教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

「現実離れしてた」=最初の激震後現地入り―災害派遣の医師語る・熊本地震

2016年04月30日 20時56分15秒 | 熊本地震
時事通信 4月30日(土)14時47分配信
熊本地震の発生翌日に現地入りし、被災者の救護に当たった災害派遣医療チーム(DMAT)の医師に、熊本県益城町を最初に襲った震度7の激震直後の活動などを聞いた。救急病院でも経験したことのない出来事に、医師は「現実離れしていた」と振り返った。
 「震度7の地震があれば自主的に待機する」というルールの下、九州大学病院救命救急センター(福岡市東区)のDMATチーム、生野雄二医師(37)ら4人は、発生直後の14日午後10時ごろ、病院に参集した。テレビで情報収集し、DMAT本部から要請を受けた15日午前1時、陸路で熊本県入り。熊本赤十字病院(熊本市)に到着した午前4時50分には、既に40チームが集まっていた。
各チームとのミーティングを終え、益城町役場に詰めた。日ごろ訓練を受けているが、出動は初めて。階段にはひびが入り、水も使えない。何も考えられないまま、骨折を疑われる人や、風邪をひいた車中泊の子供の診療を続けた。
発生から丸1日たった夜、全身に擦り傷や打撲、やけどを負った40代の男性が救護所に来た。倒壊した自宅から子供を助け出すことに必死で、病院にも行かなかったという。
「通常ならすぐに病院に行くような状態だった。1日たって、われに返ったのでは」。生野医師は男性を診察した状況を「救命センターで勤務していても、経験しないような出来事。現実離れしていた」と振り返った。 通常、DMATチームは72時間交代制で救護に当たるが、本部の指示で15日夜のうちに益城町をたった。「被害の拡大が見込まれないとの判断だったのだろう」。しかし、福岡市に到着した16日未明に本震が発生。朝から自衛隊機による患者移送をサポートするため、福岡空港で待機した。
「本震直前まで大きな被害が出ないだろうと思っていた。だんだんと収束していくという思い込みがあった」と生野医師。「『次』がないとも言えない状況。医療者として、できることがあれば何でもやっていきたい」と力を込めた。 』
現実離れしていても、それが熊本地震の救急医療現場の現実のようです。
生野雄二医師の経験したことのない事が、現実に起こっていて見たと言うこ
とです、
今の時代は、自然災害でも過去の経験や常識が、どこまで役に立っかは不確実性が強く、その時の状況に応じた臨機応変な対応が求められるのかも分かりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天木直人の公式ブログ 天木直人のブログ歴史問題をごまかして政治決着を繰り返す安倍首相の...

2016年04月30日 16時02分21秒 | 国際・政治

30Apr
2016
歴史問題をごまかして政治決着を繰り返す安倍首相の大罪


 これから書くことは、とても重要な視点であると自画自賛するが、はたして読者はどう判断するだろう。

 オバマ大統領の広島訪問がほぼ確実視されるなかで、それを手放しで歓迎できないとする意見が見られるようになった。

 たとえば4月28日の毎日新聞「記者の目」で、広島支局の竹内麻子記者が書いている。

 オバマ大統領には被爆者に会ってその声に耳を傾けてほしいと。

 原爆投下の事実と向き合って核兵器がもたらす悲惨さを米国や世界に発して欲しいと。

 たとえば4月29日の朝日新聞「余滴」で、社会部の加戸靖史記者が書いている。

 オバマ大統領の広島訪問が実現しても、割り切れない気持ちが残ると。

 オバマ大統領は「核兵器のない世界」の理想を語るだろう。しかし、その前にぜひ被爆者の言葉に耳を傾けてほしいと。

 いずれも比較的若い記者だ。

 なぜ、若い記者からこのような意見が出てくるのか。

 それは、若い世代に語り継がれていく歴史が、曖昧な形でやり過ごされてはいけないと言う思いがあるからに違いない。

 もしオバマ大統領の広島実現が、報道されている通りの形で行われるなら、日米双方の思惑の違いが残ったまま、米国大統領の歴史的広島訪問という「偉業」だけが残り、それ以降、この問題は終わってしまう。

 米国大統領のはじめての被爆地訪問は「偉業」である事に間違いないから、誰もそれを正面から批判できない、しない。

 「偉業」を成し遂げたオバマ大統領と安倍首相の功績だけが喧伝され、歴史に刻まれる。

 原爆を人類に投下した唯一の国である米国と、投下された唯一の国である日本との真の和解は、うやむやのまま歴史の彼方に追いやられることになる。

 二度とこの話が持ち出されることはないだろう。

 そういえば、つい最近、同じような事を我々は目撃したような気がする。

 その通りだ。

 昨年12月の慰安婦問題についての日韓合意であり、その半年ほど前の8月の安倍談話である。

 いずれも表面的には歴史問題に決着をつけた形となった。

 しかし、一番重要な歴史認識のところがまったく曖昧にされたままだ。

 和解どころか対立したままだ。

 それにもかかわらず、歴史問題の決着という「偉業」だけが語り継がれていく事になる。

 それを目撃した我々が生きているうちはまだいい。

 しかし、若い世代がすべての時代になれば、すべてが忘れ去られ、「偉業」だけが残ることになる。

 みずからの手柄のために、歴史問題を曖昧決着し続ける安倍首相は、はかりしれないほど罪深いと思う(了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻覚で急ブレーキ、眠らずハンドル握る、減る若手…「人間を絞りすぎ」

2016年04月30日 15時52分21秒 | 社会・経済

幻覚で急ブレーキ、眠らずハンドル握る、減る若手…「人間を絞りすぎ」 トラック運転手が過酷労働の実態を吐露
11:24


(産経新聞)
 西日本に本社を置く大手運送会社で働く50代のベテラン運転手の男性は関西の営業所から首都圏の営業所への配送を担当している。3日かけて1往復の乗車をこなすが、その勤務実態からは、法令を無視した過酷さばかりが浮かび上がる。
男性によると、1日目の午後に出勤し、大型トラックに荷物を自ら積み込む。会社は表向き、「夕方に来ればいい」と指示しているが、それでは荷役が間に合わないため午後3時ごろには出社しているという。
荷積みが終わった同8時すぎ、営業所を出発。休憩を取りながら運転を続けるが、高速道路を走行中には、路面に残る不自然なブレーキ痕を見ると、朦朧(もうろう)とした状態で運転し、幻覚で急ブレーキをかけた経験を思いだすという。
首都圏の営業所に到着するのは、翌朝6時ごろ。しかし、すぐには眠れない。荷降ろし作業が待っているためだ。仕事から解放されたのは午前9時ごろだ
 厚生労働相告示では、始業からの拘束時間は16時間を限度とし、次の始業まで連続8時間の休息が必要だ。しかし男性は18時間にわたり拘束。さらに終業から6時間後の午後3時に2日目の勤務が始まる。
約6時間かけて帰り便の荷物を積み込み、午後9時すぎに出発する。速度のリミッターで時速90キロまでしか出ないため、男性は「前方の車1台ごとに追い越せるかどうか考えてしまい、かなり疲れる」と話す
 日付が変わって3日目の午前中、途中の営業所に立ち寄って荷物を降ろす。拠点とする営業所に戻るのは午後1時ごろ。長い乗務が終わった。「50歳をすぎてから特に体力的にきつい」とこぼす。
次の日は休みではなく、午後3時ごろには出勤しなければならない。丸一日休みなのは月に1~2回だけ。同僚が急用などで休む場合、本来なら会社が協力会社から運転手を派遣してもらうべきだが、男性がそのまま眠らずにハンドルを握ったこともある。「人間を絞りすぎだと思う。現場の過酷さは皆分かっているが、どうしようもない」
業歴25年で給料の総支給額は四十数万円。若手のドライバーは減っている。男性は「長時間労働の改善は会社レベルでは無理。国民生活を陰で支えているのが運送業界だということを広く理解してもらうことで機運が盛り上がってほしい」と話している。』

運送会社のトラックドライバーの持病は、腰痛だそうです。
荷物の積み下ろしが、大変腰の負担になるそうです、
荷物の積み下ろしだけでも機械化出来ないものでしょうか。
運転による頭と目の疲れで、遠くが見えなくなったと聞きました。
トラックドライバーは、日本の物流を支える産業の動脈の中を流れる大切な血液です。
十分な睡眠と休養が、取れ、給与状況の改善をはからないと若い人たちのトラックドライバーが、減少し交通事故の増加の要因゜作っていることになると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<川口・祖父母強殺>19歳被告が手紙「貧困児童に関心を」

2016年04月30日 15時18分35秒 | 社会・経済
<川口・祖父母強殺>19歳被告が手紙「貧困児童に関心を」
12:21


「居所不明児童の存在を認識して」と書かれた少年の手紙
(毎日新聞)
 虐待を繰り返す親と各地を転々とした末、埼玉県川口市で2014年に祖父母を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われている当時17歳の孫の少年(19)=最高裁に上告中=が、現在の心境をまとめた手紙を毎日新聞に寄せた。学校にも通わせてもらえず「居所不明児」となって事件を起こした少年は、自らの過ちを悔いつつ、自分のような貧困児童に「少しでも注意を持ってほしい」などとつづっている。

 記者は1審のさいたま地裁判決(14年12月)以降、少年と手紙をやり取りし、面会もしてきた。少年は記者に宛てた今年2月下旬の手紙で、自身の不遇な生い立ちを報じた1審公判中の新聞記事などを読み、「居所不明児や貧困児童等の存在を認識していただいて、普段の暮らしで見かける子供へ少しの注意を持っていただきたくて」取材に応じたと説明した。
殺害された祖父母は演歌やカメラが好きだった。少年は、インターネットを使えば趣味に関する情報も簡単に入手できることを逮捕後に知ったとし、「祖父母にとっても充実した生活が得られるハズだったのかと思う。だから、事件が起きていなければ、起こさなければよかったのに、と思います」と悔いた。
 一方で、母親らとラブホテルや公園で暮らす中で生まれた異父妹が将来、親の指示で売春などを始めていたかもしれないとし、「自分はそれを止められたか、あるいは一緒になって始めさせていたか、考えるだけで訳が分からなくなます」と明かした。
 弁護側が上告し、裁判は続いている。少年は2審判決に「不満はない」とする一方、「似た境遇の子供たちを少しでも生きやすくするため、(判決が変わる)わずかな可能性を壊したくないと考えた」と説明した。

 法廷では「生きていく自信がない」「大人は信用できない」と述べていたが、報道で不遇な境遇を知り、支援を申し出た人たちと交流するようになったことで「自分自身を変えるため、その方々を信用してみないといけない」と思い直したとも書かれていた。

 「他人を傷つけず裏切らないように生きていきたい」。少年はそう望み、似たような子供たちのことも考えていきたいという。理由については「『世の中捨てたもんじゃないな』と子供たちに想わせたいからです。それに、自分自身に対しても」と記されていた。

【山寺香】

 【ことば】埼玉・川口市祖父母強盗殺人事件

 2014年3月、川口市のアパートで無職男性(当時73歳)と妻(同77歳)が殺害されているのが見つかり、当時17歳だった孫の少年が逮捕、起訴された。1審・さいたま地裁判決によると、少年は母親から「殺してでも」金を借りてくるよう言われ、祖父母宅を訪問。借金を断られ、2人を包丁で刺して殺害した。検察側は無期懲役を求刑したが、さいたま地裁は小学校5年から学校に通わず「居所不明児」として過酷な環境で育った事情を考慮して懲役15年とし、東京高裁もこれを支持した。弁護側が「刑務所でなく、精神的な治療を受ける医療少年院に入れるべきだ」として最高裁に上告した。少年の母は、祖父母に対する強盗を少年に指示したとして、懲役4年6月の実刑が確定している。
この事件今の日本の所得格差が、拡大し止まらず貧困化が進んでいる社会的矛盾が、生み出した事件です。
文明先進国日本の表層の一つでも、
精神主義や道徳感では解決しない得ない根深さがある社会問題です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<福岡の中学校>飲み水にトイレ洗浄水 水道管接続誤る

2016年04月30日 14時38分10秒 | 受験・学校
 福岡市は28日、博多区の市立板付中学校(496人)で、2014年10月から今月26日までの約1年半、トイレの洗浄に使う再利用水が、手洗いや飲み水に使われていたと発表した。業者が水道管の接続を誤ったことが原因で、手洗い場や剣道場更衣室など50カ所の蛇口から再利用水が出ていた。市が大腸菌などを検査したが問題はなく、生徒の健康被害はないという。
 市によると、14年6~10月、業者がトイレの改修工事で再利用水と上水の既設管と新管を地下でつなぎ合わせる際、取り違えて接続していた。今月、学校側が手洗い場の水が濁っていることに気付き発覚した。【林由紀子】

業者の工事の確認ミスです。
中学校側も生徒の健康管理を考えて、工事の後直ぐに点検しておくべきでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

83歳乙田さん、人生初マウンド ミリスタ戦で1日始球式

2016年04月30日 14時35分44秒 | まち歩き
ュース 地域 83歳乙田さん、人生初マウンド ミリスタ戦で1日始球式

02:56

I
北國新聞
(北國新聞)
 県歌謡文化協会理事長で作曲家の乙田修三さん(83)が5月1日、金沢市民野球場で行われる石川ミリオンスターズ公式戦の始球式に臨む。4歳で右目を失明しプレーは断念したが、鶴来中時代は野球部マネジャーを経験した。人生初のマウンドを「光栄なこと。作曲より緊張する」と話し、連日猛特訓している。
 2月に球団からオファーを受けて以来、室内では丸めた新聞紙やおしぼりを投げ込んできた。26日は公式球で50球の投げ込みも行い「ようやく真っすぐ飛ぶようになった」と手応えを口にする。
 幼少期から左目も視力が弱く、スポーツをすることをあきらめた。中学時代にのど自慢大会が流行すると「目が見えなくても関係ない。これしかない」と歌の世界に飛び込み、歌手・作曲家として生きてきた。自作には松井秀喜さんの応援歌があり、王貞治さんとも親交を持つ。
 当日は午後1時の試合開始前に登場し、始球式と国歌斉唱を行う。歌謡教室の教え子や仲間が大勢駆けつける予定で、乙田さんは「プレーする夢がかなう。元気なピッチングを見せたい」と一球入魂を誓った。』
眼が、ご不自由で一球入魂で、ストライクです。
長嶋茂雄さんは、バッターボックスで、精神を集中して息を止めていると投手の投げた球
が、止まって見えたと言われています。
お体を大切にされて、がんばってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第11回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」懇談会のご案内 「大日本帝国陸軍中野学校の大陰謀

2016年04月29日 15時45分23秒 | 国際・政治

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

~ニュースにブログ~
第11回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」懇談会のご案内(5月29日16時30分~)
2016年04月29日 02時42分05秒 | 政治
第11回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」懇談会のご案内

「大日本帝国陸軍中野学校の大陰謀
日本を100年守り続ける東西冷戦の仕掛け」
~戦後70年間有効に作用し続けた朝鮮半島分断戦略と新東西冷戦
《日本人シュメール起源説》
「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社神官・三島淳雄著)
 ~第6回 日本の神社名をシュメール語で読み解く

【講師】 政治経済評論家・板垣 英憲

【日時】2016年5月29日(日)
午後17:00~20:30
(懇談会プログラム)
16:00~16:30 受付
16:30~19:00 講演
19:00~20:30 懇親会(質疑応答)
※プログラムのお時間は多少前後いたします。
人数 18名様限定(申込先着順)
参加費 5000円 
懇親会の食事代を含みます (飲み物代は別途当日の計算となります)

【会 場】会 場 小石川後楽園内「涵徳亭」 別間
(東京都文京区後楽1-6-6( TEL 03-3811-3015)
アクセス

お申し込み

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
朴槿恵大統領は、「国家機密」を積んだまま、海底に沈んでいる「セウォル号」をどうするつもりなのか?

◆〔特別情報1〕
 韓国大型旅客船「セウォル(世越)号」が2014年4月16日、韓国全羅南道珍島郡の観梅島(クァンメド)沖海上で転覆・沈没事故(死者=乗員・乗客295人、行方不明者=乗員・乗客9人)を起こして2年が過ぎた。「セウォル号」は3階「船員室」に「国家機密」を積んだまま、いまも水深44メートルの海底に沈んでいる。朴槿恵大統領は、事故から丸1年となった2015年4月16日、現場に近い彭木(ペンモク)港を訪れ、「必要な手続きを速やかに進め、できるだけ早い時期に船体を引き揚げる」と正式に宣言していたけれど、実現していない。それどころか、国会議員総選挙(4月13日投開票)で与党・セヌリ党が過半数を割り込み、惨敗が確定してから2日後、韓国各地で追悼式典が催された際、朴槿恵大統領は、政府主催の式典会場に花輪を出しただけで、「哀悼の意」の誠意が込められていなかったという。それにしても、あの「国家機密」は、どうなるのか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓







第53回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年5月8日 (日)
G7伊勢志摩サミットは、成功するか
~どうなる世界経済、どう動く日本の景気
(世界から狙われる日本の金塊)


第11回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」
「大日本帝国陸軍中野学校の大陰謀
日本を100年守り続ける東西冷戦の仕掛け」
~戦後70年間有効に作用し続けた朝鮮半島分断戦略と新東西冷戦
《日本人シュメール起源説》「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社
神官・三島淳雄著)~第6回 日本の神社名をシュメール語で読み解く
日時2016年5月29日(日)16時30分~20時30分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天木直人のブログ三菱自動車の不正事件があぶりだしたこの国の天下り...

2016年04月29日 15時42分55秒 | 国際・政治

29Apr
2016
三菱自動車の不正事件があぶりだしたこの国の天下り天国ぶり


 三菱自動車の不正を見抜けなかった国交省に責任はないのか。
 これは誰もが思うことだろう。
 それをいち早く書いたのがきのう4月28日の日刊ゲンダイ(4月29日号)だった。
 その記事の要旨は次のごとくだ。
 この国で車の燃費試験を独占して来たのは「交通安全環境研究所」なる独立行政法人だ。官僚の天下り先で、2014年度には国交省OBが理事職に収まり、年間1500万円の報酬を得ている。30・8億円に上る年度予算の内9割以上を国の交付金や補助金、要するに国民の税金に頼っているが、試験に必要なデータの測定はメーカーに丸投げ。「どうせアイツらには見抜けっこない」とメーカー側にも見くびられて、不正の温床となっていったのだ・・・
 この独立行政法人をつくり、監督するのは国交省だ。
 まさしく国の責任である。
 その責任を問う声が上がる前に、国交省は素早く手を打った。
 石井啓一国交大臣は、きのう4月28日の閣議後の記者会見で発表し、それをきょうの各紙が報じている。
 国が異例の再試験に踏み出すと。
 しかし、国の試験と言っても何のことはない。
 それを行うのは「自動車技術総合機構」という独立行政法人だという。
 そして、ここであらたな疑問が出てくる。
 この自動車技術総合機構という独立法人は今まで何をしていたのか。
 なぜこれまで担当させてきた交通安全環境研究所に再試験をさせないのか。
 役立たずだから別の天下り法人に再試験をさせるというのか。
 それではなぜ交通安全環境研究所を廃止しないのか。
 いったい、いくつの天下り法人を国交省はつくれば気が済むのか。
 この国は役人天国だ。
 天下り法人をなくすと大見得を切った民主党政権だったが官僚機構の税金泥棒ぶりには指一本手がつけられなかった。
 そして自民党政権の復活と共に官僚機構が見事に跋扈し始めた。
 この国は民主党政権の失敗によって以前よりはるかに悪くなった。
 そして二度と政権交代が起きる可能性はなくなった。
 天下り天国は続くということである(了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュース スポーツ 有川 10回TKOで日本ウエルター級新王者、東大中退の変わり種

2016年04月29日 11時51分07秒 | スポーツ
04月28日 22:11

東大中退の日本ウエルター級新王者・有川(左)と川島会長
(スポニチアネックス)
 ボクシングの日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦は28日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の同級1位・有川稔男(31=川島)が10回1分46秒TKO勝ちで初防衛を狙った王者・新藤寛之(29=宮田)を破り、新王者となった。タイトル初挑戦の有川は1回に左フックでダウンを奪う上々のスタート。新藤の左ストレートと右ボディーを浴びながらも終始前へ出てパワーパンチを当て、10回途中に新藤陣営のタオル投入によりTKO勝ちした。有川は17戦13勝(11KO)4敗、新藤は22戦17勝(6KO)4敗1分け。
「たまたま1ラウンドに左フックが当たった。あれがなかったらどうなっていたか」。試合を分析した有川は、チャンピオンになった感想を聞かれ「なかなかいいものではあるけれど…。目標はKO勝ちと右手を骨折しないことだったけど、たぶん折っちゃっているので落ち込んでいます。6ラウンドぐらいだったかな」と苦笑した。強打の代償で右拳を何度も骨折し、手術を3度経験。今回も右手中指の付け根部分に触れ「骨はずれてはいないけど押すとコキッていいます」と首をすくめた。
神奈川・聖光学院から入学した東大を中退し、自衛隊入隊を目指してトレーニングしていた際に試合を見てボクサーを志したという変わり種。ただし、「やるからには高いハードルを自分に課すのが好き」と日本王者を目標に掲げてきた。約5年続けている清掃業のアルバイトでは高層ビルに出向くことが多く、「高いところは好きです。自分はムラッ気なので、東京のあちこちへ行けて楽しい気分になる」とニヤリと笑った。
元WBC世界スーパーフライ級王者の川島郭志会長はジム創設17年目で初の王者誕生。「天才。考えていることが深いので読めない」と愛弟子をイジリながらも、「やっと(王者が)出たなという感じ。ありがとう、有川」と感謝していた。』
元東大生の秀才には、珍しい類い希なバイタリテイと不屈の精神の持ち主です。御両親には、東京大学を卒業してからと思われたと思います。勿体ない気もします。
頭の良さと鍛え抜かれた体つきから分かる体力と強い精神力で、チャンピオンになれたと思います。
骨折と健康に注意されて、これからもがんばってください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「地震後めまい」患者増加  9割近くが女性熊本

2016年04月29日 11時48分00秒 | 熊本地震
(読売新聞) 04月28日 18:12

 28日に通算の地震回数が1000回を超えた熊本地震
 『被災地では、地震が発生していない時も体の揺れやふらつきなどを感じる「地震後めまい症候群」の症状を訴える患者が増えている。強い地震が続いたことに加え、車中泊や避難所生活のストレスが発症の引き金になっている可能性が高い。東日本大震災でも同様の症状が問題になり、専門家は、症状が重い場合は医療機関を受診するよう呼び掛けている。
 熊本県 宇城 ( うき ) 市の松橋耳鼻咽喉科・内科クリニックでは、19日から27日までに、同症候群とみられる症状を訴えて44人が受診した。
年齢層は13~89歳と幅広く、うち女性が9割近く(38人)を占める。体の揺れやふらつきを訴える患者が多く、自分や周囲のものが動いたり、回転したりするように感じる例もあった。44人のうち、20人は車中泊を続けている人で、14人は避難所生活を送っていた。避難生活に強いストレスや不安を感じている人が目立つという。』

地震への恐怖心とストレスが原因ではありませんか。
目眩やふらつきの起こるメニエル病に似たノイローゼ状態です。
日中、天気の良い日は、避難所の外でお天道様にあたり、複式呼吸で、深呼吸を繰り返し、皆で体操をする必要があります。
今後鬱病になる被災者の人が、増えないか心配です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"熊本地震で続くマスコミの迷惑行為・妨害活動まとめ" を YouTube で見る

2016年04月29日 11時03分41秒 | テレビ番組
"
【熊本地震】被災者の物資を横取り、ヘリの騒音、深夜にライト…マスコミの厚かましさに被災者から怒りの声!!!" を YouTube で見る
"熊本地震で続くマスコミの迷惑行為・妨害活動まとめ" を YouTube で見る


マスコミの上からの報道規制を導いたのは、
マスコミの報道姿勢と現場での被災者の迷惑も顧みず、ヘリコプターの騒音を撒き散らし良識とモラルのない報道活動の帰結です。
視聴率を上げることしか頭にない反省を忘れたテレビ局の実相です。
被災者の悲しみも苦しさも理解しないで、高い目線から映像を写しても真実の現場取材とは、程遠いのではありませんか。
自然災害とテレビ局のあり方を日本国民は、考えると時期に来ていると思います。テレビ全盛時代の終焉を自ら招いた自業自得です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天木直人のブログ被ばく元米兵へ面会するために訪米する小泉純一郎に...

2016年04月28日 22時35分04秒 | 国際・政治
天木直人のブログ被ばく元米兵へ面会するために訪米する小泉純一郎に...
28Apr
2016
被ばく元米兵へ面会するために訪米する小泉純一郎に思
きのう4月27日の東京新聞で知った。
 小泉純一郎元首相が5月中旬に米国サンディエゴを訪問し、「トモダチ作戦」に派遣された元米軍兵士をお見舞いするという。
 城南信用金庫のシンクタンクである「城南総合研究所」が4月26日に発表したという。
 今回の小泉純一郎元首相の訪米の是非を判断するのは、この記事だけでは出来ない。
 5月17日に現地で記者会見を開くというから、その会見模様を見て判断するしかない。
 しかし、私はこの東京新聞の記事を読んで、いよいよ小泉元首相もただの凡庸な元総理に終わるのかと思わざるを得ない。
 小泉純一郎元首相が反原発を掲げて東京都知事選に細川護煕元首相を担ぎ出した時以来、私は小泉元首相にエールを送り続けた。
 小泉進次郎とともに親子鷹となって日本の政治を変えるために立ちあがれとまで書いた。
 しかし、残念ながらその期待は見事に裏切られた。
 たしかにその後も、小泉氏は反原発の講演や発言は続けている。
 しかし、安倍自民党政権に反旗を翻すような動きは一切見せないし、しないと自ら公言して来た。
 さすがは権力の強さと、うま味を味わい尽くした小泉氏の事だけはある。
 最後までうまく立ち回った首相で終わるということだ。
 そう思っていたから、私はこの小泉元首相の訪米の記事を知って驚いたのだ。
 いま、何のための訪米か。
 何のための被ばく元米兵に対する面会なのか。
 それが安倍首相の原発政策に反対するものなら、まず官邸に乗り込んで安倍政権に直言すべきだろう。
 そもそもトモダチ作戦とは、福島原発事故を利用した日米同盟を売り込みの道具だったのではないのか。
 被バクした元米兵が訴える相手は、東電よりも米政府ではないのか。
 被バク元米兵に面会、感謝するぐらいなら、真っ先にフクイチに派遣された日本の労働者たちに面会、感謝すべきではないのか。
 次々と疑問が湧いてくる。
 やはり小泉純一郎も、首相を辞めて時が経てば、判断力が鈍るのだろうか。
 多くの元首相と同じように、勘違いした凡庸な元首相で終わるのか。
 吉原元城南信用金庫理事長は、それでも小泉訪米は意味があると思っているのだろうか。
 次すべては5月17日の記者会見でわかる(了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天木直人のブログ共産党は公明党の轍を踏んで自滅に向かっているとし...

2016年04月28日 22時28分20秒 | 国際・政治



28Apr
2016
共産党は公明党の轍を踏んで自滅に向かっているとしか思えない


 踏まれても踏まれてもついて行きます下駄の雪、という言葉がある。
 これは、政界用語で言えば、どんなに批判、誹謗されても権力を維持するために我慢する公明党の姿を揶揄する言葉だ。
 いまその轍を日本共産党が踏もうとしてると思えてならない。
 日本共産党が「清水の舞台から飛び降りる」気持ちで国民連合政権構想を打ち上げた時、私はその決断を高く評価した。
 しかしその構想が奏功するのは、野党第一党である民主党が、やはり同じように「清水の舞台から飛び降りる」気持ちで、打てば響くように呼応することが大前提だった。
 しかし民主党はものの見事に日本共産党を嫌い、民進党と合併して共産党忌避の傾向をさらに強めた。
 その時点で共産党はもとの共産党に戻って反安倍政権の野党に徹すべきだったのだ。
 しかし共産党は北海道5区補選で統一候補が勝てなかった後も、野党共闘を、あたかも元に戻れないかのように、繰り返し強調している。
 岡田民進党の幹部は今でもこぞって共産党と組めば票が逃げるとまで公言して忌避感を隠そうとしないのにである。
 これでは共産党は本来の共産党らしさを失い、衰退、自滅していくほかはない。
 確かな野党、確かな護憲政党を誇りにしていた頃の共産党が懐かしく、輝いて見える。
 いまでもプロレタリアート革命を唱え続け、現実主義になってしまった共産党を批判し続ける労働党が純粋に見える(了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天木直人のブログ日中外相会談は茶番なのか、首脳会談への布石なのか

2016年04月28日 22時23分24秒 | 国際・政治



28Apr
2016
日中外相会談は茶番なのか、首脳会談への布石なのか

 岸田外相がメディアに頻繁に登場するようになり、安倍首相の後の首相をアピールしている。

 ケリー米国務長官の広島訪問実現の後は日中関係改善だ。

 来月訪中し王毅外相と会談するという。

 安倍首相と習近平主席の首脳会談実現に向けて話し合うという。

 はたして成算があるのか。

 よほどの隠し球があれば別だ。

 しかし、冷静に考えれば、いまの安倍首相と習近平主席の下では日中関係が改善するはずがない。

 なにしろ、安倍首相は5月末のサミットで、習近平主席が最も嫌がる南シナ海における中国の軍事拡張反対の共同声明を出そうとしている。

 その一方で、習近平主席の中国も、徹底して安倍首相を逆なでする発言を繰り返している。

 きょう4月28日の北京発共同が教えてくれた。

 中国共産党の機関紙である人民日報の英語版と言われている環球時報が4月27日の社説で、豪州が次期潜水艦開発でフランスの企業を選んだことについて、こう書いたという。

 すなわち、豪州は「経済は中国、安全保障は米国」とバランスを取ろうと努力している。そこが日本と違うところだ、と。

 いうまでもなく、豪州への対潜水艦売り込みは、安倍首相肝いりの武器輸出拡大策だった。

 それが見事に失敗した直後に、傷に塩を塗るような事を書いたのだ。

 しかも、豪州のターンブル首相は、1000人もの企業関係者を引き連れて中国を訪問し、習近平主席を喜ばせたばかりだ(4月15日)

 環球時報の書いている事が正しいから、余計に腹が立つ。

 トップ同士がお互いに怒らせることばかりやっている。
 こんな事で日中関係が改善されたら驚きだ。
 ましてや、無能な外務官僚と、それに踊らされている岸田外相に日中関係の改善が出来たらもっと驚きだ。

 国民がなにも知らない事をいいことに、そしてメディアが一切批判しない中で、壮大なパフォーマンス外交が繰り返されている。

 こんなことが許される日本は、外務官僚と外務大臣にとって天国に違いない(了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都の最高指導者・舛添要一知事は、「学者気分」で週末の別荘通い、一体だれが週刊文春にチクッたのか

2016年04月28日 22時15分56秒 | 国際・政治


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
~ニュースにブログ~

2016年04月28日 06時39分34秒 | 政治
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
東京都の最高指導者・舛添要一知事は、「学者気分」で週末の別荘通い、一体だれが週刊文春にチクッたのか

◆〔特別情報1〕
 東京都の舛添要一知事が、週刊文春(4月27日発売、5月5・12日GW特大号)の「文春砲」で集中砲火を浴びている。バツが悪いのか、「問題ない」と言い訳しながらニタつき、何とも締まらない。日本総人口の1割超1300万人の生命・身体・財産を預かる首都東京の最高指導者、テロなどの大事件、関東大震災に見舞われれば、最高指揮官として采配を振るわなくてはならない重責を忘れた無責任ぶりだ。だが、舛添要一知事は4月27日、登庁して記者団に囲まれた際、週末の別荘通いについて「まったく問題ない。オリンピック関連の資料もたくさんある。できるだけ、そこに行って(仕事を)やりたい」と述べ、今後も継続する方針を示したといい、相変らず「学者気分」が抜け切らないらしい。だが、一体だれが、舛添要一知事を週刊文春にチクッたのか、諸説紛々。
第53回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年5月8日 (日)
G7伊勢志摩サミットは、成功するか
~どうなる世界経済、どう動く日本の景気
(世界から狙われる日本の金塊)
第11回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」
「大日本帝国陸軍中野学校の大陰謀
日本を100年守り続ける東西冷戦の仕掛け」
~戦後70年間有効に作用し続けた朝鮮半島分断戦略と新東西冷戦
《日本人シュメール起源説》「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社
神官・三島淳雄著)~第6回 日本の神社名をシュメール語で読み解く
日時2016年5月29日(日)16時30分~20時30分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加