狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

琉球新報には部屋を貸さない大家、因果応報、

2016-03-25 07:42:41 | 普天間移設

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 ※お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
●ボランティア募集●
 4月16日(土)櫻井よし子沖縄講演会開催にあたり、ボランティアを募集しております。
当日ご協力いただける方は是非下記の連絡先までご連絡下さい。
よろしくお願い致します!
担当(090-2588-5051)
実行委員会準備会

今朝の沖縄タイムス、辺野古移設関連の見出し。

■一面左トップ

係争委陳述 知事前向き

辺野古初会合検討に

■二面トップ

承認取り消し初判断へ

係争委 問われる慎重審査

昨年11月の係争委への県の審査請求は審査もされず「入り口論」で、却下された。

今回の不服審査請求では、県は仲井真前知事による埋め立て承認は法的瑕疵があり、違法であると主張。翁長知事による承認取り消しは適法だと主張している。

従がって、国の是正指示の取り消しを勧告するよう係争委に求めている。 この時点で双方の意見は真っ向から対立しているが、それも和解条項には織り込み済みである。

係争委は90日以内に判断を下すが、国の是正指示を適法と判断すれば、県は高裁へ提訴できる。

逆に係争委が是正指示を違法と判断しても、国が係争委の判断に従がわない場合、県は訴訟を起こすことが出きる。

「高裁への提訴」までは和解条項に記載の通り想定内である。

 

【おまけ】

沖縄が祖国復帰をした1970年代の沖縄では、自衛隊への偏見が強く自衛隊員にアパートを貸すのを拒否すする大家が多くいた。

このような差別主義者は現在では犯罪者と呼ばれても仕方ない。

当時の沖縄2紙はこれら犯罪者をあたかも英雄であるかのように報道していた。 

「黒を白と報道し犯罪者を英雄に仕立て上げる」という点では、沖縄2紙は今も昔も首尾一貫した捏造新聞である。

自衛隊員にアパートを貸さない、という差別主義者を礼賛した琉球新報の記者が、「琉球新報には貸さない」と大家さんからしっぺ返しを受けているという。

大笑いである。

因果は巡る世の習い。

因果応報、嗚呼、無情!

哀れなり琉球新報。

【KSM】琉球新報の記者が『偏向報道のブーメランを喰らって』紙面上で発狂中。民間人からの嫌われっぷりを曝け出す

 

以下はブログ「光と影」産の引用である。

2016年03月22日

記者の窓から

3月20日の琉球新報 記者の窓から
20160320琉球新報 記者の窓

「大家が『琉球新報には貸さない」と言っている」
「大家は右寄り」だそうだ
頭をよぎったのは沖縄2紙への報道圧力。
2紙を支えてきたのは県民であることを考えると、その認識は新聞に操作されるほど読者の判断力が乏しいという県民蔑視にも取れる。
最近、軍事基地に否定的な沖縄の人々が蔑視やヘイトスピーチの標的にされている。
書店には「国のために基地負担を我慢しろ」という趣旨の”沖縄ヘイト本”が並ぶ。
それを読むと「沖縄をまた本土防衛の道具にしたいのか」という思いさえ湧く。
暗がりの中でも、進む方向を指し示す「北極星」のような記事を書きたい。



>「大家が『琉球新報には貸さない」と言っている」
それは残念でしたね。
でも、かつて沖縄では自衛隊関係者の転入届を受理しないということが多々あり、あなた方新聞社も自衛隊関係者の転入届け不受理を応援していたと思いますが、それについてはどうお考えでしょうか?

日教組、自治労、あなた方の暴虐を忘れはしない
http://nippon-ehime.jp/syutyou/2202.html
沖縄返還。国民が待ちに待った戦後の一区切りでした。昭和四十七年五月十五日。当然、自衛隊が沖縄に配置されます。ところが市町村役場では自衛官の転入届を受け付けない。そのために子弟の転校ができない事態が起こりました。窓口の自治労は「自衛隊は憲法違反。そこに所属する隊員もまた憲法違反。従って一般の行政サービスの埒外に置かれても仕方がない」と言う乱暴な理屈です。転入できないから転校もだめ。幾ら彼らの思想信条に容れないからと言ってこのような仕打ちをいたいけな子供にする。私は東京にあって、部隊の沖縄移駐を担当しておりました。激しい憤りを覚えました。八月には屋良革新県政下の 沖縄市長会は自衛官の募集事務など自衛隊に関わる業務の拒否を決議し、一部を除き反自衛隊色を愈々濃くして参ります。十月には部隊や隊員の移動はピークを迎えますが部隊内に居住する隊員の住民登録を受け付けません。当時の地元紙・琉球新報は「自衛隊配置反対運動が益々盛んに」と報じ、この動きを煽ります。住民基本台帳法では、転入、転居、世帯変更は十四日以内に届け、違反には過料とありますが、役場で受けつけないのではどうしようもない。途方に暮れるばかりです。住民登録拒否にしても転校拒否にしても、憲法に示す、居住・移転・職業選択の自由(二十二条)に違反し、教育を受けさせる義務(二十六条)を果たそうにも果たさせない、この明らかな憲法違反は、政府の度重なる説得にもかかわらず、翌年の二月まで、解決することなく続き、それ以降も部分的には、自衛官住民登録妨害のピケ、転入学反対運動、隊員の婚姻届受理拒否などがありました。


>「大家は右寄り」だそうだ
左寄りといわれる朝日新聞から見ても新報タイムスはさらに左だと思いますから世の中の大多数は
新報タイムスからしたら「右」になると思います。

>頭をよぎったのは沖縄2紙への報道圧力。
むしろ沖縄では2紙の意向に沿わないことは報道されませんよね。
たとえば米兵の人命救助なども消防から表彰するのでと連絡があっても取材にこないですよね。
2012年06月21日の記事ですが
エリック・J・ハンセン伍長 人命救助、ありがとうございました。
2012春大きな輪132012春大きな輪12

>2紙を支えてきたのは県民であることを考えると、その認識は新聞に操作されるほど読者の判断力が乏しいという県民蔑視にも取れる。
あれ?
新報タイムスこそ情報操作していませんか?
琉球新報の島洋子氏は、「政府と沖縄が大きく対立しているときに、沖縄の側に寄って行動するのが地元紙の仕事だ」と指摘。「これからも沖縄の地元紙として、
沖縄に『偏向』した報道をしていきたい」と訴えた。
時事ドットコム 2015/06/30-20:34
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015063001043(記事は見れなくなっています)

オナガ知事が国連でスピーチしたことは報道したくせに我那覇真子さんのことは報道していませんよね。
新聞テレビが共に偏った情報しか流していなければ騙される方々も出てきますよ。
北朝鮮や支那と同じですよね。
県民を蔑視しているのは新報タイムスの方ではありませんか?

>最近、軍事基地に否定的な沖縄の人々が蔑視やヘイトスピーチの標的にされている。
普天間基地やキャンプ・シュワブまえのヘイトスピーチは「良いヘイトスピーチ」なのでしょうか?
教育現場でも自衛隊や米軍関係の子供達に対しての差別的な発言があるようですが、、、

>書店には「国のために基地負担を我慢しろ」という趣旨の”沖縄ヘイト本”が並ぶ。
逆でしょ?
国際的な現状をわかりやすく解説した「オキナワ論」や「沖縄に内なる民主主義はあるか」などが書店に並ぶのを妨害していませんか?

>それを読むと「沖縄をまた本土防衛の道具にしたいのか」という思いさえ湧く。
オキナワ論沖縄に内なる民主主義はあるか
これらの本を読んだことはありますか?
どう読んだら
>それを読むと「沖縄をまた本土防衛の道具にしたいのか」という思いさえ湧く。
という思いが湧くのでしょうか?
何か別のものも湧いていませんか?

>暗がりの中でも、進む方向を指し示す「北極星」のような記事を書きたい。
少なくともあなた方の示す方向には進まない方が沖縄県民のためになると思います。

琉球新報社是
  
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想定通りの平行線、初の協議... | トップ | 高市発言で、自爆!内ゲバ!... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-03-25 08:29:21
新報記者の「井の中の蛙、大海を知らず」を晒した記事ですね。
Unknown (東子)
2016-03-25 08:38:57
分析を「沖縄蔑視」に求めるあたり、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」だ。
それは、「あばたもえくぼ」の見方に通ずるものであり、勝手に期待して勝手に裏切られて、勝手に怒る。
問題の無いところに問題があるかとのように感じて、事を複雑にするのは、「沖縄蔑視」の裏返しの「沖縄特別視」が、根底にあるからだ。
Unknown (宜野湾より)
2016-03-25 09:29:30
慈善事業じゃなくてビジネスだから仕方ない。
リスク評価と対処が塩っぱいひとだっているさ。
ないちゃーは家賃踏み倒して逃げるから貸さないって沖縄の大家さんもいるし。
いちいち大げさに騒がないといられない打たれ弱さを武器にする持ち芸に微苦笑。
で、この「記者の窓」、もうとっくに誰かがネット上に書いていたけれど、同一作文の中で、

・読者の判断力を操作するほどのことはない
・暗がりの中でも、進む方向を指し示す記事を書きたい

っていってて腹筋痛い。

以下、暇潰しにどうぞ。
田原、岸井、鳥越らが「電波停止発言に抗議」会見で大自爆

青木理「政府の圧力というよりメディア側の自己規制」
岸井「私個人にも報道局周辺にも、政府からの圧力は一切ありませんでした」
田原「政府の圧力なんて大したことない。僕は総理大臣3人辞めさせたけど圧力なんてなかった」

詳しくはこちらでどうぞ↓
http://togetter.com/li/953763
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-03-25 10:42:57

オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「続く米兵犯罪 耐えられない」の八重瀬町・幸地忍さん(71)は、1月1、12日、2月13日、3月9日に続き今年5回目の掲載。
「皆で支え合う 老人介護施設」の金武町・新里均さん(61)は、2月4、24日に続き今年3回目の掲載。
「3年生全部員 開会行進望む」の沖縄市・當銘正一さん(57)は、今年初掲載。
「牧志市場周辺 バイク押そう」の那覇市・ゆたかはじめさん(88)は、1月20日に続き今年2回目の掲載。
「津堅に歯科医 来島し診療を」のうるま市・中村米子さん(67)は、昨年5月16日以来の掲載。
「子の好奇心引き出そう」の那覇市・福島康文さん(72)は、1月14日に続き今年2回目の掲載。
「逆ウトゥイムチ(おもてなし)」の那覇市・島袋定さん(64)は、2月5、18日、3月5日に続き今年4回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (東子)
2016-03-25 11:20:42
作業部会の第1回は、4月になってから。
町田知事室長から謝花喜一郎企画部長(58)に交代してからになる。

いくら上手く引き継ぎをしても、翁長県政発足直後から基地行政をずっと担ってきた町田室長とは、違い過ぎる。
当然、作業部会で即答できず、持ち帰って確認が必要になることが出てくるだろう。
一つでも疑問に思わず「YES」を言ってしまった失敗があれば、すべて持ち帰るようになる。
謝花喜一郎室長は、伝書鳩になるのだ。
「迅速に」とは程遠い作業部会の進行になるだろう。

遅くなっても、国も県も困らない。
だから、国も問題視する素振りはみせず、県のし放題にさせるだろう。
だが、ここぞと国が押したいとき、これを持ち出すと思う。
県は、最初から国に塩を送っているのである。

ならば、町田室長を据え置く?
それは、できないでしょう。


「県教育長に平敷昭人氏内定 4月の部局長人事 2016年2月11日」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-219689.html

>企業局長には町田優知事公室長(60)の名前が浮上している。
>企業局長は水道行政を所管するが、県政発足直後から基地行政を担ってきた町田氏を定年退職後も県行政に関わる立場に置きたいとの県三役の意向が反映された形になった。

「県政発足直後から基地行政を担ってきた町田氏を定年退職後も県行政に関わる立場に置きたい」のは、業者の水道行政への不満解消に町田氏の手腕が必要なのだ。
業者の水道行政への不満解消は、集票に関係する。
共産党の票を当てにしないでもすむよう、翁長知事個人で集票できるものが必要なのだ。
Unknown (東子)
2016-03-25 11:20:59
観光の目玉として、北部訓練場周辺を世界遺産に登録したい。


◇政府方針
世界遺産にするには、国立公園が条件。

18年夏の登録には、ことし9月までに4地域全てに国立公園化のめどをつけた上で、ユネスコに「推薦書暫定版」を提出しなければならない。
北部訓練場を除いて、国立公園指定。

北部北部訓練場を除いた国立公園指定は、環境保全になっていない。

ヘリパットの移設で北部訓練場の3分の2は返還される。
返還が成ったら、それも国立公園に編入する。



◇ヘリパット移設反対派(共産党)
全面返還されてから、国立公園に指定しろ。
(ヘリパット移設しても全面返還でないから、北部訓練場の3分の2が返還されるヘリパット移設妨害しても、全面返還を遅らせることにならない
   →北部訓練場の3分の2が返還されるヘリパット移設妨害の正当化)


世界遺産登録に訓練場に隣接しているのは、指定に不利。
(政府が登録申請したら、基地と隣合わせだから指定するなと、ユネスコの働きかけるぞ)


北部北部訓練場を除いた国立公園指定は、環境保全になっていない。
(いつなるか分からない全面返還を主張して、環境保全なんかに興味ありませ~~ん、自白)
Unknown (東子)
2016-03-25 11:21:31
北部訓練場の「全面返還」を「全基地撤廃」の足掛かりと捉えているヘリパット移設反対派(共産党)、世界遺産登録をしたければ、「北部訓練場の全面返還しろ」と迫る。
だが、「前面返還」までの時間の北部訓練場付近の自然保護は、無視。

辺野古のジュゴン、北部の自然保護、みな、基地反対の方便で過ぎないことが、よくわかる沖縄の自然保護団体。


「やんばる国立公園「狭すぎる」 環境団体が意見書 2016年3月24日 06:24」
サクッとニュース 注目 社会・くらし 環境
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=160043&f=i

>やんばる国立公園に「狭すぎる」と12の環境団体・個人が意見書
>最も法規制が厳しい特別保護地区はやんばる全体の2%しかない
>ほとんどの地域で許可を得れば伐採可能で、計画の再考を強く要求


「やんばる国立公園 特別保護区「狭い」 自然団体、再考促す 2016年3月24日 10:31」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-244494.html

>やんばるDONぐりーず共同代表の喜多自然弁護士、NPO法人奥間川流域保護基金の伊波義安代表らが県庁で会見した。
>10団体・2人の共同発表で、伊波氏らは「このままでは世界自然遺産登録も不可能だ」と話し、遺産登録に向けた国際自然保護連合(IUCN)の審査も通らないと訴えた。
>意見書は環境省のほか県や国頭、大宜味、東の3村にも送付した。
Unknown (東子)
2016-03-25 11:21:46
さて、最初に戻って。

「観光の目玉として、北部訓練場周辺を世界遺産に登録したい」は、政府の希望か、沖縄県、国頭、大宜味、東の3村か。
観光地より北部訓練場の地代の方が、実入りは多いか。
観光地になった時の収入を受け取る人は、地主より広範囲に及ぶか。

「北部訓練場周辺を世界遺産に登録」すると、誰得か?
逆に言えば、「北部訓練場周辺を世界遺産に登録」を膠着状態にしておくと、誰得か?
Unknown (東子)
2016-03-25 11:22:01
「沖縄県北部の森林をユネスコ世界自然遺産に登録へ 政府と地元が合意 翁長知事がまたもネックに… 2016.1.1 00:26」
http://www.sankei.com/politics/news/160101/plt1601010010-n1.html

>工事に反対する勢力や革新勢力の支持を受ける翁長氏も昨年12月の県議会で、「今の状況では(ヘリ着陸帯の移設を)分かりましたとは言えない」との考えを示している。
>移設工事の再開には県が反対派の活動拠点である県道を規制することが必要で、県知事の翁長氏が基地負担軽減となる訓練場縮小の妨害活動を黙認する形となっている。
>翁長氏は普天間飛行場の名護市辺野古への移設でも国と対立しているだけに、北部訓練場での対応が注視される。


「辺野古和解協議、作業部会設置へ 県と国協議会 2016年3月24日 05:05」
辺野古新基地建設 普天間飛行場移設問題
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-244367.html

>北部訓練場の一部返還に向けて、国側は反対する市民らが車両を駐車して、東村高江のヘリパッド建設工事を妨害しているとして「県道上の違法車両の排除に協力を願いたい」などと県側に求めた。
>これに対して翁長知事は文書による指導を進める方針を伝えたが、「オスプレイは高江のヘリパッドで予定されている機種ではなかった」と指摘し、オスプレイでの環境影響評価を経ていないことを問題視した。

翁長知事にヘリパット移設反対派(共産党)の違法行為を積極的に取り締まろうという意思は、ない。
それどころか、「『オスプレイは高江のヘリパッドで予定されている機種ではなかった』と指摘し」て、ヘリパット移設反対派(共産党)の行為を正当化している。
反オスプレイ無罪である。
当然の結果 (清島清)
2016-03-25 11:22:32
琉球新報社や沖縄タイムス社の社員役員連中は犯罪者なのだから、当然の報いですね。

両社の社員は会社を辞めても、就職口は無いだろう。まともな経営者は、絶対に元琉球新報社、元沖縄タイムス社の社員は雇わない。

また、これから益々、その犯罪者の子らも、「うそつき新聞、犯罪組織に勤める犯罪者の子」として後ろ指を指さられる事になるだろう。


さらに、沖縄が中国の自治区になったら、真っ先に言論統制で、両紙は人民日報になり、社員どもは粛清される事になる。
万が一、生き残ったとしても、無法状態で、ウチナンチュからリンチを受け、生きる事は無い。

どっちに転がろうが、琉球新報社と沖縄タイムス社の社員役員どもは生きてはいけなし、生きる権利もない。
因果応報だ。
Unknown (東子)
2016-03-25 11:52:06
「辺野古埋め立て 県「権限行使続ける」 和解に縛られず 2016年3月25日 10:19」
辺野古 代執行訴訟 辺野古代執行訴訟
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-245222.html

「和解に縛られず」と書くのは、「和解が縛っている」から。


「9 原告及び利害関係人と被告は、是正の指示の取消訴訟判決確定後は、直ちに、同判決に従い、同主文及びそれを導く理由の趣旨に沿った手続を実施するとともに、その後も同趣旨に従って互いに協力して誠実に対応することを相互に確約する。」

「同主文及びそれを導く理由の趣旨に沿った手続を実施する」
「同主文」だけでなく、
主文だけだけなら、「取り消しの取り消しを取り消す」だが、「それを導く理由の趣旨に沿った手続を実施する」&「その後も同趣旨に従って互いに協力して誠実に対応することを相互に確約する」が、「縛っている」というのよ。


なぜ、弁護士と相談して「合意」を受け入れなかったの?
弁護士を相談して、この有様?
だから、作業部会には弁護士を参加させない?


なんか、翁長知事の方から積極的に国の罠に嵌っていっているような。
国を口実に、「辺野古推進」の下地作りとしか、思えない。
Unknown (東子)
2016-03-25 12:18:38
「「安保廃案に声を」…TBS番組での岸井氏発言に「放送法違反」指摘 放送法遵守を求める視聴者の会が公開質問状 2015.11.26 15:45」
http://www.sankei.com/entertainments/news/151126/ent1511260015-n1.html

>作曲家のすぎやまこういちさんが代表呼びかけ人を務める任意団体「放送法遵守を求める視聴者の会」が26日、東京都内で記者会見を開き、TBS系「NEWS23」の安保報道が放送法に違反していたとして、番組アンカーを務める岸井成格氏やTBS、総務省に公開質問状を送ったことを明らかにした。


「岸井成格氏ら7人、公開討論呼びかけを無視 2016.3.11 19:10」
http://www.sankei.com/entertainments/news/160311/ent1603110013-n1.html

>作曲家のすぎやまこういち氏が代表呼びかけ人を務める団体「放送法遵守を求める視聴者の会」は11日、放送法をめぐる公開討論を呼びかけていたジャーナリストの田原総一朗氏、岸井成格氏ら7人から、期限までに回答を得られなかったことを明らかにした。
>同会は今月7日付で、田原氏、岸井氏のほか、大谷昭宏氏、金平茂紀氏、田勢康弘氏、鳥越俊太郎氏、青木理氏の計7人に対し、3対3での公開討論を呼びかけた。
>だが、同会が指定した回答期限である11日午後5時までに、誰からも出欠の意思表示はなかったという。
>同会は「呼びかけと提案にお応えしていただくことがかなわず、大変残念」とした上で、「公開討論会を望む声が多く存在する限り、諦めることなく実現へ向けて努力していきたい」としている。


敵前逃亡して、やったのは宜野湾よりさま紹介の
 「田原、岸井、鳥越らが「電波停止発言に抗議」会見で大自爆」



あら?
そういえば、身近で敵前逃亡いましたね~~。

「「メルマガ 第50号」3月14日」より
>私たち「正す会」が沖縄2紙に突きつけた公開質問状を両紙は黙殺で答えました。
>いや、黙殺で答えるというより、回答不可能な質問状に黙して声も出なかったというのが真相でしょう。(笑)


公開質問状
http://okinawa-tadasukai.com/open_letter.html


「沖縄2紙への公開質問状、「正す会」我那覇真子代表、 2016-02-24 06:15:22」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/e0f7935c05cd8bb1e2e7ddcef86e5cff
Unknown (東子)
2016-03-25 12:18:53
「電話取材受けず対面は録音 朝日に無期限「取材制限」措置 川内原発線量計報道めぐり 2016.3.18 16:53」
http://www.sankei.com/affairs/news/160318/afr1603180029-n1.html

>原子力規制庁は18日朝、朝日新聞の編集幹部を呼び出し、(1)17日の記事は、14日の記事と15日の社説について明確な修正がされていない(2)立地自治体や地元住民への釈明がされていない(3)記事で規制庁職員の発言とされたものについて朝日に録音の提出を求めたが、取材源の秘匿という理由で対応がない-と抗議、朝日に対する今後の取材制限を決めた。

「(3)記事で規制庁職員の発言とされたものについて朝日に録音の提出を求めたが、取材源の秘匿という理由で対応がない」。

あら?
そういえば、身近で当事者なのに、ボイスレコーダの内容を当事者でないという理由で開示を拒むのが、いましたね~~。


「沖縄2紙の毒牙に掛かった島尻議員 2015-07-06 07:27:42」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/bc6e0183287bf90858adba5be0c0fe45

>本人が言っていない文言を「言った」と一方的に決め付けられた島尻安伊子参議院議員と木原衆議院議員の2人。
>島尻議員は逃げてなどいない。
>はっきりコメントどころか抗議しているではないか。
>逃げているのは琉球新報だ。
>島尻氏は琉球新報に対し、発言していないことを報道したとして抗議したが、「言った、言わない」で議論は平行線。 
>そこで、島尻氏は発言を明確にするため取材時の音源の提供を求めた。
>それに対し、驚いたことに琉球新報は「音源は第三者には提供しない」という理由で拒否したという。
>島尻氏は第三者ではなくバッシング報道をされた当事者本人である。
>琉球新報が音源提供を拒否する理由は、音源によって捏造新聞であることが暴露されるのを恐れたからに他ならない。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL