湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

奏の詩パート4

2018-08-21 01:05:45 | オリジナル
共通テーマ「奏」でSが書いた詩を投稿します。

音楽をきらいになる日

立派な
国歌と校歌

つえをついている
子守歌

テレビによく見る奏者の

早口でまくし立てる
無残なショパン

笑いをこらえて
音楽は言った
わたしは人間です
ただの音楽です
自己紹介は以上です
奏でるとは?
音楽が音楽をきらいになる日の……もはや
わたしではない
別の存在になって さまよって
消えていく 一晩中
いつもあたらしい仲間の名の無い
クローンたちが……

こんな音楽の独り言の中に
いや 外に
奏でるとは何かの
答えがある
コメント

風の詩パート5

2018-08-20 16:34:41 | オリジナル
共通テーマ「風」でSが書いた詩を投稿します。

風・それは美しかった私の乳房

オブジェかもしれぬ自負の
風を持ちあるく
重い
重いなあ
つぶやきながら

それから長いトンネルをぬけた
きゅうに
風は
昔の私の乳房になった
ああ この意味は重すぎる

意味の重さが
私を倒す
コメント

奏の詩パート3

2018-08-19 15:33:55 | オリジナル
共通テーマ「奏」でTが書いた詩を投稿します。イラスト(EBアート)もTの作です。

始まりの予感

診察室では的確な診断を下し
入院病棟では患者と握手をする
握り返した力で状態を把握
休日返上で
長期療養の病棟を診まわる
時間を整然と積み上げてきた男

昼休み
屋上で独り
遠くに見える相模湾を眺めていた男
きょう
私は男のうしろに伸びる濃い影を見た
その中で ひっそり奏でられている旋律を聴いた
脱皮する時の痛みや不安を抱えていた頃
私も繰り返し聴いた曲
迷路に立ち竦んでいた若い男が見える
今もまだ
男はパズルが完成していないのだ

この夜 松籟は騒がしく
私は いつまでも眠りにつくことができなかった
コメント

風の詩パート4

2018-08-18 01:59:11 | オリジナル
共通テーマ「風」でCが書いた詩を投稿します。

水俣 天草 長崎

水俣

あたりは
音もなく浮かぶ
トンボたちで
いっぱい

歩いて行くうちに

トンボは
小舟に

足もとの
埋め立て地は
輝く海に

なりました


天草

陶器の
ちいさな
観音母子像は
マリアさまと
イエスさま

ひとびとの
密かな祈りを
一身に受けた
お姿はとても
柔らかそうでした


長崎

坂の多い町
上って下って
流れる汗を
ぬぐうこともせず

蝉の声に
驚いて
目をやると

大切なひとに
伝えられなかった
七十三年前の
声たちの

言の葉の
さざめき

  
ほんとうの父は
どこにいますか
  
水俣 天草 長崎の
風に
尋ねてみました
コメント

風の詩パート3

2018-08-16 00:17:42 | オリジナル
共通テーマ「風」でEが書いた詩を投稿します。



この夏は
NHKですら クーラーの使用を推奨する
未曾有の高温
高齢者がバタバタと倒れる

聞けば クーラーは言うまでもなく
扇風機すら使っていない
設備はあってもなのだ

かれらは敗戦後の貧困を目のあたりにし
働くことが生きることであった
見事に一途な生涯
野放図な欲望ははずかしいとした

窓を開ければ わずかでも
涼風が通る
陽が落ちれば おのずと
夜気がよみがえる
もって楽しみとするに足るではないか

この国にも 昔
闇米を食わずに餓死した検事がいた
平成最後の夏に殉じた
老人たちよ
あなたがたもまた
歴史に刻まれねばならない
――と信じる
コメント

奏の詩パート2

2018-08-14 00:00:10 | オリジナル
共通テーマ「奏」でEが書いた詩を投稿します。
 昨夜の森戸の浜の盆踊り大会で
奏でる

平成の世が暮れようとしている
明瞭には聞こえないが
どこかで
晩祷が奏されている

耳なえの私には
それは聞えないとしても
若ものの耳には
ごう音となってとどろいていよう
その声を虚に聴いて
目をつぶりたい

若ものよ
おくせず 声を出せ
警世の楽を奏でよ
コメント

奏の詩パート1

2018-08-13 08:45:48 | オリジナル
共通テーマ「奏」でAが書いた詩を投稿します。

天上の楽

地上では皆忘れている
天上で奏でられている音楽

尊く卑しい労働を重ねて
平和や幸福を見つけたって
浸っていたら呆けていく
君に耽溺してバカになる

溽暑の時期に必ず
戦の記憶を反芻するこの国で
わたしたちはなにかに夢中に
なりたくてなれないでいる

今夜もまた熱帯夜
死にたくなるほど怖い夢
見たのだけれど覚えていない
眠りは中途半端な死の手続き

南の夜空を見てふと気付く
人類の失せ物は高いところにある 
コメント

風の詩パート2

2018-08-06 10:16:20 | オリジナル
共通テーマ「風」でAが書いた詩を投稿します。

エスの井戸

風が巻くラビスタビルの前を歩いていて
一階の柳澤葬儀社に吸い込まれ
店の奥に開いている風穴に吸い込まれる

微かに見える穴の口に向かって
父母の名を呼ぶ 
失われた私を返せ と叫ぶ
闇が招く
過ぎたことはもう忘れなさい 
底まで降りて来なさい

具体的に希望したことはできる
家から逃げるのなんて簡単だと
思ってしまった
わたしの浅はかさ

失策をごまかし
小さな成功を過剰に評価し
転がってきた年月の間に
深くなってしまったのだぞ 
この穴は
もう埋めることはできない

まだ底をつかない
芝居がかって
あ~~~ と
息が続くまで適当に叫んで
上を向いて
下に向かって
飛んでいく

わたしの 甘くて悪い癖
それでも機嫌がよければいいんだよ
機嫌のいいうちに詩集を出さなくちゃ
穴の横で煙草をふかしながら
エスが言う
コメント

風の詩パート1

2018-07-30 18:38:29 | オリジナル
新しい共通テーマ「風」でAが書いた詩を投稿します。

無風の場所

おお 五年ぶりの
白い小さな顔が
予期せぬ時にやってきた
わたしが窮屈のあまり脱ぎ捨てた
制服みたいな安定の安定をまとって
質問に対するわたしの答えに驚いてみせ
問われて自分の生活を控えめに披露する
(おめでとう よかったね がんばって)
(おたがい どうでもいいね)

いい風が意思を奪い 
自由は心地悪い
だからといって

風を起こそうとしても、しても、
止・め・ら・れ・て・しまうあの場所に
ついには意志を失って
つまらない詩ばかり頭に浮かんだあの場所に

五年をかけてようやく
糜爛を鎮めることができたのだ
わたしは意地でも
意識の切れ端だって戻さない
近くにいるように見えるし
偶然顔を合わせたりするけれど
ここはパラレルワールドだ 

もう二度と会わなくてもいいという
乏しい笑顔を見せて
彼女は去って行った
平穏無事を保証する作業だか手続きだかが
無風の場所で待っているのだろう
コメント

開の詩パート5

2018-07-27 00:16:25 | オリジナル
昨日の六代御前供養祭で。

では、共通テーマ「開」でSが書いた詩を投稿します。
季節の谷間でⅥ

サヨナラの形なんだね
光陰矢のごとき無名の鯵のひらき
そのとなりに横たわる 人間(わたし)のひらき まだ
息のある死体の形の

連いてきてはいけない
音楽など聴こえるが

おお きのうの未来の形
きょうの現実は
あすには錯覚であったことが
定められていて――
生水をのみあっけなく死にたいが
むりだろう ぶざまな
足付きの人間のひらきよ
ねがえりを千回うって
あこがれの海を眼のまえに ああ
からだだけは静かだと
コメント