狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

最強の偽善者は伊波市長!「基地は財産」 県知事選へ立候補!

2009-12-07 07:28:19 | 普天間移設

 人気blogランキングへ クリックお願いします 


移設先決定 参院選後に 「普天間」政府方針/WGで米側に伝達(12/6沖縄タイムス)
 米軍普天間飛行場の移設問題で、政府は移設先の方針決定を来年7月の参院選後まで先送りする意向を固めていたことが5日、分かった。(略)

                    ◇

移設先の決定は参院選の後?

これは沖縄タイムスの希望的観測だとみるが、これが事実だとしたら一番喜ぶのは「普天間移設」を自分の政治の駆け引きの道具に使ってきた伊波宜野湾市長であろう。

昨日のエントリーで鳩山首相を究極の偽善者と断じたが、もう一人、鳩山首相や岡田外相を手玉に取る、最強の偽善者が沖縄にいた。

その人物は仲井真県知事でもなければ、移設先辺野古を行政管轄する島袋名護でもない。危険と隣り合わせの普天間地域を管轄する伊波宜野湾市長のことだ。

読者の涼太さんの言を借りると、鳩山政権の閣僚達は偽善者というより単なる無知に過ぎないと、次のようなコメントを頂いている。

>>これに対し岡田氏は、「普天間の危険性を除去するために努力する中で、地元の市長が(現行計画に)合わないことを言うのはいかがか」と不快感を示した。

なんか、下手な吉本喜劇よりも滑稽です。
岡田大臣は、普天間基地は絶対無くならない、の前提で国からゆすりたかりをやってきた、伊波市長の思惑がまだ理解出来ないのでしょうか。金のなる木を失いたくない、伊波市長の焦りが手にとるように解かります。もしそうなったら伊波市長は首でしょう。沖縄の左翼団体が県外、県外というのも、実は100%県外は無い、との確信のもとやっていると思います。アメリカが怒って県外でもいいよとなったら、鳩山政権も沖縄経済も破綻します。
せいぜい鳩山総理には県民の思いを大事に頑張って欲しいものです。
外交、内政、経済こんなに禍の種を撒く政権も珍しい。
今日のNHK「日曜討論」でも、長妻厚生労働大臣は、「セーフティーネットの拡大」と何度も発言していますが、自民党の鴨下議員の言葉に正解があるように思います。鴨下議員は「セーフティーネットも大事だが、税収が落ち込んでいるときに、税収増に繋がる戦略なくして、セーフティーネットの拡大いうのは、国民全員が貧困になることだ。」と言いました。
民主党は弱者救済といいますが、弱者切捨ての政策を実施しているのに気が付かない。偽善というより無知なんでしょう。

                     ◇

■県知事選を睨んだ偽善的発言「県外を!」

岡田外相の想定では、危険な普天間基地に隣接する普天間(宜野湾市)の市長が、その危険を除去することに全力を尽くすのは当然であり、普天間住民の危険を先延ばしするような県外移設を主張する伊波市長の言動無知な岡田外相にとっては想定外であり、当然不快なのであろう。

地域住民に選ばれた市長であれば、その地域の安全を考えるのが緊急かつ最重要課題のはずだが、偽善者の伊波宜野湾市長にとって、「県外」にこだわることが、結局問題の先送りになり、最終的には来年の名護市長選挙、そして県知事選挙後にまでもつれ込んだら、伊波市長にとっては思惑通りということになる。

それを暗示するように今朝の沖縄タイムスには来年の県知事選の候補者が写真入で掲載されているが、二選を狙う仲井真現知事に対する野党側候補の筆頭に伊波宜野湾市長の名が挙げられている。

タイムスの説明には「伊波氏は市長二期を努め、米軍普天間飛行場の返還など基地問題の解決に精力的に取り組んだ実績が評価された」とある。

そう、普天間基地移設は伊波市長にとって簡単に解決しては困る問題であり、それを「県外」という無理難題で解決をこじらせばこじらせるほど、伊波市長のマスコミ露出が多くなり、知事選には追い風になると言うのが伊波市長の本音なのである。

この際市民の安全を最優先して緊急避難的に辺野古に移設という選択肢は伊波市長の脳裏には一欠けらもない。

普天間住民の危険と引替えに基地を自分の選挙の道具にする・・・これこそ最強の偽善者たるる所以である。

つまり伊波市長にとって、普天間移設は容易に解決して欲しくない財産なのである。

無知な岡田外相に、「地元の市長が危険除去に反対の意見はおかしい」と指摘され、これに反論?する偽善者市長の言葉が傑作である。

「危険除去と移設は別」?

どういう意味?

外相に宜野湾市長反論「危険除去と移設は別」
 岡田外相は5日午前、那覇市内で、米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の伊波洋一市長と会談した。

 岡田氏は、4日の日米外務・防衛当局の閣僚級作業部会で、米側が同飛行場を米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行案の早期履行を強く求めたことを受け、「状況は厳しく、米国は辺野古以外の選択肢はないという。このまま行くと普天間の危険性がなくならないことを最も懸念している」と述べ、現行案での早期決着もやむを得ないとの考えをにじませた。現行案に反対している伊波氏は「危険性除去と移設は別の話だ」と反論した。(略)

(2009年12月5日  読売新聞)

                     ◇

最近になってやっと夢から現実に立ち返った岡田外相は、「このまま行くと普天間の危険性がなくならないことを最も懸念している」と述べ、現行案での早期決着もやむを得ないと述べて、最も普天間住民の安全を考えるべき伊波市長を説得したが、最強の偽善者・伊波市長の言葉は常人の理解の範疇をはるかに超える。

危険地域の市長なら住民の危険除去を真っ先に考えるのが責務ではないのか。

それを現行案に反対する理由が「危険性除去と移設は別のこと」だとはどういう意味なのだ。 

世界一危険とされる普天間基地に隣接する普天間住民から危険性を除去するのが基地移設の目的ではなかったのか。

沖縄タイムス 2008年8月12日(火) 朝刊 1面
民間地の鉄塔 撤去要請/防衛局
宜野湾市大謝名/米軍機の安全で
 【宜野湾】宜野湾市大謝名に設置された個人所有の高さ約四十メートルの電波塔に対し、沖縄防衛局が隣接する米軍普天間飛行場を離着陸する米軍機の事故防止を理由に、撤去を求めていたことが十一日、分かった。専門家によると、法律に違反しない建物に、米軍基地運用の妨げとなるとして国が撤去を求めるのは異例だという。(略)

                    ◇

普天間基地があるために一番得をしているのは伊波市長だといわれる理由は数多くの補助金の他に、テレビ等のマスコミ露出の数の多さだ。

次期県知事候補といわれる伊波市長は基地関連のニュースの度にマスコミに登場し、今や那覇市長を押さえて最もマスコミ露出の多い市長として全国的にも知られ始めてきた。

 

これまで伊波市長が知事選を狙って演じてきた数々のパフォーマンスを嫌われメアの逆襲!民間地の鉄塔 撤去要請から抜粋し補筆して以下に引用する。

誰もが認める伊波市長の財産は「普天間基地」であり、それには次の大前提が不可欠である。

「住宅密集地に隣接した普天間基地は危険である

これを基に伊波市長は数多くのパフォーマンスを演じてきた。

クリアゾーン(土地利用禁止区域)」を滑走路両端に設けているが、実際は、ゾーン内に小学校や住宅がある。市はこれが米軍自身の安全基準違反になると指摘し、同飛行場の運用停止を求める。」
伊波市長訪米、米基準違反を追及へ(2008.7.26)

米海軍省作成の「普天間飛行場マスタープラン」のクリアゾーンを宜野湾市の航空写真に重ねた図

これに関しては当日記は、危険を承知でこれに近づいて、これを危険だとして、ゆすりたかりをするのはヤクザの手口と批判した。

ゆすり、たかりはマフィアの生業

これに対し当時のケビン・メア在沖米総領事(現国防総省日本部長)が、「逆に滑走路の近くの基地外に、なぜ、宜野湾市が建設を許しているのか疑問」と反論した。⇒“無理解”メア氏 「近くに建設許す宜野湾市に疑問」
なるほど、基地外の建築許可は宜野湾市の管轄だからこれを許可した宜野湾市の責任こそ問われるべきで、米軍基地に責任を問うべきではない。

ところが、メアさん、言わんでよいことも、つい口に出してしまった。⇒ メア総領事 宜野湾市長訪米効果を疑問視

その結果がこれだった。

「メア氏は退島を」 普天間爆音訴訟原告団、要求決議を可決

そして、新聞にはこんなことも書かれ⇒メア発言 こんな米総領事、要らない

基地外にはこんなこともされた。⇒在沖米総領事館に火炎瓶:

「そんなに危険と思う基地の側に鉄塔を作る方が危険だろう」と言ったら、再度「メア、出て行け」コールが起きかねない。

そこで防衛省をクッションにして、今回の「民間地の鉄塔 撤去要請/防衛局 」ということになった。

メアさん、前にこんなことを言っていた。

「米政府は日本の基地外の建設に何も権限がない。日本政府と県と市がコントロールしているので、米側は何もできない。普天間の滑走路の南の進入灯の近くにタワーができているが、これも安全の面で米側からはよくない。でも米側からは何もできない

 

危険な滑走路を含む基地の側に鉄塔を作ることは危険地域をより危険にすると思うのだが、そんな理屈は伊波市長には通用しない。

危険を除去したかったら「飛行場で、飛行禁止」をすれば済む!

沖国大「飛行禁止」要求/普天間ヘリ墜落4年

確か、沖国大も危険を承知で近くに建設されたはずだが・・・。

 

 

◆関連エントリーです。 

ジュゴンの命か住民の安全か 伊波市長のハワイ訪問  

ゆすり、たかりはマフィアの生業

沖縄タイムスが報じた「不都合な真実」、「返還パニック」!

人気blogランキングへ クリックお願いします 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳩山首相は究極の偽善者!岡... | トップ | 自縄自縛の鳩山首相、八方美... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沖縄は何処へゆく? (ayataro04)
2009-12-07 17:02:18
狼魔人さま

混沌とした時代を象徴する日本の現状を憂いています。
私の家内は那覇の出身ですし、子供にも孫にも沖縄の血が流れています。
私自身も沖縄が好きでしたし、子供達には誇れる地で有らねばと思います。
しかし、沖縄の左翼の現状を知る程に、沖縄が復帰すべきでは無かったと思うように成りました。
シーシェパドがクジラを食い物にして生活しているように、沖縄の左翼メディアや政治家は、基地を食いものにして生活しています。

普天間の基地の住宅も大学も基地が出来てから出来たものがほとんどですし、
そこには利権と思惑がうごめいている様です。

最近は沖縄に同情する気持ちが無くなりました。
沖縄の県の財政は70%以上を国の補助を得て成り立っています。
復帰後、膨大なお金が沖縄に投下され、びっくりする程変わりました。

しかし、鳩山と言う生徒会長ほどの能力もない首相によって、日米同盟は危機に瀕しています。
成り行きを眺め、笑っているのは中国だけでしょう。

極論ですが、沖縄はアメリカの統治に戻すべきかも知れません。

グアム移転はアメリカの意志? (KOBA)
2009-12-07 18:44:49
 星の数ほどある(お花畑)反戦ブログに、興味深い物がありましたので参考までにリンクしておきます。そこで紹介されているリンク先に週刊朝日の普天間基地に関する記事があったのですが、それによると宜野湾市長が「普天間基地のグアム移転はアメリカの意志」を示す文書を発見した、ということでした。
 だから辺野古に拘るのは筋違い。と言いたげな記事ですが、それが事実ならアメリカは最初からグアム案を一貫して主張しているはずですが・・・まさか記者の願望を記事にしたわけではないですよね?ましてやこの「資料」を見つけたのが宜野湾市長、というのが私には引っ掛かります。
 果たして真相は何処に?
Unknown (涼太)
2009-12-07 23:35:06
狼魔人様

拙い文章を紹介いただき恐縮です。
私の素人考えかも知れませんが、普天間問題を考えた時、真っ先に考えないといけないのは、市街地にある基地の危険性の除去です。
にも拘らず、過去大田元知事、稲嶺元知事と普天間基地移設の話が具体化してくると、腰が引けてしまう。日本本土から見ると本気で基地を移転したいのか。と疑問にに思うのです。
NHKのクローズアップ現代でもやっていましたが、老後の生活資金に基地を買い漁って、県外だ国外だと叫んでも、実態を知ってしまうと、全然説得力が無いのです。使途自由な基地周辺対策費から、辺野古の反対運動家に資金が流れている。とのネットの書き込みもあります。鳩山総理は「沖縄の思い。」と一括りで言いますが、いろんな思いが有るようです。
ただ、鳩山総理の思いは一つのようです。「自民党の言いなりにはなりたく無い。」でしょう。
涼太様 (KOBA)
2009-12-07 23:59:11
 >自民党の言いなりにはなりたく無い

 ただそれだけの理由で鳩山総理、いや民主政権は事の是非に関わらず、古代中国の「易姓革命」の如く無差別に自民政権の政策を否定して僅か2ヶ月で日本経済も内政も対外信用も滅茶苦茶にしてしまいましたね。彼らにとって「国民の生活」なんて所詮選挙に勝つための手段に過ぎません。政局の道具として沖縄をおもちゃにしているという自覚は全く無いでしょうね。
 それでいて「元自民」の小沢幹事長の言いなりになりっぱなしなので、ここでもブレまくっているのは何とも皮肉です。
Unknown (涼太)
2009-12-10 00:44:31
狼魔人様、ブログお借りします。

KOBA様

遅レスで申し訳ありません。
国民もそろそろ騙されていることに気が付いて欲しいですね。選挙前は無駄を削れば10兆円ぐらいすぐ捻出できると豪語していたのに、蓋を開けてみると自民党以上の金食い虫です。
鳩山総理は本気で「出来なかったらごめんなさい。」とか「だって、自民党政治が悪いと言ったのは、国民でしょう。」とか言い出しそうです。
自分の主体性の無さは棚に揚げて、「国民の思い。沖縄県民の思い。社民党の所為。」などと責任転嫁に終始しています。その言動にしても根底には、自民党の思い通りには成りたくない。の思惑が見え隠れします。
自民党の思い通りになりたくないのなら、しっかりと自分の考えを国民に示すべきですが、それも無い。
製造業への派遣も禁止する。と言いますが、それが現在派遣社員としてギリギリ頑張っている人達の仕事まで奪ってしまう。弱者、弱者と言いながら、弱者切り捨てになることに気が付いていない。止めた公共工事の後始末も出来ない。
所得制限なしの子供手当ても、不況に関係ない民主党の支持母体の、連合、自冶労に配慮したものでしょう。もうブレとかの問題ではなく支離滅裂です。
狼魔人様の方言講座で勉強しましたが、「なんくるないさ政権」と命名したいですね。それとて沖縄県民には失礼な表現ですが。

コメントを投稿

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
岡田外相 孤軍奮闘 (遊爺雑記帳 in iZa)
 岡田外務大臣が、孤軍奮闘していますね。 普天間の年内決着断念の公表前の今月 1日、 関係閣僚が集まった席上では、岡田外相以外は「年内決着は難しい」との認識で一致した という記事は以前に触れました。  そして、鳩山の年内決着断念の公表。4日、日米閣僚級合同会...
魔裟斗とアホな谷川貞治 (日本の狂った反日スポーツライターたち)
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の六つのエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 武士道とスポーツ 丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち 歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない バスケッ...
蓮舫 (ラサ#lhasaのブログ)
おいら、民主党参議院議員の落選運動をしようかと思います。 ←クリックしていただけるとうれしいです