狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

幽霊の正体見たり枯れ尾花 【恐怖画像】あり!

2007-04-22 13:42:50 | 歴史

 大きな川は水辺ではよどんでいるかのようです。そこから離れて高台から眺めると流れがわかります。「時代の流れ」も歴史の大河から学び取る姿勢が大切です。 「戦前の日本の転換点は満州事変から昭和十年前後。国の“かたち”が戦時体制になりました。現在の日本も状況が似て…(4月22日 紙面から) [→記事全文へ]

 

(東京新聞一部抜粋)

戦前」とよく似ている
 一番目は、教育の国家統制です。昭和八年に教科書が変わり、「ススメ ススメ ヘイタイ ススメ」など忠君愛国が強調されました。

 <今は、「愛国心」を盛り込んだ教育基本法改正です>

 二番目は、情報の国家統制です。昭和八年に新聞法の強化、出版法の改正があり、マスコミの自主規制も激しくなりました。

 <今は、通信傍受法や個人情報保護法です>

 三番目は、言論規制の強化。特高警察が昭和七年に設置され、大本教など宗教団体にも弾圧が広がりました。大防空演習を批判した信濃毎日新聞の桐生悠々が迫害され、作家の小林多喜二が拷問死しました。

 <今は、共謀罪への動き、そして憲法改正への歩みです>

 四番目は、テロです。昭和七年に起きた犬養毅首相暗殺の五・一五事件をはじめ、政財界要人の暗殺、暗殺未遂事件が相次ぎました。

 <今は、靖国問題絡みでの日本経済新聞社への火炎瓶投入、加藤紘一・自民党元幹事長の実家放火、そして伊藤一長・長崎市長射殺です

 政治家や論壇、民衆レベルのナショナリズム鼓舞も共通です。昨今では曰(いわ)く、「日本に自信と誇りを持て」「自虐的な歴史観はいけない」。

 こうして並べてみると、確かに類似点が見いだせます。

 異を唱える声も予想されます。当時と今では政治、経済、国際的な状況がまるで違うのに、こじつけで戦争への不安をかき立てるのは強引すぎる、といった反論です。

 (後略)

                  ◇

半藤一利氏の歴史観の補足と称して、

東京新聞は次のように戦前と最近の類似点を述べる。

その一 
(戦前
)・教育の国家統制=(現在)・教育基本法改正

その二
(戦前)情報の国家統制=(現在)・通信傍受法や個人情報保護法

その三
(戦前)
言論規制の強化=(現在)・憲法改正

その四
(戦前)・テロ・犬養毅首相暗殺の五・一五事件をはじめ、政財界要人の暗殺 =

(戦後)・テロ・加藤紘一・自民党元幹事長の実家放火、そして伊藤一長・長崎市長射殺です

 

いやぁー、東京新聞はどうしても犬養毅首相の暗殺と伊藤市長の射殺を同じ次元で論じなければ納得出来ないのでしょう。

長崎市長射殺事件は、行政に対する強請りタカリと言う意味では、奈良市の同和絡み事件と同じである。

奈良市病欠職員逮捕! 日本の闇にメスを

結局、「その一」から「その四」まで無理やりこじつけて、

現在は軍靴の響きの聞こえる時代といいたいのでしょう。

そのうちキナクサイ臭いもして来るのでは?

≪幽霊の正体見たり枯れ尾花≫

 

                

昔の幽霊は何故か柳の下に立ったり、障子に影をうつしたりで中々風情があった。
 
だが幽霊や物の怪も最近ではテレビの画面に棲みつくようになったようだ。
 
ところがテレビにはこんな幽霊も棲みついていた。
 ↓
 
 
ネットの普及とともに一方では、ネット上を彷徨うよう幽霊もいる。
 
ネット上で遭遇した世にも恐ろしい画像!
 
見た瞬間、目が飛び出してしまい夢にまで出てくるという。
 
15歳以下と、それに気の弱い人が深夜一人で見るのは要注意である。
 
 
【怪奇】目の玉の飛び出す恐怖画像!↓
 
 
                    *
 
【恐怖画像】パートⅡ
 
【怪奇】見ると勝手に首が曲がってしまう画像
 
上記程度の画像で恐怖なんてチャラチャラおかしいという方、
大変失礼しました。
 
そうですね、飛び出した目玉なんて面白くもなんともないですね。
 
つかんで元に押し込んでしまえばそれで済むこと。
 
その点、次の画像は恐怖の一言では済まされない恐ろしい画像。
 
恐怖だけではなく、見た瞬間見た者の首を勝手に曲げてしまうという。
 

体験を、ありのままに話すと・・・

画像が表示されたと瞬間・・・いつのまにか首が

左に曲がっていた
』   

呪いだとか 怨霊の仕業だとか、そんなチャチなもの

とかじゃない!

もっと恐ろしい物の怪の片鱗を味わった。



問題の画像(15歳未満閲覧禁止・脳に異常を起こす可能性があるため閲覧注意)

*本当に首が曲る可能性があるので首を寝違えている人は注意!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 禍根を残す「安倍談話」 慰... | トップ | 島尻安伊子さん、当選おめで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL