教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

<レコード>人気再燃で針製造フル回転 6人で年間17万本

2016年02月17日 21時46分05秒 | アナログレコード

毎日新聞 2月17日(水)10時48分配信

手作業で一つ一つ製造される交換用のレコード針。手前は完成したレコード針=兵庫県新温泉町の日本精機宝石工業で、小関勉撮影
 アナログレコードの人気が再燃する中、交換用のレコード針を製造している日本精機宝石工業(兵庫県新温泉町)では、需要の急増に合わせて6人の従業員がフル生産でレコード針を作っている。
 日本レコード協会によると、アナログレコードの生産量は昨年には66万2000枚に上り、2014年と比べて65%増となった。
 同社では1873年に縫い針の製造を開始し、技術を生かして1966年にレコード針の製造を始めた。国内でも数社しか残っていないレコード針の製造会社として、交換用の針を「JICO(ジコー)」というブランド名で生産している。
 ここ数年、手軽な価格のレコードプレーヤーの発売などが相次ぎ、レコードのファン層が広がって出荷量が復活した。レコード針製造部門の社員を以前より増やし、15年度は約17万本の出荷を見込んでいる。【小関勉】


人間の人生も企業も何が、起こって幸いするか分かりません。地道な頑張って居れば、必ずやチャンスが訪れると言うことです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加