教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

大学中退:7割「1年生でつまずき」

2014年01月31日 23時47分18秒 | 受験・学校

毎日新聞2014年1月31日(金)00:08『文部科学省が実態把握に乗り出すことになった「大学中退」問題は、これまで「学生募集の障害になりかねない」などとタブー視されてきた面が強かった。だが近年、中退率などを積極的に公表する大学も出始めた。さらに小中学校のような「担任制」を導入して学生にきめ細かく目配りし、中学・高校レベルの学び直し授業を取り入れるなど中退予防策に力を入れる動きも広がっている。
 武蔵大(東京都)は2年前からホームページ(HP)で学部ごとに年間の退学者数と中退率を公表している。当初、学内で反対意見もあったが「受験生が知りたい情報」(広報担当者)と公開に踏み切った。九州産業大(福岡県)も2012年度分から各学部の学年別中退者数・中退率をHPで公表。広報課は「高校の進路指導教諭が着目するのは『中退率』と『就職率』とも聞く」と情報発信の重要性を強調する。
 中退予防に取り組む大学も少なくない。静岡産業大(静岡県)は10年近く前から学生約10人につき1人の教員が「アドバイザー」として付き、授業への出席率が悪ければ面談して対応策を考える。保護者の協力も不可欠とし、年2回、保護者対象の相談会も開く。担当者は「中退率は経済情勢に左右されることもあり大幅に下げるのは難しいが、できることをやっていくしかない」と話す。
 中退には「授業についていけない」という学力不足が要因のケースも多いため、入学前教育や1年生の時にリメディアル教育(中学・高校レベルの学び直し)を実施する大学も増加。日本リメディアル教育学会の11年調査では全大学の7割超が実施している。背景には、大学を選ばなければ入れる「全入時代」になったことがあるとも指摘されている。目的が不明確だったり不本意入学したりするなど学生の意識の問題も大きい。
 独自に中退者の実態調査や大学の中退対策支援をしているNPO法人「NEWVERY」(東京都)の山本繁理事長は「経済的な理由よりもミスマッチが主因。対策は急務だ」と指摘する。中退の理由は▽教育内容・方法が合わない▽学力不足で授業についていけない、などが目立ち、中退者の7割近くは大学1年の段階で何らかのつまずきがあるという。山本理事長は「高校の進路指導で、自分に合った大学が見つけられる機会を生徒に提供するとともに大学側も教育内容・方法を在籍する学生に合わせる必要がある」と指摘している。【三木陽介】

希望する大学に見事合格した新入生は落ち込まないと思いますが。滑り止めや希望する大学以外に入学した新入生は、自分の考えていた大学像とはかなり違い過ぎたりして嫌気が差し、自分の将来の希望や仕事へのギャツプを感じ、大学に魅力を感じなくなると思います。入学した大学に失望したり、将来への希望が自分で持てなくなり、やる気と学習意欲を失い五月病に掛かってしまい立ち直れない状況に追い込まれ、大学生の不登校になり大学に通学する気持ちが無くなリ、つまるところ中途退学するのでは有りませんか。安定した地位にある大学の教員とと新入生の考え方には、かなり隔たりが有ると思います。大学を選ばなければ入れる「全入時代」になったという言っても大学間の格差の拡大が広がっているのも日本の私立大学の今の現実です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひたちなか海浜鉄道トップページ > 最新情報 > 地元産野菜直売市を開催します

2014年01月31日 22時26分33秒 | まち歩き

1月はお休みしておりました、

毎月第1日曜日恒例の地元産野菜の販売会ですが、
2月からは通常通り、2月2日午前9時より那珂湊駅1番線ホームにて開催いたします。

JAや漁協の協力により新鮮な野菜や干物などを取り揃え格安で販売いたします。        
時間限定また売り切れ次第の終了となります。
地元のみなさまにも評判の朝市、月1回のこの機会にぜひお越しください。

*概要

【実施日時】 2014年2月2日(日) 9:00~11:00ごろ

(ただし売り切れの場合、終了することがあります。)

【実施場所】 那珂湊駅1番ホーム

*販売会利用のみ目的の場合は入場券は不要です。
 ただし列車を利用された場合は運賃をいただきます。

【お 願 い】 駅前ロータリーは送迎用のスペースですので駐車はご遠慮ください。
お車でお越しのお客さまは、パークアンドライド駐車場をご利用いただきますようお願いいたします。

那珂湊漁協。旨みのぎゅっとつまった魚介類が豊富な海,ひたちなか市の沖合いは、ちょうど黒潮(暖流)と親潮(寒流)がぶつかり合う場所。 ひらめ・かつお・さんまの水揚げ漁港・那珂湊漁港、茨城県ひたちなか市の那珂湊 .

//www.ib-ja.or.jp/ja/hitachinaka

日本一のほしいも産地『JAひたちなか』のホームページです。茨城県ひたちなか ... サイトマップ リンク お問い合わせ JAひたちなか ホーム JAの概要 事業案内 特産品の紹介 店舗・事業所 よくあるご質問

      コメント (1)
      この記事をはてなブックマークに追加

      トップページ >ひたちなか 海浜鉄道日誌 > シンプル つみれ汁

      2014年01月31日 22時16分35秒 | まち歩き

       先週発行されたよみうりタウンニュースに”那珂湊流”サンマのつみれ汁が紹介されていました。

       さんまの水揚げ地である那珂湊のつみれ汁は「シンプル」。ねぎ以外何も加えないのに、口にすると凝縮されたうまみが広がり、食欲をそそる、との紹介が。

       「良いものはそれだけで良い。」(ややこしい言い方です)

       那珂湊漁協女性部では「真空パック入り冷凍つみれ」も製造販売しています。

       湊線沿線には、こんな魅力も。

       つみれを買いに那珂湊へどうぞ。

       もちろん、湊線で。

      那珂湊漁協女性部は、那珂湊漁協関係の女性を中心に構成する組織です。干し物などの水産加工品の提供、イベントなどで魚介類の丼・汁物の漁師料理を提供しています

      コメント (1)
      この記事をはてなブックマークに追加

      トップページ > ひたちなか海浜鉄道日誌 > 銚子電鉄に県が支援

      2014年01月31日 22時11分50秒 | まち歩き

       銚子電鉄に対し、千葉県が10年で1億3千万円余りの支援を決定した、とのこと。

       ローカル鉄道の維持には、市民や行政がどれだけ熱意を持っているかが大きなカギになります。

       記事から推測すると、安全対策に対する国の補助制度にのっとり地方協調補助分のうち半分を県が負担するようです。

       お金の問題が重要なのは言うまでもありませんが、会社の要請を受けて県が支援したということは、事業者と行政ははっきりと鉄路維持の意思表示をしたということ。また、当地での市民やファンのがんばりは今さら言うまでもありません。

       銚子では行政・市民・事業者のトロイカ体制がしっかり構築されたようです。

       ご健闘をお祈りします。

       銚子電鉄が地域の観光の牽引車になるように。

       

      コメント (1)
      この記事をはてなブックマークに追加

      トップページ >ひたちなか 海浜鉄道日誌 > 応援団新年会 今年もみんなで

      2014年01月31日 22時06分31秒 | まち歩き

    •  那珂湊駅に留置した車両を貸し切り。

       酒肴は、駅前食堂の日ノ出屋から。

       参加は、応援団の皆さんの他、市役所担当者、会社からも数名。

       来賓には、市長と市議会議長。

       これぞ「市民・行政・事業者一体となった第3セクター」といった感じで盛り上がったひと時でした。

       初日の出輸送が好調で、最高の門出となった平成26年。

       今年もみんなでがんばっていけそうです。

       皆様のご協力を。

      コメント (1)
      この記事をはてなブックマークに追加

      原敬の時代といま。山内康一「蟷螂の斧」

      2014年01月31日 21時59分54秒 | 国際・政治

      2014年1月31日 (金)

      福田和也氏の近著「大宰相・原敬」を読み、
      当時の政治が意外といまと似ていることに、
      とても驚いています。怖いことです。

      総理大臣がコロコロ変わるというのは、
      何も最近始まったことではないようで、
      明治大正の頃もコロコロ変わってます。

      首相がいい加減に決められている点では、
      いまより当時の方がひどいでしょう。

      元勲の意向やタイミングといった要素で、
      偶然の産物のように首相が決まってたり、
      首相に指名された人が辞退したり。

      伊藤博文のような偉人とされる人でも、
      けっこういい加減な判断をしています。
      もちろん総合的には偉大な政治家です。

      福田和也氏は、大隈重信がお嫌いなのか、
      大隈重信の評価はかなり辛辣でした。
      早稲田大学出身者には薦められない本です。

      明治の時代は、いろんな大事なことが、
      属人的に決められることが多いことを
      再発見しました。

      明治や大正という高度成長期の日本というのは、
      組織より個人の時代だったのかもしれません。

      日清戦争という大戦争を引き起こしたのも
      一部の政治家や軍人の暴走だったように、
      この本には書かれています。

      もっとも日清戦争は勝つことができたので、
      その暴走がとがめられず、将来に悪影響を
      与えたのかもしれません。

      いつの時代も、政治で本当に大事なことは、
      ごく少数の政治指導者や高級官僚や軍人が、
      決めているような印象を受けました。

      いまの政界を見ていても、そう思います。
      国内の世論や国際社会の動向を踏まえつつも、
      政権中枢の小人数が国家の方向を決めている、
      というのが、現実の国家経営かもしれません。

      変化の激しい時代には、迅速な判断が求められ、
      そのことも意思決定者の人数を絞り込むことに
      つながっているのかもしれません。

      国家の意思決定を行う少人数のサークルに
      入り込むことが、政策を実現する近道です。
      いつの日にか内閣官房副長官になろうと、
      決意を新たにしました。

      *ご参考:2010年12月30日付ブログ「夢のない夢:官房副長官」
      http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-b23d.html

      引用元http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/

      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      世界のシンクタンク。山内康一 「蟷螂の斧」

      2014年01月31日 21時53分22秒 | 国際・政治

      2014年1月30日 (木)

      毎年米国のペンシルバニア大学TTCSPが、
      世界のシンクタンクをランク付けしています。

      今年のランキングは次のようになります。

      1. Brookings Institution (United States)
      2. Chatham House (United Kingdom)
      3. Carnegie Endowment for International Peace (United States)
      4. Center for Strategic and International Studies (United States)
      5. Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI) (Sweden)
      6. Bruegel (Belgium)
      7. Council on Foreign Relations (United States)
      8. Rand Corporation (United States)
      9. International Institute for Strategic Studies (IISS) (United Kingdom)
      10. Woodrow Wilson International Center for Scholars (United States)
      11. Amnesty International (United Kingdom)
      12. Transparency International (TI) (Germany)
      13. Japan Institute of International Affairs (JIIA) (Japan)
      14. German Institute for International and Security Affairs (SWP) (Germany)
      15. Peterson Institute for International Economics (United States)
      16. International Crisis Group (ICG) (Belgium)
      17. Heritage Foundation (United States)
      18. Cato Institute (United States)
      19. European Council on Foreign Relations (ECFR) (United Kingdom)
      20. Chinese Academy of Social Sciences (CASS) (China)
      21. Fundação Getulio Vargas (FGV) (Brazil)
      22. Fraser Institute (Canada)
      23. Centre for European Policy Studies (CEPS) (Belgium)
      24. American Enterprise Institute for Public Policy Research (AEI) (United States)
      25. French Institute of International Relations (IFRI) (France)
      26. German Council on Foreign Relations (DGAP) (Germany)
      27. Centre for Economic Policy Research (CEPR) (United Kingdom)
      28. Carnegie Moscow Center (Russia)
      29. Asian Development Bank Institute (Japan)
      30. Center for American Progress (CAP) (United States)

      日本では外務省系の日本国際問題研究所が、
      世界で13番目にランクインしています。

      日本国際問題研究所が、有名なヘリテージ財団、
      Center for American Progress (CAP)よりも、
      上位にいるのは大健闘だと思います。

      残念ながら日本国際問題研究所への助成等は、
      いつも事業仕分け等で削られてきました。

      軍事力に依存しない安全保障を実現するには、
      シンクタンクのようなインフラは重要です。

      対外情報収集機関や、戦略を立案する組織は、
      日本の安全保障に不可欠だと思います。

      そういう意味では日本勢トップが13位だと、
      ちょっと心もとない感じもします。

      せめてベスト5に食い込むシンクタンクが1つと
      ベスト30以内に3~4は欲しいところです。

      29位のアジア開発銀行の研究所というのは、
      所在地は日本だし、資金も日本がかなり出し、
      しかし、研究員は大半が外国人だと思います。

      逆に小国ながらベルギーやスウェーデンには、
      優秀なシンクタンクが存在しています。

      ベルギーは小国ながら、首都ブリュッセルに、
      NATO本部があり、EUの首都でもあり、
      シンクタンクが集まりやすいのでしょう。

      ちなみに国別にトップ30を整理すると;
      ・米国:  11
      ・英国:   5
      ・ベルギー: 3
      ・ドイツ:  3
      ・日本:   2
      ・スウェーデン、中国、ブラジル、カナダ、
       フランス、ロシア:  各1

      やはり米国の知的インフラは圧倒的です。
      米国の大学がランク付けしているので、
      少し差し引くとしてもやはり圧倒的です。

      経済力、軍事力、知的な力、文化の力など、
      総合的に考えて米国の優位は続きそうです。

      中国が、購買力平価で見た経済力において、
      米国を抜くことはあり得ると思いますが、
      総合力で米国を抜くとは私は思いません。

      引用元http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/

      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      ?放置されていた自賠責保険積立金流用問題 new!!

      2014年01月31日 21時44分21秒 | 国際・政治

      お知らせ

      2010年7月より、foomiiにて
      有料メルマガの配信を開始します。登録希望の方は、下記画像をクリックして読者登録をお願いします。

      携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

      お知らせ

      新刊発売のお知らせ
      2013年1月19日発売KKベストセラーズから、
      田母神元航空幕僚長との共著を発売します。

      new release

      Naoto Amaki

      天木直人
      天木 直人

    •  1月30日の各紙が小さく書いていた。 金融庁は自賠責保険料を25年度と同じ金額に据え置くことを決めたと
       
       これだけを読む一般読者は、政府もたまにはいいことをすると思うかもしれない。

       しかしそれは大きな勘違いだ。

       自賠責保険料はむしろ引下げられなければいけないぐらいなのだ。

       私がこの自賠責保険料のいかさまぶりを初めて指摘したのは1年前だった。

       すなわち2013年1月14日の日経新聞経済面の「風速計」というコラムを引用して、これは驚くべき税金の流用だ、国家的詐欺だと次のように書いた。

       自動車事故が増えて積み立て金が足らなくなったと言う理由で強制的に引き上げられる保険料。

       しかしその積立金がなんと財務省によって一般会計の赤字穴埋に使われていたというのだ。

       国交省はその返却をいくら求めても返してもらえないというのだ。

       これは国家的詐欺だ。

       保険料を苗げする前に過去の積立金を取り戻すのが先だと。

       この私の指摘に触発されたかどうかはわからないが、その後いくつかの週刊誌がこの問題を怒りとともに取り上げ、国民の広く知るところとなった。

       これで政府もなんらかの対応策を打たざるを得ないだろう。

       そう私は期待したのだが、まったく何も動かずにその年の4月に保険料は平均13.5%ほど引き上げられた。

       それから1年近くたち、さすがに今度は保険料は据え置かれたが、6000億円は流用されたままだという。

       1月29日の産経新聞が書いていた。

       6000億円の貸付金(流用された積立金)がいまだ返済されないまま、国交省(運輸省)と財務省の、返せ、返さない、のバトルが続いていると。

       まだこんな事をやっているのかと驚き、あきれる。

       民主党政権の3年間が何もできずに官僚の言うままであったことはわかる。

       しかしそのダメ民主党のおかげで国民的支持を得て登場した安倍自民党政権でさえこんなバカげたことを放置してきたのだ。

       国民は取られっぱなしである。

       官僚の反国民的政策を変えられないような政権は、どんな政権になっても国民のためにならないということである。

       国民は怒らなければウソだ(了)

      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      「知らぬが仏」朴槿恵大統領らは、「米軍将兵を戦死させたくない」オバマ大統領に裏切られている

      2014年01月31日 21時34分40秒 | 国際・政治

      2014年01月31日 07時17分52秒 | 政治
      ◆米国オバマ大統領が1月28日に行った就任以来6度目の一般教書演説で、朝鮮半島の軍事情勢と外交戦略について何も触れず、「内政重視」で「内向き」になっていると評されているなかで、北朝鮮がメディアへの露出戦術に力を入れている。
       北朝鮮の申善虎国連大使が1月24日、国連本部で記者会見し、南北双方の中傷中止と米韓合同軍事演習の取りやめを求めた「重大提案」(16日)を受け入れるよう韓国側に改めて訴えた。これに続いて、北朝鮮の池在竜・駐中国大使が1月29日、北京の北朝鮮大使館で外国メディア向けに記者会見し、中傷合戦の中止や、2月末にも始まる米韓合同軍事演習の取りやめを重ねて韓国に要求したのだ。
       これに対して、何かと疑い深い朴槿恵大統領をはじめ韓国政府首脳陣は、北朝鮮の提案に疑心暗鬼で、すんなりと信用しようとしていない。いつ「奇襲攻撃」されるかわからないと、強い警戒心に囚われているからだ。
      ◆朴槿恵大統領らは、北朝鮮が「北東アジア全域はもちろん米国本土まで到達する長距離ロケットや移動式弾道ミサイルの発射実験を準備している可能性が大である」と予測している。北朝鮮はいきなり、発射実験を行えば、国際社会から猛烈な非難の嵐に晒されるのが目に見えていることから、「已むに已まれず、発射実験をせざるを得なかった」という言い訳できるようにしておきたい。
       それには、米韓合同軍事演習「キーリゾルブ」と「フォールイーグル」が2月末にも始まる予定なので、事前に合同軍事演習の取りやめを韓国に要求しておき、実際に合同軍事演習が行われたとき、北朝鮮は長距離ロケットや移動式弾道ミサイルの発射実験を行い、これを米韓両国の責任に転嫁するという筋書きである。
       こうした手口は、中国や韓国、北朝鮮が、得意とする常套手段である。だから、韓国の朴槿恵大統領らから見れば、北朝鮮が何を考えているかは、手に取るようにわかる。
      ◆早速、米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」が1月29日(現地時間)、北朝鮮が2012年12月に事実上の長距離弾道ミサイルである長距離ロケット「銀河3号」を発射した北西部・東倉里のミサイル発射場の改良工事を進めているとの分析を発表し、このなかで「北朝鮮が北東アジア全域はもちろん米国本土まで到達する長距離ロケットや移動式弾道ミサイルの発射実験を準備している可能性」を指摘した。聯合ニュースが1月30日報じた。「案の定」といわんばかりである。
       しかし、不思議なのは、朝鮮半島情勢が緊迫しているのに、米国オバマ大統領が、一般教書演説のなかで、何も触れなかったことだ。オバマ大統領は、「米韓軍事同盟」に基づいて、朝鮮半島有事のとき、表向き「韓国を守る」という姿勢を堅持しているかのように見せかけながら、裏では、「戦争を回避」したい。イラクから手を引き、2014年12月までには、アフガニスタンから駐留米軍将兵7万人を完全撤退させる計画を進めている。これらの将兵を朝鮮半島に投入して、戦死させるのを嫌っており、心の底では、韓国からも手を引きたいのである。
      それは、「第2の日本」である北朝鮮の金正恩第1書記=元帥(背後に女帝)に「朝鮮統一・大高句麗建国」(背後にイスラエル、米国、日本、中国、ロシア)を実現しようとしているからでもある。はっきり言えば、オバマ大統領は、朴槿恵大統領をはじめ韓国政府首脳陣を遠の昔に裏切っているということだ。米国の同盟国である日本の安倍晋三首相は、日本国憲法の規定上、朝鮮半島に陸海空3自衛隊を派遣することは、絶対にできない。当たり前である。「知らぬが仏」とは、朴槿恵大統領をはじめ韓国政府首脳陣のことを言う。
      【参考引用】聯合ニュースが1月30日午後5時54分、「北朝鮮 東倉里のミサイル発射場を改良=米サイト分析」という見出しをつけて、以下のように配信した。
       「【ワシントン聯合ニュース】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト『38ノース』は29日(現地時間)、北朝鮮が2012年12月に事実上の長距離弾道ミサイルである長距離ロケット『銀河3号』を発射した北西部・東倉里のミサイル発射場の改良工事を進めているとの分析を発表した。北朝鮮が北東アジア全域はもちろん米国本土まで到達する長距離ロケットや移動式弾道ミサイルの発射実験を準備している可能性が指摘された。38ノースの報告書によると、ここ2カ月間に撮影された衛星写真を比較、分析した結果、全長30メートルの銀河3号より最大約25%長いロケットを発射できるよう発射場を拡張していると推定された。発射台の高さは47メートルから52メートルになり、40~43メートルのロケットを発射できるようになったという。ただ、工事の進行状況から今年3~4月より前にロケットが試験発射される可能性は高くないと予想した。また、車両を利用した移動式ミサイルの訓練と発射のため、容量17万リットルの軽油タンク2基が発射場に建設されたと分析した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)級とされる移動式ミサイル「KN08」のエンジン実験が昨年末から現在までに行われた可能性も指摘。北朝鮮がロケット実験計画の準備に注力していることを裏付けると強調した」
       朝鮮日報/朝鮮日報日本語版が1月30日午前9時38分、「北の駐中大使が外国メディアと会見、韓国の記者も排除せず 6カ国協議再開呼び掛ける」という見出しをつけて、以下のように配信した。
       「北朝鮮の池在竜(チ・ジェリョン)駐中大使は29日、北京の北朝鮮大使館で中国メディアや主な外国メディアの記者と会見し『北南(南北)関係を一日も早く改善すべきだ』などと述べ、6カ国協議の再開などを主張した。北朝鮮大使館は韓国の記者を招待しなかったが、『もしや』との思いで訪れた韓国の記者の取材も認めた。韓国メディアが北京の北朝鮮大使館に入って取材を行ったのは8-9年ぶりだ。国連大使を除けば、北朝鮮の大使が外国メディアを相手に記者会見を開くことも極めて異例だ。池大使は『われわれ(北朝鮮)が6カ国協議という船に先に乗り、席を押さえてある。他の参加国が急いで乗り、船が出航するのを待っている。われわれは6カ国協議の再開を支持する』と述べた。しかし、池大使は『ささいな偶発的衝突も全面戦に拡大しかねないのが現在の朝鮮半島の現実だ。外部勢力と野合し、同族を狙って侵略戦争の演習を行う(韓米の)合同軍事演習《キーリゾルブ》と《フォールイーグル》を中断すべきだ』とも主張した。池大使は処刑された張成沢(チャン・ソンテク)氏の側近で、平壌に召還されるのではないかとの見方もあった。一方、北朝鮮は韓国政府が来月17日から22日まで離散家族の再会を行おうと提案したのに対し、2日たっても回答していない。韓国統一部(省に相当)関係者は29日、板門店で赤十字の通信回線の最終通信時間に当たる午後4時に北朝鮮側から『伝えることはない。きょうは終わりにしよう』と連絡があり、双方の連絡官が撤収したことを明らかにした。統一部は旧正月の連休中も、北朝鮮が放送や通信社を通じ、何らかの提案を行う可能性があるほか、連休明けに連絡があったとしても、韓国側が提案した来月17日の離散家族再会は可能だと判断している。(北京= アン・ヨンヒョン特派員)」
       産経新聞msn産経ニュースが1月29日午後1時43分、「北朝鮮、米韓演習中止を重ねて要求 北京でも記者会見」という見出しをつけて、以下のように配信した。
       「北朝鮮の池在竜・駐中国大使は29日、北京の北朝鮮大使館で外国メディア向けに記者会見した。韓国との関係改善を『一日も早く進めなければならない』と訴え、中傷合戦の中止や、2月末にも始まる米韓合同軍事演習の取りやめを重ねて韓国に要求した。北朝鮮は24日、ニューヨークの国連本部でも同様の記者会見を開催。対話に前向きな姿勢をアピールする狙いがありそうだ。池氏は、自国の核開発は『自衛的なものだ』と述べた。6カ国協議が5年以上中断しているのは、米国や日韓が『われわれの義務だけ強調するからだ』とし、米側に譲歩を要求した。記者会見には日本や中国、欧米などのメディア計10社以上が参加。池氏が朝鮮語で発言し、通訳が英語と中国語に訳した。(共同)」
       産経新聞msn産経ニュースが1月25日午前11時22分、「中傷中止、米韓軍事演習取りやめ訴える 北朝鮮国連大使会見」という見出しをつけて、以下のように配信した。
       「【ニューヨーク=黒沢潤】北朝鮮の申善虎国連大使は24日、国連本部で記者会見し、南北双方の中傷中止と米韓合同軍事演習の取りやめを求めた『重大提案』(16日)を受け入れるよう韓国側に改めて訴えた。申大使は『中傷中止と軍事演習の取りやめは重要なことだ』と強調した上で、『両国関係を和解ムードに持っていくため、(韓国側の)対応を我慢強く待っている』と述べた。申大使は一方、韓国と米国が『南北関係の膠着(こうちやく)した現状をあたかも、われわれの責任』であるかのように『間違った方向』へと世論を導いていると主張。その上で、米韓両国が朝鮮半島で『危険な戦争ゲーム』に乗り出そうというのなら、『平和と安全を損なう責任を取ることになる』と警告した」

      ※Yahoo!ニュース個人


      ※blogos


      にほんブログ村 政治ブログへ

      本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

      安倍晋三首相が、日朝国交正常化・国交樹立に向けて、プーチン大統領に協力要請する価値は多大だ


      ◆〔特別情報①〕
       ロシアのソチで開催される第22回オリンピック冬季競技大会は、2月7日~23日(17日間)の日程だ。これを機会に、安倍晋三首相とプーチン大統領との関係が、一段と濃密になりそうである。安倍晋三首相は、開会式に出席する。だが、米国オバマ大統領、仏オランド大統領に続いて英国キャメロン首相まで、開会式に欠席する。プーチン大統領が同性愛宣伝禁止法を堅持していることに対して、人権侵害だとして抗議の意志表示をしているのだ。しかし、たとえ、人権問題であるとしても、政治問題を持ち込むのは、オリンピック精神に反するのは明白だ。こうしたなかで安倍晋三首相が、北朝鮮による日本人拉致被害者奪還、日朝国交正常化・国交樹立に向けて、プーチン大統領に協力を要請する可能性が大である。

      つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
      携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
      携帯電話から有料ブログへのご登録

      ※Yahoo!ニュース個人でも「情報局」有料記事の配信をしております。
      YahooIDをお持ちの方は簡単に登録できます。ぜひご利用下さい。
      お申し込みはこちらから↓


      「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
      お申し込みはこちら↓


      blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓



      第26回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
      平成26年2月8日 (土)
      「東京都知事選挙と政界再編」
      ~「細川・小泉・小沢の原発ゼロ・トリオ」による文明史への挑戦!


      【お知らせ】
      板垣英憲の新刊が発売されました


       板垣英憲の最新著書 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
        ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

      詳細はこちら→ヒカルランド


       板垣英憲の最新著書 「TPP本当のネライ~あなたはどこまで知っていますか」(共栄書房刊)
       全国書店で発売中 定価(本体1500円+税)
      ■TPP本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか2013年9月刊
      まえがき
      第 1 章 TPPとアメリカの食糧支配
      第 2 章 TPPの最大のネライは保険だ
      第 3 章 TPPで日本医療界への食い込み ―― 国民皆保険制度の崩壊
      第 4 章 TPPで雇用はどうなる ―― 解雇自由の法制化
      第 5 章 米国「軍産協同体」が防衛省を食い物に ―― 米国の肩代わりをする「国防軍」の建設
      第 6 章 米国が日米事前協議で日本政府に強い圧力をかける
      第 7 章 日本のTPP参加に向けての経緯
      あとがき


      **********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
      板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
      12月開催の勉強会がDVDになりました。
       「スパイ天国・日本、汚名返上へ」~「日本版NSC」「特定秘密保護法」「集団自衛権行使容認」で日本はどうなるか?

      その他過去の勉強会12種類(各定価3000円)をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
      板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

      【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




      『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日刊)

      目次

      あとがき

       ここ十年来、毎年三万人を超える人が自殺している。とくに三〇歳代の青年の自殺が跡を絶たないのは、実に憂慮すべきである。大半は、人生の進路が見つからないとか、正規社員になれず、どう生きていいかわからないとかいった個々人の悩みが原点となっているようである。この傾向は当分続きそうであると聞くと、憂慮を通り越し憂鬱になる。

      つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
      携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

      ※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。
      引用元http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken
      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      山本太郎議員 服装で注意される ノーネクタイで登院

      2014年01月30日 22時40分28秒 | 国際・政治

      山本太郎参院議員
      Photo By スポニチ

       山本太郎参院議員が24日の通常国会召集日にノーネクタイ姿で参院本会議場に現れ、議院運営委員会理事から注意されていたことが29日、分かった。

       参院議運委は29日の理事会でこの問題について協議し、同様の行為があった場合は正式に注意する必要があるとの認識で一致した。
       関係者によると、山本氏は24日、タートルネックのセーターにジャケット姿で参院本会議に臨んだ。自民党の石井準一議運委理事が目撃し「ノーネクタイは議員として品位に欠ける」と注意したところ、山本氏はその場で「気を付けます」と頭を下げたという。
       山本氏は昨年10月に開かれた秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡し、山崎正昭参院議長から厳重注意と皇室行事への出席禁止処分を受けた。

      [ 2014年1月29日 23:49 ] Webtools & Bookmarks
      山本氏は昨年10月に開かれた秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡したのは、参議院議員として遵守すべき 日本国憲法を勉強していないと言うことですし、天皇陛下を政治的に利用するのは間違いです。緑の党から第23回参院選に立候補した尾形慶子氏が2013年10月31日付の自身のTwitterで「天皇陛下でも何でも利用して、緊急にやらなければならない事と思う。頑張れ!山本太郎!」は、日本国憲法の象徴天皇制と国民主権を無視した発言で、山本氏同様大日本帝国憲法と日本国憲法を時代錯誤に基づく考え違いした許されない発言で日本国憲法をもつと学ぶべきでは有りませんか。伊豆大島の被災地に派遣されている自衛隊に対する問題発言や通常国会召集日にノーネクタイ姿で参院本会議場に現れ、議院運営委員会理事から注意されていたことが29日、分かったり、今後も問題を起こすと思いますね。国民の代表として国会議員として資質や品格、品位が無く勉強不足のタレント議員では有りませんか。投票した選挙民にも責任が有るのでは有りませんか。
      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      「お前をいじめることしか…」校長が教頭に

      2014年01月30日 22時08分26秒 | 受験・学校

      読売新聞 1月30日(木)7時37分配信 『 北海道教育委員会は29日、部下の教頭にパワーハラスメント(いじめ・嫌がらせ)発言を繰り返したとして、むかわ町内の高校の男性校長(60)を減給1か月(10分の1)の懲戒処分とし
       道教委がパワハラで教諭を処分するのは初めて。発表によると、校長は2012年12月~13年2月、校長室での打ち合わせ時、教頭に「バカ。しゃべるな」「お前をいじめることしか考えていない」などと発言した。2人は同期で、12年4月に同時に着任したという。
       道教委はほかに、道立学校で不適切な会計処理を行った事務職員13人のうち、倶知安町の高校の男性事務長(54)ら9人を戒告、体罰などで7人の教諭らを減給2か月(10分の1)から戒告の懲戒処分とした。』

      校長は2012年12月~13年2月、校長室での打ち合わせ時、教頭に「バカ。しゃべるな」「お前をいじめることしか考えていない」などと発言したのは、教員の管理職として失格では有りませんか。管理職としての高校校長の教育現場での仕事そんなに暇なのでしょうか。いじめ自殺や暴力事件が、いつ起こるか分からない今の教育現場の学校で、管理職の校長としての責務を十分果たさず暢気に日々教頭に暴言を吐いていたこの校長の先生の頭が、かなりおかしいと言えます。今の学校の荒廃の諸悪の根源見本を作っているようなものでは有りませんか。

      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      1日1個のリンゴで医者いらず 日本なら2分の1個でOKです

      2014年01月30日 21時49分08秒 | 健康・病気
      ダイヤモンド・オンライン2014年1月30日(木)09:00

       毎年、クリスマスシーズンになるとユニークな論文で楽しませてくれる「英国医学雑誌(BMJ)」。時期はずれたが、英オックスフォード大学の研究者らによる1本をご紹介する。

       発端は「1日1個のリンゴで医者いらず」というウェールズ地方に古くから伝わることわざは本当か? というもの。現代病の脂質異常症を治療すべく、世界中で4000万人以上に処方されている「スタチン系薬剤」と、「1日1個のリンゴ」の効果を比較してみたのである。

       研究者らは、複数の研究結果から薬剤の未摂取群と摂取群双方の膨大なデータをピックアップ。それを基に、50歳以上で、スタチン系薬剤を飲んだほうがいいと診断されるすべての人に薬が処方された場合と、すべての50歳以上人口が薬ではなく「1日1個のリンゴ」を実践した場合を比較した。摂取カロリー量は統一した。

       その結果、スタチン系薬剤に頼った場合は、年間の血管系死亡(心筋梗塞や脳卒中による死亡)数が9400例減少する一方、リンゴ処方モデルでは、8500例の減少にとどまった。

       ただし、である。スタチン系薬剤を50歳以上の全国民に処方すると仮定した場合、薬の副作用として1万件を超える糖尿病の発症を同時に招く、という恐るべき予想も導き出されたのだ。

       対象年齢を30歳以上に引き下げても、リンゴまたはスタチン系薬剤の処方は血管死率をそれぞれ3%ほど下げるが、薬に頼った場合、副作用数が2倍に増加する。糖尿病は脂質異常症と並ぶ心血管死の高リスク要因だ。果たして薬の服用は、メリットとデメリットのどちらが大きいのだろう。

       研究者は慎重に「現在、スタチン系薬剤を処方されている人は薬をリンゴに置き換えるべきではない」としているが、一方で「ことわざは正しかった。より多く果物を食べることで、メリットを享受できる」としている。ちなみに、試験時のリンゴ1個は100gほど。日本で売られているリンゴなら2分の1個で済む。今年の生活改善ポイントは「1日半個のリンゴで医者いらず」である。

      (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

      化学合成された医薬品よりも果物のりんごのほうが人間の健康には、良いと言うことです。

      果物は、朝食べると金の値打ちが有ると昔から言われています。

      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      問題を深刻化させ潜在意識に刻印しないために。☆潜在意識で願望を達成しよう

      2014年01月30日 21時24分14秒 | 悩み
      みなさん、おはこんばんにちはー。(・∀・)ノ
      今日は前回の続きみたいな感じで、記事を書かせて頂ければと思います。

      今日は月曜日ですねー(・∀・)
      以前も週明けの憂鬱をということでエントリーを書かせていただいたのですが
      それでも、どうしても憂鬱なものは憂鬱なんですよね。(・∀・;)

      ということで、潜在意識に悪いものを刻印しないためにということで
      今日は快適な週明けを迎えるための方法や考え方を書かせて頂ければと思います。(・∀・)

      まず、どうして憂鬱になってしまうのか?という原因を掴むということですね。
      例え話になるのですが、昼間の墓地と、深夜の墓地、全く雰囲気が違いますよね。
      どんな「怖い系」のスポットでも、太陽の陽が当たる場所だと、そんなに怖くないんですよね。(・∀・;)
      それが夜になると怖い、人というのは進化の過程で、暗闇(特に暗闇の中で取り残されること)に対する恐怖というのを、身につけているので「怖い場所」「雰囲気がある場所」というものに、漠然とした恐怖を感じてしまうんですよね。

      この「漠然とした恐怖」というのが曲者で、問題の掴みどころがないので、人は「危険な何かが」が目の前にあると認識してしまって、本能的に「深刻な問題がある」と認識してしまうですよね。

      なんというか、休み明けや月曜日の会社や学校は、深夜の怪奇スポットと同じなのかもしれませんね。(・∀・;)

      というわけで、問題を直視してみて、問題の原因や理由を知るということが、とても有効かもしれません。
      問題と向き合うことは、何か責任を取らされるんじゃないか?というように思われて、嫌がられる方も多いのですが
      それは全くの誤りで、問題と向き合うことで、解決策とは言えないまでも、ある程度の対処法とかを考えることが出来て、今までより軽い気持ちで休み明けを迎えられたり出来るんですよね。(・∀・)

      問題と向き合って、その原因などを直視することで
      例えば、職場や学校の誰々さんとウマが合わないとか理由が出てきたとしたなら
      「誰々さん(誰々さん達)とは、適当に合わせる程度にして、線引して距離を置こう」とか、妥協案が出てきて心が軽くなるんですよね。


      ここからは潜在意識というか阿頼耶識的な話です。「身の贔屓」という禅語があります。
      「身の贔屓」は磐珪和尚の言葉で、自分の事だけが可愛いという考えですね。
      この考えがあるから、自分だけを守り、自分の行いや考えだけが尊い、という間違った考えを生んで
      その考えのままに生きていると、事が上手く進まなくなると、些細な停滞を前にしても「なんで私だけがこんな目に遭うんだろう」と傷ついてしまうんですね。

      自分の考えだけが絶対ということではなく、職場や学校で周囲の人の言葉や考えを受け入れてみると、自分の背負ってるものが半分くらい軽くなって、いい休み明けが迎えられるかもです。(・∀・)

      後はまたまた禅語の話になるのですが「般若」の知恵と向かい合うのもいいですよ。
      般若は、あらゆることを知り、我々を最善の道に導いてくれる知恵をくれるという意味があるのですが
      この般若の知恵と最も遠い場所にあるのが「見栄」なんですね。
      般若の知恵が私の生きる上のテーマでもあるのですが「知らないことは知らない」「出来ないことは出来ない」という感じなのですが

      例えば、出来ないことを「今は出来ない」と知ることで、出来ないから願いにしようと思えるんですね。
      「出来ないことを出来る」とか意地を張ったり見えを張るのは、物凄く損だし、出来ないことを「出来る」と言うと、言った手前、ずっと見えを張って生きていかないといけないので、疲れるじゃないですか?
      知らないことや出来ないことを、ありのまま認めることが、今は手元に無いものを手にする最善の考えなんだなと思うんです。

      「ああ、持ってないなー」と認めて「叶うから願いとして湧いてくるんだ」
      「じゃあ、瞑想や書く方法で潜在意識を活用して叶えるか」という感じですね。
      今は手にしてないものを「ある」と言い張って全世界を相手にするより合理的でしょ?(・∀・)

      こういう般若の知恵に沿った行き方をするというのも、背負う荷物を減らしてくれて、次の日の朝の苦痛を緩和してくれると思いますよ。(・∀・)

      少し話は逸れますが
      復縁や恋愛の願いを持っている方なら、相手の発言を思い出して受け入れてみるといいですよ。
      協調や調和できる恋愛関係や結婚生活がイメージ出来て、上質のイメージを潜在意識に刻印できますよ。(・∀・)

      というわけで、あまり色々と自分を悪い意味で過剰評価して色々背負わせないことと
      苦痛になっている漠然としている問題を直視してみること。
      心が軽くなるので、是非、試されてみてくださいね。(・∀・)

      問題の正体がわかると、漠然として「嫌だなー」と思っている時と比べると、小さな一歩を進んだ感じですが、これから先のことを考えると、それが妥協案であっても大きな前進なんですよね。(・∀・)


      というわけで、ラジオブログのコーナーですー。

      お便りやブログ外で寄せて頂くお話を拝聴していると「バキュさんは、今流行りの引き寄せの思想の方向性が違いますよね」というご意見を頂くのですが、こう言って頂くのが凄く嬉しいです。(・∀・)


      沖拳橋本さん
      緊急事態な感じでしょうか?(・∀・;)
      お知り合いのブロガーさんが攻撃されているとのことですが
      何故?誰が?どんな感じで?という部分の詳細が分からないので、一般論での返答になりますが
      お知り合いのブロガーさんが書くことで、その誰かが反応する。
      これって、見方を変えるとお知り合いの方に、攻撃する人の方が動かされているんですよね。
      あくまでもお知り合いの方が主で、相手が従、こんな感じなんですよ。相手が動かされているんですね。
      第三者視点になって、相手の心情などを察してあげるといいですよ。



      まーこさん
      なるほどです。
      まーこさんのお悩みは多くの復縁や恋愛関係を望まれる方の悩みだと思うので
      是非、ブログの記事として返信させて頂ければ幸いです。(・∀・)
      今しばらくお待ちくださいね。
      お便りありがとうございました!!



      みゆさん
      ラジオブログも読んで頂けてとても嬉しいです!ありがとうございます!
      書く時は、私的には「叶って嬉しい」という感じで書いていただければと思うのですが
      書く方法の第一人者である藤川清美さんのお考えに触れさせて頂いていると、「書くこと」自体にも大きな力があるとのことなので
      感情が湧かない時は無理に喜ばず、「今日も書くか」という感じで書かれても大丈夫ですよ。(・∀・)
      無理をしない感じで行きましょうね。(・∀・)
      お便りありがとうございました!!


      あんさん
      ダイエットのお話ですねー。
      こちらも藤川さんのお話を拝借する形になるのですが、イメージが難しい場合は、鏡に向かって「○○㎏痩せろ」と自分に命令する形でも良さそうです。
      実は鏡の実験を私もやったんですよ。(・∀・;)
      確かに効いたのですが、風邪を引いて寝込んで食事をまともに取れずに痩せてしまったんですね。(・∀・;)
      藤川さんのところにも同じような話が沢山寄せられているとのことで、「ただ痩せる」のではなく「健康的に痩せる」と
      潜在意識に指示を出すことが、とても重要とのことでした。
      お互いに健康的にスリムになりましょうね。(・∀・;;;)



      雪だるまさん
      お便りありがとうございます!
      やはり大切なのは先取りすることと感謝することだと思うんです。
      まずはお母様のご病気のことですが、雪だるまさんが「(お医者様)先生のお陰で治るね」「このお薬で良くなるね、ありがたいね」という感じで、お母様のお気持ちを良い方に持って行ってあげて頂ければと思います。
      ご主人の件も同じで、「あなたなら必ず大事にしてくれる」という感じで、自己肯定感を持っていただけるように
      仕事と職場に「ありがとう」と思えるようにリードして頂ければなと思う次第です。
      雪だるまさんの潜在意識と、ご家族の方々の気持ちが一致すれば、必ず道は開けますよ。(・∀・)



      loveさん
      お便りありがとうです(・∀・)
      問題が多い時、願いに問題が絡んでくる時、そんな時は全てが解決して願いが叶った
      ちょっと先の自分の視点になって、今の自分に話しかけてあげてくださいね。(・∀・)
      未来の自分が問いかけてるよ(自分との対話と約束)というエントリーがあるのですが
      こちらも目を通して頂ければ嬉しいです!



      うさもも☆さん
      お便りありがとうです!
      えっと、ご紹介いただいたブログのURLを教えて頂ければ嬉しいですー。
      メンタルトレーニングは効果があると思っております。(・∀・)



      エラグ酸さん
      執着して大丈夫ですよー。
      世の夫婦やカップルを見てみると、大なり小なり相手に執着していますよ。(・∀・)
      人間らしく願いを叶えていきましょうね。(・∀・)
      タロットで4回同じことを言われたというのはカードの並び云々ではなく、占い師さんとの会話の中で
      占い師さんが「こうだな」と察した結果を伝えられたのではないか?と思っております。
      会話の中で相談者のパーソナリティや状況を察してアドバイスするカウンセリングとかに近い感じですね。
      なので、気持ちの向きを変えれば普通にゴールの向きも変わってくるので、安心されてくださいね。(・∀・)



      なーりんさん
      おっと!コロコロ派でしたか!?
      そういえばボンボンの方は廃刊になったんですよねー。
      コロコロでファミコンロッキーがゼビウスに出てくるバキュラ(鉄板)に255発弾を当てると倒せるとかやってた時に
      ボンボンではファミコン風雲児という漫画が連載されておりまして、その会員証を大事にしていた記憶があります。
      「コンボイスピリッツでドットチェンジだ!(・∀・)」って誰も知らないですよね(・∀・;)



      こみさん
      そうなんですよ。「そうやって叶うの?」って気になりますよねー。
      そのことについては、十人十色では無いのですが、本当に人それぞれなので、人間の知恵の及ぶところではないので考えるだけ疲れる感じです。
      叶う過程って指の指紋に似ていて、同じものがないんですよね。(・∀・;)
      自分だけの過程が準備されているので、「今現在叶っている」ことを潜在意識に感謝して上手に受け取りましょう。(・∀・)


      ビーさん
      おっと先日は彼氏さんのお誕生日だったんですね!
      復縁を目指されている相手の誕生日は、単身赴任に行っているパートナーの誕生日を祝う感じで過ごすといい感じです。
      日程がズレてもいいので、改めて心の中で「おめでとう」という感じで祝うと良いですよ。(・∀・)
      彼氏さんと絶縁されて潜在意識しか頼れないというのは、見方を変えれば好機なんです。
      下手に顕在意識的に可能性を見いだせると、人って後回しにしてしまうので(・∀・;;)
      叶ったことを潜在意識に感謝して、自分は叶っている世界にいると周囲を見渡してみましょう。
      そうしていると、自然に気持ちが叶った方に波長を合わせてくれて、潜在意識にいい感じで願いを沈めてくれますよ。(・∀・)


      みーたんさん
      おっと久々のうどん仲間!!
      お便りを拝見していて「あああああああーー、勿体ないですーー」となっちゃいましたよ。(・∀・)
      復縁成就を潜在意識に刻印されていて、周囲が結婚出産ラッシュという流れは
      潜在意識に願望達成カタログに、みーたんさんの結婚出産が載っているということなんですよね。
      潜在意識の宝船というエントリーと潜在意識のカタログ(世の中は宝石箱の山です)というエントリーも合わせて読んで頂ければ嬉しいです!
      書いて素敵な結婚を成就されるのを心から応援しておりますね!
      これからもよろしくお願いします!



      あいりーんさん
      嬉しい誤算の範囲で、願いが叶ってられるんですね。(・∀・)
      多分、嬉しい誤算で叶えられた大きな収穫がシンクロで、後で叶ったのが願いが叶った状態なんですね。(・∀・;)
      誤算がある感じで叶いつつある場合は、いつも通りに潜在意識に刻印することを続けていただければ
      願ったままの形で願いが叶うので、安心してくださいね。(・∀・)
      お便りありがとうです!!



      ずんだ餅さん
      いつもお便りありがとうです!!
      そうですねー。違ったパラレルワールドでは、ずんだ餅さんと私が
      「潜在意識なんて無いよねー」とか言ってる世界もあるかもしれませんね。(・∀・)
      先取り感謝で、望んだ世界に移動して色々と願いを叶えていきましょうね!!



      というわけで、今日もお別れの時間がやってまいりました。(・∀・)
      ブログを更新していて、間隔が開いているのですが「書かなければ」と思っていても「今日だけは書いちゃダメ」と言う感じで抑える日があるんです。
      そうすると、その次の日くらいに「お離しくだされ梶川殿!武士の情けでござる」的な感じで、エントリーを書くモチベーションが凄く湧くんですよね。
      みなさんはいい感じで休息日を取ってられますか?(・∀・)
      休む時は、一切何もせずに徹底して休むのも潜在意識的にも吉ですよん。(・∀・)
      というわけで、近日中に!
      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      潜在意識の宝船。☆潜在意識で願望を達成しよう。

      2014年01月30日 21時08分42秒 | 悩み

      みなさん、おはこんばんにちはー(・∀・)ノ

      今日は、他人の成功とどう向き合うか?という話を、みなさんと一緒に考えさせて頂ければと思う次第です。
      この間のカタログ理論の話の続きですね。(・∀・)

      マーフィー博士の言葉で「他人の港に来た船を祝福すれば、その船は私の港にもやってくる」という言葉があるのですが

      この言葉は
      船=成功や願望達成、宝船のことですね。
      港=自分自身の生活

      こんな感じに置き換えるといいのかな?
      他人の成功というのは、本当に宝の山なんですよね。(・∀・)

      でも、他人の成功を見るとどうしても焦ってしまうという事も多いようで
      知り合いが凄くいいところに就職した。という話に置き去りにされたという感覚を覚えたり
      好きな人に恋人ができたという話に、身を切り裂かれるような悲しみを感じたりとか
      これって、宝の山を目にして「自分には関係ない」と言ってるのと同じで、凄く勿体無いんです。(・∀・;)

      突き詰めて言うと、例えば好きな人にパートナーがいる状態
      顕在意識的には、物凄く強烈な失望感や絶望感を感じる状態なのですが
      潜在意識的に見ると、好きな人に今現在パートナーがいる生活を知ることで、「好きな人とパートナーになる権」というカタログが手に入っているということなっちゃうんですよね。。

      難しい話ではあるのですが、今だけを取り出して、将来まで絶望してしまうのって、とても勿体無いと思うんです。
      そう思うことは難しいと承知して話を進めさせていただくと、誰かがそうなれたなら、「そうなれた」状態を知ることができるので、自分もそうなれるんですよね。

      他人の成功は潜在意識でパクれ!だったりするんです。(・∀・;;)
      ブログや本や音楽には著作権があったり、技術的なものには特許があったりするのですが
      他人の成功を自分の潜在意識で使う分……心の世界で思う分には、全く大丈夫なので、どんどん自分のこと、自分が達成したこととして取り入れましょう。


      後は、改めていう必要はないと思うのですが、周囲で結果を出された人への嫉妬というのは、あまり建設的ではないです。
      初めに紹介させていただいた
      「他人の港に来た船を祝福すれば、その船は私の港にもやってくる」というマーフィーの言葉ですね。
      宝船は自分を祝福してくれるところにくるんですよね。
      もし自分が宝船だったら「○○ちゃんのところばかり財宝をあげて」とか「私の所には来ないんでしょ?」とか嫌味を言ってる人の所には、ぶっちゃけ行きたくないですよね。(・∀・;)

      というわけで、潜在意識の通販に注文できるカタログを、もっともっと活用しようという話でした。(・∀・)



      ラジオブログのコーナーですー。
      誕生日のお祝いメッセージ本当にありがとうございましたー。(;∀;)
      というわけで、早速返信しちゃうYO(・∀・)


      Ruoさん
      1日24時間、どうやって過ごすかと考えた場合
      願いが叶う思考で、出来るだけ過ごすほうが得だし気持ちいいですよね。(・∀・)
      せっかくの時間、愛し愛され、そんな時間を持つと人生がいい感じで変化するかも?
      お便りありがとうございました!


      さくらさん
      彼さんのお仕事が順調に進むのが最善ですもんね。(・∀・)
      きっと、仕事のことと二人の関係のこと、両輪になって前んでくれると思いますよ。(・∀・)
      お便りありがとうございました!


      じゅりさん
      おお、彼氏さんと遭遇されているんですね。
      確実に手応えは感じてられると思うのですが
      やはり、ドキドキバクバクな感じはどうしても感じてしまいますよね。
      そんな時は、その心の中の大きな波をモチベーションに変えて更なる感謝を潜在意識に刻むといいかもです。
      きっと、雪だるま式に事態が進むかもですよ?
      お便りありがとうございました!


      ともこさん
      はじめまして!お便りありがとうございます!
      潜在意識の力って自分の目が届かない所でも働くので本当に不思議ですよね。(・∀・)
      こちらこそ、これからもよろしくお願いします!


      福岡のOさん
      いつもお便りありがとうです!
      返信は記事にして返信させていただきますね。(・∀・)
      今しばらくお待ちくださいー。(・∀・)ノ


      リフレさん
      おっと、お仕事で情報を手にされたんですね!
      きっとリフレさんのお考えが、どこかでいい感じで潜在意識に沈んだのかも?
      ミニ四駆はコースから離れると、どこまでも行っちゃいましたよね。(・∀・;;)
      私は軽量化失敗で、シャシーをよく折ってしまってました(・∀・;;;)
      お便りありがとうございました!!


      ねこ。さん
      自分を軸にされる試みを試されてるんですねー。
      そうですね。こちらが相手を心配しても、相手の虫の居所が悪いこともあれば
      色んな要素が絡み合って、間が悪いという事になってしまうこともありますよね。
      落ち込んだ時にネガなことを言われるのは、ねこ。さんに心を許されているというか
      良くも悪くも甘えてしまってられるのかも?
      これからも、その方との人間関係を続けていかれる場合は「ああ、今日はそんな気分なのかな?」くらいで
      適当に流しておいたほうが良いかもです?逆に構いすぎると良くない、ということもあるので(・∀・;)
      お便りありがとうです!!


      めろんさん
      返信はブログの記事にてということでお願いしてよろしいでしょうか。
      出来る限り早く返信させていただきますね。(・∀・)


      チロさん
      いつもお便りありがとうです!
      お、ご近所さんなんですね!瞑想ジョギングいかがでしたか??
      えっと、今の世の中って本当に色々ありすぎるじゃないですか?
      なので、チロさんと同じように自分を見直してリフレッシュする期間を持つのって、そういうのってごく一般的なことだと思うんです。
      その期間も本当に人それぞれなというのが、私の考えです。
      むしろ無理して頑張りすぎている人の方が、見ていて不安になります。(・∀・;;)
      本当にチロさんが仰られる通りで、前例がないなら自分で作れるんですよね。
      なので、願望が本来自分がいるべき場所とし湧いてきていると思うので、自信を持たれて願いと向き合われてくださいね。(・∀・)
      お便りありがとうです!!



      かおりんさん
      本当に潜在意識や夢って不思議ですよねー。
      無意識で受け入れていることの多さとか、改めて実感出来たりするので
      そういう所にも注視して、自分の願いを潜在意識に沈めていきたい
      私もそう思う次第ですー。
      お便りありがとうございました!!



      ゆっこ。さん
      お便りありがとうです!
      瞑想しながらの寝落ちは、とても歓迎できることなので全然大丈夫ですよー!
      瞑想でイメージングして、潜在意識に願いを刻印する最適な時間の1つの睡眠に入る時間
      どちらもいい感じで活用されているのが、瞑想での寝落ちなんですよね。(・∀・)
      体調が悪い日は、無理せずゆっくり休まれてくださいね。(・∀・)
      聖書にも休息は取ろうと書かれているので。(・∀・)
      後半のご質問については、記事での返信にさせていただきますねー。
      ゆっこ。さんも風邪などに気をつけられてくださいね。
      というわけで、今しばし更新をお待ちくださいー!



      おんやさいさん
      復縁を願われている彼氏さんと似ている方を見かけられるんですね。
      それがシンクロというもので、前進しているという目安になります。
      素晴らしいお知らせではあるのですが、シンクロに心を奪われず願いをがっつり掴まれてくださいね。(・∀・)
      お便りありがとうございました!!



      いろはさん
      ええええーーー!!工具とコースも持ってられるんですか!?本当に凄いです!!
      私は第一次ブームの時にミニ四駆で遊んでいましたー。愛機はサンダードラゴンというミニ四駆で
      真っ直ぐなデザインがなんか早そうで手放せない感じでしたー。
      いろはさんの愛機のアバンテは、ダントツでカッコ良かったですよね。
      ラジコンでもミニ四駆でもアバンテは憧れだった記憶があります。

      今はレトロブームなこともあって、ファミコンやミニ四駆ってあの当時、夢中になっていた大人がまた遊んでいるのかな?と思っております。
      ミニ四駆、ファミコン、スーファミ世代が集まって、子供に戻ってワイワイガヤガヤとか聞くと本当に楽しそうですよねー!
      メッセージを書かせて頂いていてワクワクしてきました。(・∀・)

      知人の方の優勝、心から祝福です!またのお便りお待ちしております!!



      というわけで、今日もお別れの時間がやってまいりました。(・∀・)
      本当に色んな世代の方からお便りを頂いて嬉しい限りです。
      ちょっと自分語りなのですが、自分達の世代って、ゲームとか持ち寄って必死になって遊んでた世代なんですよね。
      先輩方の世代になると、外で何か遊べるものを探して、例えば広場で野球を暗くなるまでやったり、何故か落ちてる屋根瓦とかを使って、どうやって遊べるか創意工夫されたりとか
      今はネットゲームとかが主流で、家にいて、みんなと遊べる時代なのかなあ。
      ネットゲームも攻略法をネットで頑張って探したりして、みなさん工夫されてるんですよね。

      なんというか遊びって心に残りますよね。
      自分がふと思い出すのは、ドルアーガの塔というファミコンのゲームがあって
      そのゲームを小学生の時に頑張ってクリアしたのですが、ふと台所の方を見たら、母が夕飯を作ってたんですね。
      とくに意味もないし、何気ない日常風景なのですが、その風景をよく思い出します。

      また何でこんな話を?というと、今日は成人式なんですよね。
      20年前って、私は赤坂泰彦のミリオンナイツってラジオ番組を聞きながら、スーファミの真・女神転生を血眼になってやってた頃ですよー。
      あの頃に産まれた人がもう成人だなんて、時間の流れを感じます。(・∀・;)

      ではまた近日中に!

      引用元http://vacuumfella.blog62.fc2.com
      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加

      ◆NHKあさイチ・夫の墓に入らない妻たち

      2014年01月30日 20時26分22秒 | 悩み

      訪れる終焉に向かい、桜のように今を活き、終を活きる仏教的終活道を悩みながら書いています

      2014年01月27日 | 終活

      偶然見た朝の人気番組NHKあさイチで「夫の墓にはいらない妻たち」をテーマを取り上げていました。

      番組の中で、「夫を信頼し愛してはいるが、夫の実家の墓には入りたくない」という女性。

      それに対して夫の言い分は「自分の先祖の墓に入るのは当然。それは伝統や家系を重んじること」だと。

      放送はされていないが、多分女性の言い分は、夫と一緒の二人きりの墓なら入ってもいいが、夫の両親と一緒にあの世までと言うのは、納得出来ないのではないかと思います。

      一般的に夫(男)はこのような時、伝統や風習などを大切にしたいと考えます。実家の墓に夫婦一緒に入ることが、次の時代の子供にとって、も親(先祖)を思うことにつながるのだと。

      当然のことだと考えるのが、今までの日本的な考え方です。

      ところが近年、妻(女性)たちにとって、お墓に関する考えの変化が現れているようです。

      お墓というより、あの世の感覚かもしれません。

      女性は男性より、あの世(死後の世界)を想像する力が強いのです。

      夫の両親は嫌いではないけれど、今まで生活が一緒というわけではない。

      けれど、自分が死んでから、永遠に墓の中で一緒というのは耐え難い苦痛になるのでは、ということだと思います。

      親だけではない、そのご先祖さんも一緒なのですから。

      地方から都会に人口が移動し、大家族が核家族に、先祖代々が一代限りに・・という社会の変化が女性の考え方を変えて来ているのかもしれません。

      それから、男にとって耳が痛いのは、ダンナと一緒のお墓はイヤ!

      というものです。

      今でさえ、夫には悩まされ、苦労しているのに、なんで墓まで一緒なのよッ

      というご意見の方もいました。

      これを“死後離婚”と言います。

      生きているときは仕方ないけど、死んだら一人の墓に入る。ダンナと一緒には入らない。という、石のように硬い意志をお持ちの方は意外と多いと思います。

      これは夫側に原因があるというパターンです。夫の問題です。

      次に、夫側と妻側の両方の墓を一緒にする両家墓というのもありました。

      お互いのお父さん・お母さんご先祖さん、私達も一緒に入りましょう、というものです。

      確かに理想のカタチにも見えますが、自分たちの子供が結婚する代になると、また同じ問題が出てきます。

      それから、両家が何かのきっかけで仲違いしてしまった時は、取り返しがつきません。

      ほんとに本当に両家話し合って、長いスパンで考えていかなければなりません。

      あさイチの放送の間に2382通のFAXが入ったそうで、お墓の関心の高さが伺われます。

      ところで、ゲストの東洋大学の井上先生は、5年前仙台にお越しいただき、お墓のテーマで公演をして頂きました。

      2年前には被災地宮城石巻にもお越しいただき、現地を案内しました。

      井上先生は、これから女性があの世のことをどうするか、真剣に考えていかなければならない時代のさきがけの研究者・実践者です。

      誰とどのようなカタチでということが非常に大切になってきます。

      私も僧侶として、10年前からこの問題に取り組んできました。

      伝統的な考え方をベースにして、その上でこれからの時代に相応しいお墓のあり方を考えていきたいと思います。

      この問題シリーズで続けていこうかと思います。(続く)

      引用元http://blog.goo.ne.jp/enisinet/

      コメント
      この記事をはてなブックマークに追加