教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

野田佳彦首相は、胡錦濤国家主席のメンツを丸潰れにして、幼稚な政権を露呈、自民党復調は、あと一歩

2012年09月30日 20時34分11秒 | 国際・政治

2012年09月30日 01時05分28秒 | 政治
◆野田佳彦首相が10月1日、内閣改造を行う。政権がフラフラになったときの内閣改造は、文字通り「政権の末期症状」を証明する以外の何ものでもない。
 たとえば、1974年10月、金権政治批判が広がったのに対して、田中角栄首相は11月11日、内閣改造(田中・大平・中曽根の主流3派体制)を強行した。だが、同月26日辞意を表明して、12月9日退陣した。
 近年では、福田康夫首相が2008年8月2日、政局の行き詰まりから内閣改造を行った。だが、参議院会長尾辻秀久による推薦を一切無視し、福田康夫首相の独断で林芳正や中山恭子らを入閣させ、舛添要一を留任させたことなどで党内に強いしこりが残る結果となり、9月1日午後9時30分より緊急記者会見を開催し、その席上、福田康夫首相は「内閣総理大臣・自由民主党総裁を辞職する」ことを表明、退陣の理由として「国民生活のために、新しい布陣で政策実現を期してもらいたい」と述べた。同月24日、退陣した。
 いまの野田佳彦首相は、その未熟な政治力が、内憂外患を招いている。とくに近隣外交の拙劣さが、禍となり、国難が襲ってきている。韓国の李明博大統領の突然の竹島上陸、尖閣諸島国有化めぐり、中国に反日、暴動の動きを誘発させてきた。野田佳彦首相は、APECが開かれたウラジオストックで、胡錦濤国家主席から「国有化しないでしい」と要請されたにもかかわらず、その翌日に国有化方針を打ち出してしまい、胡錦濤国家主席は、「顔を潰された」とカンカンに怒ったという。
 胡錦涛国家主席や李明博大統領は、気心の知れている小沢一郎代表を切り捨てた野田佳彦首相ら民主党政権に対して、不快感を抱いてきた。これも日本の対中、対韓外交を困難にしている。野田佳彦首相らが中国や韓国と誼を交わす人脈を築いていないからである。
 早い話が、内政、外交ともに幼稚すぎるのである。それも童謡が聞こえてきそうな政権である。「鳩山由紀夫政権は、鳩、菅直人政権は、とんがり帽子、野田佳彦政権は、どんぐりころころ」という具合である。小学校の先生は、日教組の闘士、輿石東幹事長。いじめっ子は、野田佳彦、仙谷由人、枝野幸男たち、いじめられっ子は、小沢一郎で、すでに学級崩壊状態が続いてきた。
◆さて、総裁選挙後の自民党支持率がアップしている。だが、果たして本物か、それとも安倍晋三総裁再登板の「お祝儀」にすぎないのか。TVTOKYO digital7が9月27日、「緊急世論調査 自民党支持率上昇」という見出しをつけて、以下のように報じている。
「テレビ東京と日本経済新聞は民主党代表選と自民党総裁選を受けての緊急世論調査を行い、政党支持率では自民党が前回の調査から大きく上昇しました。調査は全国の20歳以上の人に対して無作為に行い、856人から有効回答を得ました。野田内閣を『支持する』と答えた人は33%と、前回の31%から2ポイント上昇。『支持しない』は54%でした。自民党の新しい総裁に安倍元総理が就任したことについては『評価する』が38%、「評価しない」が49%でした。また、次の衆議院選挙後の総理大臣にふさわしいのは、安倍総裁が41%、野田総理が28%と、安倍総裁の支持が上回りました。政党支持率は自民党が37%で、8月の25%に比べ、プラス12ポイントと大きく伸びました。民主党は19%でマイナス2ポイント、今回から調査対象となった日本維新の会は4%でした」
 9月29日午前11時30分からのTV東京の番組「週刊ニュース新書」(番組ホスト・田勢康弘・日本経済新聞社客員コラムニスト、番組進行役・大江麻理子アナウンサーほか)でも、「自民党支持率アップ」がテーマになり、「新生自民 地方が示す意外な不満」のコーナーで、特別ゲストの石破茂幹事長が、安倍晋三総裁の下での自民党の立場を説明していた。
 衆院議員の定数は、480。政党支持率を単純に当てはめて計算してみると、自民党177、民主党91、日本維新の会19で。自民党は過半数に64不足しており,復調モードにあるものの、あと一歩という状態だ。民主党は、惨敗確実。

※Yahoo!ニュース個人


BLOGOS

にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
日本が核兵器の材料「プルトニウム製造工場」であることを抜きにした「朝生テレビ」-「激論! 原発ゼロ社会の検証」(田原総一朗司会者)は、支離滅裂だった

◆〔特別情報①〕
 テレビ朝日が9月29日午前1時「朝生テレビ」-「激論! 原発ゼロ社会の検証」(田原総一朗司会者)は、終始何を議論しているのか、支離滅裂だった。傍聴していた人たちのなかに、福島県から参加していた女性市議に、避難民16万人をどうしてくれるのかを追及されて、田原総一朗司会者をはじめ、コメンテイターの大半が絶句していた。原発推進を「安上がり論」で喚き散らしていた過激な論者も、さすがに一時絶句していたが、ほとんどが、避難民の苦しみには関係なさそうな表情をしていた。被災民を苦境から救うために何にもならないこんな茶番番組は、止めた方がよい。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

携帯電話から有料ブログへのご登録
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓



第10回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成24年10月20日(土)
『中国 革命前夜』
~中国共産党1党独裁・北京政府の崩壊  


【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】新連載を始めました。



『ブッシュの陰謀-対テロ戦争・知られざるシナリオ』(2002年2月5日 KKベストセラーズ刊)

目次

あとがき

 私ごとで大変恐縮だが、ソ連軍が一九七九年(昭和五四)十二月十七日、突如、アフガニスタンヘ侵攻したとき、私は毎日新聞政治部記者として文部省記者クラブ(文部記者会)に所属していた。
 文部省は文教政策を所管する役所だが、そのなかに体育局があり、当時、モスクワ・オリンピックヘの参加に向けて日本オリンピック委員会(JOC)や各種競技の日本チームを支援していた。

つづきはこちら→→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日 共栄書房刊)
『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日 ごま書房刊
『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊

板垣英憲マスコミ事務所
引用元http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

いまごろ民主党総裁選を目指すと言い出す細川豪志議員のだめさ加減 new!!

2012年09月30日 20時29分46秒 | 国際・政治
<script type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js" type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/r20120919/r20120730/show_ads_impl.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><iframe id="google_ads_frame1" name="google_ads_frame1" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-pub-6108080591945003&amp;format=728x90_as&amp;output=html&amp;h=90&amp;w=728&amp;lmt=1349004098&amp;channel=4088646432&amp;ad_type=text&amp;ea=0&amp;color_bg=FFFFFF&amp;color_border=FFFFFF&amp;color_link=343434&amp;color_text=565656&amp;color_url=3366ff&amp;flash=10.0.32.18&amp;url=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2Farchives%2F2012%2F09%2F30%2F%23002395&amp;dt=1349004098551&amp;shv=r20120919&amp;jsv=r20110914&amp;saldr=1&amp;correlator=1349004098561&amp;frm=20&amp;adk=2330617933&amp;ga_vid=235234844.1285563563&amp;ga_sid=1349004086&amp;ga_hid=2115840242&amp;ga_fc=1&amp;u_tz=540&amp;u_his=3&amp;u_java=1&amp;u_h=768&amp;u_w=1024&amp;u_ah=738&amp;u_aw=1024&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;dff=verdana&amp;dfs=13&amp;adx=500&amp;ady=270&amp;biw=1003&amp;bih=589&amp;oid=3&amp;ref=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2F&amp;fu=0&amp;ifi=1&amp;dtd=30" frameborder="0" width="728" scrolling="no" height="90" allowtransparency="true"> </iframe>
Font-size: small medium big

Blog Calendar

<iframe title="ブログカレンダー" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://www.amakiblog.com/archives/calendar/2012/09/index.html" frameborder="0" width="760" scrolling="no" height="30"> </iframe>

サイト内 検索

<script type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js" type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/r20120919/r20120730/show_ads_impl.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><iframe id="google_ads_frame4" name="google_ads_frame4" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-pub-6108080591945003&amp;format=468x15_0ads_al_s&amp;output=html&amp;h=15&amp;w=468&amp;lmt=1349004101&amp;channel=2925563420&amp;ea=0&amp;color_bg=DAE3FF&amp;color_border=4A77FF&amp;color_link=3366ff&amp;color_text=565656&amp;color_url=3366ff&amp;flash=10.0.32.18&amp;url=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2Farchives%2F2012%2F09%2F30%2F%23002395&amp;dt=1349004101405&amp;shv=r20120919&amp;jsv=r20110914&amp;saldr=1&amp;prev_fmts=728x90_as%2C160x600_as%2C160x600_as&amp;correlator=1349004098561&amp;frm=20&amp;adk=132371583&amp;ga_vid=235234844.1285563563&amp;ga_sid=1349004086&amp;ga_hid=2115840242&amp;ga_fc=1&amp;u_tz=540&amp;u_his=4&amp;u_java=1&amp;u_h=768&amp;u_w=1024&amp;u_ah=738&amp;u_aw=1024&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;dff=verdana&amp;dfs=12&amp;adx=391&amp;ady=541&amp;biw=1003&amp;bih=589&amp;oid=3&amp;ref=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2F&amp;fu=0&amp;ifi=4&amp;dtd=40" frameborder="0" width="468" scrolling="no" height="15" allowtransparency="true"> </iframe><form action="http://www.amakiblog.com/search/index.html" method="get" target="_top">
<input type="hidden" name="domains" /> <label class="sb" for="sbi">検索用語を入力</label> <input id="sbi" maxlength="255" size="40" name="q" /> <label class="sb" for="sbb">検索フォームを送信</label> <input id="sbb" type="submit" name="sa" />
<input id="ss0" type="radio" name="sitesearch" /> <label title="ウェブ検索" for="ss0">Web</label> <input id="ss1" type="radio" checked="true" name="sitesearch" /> <label title="検索 www.amakiblog.com" for="ss1">www.amakiblog.com</label>
<input type="hidden" name="client" /> <input type="hidden" name="forid" /> <input type="hidden" name="channel" /> <input type="hidden" name="ie" /> <input type="hidden" name="oe" /> <input type="hidden" name="cof" /> <input type="hidden" name="hl" />
</form>

 人気blogランキング(政治)に参加しました、応援お願いします。 人気blogランキング

2012年09月30日

いまごろ民主党総裁選を目指すと言い出す細川豪志議員のだめさ加減

 これには笑ってしまった。

 民主党の代表選が終わったばかりであるというのに、そして若手議員から請われて
のにひよって代表選を辞退したというのに、細川豪志議員は早くも3年後の民主党
代表選挙に出馬すると言い出したらしい。

 無意味だ。ピントはずれだ。

 その頃には民主党はとっくに下野しているだろう。

 そして再び政権政党に返り咲く余裕など失っているだろう。

 いや、それよりも何よりも民主党そのものが存在しているかどうかわからない。

 そんな先の事を言い出すところが民主党議員らしい。

 しかも私が細野という国会議員はつくづく民主党議員らしいと思い知らされたのは
次のような細野氏の言葉を知ったからだ。

  「エネルギー政策や外交についてのイメージはあるが、内政には十分な備えが出来て
いない」と素直に認めた上で、「こういう社会を目指すというビジョンを作らないと政権
運営はできない」と。

 驚いた。

 自らの考えやビジョンもないのに、とりあえず代表選に立候補すると宣伝しているのである。

 これが民主党の正体だ。

 だから民主党は政権政党の資格はないと言うのである。                                          
                                            了

 「天木直人のメールマガジン」は報道の裏にある真実を見抜いてて毎日配信
しています。

 申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC

 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読
できます。

 お知らせ

 以下の通り天木直人VS田母神俊雄 特別討論会が開かれますので案内します

 尖閣問題が日本外交を揺さぶっているおりから単身で右翼論陣の中に乗り込ん
で自説を展開してきます。

 10月6日(土) 午後1時半ー4時半(開演1時)

 場所 文京区民センター3階(後楽園下車) 3-A会議室

 問い合わせ 士気の会 千田(せんだ) 090-3450-1951

 

Copyright ©2005-2012 www.amakiblog.com
人気blogランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

底流】リクルート、社員も驚くまさかの上場 国内市場の頭打ちに危機感

2012年09月30日 19時46分24秒 | 社会・経済

2012.9.30 07:00

<script src="http://static.mixi.jp/js/share.js" type="text/javascript"></script>

SankeiBiz -
<script language="JavaScript" type="text/javascript"></script><script src="http://sankei2ad.durasite.net/A-affiliate2/mobile?site=118&amp;keyword=biz.company.text.01&amp;isJS=true&amp;encoding=UTF-8&amp;ord=6844653819.509434" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript"></script><script src="http://ad.doubleclick.net/N6974/adj/biz.company.text.01;sz=300x250,728x90;ord=2714961645075101?" type="text/javascript"></script><script language="JavaScript" type="text/javascript"></script><script src="http://sankei2ad.durasite.net/A-affiliate2/mobile?site=118&amp;keyword=biz.company.text.02&amp;isJS=true&amp;encoding=UTF-8&amp;ord=1722257624.360845" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript"></script><script src="http://ad.doubleclick.net/N6974/adj/biz.company.text.02;sz=300x250,728x90;ord=2714961645075101?" type="text/javascript"></script>

東京・銀座にあるリクルート銀座8丁目ビル

『情報・人材事業大手リクルートが、株式上場の準備に入った。その一環で、ガバナンス(経営統治)を強化しようと10月1日付で組織を再編、持ち株会社「リクルートホールディングス」を設立する。不動産子会社の未公開株を政官界の有力者に譲渡していた「リクルート事件」を起こした同社にとって、上場は長年の懸案でもあった。国内市場の成長鈍化という危機感が背中を押し、経営陣は一気にハードルを乗り越えることを決断した。 唐突な表明

 「まさか、うちの会社が上場するとは…」。社員の多くがそう驚くように、上場方針は、6月の株主総会で峰岸真澄社長が唐突に表明した。非上場のリクルートの総会は外部に公開されることはないが、情報は瞬く間に伝わり、話題となった。 リクルートの上場方針が注目されるのは、昭和63年のリクルート事件があるからだ。昭和35年に江副浩正氏が「大学新聞広告社」として創業したリクルート。情報サービスと広告営業で急成長したが、グループのリクルートコスモスの未公開株譲渡が政官界を揺るがす一大スキャンダルに発展した。』

リクルート事件後、バブル崩壊も重なり、業績は悪化しましたが、情報・人材事業大手リクルートだけでは有りません。株式を上場すれば、不動産子会社の未公開株を政官界の有力者に譲渡していた「リクルート事件」は出来なくなると思います。リクルート復活です。情報・人材事業大手リクルートの企業としての再チャレンジです。今後海外進出を目指す積極経営でM&A(企業の合併・買収)を、狙い海外事業の強化が果たせると思いますが、リクルートも株式上場すれば、海外企業から もM&A・企業の合併・買収のターゲットになる可能性も有ります。適者生存の企業間競争の激しい今日、海外活動の経営経験やマネジメントが無くても守りも攻めるも鉄の日本の企業として、東証一部上場企業として頑張って欲しいと思います。報・人材事業大手リクルートの株式を上場でねバブル崩壊後失われた10年を企業側も民間から着実に取り戻して欲しいと思います。中国に負けない日本の企業復活が今後実現して行くべきです。


YouTube: ゼクシィ 「リクルートができること・ゼクシィ篇」(30秒)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姫路・工場爆発 日本触媒 紙おむつ供給打撃も アクリル酸、世界シェア2割

2012年09月30日 11時05分19秒 | ニュース
ここから本文です 産経新聞 9月30日(日)7時55分配信 『日本触媒にとって、爆発事故のあった姫路製造所は紙おむつに使われる高吸水性樹脂や、その原料となるアクリル酸の国内唯一の生産拠点。いずれも世界で2割前後のシェアを誇る主力製品だ。操業停止が長引けば、紙おむつなどの生産にも影響を与えかねない。
 同製造所の高吸水性樹脂の生産能力は年産32万トン、アクリル酸は同46万トン。米国などでも生産するが、同製造所の生産能力は全体の7~8割に達する。
 同社は米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)を顧客に持ち、中国などでの紙おむつの需要拡大に伴い、生産態勢を強化する計画だった。同社は「最悪の場合海外に頼るしかなくなるが、それでは苦しい」と懸念を強めている。』
日本触媒はね名前の通り、ばけ学と言われる応用化学の触媒により数々の化学製品を作っている会社ですが。化学反応には危険性が伴います。高齢化社会で紙おむつや女性の生理用品の製造に必要な原料です。一日も早い復旧祈ります。品質の良いメイドインジャパンを作る為に早く操業出来ますように頑張って下さい。今後工場で二度と事故が起こらないように安全管理に努力して欲しいと思います。高吸水性樹脂商品の紙おむつや尿パッド類や女性の生理用品などの値上げに繋がらないか心配ですね。
株式会社日本触媒
大阪市中央区。アクリル酸・高吸水性樹脂、触媒の製造。企業・IR情報、製品・R&D
P&G Japan
洗剤(アリエール、ボールド他)、家庭用品(ファブリーズ他)、衛生用品(パンパース、
ウィスパー他)、ヘアケア製品(VS、パンテーン他)、化粧品(マックス ファクター、SK-II
他)などの製品・キャンペーン情報、生活関連情報、企業情報、採用情報など。


[ 日本大百科全書小学館) ]ヘルプ
触媒(しょくばい)
catalyst、catalyser

ある物質が少量存在することにより化学反応の速度は加速されるが、その物質自体は反応後もそのままに保たれるものをいう。たとえば、高温で窒素と水素とが反応してアンモニアができる場合に、鉄の粉末を置いておくと反応の速度がずっと速くなる。しかし鉄自体は変化を受けずに残る。また酢酸メチル水溶液塩酸などの酸を加えると、その水素イオンH+により、酢酸メタノール(メチルアルコール)への加水分解が促進される。しかし、H+そのものは変化せずに加えた量だけ残る。これらの場合、鉄やH+は触媒であり、このような働きを触媒作用、触媒によって引き起こされる反応を触媒反応という。しかし、場合によっては触媒は完全には保存されず、失われることもあるが、この量が反応したものの量に比べてずっと小さいときには、やはり触媒として取り扱う。

[ 執筆者:戸田源治郎 ]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう[1]。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである[2]。今日では、触媒は英語では catalyst[1]、触媒の作用を catalysis[3] という。

今日では反応の種類に応じてたくさんの種類の触媒が開発されている。特に化学工業有機化学では欠くことができない。また、生物にとっては酵素が重要な触媒としてはたらいている。

解説

1823年にドイツ化学者であるヨハン・デーベライナーは、白金のかけらに水素を吹き付けると点火することに気がついた。白金は消耗せず、その存在によって水素と空気中の酸素とを反応させることを明確にした。

触媒は反応の速度を増加させる。適切な触媒を用いれば、通常では反応に参加しないような活性の低い分子(例えば水素分子)を反応させることができる。しかし原系(反応基質側)や生成系(生成物側)の化学ポテンシャルを変化させないため、反応の進行する方向(化学平衡)を変えることはない。すなわち自発的に進行する方向に反応の速度を増加させる働きを持つ。言い換えれば、自発的に起こり得ない方向への反応は触媒を用いても進行しない。例えば、室温において水素酸素からが生成する反応は、反応前後でのギブズ自由エネルギー変化 ΔG < 0 であるため自発的に進行し、白金触媒を用いると反応速度を増加させることができる。一方、水が水素と酸素に分解する反応は室温では ΔG > 0 であるため、どのような触媒を用いても自発的には進行しない。 ΔG > 0 となる反応を進行させるには生成物を連続的に系外に排出するか、外部から電気などのエネルギーを与える必要があり、場合によっては電極触媒光触媒を利用して反応速度を向上させる(記事 化学ポテンシャルに詳しい)。

触媒の良否は目的物質の収率鏡像体過剰率で判断され、これらの率が 100% に近いほど良い触媒とされる。また副生成物の種類や量も重要なファクターになる場合もある。触媒活性と耐久性は、ターンオーバー数 (TON)、そして単位時間当たりのTON (= TOF)、そしてその活性を維持した時間や使用回数で評価でき、これらが高い触媒ほど優れている。また、反応設計の良否として、原子効率が高いこと、反応条件が穏和であること、後処理において生成物の分離が容易であること、反応全体の環境負荷が低いこと、なども評価基準となる。

機構

炭酸脱水酵素が触媒する反応のエネルギーダイヤグラム。触媒は反応に必要な活性化エネルギーを減少させる。

触媒は反応物と反応中間体を形成することで、反応に必要とされる活性化エネルギーの低い別の反応経路を生み出す。例えば水素分子 H2 は強い H-H 結合を持つため反応性に乏しいが、水素化燃料電池の触媒となる白金の表面では水素分子よりも遥かに反応性の高い H?種を形成する。これにより、触媒が存在しない場合よりも著しく高速に反応が進行する。

また、反応を早くするだけではなく、複数の反応が起こりうる状態において、目的とする物質を選択的に得るために触媒を用いる場合も多い。触媒は特定の反応のみ高速化させるためである。例えば一酸化炭素 (CO) を水素化する場合、用いる触媒により主生成物をメタンルテニウム触媒)、エタンなどの直鎖アルカンコバルト触媒(FT合成))、メタノール触媒)など変化させることができる。また、光学活性体の合成を行う場合には、不斉源となる BINAPサレン錯体などの触媒を用いることにより立体選択性を発現させる。2001年ノーベル化学賞が金属錯体触媒を用いた不斉合成に授与されたように、その重要性はきわめて高く評価されている。

触媒は、物質表面の特定の部位、あるいは分子上の特定の位置(活性サイト)に、反応させたい物質が吸着・配位することで効果を発揮する。このため、目的とする物質よりも吸着・配位力が強い物質が共存すると、触媒の活性サイトが消失し、効果が著しく弱められる。このような物質を触媒毒という[4]

触媒とは反対に、存在によってある化学反応を遅らせる物質を、かつては負触媒(逆触媒)と呼んだ。しかし、負触媒自体が化学反応によって構造変化することなど、一般的な触媒の性質とは異なることから、現在では負触媒という用語は推奨されず、単に阻害剤と呼ばれる[5]

種類

触媒は目的の反応によって多くの種類が開発されている。状態での分類としては、溶液に溶かして用いる均一系触媒 (homogeneous catalyst) と、固相のままで用いる不均一系触媒 (heterogeneous -) に分類される。例えば、洗剤に配合されているタンパク質を分解するための酵素は前者、過酸化水素水酸素へ分解する二酸化マンガンは後者である。均一系触媒は有機合成で比較的多く用いられ、不均一系触媒は化学工業で用いられることが多い。

化学・工業で用いられる触媒はほとんどが人工的に作られた物質であるが、生体内で進行する化学反応を触媒する物質も多く存在し、まとめて生体触媒と呼ぶ。生体触媒で最も重要なものはタンパク質を母体とする酵素であるが、生命の起源においてはRNAの触媒(リボザイム)が極めて重要な役割を果たしていたと言われている。また、抗体を触媒として利用した抗体触媒の研究も、1990年代から盛んに行われている。

均一系触媒 均一系触媒には、適当な塩基を触媒(酸触媒、塩基触媒)とするものや、金属錯体を利用するもの(錯体触媒)がある。金属錯体では配位子を替えることなどによって反応性の制御が可能である。例えば、カルボン酸とアルコールのエステル化反応には酸触媒が有効である。酸としては硫酸などの H+ を放出するブレンステッド酸を用いる場合が多いが、不斉反応などでは金属錯体などのルイス酸を使うことも多い。

また多核金属酸化物(アニオン)であるポリオキソメタレートヘテロポリ酸)も構造制御が可能であり、反応性を制御できる。有機金属錯体は一般に酸化雰囲気および熱に弱いが、多くのポリオキソメタレートはそれらに対し高い安定性を有している。

不均一系触媒

化学工業など、基礎的な化学物質を大量に生産する施設では、気相での固定床もしくは流動床流通式反応装置がしばしば用いられること、液相反応においても生成物の分離回収が容易であること、一般に錯体触媒よりも耐久性が高いなどの理由から、不均一系触媒が多く用いられている。不均一系触媒は、白金パラジウム酸化鉄のような単純な物質から、それらを担持したもの(後述)、ゼオライトのような複雑な構造の無機化合物、あるいは金属錯体を固定化したものなど、多種多様である。

多くの場合、反応は不均一系触媒の表面で進行する。したがって、触媒の効率を良くするためには、表面積を大きくすることが重要となる。このため、高価な金属(白金、パラジウムなど)を触媒として用いる場合は、1?100 nm 程度の微粒子にして活性炭シリカゲルなど(担体という)の表面に分散させ(担持し)て使用する。金属錯体触媒を表面に固定化する場合には、担体の表面官能基をアンカーにして化学結合させる場合が多い。担体は単に活性成分を微粒子化(高表面積化)するだけでなく、触媒活性にも多大な影響を与える場合がある。そのため、適切な担体との組み合わせが必要である。

具体例として、自動車には排気ガスに含まれる HC(炭化水素)、CONOxを分解・浄化するために白金、パラジウム、ロジウムもしくはイリジウムを主成分とする三元触媒が不均一系触媒として使用されている。

生体触媒

生体中で触媒として機能するタンパク質酵素という。酵素を使った反応は水中で行えるため有機溶媒の使用を減らすことができ、また室温付近で作用し、しばしば人工的には困難な反応に高い選択性を示すことから、環境負荷の低い触媒として期待されている。実際にブタの肝臓などから得られる酵素は工業的にも生体触媒として利用されている。

有名な触媒反応

新しい触媒が開発されると、社会的にも非常に大きな影響を与えることがある。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田中真紀子氏の入閣検討 岡田・藤村両氏、留任へ

2012年09月30日 10時07分26秒 | 国際・政治

野田佳彦(民主党代表)は29日、岡田克也副総理と藤村修官房長官を留任させる方針を固めた。玄葉光一郎外相も留任させる方向。また、田中真紀子元外相を閣僚に起用する検討に入った。首相は1日に内閣改造を行い、皇居での認証式を経て同日中に野田第3次改造内閣を発足させる。 野田首相は29日、首相公邸で岡田、藤村両氏と会談し、改造人事について意見交換をした。消費増税法を牽引(けんいん)した岡田氏と、輿石東幹事長との関係が良好で自民党との調整役も果たしてきた藤村氏は留任。尖閣諸島や竹島問題などをめぐる外交の継続性から、玄葉外相も留任で調整している。  田中氏は自民党時代に科学技術庁長官や外相を務めたが、3年前の政権交代直前に民主党に入った。日中国交正常化を果たした当時の田中角栄首相の長女で、今月27日には中国側に招かれて日中友好団体代表らと訪中した。田中氏の起用は、政権として対中関係改善へのメッセージを込める狙いもあるとみられる。』

田中真紀子元外相を今回の改造人事の目玉とするつもりと思いますが。外務大臣でなければ対中関係改善へのメッセージにはならないと思います。政治経験豊かな政治家で無いと勤まらない外務大臣のポストと思います。外務省との過去の経緯と軋轢もあり難しいと思います。野田内閣との政治スタンスの違いで言い放題の失言で辞任ということになりかねません。テレビドラマの特命刑事シーリズでおなじみの聞こえの良い特命大臣のポストでしようか。野田内閣改造人事は、松下政経塾の卒業生の閣僚やマスコミが、やいやい気を揉んでいるだけで国民とは乖離し、民主党政権に国民は、失望し、期待せず飽き飽きし、大切な景気対策は何もせず消費税増税で国民生活は苦しくなるだけで、暗いナショナルになってしまいました。今や野田内閣に国民も期待していないと言うことが分からないまつたく理解していない野田内閣の実態と思います。つかみどころのないだけで、政権維持だけに逃げ惑うにドロくさい国民不在のどじょう内閣です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012-09-29 17:12:34

2012年09月29日 17時12分34秒 | インポート
Photo
爆発で黒煙をあげる日本触媒姫路製造所=2012年9月29日午後3時50分ごろ、読者提供(毎日新聞)

工場爆発 1人死亡30人以上けが(NHK)


◇日本触媒の工場で爆発

工場爆発、消火中に再度爆発…1人死亡1人重体 - 読売新聞(9月29日)

「日本触媒」工場で爆発、消防職員1人死亡 兵庫・姫路 - 兵庫県警網干署によると、機械が過熱したとの情報があり、その冷却作業中に爆発があったという。朝日新聞(9月29日)

日本触媒」工場で爆発、消防職員1人死亡の本当に悲しいニュースです。 消防職員危険な仕事と思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同志社女子大職員刺殺、同僚の59歳男を逮捕

2012年09月29日 16時16分38秒 | 受験・学校
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オスプレイの阻止も外圧頼みという笑い話 new!!

2012年09月29日 15時49分00秒 | 国際・政治
counter

<script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript"></script>

<script type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js" type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/r20120919/r20120730/show_ads_impl.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><iframe id="google_ads_frame1" name="google_ads_frame1" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-pub-6108080591945003&amp;format=728x90_as&amp;output=html&amp;h=90&amp;w=728&amp;lmt=1348900991&amp;channel=4088646432&amp;ad_type=text&amp;ea=0&amp;color_bg=FFFFFF&amp;color_border=FFFFFF&amp;color_link=343434&amp;color_text=565656&amp;color_url=3366ff&amp;flash=10.0.32.18&amp;url=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2Farchives%2F2012%2F09%2F29%2F%23002394&amp;dt=1348900991078&amp;shv=r20120919&amp;jsv=r20110914&amp;saldr=1&amp;correlator=1348900991078&amp;frm=20&amp;adk=2330617933&amp;ga_vid=235234844.1285563563&amp;ga_sid=1348900980&amp;ga_hid=1660376573&amp;ga_fc=1&amp;u_tz=540&amp;u_his=6&amp;u_java=1&amp;u_h=768&amp;u_w=1024&amp;u_ah=738&amp;u_aw=1024&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;dff=verdana&amp;dfs=13&amp;adx=500&amp;ady=270&amp;biw=1003&amp;bih=589&amp;oid=3&amp;ref=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2F&amp;fu=0&amp;ifi=1&amp;dtd=30" frameborder="0" width="728" scrolling="no" height="90" allowtransparency="true"> </iframe>
Font-size: small medium big

Blog Calendar

<iframe title="ブログカレンダー" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://www.amakiblog.com/archives/calendar/2012/09/index.html" frameborder="0" width="760" scrolling="no" height="30"> </iframe>

サイト内 検索

<script type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js" type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/r20120919/r20120730/show_ads_impl.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><iframe id="google_ads_frame4" name="google_ads_frame4" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-pub-6108080591945003&amp;format=468x15_0ads_al_s&amp;output=html&amp;h=15&amp;w=468&amp;lmt=1348900994&amp;channel=2925563420&amp;ea=0&amp;color_bg=DAE3FF&amp;color_border=4A77FF&amp;color_link=3366ff&amp;color_text=565656&amp;color_url=3366ff&amp;flash=10.0.32.18&amp;url=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2Farchives%2F2012%2F09%2F29%2F%23002394&amp;dt=1348900994022&amp;shv=r20120919&amp;jsv=r20110914&amp;saldr=1&amp;prev_fmts=728x90_as%2C160x600_as%2C160x600_as&amp;correlator=1348900991078&amp;frm=20&amp;adk=132371583&amp;ga_vid=235234844.1285563563&amp;ga_sid=1348900980&amp;ga_hid=1660376573&amp;ga_fc=1&amp;u_tz=540&amp;u_his=8&amp;u_java=1&amp;u_h=768&amp;u_w=1024&amp;u_ah=738&amp;u_aw=1024&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;dff=verdana&amp;dfs=12&amp;adx=391&amp;ady=541&amp;biw=1003&amp;bih=589&amp;oid=3&amp;ref=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2F&amp;fu=0&amp;ifi=4&amp;dtd=41" frameborder="0" width="468" scrolling="no" height="15" allowtransparency="true"> </iframe><form action="http://www.amakiblog.com/search/index.html" method="get" target="_top">
<input type="hidden" name="domains" /> <label class="sb" for="sbi">検索用語を入力</label> <input id="sbi" maxlength="255" size="40" name="q" /> <label class="sb" for="sbb">検索フォームを送信</label> <input id="sbb" type="submit" name="sa" />
<input id="ss0" type="radio" name="sitesearch" /> <label title="ウェブ検索" for="ss0">Web</label> <input id="ss1" type="radio" checked="true" name="sitesearch" /> <label title="検索 www.amakiblog.com" for="ss1">www.amakiblog.com</label>
<input type="hidden" name="client" /> <input type="hidden" name="forid" /> <input type="hidden" name="channel" /> <input type="hidden" name="ie" /> <input type="hidden" name="oe" /> <input type="hidden" name="cof" /> <input type="hidden" name="hl" />
</form>

 人気blogランキング(政治)に参加しました、応援お願いします。 人気blogランキング

2012年09月29日

オスプレイの阻止も外圧頼みという笑い話

 連日沖縄ではオスプレイ反対のデモが行なわれている。

 きょう9月29日の東京新聞も普天間飛行場のゲートの前で抗議の市民と
警察官がにらみ合っている記事が掲載されている。

 これほど悲しい記事はない。

 それでも配備を強行するようなら、それだけで野田首相は辞任に値すると思う。

 鳩山首相が米軍の抑止力は必要だと言って辞任したように、野田首相も
オスプレイは必要だと言って辞任するしかない。

 そう思っていたらオスプレイの沖縄配備が延期されたという。

 むしろ米国側のほうが沖縄住民の反対におそれをなしたのか。

 そうではない。

 台風が沖縄に来たためだ。

 この事を9月29日の東京新聞が佐藤正明氏の漫画で風刺している。

 「もはや外圧だのみ」だと。

 なんでも外圧でしか動かない日本政府を皮肉った見事な風刺だ。

 しかし笑えない風刺である。

 悲しい風刺である。

 台風が去れば米国は今度こそオスプレイ配備を強行する。

 それに対して野田改造内閣はなすすべがない。

 森本防衛相はそのために叩かれ役として留任するのだ。

 しかし叩かれ役でも大臣の名誉には代えられない。

 よろこんで大臣留任に飛びつくだろう。 

 それにしても安倍自民党は幸運だ。

 面倒なことはすべて野田民主党政権がやってくれる。

 衆院選挙を遅らせれば遅らせるほど泥をかぶってくれる。

 そして国民の罵声とともに衆院選で退場する。

 それでも野田民主党政権は一日も長く選挙を引き延ばしたいのだ。

 野田民主党議員は一日も長く国会議員の歳費や政党助成金や特権を
手放したくないのだ。

 もっとも野田民主党はいくら選挙で負けてもその論功行賞で総選挙後も
自公民大連立という形で政権にとどまることができるという。

 すべては八百長である。
                              了

 
 
 「天木直人のメールマガジン」は報道の裏にある真実を解説して毎日配信
しています。

 その他にも次のテーマで書いています。

 1.情報隠しに突っ走る末期症状の野田民主党政権

 2. 「領土問題は存在しない」という方針を撤回させられる日本

 3. 尖閣を「盗んだ」日本

 4. 緊急発信―中国外相の国連演説に驚く

 5.敗北した野田首相の国連演説

 6. 北方領土問題の専門家を気取る佐藤優氏の与太話

 7. 立ち消えになった森元総理のロシア特使

 8. 10年たっても何も進展しなかった拉致問題

 申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC

 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読
できます。

  お知らせ

 1. いよいよ本日9月29日(土)
から再開します。に天木・植草対談を以下の通り実況配信します。
 
 サタデーナイトライブ2012 天木×植草の時事対談
http://foomii.com/files/interview/nightlive2012/

 
 2. 「戦後史の正体」(創元社)の著者である孫崎享氏と私の
外務官僚OB二人がこの国の正体を徹底的に論じ合いました。

  その動画が以下の通り発売されましたので案内します。

  孫崎享×天木直人 「戦後史の正体」出版記念特別対談
http://foomii.com/files/interview/amakixmagosaki2012/0907/ 

 

Copyright ©2005-2012 www.amakiblog.com
人気blogランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小沢一郎代表は「内閣不信任案が通る。だから大変だろう」と、野田佳彦首相の末路を見通して総選挙に備える

2012年09月29日 15時43分10秒 | 国際・政治

2012年09月29日 01時53分05秒 | 小沢一郎「15年戦争」

◆国民の生活が第一党の小沢一郎代表は10月25日午後6時より、結党記念パーティーを東京都内のホテルニューオータニ「鶴の間」で開催する。次期総選挙に向けて、第1次公認候補29人を発表しており、結党記念パーティーまでには、300小選挙区全部に公認候補を擁立する強気の姿勢で臨み、公認候補者選びに全力を投入している。その作業の合間に、9月26日、「暗黒人民裁判」の東京高等裁判所で開かれた控訴審第1回公判に出席、控訴審は1回で結審し、11月12日判決が下る。控訴棄却判決の見通しだ。小沢一郎代表は9月27日、BS11に出演して、つぎのように発言している。
 「やはり民主党内には『野田佳彦首相では選挙を戦えない』との思いがあるから、また離党者が増えれば衆院は過半数割れし、内閣不信任案が通る。だから大変だろう。自民党も国会対応をみていると、判断が間違ったりブレたりしている。これでは『もう一度、自民党政権に』とはならないのではないか。自民党も錯覚している」(朝日新聞9月28日付け朝刊「4面」より)
 小沢一郎代表は、野田佳彦首相の末路を見通し、着々と総選挙に備えている。野田佳彦首相が民主党代表に再選されて、いよいよ衆院で過半数割れ寸前の危機に直面しているのを冷徹な目で見つめているのだ。野田佳彦首相が「ノーサイドでいきましょう。もう」と言ったのは、心にもないウソをついたのであり、「排除の論理」=「遠心分離政党の論理」による自業自得の悲劇的結末が、間もなく訪れると小沢一郎代表は、確信している。
民主党は衆院議員が政権交代期の308議席から244議席に減少、あと4人離党すれば、過半数割れしてしまう。これを連立している国民新党の3議席で辛うじて首の皮1枚を0残している感じだ。党内には離党を検討している衆院議員が10人以上いると言われているので、過半数割れはもはや時間の問題という状況にある。
 野田佳彦首相は、9月28日、党役員人事を済ませており、10月1日には、内閣改造を行い、体制固めをして、政権維持に臨もうとしているけれど、この弥縫策も長続きせず、体制固めは、水泡に帰する。野田佳彦首相は、10月半ばに、臨時国会を召集する腹積もりのようだが、自民党など野党は、内閣不信任決議案を提出する構えだ。野田佳彦首相は、
決議案が可決成立すれば、衆院解散・総選挙か内閣総辞職するしかない。
◆民主党は、マスメディアの世論調査結果、政党支持率が10%そこそこにすぎず、次期総選挙では、「48議席~50議席」しか当選できず、文字通り「壊滅する」と予測されている。ちなみに自民党は、16%程度である。
 松下政経塾1期生である野田佳彦首相の党役員人事・閣僚人事をみても、松下政経塾出身者を最優遇して、役職を同じ顔ぶれで、たらい回ししている。その半面、小沢一郎代表らの「異質分子」を「排除の論理」=「遠心分離政党の論理」に基づいて、離党させ、「すっきりした」などと言って、喜んできた。そのツケが我が身に降りかかってきているのである。民主党に求心力があるとすれば、松下政経塾出身者らごく少数のメンバーだけで寄り集まっているところだけにすぎない。こんな排他的な集団が、政権政党を永続させるのは、所詮無理だったのである。野田佳彦首相は、新しいマニフェストで党の再生を図ろうとしているけれど、「マニフェスト破りのウソつき」を信用する国民有権者は、どこにもいない。今後は、「座して死を待つのみ」ということだ。

※Yahoo!ニュース個人


BLOGOS

にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
米国FRBのバーナンキ議長が、日本の江戸時代の「コメ中心の農本主義」を「素晴らしい文化だ」と絶賛したワケとは?

◆〔特別情報①〕
 フリーメーソン・イルミナティ筋(ニューヨーク・マンハッタン島発)の情報によると、米国FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長(専門=マクロ経済学)が最近、「日本は素晴らしい国だ」とやたらと誉めちぎっているという。何が素晴らしいのかと問えば、「いまの日本」ではない。「かつての日本は、コメが経済の中心だった。素晴らしい文化だ」というのだ。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

携帯電話から有料ブログへのご登録
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓



第10回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成24年10月20日(土)
『中国 革命前夜』
~中国共産党1党独裁・北京政府の崩壊  



【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】新連載を始めました。



『ブッシュの陰謀-対テロ戦争・知られざるシナリオ』(2002年2月5日 KKベストセラーズ刊)

目次

あとがき

 私ごとで大変恐縮だが、ソ連軍が一九七九年(昭和五四)十二月十七日、突如、アフガニスタンヘ侵攻したとき、私は毎日新聞政治部記者として文部省記者クラブ(文部記者会)に所属していた。
 文部省は文教政策を所管する役所だが、そのなかに体育局があり、当時、モスクワ・オリンピックヘの参加に向けて日本オリンピック委員会(JOC)や各種競技の日本チームを支援していた。

つづきはこちら→→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日 共栄書房刊)
『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日 ごま書房刊
『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊

板垣英憲マスコミ事務所
引用元|http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<殺人未遂>定時制高校生が刺されけが…千葉・松戸

2012年09月29日 14時10分35秒 | 受験・学校
ここから本文です 毎日新聞 9月29日(土)12時45分配信 『29日午前0時25分ごろ、千葉県松戸市六実1の民家前の路上で、この家に住む定時制高校4年の少年(19)が腹などを刺されたと、母親(46)から県警松戸東署に通報があった。少年は腹のほか肩など数カ所を刺され、病院に運ばれたが命に別条はないという。刺したのは20歳くらいの2人組の男とみられ、同署が殺人未遂事件として調べている。 同署によると、少年が路上で自転車を修理していたところ、スクーターに2人乗りして近づいてきた男らと口論になり、刃物ようなもので刺されたという。口論の原因などを調べている。【小林祥晃】』
自転車の修理も昼間しないといけない時代ですか、用心が悪い、治安の悪いぶつそうな日本になったと言えます。他人と話し合えない大人の姿は、子供も真似をするので良い影響を与えないと思います。他人を刃物を持ち歩き平気で刺す行為は他人の命の軽視と結果を考えない人間としての想像力の貧しさです。今の日本の病める世相の象徴で、少年達も刃物を持ち歩いている昨今の危ない実態です。刃物を持たないと話も出来ないと言うのは、精神的におかしいと思いますが。今の日本の心の荒んだ社会と生活の専門家による精神医学的分析が必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●72日目▲斎藤一人365日語録

2012年09月29日 13時05分58秒 | 悩み

</object>
YouTube: 薬師寺聖観音

■一人さんの観音参りの作法

☆観音様は「音を観る」とかきますので
お願い事をするときは、黙ってやるんじゃなくて

ぼそぼそと小さな声で言ったほうがいいのです
自分と観音様が聞こえるくらいの声でね。

それから、絶対に目をつぶっちゃダメ。

手を合わせて、うすく目を開けて、観音様を観ながら
お参りするんです。

お願いの言い方は、過去形で。
お願いがかなった形にして、先にお礼を言っちゃうんです。

みなさん、今度、観音様にお願いをするとき、そうやってみませんか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民・石破氏、“名刺”が敗因?冷たかった印字メッセージ

2012年09月28日 21時53分18秒 | 国際・政治

2012/09/28 01:06更新

記事本文

 自民党総裁選(26日)の投開票直前、各候補者は議員会館にある党所属国会議員の事務所を訪ねて「最後のお願い」をして回った。このときに配った名刺が話題となっている。安倍晋三新総裁と石原伸晃幹事長が手書きのメッセージを添えていたのに、石破茂政調会長は機械で印字していたのだ。議員の心に響いたのは…。

 決選投票で逆転された石破氏は「国会議員票で取れなかったことは私の不徳の致すところが大きい」と反省した。「不徳」とは、党内ベテラン議員を中心に、石破氏に対する強い不信感がある点とみられる。

 名刺を受け取った中堅議員は「これで投票行動を決めたわけではないが、石破氏の名刺は『少し冷たいな』と感じた。自民党には人情を重んじる人も多いので、この冷たさが『石破嫌い』の一因かもしれない。細かい気配りを積み重ねていれば、決選投票の19票差は逆転していた可能性もある。石破氏はもっと成長できる」と話した。

 政治家もサラリーマンも、目配り、気配り、心配りが重要なのだ。』

政治家と銀行員は、出世する為には、字が上手でないと駄目だそうです。皆毛筆の達筆な人が、歴代総理大臣に多かったですね。政治家としての教養ト評価の手段になるのではないかと思います。政治家は目配り、手配り、気配り心配り必要と言うことですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民党新体制はどう出るか?山内康一『蟷螂の斧』゜

2012年09月28日 21時33分09秒 | 国際・政治

二度目の安倍総裁はタカ派イメージがありますが、
同時に公務員制度改革に真剣に取り組んだ総理で、
渡辺よしみ代表を行革大臣に任命した総理です。

しかし、当時といまは自民党の顔ぶれが違います。
3年前の衆院選挙で落選した自民党衆議院議員は、
都市部選出の中堅・若手の議員が多かったです。

改革マインドの強い議員の多くが落選してしまい、
党内の過激な改革派の一部がみんなの党に移り、
改革を推進する勢力は党内の少数派になっています。

渡辺代表、水野賢一参院国対委員長、小野次郎議員と
自民党時代の改革派がみんなの党の中枢にいます。
いま自民党の主流派は、ベテランや公共事業拡大派で、
安倍総裁が改革路線をとるのを支持しない人たちです。

安倍内閣から渡辺行革大臣を引いた政権を想像すると、
教育基本法改正や憲法改正等のイデオロギー色の強い、
タカ派政権のイメージしか出てきません。

6年前の安倍総裁誕生時と、いまの安倍総裁再選時は、
ご本人の理念や意思はともかく、周囲の環境が異なり、
もう一度行政改革に取り組めるか微妙だと思います。

いまも側近の塩崎元官房長官や世耕議員、山本議員等は、
本気で行政改革に取り組む気持ちがあるとは思いますが、
いかんせん改革派の人数が減ってしまっています。
自民党政権に戻っても、あまり期待できないでしょう。

|

引用元http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog

<script src="http://analytics.cocolog-nifty.com/entry_ax.js" type="text/javascript"></script>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月26日 事故翌日 双葉町で1590マイクロシーベルト計測 事故から1年半後に公表 「国の方から見

2012年09月28日 21時25分50秒 | ブログ
2012年9月28日

2012年9月26日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

テーマは……。

  • 事故翌日 双葉町1590マイクロシーベルトが計測されていたことが2012年9月21日に発表されたこと
  • 軽井沢の野生キノコ 基準超セシウム 長野県産で初

    についてです。

    内容

    2012年9月26日【水】

    今後の政局はどうなる?!~ 自民党総裁選リポート

     本日、自民党総裁選がおこなわれ、前評判通り安倍晋三氏が第25代総裁に選ばれました。
    元総裁が再び同じポジションに座るのは、自民党史上初だそうです。
     本日の特集は、今日の総裁選を終始見続け、取材をおこなったMBS東京支社報道部の神崎記者に、現場の様子や声・ウラ話などをリポートしてもらいます。
    また、安倍氏が新総裁となった事で、今後の民主党や維新の会の動きがどうなるか、などを検討していきます。
     また今日は、『たね蒔きジャーナル』の中で水野アナウンサーが京大原子炉実験所の小出裕章さんにお話をお伺いする、最後の日となります。
    いつものように、最近の気になる原発関連の報道についてお伺いすると同時に、番組と小出さんとのこれまでを振り返ります。

    録音
    ▼20120926 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65825518.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65825512.html


  • 9月24日 『年間60万t、ドラム缶で300万本もの放射性廃棄物。企業からすれば適正な処理よりも、捨てる方が楽なわけです』小出裕章(日刊SPA!)

    2012年9月28日

    2012年9月24日 小出裕章さんのコメントが日刊SPA!に掲載されましたので、このブログでも共有させていただきます。

    以下、情報を引用いたします。 この投稿の続きを読む ?

    コメント
    この記事をはてなブックマークに追加

    外交・安保政策については安倍晋三自民党総裁は野田民主党代表と同じにならざるを得ない new!!

    2012年09月28日 19時11分26秒 | 国際・政治
    counter

    <script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript"></script>

    <script type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js" type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/r20120919/r20120730/show_ads_impl.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><iframe id="google_ads_frame1" name="google_ads_frame1" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-pub-6108080591945003&amp;format=728x90_as&amp;output=html&amp;h=90&amp;w=728&amp;lmt=1348826787&amp;channel=4088646432&amp;ad_type=text&amp;ea=0&amp;color_bg=FFFFFF&amp;color_border=FFFFFF&amp;color_link=343434&amp;color_text=565656&amp;color_url=3366ff&amp;flash=10.0.32.18&amp;url=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2Farchives%2F2012%2F09%2F28%2F%23002393&amp;dt=1348826787459&amp;shv=r20120919&amp;jsv=r20110914&amp;saldr=1&amp;correlator=1348826787469&amp;frm=20&amp;adk=2330617933&amp;ga_vid=235234844.1285563563&amp;ga_sid=1348826777&amp;ga_hid=1893556306&amp;ga_fc=1&amp;u_tz=540&amp;u_his=9&amp;u_java=1&amp;u_h=768&amp;u_w=1024&amp;u_ah=738&amp;u_aw=1024&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;dff=verdana&amp;dfs=13&amp;adx=500&amp;ady=270&amp;biw=1003&amp;bih=589&amp;oid=3&amp;ref=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2F&amp;fu=0&amp;ifi=1&amp;dtd=30" frameborder="0" width="728" scrolling="no" height="90" allowtransparency="true"> </iframe>
    Font-size: small medium big

    Blog Calendar

    <iframe title="ブログカレンダー" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://www.amakiblog.com/archives/calendar/2012/09/index.html" frameborder="0" width="760" scrolling="no" height="30"> </iframe>

    サイト内 検索

    <script type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js" type="text/javascript"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/r20120919/r20120730/show_ads_impl.js"></script><script src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/render_ads.js"></script><script></script><iframe id="google_ads_frame4" name="google_ads_frame4" marginwidth="0" marginheight="0" src="http://googleads.g.doubleclick.net/pagead/ads?client=ca-pub-6108080591945003&amp;format=468x15_0ads_al_s&amp;output=html&amp;h=15&amp;w=468&amp;lmt=1348826790&amp;channel=2925563420&amp;ea=0&amp;color_bg=DAE3FF&amp;color_border=4A77FF&amp;color_link=3366ff&amp;color_text=565656&amp;color_url=3366ff&amp;flash=10.0.32.18&amp;url=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2Farchives%2F2012%2F09%2F28%2F%23002393&amp;dt=1348826790403&amp;shv=r20120919&amp;jsv=r20110914&amp;saldr=1&amp;prev_fmts=728x90_as%2C160x600_as%2C160x600_as&amp;correlator=1348826787469&amp;frm=20&amp;adk=132371583&amp;ga_vid=235234844.1285563563&amp;ga_sid=1348826777&amp;ga_hid=1893556306&amp;ga_fc=1&amp;u_tz=540&amp;u_his=11&amp;u_java=1&amp;u_h=768&amp;u_w=1024&amp;u_ah=738&amp;u_aw=1024&amp;u_cd=32&amp;u_nplug=0&amp;u_nmime=0&amp;dff=verdana&amp;dfs=12&amp;adx=391&amp;ady=541&amp;biw=1003&amp;bih=589&amp;oid=3&amp;ref=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2F&amp;fu=0&amp;ifi=4&amp;dtd=30" frameborder="0" width="468" scrolling="no" height="15" allowtransparency="true"> </iframe><form action="http://www.amakiblog.com/search/index.html" method="get" target="_top">
    <input type="hidden" name="domains" /> <label class="sb" for="sbi">検索用語を入力</label> <input id="sbi" maxlength="255" size="40" name="q" /> <label class="sb" for="sbb">検索フォームを送信</label> <input id="sbb" type="submit" name="sa" />
    <input id="ss0" type="radio" name="sitesearch" /> <label title="ウェブ検索" for="ss0">Web</label> <input id="ss1" type="radio" checked="true" name="sitesearch" /> <label title="検索 www.amakiblog.com" for="ss1">www.amakiblog.com</label>
    <input type="hidden" name="client" /> <input type="hidden" name="forid" /> <input type="hidden" name="channel" /> <input type="hidden" name="ie" /> <input type="hidden" name="oe" /> <input type="hidden" name="cof" /> <input type="hidden" name="hl" />
    </form>

     人気blogランキング(政治)に参加しました、応援お願いします。 人気blogランキング

    2012年09月28日

    外交・安保政策については安倍晋三自民党総裁は野田民主党代表と同じにならざるを得ない

     どうやら米国は自民党の政権復活を視野に入れ始めたようだ。

     9月28日の産経新聞がワシントン発佐々木類記者の記事を掲載
    していた。

     米国政府は自民党総裁選に勝利した安倍晋三元首相について関心
    を高めつつあると。

     そしてさっそく注文をつけ始めた。

     その中でも注目されるのが安倍氏の外交・安全保障政策である。

     米大手シンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)のニコラス
    セーチェーニ氏がこう述べたという。

     「2006年の首相就任直後、最初の外遊先に中国を選んだのは、
    近隣外交の大切さを知っているからだ。具体的な対中、対韓政策は
    今後の言動に注目したい」と。

     いたずらに右翼的名発言を繰り返す安倍首相を褒め殺して、野田民主党
    政権下で悪化した中国や韓国との関係を修復せよと迫っているのだ。

     さらにセーチェーニー氏は続ける。

     「集団的自衛権行使を容認すれば、日米の防衛協力を具体的に強化
    することが出来る」と。

     日米同盟深化への役割拡大に期待しているのだ。

     安倍晋三氏は戦後体制の見直しとか慰安婦問題についての強硬発言で
    米国の信頼を失った。

     その彼が自民党の総裁となって政権復活を目指している。

     そうであれば日本の宗主国である米国の信頼を回復しなければならない。

     田母神氏などのような反米愛国保守一緒になって本音の発言を繰り返す
    ようでは、たとえ政権復帰をしても米国に見放されるということだ。

     野田首相のようになんでもいう事を聞く親米保守になれ、と安倍自民党
    総裁にメッセージを送っているのである。

     ここまで脅かされてはどうにもならない。

     ただでさえ過敏性の病気になる安倍氏だ。

     さぞかし震え上がったことだろう。

     安倍自民党が政権をとれば野田民主党政権と同様にその外交・安保政策は
    米国の言いなりの従属的なものになるしかない。

     米国にとっては野田民主党政権であれ安倍自民党政権であれ、どちらでも
    いいのだ。

     対米従属外交は守るだろうな、と一言メッセージを送ればそれで十分なので
    ある。                                   
                                            了

      お知らせ
     
     1. 「戦後史の正体」(創元社)の著者である孫崎享氏と私の
    外務官僚OB二人がこの国の正体を徹底的に論じ合いました。

      その動画が以下の通り発売されましたので案内します。

      孫崎享×天木直人 「戦後史の正体」出版記念特別対談
    http://foomii.com/files/interview/amakixmagosaki2012/0907/ 

     2. 都合により休んでいた天木・植草対談を以下の通り9月29日(土)
    から再開します。
     
     サタデーナイトライブ2012 天木×植草の時事対談
    http://foomii.com/files/interview/nightlive2012/

     今回の時事対談では、政治・国際情勢・経済分野それぞれのホット
    ニュースについて時間の許す限り徹底的に討論を行います。                      了

     

    Copyright ©2005-2012 www.amakiblog.com
    人気blogランキング
    コメント   トラックバック (1)
    この記事をはてなブックマークに追加