狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「ニュース女子」、朝日ににケント・ギルバート氏が公開討論要求「逃げませんよね?」

2017-01-31 20:20:42 | マスコミ批判

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。



http://www.buzznews.jp/?p=2105733
ニュース女子を社説で糾弾した朝日新聞にケント・ギルバート氏が公開討論要求「逃げませんよね?」
2017/1/30 08:30、BuzzNews

【ニュース女子】ケント・ギルバート氏「朝日新聞の主張に全く納得できないので、公開討論を希望します。まさか逃げませんよね?」

朝日新聞が1月28日に社説で「ニュース女子」を厳しく批判する社説を掲載したことについて、ケント・ギルバート氏がTwitterで公開討論を求めています(画像はTwitterより)。

ケント・ギルバート氏は1月29日深夜、「朝日新聞の主張に全く納得できないので、公開討論を希望します。まさか逃げませんよね?」として問題の社説「『偏見』番組 放送の責任わきまえよ」へのリンクを紹介しています。

社説は1月28日に公開されるとネットですぐに話題となり、「責任わきまえよ」「見過ごせない問題」「開き直りというほかない」などと主張した朝日新聞に対しては慰安婦報道問題を念頭に「ブーメラン」などと揶揄する声が飛び交っていたもの(関連記事参照)。

ケント・ギルバート氏は1月2日の「ニュース女子」について1月下旬にzakzak誌上で取り上げ、同番組に対し相次いでいる反論に疑問を呈し「私自身が現地で見たり、沖縄に住む友人たちから聞いた話とは食い違う」などと語るとともに沖縄の米軍基地を「排除したい国はどこなのか。聞く方が野暮である」と背後の勢力について匂わせるコメントでコラムを締めていました。

朝日新聞の社説は文末で「対立をあおり、人々の間に分断をもたらすことに放送を使う行いは、厳しく批判されなければならない」と強い口調で「ニュース女子」を批判しているため、公開討論が行われればこの辺りが明らかになって欲しいと考える人は少なくないようです。

氏のTwitterには数多くの応援メッセージが寄せられており、朝日新聞に対して自社の社説に関する公開討論を受けるべきだとの声が相次いでいます。



>ケント・ギルバート氏は1月29日深夜、「朝日新聞の主張に全く納得できないので、公開討論を希望します。まさか逃げませんよね?」として問題の社説「『偏見』番組 放送の責任わきまえよ」へのリンクを紹介しています。

朝日新聞は逃げずに、ケントギルバートの公開討論の要求に応じるべきだ!





>社説は1月28日に公開されるとネットですぐに話題となり、「責任わきまえよ」「見過ごせない問題」「開き直りというほかない」などと主張した朝日新聞に対しては慰安婦報道問題を念頭に「ブーメラン」などと揶揄する声が飛び交っていたもの(関連記事参照)。


実際に1月28日付朝日新聞の社説は、「ブーメラン」(突っ込み所)が満載だった。

「ブーメラン」(ツッコミ所)満載の1月28日付朝日新聞の社説は次の社説であり、私自身も簡単にツッコミを入れておく。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12768898.html?ref=editorial_backnumber
(社説)「偏見」番組 放送の責任わきまえよ
2017年1月28日05時00分

 事実に基づかず、特定の人々への差別と偏見を生むような番組をテレビでたれ流す。あってはならないことが起きた。

 地上波ローカル局、東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)が、今月2日放送の「ニュース女子」という番組で、沖縄・高江に建設された米軍ヘリパッド問題を特集した。

 驚くのはその内容だ。

 軍事ジャーナリストを名乗る人物の現地報告は、建設に反対する人たちを遠くから撮影し、「テロリスト」「無法地帯」などと呼んだ。「過激な反対運動の現場を取材」とうたいながら実際には足を運ばず、約40キロ離れたところからリポートした。

 不可解きわまりない「取材」であり、論評である。

 反対運動を支援してきた市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シンスゴ)さんは、番組で「運動を職業的に行っている」などと中傷されたとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に人権侵害を申し立てた。

 当事者の動きとは別に、放送番組の質の向上をめざしてBPO内に設けられている放送倫理検証委員会も、MXテレビに報告を求めている。

 権力の介入を防ぎ、放送・表現の自由を守るためにNHKと民放連が設立した第三者機関のBPOにとっても、存在意義が問われる案件だ。視聴者・国民が納得できる対応を求めたい。

 問題の番組は化粧品会社DHC系列の制作会社がつくった。動画サイトでも公開されてはいるが、周波数が限られ、公共性が高いテレビ電波が使われた点に見過ごせない問題がある。

 放送法は、報道は事実をまげないですることや、意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることを定めている。MXテレビは、番組の意図や放送までの経緯、社内のチェック体制などを早急に検証し、社会に広く説明すべきだ。

 抗議に対し制作会社はウェブサイト上で、反対派を「犯罪や不法行為を行っている集団を容認している」などとして、「言い分を聞く必要はない」と述べた。開き直りというほかない。

 気になるのは、反基地運動に取り組む沖縄への、根拠のない誹謗(ひぼう)中傷が、この数年、高まっていることだ。舞台はネットから街頭に広がり、今回はテレビで公然と語られた。

 放送は健全な民主主義を発展させるためにあり、番組は明らかにその逆をゆく。対立をあおり、人々の間に分断をもたらすことに放送を使う行いは、厳しく批判されなければならない。



>事実に基づかず、特定の人々への差別と偏見を生むような番組をテレビでたれ流す。あってはならないことが起きた。


事実に基づかず、【日本】の人々への差別と偏見を生むような【記事を新聞】でたれ流す。あってはならないことが【朝日新聞で】起きている。
(はい、ブーメラン)






>軍事ジャーナリストを名乗る人物の現地報告は、建設に反対する人たちを遠くから撮影し、「テロリスト」「無法地帯」などと呼んだ。「過激な反対運動の現場を取材」とうたいながら実際には足を運ばず、約40キロ離れたところからリポートした。


「ニュース女子」では、地元関係者などの情報を基に反対派の暴力行為により現場の取材を断念し、本物の映像を放映し、地元の住民が「テロリスト」と証言した。

いったい、これの何が問題なのか?

『ニュース女子』#91 DHCシアター「ニュース女子」#91についての見解
■動画
『ニュース女子』#91
https://www.youtube.com/watch?v=gGnlO81rwcI&t=173s






>抗議に対し制作会社はウェブサイト上で、反対派を「犯罪や不法行為を行っている集団を容認している」などとして、「言い分を聞く必要はない」と述べた。開き直りというほかない。


開き直っているのは朝日新聞であり、【DHCシアターの見解】は開き直りではなく正論だった。(詳細記事

「DHCシアター」
https://www.dhctheater.com/information/2017-01-20-283265/
ニュース女子番組見解について
2017.01.20、「DHCシアター」


DHCシアター「ニュース女子」#91についての見解

スカパー!プレミアムサービス547chDHCシアター・YouTube及びTOKYO MX他で放送中の「ニュース女子」#91で放送しました井上和彦氏による沖縄リポートについて、数多くのメディアからの質問、政治活動団体からの批判などを頂きました。
下記に番組及びDHCシアターの見解を表明いたします。

1) のりこえねっとのチラシに記載された5万円と茶封筒の2万円について
当該VTRではのりこえねっとのチラシを元に5万円の交通費が支払われていると紹介しましたが、これはその是非を問うものではなく、事実のみを紹介したものです
また、日当2万円の根拠についても、貰ったと証言されている方がおり、その茶封筒は反対派で占拠されている状態の基地ゲート前で拾われ、証言と茶封筒の金額が一致しているところからも合理的な疑いを持たざるをえません。
さらにVTRでは「可能性を指摘する」ものとし「2万円の日当」を断定するものではなく、疑問として投げかけております。以上のことから、表現上問題のあったものだとは考えておりません。

2)二見杉田トンネルの向こう側の取材を断念した件について
高江ヘリパッド周辺はご存知のように反対派の暴力行為や器物破損、不法侵入などによって逮捕者も出るほど過激化しておりますが、こうした事実だけでなく、地元の方々からは二見杉田トンネル以降にもいくつかの危険があると助言されております。
証言によれば、二見杉田トンネルは高江までは距離がありますが、以前同トンネルから4、5キロほど離れた汀間漁港で反対派の方と高江の作業員の方との交通事故があり、これは高江の作業現場から汀間漁港まで、反対派の方が作業車を追い回した結果起きてしまった悪質な事故であったこと。
またトンネルから高江ヘリパッドの間では基地反対派によって車両のナンバープレートが記録され、基地ゲート前に到着する前に暴力的に阻止された、等々の証言。
これらの情報の中には裏取りができないものもあり、番組では一切使用しておりませんが、番組制作者としては事前調査の段階で、こうしたリスクも踏まえ、現場取材者や協力者、撮影スタッフの安全に配慮するのは当然のことと考えます。

3)基地反対派の取材をしないのは不公平との批判について
そもそも法治国家である日本において、暴力行為や器物破損、不法侵入、不法占拠、警察官の顔写真を晒しての恫喝など数々の犯罪や不法行為を行っている集団を内包し、容認している基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます。

4)「のりこえねっと」の抗議声明について
声明には『「韓国人がなぜ反対運動に参加するのか」などと、人種差別にもとづくヘイト発言を行いました。』とありますが、外国人の政治活動については、昭和53年、マクリーン事件の最高裁判決で、「外国人の政治活動の自由はわが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動等を除き保障される。」と示されたように、外国人の政治活動の自由は全てが保障されているわけではなく例外があります。
その上で問題提起していることは、人種差別、ヘイトスピーチに該当するとは考えておりません。
これら言論活動を言論の場ではなく一方的に「デマ」「ヘイト」と断定することは、メディアの言論活動を封殺する、ある種の言論弾圧であると考えます。

DHCシアターでは今後もこうした誹謗中傷に屈すること無く、
日本の自由な言論空間を守るため、良質な番組を製作して参ります。


2017年1月20日

株式会社 DHCシアター
代表取締役社長 濱田麻記子

番組チーフプロデューサー
山田 晃






>気になるのは、反基地運動に取り組む沖縄への、根拠のない誹謗(ひぼう)中傷が、この数年、高まっていることだ。舞台はネットから街頭に広がり、今回はテレビで公然と語られた。


「ニュース女子」は根拠のある事実を放送しており、根拠のない誹謗中傷や虚偽報道(捏造記事)をしているのは朝日新聞だ!(詳細記事





>放送は健全な民主主義を発展させるためにあり、番組は明らかにその逆をゆく。対立をあおり、人々の間に分断をもたらすことに放送を使う行いは、厳しく批判されなければならない。


【新聞】は健全な民主主義を発展させるためにあり、【朝日新聞】は明らかにその逆をゆく。対立をあおり、人々の間に分断をもたらすことに【新聞】を使う行いは、厳しく批判されなければならない。
(はい、ブーメラン)








「ブーメラン」と言えば、1月12日付「沖縄タイムス」社説も、「ニュース女子」に関する【特大ブーメラン】を炸裂させていた!

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/79474
社説[「沖縄ヘイト」番組]真偽不明 悪意むき出し
2017年1月12日 07:59、沖縄タイムス

 東京のローカル局、東京MXテレビが2日に放送した報道バラエティー番組「ニュース女子」で、高江ヘリパッド建設問題を取り上げた。反対する人たちの声は1人も流されないまま「カメラを向けると襲撃に来る」「テロリストみたい」などと表現。「反対派の中には韓国人はいるわ、中国人はいるわ」と人種差別につながる発言があった。

 MXテレビは本紙の質問に対し明確な回答をしていない。事実関係の説明を求める。

 番組は「マスコミが報道しない真実」と題してジャーナリストの井上和彦氏の取材ビデオが流され、スタジオでゲストらが意見を述べ合った。

 ビデオでは「光広」「2万」と書かれた出所不明の茶封筒を示し、高江で反対する人は「日当をもらっている」と決めつける。だが、自腹を切って自主参加しているのがほとんどだ。

 ヘイトスピーチ(憎悪表現)に反対する団体「のりこえねっと」は交通費5万円を支給し、本土から高江に「市民特派員」を送っている。公開された要項にも財源はカンパであると書いているにもかかわらず、あえて「分からない」と強調。共同代表で在日3世の辛(シン)淑玉(スゴ)さんを取り上げ「反対運動を扇動する黒幕の正体は?」「韓国人はなぜ反対運動に参加する?」などと悪意に満ちたテロップを流した。辛さんは人権侵害だとして放送倫理・番組向上機構(BPO)に申し立てるという。

 こういった情報はネット上には氾濫しているが、放送法の規制を受ける地上波から流れるのは極めて憂慮すべき事態である。

■    ■

 ビデオは辺野古新基地建設に反対する人たちを車内から撮影、「過激派デモの武闘派集団シルバー部隊」とテロップを映し、「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させているという」とのテロップとナレーションが流れる。

 テロップやナレーションにする以上、誰からの情報なのかを明示する必要があるのに一切ない。

 そもそも、この番組には、なぜ、沖縄の人たちが辺野古や高江で抗議活動をせざるを得ないかの根本的な視点が欠けている。辺野古新基地建設を巡っては選挙で反対の民意が繰り返し示され、世論調査でも反対が賛成を上回っている事実には言及しない。

 苛烈な沖縄戦を体験、復帰前の米軍統治下の圧政にあらがい、「これ以上の基地負担はもうできない」という心情にも触れようとしない。

■    ■

 「ポスト真実」(POST-TRUTH)の時代といわれる。POST-は「後に」「次の」という言葉で、ソーシャルメディアで不正確な情報が繰り返し流され、客観的な事実や真実が重視されない状況を意味する。

 米大統領選では虚偽情報がネット上を駆け巡った。クリントン氏を標的にしたものが多く、大統領選の結果に影響を与えたとの見方もある。

 事実ではない情報で敵をつくり、快哉(かいさい)を叫ぶ。民主主義の根幹を揺るがす危険な動きである。



>ビデオでは「光広」「2万」と書かれた出所不明の茶封筒を示し、高江で反対する人は「日当をもらっている」と決めつける。だが、自腹を切って自主参加しているのがほとんどだ。


沖縄タイムスが「自腹を切って自主参加しているのがほとんどだ」と述べているということは、少なくとも一部の参加者たちは日当をもらって参加していることを沖縄タイムスも把握しているということだ。





>ビデオは辺野古新基地建設に反対する人たちを車内から撮影、「過激派デモの武闘派集団シルバー部隊」とテロップを映し、「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させているという」とのテロップとナレーションが流れる。
>テロップやナレーションにする以上、誰からの情報なのかを明示する必要があるのに一切ない。



ココが凄い!!

「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させている」という「ニュース女子」のテロップとナレーションの情報源は、実は「沖縄タイムス」の記事だった!!
「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させている」という「ニュース女子」のテロップとナレーションの情報源は、実は「沖縄タイムス」の記事だった!!
平成29(2017年)年1月12日付「沖縄タイムス」の社説は、「ニュース女子」「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させている」とのテロップとナレーションを流したことを批判し、「誰からの情報なのかを明示しろ」と述べた!
しかし、平成25年(2013年)9月20日付「沖縄タイムス」「逮捕されても生活に影響がない65歳から75歳」を募り、行動に打って出る計画を記事にしていた!!





この「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させているという」という部分については、「ニュース女子」をPBOに提訴したり、「補償」を求めたりしている辛淑玉も、「ニュース女子」の問題点として挙げている。
辛スゴがBPOに送った「申立書」には、『「逮捕されても生活の影響のない65~75才を集めた集団」と高齢者を揶揄』したことを「名誉棄損」だとしているが、乗り越えネット共同代表の高里鈴代自身が沖縄タイムスで

しかし、沖縄タイムスに「逮捕されても影響がない老人を使ってのデモ」計画を語ったのは、実は【のりこえねっと】共同代表である高里鈴代だった!

辛淑玉と同じ【のりこえねっと】共同代表が証言して「沖縄タイムス」が記事にしたことを身内の辛淑玉がデマ呼ばわりして「高齢者を揶揄する」名誉棄損をしたと訴えていたのだ!

更に、凄いブーメラン!沖縄タイムスで「逮捕されても影響がない老人を使ってのデモ」計画を語った高里鈴代って、のりこえねっとの共同代表ですね。身内が断言した計画をデマ呼ばわりして、それを報じた「ニュース女

こんなブーメランや自爆は見たことない!

以上のとおり東京MXテレビの「ニュース女子」は、のりこえねっと共同代表の高里鈴代の証言を掲載した「沖縄タイムス」の記事を根拠として放送していた!

辛淑玉は、「ニュース女子」について東京MXテレビやDHCを「高齢者を揶揄」したと名誉棄損で訴えているのだから、高里鈴代「沖縄タイムス」も訴えなければならない!


https://twitter.com/rezzu/status/825352257348653060
rezzu ↗
‏@rezzu
@tsuda @unkotaberuno
「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させている」という「ニュース女子」のテロップとナレーションの情報源は、実は「沖縄タイムス」の記事だった!!
22:38 - 2017年1月28日

 

https://twitter.com/CatNewsAgency/status/825923236747636736
CatNA
‏@CatNewsAgency
沖縄タイムスのブーメランは壮絶ですね。沖縄左翼が「逮捕されても影響がない老人を使ってデモをやる」計画を自社で報じておきながら、同じことを「ニュース女子」が報じたら、「根拠なきデマ」呼ばわり。(笑)

@rezzu
「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させている」という「ニュース女子」のテロップとナレーションの情報源は、実は「沖縄タイムス」の記事だった!!
12:26 - 2017年1月30日

 

https://twitter.com/CatNewsAgency/status/825938843551404032
CatNA
‏@CatNewsAgency
更に、凄いブーメラン!沖縄タイムスで「逮捕されても影響がない老人を使ってのデモ」計画を語った高里鈴代って、のりこえねっとの共同代表ですね。身内が断言した計画をデマ呼ばわりして、それを報じた「ニュース女子」を非難したことになる。(笑)
https://www.norikoenet.org/representative
更に、凄いブーメラン!沖縄タイムスで「逮捕されても影響がない老人を使ってのデモ」計画を語った高里鈴代って、のりこえねっとの共同代表ですね。身内が断言した計画をデマ呼ばわりして、それを報じた「ニュース女
13:29 - 2017年1月30日

 

https://twitter.com/CatNewsAgency/status/825948388331970560
CatNA
‏@CatNewsAgency
辛スゴがBPOに送った「申立書」には、『「逮捕されても生活の影響のない65~75才を集めた集団」と高齢者を揶揄』したことを「名誉棄損」だとしているが、乗り越えネット共同代表の高里鈴代自身が沖縄タイムスで発言している事実。自爆乙。
http://www.norikoenet.org/wp/wp-content/uploads/2017/01/c6fda398595de74d9e6223a73ce0020d.pdf
辛スゴがBPOに送った「申立書」には、『「逮捕されても生活の影響のない65~75才を集めた集団」と高齢者を揶揄』したことを「名誉棄損」だとしているが、乗り越えネット共同代表の高里鈴代自身が沖縄タイムスで
14:06 - 2017年1月30日

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【追記】沖縄タイムスが社説で壮絶なブーメランをかますwwwwwwwwwww【ソースはお前

2017-01-30 17:17:00 | マスコミ批判

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

【追記】1月31日 07:23

文末で高江の真実の「ソースはお前!第二弾」を掲載します。

 

ソースはお前!】

社説[「沖縄ヘイト」番組]真偽不明 悪意むき出し]

沖縄タイムス 2017年1月12日 07:59

東京のローカル局、東京MXテレビが2日に放送した報道バラエティー番組「ニュース女子」で、高江ヘリパッド建設問題を取り上げた。反対する人たちの声は1人も流されないまま「カメラを向けると襲撃に来る」「テロリストみたい」などと表現。「反対派の中には韓国人はいるわ、中国人はいるわ」と人種差別につながる発言があった。

 MXテレビは本紙の質問に対し明確な回答をしていない。事実関係の説明を求める。

 番組は「マスコミが報道しない真実」と題してジャーナリストの井上和彦氏の取材ビデオが流され、スタジオでゲストらが意見を述べ合った。

 ビデオでは「光広」「2万」と書かれた出所不明の茶封筒を示し、高江で反対する人は「日当をもらっている」と決めつける。だが、自腹を切って自主参加しているのがほとんどだ。

 ヘイトスピーチ(憎悪表現)に反対する団体「のりこえねっと」は交通費5万円を支給し、本土から高江に「市民特派員」を送っている。公開された要項にも財源はカンパであると書いているにもかかわらず、あえて「分からない」と強調。共同代表で在日3世の辛(シン)淑玉(スゴ)さんを取り上げ「反対運動を扇動する黒幕の正体は?」「韓国人はなぜ反対運動に参加する?」などと悪意に満ちたテロップを流した。辛さんは人権侵害だとして放送倫理・番組向上機構(BPO)に申し立てるという。

 こういった情報はネット上には氾濫しているが、放送法の規制を受ける地上波から流れるのは極めて憂慮すべき事態である。

■    ■

 ビデオは辺野古新基地建設に反対する人たちを車内から撮影、「過激派デモの武闘派集団シルバー部隊」とテロップを映し、「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させているという」とのテロップとナレーションが流れる。

 テロップやナレーションにする以上、誰からの情報なのかを明示する必要があるのに一切ない。

 そもそも、この番組には、なぜ、沖縄の人たちが辺野古や高江で抗議活動をせざるを得ないかの根本的な視点が欠けている。辺野古新基地建設を巡っては選挙で反対の民意が繰り返し示され、世論調査でも反対が賛成を上回っている事実には言及しない。

 苛烈な沖縄戦を体験、復帰前の米軍統治下の圧政にあらがい、「これ以上の基地負担はもうできない」という心情にも触れようとしない。

■    ■

 「ポスト真実」(POST-TRUTH)の時代といわれる。POST-は「後に」「次の」という言葉で、ソーシャルメディアで不正確な情報が繰り返し流され、客観的な事実や真実が重視されない状況を意味する。

 米大統領選では虚偽情報がネット上を駆け巡った。クリントン氏を標的にしたものが多く、大統領選の結果に影響を与えたとの見方もある。

 事実ではない情報で敵をつくり、快哉(かいさい)を叫ぶ。民主主義の根幹を揺るがす危険な動きである。

 

 

 

  • 17

【マスゴミ画報】沖縄タイムスが社説で壮絶なブーメランをかますwwwwwwwwwww【ソースはお前

 
1: 河津掛け(岐阜県)@\(^o^)/ ©2ch.net [US] 2017/01/30(月) 14:07:53.60 ID:zya6Zajs0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典

82: 張り手(東京都)@\(^o^)/ [US] 2017/01/30(月) 14:28:44.62 ID:PaZlVoLa0
WEB版見たらマジで書いてある 
「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させているという」とのテロップとナレーションが流れる。 
>テロップやナレーションにする以上、誰からの情報なのかを明示する必要があるのに一切ない。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/79474
 



101: ニーリフト(中部地方)@\(^o^)/ [DE] 2017/01/30(月) 14:35:21.01 ID:s0XHtV6q0
>>1 
募集をしてた高里はのりこえねっと共同代表の一人 

https://www.norikoenet.org/representative 

もう言い逃れ出来ないな

238: 河津掛け(岐阜県)@\(^o^)/ [US] 2017/01/30(月) 15:18:46.58 ID:zya6Zajs0 BE:723460949-PLT(13000)
CatNA @CatNewsAgency 
辛スゴがBPOに送った「申立書」には、『「逮捕されても生活の影響のない65~75才を 
集めた集団」と高齢者を揶揄』したことを「名誉棄損」だとしているが、乗り越えネット 
共同代表の高里鈴代自身が沖縄タイムスで発言している事実。自爆乙。 
https://pbs.twimg.com/media/C3ZaMClUcAA53kL.jpg 
http://www.norikoenet.org/wp/wp-content/uploads/2017/01/c6fda398595de74d9e6223a73ce0020d.pdf 
https://twitter.com/CatNewsAgency/status/825948388331970560

26: フランケンシュタイナー(茸)@\(^o^)/ [MD] 2017/01/30(月) 14:16:35.97 ID:KpbgCY+B0
これはw

134: TEKKAMAKI(茸)@\(^o^)/ [US] 2017/01/30(月) 14:45:46.43 ID:CI1wqfnX0
クッソワロタwww

17: ヒップアタック(茸)@\(^o^)/ [GB] 2017/01/30(月) 14:13:39.94 ID:GO7IVsGh0
お前がソースじゃねーかw

32: フルネルソンスープレックス(家)@\(^o^)/ [US] 2017/01/30(月) 14:17:37.47 ID:R9Js/H1B0
ソース出せ! 

\  ヽ  |  /  / 
 \ ヽ | /  / 
\         / 

_ わ た し で す _ 
    / ̄\ 
―    |^o^|   ― 
    \_/ 
 ̄          ̄ 
/         \ 
 /  / | ヽ \ 
/  /  |  ヽ  \

272: ジャンピングDDT(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/30(月) 15:29:49.72 ID:6cgXk2HS0
>>32 
wwww

23: ボマイェ(庭)@\(^o^)/ [CN] 2017/01/30(月) 14:15:50.49 ID:k3LnQeKN0
>>1
わろたw

よく見つけたな

68: リバースパワースラム(庭)@\(^o^)/ [US] 2017/01/30(月) 14:24:33.28 ID:psHnXKa/0
>>23
いや、有名だった
まさか書いた当人が忘れてるとは思わんかったけど

74: ダブルニードロップ(岡山県)@\(^o^)/ [NZ] 2017/01/30(月) 14:26:02.35 ID:1+yCdlAa0
>>68
そうそう
俺も見た記憶がある
まさか今回の件で沖縄タイムスがここをつついてるとは思わなかったがw

6: パイルドライバー(茸)@\(^o^)/ [NO] 2017/01/30(月) 14:09:16.12 ID:/cidw91n0
これはやってしまいましたなぁw

31: セントーン(庭)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/30(月) 14:17:35.28 ID:PgoWwtAm0
パヨクこれどーすんの?

271: スリーパーホールド(東京都)@\(^o^)/ [SK] 2017/01/30(月) 15:29:16.94 ID:JWDO5Y7Y0
>>31
無視すると思う

35: ジャストフェイスロック(愛知県)@\(^o^)/ [GB] 2017/01/30(月) 14:17:57.79 ID:DtDLs0br0
これはワロタwww

125: デンジャラスバックドロップ(神奈川県)@\(^o^)/ [CN] 2017/01/30(月) 14:42:58.94 ID:x1pzdJR+0
>>1
これでソースが明確になったな(笑)

204: チキンウィングフェースロック(東京都)@\(^o^)/ [JP] 2017/01/30(月) 15:06:44.28 ID:rfR/F+Ma0
>>125
ちゃんとソースを示して沖縄タイムスの名を売ってくれないと困るってことだろうw

123: バックドロップホールド(鹿児島県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/30(月) 14:42:21.66 ID:wyD9FKMk0
これは沖タイの記事だって事を明示しなかったから怒ってるんでしょ

124: アイアンフィンガーフロムヘル(SB-iPhone)@\(^o^)/ [CN] 2017/01/30(月) 14:42:51.43 ID:r53rVuBS0
ソースはお前は笑うしかないw

126: バックドロップホールド(神奈川県)@\(^o^)/ [US] 2017/01/30(月) 14:43:26.98 ID:oduM9nQW0
ワラタw

128: ローリングソバット(宮城県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/30(月) 14:43:37.69 ID:sDPTWNDo0
うわっ、コレは恥ずかしい

132: クロイツラス(庭)@\(^o^)/ [US] 2017/01/30(月) 14:44:20.78 ID:KZgI2Iii0
つまり沖縄タイムスはデマ

153: 魔神風車固め(東京都)@\(^o^)/ [ZA] 2017/01/30(月) 14:50:50.59 ID:7aqa6J+F0
見事過ぎる。
これほどのブーメランの達人を見たことないわ

164: サッカーボールキック(チベット自治区)@\(^o^)/ [US] 2017/01/30(月) 14:53:08.08 ID:QozgEEFC0
これは沖縄タイムズに問い合わせて
どういうことなのか聞いたほうがいいだろ

250: ハーフネルソンスープレックス(大阪府)@\(^o^)/ [DE] 2017/01/30(月) 15:22:23.72 ID:2/Y27b1z0
ソース「ソース出せよ!」

95: 32文ロケット砲(禿)@\(^o^)/ [CN] 2017/01/30(月) 14:32:22.87 ID:pbWZYvbc0
ソースはお前伝説の誕生だなw
【追記】

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

9秒でまるわかり!

  • 米軍ヘリパッド建設への抗議活動で東村の農家から苦情が出ている
  • 村は農家向けに書かれたステッカーを作製、優先通行を求めている
  • 農作業に支障が出て、怒りの矛先は機動隊側から市民側へ

 【東】東村高江周辺のヘリパッド建設への抗議活動で県道70号が連日混乱し、高江区を中心とする村内の農家が悲鳴を上げている。村は区の要望で農家向けに「高江生産組合」と書かれたステッカーを作製。区はステッカーのある車を優先通行させるよう抗議市民、警察双方に求めている。

高江区の要望で東村が作製したステッカー。農家を最優先で通行させるよう求めている

 ステッカーを使った対策は5日から始まった。区は村を通じ県警に通知。市民側にも伝えているが、仲嶺久美子区長は「農家から効果があったとの報告はない。周知が必要」と言う。

 県道70号では8月から、市民が「牛歩作戦」として、工事車両の前を時速10キロ未満の速度で走る抗議行動を展開。機動隊の交通規制もあって県道は渋滞し、出荷や作付けする農家を中心に地元住民の往来に支障が出ていた。

 高江区の農家の男性(75)はカボチャの植え付けに向かう途中で渋滞に巻き込まれ、本来10分で到着するはずの畑に1時間以上を要した。「作付け期間は限られている。このままでは1年間の収入に響く」と嘆く。「決してヘリパッドに賛成ではない。ただ、彼らのやっていることはわれわれの生活の破壊。もう爆発寸前だ」と憤慨する。当初の機動隊への怒りの矛先は市民側に変わりつつある。

 ヘリパッド建設予定地に近い国頭村の安波小学校では5日、「牛歩作戦」の影響で教員1人が授業に間に合わず、学校側は授業を急きょ変更した。宮城尚志校長は「反対運動を否定しないが、もっと別にやり方はないのかと思う」と首をかしげる

 高江共同売店では物品の入荷日を抗議集会のある曜日は避けるようにした。仲嶺区長は「区民のストレスは限界に来ている。早くヘリパッドを完成させた方がいいとの声も出ている」と打ち明ける。通勤、保育園送迎、通院などに支障が出ていると苦情は絶えない。

 7日早朝、抗議行動を遠目で眺めていた与党県議は「これでは反対していた人たちまで離れていく。工事を進めたい国の思うつぼだ」とつぶやいた。(北部報道部・城間陽介)

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1485752873/

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

翁長知事本日訪米!失敗行脚

2017-01-30 07:33:05 | 普天間移設

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

性懲りもなく翁長知事は、本日米国へ出発。

「辺野古移設阻止」の民意を訴えるという。

前回の訪米時にも言ったが、あえて繰り返すと、これほど事前に結果が失敗と分かっている案件も珍しい。

知事一行がトランプ大統領に面会できる可能性は宝籤で一等に当たる率より低いと思うが、何かの間違いで面談が可能になっても、お断りした方が身のためである。不法ビザの入国を嫌うトランプ大統領が沖縄県事務所長の違法就労ビザに気がついたら「水責め」の刑に処される可能性だって・・・知らないけど。

今回の訪米は前回(2015年)より条件が悪いと、沖縄タイムス社説や米国特約記者の平安名純代氏らが暗に訪米延期を忠告しているのを振り切っての訪米である。

沖縄タイムスは前回の訪米時は一面、社会面のトップを華々しく飾った知事の訪米で飾った。

ところが、本日の沖縄タイムスは寂しい限りだ。

一面中段の目立たぬ記事一件だけで見送るつもりらしい。(涙)

どうせ失敗する訪米行脚を騒ぎ立てて大恥を晒した、前回の発狂報道。

今回はは自粛したのだろう。

参考までに前回の沖縄チャイムスの発狂見出しを紹介しておこう。

出発した翌日。28日の沖縄タイムスの<見出しを検証してみる。

 

その日の沖縄タイムスの一面トップは、翁長知事の出発を、まるで出征兵士を見送るような派手な見出しで飾っている。

 

見出しはこうだ。

 

■一面トップ

辺野古阻止、知事渡米

「当事者意識求める」

訪問団、アピールに意欲

 

■社会面トップ

訪米団「必ず成果」

 

拍手沸く空港「県民が付いている」

 

民意背に知事自信

 

出発しただけで、このバカ騒ぎだ!

                                   ☆

ついでに当時の当日記を一部引用しておく。

              ☆

翁長知事、きょう米国へ出発 辺野古計画見直し訴え、議員ら10人と面談2017年1月30日 05:45

 

 沖縄県の翁長雄志知事は名護市辺野古の新基地建設計画阻止を直接訴えるため、30日、米ワシントンに向け沖縄をたつ。トランプ新政権発足のタイミングに合わせ、米国内で辺野古反対の声を上げることで新基地建設に反対する県の主張を浸透させ、辺野古計画の見直しにつなげたい考えだ。

翁長知事

 翁長知事が基地問題解決のためにワシントンを訪問するのは昨年5月以来で、就任後3回目。米上下院議員のほか、トランプ氏に近いシンクタンクの研究員や沖縄問題に詳しい大学教授ら約10人と会談する予定で、辺野古違法確認訴訟敗訴後も複数の知事権限を行使して辺野古新基地建設を阻止する考えを伝える。

 国務、国防総省の幹部との会談も打診したが、マティス国防長官が2月3日から東京を訪問することもあり、日程的に調整が困難だという。

 県は、設立を支援したジョージ・ワシントン大学の沖縄関連の図書をそろえた「沖縄コレクション」で、2日午後(日本時間3日未明)に基地問題に関するシンポジウムを開く。知事が基地問題、県参与の富川盛武氏が基地経済をテーマに講演する。

 知事に合わせ、オール沖縄会議も米国を訪問し、知事や稲嶺進名護市長らと一部行動を共にする。知事らは31日にワシントン入りし、5日に帰沖する。

                                           ☆

 

 

翁長知事が訪米行脚で那覇空港を結果が事前から予測されたという点で、今回の「翁長・訪米団」ほど明々白々な例を筆者は寡聞にして知らない。

翁長知事の訪米前に菅官房長官、安倍首相、中谷防衛相と立て続けに政府首脳に面会したが、結果が予測されるという点では今回の知事の訪米と全く同じであった。

日本時間の30日、翁長知事はイゲ・ハワイ州知事と会談した。

本日(31日)の沖縄タイムスは、これをどのように伝えているか。

■一面トップ

海兵隊移転に一定の理解

イゲ・ハワイ知事 翁氏と会談

大爆笑で思わずコーヒーを吹いた。

安慶田副知事が先遣隊としてイゲ知事と面会した時と同じく「(辺野古移設は)国の問題」と答えたにも関わらず「一定に理解」とは驚きだ。

理解したとされる海兵隊移転も「日米両政府が決めれば、受け入れる」と条件付である。

さらに海兵隊移転は、辺野古移設が前提となっていることに、記事はひと言も触れていない。

そもそも鳴り物入りでやってきた翁長知事が、沖縄の米軍基地の状況を「情」をもって訴えたのにイゲ・州知事が「理解できない」などというはずはない。 「沖縄の状況は理解する」とは一種のリップサービス、それも一定の条件付である。

ハワイ・イゲ知事「国と国の問題」翁長知事と会談

沖縄タイムス 2015年5月30日 10:28
 

イゲ・ハワイ州知事との会談後に記者の質問に答える翁長雄志知事(中央)ら=29日、ハワイ州庁

イゲ・ハワイ州知事との会談後に記者の質問に答える翁長雄志知事(中央)ら=29日、ハワイ州庁

【ホノルル29日=福元大輔】米ハワイ州を訪問中の翁長雄志知事は29日午前(日本時間30日午前)、祖父母が県出身の県系3世デービッド・イゲ州知事と、ホノルル市の州庁で会談した。非公開の会談後、翁長氏は記者団に対し、名護市辺野古の新基地建設について、イゲ氏は「国と国との問題。ワシントンでしっかり伝えてください」と答えたという。

 翁長氏はイゲ氏の言葉にはなかったものの、「私の言っていることを同じウチナーンチュのルーツを持つ知事なので理解している表情だった。私が逆の立場でもそうしていた」と前向きに受け止めた。

 アジア太平洋地域の海兵隊分散移転計画で、沖縄の海兵隊約2700人がハワイへ移転する計画があることに、イゲ氏は「日米両政府が決めれば、受け入れる準備がある」と理解を示したという。

                  ☆

>イゲ氏は「国と国との問題。ワシントンでしっかり伝えてください」と答えたという。

イゲ氏の本音は「自分の国の政府を説得できずに、外国の知事に協力を求めても無駄なこと。ワシントンでも精々頑張って下さい」といったものだろう。(涙)

では琉球新報はどうか。

ハワイ移転2700人「協力して進めたい」 イゲ知事、翁長知事に表明

琉球新報 2015年5月30日 11:23 

イゲ氏は「沖縄の米軍基地の状況を紹介いただき感謝する」とした上で、「沖縄の米軍基地に関することは日米両政府が決める。(米側では)ワシントンが決めることになる」と述べ、州政府としては直接は関与できないとの考えを説明した。

>「沖縄の米軍基地に関することは日米両政府が決める。(米側では)ワシントンが決めることになる」と述べ、州政府としては直接は関与できない

取り付く島もない、とはこのことである。

本日の沖縄タイムスの見出しに戻ってみよう。

■二面トップ

翁長氏、「理」と「情」で訴え

ハワイ行動終了

反辺野古「理解得た」

来月3日米政府面談

国防総省 副次官補代行に格上げ

 

翁長氏、「理」と「情」で訴え

あれ?翁長知事の訴えは「理」では勝ち目がないので、「上から目線」「高飛車」などと「情」に訴えるのが定番ではなかったのか

反辺野古「理解得た」

どこが「理解得た」なのか。

負け犬の遠吠えではないのか。

これも一種の捏造報道である。

来月3日米政府面談

>国防総省 副次官補代行に格上げ

当初アポなしだったのが30日になって国務省、国防総省ともに日本部長の対応でお茶を濁すつもりだったが、国防総省の副次官補代行が面会することになって「格上げ」と大はしゃぎの報道だ。

アポが取れたのは、国防長官はともかく、国防次官でもなく、国防次官補でもない。 さらに格下の副次官補で、おまけに「代行」が付いてくる。 こんな肩書き見たこともない。 

翁長知事との面会のため急遽作った臨時のポストかと勘ぐりたくもなる。

米国務省は予定通り日本部長が面会するらしいが、面会する前からこの有様だ。

訪米の沖縄知事には国務、国防日本部長が対応 辺野古移設が「唯一の解決策」と国務省

 【ワシントン=加納宏幸】米国務省のラスキー報道部長は28日の記者会見で、30日からワシントンを訪問する沖縄県の翁長雄志知事に同省のヤング日本部長が面会することを明らかにした。国防総省もウィンターニッツ日本部長が翁長氏に対応する。

 翁長氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対しているが、ラスキー氏は移設計画の実現が普天間飛行場の固定化を避けるための「唯一の解決策」だと強調。計画通りに進める日米両政府の立場は揺るぎがないものであると述べた

貧乏くじを引かされた日本部長は「辺野古移設が唯一の解決策」などとオウムのように繰り返すだけだろう。 お気の毒である。

沖縄タイムスの見出しに戻る。

■三面トップ

普天間「閉鎖は移設後」

米長官、防衛相に伝達

「力による変更」反対

南シナ海 防衛相、米豪とも一致

辺野古移設が普天間移設の代替機能を果たす基地の縮小統合である。 

したがって、普天間の閉鎖は普天間移設後ということは小学生でもわかる理屈。 

それがわからないのは「反辺野古」派の面々だけである。

>「力による変更」反対

>南シナ海 防衛相、米豪とも一致

翁長氏の一連の発言の中で欠けているは中国が東シナ海や南シナ海で行っている領海侵犯についてだ。

翁長氏の訪米と前後して中谷防衛相はシンガポールを訪問した。

中谷防衛相は日本時間の30日午前、各国の防衛相らが参加するアジア安全保障会議に出席し、演説を行った。

中谷大臣は、中国が南シナ海や東シナ海で海洋進出を強行している現状にについて、「極めて残念だが、今この瞬間も、南シナ海で大規模な埋め立てや滑走路の建設が急速に進められている。東シナ海でも現状変更を試みる動きがあり、日本を含め周辺諸国は不安を抱いている」と中国をけん制した。

本日の沖縄タイムスの社会面最下部にベタ記事でこんな見出しが。

尖閣周辺に 中国公船3隻

記事によると、中国当局の船が確認されるのは17日連続、とのこと。

 

 【おまけ】

前回(2015年)の翁長知事の訪米行脚について筆者がオピニオン誌(ビューポイント」に寄稿した当時の記事を再掲する。

 

 

 翁長雄志沖縄県知事の訪米は大失敗

米側から事実上の門前払い/成果は地元紙“印象”報道

 

翁長雄志沖縄県知事の訪米は大失敗

翁長雄志沖縄県知事の訪米出発式を1面で報じる共産党機関紙「しんぶん赤旗」5月28日付。記事には「知事を支える訪米団団長の日本共産党の渡久地修県議」とあり、実態は共産党に担がれた訪米団だ

 翁長雄志知事は5月27日、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する沖縄の「民意」を伝えるため、訪米行動の旅に沖縄を出発した。

 見送りのため那覇空港に詰め掛けた市民らとガンバロー三唱で気勢を上げるかりゆしウエアの翁長雄志知事一行の姿は、訪米行動は出発前に既に成功したかのような印象を見る人に与えた。翌28日の沖縄タイムスには、「訪米団『必ず成果』」、「拍手沸く空港『県民が付いている』」、「民意背に知事自信」などの大見出しが乱舞、出発前から既に「勝利」を勝ち取ったかのような印象を与えた。

 翁長知事は、出発前の5月20日、日本記者クラブでの記者会見で、「訪米の狙いは」との質問に対し、「日本政府を相手にしていたらどうにもならないので、米国に行く」(21日付東京新聞)と答えている。確かに菅義偉官房長官、安倍晋三首相、中谷元防衛相と立て続けに面会した際、翁長知事の主張と政府側の主張は100%対立。平行線のままで目下のところ「どうにもならない」状況である。

 翁長氏の訪米に対して、外国人記者からも、「翁長氏が訪米してもあまり意味はない。良い戦略とは言えない」(21日付朝日新聞)という指摘もある。また「それ(訪米)よりも知事はなぜ安倍首相を説得しないのか」(同)という質問もあった。つまり翁長知事の説得する相手は「日本政府」だということである。日本国の一県知事である翁長知事が、日本政府を相手にしないで、米国を相手に一体何をするつもりか。そんな疑問を抱かせる翁長知事の訪米であった。

◆州知事は専権理解

 

 結果が事前から予測されたという点で、今回の訪米ほど明々白々な例を筆者は寡聞にして知らない。翁長知事の訪米前に菅官房長官ら政府首脳と立て続けに政府首脳に面会したが、結果が予測されるという点では今回の知事の訪米とまったく同じであった。

 日本時間の30日、翁長知事はイゲ・ハワイ州知事と会談した。翁長知事の反辺野古への協力要請に対し、安全保障事案は米国政府の専権事項と理解するイゲ知事は、「国と国との問題。ワシントンでしっかり伝えてください」と答えたという(30日付沖縄タイムス)。

 翁長氏はイゲ氏の言葉にはなかったものの、「私の言っていることを同じウチナーンチュのルーツを持つ知事なので理解している表情だった。私が逆の立場でもそうしていた」と前向きに受け止めた(同)。さらに、沖縄の海兵隊約2700人がハワイへ移転する計画があることに、イゲ氏は「日米両政府が決めれば、受け入れる準備がある」と理解を示したという。

 翁長知事は自分の都合のいいように解釈しているが、イゲ知事の前に面談した米上下院議員の対応と同じコメントであり、これは事実上の門前払いである。翁長知事の腹心の安慶田光男副知事が先遣隊としてイゲ知事と面会した時と同じく「(辺野古移設は)国の問題」と答えているにも関わらず「理解している(表情だった)」とは驚きだ。

 理解したとされる海兵隊移転も「日米両政府が決めれば、受け入れる」と条件付きだが、それには辺野古移設が前提である。翁長知事の思い込みの激しい発言にも驚くが、それに疑問のコメントもつけずヒーローのように報じる沖縄タイムスにも言葉を失う。

 同じ30日付琉球新報は、イゲ知事の発言を「沖縄の米軍基地に関することは日米両政府が決める。(米側では)ワシントンが決めることになる」と報じている。イゲ知事は、州政府としては直接は関与できないとの考えをしているのだ。「取り付く島もない」とはこのことである。勝手に推測させてもらうと、イゲ氏の本音は「自分の国の政府を説得できずに、外国の知事に協力を求めても無駄なこと。ワシントンでも精々頑張って下さい」といったものだろう。

 翁長知事はハワイでの要請行動を終え、ワシントンに滞在、米政府担当者に会う予定。ワシントンで6月3日に国務省と国防総省の担当者と同時に会うことが決まったものだが、応対はヤング日本部長とアバクロンビー副次官補代理代行で、沖縄県側が希望していた次官補級より「格下」になった。

 しかも、本丸のワシントンに向かう翁長知事の出鼻を挫(くじ)くかのように、米国務省のラスキー報道部長は5月28日の記者会見で、辺野古移設反対を訴えるため30日からワシントンを訪れる翁長知事に対し、同省ではヤング日本部長が辺野古への移設計画が「唯一の解決策だ」との見解を改めて伝えると予(あらかじ)め考えを示していた。それだけに翁長知事は、ワシントンでもさらに厳しい対応を強いられた。

◆扇動狙う印象操作

 

 翁長知事が日米安全保障事案に関しては何の法的権限もないことは、知事本人は言うまでもなく沖縄2紙が知らぬはずはない。翁長知事は、明らかに政府の専権事項である安保事案に踏み込んだ言動を繰り返すものとみられる。もちろん米政府は、基地移転での交渉相手はあくまで「日本政府」との立場だが、問題は翁長氏が米政府関係者の不用意なリップサービスの言葉尻を捉え、それを沖縄2紙が針小棒大に報道する可能性が高いことだ。

 翁長知事訪米の目的は米国側との論理的談判では分がないので、感情的プロパガンダ合戦で安倍政府を揺さぶる意図が明白だ。国防問題に関し、何の法的権限もない一県知事が、自国政府の頭越しにアメリカに交渉しようとする態度に危機感を感じるのは筆者だけではないはずだ。

 だが、沖縄2紙や翁長知事が再三再四“恫喝(どうかつ)”するように、普天間飛行場の周辺で大事故が発生したり、辺野古で流血騒動が起きて死傷者が出たりしたら、メディアの中でも特に沖縄2紙の攻撃の矛先は一挙に政府与党に向く危険性がある。

 これこそが扇動政治家・翁長知事が今回訪米する最大の目的である。安倍政府は舞台裏で翁長知事の意図を詳細にわたって米側に伝えておく必要がある。あるプロジェクトが成功か失敗かを判断するには、そのプロジェクトが完了してからすべきである。翁長知事の訪米要請行動は、使命途中半ばである。翁長知事は、本稿が掲載される日本時間の5日に帰国する。

 翁長知事の留守中、沖縄2紙は、これまで沈黙を守ってきた翁長知事のアキレス腱といわれる那覇軍港移設問題でのダブルスタンダードや、「沖縄観光コンベンションビューロー」「県信用保証協会」「沖縄都市モノレール」など県の外郭団体の長に、平良朝敬・かりゆしグループ前会長ら知事選に功労のあった人物を起用したことを大きく批判している。だが翁長知事に同行した記者は、出発時の報道のように思い込みの激しい表現で、翁長知事の訪米行動を「成功」、少なくとも「有意義であった」などと持ち上げるだろう。

◆恥晒した権限誤解

 

 本稿は翁長知事の帰国を待たず、結論を急ぐ。今回の翁長知事の「訪米行動は大失敗だった」と。

 翁長知事の思い込みをはるかにしのぐほど、米国の要人や政治家は民主主義が何であるかを心得ていた。つまり州知事と州政府の安全保障に関する法的権限を厳しく峻別(しゅんべつ)していたということである。その点、外交・安全保障にかかわる地域の首長の法的権限を誤解し、夜郎自大な発言で、世界に恥を晒(さら)した翁長沖縄県知事とは雲泥の差である。

 最後に付け加えると、出発前の記者会見で外人記者が発した「それ(訪米)よりも知事はなぜ安倍首相を説得しないのか」という質問の意味が理解できなかった翁長知事の責任を問うべきである。

(コラムニスト・江崎 孝)

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

【沖縄タイムス】韓国・少女像制作の夫妻が“来沖

2017-01-30 00:34:21 | マスコミ批判

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

沖縄2紙は犯罪者を英雄に仕立て上げることでは有名だが、反日外国人を英雄のように報道することも得意技である。

下記の記事で「少女像」には二つの歴史的間違いがある。

だが、沖縄タイムスは間違いを無視し、あたかも日本軍が韓国の少女を強制連行し「性奴隷」にしたように報道している。

慰安婦が存在したことは事実(当時は合法的)だが、日本軍が韓国人女性を強制連行した事実はない。

慰安婦の大部分は自ら条件の良い日本軍の慰安婦を希望していたが、少女の慰安婦は元慰安婦の記憶違いであり、実際は存在しない。

つまり「少女像」は次の二つの点で間違いである。

①慰安婦は自ら希望して慰安婦になった(性奴隷ではない)、

②少女の慰安婦は存在しない

「少女像」は、上記二つの嘘で日本を貶める象徴である。

日本を貶めるのが目的の韓国人夫妻を英雄のように報道する沖縄タイムスは売国奴と呼ばれても仕方がない。

沖縄タイムス+プラス ニュース

 「従軍慰安婦」被害を象徴する「平和の少女像」を制作した韓国の彫刻家夫妻が24~27日、沖縄県内を訪れた。金運成(キムウンソン)さん(52)と妻の(〓1)(〓2)(ソギョン)さん(51)。韓国民として芸術家として被害の実相を明らかにしようと少女像を造り、さらに視野を広げるため初めて沖縄に足を運んだ。沖縄戦の激戦地やガマ、米軍基地の現状を見て回り、(〓1)(〓2)さんは「非常につらいことを経験した人の魂を感じた」、運成さんは「困難な状況、悲しみがある」と語った。

従軍慰安婦問題について「被害者の視点から正義ある解決ができることを望む」と話す金運成さん(左)と(〓1)(〓2)さん夫妻=25日、読谷村内

 夫妻は韓国の市民団体の企画で訪れ、立命館大学の徐勝(ソスン)特任教授も同

行。糸満市の喜屋武岬や平和祈念公園、米軍普天間飛行場を望む宜野湾市の嘉数高台と佐喜眞美術館、読谷村のチビチリガマ、彫刻家・金城実さんのアトリエなどを訪れた。

 少女像を巡っては昨年末、釜山の日本総領事館前に設置され、日本政府は対抗措置として駐韓大使を一時帰国させるなど日韓の政治問題化している。

 この状況について(〓1)(〓2)さんは「私たちの国に私たちの意思で被害の真実を明らかにする作品であり、誰もそれをやめさせることはできない。一方的な撤去要求にハルモニ(おばあさん)たちもショックを受けており、新たな加害に直面している」と述べた。

 何よりも大事なのは、元慰安婦の女性の気持ちだという。「自分たちの子どもたちの未来のために闘うハルモニが亡くなる前に、きちんとした謝罪をしてほしい」と訴えた。

 また、2人は韓国民の怒りの矛先は日本政府だけでなく、しっかりした謝罪と解決がないまま2015年12月に合意を結んだ韓国政府にも向かっているとも指摘した。

 現状に心を痛めつつも、(〓1)(〓2)さんは「朝鮮半島も沖縄も戦争が続いている。芸術家として、平和の懸け橋になるための活動をしていきたい」と決意。両国の友好や未来に向け、民衆レベルでの交流が大切だと話した。

※(注=〓1はへんが「日」でつくりが「暑」)

※(注=〓2は「日」の下に「火」)

                                            

【東子さんの関連コメント】

韓国・少女像制作の夫妻が来沖 「朝鮮半島も沖縄も戦争が続いている」 2017年1月28日 18:17」
慰安婦 韓国 平和
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/81834

>「従軍慰安婦」被害を象徴する「平和の少女像」を制作した韓国の彫刻家夫妻

「平和の少女像」だけなら、確かに少女像だから、「事実」だが、「『従軍慰安婦』被害を象徴する」と修飾するなら、タイムスさんよ、少女=慰安婦ではないぞ。
それと、韓国は停戦中だから戦争は続いているが、日本は「サンフランシスコ条約」で終わっている。

事実を書かないといけないと、新報さんも言っているよ。



【参考】
「米国大使館前の反米少女像はNG 日本大使館前の反日少女像はOK 韓国の〝隷米反日〟 ソウル・黒田勝弘 016.9.3 11:55」
http://www.sankei.com/world/news/160903/wor1609030022-n1.html

>米大使館関係では、米軍車両事故で犠牲になった少女の記念碑が反米団体の手で大使館近くの路上に無許可で設置されたことがある


「【韓国崩壊】慰安婦像の正体が反米少女像だと日本政府が気付いた可能性あり!!! 呼称を巡って と ん で も な い 駆け引きが行なわれてるぞ!!! 2017.01.28」
http://www.news-us.jp/article/20170128-000007k.html

>故シン・ヒョスン、シム・ミソンさんは、慰安婦ではないぞ


「なぜ売春婦像に椅子が2つあるのか?実は「米軍装甲車女子中学生轢死事件」の犠牲者2人の像だった 2017/1/17(火) 午後 0:44」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/49649381.html

>なぜ、韓国人売春婦像には椅子が2つあるのか?
>日本軍向け慰安婦の募集は18歳以上だったのに、なぜ慰安婦像は中学生ぐらいの少女になっているのか?
>実は、韓国の売春婦像は、2002年の「米軍装甲車女子中学生轢死事件」で犠牲となった2人の女子中学生のモニュメント像だった!


「【拡散】韓国が慰安婦像を「平和の少女像」と言い換えてる真の理由がこれだ!!! と ん で も な い 裏工作の実態が広まってるぞ!!! 2017.01.19」
http://www.news-us.jp/article/20170119-000009k.html

>しかしあの像のモデルになった中学生の親は怒って無いの?
>米軍の車に轢かれたうえ
>売春婦扱いって踏んだり蹴ったりなんだが

 

  • 4

【沖縄タイムス】韓国・少女像制作の夫妻が“来沖”「朝鮮半島も沖縄も戦争中」韓国市民団体が企画

1: クリス ★@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:05:41.12 ID:CAP_USER
韓国・少女像制作の夫妻が来沖 「朝鮮半島も沖縄も戦争が続いている」
沖縄タイムス 1/28(土) 20:00配信

従軍慰安婦問題について「被害者の視点から正義ある解決ができることを望む」と話す金運成さん(左)と(〓1)(〓2)さん夫妻=25日、読谷村内
20170128-00081834-okinawat-000-1-view

 「従軍慰安婦」被害を象徴する「平和の少女像」を制作した韓国の彫刻家夫妻が24~27日、沖縄県内を訪れた。

 夫妻は韓国の市民団体の企画で訪れ、立命館大学の徐勝(ソスン)特任教授も同行。

リンク先全文参照
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00081834-okinawat-oki 
 



13: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:10:42.50 ID:CV4q9R8c
意味わからん

10: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:09:44.39 ID:bxbfKizn
行くべきなのはベトナムじゃないのかね。

15: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:11:33.00 ID:gCw4XxYT
今度は沖縄にすり寄って来たか
それを嬉々として取り上げる沖タイ
キモ

18: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:11:41.96 ID:JAkmJEHm
隠さんな~

35: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:21:58.95 ID:+SkUlAuu
沖縄に戦争なんかありませんな、眼鏡買った方が良い

60: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:33:19.38 ID:mWrS02b7
沖縄への干渉が激しくなって来たな。自分の国はそれどころではないのに
つか全部連動してるなこれ。危機感持ってないやつは目を覚まさないとヤバイ

83: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:43:05.64 ID:YKUeRfim
こいつらモロに北朝鮮のシンパなのな
行動原理はわかりやすい
韓国や日本を非難する像は制作するけど北の拉致被害に関することにはダンマリ
結構それを知ったらスッキリしたわ

96: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:53:37.63 ID:PRbdpg0P
沖縄への反日侵略が顕在化してきたな

沖縄を守らんと

100: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:55:29.52 ID:yMZyr+Tu
来沖?
来日だろ

103: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 01:57:16.08 ID:iyXzPqID
沖縄にいろんな左派連中が集まり過ぎて何が言いたいのか判らなくなってるw

116: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 02:04:42.89 ID:JratOhK2
よう恥ずかしげもなく慰安婦像なんか建てられるよ
馬鹿みたい
被害者意識が異常だよ
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

引用元: http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

発覚!またしても安慶田副知事の人事介入、県病院事業局長「退職迫られた」

2017-01-29 07:17:08 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

地脈・血脈の濃密な沖縄では、「口利き」は互助精神(結いまーる)の表れであり一種の美風とされてきた。

「口利き」は仕事のみならず、交通違反のもみ消しや、元税務署職員による「減税」の口利きなども半ば公然と行われていた。

だが祖国復帰以後、さすがに公平をモットーにする役所内の口利きは目立たぬようになった。

だが口利きは隠然と続けられていた。

安慶田副知事による「口利き」人事介入疑惑は、役所に務める人なら「やっぱり」という感想だったと聞く。

このように半ば公然と行われていた「美風」を沖縄2紙が知らぬはずはない。

知っていながら、報道しない。自分が支援する翁長知事県政なので批判を封印していたに過ぎない。

だが、昨年來の翁長知事の迷走、特に最高裁判断に従い、自ら下した「取り消し」を取り下げるに及んで、沖縄2紙は翁長支援に疑問を持つようになる。

年が明け、宮古島市長選における翁長知事の迷走が、「オール沖縄」の分裂に勢いをつけた。

知事が「オール沖縄」が支援した下地晃候補を支援せず、奥平候補を応援したことを「裏切り」と捉えた社民党系オール沖縄が、教育委員会に圧力をかけ、副知事の口利きを沖縄タイムスにリークさせた。 これが今回の安慶田疑惑の真相だろう。

だが、今回の安慶田疑惑は氷山の一角であった。

前教育長の「受けて立つ」のコメントに、安慶田副知事に煮え湯を呑まされた被害者が次々と内部告発してくれることを期待したい。

と思っていたら、安慶田副知事が、県病院事業局長の退職にも関与していた、との疑惑が浮上した。

 

qabテレビ 2017年1月27日 18時35分

県病院事業局長退職へ「退職迫られた」

 

県幹部の人事を巡り、さらなる疑惑です。県立病院のトップ、伊江朝次県病院事業局長が、任期途中で退職願を提出していたことがわかりました。伊江局長は、安慶田元副知事から、退職を迫られたと話しています。

伊江局長は現在、任期2期目の途中です。関係者によりますと、今月5日、県幹部が伊江局長のもとを訪れて退職願を書くよう求め、1週間後の12日に提出されたということです。

また伊江局長によりますと、去年2月には別の県幹部から当時の諸見里教育長も書いたとして、退職願を書くよう迫られたということです。そして、これを断ると、安慶田元副知事から直接、退職を求められたと話しています。

県病院事業局長は、地方公営企業法で知事が任命するとされていますが、「心身の故障」などの場合を除き、「意に反して罷免されない」と定められています。教職員の採用を巡る問題で副知事が辞任した矢先に浮上した新たな疑惑。安慶田元副知事や翁長知事の説明を求める声もあがりそうです。週明けには訪米予定の翁長知事。

きちんとした説明が求められています。

                 ☆

>去年2月には別の県幹部から当時の諸見里教育長も書いたとして、退職願を書くよう迫られたということです。そして、これを断ると、安慶田元副知事から直接、退職を求められたと話しています。

今回の諸見里教育長の内部告発が、正義感のなせる業ではなく、自分の任期半ばの更迭に対するしっぺ返しと書いた。

この記事を読む限り諸見里前教育長の内部告発はしっぺ返しの告発である。

安慶田副知事が、諸見里教育長と伊江病院局長に人事介入し、詰め腹を切らした事実が判明したのだ。

 

>教職員の採用を巡る問題で副知事が辞任した矢先に浮上した新たな疑惑。安慶田元副知事や翁長知事の説明を求める声もあがりそうです。週明けには訪米予定の翁長知事。

>きちんとした説明が求められています。

知事の訪米は前回の訪米時より、条件が悪い、と沖縄タイムスが社説で知事訪米に疑念を投げかけている。

沖縄タイムスの訪米は沖縄タイムスの指摘通り、血税の無駄使いに過ぎず、少なくとも良識ある県民なら反対するだろう。

1月22日、翁長知事は安慶田疑惑に関し、記者の「県を挙げて組織ぐるみの事実隠蔽ではないか」との質問に対し、表情をこわばらせ「そういう質問は想定できず。答えられない」「私から何も申し上げられない」と語気を強めた。

それまで落ち着いた態度で受け答えしていた翁長知事が一変、表情をこわばらせたのは記者の質問が問題の核心を突いていたからだ。今回の病院事業局長への人事介入や県教育庁への人事介入が、翁長知事ら県トップの組織ぐるみの人事介入であることは誰が考えても明らかであり、県トップの意向がなければ存在し得ない人事介入である。

翁長知事は単なるパフォーマンスに過ぎない訪米など取り止めて、百条委員会の設置による事実の解明こそが知事の果たすべき説明責任になるのではないか。

 【おまけ】

沖縄タイムス+プラス ニュース

9秒でまるわかり!

  • 病院局長が任期中に退職願を出したのは県幹部が促したためという
  • 昨年、局長を交代させる人事が浮上したが現場の反発で立ち消えに
  • 病院局では当直医師らへの巨額の賃金未払い問題など課題が山積み

 県病院事業局の伊江朝次局長(68)が知事に対し、任期途中で退職願を提出したことが明らかになった。局長を交代させる県の人事方針が覆った昨年の余(よ)燼(じん)がくすぶっており、伊江氏に近い関係者によると、今回の退職願は県幹部に促されて書いたという。

沖縄県庁

 地方公営企業法に基づき、病院事業局長の任期は4年。仲井真前県政で任命された伊江氏は現在2期7年目で、翁長県政に交代後も同じポストで続投する唯一の部局長だ。

 昨年は伊江氏を退任させ、後任に県立南部医療センター・こども医療センター院長(当時)の我那覇仁氏を充てる人事が持ち上がったものの、県立病院の医師らが「任期途中での交代は混乱を招く」などと反発し立ち消えになった。局長の任命権者は知事だが、病院事業には独立性があり、局長は心身の故障や職務上の義務違反などがない限り罷免されない。このため伊江局長が任期を1年残し、退職願を提出した背景について、関係者は「県幹部が局長のもとを訪れ、局長自ら退職願を書くよう促した」と話す。

 事業局では昨年、当直医師らへの巨額の賃金未払い問題が浮上。現状の人員と財政状況では救急診療体制の縮小にもつながりかねないなど難題が山積する。県総務部は、退職願を受理したかどうかや後任人事の有無について「ノーコメント」としている。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックジョーク!琉球新報が報道のイロハを説く、

2017-01-29 00:22:07 | マスコミ批判

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 黒を白と報じ、犯罪者を英雄に仕立て上げる捏造新聞として高名な琉球新報が、東京MXテレビを批判、社説で「報道のイロハを説く」だって。 

ブラックジョークでしょ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これだよなぁ
東京MXなんてローカル、騒がなければ東京のごく一部の人しか知らなかったのにこいつらが挙って大騒ぎしたお陰でめでたく全国に拡散
しかも論理的に否定するのかと思えば一部事実を認めてあからさまな矮小化を図ろうとした挙げ句にひたすら被害者面&体調ガー
興味のあるなしにかかわらず普通の人ならなんだこいつとしか思わないのにね
可哀想とか思われる前に犯罪者なんだから出てけやって思われるだけなのが永遠に理解出来ないんだろうなあ

【琉球新報/社説】対立した見解は双方の取材が報道のイロハ。悪意を持って確信犯的に放送、報道機関の一線越えた

 
1: ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:01:52.36 ID:CAP_USER
対立した見解がある場合、双方の言い分を取材するのは報道のイロハである。東京MXテレビはそれを怠り、取材を受けていない辛さんを公共の電波を使って誹謗中傷した。同時に新基地建設に反対する人々を事実に基づかず中傷し、おとしめた。まさに「沖縄ヘイト」である。

06

リンク先全文参照
ソース:琉球新報 2017年1月28日 06:01
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-434780.html
 



3: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:02:32.06 ID:Qbv6ZIze
おま

111: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:36:51.02 ID:WtyDxE+z
>>1
どの口で言ってんだ偏向報道の化身がw

109: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:35:47.06 ID:aSrNwv0T
>>1
>対立した見解がある場合、双方の言い分を取材するのは報道のイロハである。

どの口がいうのか。こいつらがデモに嫌悪を示す県民を取材したことがあったか?

59: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:16:11.44 ID:lp+SauO5
>>1
自己紹介ですか?

204: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 12:10:37.67 ID:fDB5NhbS
>>1
片側の主張しか載せない新聞が何言ってるの?

145: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:52:08.74 ID:3ccx5pI2
>>1 琉球新報がこんなこと知ってたことにびっくり!
知ってるのになぜ自分たちはやらないの?

227: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 12:17:34.10 ID:Z0jZ1Npr
反省文すら正確に書けないのかよ!>>1

6: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:02:55.16 ID:h/yCGUMP
そのまま返すわ

7: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:03:04.43 ID:8yeyqs6B
沖縄で放送もしていない番組に噛みつく新聞wwwwww

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:04:56.24 ID:ethyH+NV
>>7
そして知らなかった沖縄民が何かと興味をもってネットで見て事実を知る

18: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:06:47.42 ID:8yeyqs6B
>>12
だから慌ててるんだよねwwwwwwwww

このあとさらに追撃報道でもあった日には
もっと立場がなくなるしw

33: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:09:42.29 ID:oPHYYy64
>>18
ソレが追撃してるんですよw

ニュース女子側もDHCが消す気ゼロだし

35: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:10:33.55 ID:8yeyqs6B
>>33

wwwwwwwwwwwwwwwwww

そりゃレッテル貼りに必死になるわなwwwww

193: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 12:09:23.80 ID:Qtkua1DD
>>12
これだよなぁ
東京MXなんてローカル、騒がなければ東京のごく一部の人しか知らなかったのにこいつらが挙って大騒ぎしたお陰でめでたく全国に拡散
しかも論理的に否定するのかと思えば一部事実を認めてあからさまな矮小化を図ろうとした挙げ句にひたすら被害者面&体調ガー
興味のあるなしにかかわらず普通の人ならなんだこいつとしか思わないのにね
可哀想とか思われる前に犯罪者なんだから出てけやって思われるだけなのが永遠に理解出来ないんだろうなあ

246: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 12:25:15.78 ID:xB0Bpfta
>>193
>東京MXなんてローカル、騒がなければ東京のごく一部の人しか知らなかったのにこ

そうでもない
東京MXは、チャンネル番号も他の県単位ローカル局用の「3」だはなく、
キー局に準じた「9」が割当てられ、
東京以外でも南関東圏なら外れの方でないかぎり見れる
「ニュース女子」は視聴率もそこそこ良く、番組開始時は深夜枠だったのを、
プライムタイムに格上げした番組
また、番組はネット配信してるだけでなく、東京以外の地方局でも放送する局で出てきてる

東京キー局ほどの影響力はなくても、ローカル番組と切捨て無視できる番組でもないのです
少なくても、琉球新報より遙かに視聴者/購読者が多く、影響力もある番組w

251: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 12:28:30.07 ID:NKMdBAe7
>>246
ネットでも観れるのがいいね

45: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 11:13:30.39 ID:+B12zpSw
逮捕者は実際いるし動画でもみりゃ実態はわかるだろ

217: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 12:14:16.93 ID:Sn42l5of
マジかよ、琉球新報最低だな

224: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 12:16:36.83 ID:L9cfGI0t
お前も沖縄基地賛成派のことも報道しろや

249: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 12:26:28.09 ID:ydu9Lez5
ほんと頭大丈夫なのか沖縄のマスコミって
 
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
 

引用元: http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1485568912/

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄2紙発狂!地上波テレビの暴露で!韓国人頼みの反論

2017-01-28 06:46:46 | 高江ヘリパッド
 
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
 

これまで沖縄2紙を、捏造新聞と批判するのは専ら、ネット媒体によるものだった。 

したがって、批判が真実の指摘であっても、「ネトウヨの妄言」などとレッテル貼りで対応し、まともに反論することはなかった。(彼らが「市民」と報じるプロ活動家が、極左暴力集団であり、県外から集結したプロ活動家には対価が支給されていたので、反論できなかったのも事実)

ところがこれまで沖縄2紙のお仲間と考えていた地上波テレビの東京MX「女子ニュースが」が、高江の真実を報道した。

そして、報道が真実であるため沖縄2紙は窮地に追い詰められる。 報道は間接的に沖縄2紙の捏造報道を指摘することになるからだ。

影響力の大きい地上派テレビによる「高江の真実」の暴露を看過していたら、沖縄2紙が捏造報道をしていた事実を認めることになる。

沖縄タイムスと琉球新報は、生き残りをかけて捏造新聞の「汚名」払拭に躍起となった。

沖縄2紙の最近の紙面は、安慶田疑惑報道の合間を縫うように「東京MXテレビ」の「高江の真実」の報道に対し、あたかも同報道がデタラメであるかのような印象報道に懸命である。 

しかも自分の意見としては反論ではない。

高江で暴走する在日韓国人の口を借りて反論する沖縄2紙の手口だ。

これには失笑せざるを得ない。

自分らが捏造報道する時は、「言論・報道の自由」を掲げ、自分らが批判されるときは言論封殺を強要する。

これが報道の二重基準でなければ、一体何だというのだ。

今朝の沖縄タイムスから、東京MXテレビ関連の見出しを抜粋・紹介しよう。

■一面中段

虚偽で名誉侵害申し立て

MXテレビ報道 辛さんBPO

■六面

「ニュース女子」への辛淑玉さん見解

■社会面トップ

「うそと妄想とデマ」

MXテレビ高江抗議報道 辛さん、番組断罪

「悪意拡散に抗議」沖縄有志声明発表

「女子ニュース」のポイントは高江の「市民」が暴力を振るう暴徒である事実と、「市民」のほとんどは高江の外部からの来たプロ活動家で、「日当」が支払われいるという事実の報道だ。

■高江の暴徒の証拠は⇒【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】

 

■日当の証拠⇒

Cr7KW8sUEAA9S7B

リンク先全文参照http://ryukyushimpo.jp/news/entry-434266.html

東京MXの高江報道を認めてしまったら、沖縄2紙が捏造報道していたことを認めることになる。

沖縄2紙の自存のためには東京MXテレビの報道を「「うそと妄想とデマ」と決め付けて、全否定しなければならぬ。

だが、しかし・・・・。

沖縄2紙の「自存の闘い」は騒げば騒ぐほどブーメランとなる!

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 【東京】東京MXテレビの番組「ニュース女子」が東村高江周辺での米軍ヘリパッド建設に反対する抗議行動に関して事実と異なる放送をした問題で、虚偽の内容で名誉を侵害されたとして、ヘイトスピーチに対抗する団体「のりこえねっと」共同代表で人材育成コンサルタントの辛淑玉(シンスゴ)さんが27日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会へ申し立てた。

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に申し立てたことを会見で報告する辛淑玉さん=27日、東京・衆院第2議員会館

 放送局に対し、同番組内での訂正放送と謝罪、同放送局の報道番組での検証結果の報告、再発防止策の公表―などを求めている。

 辛さんは同日、都内で会見し、「『ニュース女子』は大変むごい番組だ。彼らは笑いながら私を名指しし、笑いながら沖縄の人々を侮辱した。私はその中で黒幕とされた。ネットで言われている言説を、テレビの地上波でそのまま流すのは罪が重い。問われているのは日本のメディアであり、日本の報道であり、日本のマジョリティーの人たちだ」と訴えた。

あわせて読みたい

 社会

東京MX「ニュース女子」に対する辛淑玉さん見解

 

琉球新報 2017年1月27日 10:28

 

 

 

 
 辛淑玉さん

 1月2日放送東京MXテレビ「ニュース女子」に対する「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉さんの見解は次の通り。

   ◇   ◇

 1月2日に放送されたTOKYO MX「ニュース女子」は、とにかく酷(ひど)かった。

 見ていて、こみ上げる怒りを抑えるのがこれほど難しかった経験はかつてなかった。胃液があがってきて、何度も吐いた。その後も、何気ない会話の中で突然涙が出てきたり、幾日も眠れぬ夜を過ごし、やっと眠れたと思えば悪夢にうなされた。

 私が、この番組の放つ悪意に冷静に向き合えるようになるまでには、時間が必要だった。友人や報道陣からの問い合わせに簡単な返信すらできなかったことを、この場を借りてお詫(わ)びしたい。

 いま、可能な限り、私の思いを言葉にして綴(つづ)りたいと思う。

   *   *

 「ニュース女子」の手口は、基地反対運動について、徹底的にニセの情報を流すというものだ。

 現場にも行かず、当事者にも取材をしない一方で、反基地運動によって迷惑をこうむっているというニセの「被害者」を登場させる。そして、「沖縄の反基地運動はシンスゴという親北派の韓国人が操っている。参加者はカネで雇われたバイトで、その過激な行動で地元の沖縄人は迷惑している」というデマを流して視聴者の意識を操作する。

 これは、沖縄の人々の思いを無視し、踏みにじる差別であり、許しがたい歪曲(わいきょく)報道である。また、権力になびく一部のウチナンチュを差別扇動の道具に利用して恥じない「植民者の手法」でもある。

 多くの報道で、「ニュース女子」が取材もせずに番組を作ったことが指摘されていたが、彼らは取材能力がないためにネトウヨ情報を検証もせずに垂れ流してしまったのではない。この番組は、「まつろわぬ者ども」を社会から抹殺するために、悪意をもって作られ、確信犯的に放送されたのだ。

 だから、間違いを指摘されても制作会社はコメントを拒否し、MXテレビは「議論の一環として」放送したと開き直っただけだった。公共の電波を使った放送を担う企業としての体をなしていない。

 為政者にとって、自分になびかない者の存在は、自らの優越性を否定されるため最も憎い存在であり、だから国家体制を批判する者には「非国民」のレッテルを貼り、他の国民が寄ってたかって攻撃するよう仕向ける。その手先としてメディアを使う。そこにあるのは「愚かな国民など、この程度のことを吹聴しておけば簡単に騙(だま)せる」という国民蔑視だ。

 国家権力の素顔を見抜き、闘いを挑んでくる「生意気な非国民ども」に対しては、ただ潰(つぶ)すだけでは飽き足らず、嘲笑(ちょうしょう)して力の差を見せつけた上で、屈辱感を味わわせようとする。「ニュース女子」が、年始特番の、しかも冒頭で私を名指しして嘲笑したのは、私が怒って抗議してくると想定した上でのことだろう。感情的になって抗議してくればそれを笑い飛ばす、抗議してこなければ、「抗議してこないのは、報道内容が正しかったからだ」と宣伝材料に利用できる。どっちにころんでも美味(おい)しいというわけだ。

 私も、沖縄の人々も、平和を希求する者は、一方的に攻撃されているのに、それが被害であること、ヘイト・スピーチであることを、被害者の側が実証しなければならないという理不尽な立場に立たされる。私は、毎日仕事をしながら、家族の介護をしながら、シェルターを運営しながら、怒りを抑えて問題を冷静に見つめ、膨大な時間を費やしてBPO(放送倫理・番組向上機構)に提出する文書を書かねばならない。

 その必要がなければできたはずの、睡眠時間や、家族・友人との大切な時間、幸せ、楽しみといった人生本来の意味をも、一方的に奪われている。相手を嫌でも闘わざるを得ない立場に追い込み、休息する権利、声を上げる権利を奪うのは、それ自体が人権侵害なのだ。そしてこれは私だけのことではなく、沖縄の人々が置かれている状況も同じだ。

 私はなぜ、在日への差別だけでなく、さまざまな差別に声を上げるのだろうか…。

 時に、自分でも不思議に感じる時がある。お金も、時間も、体力も、あらゆるものを犠牲にして、どうしてここまでやるのかと。もっと楽な生き方ができたはずなのにと言われたことも、一度や二度ではない。

 確かなのは、被差別の歴史に共感する胸の痛みがあるということだ。

 歴史や文化は異なっているが、ウチナンチュも在日朝鮮人も、日本の国家体制によって植民地支配を受け、人間としての権利を保障されず、排除・差別されてきた。

 ウチナンチュは日本国籍を付与された一方で島ごと奪われ、沖縄戦では「国体」や本土の日本人を守るための捨て石にされた。敗戦後は膨大な米軍基地を押し付けられ、いまも命・生活・人間の尊厳など多くを奪われ、抑圧されている。

 朝鮮人は、頼んでもいないのに帝国臣民にされ、日本兵の下請け・弾よけとして最も危険できつい労役につかされた挙げ句、敗戦後は日本国籍を一方的に剥奪(はくだつ)され、国籍がないことを理由に戦後補償の対象から外され、「外国人」として排除、差別を受けてきた。

 経緯に違いはあっても、植民地支配の対象とされてきた点では同じ位置に立たされている。

 そして、私は「殺せ」と言われ、沖縄の友人たちは「ゴキブリ」「ドブネズミ」「売国奴」「土人」と言われ、まとめて「反日・非国民」とくくられている。沖縄で起きていることは、私にとって他人事ではないのだ。

 彼らの痛みは私の痛みでもある。在日としてこの国に生を受けた以上、見て見ぬふりは許されないと私は思っている。

 「どんな発言にも表現の自由はある」と「中立公平」を装い、サイレント・マジョリティーの位置を確保して高みの見物(これこそが特権である)をする人々の沈黙によって、「在日」も「オキナワ」も、孤立無援の状態で表現の自由を奪われている。

 差別と闘う責任は、被差別の側ではなく、差別構造を作り出し温存する側にこそある。この国の主権者は、自らの社会から差別をなくすために払う努力を、主権を奪われたままの在日に押し付けてはならない。同様に、沖縄に押し付けてもいけない。

 新しい基地を作らせないという闘いは、ヤマトンチュ自らが政治の中枢部でなすべきであり、そうしなければ根本的な解決には至らない。

 いまこそ、マジョリティーが矢面に立って闘わなければ構造は変わらない。自分に火の粉が降りかからない限り動かない者が多数派の社会に、未来はないのだ。

 デマを流し、政権の尖兵(せんぺい)として憎悪扇動を行うこの番組を、決して許してはならない。あらためて、それだけは言っておきたい。

                            ☆

反基地運動報道の真偽

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 2日に放映された東京の地上波テレビ局、東京MXテレビの番組「ニュース女子」は、「沖縄基地反対派はいま」と題して、東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設の抗議行動について詳報した。これに対して、沖縄の2紙や一部ジャーナリストが「沖縄ヘイト」と断じ、激しく抗議している。

 2日放送の同番組では、米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事や、米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古における反基地活動について軍事ジャーナリストの井上和彦氏がレポートした。その中で、反基地活動家の過激性・暴力性を暴き、県外・国外からも多数デモに参加し、中にはお金をもらっている人もいると伝えた。

 これについて沖縄2紙は「沖縄に対するヘイト」と批判する記事を掲載。ジャーナリストの津田大介氏と安田浩一氏は同局が放送する朝の報道番組への出演を辞退した。

 反論を受け、東京MXは同番組で、「さまざまなメディアの沖縄基地問題をめぐる議論の一環として放送した」と見解を公表。番組スポンサーのDHCは20日付けでウェブサイトに以下の見解を掲載した。

 <のりこえねっとのチラシを元に5万円の交通費が支払われていると紹介しましたが、これはその是非を問うものではなく、事実のみを紹介したものです。

 また、日当2万円の根拠についても、貰ったと証言されている方がおり、その茶封筒は反対派で占拠されている状態の基地ゲート前で拾われ、証言と茶封筒の金額が一致しているところからも合理的な疑いを持たざるをえません>

 何が正しくて間違っているのか。後は読者のメディアリテラシーに委ねたい。(T)

 【おまけ】

  • 86

【琉球新報】のりこえねっと代表の辛淑玉さん「ウチナンチュも在日朝鮮人も、日本によって植民地支配を受け、人間としての権利を保障されず、排除・差別されてきた」

 
1: カーフブランディング(岐阜県)@\(^o^)/ ©2ch.net [US] 2017/01/27(金) 20:09:52.63 ID:f2D/yEBr0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
東京MX「ニュース女子」に対する辛淑玉さん見解

 1月2日放送東京MXテレビ「ニュース女子」に対する「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉さんの見解は次の通り。

   ◇   ◇

 
ウチナンチュも在日朝鮮人も、日本の国家体制によって植民地支配を受け、人間としての権利を保障されず、排除・差別されてきた。

Cr7KW8sUEAA9S7B

リンク先全文参照
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-434266.html



 
160: キャプチュード(dion軍)@\(^o^)/ [GB] 2017/01/27(金) 20:55:17.02 ID:31YAtdam0
ええ...

25: フェイスクラッシャー(庭)@\(^o^)/ [US] 2017/01/27(金) 20:15:16.48 ID:/dHhFGsT0
こいつマジでなにいってんの??

24: タイガードライバー(やわらか銀行)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/27(金) 20:15:11.39 ID:CriGC+fL0
もうイデオロギーも何も関係無しで
「日本が悪い」って叫びたい連中の吹き溜まりになってるな

2: タイガードライバー(やわらか銀行)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/27(金) 20:10:46.09 ID:CriGC+fL0
どんどん寄せ集まって精鋭化してるな

26: ファルコンアロー(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/27(金) 20:15:28.81 ID:k/icsmEf0
沖縄の人怒っていいよ

54: タイガースープレックス(庭)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/27(金) 20:21:50.77 ID:z9wwiMDD0
絶対逆効果

57: ラダームーンサルト(東京都)@\(^o^)/ [US] 2017/01/27(金) 20:22:12.71 ID:S9rMgnl80
沖縄県民を差別してる本土人なんていないっつーの
沖縄県民のふりして騒いでる工作員は叩かれてるけどな

118: ミッドナイトエクスプレス(空)@\(^o^)/ [CN] 2017/01/27(金) 20:38:06.66 ID:OUosScQ80
ならウチナンチュにアンケート取ってみろや

140: 足4の字固め(チベット自治区)@\(^o^)/ [MX] 2017/01/27(金) 20:46:58.74 ID:j+NivJDA0
いや、沖縄県民を差別も排除もまったくした覚えもないし
するつもりもないぞ。同じ日本人だからな。

147: レッドインク(茸)@\(^o^)/ [CN] 2017/01/27(金) 20:49:29.46 ID:EE4ONowg0
アイヌもそうなんだけど、昔は知らないけど今の本州の人間に差別意識ってまったくないんだよね
なのに差別だ差別だ高らかに叫んで差別意識を植え付けようとしてる連中がいる
これは解同も同じ

176: キチンシンク(やわらか銀行)@\(^o^)/ [UA] 2017/01/27(金) 21:02:50.65 ID:1IRODGzR0
普通の沖縄の人からしたらいい迷惑だろ

193: ジャストフェイスロック(茸)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/27(金) 21:14:05.84 ID:CYJ4iWOi0
沖縄県民への差別って少なくともここ30年ありえない
沖縄だからこうっていう差別できるような特徴もないし無理すぎる

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1485515392/



*荒れそうな記事につき下記の注意書きを熟読した上でコメントして頂けると有り難いです。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
 
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

市民と称する当たり屋、警備の警察官が被害

2017-01-28 05:21:57 | 高江ヘリパッド

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
 
 
 
 
 
沖縄2紙が「市民」と報道する極高江の左暴力集団が「当たり屋」をやった。
これを得意げに報道するNHK。

訓練場警備の警察官 種類送検

訓練場警備の警察官 書類送検 

去年7月、沖縄のアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター発着場の工事に反対する活動をしていた男性を、機動隊の車両でひいて軽いけがを負わせたとして、警察は、運転していた警察官を過失運転傷害の疑いで、26日までに書類送検しました。
発着場の建設をめぐっては、反対する人たちと警察官が衝突するなど、大きな混乱が起きましたが、警察官が書類送検されるのはこれが初めてです。
書類送検されたのは、先月完成した、沖縄のアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター発着場の建設で、現場の警備にあたっていた沖縄県警の20代の機動隊員です。
警察によりますと、機動隊員は去年7月21日、建設予定地近くの県道で、翌日の工事の着工に向けて反対する活動をしていた男性を、機動隊の車両でひいて軽いけがを負わせたとして、過失運転傷害の疑いが持たれています。
警察によりますと、機動隊員は「運転席からは男性は見えなかった」と話していたということです。

男性は事故のあと、けがの診断書を提出し、警察が当時の状況を詳しく調べていました。
発着場の建設をめぐっては、反対する人たちと警察官が衝突し、一部の人が逮捕されるなど、大きな混乱が起きましたが、警備にあたっていた警察官が書類送検されるのはこれが初めてです。
沖縄県警察本部は、NHKの取材に対して「現時点では回答できません」としています。
20代の警察官が書類送検されていたことについて、男性はNHKの取材に対して「当時、機動隊の車の前にあぐらをかいて座っていたら、車が突然動き出し、首をねんざした。警察官の行為はとても許せず、捜査に時間がかかりすぎている」と話していました。

01月27日 10時06分

 
  • 53

【沖縄サヨクの実態】機動隊員が反対活動男を車でひき軽傷を負わせ書類送検 ⇒ ひかれた男性「車の前に胡座をかいて座っていたら轢かれた。許せない」

 
1: 水星虫 ★ ©2ch.net 2017/01/27(金) 09:50:01.52 ID:CAP_USER9
訓練場警備の警察官 書類送検

*ソース元にニュース画像あり*
http://www.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093370761.html?t=1485477343000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

去年7月、沖縄のアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター発着場の工事に反対する活動をしていた男性を、機動隊の車両でひいて軽いけがを負わせたとして、警察は、運転していた警察官を過失運転傷害の疑いで、26日までに書類送検しました。

20代の警察官が書類送検されていたことについて、男性はNHKの取材に対して「当時、機動隊の車の前にあぐらをかいて座っていたら、車が突然動き出し、首をねんざした。

08

04

04

01月26日 19時16分
 



【参考】



138: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:41:01.41 ID:bPf0P8C50
>機動隊の車の前にあぐらをかいて座っていたら

なんやこいつ…

3: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 09:51:45.71 ID:F7BVZH/L0
完全に当たり屋です

6: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 09:52:31.20 ID:3DH+j36v0
当たり屋じゃねえか

228: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 12:49:15.78 ID:MrCEO5a40
>>1 
県道で車の前に座り込むって… 
当たり屋だな…

9: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 09:53:07.77 ID:XnQ9k7aO0
警官を調べるのもいいが、道路を占拠していたなら、
道路交通法違反で収監する必要もありそうだな。

34: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:03:03.34 ID:8tgAgOxH0
車の前に座り込む人って何考えてるんだろう?
危ないよね

149: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:49:19.14 ID:UVtblLxh0
>>1
車でひいちゃあいけないけど活動家を往路妨害で捕まえてくれ

58: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:13:05.72 ID:HGc2lE6S0
そっかー 沖縄県警だったら沖縄知事が謝罪せんとね(棒

71: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:17:32.15 ID:EkR8Bug40
道路に座ってた奴も悪いわな
わざと座ってたなら悪質

73: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:17:58.90 ID:YiDSEtMq0
サヨク「これで機動隊もおとなしくなるだろう」
機動隊「危ないから全員撤去で」

83: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:21:11.81 ID:J5vGuPoR0
当たり屋のせいでキャリアに傷が付いた機動隊員かわいそう

98: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:24:37.97 ID:B3jMUiE/0
道路上で座り込みで通行を妨害って
往来なんたらの罪に該当しないの

122: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:33:43.50 ID:s60tSlgb0
なんだよ?轢かれたって言いながら首が捻挫したってw

145: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:44:55.80 ID:XnCnk4Ln0
これを機に基地反対派を一掃して欲しい

146: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:45:32.87 ID:v97ILCNX0
これは運転手がかわいそう。

147: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:48:13.14 ID:XnCnk4Ln0
不起訴になるだろ

155: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:53:30.80 ID:PhHo3NRC0
公務執行妨害だから、次々に逮捕したらいい。

161: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:58:07.04 ID:iUtBjfVE0
>>155
そうすべきだよね

163: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 10:59:40.71 ID:zCPLe2D50
そもそも、公道に座って通行妨害している時点で違法なんだから
即逮捕しろよ。

178: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 11:11:49.39 ID:70BWzDhm0
>機動隊の車の前にあぐらをかいて座っていたら、車が突然動き出し、首をねんざした。

そ、そりゃね?
車の前に座ってたら見えないだろ…

199: 名無しさん@1周年 2017/01/27(金) 11:44:26.68 ID:xZUsM5c6O
当たり屋行為じゃねーか…

もう話になんねーよな…
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

引用元: http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485478201/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安慶田・刑事告訴に「由々しいこと」翁長沖縄知事、県は百条委の設置を

2017-01-27 07:40:07 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

今朝の沖縄タイムスは合計6面を使って安慶田告訴劇で大発狂。

■一面トップ

安慶田氏 前教育長を告訴

前教育長「受けて立つ」

知事「大変由々しい」

■二面トップ

県政混乱 遠のく解決

「喚問会費の意図か」

県幹部・議会指摘相次ぐ

■三面トップ

政府交渉 見直し必至

県と国にデメリット

基地戦略「大転換」へ

■第二社会面トップ

民事と刑事 法廷対決

専門家「起訴困難」の声も

地検の判断が鍵

■社会面トップ

人事介入 一部認める

告発「耐え難い苦痛」

硬い表情 語気強め

唐突な告訴 告発者の萎縮懸念

自分の言葉で説明を

翁長知事の「汚れ仕事」の代行人といわれた安慶田前副知事が、諸見里前件教育庁を告訴したことで、県内に激震が走った。

安慶田氏の告訴劇は、直前まで県庁のナンバー2だった人物が、昨年まで県の教育行政のトップだった人物を告訴するという前代未聞の事態だ。 県庁内に疑心暗鬼の空気が流れるのも止むを得ない。

そもそも、潔白を主張していた安慶田氏の当然の辞職にも疑問が多い。

自分が潔白で、前教育庁が嘘をついているのなら、職に止まって自分の潔白を証明し、嘘をついた前教育長が辞任するのが筋のはずだ。

また翁長知事の対応も不可解だ、二度の会見で「本人は何も覚えがないと言っている」などとして嫌疑を否定し、安慶田氏を擁護、調査の可能性も否定した。 

前教育庁の告発を受け、「任命者としての責任を自覚している」などと述べたが、十分な調査も尽くさずに幕引きを図ろうとした知事の姿勢が県民の不信感を増幅させたことは間違いない。 「汚れ仕事」の代行人の辞任を「トカゲの尻尾切り」のつもりで、口封じのため闇に葬るつもりではなかったのか。

ところが沖縄2紙が「このままではない」「真相解明を」などと書きたてたので、やむなく記者会見に応じた安慶田氏の唐突とも言える告訴劇だ。

告訴された諸見里前教育長は「うそ偽りなく全て話してきた。逃げるわけにはいかないので正面から受けて立つ」と鼻息が荒い。

安慶田前副知事が嘘つきか、諸見里前教育長が嘘つきか、法廷で決着がつくだろう。

だが、いずれが嘘つきにせ県幹部の法廷闘争で一番困惑しているのは、翁長知事だろう。

闇に葬り去るはず「汚れ仕事」の詳細が法廷で県民の目に晒されることになるのだ。

翁長知事は安慶田氏の唐突とも言える国訴劇に対し「由々しきこと」と本音を漏らしている。

「由々しきこと」を辞書で調べると、次のような説明がある。

「そのままほうっておくと、とんでもない結果を引き起こすことになること」

知事の発言は的を射た発言だ。 「闇の仕事人」の法制闘争を「そのまま放っておくと、とんでもない結果を引き起こす事態」になりかねない。

つまり開き直った安慶田氏の吐く「毒」が翁長知事に降り掛かって、政治生命を失いかねない。

 

刑事告訴に「由々しいこと」 翁長沖縄知事、副知事の教員採用口利きで

  翁長雄志知事

 沖縄県の安慶田光男前副知事による教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入疑惑を巡り、安慶田氏が諸見里明前教育長を名誉毀損(きそん)で刑事告訴したことについて、翁長雄志知事は26日午後、「由々しいことだと思っている。トップの知事としては、このこと自体を重大に考えており、県民の不安や心配を取り除いて県政に期待を持てるよう説明を含めてしっかりやれるのかどうかが大変重要だろうと思っている」と述べた。都内で記者団の取材に応じた。

 翁長知事によると、安慶田氏から25日午前に電話で刑事告訴する意向が伝えられた。県として安慶田氏に改めて聞き取り調査をするのかについては「(東京から)帰ってから、改めてどのように対応していくのかを考えていきたい」と述べるにとどめた。
【琉球新報電子版】

                       ☆

>県として安慶田氏に改めて聞き取り調査をするのかについては「(東京から)帰ってから、改めてどのように対応していくのかを考えていきたい」と述べるにとどめた。

安慶田副知事の任命責任者として、疑惑解明の調査は県民に対する義務だ。

「改めて考える」などと悠長なことを言っている場合ではない。

出席や証言を拒否したら罰則のつく百条委員会の設置を急ぎ、早急に真相解明に協力するべきである。

安慶田氏の唐突な告訴に対し、県幹部は「告訴すれば、百条委への出席を求めても『係争中』として応じないことができる」と懸念する。

だが、仲井真県政当時、県は「識名トンネル問題」や「辺野古埋め立て承認」で、第三者委員会を設置し検証してきた経緯がある。

県が案慶田疑惑で第三者委員会を設置しないのであれば、県民から『なぜ今回は例外なのか』『ダブルスタンダードではないか』、と思われても仕方がない。

県は安慶田氏の告訴とは別に百条委員会を設置し、県独自の真相解明に務めなければ県民を裏切ることになる。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

【おまけ】

昨夜、新年会を北谷町の某所で行った。

安慶田氏の唐突な告訴劇も話題になった。

以下は酒席の酔談である。

 

「安慶田は『記憶にない』と言っているが、ボケたのかね」

「いや、一部は覚えていると認めているからマダラボケだろう」

「いやいや、安慶田はワルだよ。手書きのメモをシュレッダーで廃棄したと報道で知って、証拠がないから勝てると思ったのでは」

「いや、諸見里はもっとワルだよ。 証拠のメモは廃棄した見せ掛け、実は保管しているのでは」

「最後に、これが目に入らぬか!と法廷で黄門様の印籠をやるのでは」

「証拠のメモを見て安慶田、泡を吹くだろう」

「ふぐは泡ではなく、毒だろう」

「ふぐが自分の毒で死なないのは不思議だね」

「不思議だ」

「次に毒にあたるのは誰」

「翁長だろう」

「翁長はフラフラ、県庁はガタガタ」

「オール沖縄はブンレツだ」

「これで翁長県政もオワリだね」

「乾杯!」 

 

 

 

 

 

 

 

 

前教育長を刑事告訴したことについて弁護士と一緒に会見する安慶田光男前副知事(中央)=26日午前10時52分、沖縄県政記者クラブ

 安慶田光男前副知事による教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入があったと諸見里明前教育長が文書で証言したことを受けて、安慶田氏は26日午前、県政記者クラブで会見し「前教育長の文書記載や同様の説明は事実ではなく、このようなつくり話で名誉を侵害され、耐え難い苦痛を与えられたことから、前教育長を名誉毀損罪で刑事告発することとし、昨日(25日)、那覇地検に告訴状を提出した」と諸見里前教育長を名誉棄損(きそん)の容疑で刑事告訴したことを明らかにした。併せて26日に名誉棄損に基づく損害賠償を求めて民事提訴したことも明らかにした。安慶田副知事による口利きを巡る問題は、前副知事が前教育長を告訴する異例の事態に発展し、泥沼化の様相を呈している。
 諸見里前教育長は県教育庁に提出した文書で、2015年8月ごろの教員採用試験での口利きや15年1月と16年1月の教育庁幹部人事への介入について、自身が副知事室に呼ばれて依頼を受けたことや、受験者のメモを渡されたことなど詳細を告発している。
 諸見里前教育長の文書を受けて再調査した平敷昭人県教育長は24日、事実関係を認める複数の証言があったとして「働き掛けがあったと考えざるを得ない」と結論づけた。
 諸見里前教育長は、以前の教育庁の調査に、副知事の働き掛けがなかったことに同意していた。翻意の理由について書面で、副知事の「絶対否定」の姿勢に「大きな違和感を覚えた」などとしている。【琉球新報電子版】

 

                                                                                        ☆

 

 安慶田光男前副知事による合格依頼の働き掛けがあったとされる教員採用試験。県教育委員会は事実を認めた上で、試験結果への影響はないと説明した。採用試験は過去に選考過程の不透明さやチェック体制の甘さが指摘され、不正やミスの余地がないよう改善を重ねてきた。だがある県教委幹部経験者は、有力者などからの採用依頼は「これまでにもあり、今回に限った話ではない」と明かし、再発防止策の必要性を強調する。

沖縄県庁

 県教委幹部経験者の1人は現職時代を振り返り、「第三者を通じて、議員の親族の採用依頼を受けたことがある。当然応じなかった」と打ち明ける。「不正は絶対に無理、とは思わない。どんな制度にしても最後は職員の倫理観に掛かっている」と強調。別の幹部経験者は「さまざまな形の依頼は少なからずあったが全て拒否した」と話す。

 県教員採用試験は2007年、143人の追加合格者を出す前代未聞の採点ミスが起きた。担当者が1次試験の配点を間違って指示したほか、正答を誤答と指定した単純ミスが原因。チェック体制の不備と職員意識の問題が露呈し、県教委は試験問題や解答の積極的な公表、詳細な業務マニュアルの作成を決めた。

 08年、大分県で教員採用試験の汚職が発覚したことを受け、沖縄県教委は(1)問題や解答、配点の公表(2)業務マニュアルで担当職員の役割を明確化(3)受験番号や点数などのデータを複数で共有、チェック-の改善策を講じた。関係者は「幹部でも結果を操作する余地はない」と口をそろえる。

 それでも「合格依頼」は後を絶たない。別の元教育庁職員は、今回の前副知事の働き掛けを「依頼者の立場が大きな問題。副知事という地位を利用すればどう喝と同じ。断るには大変な労力が必要で、あってはならない政治介入だ」と批判し「再発防止の仕組みづくりが不可欠だ」と語る。

 元教育長の津留健二・沖縄女子短大教授は「今回の問題は非常に残念。試験結果や人事で県民に少しでも疑念を抱かせてはいけない」と強調。「働き掛けを毅然(きぜん)とした態度で拒否すれば、やがて依頼自体がなくなる。それが最大の再発防止策だ」と提言する。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

【速報】安慶田氏が刑事告訴と民事提訴、名誉毀損で前教育長を

2017-01-26 13:09:55 | 未分類
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

毒ふぐに名誉が有るか否かはさておき、安慶田前副知事が諸見里前教育長を名誉毀損で、刑事告訴と民事提訴をした。

沖縄タイムス+プラス ニュース

 安慶田光男前副知事は26日午前、県庁で記者会見した。県教員採用試験への介入をあらためて否定する一方、県教育庁の幹部人事を巡っては「教育関係者の要望を前教育長に伝えた記憶は、わずかながらある」と述べ、介入を事実上認めた。また、安慶田氏からの介入があったと文書で証言した諸見里明前教育長に名誉を傷つけられたとして、告訴したことを発表した。25日、那覇地方検察庁に名誉毀損罪で刑事告訴し、26日に那覇地方裁判所へ損害賠償を求め提訴した。

記者会見で、「前教育長を告訴した」と語る安慶田光男前副知事=26日午前11時すぎ、県庁

 安慶田氏は教員採用試験を巡り「前教育長の説明は真実ではなく、作り話によって名誉を侵害され、耐え難い苦痛を与えられた」と述べ、あらためて介入を否定した。

 県や県議会の調査に協力するかどうかは、代理人を通じて「あらためて検討したい」と述べ、明言しなかった。

 

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

標的は翁長知事!安慶田「口利き」疑惑

2017-01-26 07:38:11 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

安慶田疑惑報道の口火を切った沖縄タイムスは、本日も「安慶=翁長」叩きに拍車を掛けている。

先ず見出しの紹介から。

■一面左トップ

採用試験介入認否に焦点

安慶田氏きょう会見

■二面トップ

県調査に応じるか注目

識者 安慶田氏は説明を

■三面トップ

実名の告発急展開

安慶田氏 強気の姿勢

県教委 事実確認に奔走

 

2014年12月の翁長知事の誕生以来、沖縄2紙は新聞の本分を忘れ、翁長知事の批判を封印してきた。

ところが最高裁で県の敗訴が確定し、翁長知事が自ら下した「埋め立て承認取り消し」を取り消すに及んで、沖縄2紙の翁長知事批判が噴出し始めた。 

今年に入って、宮古島市長選を巡る「オール沖縄」の分裂騒動で翁長知事が共産党系の奥平候補を支援したことがこじれ、「オール沖縄」の社民党系リーダーの圧力で県庁内部の不満分子が安慶田「口利き」疑惑を沖縄タイムスにリークした。

沖縄タイムスのスクープ報道が爆発した。 

これに呼応した琉球新報が沖縄タイムスと並んで安慶田疑惑の糾弾を始めた。(両紙の翁長知事糾弾の社説は「おまけ」参照)

沖縄2紙が翁長知事批判の封印を解いた瞬間である。

これまで翁長知事を支えてきた「オール沖縄」に亀裂が入り、沖縄2紙が翁長支援を見限ったのだ。

これまで沖縄2紙と対立する論調で翁長知事批判を続けていた世界日報が、安慶田「口利き」疑惑を要領よくまとめてくれた。

 

県教委、安慶田副知事の口利き認める

「翁長知事は事実隠蔽か」自民党県連が追及へ

 

 沖縄県の安慶田光男副知事が教員採用試験への口利きや県教育庁幹部人事へ介入した疑惑について、平敷昭人教育長は24日午前、諸見里明前教育長から口利きや人事介入の事実を認める文書が22日に提出されたことを公表した。

800-1

 この文書を受け、県教委員は23日、当時の県教育庁幹部に聞き取り調査をした結果、事実関係を認める複数の証言があり、「働き掛けがあったと考えざるを得ない」と結論付けた。翁長雄志知事には22日中に文書が届いてることを報告し、詳しい内容については翌日に説明したという。

 翁長氏は24日午後、安慶田氏は「全面的に否定していた」とした上で、「改めて問い直したい」と述べ、県教委と協議する意向を示した。県教委の事実認定については言及しなかったものの、「私からすると任命責任があるということで重大に受け止めている」と、自身の責任に言及した。

800-2

 これらを受け、自民党沖縄県連は同日午後、記者会見を開き、22日に前教育長が文書提出したにもかかわらず、23日の記者会見で翁長氏が事実認定しなかったことについて照屋守之会長は、「事実の隠蔽と受け止められても仕方がない」と批判。「もし、教育長が知事に伝えなかったとすれば、それも問題」と述べた。

 安慶田氏の辞任について、照屋氏は「説明責任を放棄してはいけない」と強調。県議会の百条委員会と2月定例会で徹底追及するとともに、翁長氏の任命責任についても追及していく構えを示した。

諸見里明・前沖縄県教育長の文書(要約)

 先日、指導統括監から電話があり、「この件については、依頼などなかったとしてよろしいですか」という問いに「はい、それでよい」と回答したが、その後、知事の「事実ない」、副知事の「関与否定」という記者会見後に、やはり事実は事実として知らせるべきだという結論に達した。

 私が最初、「それでよい」と回答したことは、知事の困惑も私が口を閉じればそれで収束するからとの思いだった。

 しかし、あえて修正すべきだとする結論に達したのは、次の理由からだ。

①知事、副知事の記者会見後、私のもとに多くの電話が殺到した。その中で、大先輩や友人たち及びマスコミなどから「事実はどうなのか。事実と違うならばぜひ真実を表明して欲しい」という強い意見に心が揺れた。
②「教育の中立性」だけは絶対に確保すべきであるという信念。
③マスコミが独自取材を経てここまで報道していながら、前教育長(諸見里)が事実を隠蔽して良いのかという、道義的責任を強く感じ、後々、後悔することになると痛感した。
④副知事の「絶対否定」に「これでいいのだろうか」と大きな違和感を覚えた。

<採用依頼について>

 2015年に実施された教員の1次採用試験の合格発表後、2次試験が行われる8月中旬頃から末頃の間、安慶田副知事から副知事室に来るようにとの電話があり、部屋に入ったところ、メモ用紙を渡された。それには3人の受験番号、教科、氏名が記入されており、「よろしくお願い」「無理しなくてもいい」と言われた。

 持ち帰って自室に戻ると、しばらくして幹部Aを呼んで、副知事からの採用依頼があったことについて協議。「こんなことは絶対にできない」とお互いに同意を得た。その後、幹部Bとも確認した。

 副知事には、採用試験の最終合格発表を確認した後、副知事室に出向き、当該3人の氏名を確認しながら合否を報告した。そのうち、1人は不合格だったが、副知事は私をじっと見たまま何も答えなかった。

 また、10月末日頃、副知事から電話があり、学校事務職員採用試験1次合格者の受験番号と名前を告げた後、「よろしく頼む」と言われた。学校事務は県教委の所管ではなく県人事委員会の所管だと説明すると、「そうか、分かった」と言って引き取った。

 副知事から渡されたメモ用紙は、副知事に報告後、シュレッダーにかけて消去しており、手帳などにも残していないことから受験番号も名前も覚えていない。

<人事異動への介入について>

 2015年1月中旬頃、副知事室に呼ばれ、教育庁幹部Cの異動先を指導統括監にするように副知事から指示された。しかし、当時の指導統括監がまだ就任1年目であることを理由に固辞した。2~3日後に再度呼び出され、今度は県立総合教育センター所長に統括監級として異動するように指示された。この件はむげに断る理由もないことから、持ち帰って幹部Aと幹部Bを呼んで協議したところ、絶対駄目だと確認した。

 この件について後日、県教委の委員に事情を説明したところ、異動させないようにとの意見で一致し、その旨を副知事に伝えた。その際、激しく恫喝されたのを覚えている。

 また、同時期に、小学校校長Dを義務教育課長か那覇教育事務所長に登用するようにも迫られたが、当時の人事配置事情から断ったところ、この件は了承された。

 2016年1月の中旬頃、前年度に名前が挙がった校長Dを義務教育課長か那覇教育事務所長に異動配置するよう指示されたが、再び固辞したところ、厳しい恫喝を浴びせられた。

                     ☆

ここで疑惑の対象として炙り出されてくる人物は、安慶田副知事1人だけではない。

当初、ずさんな調査で「口利き」を否定していた平識教育長や、諸見里前教育長だって実名報道にいたる過程に不信感が募る。 そして最終的には、論功行賞を指揮した翁長知事の仮面を引っ剥がすまで、調査を徹底させるべきだ。

そう、安慶田疑惑でトカゲの尻尾切りで済ましてはいけない。

本命は翁長知事だ!

本日予定されている安慶田氏の記者会見でも、安慶田氏は強気の構えだという。

仮に、疑惑を否定し続けたら沖縄2紙によるバッシングに「火に油」になるだろう。

疑惑を認めたら「誰の指示でやったか」と翁長知事追及の矢が迫ってくる。

引くも地獄、進むも地獄。

これが安慶田氏の現在の心境だろう。

下記の沖縄タイムスを読めば県庁内が翁長・安慶田体制により、腐敗と不信の伏魔殿と化している様子が分かる。

 沖縄県教育委員会が24日、安慶田光男前副知事の働き掛けを認めた一方、翁長雄志知事は安慶田氏を擁護する姿勢を見せた。こうした状況に県内部からは、知事の対応を疑問視する声や、外部調査による事実解明を求める声が高まっている。

 

沖縄タイムス+プラス プレミアム

 2017年1月25日 12:29

 安慶田光男前副知事による一連の疑惑で、翁長雄志知事は24日、疑惑を事実と認めず「疑念」との表現にとどめた。安慶田氏という盟友への「情」を重視した対応に見える。ただ、前教育長から疑惑を裏付ける核心的な証言が文書で示されていることもあり、知事の言動は安慶田氏を過度に擁護している印象を拭えない。

 

 【おまけ】

本日予定の安慶田氏記者会見を予測してみた。

記者「口利きや人事介入はなかったのですか」

安慶田「断じてない。疑惑を否定する」

記者「何か否定する証拠がありますか」

安慶田「私の顔を見て、悪事を働く顔に見えるか」

記者「見える!見える!」

安慶田「む・む・む・・・・」

安慶田「では俺の目を見よ。嘘をつく目に見えるか」

記者「見える!見える!血走っている」

安慶田「お前らの目は節穴か!会見は終了だ!」

安慶田「夜道の一人歩きは気をつけろよ!」

記者「そのように恫喝したのですか」

 安慶田「・・・・・」

 

社説[前副知事の介入認定]これで幕引きとならぬ

沖縄タイムス 2017年1月25日 10:00

 安慶田光男前副知事が教員採用試験や教育庁の幹部人事に介入したとされる問題で、平敷昭人教育長は24日、「前副知事から働き掛けがあったと考えざるを得ない」と事実であることを認めた。

 当初、電話による元幹部らの聞き取り調査に基づき、全面否定していたのを180度覆す結論である。

 状況を一変させたのは、諸見里明前教育長が22日、実名で平敷氏宛てに提出した詳細な告発文書である。

 県教委は諸見里氏を含む元幹部らと直接面談して事情を聴き、告発を裏付ける証言が得られたと判断した。

 諸見里氏は電話聴取では「知事の困惑も私が口を閉じれば収束する」と疑惑を否定していたが、「副知事の絶対否定に大きな違和感を覚えた」と告発に踏み切ったという。

 介入の具体的な証言が報じられていたにもかかわらず、県教委の調査は電話での聞き取りという安易な方法で、早々に打ち切る方針を示していた。問題を矮(わい)小(しょう)化し、早期に収束させたかったと受け止められても仕方がない。

 平敷氏は22日、翁長雄志知事に告発文書の概要の一報を入れたが、文書の全容を報告することができたのは23日の知事会見後。翁長知事は会見で「一貫してやっていない」との安慶田氏の主張を受け入れ、疑惑を否定した。当時の教育行政トップが告発した概要を知りながらなぜ、これに触れなかったのだろうか。

 その後、安慶田氏は辞任したことを明らかにした。教員採用試験や幹部人事への介入を一切否定したまま「県政運営に混乱と停滞を招いている」ことを理由に挙げた。

 不可解で不誠実な対応だ。

■    ■

 告発文書で諸見里氏は、人事介入が実現しなかったため安慶田氏から2度にわたって「厳しい恫喝(どうかつ)を浴びせられた」ことを明らかにしている。

 副知事の威光を背景にした不当な介入にほかならない。

 要職の副知事を務めた安慶田氏には辞任後であっても説明責任がある。

 安慶田氏は辞任に当たって正式な記者会見を開くことなく、県庁ロビーで記者団の取材に応じた。事の重大さとはあまりにかけ離れた説明の仕方だった。

 翁長知事の任命責任も免れない。自身も「県民に不安を抱かせ、任命責任を大変自覚している」と認めている。安慶田氏には調査に協力するよう促し、解明を続ける考えだ。当然である。

 だが、県教委の内部調査には限界があることを自ら露呈している。

 やはり第三者の目を入れた外部の調査委員会の立ち上げが早急に必要だ。

■    ■

 教員や公務員の採用、異動、昇任を巡っては口利きやコネが存在するのではないかとのうわさを聞くことがある。

 この機会に、県教委や県は今回以外にも議員を含めた政治家からの不当な介入がないのか、調査する必要があるのではないか。

 県教委は不当な介入を受けた場合の取り扱いを定める要綱を整備する方針だ。不正行為を根絶する制度設計にすることが不可欠である。

 

<社説>安慶田副知事辞職 疑惑の徹底解明が先だ 知事は決然と対応を

 

 安慶田光男副知事が教員採用試験と県教育庁人事への介入疑惑の責任を取り、辞職した。
 公正な県政運営に対する県民の信頼を大きく損ない、翁長県政が掲げる米軍普天間飛行場の辺野古移設阻止など基地問題のほか県政全般への影響は計り知れない。
 安慶田副知事は「報道の事実はない」と否定しながら辞意を表明した。到底、納得できない。任命者の翁長雄志知事は、安慶田副知事の関与が疑われる問題を徹底的に洗い出す責任がある。事実関係を明確にした上で制度の改善を含め万全の再発防止策を講じ、県政の信頼回復を図るべきだ。

市長選での影響回避か

 安慶田副知事は重ねて疑惑を否定しつつ、「県民に不安を与え、県政を混乱させたことは重大」などと辞職の理由を述べた。口利きの事実がなければ辞める理由はない。辞意表明により疑惑はいっそう深まったと言わざるを得ない。
 20日に会見した翁長知事、安慶田副知事は口利き疑惑の事実を全面的に否定した。そのわずか3日後に安慶田副知事が一転して辞職したのは不可解だ。
 22日には宮古島市長選の投開票があった。知事とともに特定候補者を支援する同市出身の安慶田副知事が選挙前に辞意を表明すると投票結果に影響を与えた可能性がある。それを慮(おもんぱか)り、選挙後に辞職のシナリオがなかったか。知事、副知事のやりとりを含め、この間の経緯をただしたい。
 安慶田副知事の関与の有無にかかわらず、県教育庁は不公正な教員採用、人事はなかったとしている。結果がそうだとしても疑惑は解明されねばならない。口利きの事実関係が不明なまま幕引きとしては、同様の口利きが繰り返される禍根を残しかねない。
 県議会は与野党を問わず問題を厳しく追及すべきだ。安慶田副知事は誠実に質疑に応じる責任から逃れられない。県教育庁の複数の関係者が口利きを証言しており、教員採用、人事決定の経緯を詳細にただし、疑惑を解明してもらいたい。
 副知事は県政の絶大な権力者だ。教育行政だけでなく、県発注工事の業者選定などへの関与も問いたださざるを得ない。この機会に、県政の全般にわたり県幹部の不公正な業務介入がないか、膿(うみ)を出し切る覚悟で徹底的に検証する必要がある。
 特別職の副知事は「公平・公正」な職務執行を求める県職員倫理規定の対象外である。今回の疑惑の解明と並行して、特別職の副知事にも処罰を科す条例制定など厳格な再発防止策を講じてもらいたい。

県民の信頼揺らぐ

 翁長知事は那覇市長から「辺野古新基地阻止」を公約に掲げて県知事に当選し、腹心として那覇市議会議長だった安慶田氏を副知事に起用した。2人は辺野古新基地反対の民意を担う保革を超えた「オール沖縄」県政の要である。
 政府は「基地と沖縄振興のリンク」を公然化して県政への圧力を強め、警察や司法を従わせて辺野古新基地の工事を再開した。
 不当な国の圧力に屈せず、沖縄の民意を訴え、正義を貫く。そのような姿勢で辺野古新基地問題の政府との交渉役の重責を担ってきたのが安慶田副知事である。安慶田副知事の疑惑と辞職は、基地問題に対する翁長県政の正義と公正さへの県民の信頼に大きなダメージを与えるものだ。
 翁長知事は安慶田副知事の辞意を受けて記者会見し、辞職を発表した。しかし疑惑の真否が不明確なまま辞職を受け入れるのは釈然としない。政府の不当に立ち向かう毅然(きぜん)とした対応には程遠い。
 翁長知事には真相追及の先頭に立つ決然とした対応を求めたい。知事が県政内部の疑惑解明に後ろ向きの姿勢では、副知事辞職で揺らぐ県政への信頼が決定的に失墜することを認識すべきだ。
 安慶田副知事の口利き疑惑は、翁長知事の任命責任も同時に問われていることを指摘したい。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

安慶田「口利き」、氷山の一角、百条委員会で真相解明を!

2017-01-25 13:30:52 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

朝のエントリー後、所用で外出した。

ついでに日頃購読していない琉球新報をコンビニで買って、ただ今帰宅。

安慶田疑惑報道では、沖縄タイムスに遅れ取った琉球新報だが、本日25日の記事を見る限り、安慶田疑惑の徹底解明を主張。 陰の主役と見られる翁長知事の辞任に迫らんばかりの論調。

どうやら沖縄タイムスと並んで、琉球新報も翁長県政を見限ったようである。

とりあえず、琉球新報の見出しを抜粋・紹介しよう。

■一面トップ

副知事口利き認定

教員採用・人事問題

教育庁、否定を一転

諸見里前教育長た証言

■二面トップ

県への不振残る

安慶田氏「ノーコメント」

■三面トップ

実名告白 転換点に

知事に大きな痛手

■第二社会面トップ

ずさん調査露呈

”誘導”質問否めず

教育庁 不十分な聞き取り

■社会面トップ

全容解明険しく

苦しい説明に終始

教育庁「私にも責任」

表情硬く「疑念」

知事、擁護崩さず弁明

「事実隠し罪重い」

教員から批判相次ぐ

 

実名告発 転換点に 沖縄県副知事の口利き問題 知事に大きな痛手

報道陣の質問に答える翁長雄志沖縄県知事=24日午後、県庁

 沖縄県の安慶田光男前副知事による教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入で、副知事が23日県庁を去り、県教育庁は翌24日に疑惑を認定した。激震が走る県庁の今後を展望する。
   ◇    ◇

 「弁護士から言われたのは、記事内容は具体性がないと。時期も時間も指定されていないと。そして匿名の人だと。こういうものしかない」。安慶田副知事(当時)は疑惑が発覚した当初、強気だった。18、19日と連日報道される自身の口利きや人事介入疑惑を巡り、匿名証言であることや詳細情報にも乏しいと指摘し、自身の潔白を繰り返し強く訴えた。

 20日の記者会見でも安慶田氏は教員採用試験などへの介入を全面否定し、続投の意思を表明した。県幹部は「副知事本人が否定し、教育庁の調査でも『やっていない』という結果だった。そのような事実はないということだ」と述べ、早期に“幕引き”をはかりたい意向をにじませた。

 安慶田氏が重視していたのは「物証」だった。記事では受験者名を書いたメモを教育庁幹部に渡して合格を依頼したとあるが、メモや受験者名が公になっていないことから、物証なき“告発”の影響は限定的と見ていたようだ。

 ■「否定」調査に異議

 だが状況が一変したのは21日。匿名で証言していた教育庁元幹部が一転して実名での証言をほのめかした。一部報道で情報提供者の元幹部が、教育庁の「否定」調査に異議を唱えた。実はこの日、諸見里明前教育長がそれまでの証言を翻して、安慶田氏の口利きを認める証言を公にすると教育庁に示唆した。

 平敷昭人教育長「委員会などで発言するのか」

 諸見里前教育長「どうしようかな。場合によっては何らかの形で表明するかもしれない」

 安慶田氏にとり、実名での暴露や県議会への証人喚問などがあれば、さらなる混乱は避けられない。知事周辺にあった「(新聞の情報提供者が)実名で出てこられたりするようなことがあれば、議会対応などで(翁長県政は)厳しくなる」という懸念が現実のものとなったのだ。

 21日午後6時すぎ、安慶田氏は弁護士を通して翁長雄志知事に辞意を伝達し、週明けの23日に正式発表した。短期間で対応が一転し、県政の混乱ぶりが浮き彫りになった。

 安慶田氏辞職を発表する翁長知事の記者会見は県庁内で中継された。多くの職員が仕事の手を止めてテレビ画面に見入り、県庁内部に走った衝撃の大きさを見せた。

 24日には県教育庁が改めて記者会見し、安慶田氏の介入があったとする前教育長の書面証言が公表され、県政への不信感を高める事態となった。

 ■水面下の交渉役

 一方、非公式や水面下の交渉も含めて経験が豊富な保守系のベテラン政治家で、辺野古新基地建設問題や沖縄関係予算を巡り菅義偉官房長官ら政府側と渡り合ってきた側近の安慶田氏を失うことは、翁長知事にとって大きな痛手となった。

 これまで翁長県政は、知事が表舞台に立つ形で政府を強く批判し、辺野古新基地建設の見直しを迫りつつ、安慶田氏が菅氏らとの水面下の交渉チャンネルで政府に打開策を働き掛ける“役割分担”をしてきた。

 県幹部の一人は今後の県政の体制再構築について「全く白紙だ。安慶田氏の代わりの役割をできる人がいるのか」と頭を抱えた。

 知事周辺は「県政にとって辺野古の問題は『絶対に譲れない一線』だ。一方で安慶田氏は県政の立場を維持しつつも、政府と押したり引いたりの交渉をし、複数の選択肢やシナリオを白紙から議論した上で、『持ち帰り、知事と相談する』という形で交渉を引き取ってきた」と解説する。

 安慶田氏の“代役”がいない中、知事周辺の懸念は「知事は安慶田氏のような『ナンバー2』ではない。政府と直接交渉すれば最高責任者として決断を迫られる。『持ち帰り県庁で議論する』『支持者に相談する』などと応じれば、一気に足元をみられる」という点だ。

 辺野古新基地建設の埋め立て工事の初段階に当たる護岸工事は3月にも迫る。一方、政府が工事を続けるために必要な県の岩礁破砕許可は3月末に更新時期を迎え、県の対応が注目される。安慶田氏不在の県政は重大な節目を迎える。

 知事周辺は「体制を立て直すまでの間、政府との関係は『直球勝負』にならざるを得ないだろう。向こう(政府)もそのつもりで仕掛けてくるはずだ」と固唾(かたず)を飲んだ。
(滝本匠、島袋良太)

 

 「口利きが疑念になっている。全面解決というものではない」。24日の記者会見で沖縄県の翁長雄志知事は、県教員採用試験や県教育庁幹部人事で安慶田光男前副知事の介入の事実を認めた教育庁の認識とは異なり、「疑念」という言葉を繰り返した。「今もって一回も『もしかしたら』というものがなかった」と今も疑惑を否定している盟友を思い、「(安慶田氏に)改めて問い直したい」と調査継続の方針を示した。

「全面解決とは言えない」と、調査を続ける意向を示した翁長雄志知事=24日午後1時44分、県庁

 教育庁の会見終了から、約2時間半後にあった知事の会見。最初に問われたのは、安慶田氏の介入を証言する諸見里明前教育長の文書が22日に教育庁へ届いていたにもかかわらず、翁長知事が23日の会見で言及しなかったことへの見解についてだった。

 「100%どうだと言える時でないと、報告するものではないと思っている」「正確なものは実は読んでいないので分からない」

 黄色い付箋紙が三つ貼られたペーパーを持っていたが、目を通したのは冒頭だけ。その後、自身の任命責任を問われると、そのペーパーを細く丸めながら「大変自覚している」「(疑念が)白であれ黒であれ、任命責任は今の行政が停滞することを含めてあるのではないか」と語った。

 約17分の会見中、淡々と答えていた翁長知事が唯一語気を強めたのは最後の質問。「諸見里氏の証言が事実なら、安慶田氏が知事に虚偽の説明をしていた可能性があるのではないか」という問いに対してだった。

 「教委からそういうものを聞かされているだけで、私からすると一貫して、本当に一貫してそんなことはないということだ」と最後まで安慶田氏をかばった。

幹部に再度調査をした結果、「安慶田氏からの働き掛けがあったと認定せざるを得ない」との結論を公表していた。

               ☆

 

 安慶田疑惑が教育委の内部告発として大きく報道された。

これに対し「教育関係者は不正を黙認できない人が多い」などと、教育委を正義の人の組織と看做す向きもあった。

ところが、県教育庁とは沖教組など左翼思想の持ち主の巣窟と考える筆者は、次のように問題の背景を指摘した。

≪今回の安慶田副知事の「口利き」・人事介入疑惑は、内部告発をした教育委関係者の正義感のなせる業でもなければ、それを報道・糾弾する沖縄タイムスの正義感に拠るものでもない。

宮古島市長選の「オール沖縄」陣営の候補者を巡る分裂騒ぎが引き起こした生臭い告発劇だ。

報道によると告発したとされる「関係者」は、「なぜ証言に応じたのか」との質問に、「採用や人事に対する副知事の介入が度を超えている。教育行政の独立という原則がゆがめられており、正常化してほしいとの思いだ」(19日付沖縄タイムス)と答えている。

ではなぜ、2015年7月の1次試験後に起きた「口利き疑惑」から1年6カ月後に告発に踏み切ったのか。

さらに、「教育庁人事介入疑惑」から約1年経過してから告発した理由は何か。

当然宮古島市長選での「オール沖縄」の支援で奥平候補に肩入れした「翁長ー安慶田体制」潰しを狙った告発劇と考えざるを得ない。

本日22日は宮古島市長選の投開票日である。

安慶田氏自身が宮古島出身である上、翁長氏が自衛隊配備に反対している奥平一夫氏への支持を表明している状況で、今回の「疑惑報道」が奥平陣営にとって大きな打撃であることは間違いない。≫

「正義の塊」とみなされた教育庁の責任者である平識教育長が正義の人みなされたのは、つかの間の幻であることが判明した。

「口利き」疑惑は存在しなかった、と証言した平識教育長が諸見里前教育長の証言文書により、前言を翻したのだ。

今度は諸見里前教育長の正義感を賛辞する人が出てきた。

だが、諸見里前教育長はそんな単純な「正義の人」ではなかった。

八重山教科書問題で法令無視の竹富町教育長を徹頭徹尾支援した大城浩教育長の後任の諸見里教育長は、文科省の竹富町教育長に対する「是正勧告」を無視し、不作為により竹富町教育長の「法令無視」を支援をした沖教組の操り人形に過ぎなかった。

その諸見里教育長が任期半ばで、現職の平識教育長に交代させられた時期がまさに、安慶田副知事が教育庁に人事介入したとされる2015年だ。 安慶田氏の教育庁への人事介入で平識氏が教育長に登用され、そのしわ寄せで諸見里氏が任期半ばで更迭されたと考えても仕方がない。

一見正義感による告発のように見える告発文書は安慶田副知事への告発に見えるが、間接的には自分の後任の平識教育長に対するしっぺ返しと取られても仕方がない。

ひいては、安慶田副知事をして論功行賞のため、人事介入をさせた翁長知事に対するしっぺ返しの意味があると考えざるを得ない。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 

 

 沖縄県の安慶田光男元副知事が2015年の教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう依頼していた疑いを持たれている問題で、当時の諸見里明教育長が県教育委員会に提出した文書を公開します。

(注1)文書2ページ目の1行目、下線つきの「所感」2カ所は、「所管」の誤りです。

(注2)文書2ページ目(二)【人事異動への介入について】冒頭の下線つき「2016年」は「2015年」、2段落目冒頭の下線つき「2017年」は「2016年」の誤りです。

写真を拡大 諸見里氏からの文書(1/2ページ)
写真を拡大 諸見里氏からの文書(2/2ページ)

 

前教育長文書の要約

 沖縄県の諸見里(もろみざと)明・前教育長が今月22日付で県教委に提出した文書の要約は次の通り。

 

【採用依頼(口利き)】

 2015年に実施された(学校教員の)1次採用試験合格発表後、8月中旬~末日ごろ、安慶田(あげだ()光男副知事(当時)から副知事室に来るようにとの電話があり、メモ用紙を渡された。3人の受験番号、教科、氏名が記入されており、「よろしくお願い」などと言われた。私は、幹部を呼んで協議し「こんなことは絶対にできない」と確認した。学校人事課には、この件は一切知らせていない。

 また(同年)10月末日ごろだったが、副知事から電話があり、学校事務職員採用試験1次合格者1人の受験番号と名前を告げた後、「よろしく頼む」と言われた。県教育委員会の所管ではないと説明すると「そうか、わかった」と引き取った。

 副知事から渡されたメモ用紙はシュレッダーにかけたが、記入された人数は3人(あるいは4人)と記憶している。その中の不合格者は1人(あるいは2人)だったと思う。

【人事異動への介入】

 副知事室に呼ばれ、教育庁幹部の異動先を指導統括監にするよう副知事から指示された。当時の指導統括監がまだ就任1年目であることを理由に固辞した。2~3日後に再度呼び出され、今度は県立総合教育センター所長に統括監級として異動するように指示された。持ち帰って(別の2人の幹部と)絶対にだめだと確認した。

 この件については、後日県教委の委員に事情を説明したところ、異動させないようにとの意見で一致したことから、その旨副知事に伝えた。その際に、激しく恫喝(どうかつ)されたのを覚えている。結局、幹部は県立総合教育センターには配置していない。

 (別の時期に)小学校校長を義務教育課長か那覇教育事務所長に異動するよう指示され固辞したところ、厳しく恫喝された。

 以上が私の記憶するところの真実だ。

                      ☆



 

当初の記者会見で「口利きはなかった」とする平識教育長は、この諸見前教育長の任期半ばで登用された人物。

諸見里前教育長が、任期半ばで県庁のトップとして乗り込んできた翁長ー安慶田体制により更迭され、平識現教育長が登用されたと考えたら、平識教育長が当初の記者会見で安慶田氏をかばうように曖昧な調査で「口利きはなかった」と発言したことも理解できる。

つまり平識教育長自身が安慶田・人事介入疑惑の当事者ということになるからだ。

またこの時期は翁長知事誕生に協力した人達への論功行賞が話題になった時期。

地縁血縁が濃密な縁故社会の沖縄では、以前から役所などの「口利き」が隠然と行われていた。

翁長知事の「汚れ仕事」を引き受ける条件で副知事の座を得た安慶田氏が、論功行賞のポスト配分などに「度が過ぎる」(沖縄タイムス)程の人事介入をしても想像に難くはない。

翁長氏就任直後から、県の外郭団体・コンベンションビューローなどの人事において、論功行賞が行われたことは記憶に新しい。

翁長知事就任翌年の6月、沖縄県の観光振興団体である「沖縄観光コンベンションビューロー」の会長に、知事選で功績のあった「かりゆしグループ」の総帥・平良朝敬氏を起用した。

さらに「沖縄都市モノレール」の社長に、翁長支援の大黒柱といわれる建設業大手・金秀グループの幹部・美里義雅氏を起用している。

論功行賞はこれだけに止まらず、6月下旬には「県物産公社」社長に「オール沖縄」の沖縄市長候補だった島袋芳敬氏を充当している。

おまけにMICE施設の建設候補地も、金秀の本拠地の東浜地区に決定している。

翁長知事の支援者の沖縄2紙が、知事批判を封印しているのをいいことに、翁長・安慶田体制は、県庁内部で「度が過ぎる」言わしめるのほどの腐敗堕落した県政を強いていたのである。

沖縄2紙が声を合わせて主張するように、副知事辞任だけで幕引きする案件ではない。

教員・教育庁人事の介入は氷山の一角に過ぎないのだ。

翁長・安慶田県政となって、腐敗堕落の伏魔殿と化した県政の一刻も早い浄化が望まれる。

先ず、副知事に対して、特別な理由がなく出席や証言を拒むと禁錮刑や罰金を科されるなど強い権限を持つ100条委員会を早急に設置し、安慶田氏を召還して、併せて平識教育長の前言翻しと諸見里証言が事実であるかどうかを究明し、陰の主役である翁長知事とのかかわりにまで切り込まなければ県民が納得しない。

 

 

 【おまけ】

■虎の威を借りる狐(ふぐ?)の安慶田副知事

それを拱手傍観、野放しにした翁長知事の任命責任は限りなく重い。

産経新聞 2017.1.24 20:43更新
恫喝は日常茶飯事!? 教員採用依頼疑惑で辞任の安慶田光男沖縄元副知事 「門前払い」受けた職員も 

沖縄県の安慶田光男副知事

沖縄県の安慶田光男副知事

 

 沖縄県の安慶田(あげだ)光男・元副知事の働きかけを告発した前教育長が「恫喝(どうかつ)された」と証言したことは安慶田氏の専横ぶりを象徴する。県職員に対する恫喝は日常茶飯事で、辟易(へきえき)した職員は距離を置き、政策も安慶田氏に意のままに操らせる悪循環を招いた。「翁長雄志(おなが・たけし)知事が見て見ぬふりで虎の威を借る狐(きつね)に増長させた」と指摘する幹部もおり、翁長氏の責任も重い。

 「また怒鳴られた」。翁長県政の発足から2年余りで、職員からは同じ言葉が何度もつぶやかれていた。「狐に門前払いされた」と話す職員も少なくない。翁長氏との調整前に安慶田氏に突き返されたことを意味する。

 門前払いの代表はパイロット訓練が激減した下地島空港(宮古島市)の利活用事業だ。政敵の市長を利することは認めないと事業は停止状態に置かれた。

 安慶田氏は行政上必要とされる日程よりも政治的な日程を優先。職員が台風被災地の三役視察を求めようものなら怒鳴られるのがオチ。進言しないため災害復旧は常に後手に回った。

 威を借る虎は翁長氏だけではなかった。安慶田氏はある市の幹部に「長官とメールのやりとりをしているんだぞ」と携帯電話を見せ、菅義偉官房長官との交渉役であることを誇示した。那覇と名護を除く9市長が「反翁長県政」を貫くのは、こうした安慶田氏の態度に嫌悪感を抱いていることが大きく働いている

 安慶田氏の口利き疑惑は18日に沖縄タイムスが報じ、琉球新報も追随した。この地元2紙は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止で翁長県政と共闘関係にあり、普段は県政擁護の記事ばかりだが、今回は不正を追及する姿勢に徹している。

 県政与党である革新政党の一部と安慶田氏の間には隙間風が吹いている。安慶田氏が辺野古移設阻止で埋め立て承認取り消しに続く対抗策を打ち出さないのは、菅氏との裏取引があるからだという不信感があるためだ。

 県議の一人は「今回の疑惑は氷山の一角」と指摘している。徹底的に究明されれば、任命権者の翁長氏の進退問題にも直結しかねない。県政与党側に翁長氏の後継は見当たらず、辺野古移設阻止に向けた勢いもさらに弱まることになる。

 それでもなお地元紙は疑惑を徹底追及するのか。安慶田氏の退場で翁長氏の支持基盤はどう変容するのか。そこが注目される。(半沢尚久)

今回の安慶田前副知事介入疑惑、共産党が仕掛けたという噂がある。
百条委員会設置を、どう共産党がかわすか。
興味深々。

「恫喝は日常茶飯事!? 教員採用依頼疑惑で辞任の安慶田光男沖縄元副知事 「門前払い」受けた職員も 2017.1.24 20:43」
http://www.sankei.com/politics/news/170124/plt1701240033-n1.html

>県議の一人は「今回の疑惑は氷山の一角」と指摘している。
>徹底的に究明されれば、任命権者の翁長氏の進退問題にも直結しかねない。
>県政与党側に翁長氏の後継は見当たらず、辺野古移設阻止に向けた勢いもさらに弱まることになる。
>それでもなお地元紙は疑惑を徹底追及するのか。


「自民沖縄、百条委設置を提案へ 副知事「介入」問題 2017年1月25日 08:04」
副知事疑惑 安慶田副知事辞任 安慶田光男 自民党 百条委
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/81288

>百条委は地方自治法100条に基づき地方議会が設置できる特別な委員会。
>特別な理由がなく出席や証言を拒むと禁錮刑や罰金を科されるなど強い権限を持つ。


「自民沖縄、翁長知事の責任追及へ「隠蔽と受け取られてもおかしくない」 2017.1.24 19:32」
http://www.sankei.com/west/news/170124/wst1701240089-n1.html

>自民党沖縄県連
>地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)設置を県議会で求める方針
>照屋守之会長は、諸見里明前教育長が「働き掛けを受けた」と改めた証言の概略が22日に翁長氏へ伝わっていたのに、24日までこの内容を発表せず、23日に安慶田氏を辞めさせて追及をかわしたと指摘。
>「隠蔽と受け取られてもおかしくない。知事の責任問題だ」と批判した。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【翁長県政崩壊】沖縄県教委、安慶田元副知事の“口利き”認める

2017-01-25 05:55:23 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
 
1: 孤高の旅人 ★ ©2ch.net 2017/01/24(火) 12:03:29.26 ID:CAP_USER9
沖縄県教委、安慶田元副知事の口利き認める 教員採用で
2017/1/24 11:12

 沖縄県教育委員会は24日、安慶田光男元副知事が2015年の教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう県教委に働き掛けたとの疑惑について記者会見し、当時の教育長から「働き掛けがあった」とする証言があったと発表した。平敷昭人教育長は「働き掛けがあったと考えざるを得ないとの結論に至った」と述べた。

リンク先全文参照
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H3J_U7A120C1CC0000/ 
*追加ソース
2017.1.24 12:17
沖縄元副知事からの働きかけ「あったと考えざるを得ない」 教員採用依頼疑惑で、県教育長
http://www.sankei.com/west/news/170124/wst1701240028-n1.html



1: 足4の字固め(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2017/01/24(火) 14:09:00.15 ID:EnY7pX/l0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
安慶田氏は同日午前11時すぎ、那覇市の自宅前で記者団の質問に対し「ノーコメント」と言及を避けた。
その上で「事実を覚えていないと言ってる。それを今更、辞めてからこうなるかという話でしょう」と話した。
no title

リンク先全文参照
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-432571.html
 



64: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:30:09.31 ID:B2Onmgjc0
なんだよ嘘つき
 
8: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:07:10.48 ID:AeWpu+NM0
ほら見なさい
 
63: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:29:21.13 ID:afeB/WEC0
辞任しただけじゃすまないなこれはw
 
30: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:19:10.72 ID:LsRmgrko0
逮捕とかされないの?これ
 
11: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:10:08.42 ID:Xhu2KLFk0
あれ、調査の結果そういう事実はないって言ってなかったか?

【沖縄副知事“口利き”疑惑】翁長知事「働きかけてないと聞いた」県教育長「働きかけの事実はない」疑惑なしと結論、調査打ち切りの意向(会見動画)




4: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:06:17.84 ID:4tR6N7bd0
おなが知事さてどうするのー?また基地かなー?
 
42: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:23:46.69 ID:dJiFbWhc0
>>1
にんめいせきにんがー
 
9: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:08:52.24 ID:0a9kOjdU0
選挙だって知事が自ら個別訪問する選挙違反だし、沖縄ってのは無法地帯か?
 
98: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:51:45.76 ID:pVbR6Mvo0
>>1
沖パヨだんまり
 
15: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:12:45.17 ID:agW8Spfa0
これは・・・防戦になるな

沖縄タイムズと琉球新報はどう報道してるの?
 
27: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:17:59.03 ID:7n28xjP00
>>15
これ沖縄タイムスのスクープなので攻勢かけてるよ 


沖縄県教委、副知事の介入認める 教員試験「働き掛けあった」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/81157
 
18: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:12:50.97 ID:5stol/to0
カスゴミさん、任命責任の追及をちゃんとやってね。
 
35: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:20:30.43 ID:reKkRez50
任命責任を追及するんですよね?
 
73: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:34:52.00 ID:2T7LxPuk0
辞任翌日に、よくまぁこんな会見するわ。見てて腹が立った
 
85: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:41:32.62 ID:EHatXkVd0
どうせ逮捕されないんでしょ
まぁ田舎ってみんなこんなもんってレベル
だから過疎る
 
95: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:47:55.30 ID:8tS7oPUH0
>>85
東京都知事も逮捕されてねーし田舎都会かんけーねーわw
 
86: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:44:22.63 ID:ZlSEsBb40
これは勝手に辞職はダメ
懲戒処分が適当だわ
 
103: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:54:59.32 ID:VtWVZHNe0
教員にサヨクを押し込むのは効率いいもんな。
子供に影響与えてサヨクの再生産目論んでるわこいつら
 
104: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 12:56:36.08 ID:b/orSD1D0
さすがオール沖縄
 
108: 名無しさん@1周年 2017/01/24(火) 13:01:06.55 ID:RZ0QAaKP0
最大の問題はどんなヤツをねじ込もうとしたかだな
 
4: かかと落とし(家)@\(^o^)/[ニダ] 2017/01/24(火) 14:11:15.24 ID:rL7TMvMC0
覚えてないって・・・
逃げるのなら否定しろよw
 
5: 膝十字固め(dion軍)@\(^o^)/[US] 2017/01/24(火) 14:11:55.56 ID:di9KdopE0
ま、だいたい

覚えてない

記憶にない

秘書がやった
 
10: 32文ロケット砲(岩手県)@\(^o^)/[ニダ] 2017/01/24(火) 14:19:33.38 ID:jujZ4VU+0
覚えてないのに否定しちゃうなんて……
 
12: 逆落とし(東京都)@\(^o^)/[US] 2017/01/24(火) 14:20:08.26 ID:5/obwhEF0
覚えてる奴がいて証拠も挙がれば事実として受け入れざるをえない状況を作る言葉が「覚えていない」なのに抵抗するつもりならなんで覚えていないとか言うかね
 
16: エルボードロップ(庭)@\(^o^)/[BG] 2017/01/24(火) 14:23:22.42 ID:j8RrZMoc0
> それを今更、辞めてからこうなるかという話でしょう

意味わからん
 
17: 閃光妖術(茸)@\(^o^)/[US] 2017/01/24(火) 14:26:16.37 ID:/axRBO4s0
>>16
辞めてからもなにも、この話が元で辞めたのにな
辞めれば捜査が止まるとでも思ってたのかね
 
22: ジャンピングカラテキック(やわらか銀行)@\(^o^)/[DE] 2017/01/24(火) 14:38:59.92 ID:Gs/iwvD/0
>>17
舛添さんはそうだったよね
 
18: キドクラッチ(北海道)@\(^o^)/[MY] 2017/01/24(火) 14:32:25.77 ID:HAej5nQ20
覚えてないのに責任取って辞めたんだ?普通抗議の一つでもする場面なのに話の辻褄が合わないね
 

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1485234540/

引用元: http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485227009/



*記事全文見ると酷いな。かなり悪質なのにテレビではあまり大きく扱っていないね。
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

【速報】副知事の口利き認める、沖縄県教委 教員試験「働き掛けあった」

2017-01-24 12:05:32 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

県教委の平識教育長が前言を翻し、「働きかけ(口利き)」はあったと証言した。

RBCテレビの報道によると、安慶田副知事により「恫喝された」とのこと。(ブルブル)

同じ教育長が副知事辞任を挟んで180度違う発言をするイカガワシさについての説明責任はどうするのだ。

翁長政権の終了である。

沖縄タイムス+プラス ニュース

 沖縄県の安慶田光男元副知事が2015年の教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう依頼していた疑いを持たれている問題で、県教育委員会の平敷昭人教育長は24日午前10時から、記者会見を開いた。当時の諸見里明教育長が「副知事から受験番号などが書かれたメモ用紙を渡された」とする実名の文書を県教委に提出していたことを明らかにした上で、「働き掛けがあったと言わざるを得ない」と結論付けた。別の幹部からも裏付けが取れたという。

辞任発表を行う安慶田光男副知事=23日、那覇市泉崎・沖縄県庁

会見を終え記者に囲まれる平敷昭人県教育長(中央)=24日午前10時54分、沖縄県庁

 
会見を終え記者に囲まれる平敷昭人県教育長(中央)=24日午前10時54分、沖縄県庁 辞任発表を行う安慶田光男副知事=23日、那覇市泉崎・沖縄県庁

 平敷教育長は会見で、諸見里前教育長から22日に受け取ったという文書を示した。それによると、15年8月、安慶田氏に副知事室へ呼び出され、3人の氏名と受験番号、教科が記されたメモを渡され、「よろしくお願い」「無理しなくてもいい」と言われたという。

 持ち帰った諸見里前教育長は県教委幹部と協議し、「絶対にできない」と判断。諸見里前教育長が安慶田氏に結果を報告したところ、同氏は何も答えなかったという。

 平敷教育長は20日の会見では、18~19日に当時の元幹部5人に電話で確認した結果、「働き掛けの事実はない」と説明していた。一方、一部の幹部は沖縄タイムスの取材に「自分が答えた内容と食い違う」と疑義を唱え、再調査をする中で文書が寄せられた。

 平敷教育長は24日の会見で、あらためて当初の調査に問題があったとの認識は示さなかった。

 翁長雄志知事も24日午後に記者会見を開き、説明する予定。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

翁長県政の終焉、 副知事辞任は疑惑隠し

2017-01-24 07:49:14 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

安慶田副知事の辞任で、今朝の沖縄タイムスは合計7面を使って大発狂である。

ただ、見出しを一瞥した印象は、潔白を主張しながら辞任する副知事への疑念が満ち溢れている。

街の声の「潔白なら辞める必要はないのでは」「説明責任を果たすべきだ」など厳しいコメントが、辞任だけでは納得できない県民の本音を象徴している。

翁長知事の曖昧な対応も県民の不信感を増幅した。

翁長知事は20日の定例会見で、安慶田副知事に確認したところ、教育委員会への働き掛けを行った事実はないということだ」(21日付琉球新報)
 

また「今後調査はするか」との質問には、「副知事も職員も信頼しつつ県民の理解も得ながらやるにはどうしたらいいのかと考えている」(同)と答えただけで、事実上調査を打ち切った。

疑惑の証明に当事者に聞いただけで、一件落着を宣言しても県民が納得するはずはない。

翁長知事に取って、第三者調査委員会による公正な調査を行って真相を明らかにすることは、任命権者としての最低限の責任だ。

にもかかわらず、「被疑者」である安慶田氏本人の話だけで幕を引こうとしたのだ。

翁長知事の「幕引き」を急ぐ対応に副知事の「口利き」疑惑は晴れるどころか、益々信憑性を帯びてきた

さらに分裂選挙の宮古島市長選での敗北や「自衛隊配備の賛否」についての説明責任を果たさず、加えて安慶田疑惑でも真相究明の責任を果たそうとしない翁長知事。

トカゲの尻尾きりのように副知事の辞任だけで、任命責任や説明責任を果そうとしない県知事の政治的命脈は尽きたといわざるを得ない。

さて、本日の沖縄タイムスから関連見出しを抜粋・紹介しよう。

一面トップ

安慶田副知事が辞任

教員採用介入疑惑で引責

翁長県政に大打撃

「混乱招いた」

新証言「依頼あった」

教委再調査 きょう発表

■二面トップ

事実解明 険しい道

「説明不十分」指摘も

調査の進展見通せず

自民 事実解明要求

与党、信頼回復 再発防止訴え

知事の求心力に影響

■三面トップ

一転辞任 県に痛手

■第二社会面トップ

説明責任 どこへ

曖昧な幕引き許されぬ

■社会面トップ

突然の辞任になぜ

副知事「不安与えた」

口利きと人事介入は否定

知事痛恨 盟友去る

「寝耳に水」県庁 大慌て

辞表決済 僅か1時間

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 2015年実施の沖縄県教員採用試験で特定の受験者を合格させるように依頼したなどの疑いが持たれている問題で、沖縄県の安慶田光男副知事は23日午後、「熟慮した末、翁長雄志知事に辞意を伝えた」と述べ、辞任の経緯を説明した。県庁で会見した。

安慶田光男氏

 安慶田氏は「今回の報道で多くの県民に不安を与え、県政を混乱させた。翁長県政のイメージダウンをもたらし、辺野古新基地問題や予算編成の重要な時期に、行政運営に混乱と停滞を招いている」と理由を説明。「辞した方がいいと結論づけた」と語った。一連の疑惑はあらためて否定した。

 安慶田氏は20日に会見した際、「公務にまい進したい」と述べていた。

 

 沖縄県宮古島市長選は来年の知事選の情勢に影響を与える首長選挙の先駆けとして注目され、県政野党の自民は推薦した下地敏彦氏の当選を勝ち取り、2月の浦添と4月のうるま市長選に勢いを得た格好だ。名護市辺野古の新基地建設に反対する翁長雄志知事と「オール沖縄」を構成する県政与党は、それぞれ別の候補を推した分裂選挙で苦杯をなめ、今後にしこりを残しかねない痛撃となった。

 「オール沖縄」勢力は社民、社大が地元の選考委員会が選出した下地晃氏を推薦する一方で、翁長知事は元与党県議として協力したことなどを理由に奥平一夫氏を応援。一本化は実現せず、知事は与党が難色を示す中で現地に2回応援に入りテコ入れを図った。

 知事サイドは選挙後は「ノーサイド」として、浦添やうるまに向けた勢力の結束を図りたい考え。だが、社民、社大の中には県政を支えているにもかかわらず政党として看板を傷つけられたとの遺恨を口にする幹部もおり、関係修復は容易ではない。

 名護市辺野古新基地問題への影響も大きそうだ。知事の埋め立て承認取り消しを巡る訴訟は最高裁判決で県が敗訴した。県政は知事の持つ別の権限を行使し行政手続きで阻止を実現する考えだが、その最大の後ろ盾は「民意」だ。2014年の衆院選、16年の県議選、参院選では辺野古反対の民意が示された。一方で、市長選では知事が応援した候補が16年1月の宜野湾に続いて敗れ、辺野古阻止のマイナス要因となる可能性もある。

 自民は「オール沖縄」に対抗する保守系9市長でつくる「チーム沖縄」のトップを務める下地氏を守りきった。

 ただ、県連の宮古地区支部長を務めていた座喜味一幸県議が、保守の対立候補を応援するため離党した上での辛勝という側面もある。全県を舞台にした集票合戦となる知事選を考えれば、挙党態勢の再構築が課題として残っている。(政経部・銘苅一哲)

                          ☆

 沖縄タイムスら一連の「口利き」疑惑報道について安慶田副知事はこれまで、「報道に指摘された口利きの事実はない」として疑惑を否定してきた。

だが23日、メデォアの取材に対し、「この問題が長引くことで翁長知事の県政運営を停滞させており、迷惑をかけている。翁長知事に職にとどまるよう説得されたが、おととい辞任する意向を固めた」(NHK)と述べて、翁長知事に辞任する意向を伝えたことを明らかにした。

だが、今回の副知事辞任劇とこれに対する翁長知事の対応に納得する県民はいない。

先ず、安慶田副知事は疑惑を否定しながら、翁県政に迷惑をかける、という理由で辞任する理由が不可解なのだ。

「潔白なら辞任の必要はない」というのが大方の意見だ。 疑惑は浮上した当初安慶田副知事は「私の名誉の問題」と気色ばんで告発者の名前を誰何していた。

自分の潔白を証明しないままの辞任は、辞任自体が「口利きの証明」になるのではないか。

つまり、「逃亡による疑惑隠し」である。

また翁長知事の今後の疑惑解明の対応にも県民の目が光っていることを忘れてはいけない。

当初、疑惑報道で沖縄タイムスに遅れを取った琉球新報も、沖縄タイムスと並んで副知事辞任劇で「徹底解明」の社説を書いている。

 

 
<社説>・安慶田副知事辞任 まず真相明らかにせよ 沖縄タイムス
 

>新証言「依頼あった」

>教委再調査 きょう発表

当初「口利きはなかった」と説明していた教委が一転、「依頼があった」との新証言にどのように対応するか。

本日の記者会見が見物である。

来年11月の県知事選に影響を及ぼすといわれる宮古島市長選と浦添市長選だったが、安慶田副知事の突然の疑惑浮上に絡み、

宮古島市長選で敗北をした翁長知事。

来月12日の浦添市長選は翁長知事のアキレス腱といわれるだけに、今回の副知事辞任劇が大きな暗雲となって翁長知事に打撃を与えることは否めない。

浦添市長選で松本市長が勝利した瞬間、翁長県政が終焉を迎える時である。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加