狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

宜野湾市長選2月12日!普天間基地とは暮らせない、だって

2011-12-29 07:37:11 | 八重山教科書採択問題

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 

 今朝の沖縄タイムスは「、防衛局が「評価書」を未
明に県庁に提出して件で、一面トップも含む計6面を
使って久々の大発狂である。

一面の発狂見出しの側の次の見出し注目したい。

宜野湾市長選2月12日

安里氏が辞表「市民におわび

半年も仕事をせずに給料を貰っていてお詫びで済む
のなら市長とは気楽な商売である。

前にも書いたが早い時期(夏ごろ)から安里市長の職
務復帰は困難と見られていた。

が、年末まで辞表を遅らせていた理由は、市長復帰を
狙う伊波洋一前市長の選挙準備のための時間稼ぎで
あった。 普天間にある伊波氏の選挙事務所は夏の頃
から選挙前のような活気を呈していた。

また半年も続いている八重山教科書問題でも、伊波氏
は積極的に集会に参加し、選挙を意識した講演などを
行っていた。

伊波前市長時代、副市長をしていた安里現市長の辞任
が早い時期に分かっていた伊波氏としてはまさに「渡り
に船」で、こんな準備のし易い選挙も珍しいくらいだった
だろう。

伊波氏の選挙運動ともいえる活動の一例がこれ。

「八重山教科書採択問題」報告集会

八重山教科書採択問題は、重要な局面を迎えています。
3市町教育委員会は異なる結論を出し、県教育委員会
が指導助言するという状況になりました。
多くの教育関係者、保護者が、育鵬社の公民教科書採
択に、そして教育現場を大事にしない採択の方法に大
きな怒りが巻き起こっています。
八重山からの報告:住民の会より
この間の経過報告:山口剛史(すすめる会)
公民教科書の問題点~憲法の視点より:加藤裕さん
(憲法普及協)
公民教科書の問題点~基地の視点より
伊波洋一
さん(元宜野湾市長)
沖教組からの報告:山本隆司(沖教組中央執行委員長)

日  時:2011年 9月4日(日)  14:00~(13:30
受付開始)
場  所:教育福祉会館3F大ホール (那覇市古島 オ
ークパインとなり)
主  催: 沖縄戦の歴史歪曲を許さず、沖縄から平和
教育をすすめる会(平和教育をすすめる会)
共  催: 9.29県民大会決議を実現させる会

             ☆

伊波氏は、普天間基地を売り物にして、県知事選で勝利
し、次は国会議員を狙う目論見は県知事選の大敗でもろ
くも崩れ去った。

となると、沖縄の首長の中では最もマスコミの露出度の
大きい宜野湾市長の椅子が1年足らずで空席になるろ
は、こんな美味しい話は滅多にない。

そこで再度宜野湾市長の座に返り咲いて全国的に名前
を売っておいて、今度は一足飛びに国会議員の座を狙
うつもりなのだろう。

その頃には照屋寛徳議員も勇退し、後釜に道を譲らざ
るを得ないと読んでいるのだろう。

だが、そうは問屋が卸さない。

宜野湾市民の良識が、極左市長復帰の夢を粉砕して
くれるだろう。

               ☆

伊波氏が、宜野湾市長時代に行っていた市民の安全
は2の次の極左活動家としての行動を過去ブログより
引用して振り返ってみる。

先ず伊波宜野湾市長当時の宜野湾市民の声を、沖縄
タイムスの読者欄から紹介します。(太字強調は引用者)

≪沖縄タイムス 20107月25日 オピニオン面 読者の声


久高貞夫さん=73歳 (宜野湾市)

身近な問題をまず解決して

伊波洋一宜野湾市長に尋ねたい。 安全保障問題
に関して一言の発言もないのは意図的ですか。
 
なたは沖縄県民に選挙された市長ではなく宜野湾
市民にのみ選ばれた市長です
。 
そこを自覚し現
状では不可能な県外、国外移設を論じた時間を浪
費する前に宜野湾市民の最も身近な問題、すなわ
ち普天間基地の危険性、騒音の早期撤去、市民の
安心・安全な生活、福祉等の発展を最優先にとらえ、
その解決に心血を注ぐべきです。 
辺野古案は普天間周辺より人口密度、危険性が少
ない上一度は移設を容認した辺野古住民、名護市
にいま一度、宜野湾市民の心情を斟酌(しんしゃく)
してもらい県、国に働きかけ早期移設実現に働きか
けてもらいたい。 それが宜野湾市長としての義務です。
今のあなたの基地問題に対する姿勢は、多くの住民、
とりわけ飛行ルートの住民の切なる願望を等閑視す
るパフォーマンスにしか見えません。 
これ以上われ
われ市民を我慢させないで欲しいと思うのはわたし一
人だろうか。 次期県知事選出馬のうわさがあるがそ
の前にやるべきことが山積みしていることを忘れない
でもらいたい。

                     ◇

なるほど、伊波宜野湾市長は「米軍基地は国外撤去」
と叫ぶことはあるが、撤去した後の安全保障に言及し
たことはない。

また、実現困難な「普天間移設を国外撤去」を主張す
ることが基地の固定化に繋がり、結果的に宜野湾市
民に基地公害を与えているということにも言及するこ
とはない。

「安全保障問題に関して一言の発言もないのは意図的
ですか」と問われても一言の弁解もできないだろう。

伊波市長は、久高さんがご指摘のように宜野湾市民に
選ばれたはずなのに、県を代表するならまだしも、国を
代表する総理大臣か外務大臣のつもりで、毎年アメリ
カに基地返還の交渉に行くことが良く知られている。

アメリカと外交交渉するつもりらしいが、自分の本分を
忘れるのもここまで来ると喜劇といわざるを得ない。

我が住む宜野湾市の市長ながら、ロバにまたがり巨大
風車に突進するドンキホーテを連想して思わず失笑し
てしまう。

今回の鳩山首相の迷走劇ですっかり時の人になり、
宜野湾市を訪れる政府要人等に、得意げに「売り物」
の「世界一危険な基地」を「世界一危険な小学校」の
屋上から案内するお得意のパフォーマンスは、すっか
り有名になった。

お馴染み!「売り物の基地を」セールス中の伊波
市長のお得意のポーズ。

「さー、これが世界一危険な基地ですよ!」
          ↓

 


そこで調子をこいた伊波市長、すっかり舞い上がっ
てしまい、自分が日米合意の中心人物と錯覚してし
まった。

外務大臣や総理大臣も知らない普天間基地のグア
ム移転に関する怪しげな「伊波文書」を見せびらかし
、世間を混乱させたことは自分の立場を忘れたパフ
ォーマンスの極地であった。

一昨年も、ハワイ在の米太平洋軍司令部に「普天間
基地返還交渉」にアポ無しで訪問し、文字通り門前払
いを喰って良識ある県民の失笑を買ったことは記憶に
新しい。

米太平洋軍、宜野湾市長を門前払い(琉球新報 2008
.7.29)

米太平洋軍司令部で要請
文の受け取りを拒否される伊波洋一宜野湾市長=28
日午前、キャンプ・スミス

写真を見ると、本当に(文字通り)門前払いで、米軍司
令部の建物の中には入れてもらえなかった模様。(失笑)

「門前払い」を喰らって、することがなくなった伊波市長ご
一行五人は、仕方なくホノルル市役所を訪問して助役に
面談したという。(タイムス)

突然、遠い沖縄からの客が五人も押しかけては、ホノ
ルル市の助役さんもさぞや迷惑だっただろうに。

以前からパフォーマンスが得意の伊波市長だが、勿
論外務大臣でもなければ県知事でもないしその権限
もない。 

宜野湾住民の安心・安全な生活、福祉等の発展を
最優先にとらえ、その解決に心血を注ぐこと
こそが
宜野湾市の市長に与えられた職務であることは久高
さんのご指摘を待つまでもない。

ところがこの人物、自分が「普天間基地」の固定化の
張本人であるにもかかわらず、基地が宜野湾市にあ
ることは憲法違反だとして国を提訴すると言うから何
をかいわんやである。

伊波市長が立候補断念?国を提訴で

久高さんの投稿は、筆者を含む全宜野湾市民の声
を代弁しているかのようで日頃の胸のつかえを見事に
落としてくれた。

伊波市長の本分を忘れたパーフォマンスについて触
れた過去エントリーを次にリンクする。
 
四面楚歌の宜野湾市長 沖縄タイムスが又梯子をはずした?

ジュゴンの命か住民の安全か 伊波市長のハワイ訪問

最強の偽善者は伊波市長!「基地は財産」 県知事選へ立候補! ≫

 

 【おまけ】

■伊波前市長の唯一の「商売道具」⇒普天間基地

普天間基地が「ガマンできずに一緒に
は暮らせない」のなら宜野湾市民は毎
年減少すするはずなのに、毎年増え続
けているのは、伊波さん、どう説明して
くれますか。

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻聴を記事にする記者 | トップ | 無法地帯沖縄、プロ市民の暴... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-12-29 08:03:41
昨夜のNHKニュース。防衛局の評価書が運び込まれた県庁の守衛室に籠って職員の仕事を阻止している国会議員たちとのナレーションで映し出されたのは・・。カントクとガイド嬢でした。パフォーマンスのつもりでしょうが、もはや救いようがない。

宜野湾市長選挙はおおいに興味があります。この”おいしい時期(彼にとっては)”に伊波元市長の頭には、狼魔人さんの言を借りれば「「世界一危険な小学校」の屋上から案内するお得意のパフォーマンス」に今から心をときめかせているのでしょう。そうはさせまじ。宜野湾市民の良識に期待します。
self-will (noga)
2011-12-29 10:10:03
昔、「コーラは○○○、ボクシングはヤマトダマシィ」という宣伝文句があった。
闘争には、大和魂が有効であるということであろうか。大和魂とは、負けじ魂のことなのか。大和魂を発揮して頑張れば、その結果は沖縄戦のようになるというものであろうか。

悪くないものを悪いと言わせようとする恣意がある。これも、腹芸か、大和魂か。
その恣意が政治問題を何十年も膠着させている。
普天間基地の環境がどうしても我が国民に許しがたいものであるならば、政府は福島の第一原発のように「長期帰還困難区域」に指定すればよい。
この国の政治には、恣意の人でなく、意思の人が必要である。
さすれば、腹案ではなく、成案をもって問題は決着できる。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする (ちゃぶ台をひっくり返す)力は持っている。
だから無能力の我々は、常に耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲しなくてはならない。
和をもって尊しとなす。過ちは、繰り返しませぬから。
これは単なる感傷ではなく、我々自らの叡智をもって裏付ける行動に出なくてはならない。

日本人には意思 (will) がない。
意思は未来時制 (future tense) の内容である。
日本語には時制がない。
日本人には意思がない。

英米人の子供には意思がない。
この点で日本人のようなものである。
思春期を迎え、言語能力が発達すると、意思を表すことができるようになる。
英米流の高等教育 (大人の教育) が可能になる。これは、さらなる英語の教育である。
日本語脳の持ち主には、大人の教育の意味は理解できない。
日本人は英米流の大学教育を高く評価もしないし、効果も上がらない。

子どもには意思がない。
だから、子供には保護者 (chaperon) がついてきて、それを代行する。
日本政府にも、意思決定が難しい。
だから、アメリカ政府が意思決定を助けてくれる。
日本人の誰もが指摘する通り、我が国の政府は、アメリカ政府のポチである。
日本人は、自力でこの道を脱却できるか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

Unknown (Unknown)
2011-12-29 10:30:04
沖縄をもう一度焼け野原にしないとわからないようだな、シナの犬は
政治主導を放棄している民主党政権 (とおる)
2011-12-29 10:57:51
> 防衛局が「評価書」を未明に県庁に提出

「平成の闇討ち」事件とでも反対者は、呼んでくれないかな?

・責任転嫁の“電撃作戦” アセス未明搬入 首相への不信感深まるばかり
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111229/plc11122901120002-n1.htm
より、
 一川保夫防衛相は苦渋の決断だったと強調したが、電撃作戦については「現場の責任者の判断だ」とまたも事務方に責任転嫁した。藤村修官房長官も記者会見で「事務的な手続きだ」と繰り返した。

中国漁船が尖閣諸島で不法操業して海上保安庁に捕まって、菅政権によって那覇地検の判断という言い訳で釈放された事件に似た状況ですね。
政治主導と言いながら、都合の悪い事は官僚に擦り付ける。
「だまし討ち」は「県民」の専売特許。 (カントク不行届)
2011-12-29 18:45:19
今日の琉球新報の、「評価書」関連の記事の一文より。

>普天間飛行場の県内移設に反対する訴えを無視した“だまし討ち”に、県民の怒りも頂点に…

なるほど、“だまし討ち”は自分らの専売特許なので、特許を侵害されて「怒り」が「頂点に」達したんですね。「県民」は。
目が笑わない御仁 (安仁屋正昭)
2011-12-29 19:10:21
伊波前宜野湾市長の境遇は語りませんが、幼少期から成人するまではけして恵まれた生活環境ではなかったようです。
苦労を体験する事により、他者に対する思いやりを深める人と、他方そのような境遇に追いやった他者を恨む人と二つに分かれるとすれば、伊波氏はけして前者ではないようです
その証拠に、笑う時でも、目はけして笑っていません
氏が市長時代に行なったラウンドワン誘致、ヒルトンホテル誘致は、前者は、経営不振を理由に、当初住民側と取り決めた、営業時間も勝手に延長しており、いつの間にか1,2階はゲーム機であふれかえっています。風俗営業禁止地区なのにです。
ヒルトンは、測量すらせずに計画が頓挫しました。
また、米軍の海軍病院は、宜野湾に在りながら隣村から水道を引いています
人質にされた小学校は移転の計画すら立ちません

こんな人物が再び市長にでもなったら、それこそ市民は生き地獄です。
難しいです。 (宮古島より)
2011-12-29 19:22:10
nogaさんへ、
私の読解力が乏しいので、nogaさんの難解な文章の理解に至るまでは達しておりません。。
主語が曖昧なので、独り言のような印象を受けますが、分かり易く言うと、日本は自主性をもって、普天間基地問題を解決できるということですか?

nogaさんのコメントをより深く理解したいという知的探究心からの質問なので、nogaさん、どうか、お気を悪くなさらないよう・・・。
選挙妨害の捏造記事 (Unknown)
2011-12-29 21:10:27
宜野湾市長だった伊波さんの

後釜の選挙の時、


新聞が対立候補者の政策を

正反対に書いて、選挙を妨害したって

こちらのブログに書いてませんでした?


もしかしたら、同じような妨害記事出るかも???

もう交渉カードに使えない。 (涼太)
2011-12-29 21:26:38
狼魔人様

ネットの普及で、普天間基地のトリックを多くの国民が知っています。
もう普天間は「世界一危険な基地」との、交渉カードは使えません。
普通の頭で普通に考えて、沖縄県が言う過重な基地負担を軽くするための辺野古移設です。
普天間移設が実現すれば、嘉手納以南の広大な軍用地が返還されます。
地元の辺野古地区も合意しています。実に沖縄の米軍基地の20パーセント以上が返還されます。
何故反対するのか理解できません。
基地負担軽減策に反対するなら、過重な基地負担を軽減しろ。世界一危険な基地を撤去しろ。と言うべきではありません。
言っていることとやっていることが矛盾しています。もっと簡単に言うと出鱈目です。
Unknown (涼太)
2011-12-29 21:39:27
狼魔人様

沖縄の左翼運動に関しては、ネタのばれたマジシャンが相も変わらず同じネタで商売(ゆすりたかりですから商売なんでしょう)しているようなものです。
命が宝とか言っても空しく響くだけです。
日本本土でも、旧社会党など誰も相手にしなくなったように、沖縄の左翼運動もそろそろ限界ですね。
Unknown (◯◯◯)
2011-12-29 22:16:25
涼太様

>旧社会党など誰も相手にしなくなった
いやいや、ミンス痘を相手にしちゃったじゃないですか。
ブサヨを甘く見てはいけません。
だから全力を上げて根絶やしにしなくてはならないのです。
奴らはゴキブリよりもしつこいですから我々日本人はもっと勉強し、強い意思を持って行動し続けなければならないと思います。
Unknown (涼太)
2011-12-29 22:42:11
◯◯◯様

仰るとおりです。
今の民主党は半数が旧社会党の残党ですからね。
今の民主党を見ると、思いつきでバンバン調子のいいこと言うが、実現した例がありません。
次期選挙で半減すると思います。国民も二度と騙されないでしょう。
気をつけよう甘い言葉と裏マニフェストですね。
リアル・ジャパネット沖縄? (***)
2011-12-30 03:46:19
>お馴染み!「売り物の基地を」セールス中の伊波市長のお得意のポーズ。
「さー、これが世界一危険な基地ですよ!」

この写真を見ていると、「お笑い米軍基地」という、主に「基地」を「売り物」ならぬ笑い物にする、沖縄のローカル芸人によるお笑いの舞台の中の、「ジャパネット沖縄」というコントを思い浮かべますね。

コントの詳細については、下のブログに譲りましょう。
http://61846814.at.webry.info/201108/article_3.html

ただ違反前市長の場合、売る気ゼロなため、購入者が現れても代金だけ受け取って雲隠れするのでしょうが。
「お笑い米軍基地」の狂気の沙汰コント… (***)
2011-12-30 04:02:51
ちなみに上で紹介したブログでは、大学に米軍ヘリが墜落して7年、という微妙な節目を記念して、その大学を会場に行われた「お笑い米軍基地」の公演について紹介されてますが、「ジャパネット沖縄」の次に紹介されてる「子ども電話相談室」というコントで、「普天間は皇居に持って行け」、「天皇一家は普天間に住め」、「愛子さまも普天間第二小学校なら、不登校がなくなる」などと、もはや狂気の沙汰としか思えない風刺劇を繰り広げていたとのこと。

しかし、これよりも恐ろしい事実は…、こんな狂気の沙汰同然のコントをやるこいつらが、沖縄ではローカル・ヒーロー番組に準主役・悪役どころか、主役としても出演している、ということである。

沖縄では、ローカル・ヒーローまでイデオロギーまみれなのか、と言いたくなりますね。
「お笑い米軍基地」脚本家、捏造記事疑惑? (***)
2011-12-30 04:53:34
「お笑い米軍基地」にはほかに、下の動画のようなコントもある。

「日の丸」、というタイトルから大体予想がつくように、野球場に不法侵入し、日の丸を引きずりおろして100円ライターで焼き捨てた元読谷村議を彷彿とさせる人物が登場するコントである。
http://www.okinawayuru.jp/culture/fec/002.php

このコントが、こいつらのその後を如実に物語っている証左と思うのは、自分だけではないでしょう。


ちなみに、この「お笑い米軍基地」の脚本を書いてる芸人は、新報に以下のような連載を持っているが、少し気になる記述があったので紹介します。
http://dojo.ryuchan.jp/2011/04/14/215.html

上の記事は、メア氏の「ゆすり・ごまかしの名人」発言についてのものだが、その中で、メア氏が沖縄総領事時代、この芸人は彼を取材したそうだが、その際、ヘリの爆音を〝自由の音〟、と言ったという。

もちろん、メア氏がそのような発言をしていたならばこれは問題なのでしょうが、ただ、この〝自由の音〟発言、過去に嘉手納基地の司令官が発言したものであるため、もしかするとこの記事は、この芸人による創作ではないかという疑念を抱きます。
PTAの会合では (本島保護者)
2011-12-30 10:37:41
先々月行われた那覇地区の高Pの懇親会では、なんと余興に出てきた子供たちが流していた曲に「琉球独立」というフレーズが何度も紛れ込んでいました。
一種のサブリミナル効果を狙っているのでしょうか。
子供たちに「琉球独立」という言葉を浸透させていこうとする、えげつない大人がいるのかもしれません。
お笑いでは済まされない (本島保護者)
2011-12-30 10:46:10
以前、嘉数高台で風船を上げ、ヘリや航空機の離着陸を妨害し、墜落の危険性をあえて作り出した狂気の「かまどぅぐわぁの輩」などは、バードストライクと同じトラブルで航空機が子供たちの真上に堕ちてくることを願っていたのでしょう。
そうなったら「基地があるから悪い」とほくそえむんですかね。
さも自分たちは正義だという顔をして。
「お笑い米軍基地外」の連中もそんなレベルだと思います。
航路の下で子供を学ばせている我々保護者にとっては、「お笑い」どころではない。
心底強い怒りを覚えます。
こんなレベルの連中をヒーローのように取り上げるマスコミって、おかしいとしか思えません。
狂っている。
これが、子を持つ親のすることか。 (せいこ・K)
2011-12-30 17:47:03
>「子ども電話相談室」というコントで、「普天間は皇居に持って行け」、「天皇一家は普天間に住め」、「愛子さまも普天間第二小学校なら、不登校がなくなる」などと、もはや狂気の沙汰としか思えない風刺劇を繰り広げていたとのこと…

この「お笑い米軍基地」の売れない芸人ども、今ではその方面の方々ですら前面に押し出さない反天皇をネタにして笑いをとるのもかなり重大な問題だが、いくら天皇家に生まれたからといって、まだ小学生の子どもの不登校をネタに笑いをとるのは反天皇云々以前の問題で、人として許し難いものがあります。

しかもこの芸人ども、そのほとんどが子を持つ親だということだそうですから、よく子どもの不登校をネタにできたな、いや、よく親を名乗れたものだな、と思いますね。

しかし、これよりもなお許し難いのは、こんな下劣極まりないネタで、米軍ヘリの墜落した大学の学長・副学長が一番笑っていた、という事実である。
Unknown (義挙人)
2011-12-30 18:26:49
せいこ・K様へ

おそらく、初登場かな、、(私は本ブログ参加4年になりますが、、初めて見る、HNです。間違っていたならゴメンナサイ。)

せいこ・K様の仰せの通りだと、思います、いくらコントでも、酷過ぎます。
Unknown (沖縄が心配です)
2011-12-31 09:59:24
メアさんの出された本を読んでください
メアさんの奥さんは日本人で、東北地震でメアさんは陣頭指揮をとりました

メア発言は、捏造で、左翼に計画的に陥れられました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL