君が聴いた音
染み入るのは君が嗅いだ香り

私を蔵している宇宙はとなりにある
君とはまるっきり違う
見ている景色も色合いも
それでも不都合はない 結合するのには
そうじゃない
異界すぎるから一つになろうとする
個は閉じている

二人 若葉色のくちづけをする
コメント

演じるの詩パート5

2017-10-27 02:14:35 | オリジナル
共通テーマ「演じる」でEが書いた詩を投稿します。

仮面

連れあいにはりついた仏頂面
理由は不明だが
終日付けたまま放さない
多分落度があるのだろう

さりとすれば責任は
当然当方にある
不当な処遇だとしても
選びとった責任は
これまた当方にはねかえる

人生は 放りこまれた
劇場の舞台
いやな役でも幕が降りるまで
演じつづける
誰が書いたのか

プロットによっては
ミイラ取りがミイラになり
禁じ手を演じることもある
ご用心
コメント

演じるの詩パート4

2017-10-26 02:11:54 | オリジナル
共通テーマ「演じる」でSが書いた詩を投稿します。

女優のように

 「どん底なんて
  安易に言ってもらいたくない」
客席から
あなた方はかわいた大声を出した
わたしは泣いた
ほんとうによく誤解する人たちだ
どん底を演じなければならない その
眼には階段が
うつくしくまぶしかった
ああ 大きかったが数は少なかった
わたしの希望
ぶれたくなかったわたし
舞台のわたしはみずみずしかった
母だか父だか神だかわからないが
かれらのこしらえた芝居を演じるわたし
一口サイズに切った不幸を
喰べつくせ カーテンがおりるまでに
目ざめるとすぐわたしの五体はきょうも
演技をはじめる
コメント

個の詩パート7

2017-10-25 02:12:56 | オリジナル
共通テーマ「個」でSが書いた詩を投稿します。

個人差個展個室

金平糖のトゲほどの
個人差の
主義のハナシだ
ニッポン ニッポン
ニッポンチャチャチャ

川っぷちの
釣り人たちよ さようなら
個展をユメみる男たちよ さようなら
個人主義にだれもがあこがれる
そう だれもがあこがれつづける
個室にあこがれるように ね!

あこがれの個室なんてものは
金持ちの
後家さんの
ものです 一回かぎりの人生の中で
女は二回 生きるのです
コメント

個の詩パート6

2017-10-24 02:09:55 | オリジナル
共通テーマ「個」でEが書いた詩を投稿します。
台風一過
第一歩

私という七十億分の一が
水を使っている
世界のどこかで
七十億分の一が
コップ一杯の水で
苦しんでいる

個と個の 七十億分の一は
浮遊する分子
わずかの想像力が
たがいを結合する

無駄に流れる水を
一瞬止めてみる
静寂の中で
ありがとうともらす息が
伝わって来る

それが
すべての第一歩
――そうありたい
コメント

個の詩パート5

2017-10-23 00:08:38 | オリジナル
共通テーマ「個」でSが書いた詩を投稿します。

居場所

ここはどこ
どこはここ
かわいくない 老人の
写真は
要りません
ジョーシキよ!!

老人一個の
ねだんは玉子何個分でしょか
老人に
灸(ヤイト)をしたって
変わらない
ころんだ場所で
コケコッコ―
おわりになって
割れることもない
コメント

演じるの詩パート3

2017-10-22 00:06:55 | オリジナル
共通テーマ「演じる」でSが書いた詩を投稿します。

演じる

思いっきり
バカを演じたが
だれひとり気づかなんだ
で 大きな
ぼうしをかぶって
おんなじことをしたら
大きな賞をいただいた

エンじる
エンジェル
エンエンと
 アソレッ アソレッ
 キュッキュッキュッ
政治家の非モラル性
おとなしい羊のむれの 耳鳴り
羊とピエロの非モラル性
いいえ 混線しています
 アソレッ アソレッ
 キュッキュッキュッ
コメント