教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

5月中旬「民進党+社民党」が「自由党に合流」、自共連立政権を目指し「安倍晋三首相を被疑者」の告発状を突きつける

2017年04月30日 18時29分38秒 | 国際・政治

5月中旬「民進党+社民党」が「自由党に合流」、自共連立政権を目指し「安倍晋三首相を被疑者」の告発状を突きつける

2017年04月30日 00時00分47秒 | 政治

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
5月中旬「民進党+社民党」が「自由党に合流」、自共連立政権を目指し「安倍晋三首相を被疑者」の告発状を突きつける

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相が4月18日、来日した米マイク・ペンス副大統領に「6月に解散する」と公約したことから、政局は、衆院解散・総選挙に向けて、大車輪がハ イピッチで動いている。もはや止めようがない。その状況下、世界支配層の信頼度が抜群の小沢一郎代表の強力な指導力により、自由党、民進党、社民党、共産 党の野党4党は5月中旬、「民進党+社民党」が小沢一郎代表の「自由党に合流」、次期総選挙では、共産党の全面選挙協力により、自由・共産連立政権を樹立 する。「自由党に合流」の時期を「ゴールデン・ウイーク明けの5月8日」に設定していたのを延ばしたのは、衆参両院の委員会審議で「自由党+民進党+社民 党」の各党が割り当てられている質問時間を「森友学園問題」や「共謀罪新設問題」などに使いたいという要望があるためだ。衆院は5月8日の予算委員会で 「安倍内閣の基本姿勢をテーマ」に、参院は9日の予算委員会に安倍晋三首相の出席を求めて、集中審議を行う。小沢一郎代表は、「森友学園問題」をめぐり市 民団体が安倍晋三首相を公務員職権乱用罪(刑法第193条 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、 2年以下の懲役又は禁錮を処する)で東京地検特捜部に刑事告発しようと「告発状」を用意しているのを知っている。これを安倍晋三首相に突きつけて、退陣に 追い込む戦術を取ろうとしている。



「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ



第64回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成29年5月7日 (日)
天皇陛下生前ご退位「改元」
~深まる平成末期「応仁の乱」―だれが敵で味方か?


平成29年5月20日 (土)12時30分~16時
第35回【衆議院議員 小沢一郎先生を支持する会『矢部マリ子記念 一由倶楽部 鉄板会』】
場所 都内某所(お申込みを頂いた方のみご連絡申し上げます)
参加費 5,000円


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド

 

911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ 《完ぺきだった世界洗脳》はここから溶け出した
クリエーター情報なし
ヒカルランド

 

トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド


※上記クリックするとアマゾンにジャンプします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米空母が朝鮮半島東の海域に到着 韓国軍と共同訓練

2017年04月30日 15時52分48秒 | ニュース

米空母が朝鮮半島東の海域に到着 韓国軍と共同訓練

聯合ニュース 4/29(土) 18:25配信

 

米原子力空母カール・ビンソン=(聯合ニュース)【ソウル聯合ニュース】米原子力空母カール・ビンソンが29日、朝鮮半島東の海域に入り、韓国軍との共同訓練を始めた。韓国海軍が明らかにした。 海軍によると、韓米両軍は同日午後6時からカール・ビンソンを中心とする空母打撃群などによる訓練を開始した。韓国海軍からはイージス駆逐艦「世宗大王」や水上艦などが参加しているという。米軍は訓練に艦載機や駆逐艦、巡洋艦を動員。カール・ビンソンは約70機の航空機を搭載し、共に航行中の駆逐艦「ウェイン・E・マイヤー」と「マイケル・マーフィー」、巡洋艦「レイク・シャンプレイン」には艦対空ミサイルのシースパローや巡航ミサイルのトマホークなどが搭載されている。 今回の訓練の主要目的は北朝鮮の弾道ミサイルと大陸間弾道ミサイル(ICBM)を探知・追跡することで、ミサイル迎撃に関する情報を共有しながらのシミュレーションが行われるとみられる。韓米はこのほか、機動・実射訓練や潜水艦の探知・追跡訓練も予定している。韓米両軍は訓練をいつまで行うかを明らかにしていないが、来週まで実施されるとみられる。 北朝鮮はこの日午前5時半ごろ、西部の平安南道・北倉付近から弾道ミサイル1発を発射したが、数分後に空中で爆発し、失敗したとされる。専門家はミサイル発射について、国連安全保障理事会が28日に開催した北朝鮮核問題を巡る閣僚級会合とカール・ビンソン派遣を含む米国の軍事的圧力に屈しないという北朝鮮の意思を示すものと分析している。』

アメリカ海軍空母カルビンソン一隻だけで、北朝鮮本土を攻撃しないと思いました。もう空母を中心とした戦争のやり方は、太平洋戦争で終わったと思います。性能が向上している対艦ミサイルで攻撃されたら、原子力空母大爆発を起こし沈没です。鋼鉄で出来た戦艦でないと対艦ミサイルの攻撃を防げないのではありませんか。4月24日から4月26日間にアメリカ軍が、朝鮮本土を爆撃すると予言もありましたが、当たっていません。下手にアメリカ軍側は、爆撃をして北朝鮮側のは配備している対空ミサイルで撃墜され、多くのパイロットのせ生命を失ったら大損害です。パイロットが、捕虜になっても救助は困難です。日本の新聞は、アメリカ海軍の武力攻撃を煽り、朝鮮戦争が再来するようなことを書きましたが、朝鮮戦争時とは状況が全くち違います。大韓民国のし首都ソウルが、火の海にならないような準備をし、アメリカ軍に人的被害が多く出ないような時期がこ来ない限り、北朝鮮本土を攻撃しないとお思います。米韓共同訓練は、北朝鮮へのデモンストレショーンです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ネモフィラ見たい」 ひたち海浜公園、外国人観光客急増

2017年04月30日 15時48分15秒 | まち歩き

「ネモフィラ見たい」 ひたち海浜公園、外国人観光客急増

04:25

 

 

茨城新聞

『国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)を訪れる外国人観光客が年々増えている。2016年度の同園の外国人団体利用者数(20人以上)は計2万1220人に上り、15年度の5382人の約4倍、14年度の1300人と比べ約16・3倍に急増した。中でも春のネモフィラ、秋のコキアがアジア圏で大きな評判を呼び、それぞれの開花時季を中心に台湾、香港や東南アジアから団体客が押し寄せている。県は「東南アジアを中心とする情報発信や現地での働き掛けの効果が少しずつ出てきている」と手応えを示している。

  16年度の外国人団体利用者数の国・地域別の内訳は、台湾の1万2284人を筆頭に、タイ3917人、香港1860人、ベトナム1099人、中国861人など。15年度と比べ、台湾が約4・2倍、ベトナムが約4・5倍に増えた。

 ゴールデンウイーク期間中に見頃を迎える同園の一面のネモフィラ畑が「死ぬまでに行きたい、世界の絶景」として、メディアで紹介されたのをきっかけに、アジア各国での人気に火が付いたとされる。

 同園は雑誌や新聞に加え、近年は会員制交流サイト(SNS)なども取り入れ、「唯一無二の景観」を世界各国に配信している。

 

どどこが、報係の田代雪乃さんは「アジアからの視察や団体客は年々増えている。継続的なPR活動に加え、県などの観光誘客の積極展開が追い風になっている」と説明。ネモフィラ、コキア以外にも春から秋にかけて切れ目のない開花リレーを楽しむ外国人観光客も増え、イベントや周辺観光地との周遊なども集客増につながっているとみている。

 ▽花をテーマ

 訪日外国人客が増加する中、観光各社も花をテーマとしたパッケージツアーの企画などに力を入れる。

 インターネットサイトを通じて外国人向けツアーを販売するJTBは、同園ののほか、現在、藤が見頃となるあしかがフラワーパーク(栃木県足利市)などを回る日帰りバスツアーを昨年12月に発売。これまでに15年度の約2倍の申し込みがあり、多い日には1日に大型観光バス3台で計約120人が参加する。

 同社広報室の神山百合子さんは「自国では見られないネモフィラの景色は人気が高い。四季がない東南アジアの人たちにとって、季節の花の観賞は重要なポイントだ」と説明した。

 ▽誘客に力

 県は15年度から、東南アジアを中心に訪日外国人の誘客に力を入れる。ネモフィラの青が印象的なクリアファイルや県内14の観光名所がプリントされたポストカードなどを手に、職員が各国に足を運び、地道に“観光地・茨城”の魅力を売り込んできた。これらの活動が実を結び、外国人観光客の本県周遊・宿泊ツアーは大きく伸びている。

 今後も同園と他の観光地などを組み合わせたツアーの売り込みを図っていく方針で、国際観光課は「東南アジアに加え、欧米や個人旅行客もターゲットに誘客プロモーションを展開していく」と力を込めた。 (小室雅一)』

どこが観光ブームになるか分かりませんね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月29日(土)のつぶやき

2017年04月30日 04時21分15秒 | 受験・学校・学問
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北の弾道ミサイル 最大高度71キロ・数分飛行=韓国軍

2017年04月29日 14時12分54秒 | ニュース

北の弾道ミサイル 最大高度71キロ・数分飛行=韓国軍

09:00

 

北朝鮮の弾道ミサイル(資料写真)=(聯合ニュース)

(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が同日早朝に西部の平安南道・北倉付近から発射した弾道ミサイルについて、最大高度は71キロで数分飛行した後に空中爆発したと明らかにした。合同参謀本部によると、北朝鮮は同日午前5時半ごろ、北東方向に弾道ミサイル1発を発射した。この日北朝鮮が発射したミサイルについて、AP通信は米軍関係者がスカッド系列の新型対艦弾道ミサイル「KN17」と推定していると報じた。同関係者によると、ミサイルは発射から約2分後に爆発し、残骸が東海に落下した。 米軍は16日に北朝鮮が発射に失敗したミサイルについても、スカッドを対艦弾道ミサイルに改良したKN17とみていた。』

北朝鮮側は、アメリカ海軍の艦艇を撃破するために新型対艦隊ミサイルを開発し、は発射実験験をしたようですが失敗しました、アメリカ本土を正確に撃出来る長距離大陸間弾道弾開発出来たのかどうかは、分かりません

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HOME 天木直人のブログ 新党憲法9条構想の正しさを証明してくれた読売新聞...

2017年04月29日 13時46分55秒 | 受験・学校・学問

新党憲法9条構想の正しさを証明してくれた読売新聞の世論調査  

2017-04-29

 きょう4月29日の読売新聞が憲法に関する全国世論調査の結果を報じていた。

 それを見て私は新党憲法9条構想は正しく、その実現は可能だと確信した。

 憲法の中でどの部分に最も関心があるかという問いに対し、「戦争放棄、自衛隊」と答えた者が63%と、二番目の「天皇や皇室」の43%を抜いて圧倒的に多い。

 そして憲法を変えるべきか変えないべきかに対する答えは、いずれも49%と拮抗している。

 憲法全体でそうだから、憲法9条に限っては、多数の国民が変える必要はないと考えているということだ。

 さらに、改憲する必要がないと考えるその理由の中で、「世界に誇る平和憲法だから」を理由に挙げているものが57%もの多数を占めている。

 安倍政権を支える読売新聞の世論調査がこの結果である。

 連日、北朝鮮の危機が報じられている最中の世論調査の結果がこれである。

 世論が右傾化していると皆が指摘する中での世論調査結果がこれである。

 憲法論争を政争の具にしているのはこの国の政治だ。

 憲法9条は日本が持っている最強の資産だ。

 いまこそ憲法9条を国是として、日本は世界の指導国を目指せ。

 そう、堂々と主張するだけで、多くのまともな国民はそうだと頷くはずである。

 なによりも、世界の圧倒的な国民は、そんな日本を拍手で歓迎する。

 繰り返して言う。

 憲法9条を既存の政党、政治家の政争の具にしてはいけない。

 新党憲法9条をこの国の政治の中に最初に誕生させたものこそ、日本の危機を救い、世界の危機を救うのである。

 そして、それは、新党憲法9条構想を支援するあなたである(了)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HOME 天木直人のブログ おそれるべきはトランプの狂気だけである 

2017年04月29日 13時34分41秒 | 国際・政治

 

おそれるべきはトランプの狂気だけである  


2017-04-29 

 

これまで米国の手によって核戦争の危機の直前まで行った事が二度あったという。

 最初は1962年のケネディ大統領の時のキューバ危機だ。

 二度目は1994年のクリントン大統領の時の北朝鮮危機だ。

 ケネディ大統領は直前になって、ソ連に送り込んだスパイの助言で、震撼して思いとどまったという。

 すなわち、ソ連は核報復する能力を持っている。そうなれば米国の受ける被害も甚大になると。

 1994年の北朝鮮危機の時も、米国は北朝鮮を先制攻撃する直前だった。

 しかもあの時は、米国は北朝鮮の核施設を壊滅し、核報復をさせない絶対的な自信があった。

 しかし、通常兵器による反撃で韓国の受ける被害が甚大であるために、韓国が強く反対してクリントン大統領は思いとどまった。

 当時の国防長官だったペリー氏が証言している。

 これらの時に比べ、今度の北朝鮮で有事が起きたら、核戦争になる。

 その被害の大きさは過去の比ではない。

 それを考えた時、まともな大統領ならば北朝鮮に対する攻撃などできるはずがない。

 唯一可能性があるとすれば金正恩とトランプの狂気だ。

 しかし金正恩でさえも、体制が保証されれば核攻撃をすることはない。

 核凍結さえも口に出している。

 金正恩が狂気に走る時は斬首計画の恐れが極まった時だ。

 こう考えた時、北朝鮮情勢が有事に至る唯一の危険性は、トランプの判断である。

 おりからきょう4月29日の各紙は、トランプ政権発足から100日の評価を下している。

 いずれもトランプ政権の不安定性を指摘している。

 その中で私が注目したのは、読売新聞が引用したホワイトハウス高官の言葉だ。

 「ドクトリン(基本方針)のないことが(トランプの)ドクトリン」だという。
 
 こんな人物が米国の大統領なのである。

 北朝鮮有事が起こるとすれば、唯一、それはトランプが狂気に走る時である(了)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HOME 天木直人のブログ 安倍首相にとって北朝鮮危機よりも深刻な「徴用工」...

2017年04月29日 12時47分01秒 | 国際・政治

安倍首相にとって北朝鮮危機よりも深刻な「徴用工」像設置  

 
2017-04-29

 きょう4月29日の各紙が一斉に報じた。

 韓国の市民団体が28日、ソウルで記者会見し、日本の統治下で徴用された労働者の像を、ソウルの日本大使館前などに設置する計画を発表したと。

 これを知った時、私は、安倍首相にとってはこの動きのほうが北朝鮮有事よりもはるかに深刻であると思った。

 北朝鮮に有事が起きるとお終いである。

 だからこそ、その可能性は決して高くない。

 それを回避するため、あらゆる外交交渉や工作が行われるだろう。

 その一方で、徴用工像の設置は国家の存亡にかかるほどの大問題ではない。

 しかし、こちらのほうは、北朝鮮の有事とは対照的に、間違いなく起きる。

 ただでさえ慰安婦像設置問題で日韓関係はここままでこじれた。

 不可逆日韓合意も白紙に戻されると言うのに、慰安婦像に加えて徴用工の像まで設置されるなら、日韓関係は決定的に悪化する。

 日米韓同盟にヒビが入る。

 これは安倍首相にとって、降って湧いたような一大災難だ。

 菅官房長官が「極めて遺憾だ」と記者会見で見せた表情が、その深刻性を物語っている。

 思えば、安倍首相が外遊するたびに、安倍首相を震撼させる災いが必ず起きる。

 そのジンクスから見ても、今度の徴用工像の新設の動きは衝撃的だ。

 はたして安倍首相は帰国後にどう対応をするつもりだろうか(了)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二階俊博幹事長は、派閥のパーティでメンツを潰された安倍晋三首相から「手を引こう」とすでに腹を決めている

2017年04月29日 11時58分36秒 | 国際・政治

二階俊博幹事長は、派閥のパーティでメンツを潰された安倍晋三首相から「手を引こう」とすでに腹を決めている

2017年04月29日 00時01分57秒 | 政治

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
二階俊博幹事長は、派閥のパーティでメンツを潰された安倍晋三首相から「手を引こう」とすでに腹を決めている

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相と二階俊博幹事長の間で、亀裂が大きくなりつつある。今村雅弘・前復興相(二階派)が4月25日午後、東京・紀尾井町のホテルニューオータ ニで開かれた自民党二階派「志帥会」のパーティー(4500人参加)で行った講演のなかで午後5時半、東日本大震災の復興に関連して、「まだ東北のほう だったからよかった」などと述べたことが、亀裂拡大の傷を深めた。安倍晋三首相は午後5時18分から首相官邸で開かれていた経済財政諮問会議に出席してい た。わずか10分後の午後5時40分、首相官邸に今村雅弘・前復興相が問題発言をしたとのメモが入り、安倍晋三首相は、菅義偉官房長官と相談、「もう辞め させるしかない」と一致、今村雅弘・前復興相「失言」から約1時間後の午後6時37分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニの宴会場「鶴の間」に入り、 あいさつ冒頭、「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。おわびをさせていただきたい」と陳謝した。このとき、すでに後任人事を決めており、吉野正 芳・元福島原発事故再生総括担当相の経歴などの資料を持っていた。午後8時すぎ、今村雅弘・前復興相は、「クビ」にされた。実は、安倍晋三首相と二階俊博 幹事長は、今村雅弘・前復興相の発言を直接聞いてはいなかった。二階俊博幹事長は、トイレに入っていて、聞いていなかったので、安倍晋三首相が、あいさつ 冒頭に謝罪したのを聞いて、何のことかわからなかったらしい。にもかかわらず、即刻「クビ」にしたので、メンツを丸潰れにされた思いだったのだろう。二階 俊博幹事長は、すでに「安倍晋三首相から手を引こう」と腹を決めている。しかも「手を引いた後、どうするか」は、すでに決まっている。


携帯電話から有料ブログへのご登録
「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

平成29年4月29日 (土)12時30分~16時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」不老・蓬莱
参加費 5,000円


第22回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』
日時2017年4月29日(日)17時00分~20時30分
「日本民族のルーツを探る」~黄金の国ジパングの秘密
天孫人種と所祭神
第2章 吾田大隅火闌降族と牧聞神、鹿兒島神、新田神
吾田小橋君吾平族と牧聞神、吾平山陵
大隈國造と鹿兒島神、高屋山陵の本質





第64回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成29年5月7日 (日)
天皇陛下生前ご退位「改元」
~深まる平成末期「応仁の乱」―だれが敵で味方か?


平成29年5月20日 (土)12時30分~16時
第35回【衆議院議員 小沢一郎先生を支持する会『矢部マリ子記念 一由倶楽部 鉄板会』】
場所 都内某所(お申込みを頂いた方のみご連絡申し上げます)
参加費 5,000円


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド


911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ 《完ぺきだった世界洗脳》はここから溶け出した
クリエーター情報なし
ヒカルランド


トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド


※上記クリックするとアマゾンにジャンプします

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月28日(金)のつぶやき

2017年04月29日 04時19分36秒 | 受験・学校・学問
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍晋三首相は訪ロして首脳会談、プーチン大統領は北朝鮮の「後ろ盾」なので、「強い経済制裁」に同調してもらえない

2017年04月28日 18時53分35秒 | 国際・政治

 

安倍晋三首相は訪ロして首脳会談、プーチン大統領は北朝鮮の「後ろ盾」なので、「強い経済制裁」に同調してもらえない

2017年04月28日 01時41分14秒 | 政治

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
安倍晋三首相は訪ロして首脳会談、プーチン大統領は北朝鮮の「後ろ盾」なので、「強い経済制裁」に同調してもらえない

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は4月27日午前、妻・昭恵夫人を伴い、政府専用機で羽田空港を出発、ロシアの首都モスクワに向かった。27日夜(現地時間27日午後)か らプーチン大統領と日ロ首脳会談、北方領土での共同経済活動について協議、北朝鮮への対応も意見交換する。28日には英国に移動し、メイ首相と会談、29 日帰国する。しかし、いかに「空飛ぶ外交」でストレス解消するのが趣味とはいえ、北朝鮮をめぐる軍事情勢が緊迫化していて、多くの国民が不安を募らせてい る最中、こんな緊急事態に「ロシア、英国」訪問するとは、無責任の極みである。しかも、北朝鮮の「後ろ盾」であるロシアに、「強い経済制裁」を求めても、 「ハイ、わかった」と同調してもらえるはずもなく、一体、どんな「成果」を期待しているのだろうか。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録
「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

平成29年4月29日 (土)12時30分~16時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」不老・蓬莱
参加費 5,000円


第22回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』
日時2017年4月29日(日)17時00分~20時30分
「日本民族のルーツを探る」~黄金の国ジパングの秘密
天孫人種と所祭神
第2章 吾田大隅火闌降族と牧聞神、鹿兒島神、新田神
吾田小橋君吾平族と牧聞神、吾平山陵
大隈國造と鹿兒島神、高屋山陵の本質





第64回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成29年5月7日 (日)
天皇陛下生前ご退位「改元」
~深まる平成末期「応仁の乱」―だれが敵で味方か?


平成29年5月20日 (土)12時30分~16時
第35回【衆議院議員 小沢一郎先生を支持する会『矢部マリ子記念 一由倶楽部 鉄板会』】
場所 都内某所(お申込みを頂いた方のみご連絡申し上げます)
参加費 5,000円


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド


911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ 《完ぺきだった世界洗脳》はここから溶け出した
クリエーター情報なし
ヒカルランド


トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド


※上記クリックするとアマゾンにジャンプします

2017年04月28日 01時41分14秒 | 政治

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
安倍晋三首相は訪ロして首脳会談、プーチン大統領は北朝鮮の「後ろ盾」なので、「強い経済制裁」に同調してもらえない

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は4月27日午前、妻・昭恵夫人を伴い、政府専用機で羽田空港を出発、ロシアの首都モスクワに向かった。27日夜(現地時間27日午後)か らプーチン大統領と日ロ首脳会談、北方領土での共同経済活動について協議、北朝鮮への対応も意見交換する。28日には英国に移動し、メイ首相と会談、29 日帰国する。しかし、いかに「空飛ぶ外交」でストレス解消するのが趣味とはいえ、北朝鮮をめぐる軍事情勢が緊迫化していて、多くの国民が不安を募らせてい る最中、こんな緊急事態に「ロシア、英国」訪問するとは、無責任の極みである。しかも、北朝鮮の「後ろ盾」であるロシアに、「強い経済制裁」を求めても、 「ハイ、わかった」と同調してもらえるはずもなく、一体、どんな「成果」を期待しているのだろうか。


「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

平成29年4月29日 (土)12時30分~16時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」不老・蓬莱
参加費 5,000円


第22回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』
日時2017年4月29日(日)17時00分~20時30分
「日本民族のルーツを探る」~黄金の国ジパングの秘密
天孫人種と所祭神
第2章 吾田大隅火闌降族と牧聞神、鹿兒島神、新田神
吾田小橋君吾平族と牧聞神、吾平山陵
大隈國造と鹿兒島神、高屋山陵の本質





64回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成29年5月7日 (日)
天皇陛下生前ご退位「改元」
~深まる平成末期「応仁の乱」―だれが敵で味方か?


平成29年5月20日 (土)12時30分~16時
第35回【衆議院議員 小沢一郎先生を支持する会『矢部マリ子記念 一由倶楽部 鉄板会』】
場所 都内某所(お申込みを頂いた方のみご連絡申し上げます)
参加費 5,000円


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド


911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ 《完ぺきだった世界洗脳》はここから溶け出した
クリエーター情報なし
ヒカルランド


トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド


※上記クリックするとアマゾンにジャンプします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【北朝鮮緊張を利用する官邸】 野党体たらくで、安倍支持上昇

2017年04月28日 15時52分14秒 | 日記・エッセイ・コラム

連載・特集 » 浅野秀弥の未来創案

 

浅野秀弥の未来創案

 

【北朝鮮緊張を利用する官邸】

2017年4月27日大阪日日新聞

野党体たらくで、安倍支持上昇

 

 「アメリカ第一、世界の警察はやってられない」と公言したはずのトランプ米大統領は、シリア基地空爆、アフガンのIS基地空爆に続き、巨大艦隊を日本海に前進、これに北朝鮮が例によって口を極めて反発。一触即発の雰囲気が日本のマスコミにも広がった。

 

 安倍総理にとって、森友問題追及や水面下でうごめく加計学園問題も共謀罪審議もすべて棚上げにし「すゎ、有事に備えよ!」と叫べば、平和ボケした日本国民は慌てて再び政府の対応を支持してくれると読んでほくそえんでいる。

 

 今回の件で「北朝鮮の弾道ミサイル阻止には、迎撃用PAC3やイージス艦が足りない」との既成概念を国民に植え付けられたのは焼け太りそのもの。これで日本は米国から大量の武器購入を実施する道筋ができ、日米貿易収支不均衡も一段落するし、米国の軍需産業も大喜びだ。

 

 安倍総理に無条件追従するのは、自民党内や公明、維新の補完勢力だけではない。とにかく野党がだらしない。民進党は見かけで蓮舫代表を選んだが、バックは旧民主党を解党に追い込んだ財務省ひも付きの野田元総理では、離党者が相次ぐのも当然。その人たちも自民党にすり寄ったり小池知事を頼ったり、地方選にくら替え狙いと、まったく国政の場での野党再編に目を向けないのだからあきれてしまう。

 

 自民の中にも、石破元幹事長や野田聖子元総務会長のように現政権と距離を置く論客もいる。現在の民進党には期待する物など何もない。早く解党して、自民党内を含めた“反安倍”の受け皿政党作りを目指さないと何も起こらない。

 

 地殻変動を本気で起こす気があるなら、日本最古の党・日本共産党がその党名を捨て出直してはどうだろう。同党の主張自体はもっともな部分も多いが、共産党という古い衣をまとっている限り、政権の受け皿としての広範な支持を得られるまでの飛躍は望めない。まっとうな政治を取り戻す『覚悟』を国民は待ち望んでいる。

 

 あさの・ひでや(フリーマーケット=FM=社社長、関西学生発イノベーション創出協議会=KSIA=理事長)1954年大阪市生まれ。わが国のFM創始者で日本FM協会理事長。関西経済同友会幹事。数々の博覧会等イベントプロデュースを手掛ける。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HOME天木直人のブログなぜメディアは稲田防衛相の外遊取りやめを書かない...

2017年04月28日 15時37分59秒 | 国際・政治

天木直人のブログ

 

 

なぜメディアは稲田防衛相の外遊取りやめを書かないのか  

 

 

2017-04-28

 

 

 今年の連休外遊隠しは異常だ。

 なにしろ、毎年恒例の大手メディアの外遊報道がまったくない。

 政府・外務省の事前公表がなく、二階幹事長や菅官房長官や主幹省庁が、さみだれ式に、しかも直前になって、小声で発表している。

 一体、誰が、どの国へ、いつからいつまで外遊するのか。

 それを一覧表にして教えてくれるメディアはいないのか。

 そう私が書いたのを見て日刊ゲンダイが応えてくれたのかどうか知らないが(そんな事はないだろうが)、きのうの日刊ゲンダイ(4月28日付)が教えてくれた。

 なんと大臣11人が北朝鮮の危機にもかかわらず一斉に外遊するというのだ。

 外務省に至っては岸田外相以下副大臣全員が外遊するという。

 しかもその行く先が不要不急の無駄なものばかりだ。

 私がその日刊ゲンダイの記事で驚いたのは、稲田防衛相の外遊がなかったことだ。

 稲田防衛相はベトナム、タイに外遊する事になっていなかったか。

 大手新聞ははやばやとそう書いたのではなかったか。

 ところが日刊ゲンダイの記事では、国内で待機する、となっている。

 日刊ゲンダイが外務省に問い合わせても、回答はなかったという。

 これは一大ニュースだ。

 取りやめの理由は何か。

 そして、誰が、どういう判断で取りやめさせたのか。

 外遊したかったはずの稲田防衛相が、自らの判断で取りやめることはあり得ない。

 防衛省内で何が起こっているのか。

 いまこそ大手メディアは調査して書くべきだ。

 面白い事がわかるはずである(了)

 

天木直人のブログ

2017-04-28No commentLeave a comment

北朝鮮の挑発にむきになる米国など見た事がない  

コメントは承認後に公開されます

 

Comment *

 

Name *

 

E-mail * (公開されません)

 

URL

 

 

天木直人のTwitter

 

ホーム

個人寄付のお願い

新党憲法9条 論説記事

天木直人のブログ

動画

結党宣言

公約

目標

スタッフ募集

天木直人のプロフィール

ご意見・ご質問

 

© 2016 - 2017 新党憲法9条

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HOME天木直人のブログ北朝鮮の挑発にむきになる米国など見た事がない  

2017年04月28日 15時36分05秒 | 国際・政治

 

北朝鮮の挑発にむきになる米国など見た事がない  

2017-04-28

金正恩が米国を激しく挑発するのは驚かない。

 北朝鮮の瀬戸際政策の常であるからだ。

 金正恩が米国の斬首作戦におそれをなしているからだ。

 しかし、私が驚いたのは、そんな金正恩の挑発に対し、米国がむきになって軍事的圧力を高めていることだ。しかし、私が驚いたのは、そんな金正恩の挑発に対し、米国がむきになって軍事的圧力を高めていることだ。

 ハリス太平洋軍司令官が、いつでも北朝鮮を攻撃できる態勢にある、などと議会で証言している。

 このタイミングでミニットマン大陸弾道弾の発射実験を行い、それを北朝鮮に見せつけている。

 韓国だけでなく日本も巻き込んだ軍事演習は、北朝鮮の演習をしのぐ激しさだ。

 このような子どもじみた反応は、これまでの米国では考えられないことだ。

 いうまでもなく米国は圧倒的な軍事力を誇る。

 いくら核保有国になったとはいえ、北朝鮮の軍事力は米国にとってはその気になればあっという間に吹っ飛ばせるはずだ。

 それにもかかわらず、あたかも米国は北朝鮮の挑発にむきになって激しく反応しているごとくだ。

 

 こんな余裕のない米国を見たのははじめてだ。

 すべては大統領としての資質に欠けているトランプのせいだ。

 そのトランプに従うしかない米国閣僚たちの従属ぶりのなせるわざだ。

 マティスやティラーソンやトランプ政権の閣僚たちが有能だと報じられているが、私はまったくそうは思わない。

 彼らはトランプに異を唱えればたちどころに首にされる、トランプへの追従者でしかない。

 そもそも優秀ならトランプ政権に入ろうとするはずがない。

 そのトランプが史上最大の減税の大ぶろしきをひろげた

 法人税を一気に20%引き下げるという。

 しかし、その減税額(10年間で4兆ドル、つまり約4百四十兆円)に見合う税収はどこにもない。

 移民禁止令やオバマケアの廃止やメキシコ国境の壁建設と同様、この減税公約も頓挫すること間違いない。

 結局今のトランプにとっては北朝鮮危機をあおるしかないのだ。

 しかし、政策に行き詰ったからといって、北朝鮮の挑発にやすやすと乗って、対北朝鮮政策を硬化させ、長期化させているとすれば、これほど愚かな事はない。

 そんなトランプの米国に迎合する安倍首相はもっと愚かだ。

 日本の戦後政治史の中でも、ウソと悪政の限りを重ねて長期政権に固執した、最悪の首相で終わる、という事である(了)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HOME天木直人のブログ回数を重ねる事しか誇れるものがない安倍・プーチン...

2017年04月28日 15時34分18秒 | 国際・政治

天木直人のブログ

回数を重ねる事しか誇れるものがない安倍・プーチン首脳会談 

2017-04-28

HOME天木直人のブログ回数を重ねる事しか誇れるものがない安倍・プーチン...

 

 こうなることはわかりきっていた事であるが、そしてその事を私は何度も書いて来たが、正直言って、ここまで不毛な首脳会談になるとはさすがの私も思わなかった。

 きのう4月27日夜にモスクワで行われた安倍・プーチンの17回目の首脳会談の事である。

 北方領土問題に進展が見られなかった事は誰も驚かない。

 昨年12月の安倍首相の訪ロの時に、もはや安倍首相では北方領土の解決は無理だと国民は知らされたからだ。

 しかし、そこで合意された、いかさまの北方領土共同経済活動ですら、なんら目新しい進展がなかったのは驚きだ。

 そして、北朝鮮問題だ。

 いまやすっかり冷え込んだトランプ・プーチン関係であるが、ウクライナ問題やシリア問題で激しく対立するようになった。

 いまこそ、トランプとプーチンの双方に個人的信頼関係を築いた自分が橋渡し役を果たす時だ。

 安倍首相はそう宣伝するに違いない、このタイミングで行う今度の訪ロの目的はそれしかない、そう私は先手を打って書いた。

 ところが、それさえも失敗に終わったのだ。

 それどころか、いたずらに北朝鮮を挑発するなと、たしなめられたのだ。

 断っておくが、今度の安倍首相の訪ロと日ロ首脳会談に関する評価は、私一人が否定的なのではない。

 きょうの各紙もこぞって否定的に書いている。

 それだけではない。

 安倍首相の広告新聞である読売新聞まで否定的に書いているのだ。

 領土交渉見通せずと。

 共同経済活動課題多しと。

 米露対立が影を落としたと。

 もはや安倍首相の外交は、自分一人が勝手に成果を強調するだけの空っぽ外交であることがはっきりした。

 つぎの日ロ首脳会談は、7月にドイツで開かれるG20首脳会議の際に18回目を行うという。

 物凄い回数だ。

 確かにこの回数の多さは、これまでのどの首相も、そしてこれからのどの首相も、かなわないだろう。

 「怒り通り越して笑うしかない」というのが私の安倍批判の口癖だ。

 しかし、回数の多さしか誇れるものがない安倍・プーチン首脳会談を見ていると、よくもここまで日本の外交を貶めたものだと、笑いを通り越して激しく怒るしかない(了)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加