狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖縄2紙の毒牙に掛かった島尻議員

2015-07-06 07:27:42 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 琉球新報と沖縄タイムスの沖縄2紙は現在、「報道弾圧」を攻撃する大見出しで発狂中。

だが、不思議なことに、メディアは正しい報道をすべきというメディアの「責任」問題を追及する声がほとんど聞かれない。

憲法が認める「報道の自由」は、民主主義社会wp支える不可欠な要素だ。

だが、その一方で捏造報道が日本の国益すら危険にさらすケースが増えているが、沖縄2紙はこれにゆおては一切触れていない。

沖縄2紙が普通の新聞として機能しているという前提に立って「報道弾圧」などと大発狂しているのが不可解なのである。

沖縄2紙は決して普通の日刊紙ではない。 

「特定の勢力のコマーシャルペーパー」そのものなのだ。

さて、本日の沖縄タイムスの一面トップが10日ぶりに解放された。 百田発言関連の大見出しから。

今朝の一面トップの大見出しは、こうだ。

ギリシャ賛否拮抗か

10日振りに一面トップから「百田発言」関連の見出しが消えた。

沖縄タイムスの病的偏執性もネタ切れなのか。(笑)

 

次に紹介するのは、連日沖縄タイムスの投稿面を検証し報告して下さっている読者のカウンター58さんのコメントである。

オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒限定の「ぼくも私も」など除く)。

自民の勉強会 国家主義恐れ」の神奈川県秦野市・松本宗堂さん(64)は6月6日に続いて今年2回目の掲載。
沖縄の2紙を 購読者は応援」の豊見城市・大嶺よし子さん(70)は1月1、7、22日、2月2、23日、3月9、19、30日、4月9、22日、5月8、23日、6月7、23日に続き今年15回目の掲載。
看過できない 『つぶす』発言」の那覇市・山内昌一さん(74)は2月18日、3月24日、4月9、22日、5月15、23日、6月7、24日に続き今年9回目の掲載。
「父の足跡探し 摩文仁を歩く」の恩納村・山内輝信さん(78)は2月10、25日、4月7日、5月18日に続き今年5回目の掲載。
「平和祈念公園 短冊に願いを」の豊見城市・上原兼治さん(65)は1月24日、4月19日、6月21日に続き今年4回目の掲載。
「百田氏の発言 沖縄への侮辱」の那覇市・松原英明さん(39)は5月10日に続き今年2回目の掲載。
島尻議員は考え示して」の那覇市・昆野武裕さん(62)は5月9日に続き今年2回目の掲載。
「子育てへ助言 11・12日講演会」の那覇市・外間なるみさんは今年初掲載。
「教育事始の碑」の那覇市・大城立裕さん(89)は今年初掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。


論壇に登場の那覇市・昆野さんは、おととし11月に沖縄に移住したということだが、辺野古あたりで暴れるためかな?
仙台から来たと言ったら、「島尻((安伊子議員)のところだな」と睨みつけられたそうだが、普通の県民がそんなことをするはずはないから、過激派仲間になんか言われたということでしょ?

                 ☆

上記投稿のほとんどが沖縄タイムスに迎合する内容であり、「特定勢力のコマーシャルペパー」そのもの。 しかも投稿者は15回目を含む常連さんであることが一目瞭然。

沖縄2紙は島尻議員が「言っていないこと」と主張することを、「言った」として執拗に攻撃しているが、それを側面から応援する投稿者の昆野氏の「島尻議員は考え示して」を後ほど全文紹介する。

 ☆

本人が言っていない文言を「言った」と一方的に決め付けられた島尻安伊子参議院議員と木原衆議院議員の2人。

安倍首相に怒号「明らかに動員」自民木原氏発言

ここでは木原氏については省略して、沖縄2紙の毒牙の餌食になった島尻議員について述べる。

木原議員について、詳しくはここで・・・百田発言のとばっちり、島尻氏と木原氏が沖縄2紙の標的に

 

 百田発言について沖縄2紙に発言を求められた県内の政治家は保革を問わず、「沖縄をバカにしている」「言論弾圧だ」などと沖縄2紙に迎合するコメントをした。 

ところが島尻議員一人だけが「(百田発言のあった)会合に参加していないのでコメントできない」とした。

自分の意に沿わない発言をした島尻議員に対し、怒り心頭の沖縄2紙のバッシングが始まった。

琉球新報などは一面トップの大見出しで「報道弾圧者」もイメージで島尻氏を叩きまくった。

 琉球新報 2015年6月29日

「沖縄メディア、選挙で偏っていた」島尻安伊子参院議員 沖縄タイムス 2015年6月28日

■6日付沖縄タイムスオピニオン面

 

【論壇】

 

島尻議員は考えを示して

 

デマが横行 現状の改善を    昆野武裕

 

私はおととし11月に沖縄に移住しました。 折りしも、公約として普天間県外移設を撤回して辺野古異説を容認し、「待望の子どもが生まれた時には、みんなでお祝いしてもらえる環境にしたい」と発言して、沖縄中が批判・怒り・怨嵯の声に包まれていた時でした。

 

「どこからきたの?」と聞かれて「東北、宮城、仙台ですと答えると、「島尻のところだな」と睨みつけられたものでした。 また「あなたは県民の代表ではないし、ましては内地嫁の代表でもない」という投書があり、多くの内地嫁をはじめ、県民が本当に怒っていると感じました。

 

しかし、この議員の同種の暴言はこの後も止まることなく「危険な行為に先んじて対策を打つことが必要だ」と述べて、反対運動を事前に押さえ込むべきだと、政府の対応に執拗(しつよう)に求めたり(2014年・2・5参議員予算委員会)、市民の反対運動について「責任のない市民運動だとみている。私たちは政治として対峙(たいじ)する」(2015年・4・4)などと言う発言を繰り返してきました。

 

最近では「先日の選挙では私の地元のメディアは偏っていた。 あの時どうだったか調査するのは大事だ」と発言して、今度は報道監視行為ではないかと批判されています。

 

今、話題沸騰中の百田氏のとんでも発言については「私は聞いていない。 コメントしない」とのことでしたが、7月2日付本紙「論壇」原田みき子さんの「百田氏は安倍首相の友人らしいが、沖縄については島尻氏の情報が入っていたのではないか?」の指摘には多くの読者が納得したと思われます。 栄えある自民党沖縄県連会長として、所属する自民党議員の勉強会での百田発言と、その後の自民党の一連の対応について、どうお考えなのか? 逃げないではっきりとコメントすべきではないでしょうか?

 

そして百田発言のようなデマ発言が横行する、繰り返し流される、こういう状況を改善する必要があると思います。

 

そのためにネット情報の分析と対応、「沖縄の不都合な真実」などの書籍への批評と反論、「沖縄の基地問題の歴史と現状」についての分かりやすい小冊子の作成・頒布など早急に進めてはいかがでしょうか? 県内の若年層やあまり関心のない方が、1億人の県外に方々に「沖縄の真実」をしっかりとどけることが、今一番求められているのではないでしょうか!(那覇市、61歳)

 

          ☆

とりあえずこの投稿の奇妙な点を抜粋してみよう。

今、話題沸騰中の百田氏のとんでも発言については「私は聞いていない。 コメントしない」とのことでしたが、7月2日付本紙「論壇」原田みき子さんの「百田氏は安倍首相の友人らしいが、沖縄については島尻氏の情報が入っていたのではないか?」の指摘には多くの読者が納得したと思われます。

百田氏の発言のどこが「とんでも」なのかひと言の言及もなく「とんでも発言」「デマ発言」などとと決め付けているが、それはさておく。

原田みき子氏という方が、別の投稿文で推測したのを昆野氏は引用し、さらにそれに自分の推測を加えて「百田氏の沖縄情報(デマ情報)は島尻氏を通じて」と憶測している。

沖縄2紙に迎合した「伝聞」の「伝聞」で憶測した投稿文でなければ沖縄タイムスには採用されないらしい。

>栄えある自民党沖縄県連会長として、所属する自民党議員の勉強会での百田発言と、その後の自民党の一連の対応について、どうお考えなのか? 逃げないではっきりとコメントすべきではないでしょうか?

島尻議員は逃げてなどいない。

はっきりコメントどころか抗議しているではないか。

逃げているのは琉球新報だ。

島尻氏は琉球新報に対し、発言していないことを報道したとして抗議したが、「言った、言わない」で議論は平行線。 

そこで、島尻氏は発言を明確にするため取材時の音源の提供を求めた。

それに対し、驚いたことに琉球新報は「音源は第三者には提供しない」という理由で拒否したという。

島尻氏は第三者ではなくバッシング報道をされた当事者本人である。

琉球新報が音源提供を拒否する理由は、音源によって捏造新聞であることが暴露されるのを恐れたからに他ならない。

島尻氏は自身のブログで二回目の抗議文を書いている。 

 

琉球新報記事について(続) 20157月03日

7月を迎えました。今年も後半ということ、あらためて「光陰矢のごとし」を感じております。

思いを新たに後半戦頑張ります。

 さて先日載った琉球新報の記事について、私の真意と全く違う大見出し、しかも一面トップ記事に大きく出たことに対し抗議をしたところ、本当に多くの励ましをいただきありがとうございます。

その後本土紙や地元放送局からも取材の依頼がありましたが、私の「報道監視発言」という琉球新報が作った言葉が一人歩きしているように感じます。

あらためて違和感を感じます。

放送アーカイブ構想を簡単に説明すると、出版物などは国立国会図書館に保存されていますが、放送番組も公的な機関に保存すべきではないか、ということから始まった議論と聞いています。

放送番組という、その時代の政治・社会・文化を反映した国民共通の文化的、歴史的資産として体系的に保存していこうという取り組みです。

私もこれに大賛成。

実は先日RBC放送アーカイブという番組で沖縄のお笑いの移り変わりとして「ワタブーショー」「お笑いポーポー」、お芝居の大宜見小太郎さんなど出演している当時の番組を取り上げていて、大変興味深く、楽しく爆笑もしながら見せてもらいました。

まさに当時の社会文化を垣間見ながら、沖縄のユニークな笑いのツボを勉強しました。昔の番組を保存するのは大切です。
  
あらためて申し上げますが、私はこの放送アーカイブを琉球新報の見出しにあるように「報道を監視するために使用しよう」とは考えておりません。

取材を受けた記者には、丁寧に発言の真意を伝えたのにもかかわらず、真意とは違う見出しが出ていたことは本当に残念です。

また紙面には識者意見として、放送アーカイブに懸念を示す意見しか載っておりませんが、学識者にはこれを進めるべきという論陣を張っている方も多くおります。

双方の意見を載せて欲しいものです

言ってもいない嘘のコメントで一面トップを飾るバッシングを受けていながら、証拠の音源の提供は拒否する。

琉球新報の一連の対応は発狂新聞そのものではないか。

もっと毅然とした態度で、名誉毀損などの提訴を視野に入れた強い抗議をしなければ、またうやむやになってしまいそうだ。

島尻議員の抗議の論調がおとなしいのは、自民党県連から「新聞とは喧嘩するな」との圧力が掛かっているという。

もの言えば唇が寒い沖縄だ。

このまでいけば、来年の宜野湾市長選や続く参議員選では沖縄2紙の狂ったようなバッシングを受けることは目に見えており、沖縄2紙の捏造報道に支援された「オール沖縄」候補が当選することは明らかだ。

民主主義の根幹を支えるのは言論の自由と公正な選挙である。

民主主義の根幹を捏造報道によって破壊している沖縄2紙の暴状を決して許してはいけない。

彼らは「報道の自由」を盾に県民の「知る権利」を奪い、公正な選挙を踏みにじっていることは、明白な事実である。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メディアが看過する報道の「... | トップ | 沖縄の2紙、日本の恩人を窮... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-07-06 08:38:18
>島尻議員一人だけが「(百田発言のあった)会合に参加していないのでコメントできない」とした。

非公開の私的会合での発言は、議員の私物であって、私物を盗んで記事にして購読料をもらう行為は、万引きした品を売って代金を売る行為と同じだ。
直接マスコミに言ったかどうかが、私的か公的かの境目かと考える。
個人的にインタビューを受けての発言は、公的発言と考える。
2011年7月3日、復興担当大臣になったばかりの民主党:松本龍氏が宮城県庁を訪れ、村井嘉浩宮城県知事が出迎えなかったことにブチギレて、ブチギレシーンを報じられたくなかったのか、取材陣に向かって「今の最後の言葉はオフレコです。いいですか? 皆さん。絶対書いたらその社は終わりだから」と発言した。
これなどは、公的発言あり、完全な言論弾圧、報道の自由の妨害である。

島尻議員の公的発言は、「(百田発言のあった)会合に参加していないのでコメントできない」とインタビューに答えた内容がすべてある。


>逃げないではっきりとコメントすべきではないでしょうか?

はっきりコメントしたら、言ってもいない内容に変換されるなら、用心して言わなくなる。
言わなくなる環境を作っておいて、「言え! 逃げるな!」と言って、一方的に悪者作り。
魔女裁判である。


>島尻議員の抗議の論調がおとなしいのは、自民党県連から「新聞とは喧嘩するな」との圧力が掛かっているという。

圧力に中に「自民党県連推薦」を取り消すというのが、あるか?
あっても、敢然と闘うことを望みます。
だって、「新聞とは喧嘩するな」の忠告に従って喧嘩しなくとも、「オール沖縄」の候補を猛烈にタイムス、新報は推すだろうから、落選する危険度は同じに思えるから。
それより、言いたいこと言って落選する方が、言いたいことを言わずして腹膨るる思いのまま、落選するより、ずっとましと思うのだが。
私の意見は、外野だから無責任言えることかもしれないけれど。
Unknown (宜野湾より)
2015-07-06 09:02:41
7月4日産経抄をご参考に
http://www.sankei.com/column/news/150704/clm1507040003-n1.html
Unknown (東子)
2015-07-06 09:08:12
「社説[「沖縄・本土」の溝]事態の深刻さ直視せよ 2015年7月6日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=122908

>沖縄出身の貴族院議員・伊江朝助氏は、生き残って沖縄から脱出した陸軍将校が「今回の沖縄戦線の失敗は琉球人の『スパイ』行為による」と誤った情報を流したため、九州の疎開地に沖縄県民スパイ説が広がり、「沖縄5万の疎開民が受け入れ地から脅迫された」と憤まんやるかたない思いで訴えた。敗戦がもたらした流言は、本土と沖縄に深い亀裂をもたらしたのだ。

北方四島も、侵略された。
「氷雪の門」にでてくる電信の女子交換手らは、「さようなら」の言葉の後、青酸カリを飲んで自決している。
戦後、生き残った交換手らは、軍命による自決と言われて、それは違うと訂正運動をし、訂正に成功している。


>「被差別感情が広く県民に共有されるのは、差別の原因が単に過重基地負担の問題に止まらないからである」

が、沖縄は、違う。
なぜ、それほどまで「差別」「被害者」を前面に出すのか?
歴史の史実の掘り起しも大切だが、沖縄県民に心の底ににある被差別意識、これがどこからでてくるのか?
そこを発掘しないと、どんなに史実はこうだったと言っても、「別も見方をすれば~」となって、本土との溝は埋まらないと思う。


>沖縄の世論が「ゆがんでいる」という指摘は、沖縄の人々の戦中・戦後の歴史体験をふまえていない暴言である。

沖縄県民は、沖縄戦だけで「ゆがんで」しまったのか?


>これまで安全保障のコストをより多く負担してきたのは誰なのか。
>そのことに思いが至らない鈍感さは、重症だ。

「より多く負担」。
いままでの社説では、沖縄が一方的に負担してきたという論調だった。
それが、比較になった。
本土も負担しているという事実を、隠し果せなくなったのですね。
自作自演の発狂2紙 (清島清)
2015-07-06 10:12:18
琉球新報と沖縄タイムスの「読者の声」の反日反米 左翼的な発言は、大方、自作自演やプロ市民の声でしょうね。


島尻議員の件、
2紙は島尻議員を沖縄県民の敵と仕向けていきますね。

「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」もいずれ2紙は、この会は沖縄県民の敵だと仕向けていくだろう。

ただし、正す会の場合は、2紙は仕向ければ仕向けるほど裏目に出るだろう。

例えば正す会が本土にあり、本土の人が中心に行っていたとしたら、2紙は県民を煽動して徹底して会を潰しにかかる。

しかし、正す会は県内にあり県民自身が正す運動をしている。これに対して2紙が潰しにかかればかかるほど、県民に周知される。

そして、アホな2紙は自滅の道を更に加速していくだろう。
追記 (清島清)
2015-07-06 10:20:36
.
「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の名を、「琉球新報、沖縄タイムスを潰す会」にしたら、2紙は超発狂するので、より潰しやすくなりますね!
.
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-07-06 10:36:03

オピニオン面に一般投稿本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「『辺野古』ノー 負けるな沖縄」の南城市・吉田淳さん(55)は4月17日、5月14日、6月18日に続いて今年4回目の掲載。
「言論揺さぶる 政権の横暴さ」の浦添市・玉城淳也さん(44)は今年初掲載。
「怖い転倒骨折 筋力つけ防止」の糸満市・国吉真永さん(80)は3月10日に続き今年2回目の掲載。
「沖縄戦の実相 正しい認識を」の那覇市・山崎和美さん(64)は3月18日、4月10、25日、5月24日、6月12日に続き今年6回目の掲載。
「具志堅さんの栄誉今も」の那覇市・平良哲さん(79)は4月4日、6月15日に続き今年3回目の掲載。
「小説家・池澤夏樹」の那覇市・喜舎場朝順さん(80)は3月8日、4月12日、5月8日、6月17日に続き今年5回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。



カウンター58様、いつもありがとうございます。 (清島清)
2015-07-06 13:04:29
発狂狂人集団 琉球新報社と沖縄タイムス社の新聞をやめて、早3年。今朝も清々しい朝を迎えています。

やめた後も2紙の悪業を監視する上で、カウンター58様の情報や、狼魔人日記のブログ主様の情報、読書の皆様のコメントは貴重な情報になっています。

いつもありがとうございます。
.
拡散させてください (kororo)
2015-07-06 13:15:39
拡散させてください。
沖縄を反日勢力、翁長知事や新聞メディアが、沖縄県民を洗脳しているのを腹立たしく思っています。
ひとりでも多くの人に、気づいてほしいので、拡散させてください。
いつも、狼魔人さんの記事を読んで勇気を頂いています。
よろしくお願いします。
Unknown (ayumi61)
2015-07-06 13:33:14
安倍内閣の不支持率が支持率を上回ったそうです。毎日新聞の記事からです。

<世論調査>安倍内閣、不支持が上回る 毎日新聞実施
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00000012-mai-pol

>◇支持率は42%、不支持率は43%

>毎日新聞は4、5両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は5月の前回調査から3ポイント減の42%、不支持率は同7ポイント増の43%で、2012年12月の第2次安倍内閣発足後初めて、支持と不支持が逆転した。政府・与党が衆院通過を急ぐ安全保障関連法案については、国民への説明が「不十分だ」との回答が81%に上った。会期延長した今国会で安保法案を成立させる方針にも61%が「反対」と答え、「賛成」は28%にとどまった。

支持率そのものはまだ42%ありますが、安全保障関連法案についての、国民への説明が「不十分だ」との回答が81%というのは、割と深刻な気がします。

>【自民幹部】「安保法案を強行採決すれば、さらに10ポイント下がるのではないか」

>安倍内閣の支持率は13年3月に70%に達した後、徐々に低下し、14年6月以降は40%台半ばで横ばい状態が続いていた。今回の42%は衆院選のあった14年12月の43%をわずかに下回り、第2次、第3次内閣では最低を記録。一方、不支持率は初めて40%台になった。自民党の国会議員が開いた勉強会で「マスコミを懲らしめる」など報道機関に圧力をかける発言があったことについては「問題だ」が76%に上り、「問題ではない」は15%。自民支持層でも「問題だ」が7割弱を占めた。

>自民党の国会議員が開いた勉強会で「マスコミを懲らしめる」など報道機関に圧力をかける発言があったことについては「問題だ」が76%に上り、「問題ではない」は15%。自民支持層でも「問題だ」が7割弱を占めた。

↑世間では、こんなに悪評を買っているのですね。まあ、私もネットで「新報・タイムスは特定勢力のコマーシャルペーパーである」という確信を得ていなければ、「問題だ」と反応してましたので当然の結果という気もします。

>集団的自衛権の行使などを可能にする安保法案への「反対」は58%で、前回調査の53%からさらに増えた。「賛成」は29%。安保法案に対する世論の批判や、言論圧力問題への反発が内閣支持率低下につながったとみられる。安保法案を巡っては多くの憲法学者が「憲法9条違反」と指摘している。調査では過半数の52%が「憲法違反だと思う」と答え、「思わない」は29%だった。公明支持層の5割弱、自民支持層でも3割が「思う」と回答した。

>政府・与党は国会審議などを通じて安保法案を丁寧に説明する方針を繰り返し表明しているが、説明が「不十分だ」は自民支持層でも3分の2に上り、国民に十分に浸透していないことをうかがわせた。政党支持率は前回調査とほぼ変わらず、自民31%▽民主7%▽維新5%▽公明4%▽共産4%--など。「支持政党はない」と答えた無党派層は37%だった。【今村茜】

にも関わらず、政党支持率は前回調査とほぼ変わりなし、というところに今の野党が如何に支持されていないか、という事実が浮き彫りになっているようです。
Unknown (心配性)
2015-07-06 18:15:51
ギリシャ国民投票はギリシャ国民の良識を信じた世界の人々の予想に反して緊縮策反対の結果に終わった。

これをみて喜んだのはオナガと二大新聞だろう。「県民投票行けるぜ」と思ったに違いない。

さもありなん。「物クユシド、ワン御主」は沖縄だけの専売特許ではない。選挙のたびに年金の釣り上げ合戦になるギリシャと、振興費をつかみどりできる沖縄は見事にだぶる。ポピュリズムなんてそんなもの。それを一番よく知っていて、県民を誑かしているのがオナガと二大新聞。そしてしっかり洗脳される県民。彼らの最終兵器は「県民投票」で間違いない。

となると辺野古移設賛成派は負けるだろうなと心配性の私は独り言ちる。

Unknown (狼魔人)
2015-07-06 19:49:14
kororo様

拡散宜しくお願いいたします。
憎しみを捨てられないと、精神的な疾患に苦しむ事になる←あくまでも、精神病理学の見解です。 (ayumi61)
2015-07-06 21:38:09
日本のサヨクさんって、構造的に「嘘つき」になりやすい傾向にありますからね。

端的に言って、彼らのベースには、「謝っても許さない」「加害者と被害者の関係は千年経っても変わらない」という「千古罪人」の思想があるのですが、そうすると「罪を認める」=「1000年経っても許されない」になりますので、絶対に自分の非を認めなくなるのです。

子どものころから「謝っても許してもらえない」経験をしたり、あまつさえ自分が「誤っても許さない」と決めている世界に生きていると、「非を認める」→「千古罪人」の世界に入りますので、結果として「息を吐くように嘘をつく」ことになります。そうしないと、生きていけなくなるのです。中国人や韓国人が「息を吐くように嘘をつく」というのは、何と言っても彼らが「千古罪人」の世界に生きているからです。

日本のサヨクさんも、大体が旧日本軍や天皇の戦争責任に徹底的にこだわりますので、彼らもまた「千古罪人」の思想の持ち主です。彼らは「謝っても許さない」どころか「落ちた犬は叩け」という思想の持ち主ですので、間違っても自分が「落ちる」わけにはいかない、つまり非を認めるわけにはいきませんので、絶対に自らの誤りを認めることはありません。そんなことするぐらいなら、一生嘘をつき続けることを選びます。

中国と韓国と日本のサヨクが「息を吐くように嘘をつく」のは、↑の事情があります。「千古罪人」の世界に生きる彼らには「息を吐くように嘘をつ」いていかないと、すぐ「落ちた犬は叩け」でひどいことになってしまうのです。ですので、彼らに対して「嘘をつくな」というのは、大体「息を吐くな」というのと同義語になります。

裏を返せば、「犯した罪は一生許さないし許されることはない」という信念こそが「慢性的に嘘を吐く」という症状を生む、ということです。ですので、精神病理学の世界では、概ねこういう風に定義されています。

精神疾患の症状は、しばしば過去の憎しみや怖れ、苦しむといったものを後生大事に抱えていることから引き起こされる事が多い。よって、その解決策にはその憎しみや怖れ、苦しみを手放す事が重要となる。

これは「愛や許し、慈悲の心によって憎しみを手放しなさい」という話になり、宗教的な話になるのですが(これは仏教でもユダヤ教でもキリスト教でもイスラム教でも語られています)、精神病理学の世界では、「憎しみの心」は他ならぬ憎しみを抱えた主体を苦しめますので、まさに「個人主義」「功利主義」の観点を突き詰めた結果、「愛や許し、慈悲の心によって憎しみを手放しなさい」という結論に至った、という話です。

さて、沖縄サヨクの場合は「加害者と被害者の関係は1000年変わらない」と考えています。琉球新報と沖縄タイムスも同様ですね。その場合、既に述べた事情から、「自らの非を認める」ことは絶対にできなくなります。その結果「息を吐くように嘘をつく」ことも避けられません。それが「千古罪人」の世界に生きる人々の重要な「倫理」です。
精神病理学の世界では、こういう人々を「病人」とか「病的な人格障害の持ち主」という風に定義しますので、精神医学や臨床心理の世界になじんだ人々には、彼らのことを「病的な人々」とみなしがちになります。日本の場合、割と精神医学に関心の高い人が多いので、その意味で沖縄サヨクというのは「病的な人々」とみなされがちになります。

その意味では、「謝ることによって許される」経験をすると、「嘘は武器ではなかった」ということも分かってくるのですが、そんなの中国や韓国ではありえない話です。よって、下のような記事は、中国や韓国ではありえない話、ということになります。

[大弦小弦]「うそは武器だった。…
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=120306

>「うそは武器だった。自分を守り、友だちとの関係をつくるものだと思っていた」。しかし重ねた結果、周囲からの信頼や判断力、学校でみんなと過ごす時間など多くを失い、「得たのは大きな後悔だけだった」

こんな話が通用するのは「謝れば許してもらえる」世界だけです。
沖縄県は日本だから「謝れば許してもらえる」のかもしれませんが、琉球新報と沖縄タイムスは「加害者と被害者の関係は1000年変わらない」と思っているはずですね。そうだとすると、「嘘は自らを守る武器である。それを捨てろというのは、自殺しろというのと同じだ」という信念も捨てるわけにはいきませんね。どうぞ、そうしてください。
その結果として精神病理学の定義する「病的な人格障害者」に合致しようとも嘘をつくのはやめられないはずです。

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
強制送還ならまだ温情措置だろうと思う (凪に反日って言われちゃった v(^_^ ))
 まだ通報だけで済まそうとしてるあたりが日本人の優しいところだな、と思う今日この頃。  でも、本当に通報だけで済むなら、それによる国外退去や強制送還ならまだ良い方だと思うぞ。  朝鮮人がやらかした事で、今すぐに思い出せる幾つかだけでも、  竹島侵略と...
世界遺産登録後始末 大規模の税金広報せざるを得ないのには裏がある??? (美しい国への旅立ち)
安倍政権は、外務官僚に足を引っ張られ、韓国政府に、世界遺産登録問題でいいようにしてやられたようである。