教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

日経平均、838円74銭安の1万4874円65銭で終了=東京株式前場)

2016年02月12日 13時43分45秒 | 東京株式市場


時事通信 2月12日(金)12時0分配信

 12日午前の東京株式市場の日経平均株価は、前営業日比838円74銭安の1万4874円65銭で終了した。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、70.25ポイント安の1194.71で終了した。』

株も人生もいつまでも昇り続けないと言う証明です。
上がれば下がると言う常識です。実体経済の景気回復とは関連しない株式バブルも終焉です。
今日の暴落を予測出来た人は、経済学を学んだ本当の専門家と言う証明になると思います。どこまで日経平均株価が下落するのか、各企業の株価もどこまで下がるかまだ分かりません。親方日の丸の官僚は、新潟の古くから言われている諺「月夜の晩と米の飯」が続くと思い予測出来なかったのではと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加