教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

無免許運転で事故も申告せず、56歳派遣調理師を逮捕 35年無免許運転か

2016年04月12日 21時31分35秒 | 幼児虐待
20:49産経新聞
『無免許で車を運転し自転車と衝突して相手にけがを負わせる事故を起こしたにもかかわらず警察に届け出なかったとして、京都府警亀岡署は12日、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致傷)と道交法違反(事故不申告)の疑いで、京都府亀岡市の派遣調理師、H容疑者(56)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。H容疑者は昭和56年に運転免許を失効しており、同署は約35年間、無免許運転をしていた可能性があるとして調べている。
 逮捕容疑は6日午前7時35分ごろ、亀岡市の国道372号交差点で、無免許で軽乗用車を運転、道路横断中の自転車と衝突し、乗っていた男性(21)に軽傷を負わせたのに事故を警察に届け出なかったとしている。
 同署によると、H容疑者は事故直後、男性に「大丈夫か」などといって駆けより、自分の連絡先として嘘の電話番号を伝えたうえでその場をあとにしていたという。約30分後、嘘の電話番号に気がついた男性が同署に申告。容疑者の車のナンバーを覚えていたことから、浮上した。』

約35年間、無免許運転をしていたのも不思議です。どうして今まで、交通取締りでも見つけ出せなかったのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

床に包丁、正座させて「かかと落とし」 3歳児暴行

2016年01月28日 20時03分56秒 | 幼児虐待

朝日新聞デジタル 1月28日(木)12時13分配信
『 東京都大田区の新井礼人(あやと)ちゃん(3)が死亡した事件で、礼人ちゃんへの傷害容疑で逮捕された暴力団組員N容疑者(20)が、包丁を床に突き刺して礼人ちゃんに激しい暴行を加えていたことが警視庁への取材でわかった。警視庁はこうした暴行が死亡につながったとみて、傷害致死容疑を視野に調べる。大森署によると、礼人ちゃんの母親やN容疑者の説明では、暴行は25日午後8時半ごろから午後10時ごろまで続いた。顔への平手打ちから始まり、正座をさせて、かかとを振り下ろす「かかと落とし」をしたほか、投げ飛ばしもした。包丁を床に突き刺して激しく怒り、ベランダを指さして「行け、死んでしまえ」と脅したという。容疑者は動機について「夕食中ににらまれた」などと供述。母親は「おまえが甘やかしているからだ」と言われ、「暴行を止めに入ったが突き飛ばされた」と話しているという。礼人ちゃんは翌26日午後8時ごろに「苦しい」と母親に訴えたが、その後容体が悪化し、27日午前0時過ぎに母親が消防に通報。搬送先で死亡が確認された。司法解剖の結果、頭への衝撃が死因と判断された。 母親は署に「しつけがなっていない、と言われ、18日から(礼人ちゃんに)繰り返し平手打ちをしていた」と説明。25日は「笑いながら暴行していた。子どもをかわいがる私への嫉妬心だと感じた」と話しているという。』

最近幼児虐待が、多過ぎます。大人の目で子供を見ないで、子供の目線、子供の目の高さに立てば解決する問題です。自分の幼児時代を自分の親御さんに聞いて見たら良く分かります。幼児期虐待を見受けた子供は、又トラウマで、幼児虐待を繰り返す悪循環を断ち切る必要が有るのではないでしょうか。躾と虐待を勘違いして、脅かして子供は、果たして良くなるでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加