教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 核兵器をめぐる外交で北朝鮮に勝てない米国

2017年09月12日 10時36分47秒 | 食・レシピ

核兵器をめぐる外交で北朝鮮に勝てない米国

2017-09-12

 どうやら国連安保理制裁決議は米国の譲歩に終わりそうだ。

 軍事行動を取ったら誰も勝てない米国であるが、外交交渉になるとてきめんに弱くなる米国の姿を見事に示している。

 なぜ北朝鮮はここまで強気になれるのか。

 それはもちろん核保有国になってしまったからだ。

 しかし、それだけではない。

 誰も北朝鮮の核保有を止める権利はないと主張するその北朝鮮の言い草が正しいからだ。

 それが言い過ぎなら、少なくとも、もっともな理由をならべているからだ。

 イラクやリビアがやられたのは核兵器を持たなかったからだ。

 北朝鮮が核兵器保有を絶対にあきらめないのは米国からの攻撃を防ぐためだ。

 こう言って米国に対して体制保証の確約をせまる北朝鮮に、米国は反論できない。

 北朝鮮が中国に対して強気であるもの、筋が通っている。

 9月7日の毎日新聞「木語」で、坂東賢治専門編集委員が教えてくれた。

 かつて中国共産党幹部で上海市長や外相をつとめた陳毅が語った「ズボンを質に入れても」という言葉が語り草になっているという。

 この言葉は大躍進政策の失敗で中国に多くの餓死者が出た1961年の共産党会議で陳毅が発した言葉であるという。

 当時、共産党内からも食料にも事欠く状況では核開発は停止すべきだという意見が出たが、それに対し、陳毅は「ズボンを質に入れても」原爆をつくると反論し、結果的には陳毅が正しかったことが証明された。

 つまりあの時、「尻を見せては原爆はつくれない」という「まっとうな」意見に対して、「ズボンを質に入れても・・・」という言葉で反論したのだ。

 北朝鮮はその事を良く知っていて、「ズボンを質に入れても原爆をつくると言った、あの困難な時代を忘れたのか」と中国を非難しているらしい。

 さすがの習近平も反論できない。

 中国が北朝鮮に強く出られない理由がここにある。

 ひるがえって米国はどうか。

 きょう9月12日の毎日新聞が、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮に国際社会はどう対応するか、有識者にインタビューして聞く連載を始めた。

 その第一回目のきょうは、デトラニ米国元北朝鮮担当大使だ。

 インタビューの中でデトラニ氏は次のように語っている。

 彼が北朝鮮の代表と交渉をしていた時、北朝鮮の代表は核保有を黙認されているパキスタンのようになりたいと語ったという。

 その極秘情報を明らかにした上で、デトラニは次のように語っている。

 北朝鮮はパキスタンやインドと違い、米国の安全保障を脅かしていない。米国は未来永劫、北朝鮮の核保有を認めるわけにはいかないと。

 見事なダブルスタンダードだ。

 因みに、米国はイスラエルの核保有も黙認してきた。

 どちらが説得力があるかは自明だろう。

 米国の外交力は間違いなく北朝鮮の外交力に負けている(了)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埼玉・川越で250年以上続く老舗醤油屋の秘密

2017年08月22日 09時25分26秒 | 食・レシピ

 

08月19日 14:00東洋経済オンライン

 

 

埼玉・川越で250年以上続く老舗醤油屋の秘密

(東洋経済オンライン)

日本人の食生活に欠かせない調味料である“醤油”。製造の機械化が進むなか、今も伝統的な醤油づくりを続けているのが、埼玉県・川越市で1764年に創業した松本醤油商店だ。2年間かけて熟成させる「はつかり醤油」をはじめ、すべての醤油を昔ながらの天然醸造で仕込むことができるのは、江戸時代から残る醤油蔵があるから。

 

川越で250年以上続く醤油屋の老舗

立派な蔵造りの重要建築物が多く残る川越は、“小江戸”と呼ばれる人気の観光地。松本醤油商店は、そうした風情ある街のシンボルである、「時の鐘」からほど近い場所にある。

 

1764年、川越で有名な豪商だった横田五郎兵衛がこの地で醤油製造を開始。1889年に初代・松本新次郎が建物や従業員などを引き継ぎ、松本醤油商店が誕生した。1893年の川越大火を逃れた松本醤油商店には今も江戸時代に建てられた蔵が残っており、通りに面している店蔵は川越市の有形文化財、醤油の仕込蔵は都市景観重要建築物に指定されている貴重なものだ。

 

 

 

松本醤油商店の醤油づくりに無くてはならないのが、天保元年(1830年)に建造された仕込蔵。麹と塩水を発酵・熟成させ、醤油のもととなる“もろみ”をつくる蔵だ。

 

当主の松本公夫さんは、この蔵に入る前に、必ず一礼をする。どうしてかと尋ねると、「ここに神様がいると思っているので」と話してくれた。』

醤油の神様の御心を信じて、よい醤油をこれからも作ってください。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国船がサメ大量密漁か 南米沖

2017年08月17日 08時52分58秒 | 食・レシピ

ラパゴス諸島沖 中国船がサメ大量密漁か

(NHKニュース&スポーツ) 08月16日 22:25『南米エクアドルのガラパゴス諸島の沖合で、国際的な団体から「絶滅危惧種」に指定されているシュモクザメを大量に積んだ中国籍の船が摘発され、シュモクザメはフカヒレの原料としても根強い需要があることから地元の当局などは密漁の可能性もあると見て調べています。』

シュモクザメのヒレをフカヒレ中華素材にするのでしょうが。金儲けしか考えず、地球環境保護守らない世界中で、モラルと倫理観の無い中国漁民の横暴が続く、現実のようです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お土産で「忖度」大阪市 福島区の企業、まんじゅう商品化

2017年08月09日 14時14分30秒 | 食・レシピ

 

2017年8月7日大阪日日新聞

 人の心をおしはかること―。世相を反映した大阪発の新たな土産品「忖度(そんたく)まんじゅう」が、販売開始から1カ月半で約1万3千箱を出荷するヒット商品となった。森友学園問題などを通じて注目を集めた「忖度」の思いをストレートに表現できるため、「取引先との話題づくりにうってつけ」「大阪らしい土産」と購入者の評判も上々。土産店などでは品薄状態が続く。

 

 

予想外の大ヒットに困惑する稲本社長。「ぜひ忖度を」と願う=大阪市福島区のヘソプロダクション

商品化したのは、大阪市福島区の企画会社「ヘソプロダクション」。これまでも“大阪愛”を前面に出すユニークな商品の開発に力を入れてきたが、今回は「忖度」にちなんだ商品ができないか、という取引先との会話がきっかけで企画した。

本ミノル社長(41)は「特に時事ネタにこだわったわけではないが、ここまで売れるとは…。年末の流行語大賞の時期が心配」とうれしい悲鳴。「一過性でなく、大阪といえば忖度まんじゅうという商品に根付いてほしい」と願いを込める。

忖度く饅頭面白いアイデアです。

 

 やわらかい白色の皮でこしあんが包まれており、表面には大きく「忖度」の刻印。9個入りで税別680円。包装紙にも「人の心を…」と言葉の意味を添えた。

 

 しばらくは欠品の謝罪で忙しくなりそうだが、稲本社長は「品薄が続くが、生産体制を強化し対応するので、ぜひ忖度してほしい」と懇願している。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香辛・調味料から食中毒菌 40商品の1割で検出

2017年08月08日 10時47分06秒 | 食・レシピ

08:10

 

 

県内で販売している輸入香辛料(写真と本文は直接関係ありません)=前橋市で

(東京新聞)

 県内のスーパーなどで販売している輸入品の香辛料や国産を含む調味料計四十商品のうち一割が食中毒の原因になる細菌を含んでいた実態が、県食品安全検査センター(前橋市)が初めて実施した調査で分かった。商品自体には問題ないが、センターは「こうした香辛料などを使って調理した後に放置すると、食中毒の恐れがある」と注意を呼び掛けている。(菅原洋)

 県内では二〇一五年十一月、県立女子大(玉村町)の学園祭で販売された中東の焼いた肉料理「ケバブ」を食べた学生ら三十五人の集団食中毒が発生。県はケバブを提供した自動車の移動店舗に、食品衛生法に基づく食材の廃棄命令を出した。 ケバブのソースからは食中毒の原因菌で、香辛料などに含まれる「セレウス菌」を検出。調理に使った輸入品などの香辛料が原因とみられる。セレウス菌は肉類のスープやでんぷん質の食品に含まれ、熱に強く、増殖力も強い。まれに死亡する場合もある。 県は近年、県内でも輸入品の香辛料が出回っている現状もあり、昨年七、九月に初めて調査し、その後に分析を進めていた。 調査は前橋、高崎両市を除く県内で、獣医師や薬剤師などの資格を持つ県職員十人がスーパーや農産物直売所計十店に抜き打ちで訪れ、身分と調査内容を伝えた上で商品を買い取った。 調査した香辛料は、バジル、パプリカなど全て輸入品の二十商品。このうち一商品からセレウス菌、一商品から食中毒の原因菌「ウエルシュ菌」が検出された。ウエルシュ菌も熱に強く、調理したカレーやシチューなどを室温で放置した際に翌日でも発症する。給食の集団食中毒が多く、まれに死亡する場合もある。 調査した調味料は、ドレッシング、チリソースなど二十商品で、このうち七商品が輸入品。ただ、残る国産の調味料では、原材料に輸入品の香辛料を含んでいても、基本的に原産国名を表記する必要がない。 調味料では、輸入品と国産品の一商品ずつからセレウス菌が検出された。 食中毒菌が検出された香辛料や調味料は、適切な保存をすれば使用に問題はないが、賞味期限が著しく過ぎた場合などは注意が必要となる。 センターの久保雅敏次長は「香辛料や調味料自体で食中毒菌が増えることは少ないが、菌を持った香辛料などを使って調理後に放置すると、熱を加えても熱に強い菌が増殖して食中毒になる恐れがある」と警鐘を鳴らしている。』

香辛は、乾燥させてあり、調味料は加工してあるので、みんな食中毒菌はいないと安心しています。

やはり初めに使う場合、加熱する必要があるのですね、。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

性能上がるICBM=開発やめない北朝鮮

2017年07月30日 11時04分58秒 | 食・レシピ

7/30(日) 7:30配信 時事通信

 北朝鮮がまた大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した。これまでのミサイルの高度、飛行時間を更新し、性能が大幅に向上している。

 ―ICBMとは? 

 弾道ミサイルの一種で、北米大陸とユーラシア大陸の間など海を越えて大陸間の飛行が可能なミサイルを指す。米ソ冷戦時代に開発競争が進み、戦略兵器制限交渉(SALT)の中で、射程が5500キロ以上の弾道ミサイルをICBMと定義したんだ。

発射後にいったん大気圏外に出て宇宙空間を飛び、大気圏に再び突入する。その際の落下速度はマッハ20を超えるとされ、迎撃するのは困難だ。ICBMは米国やロシア、中国などが保有している。 ―北朝鮮が持つミサイルは? 

 北朝鮮はエジプトから短距離弾道ミサイル「スカッド」(射程300~500キロ)を入手し、改良を加えて、射程を長くした中距離の「ノドン」(同1300キロ)や長距離の「テポドン2」(同1万キロ)を開発してきた。 ミサイルに圧力をかけて水面上に打ち出した後、点火・飛行させる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の技術を利用し、陸上から発射させる「北極星2」(同2000キロ)も開発した。北極星2は固体燃料を使い、移動式発射台(TEL)から撃つので、事前探知が難しいと恐れられている。奇襲性があるものも含め、長短さまざまな種類を持っている。

 ―なぜ開発を続けるの? 

 米国と中朝は1953年に朝鮮戦争の休戦協定に調印したが、米朝間に平和協定はなく、朝鮮半島は戦争が終わっていない状態なんだ。核保有国で強大な軍事力を持つ米国を北朝鮮は非常に恐れており、「抑止力」がほしい。米主要都市に届く核搭載ICBMを持てば、米軍も簡単には攻撃できないと考えているようだ。 米メディアによれば、米情報当局は北朝鮮が来年にも「核搭載可能なICBM」を完成させると分析している。そうなれば日韓を含む北東アジアの戦略バランスが激変する可能性もある。(ソウル時事)

 

北朝鮮は、小型化した核弾頭を搭載したアメリカの各都市まで、正確に届くICBMの実験にも成功し、やがては、MIRV(Multiple Independently-targetable Reentry Vehicle, マーヴ)は、ひとつの弾道ミサイルに複数の弾頭(一般的に核弾頭)を装備し、それぞれが違う目標に攻撃がで出来る弾道ミサイルの弾頭搭載方式も完成させるのではないでしょうか。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯触りサクッ、お湯注ぐだけでカツカレー 通販

2017年07月23日 11時10分24秒 | 食・レシピ

 

(朝日新聞) 07月22日 09:08

 

アサヒグループ食品の「チキンカツカレー」(同社提供)

(朝日新聞)

 『フリーズドライ食品ブランド「アマノフーズ」を販売するアサヒグループ食品は、お湯を注いでつくる「チキンカツカレー」を25日、通信販売で発売する。3千セットの数量限定。お湯を140ml注ぎ1分間かき混ぜるだけで、サクッとした歯触りのチキンカツ入りのルーができるという。2食入りで、販売価格は税抜き1111円。』

暑い夏場に調理の手間が省けますね。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピーナツ豆菓子に発がん性のカビ毒 岐阜市が回収命令

2017年07月21日 17時58分49秒 | 食・レシピ

ピーナツ豆菓子に発がん性のカビ毒 岐阜市が回収命令

13:57

 

回収命令が出た商品(稲葉ピーナツ提供)

(朝日新聞)

 『岐阜市の菓子製造販売会社「稲葉ピーナツ」が販売したピーナツ豆菓子から、発がん性のあるカビ毒が検出されたとして、市保健所は21日に回収命令を出した。「食べても直ちに健康に影響はない」と説明している。市保健所所によると、商品は「さや付落花生」の3種類で、検出されたカビ毒はアフラトキシン。ピーナツは中国産で、加工までを現地で行って4月中旬に輸入。その後、岐阜市の工場で袋詰めして同21日から茨城、大阪、福岡など27都府県に計5万2260袋が出荷されたという。 三重県が今月10日、津市のスーパーマーケットで売られていた商品を対象に抜き打ち検査をしたところ、アフラトキシンの基準値が1キロあたり10マイクログラムのところ、これを超える12マイクログラムが検出されたという。今のところ健康被害は確認されていないという。』

 中国製の自動車同様食材も安全性を検査し、輸出されていないと言うことです。25日は土用の丑、中国産の輸入ウナギの安全性はいかにと言うことです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木村屋總本店の福永副社長がこだわった「おいしいパンを作りたい」という気持ち

2017年07月21日 09時11分40秒 | 食・レシピ

 7/21(金) 5:00配信 東洋経済オンライン

【写真】木村屋總本店の福永副社長がこだわった「おいしいパンを作りたい」という気持ち

木村屋總本店が手掛ける「シンプルパン」シリーズには、マーガリン、ショートニング、食品添加物の乳化剤およびイーストフードは使われていない(撮影:尾形文繁)

 木村屋といえば、真っ先に思い浮かぶのはあんパンだ。明治初期、銀座に店を構えた木村屋は、あんパンを開発したことで日本人がパンを受け入れるきっかけを作った。が、その木村屋は今、「ブリオッシュ風クリームパン」など、コンビニやスーパーで売られている「袋パン」で絶大な人気を得ているのである。木村屋總本店の福永副社長がこだわった「おいしいパンを作りたい」という気持ち 3月に発売したクリームパンは、3月に1日約7000個、翌月以降も1日4000個を販売している。これは、同社の菓子パン類の通常の新製品と比べ、2倍以上の実績である。

 

■木村屋には2つのブランドがある

 このクリームパンの特徴はズバリ、ほぼ無添加という点で、商品にはマーガリン、ショートニング、食品添加物の乳化剤およびイーストフードは使われていない。「シンプルパン」と銘打ったこの商品シリーズにはこのほか、「ブリオッシュ風チョコクリーム」「カスターレーズン」「くるみとぶどうのパン」「オレンジとレーズンのパン」「明太チーズ」と5種類ある。どれも袋パンらしからぬあっさりとした味わいだ。 あんパンの代名詞ともいえる木村屋が、なぜ新境地を開拓しているのか。その前に、木村屋の成り立ちについて説明する必要があるだろう。木村屋には現在、2つのブランドがある。1つは、銀座中央通りの旗艦店やデパ地下の直営店で売る銀座木村屋のブランド。もう1つが、主に首都圏のスーパー・コンビニ向けに袋パンを製造する木村屋總本店だ。売り上げの8割を占めるのが、後者の木村屋總本店である(ちなみに、木村屋総本店は銀座木村屋に2割出資している)。 その木村屋總本店(以下木村屋)が手掛けるシンプルパンシリーズが画期的なのは、機械で大量生産するパンに、不可欠と考えられてきた4つの材料を使っていないことだ。マーガリンやショートニングは価格がバターより格段に安く、扱いやすいことから長らくパンやケーキに使われてきたが、近年は悪玉コレステロールを増加させるなどのリスクを高めるトランス脂肪酸が含まれていることから危険視されている。

木村屋が、4つの材料を使わないシンプルパンを開発するきっかけは、2年前の大手チェーンとの共同商品開発だった。「食品添加物不使用をやろう」「マーガリンやショートニングも抜こう」というアイデアが出てきたのは、このとき苦戦していたコンビニ・スーパー向け事業を見直す中で、木村屋の強みが一手間かけておいしいパンを作る企業風土にあることがわかったからだ。』

 

これからも消費者のニーズに応えて、安心で健康によい木村屋パンを作ってください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<かっぱ寿司>「食べ放題」導入 期間・店舗限定 男性は1580円

2017年07月20日 17時32分28秒 | 食・レシピ

 

6/13(火) 21:58配信 まんたんウェブ

<かっぱ寿司>「食べ放題」導入 期間・店舗限定 男性は1580円

「かっぱ寿司」で食べ放題実施

『 カッパ・クリエイトは、展開する回転ずしチェーン「かっぱ寿司」の20店舗で食べ放題サービスを開始した。7月14日までの期間限定で、平日午後2~5時に実施。すしやサイドメニュー、デザートなど80種以上の商品を70分間、食べることができる。

料金は、男性が1580円(以下税抜き)、女性が1380円。小学生は780円、65歳以上は980円となっている。実施店舗は青森から大分までの全国20店舗。』

消費の低迷している今日では、かカッパ寿司は食べ放題の寿司、すしバイキングの先駆けになるかもわかりません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウナギ、値下げの店続々…卸売価格が1割下がる

2017年07月20日 16時53分41秒 | 食・レシピ

12:59

 

ウナギを焼く専門店店員。土用の丑の日を前に客足も伸びている(7月18日、東京都目黒区の専門店「八ツ目や にしむら目黒店」で)=松井亮佑撮影 【読売新聞社】

(読売新聞)

 25日は土用の 丑うしの日。

 『今年はウナギが少し安く食べられそうだ。養殖用の稚魚漁が昨期より好調で、ウナギの卸売価格が約1割下がり、店頭での値下げも相次いでいる。

 

 東京都目黒区のウナギ専門店「八ツ目や にしむら目黒店」は今年のかば焼きを、大串2200円、中串1800円にした。昨年よりも200円値下げして、おととしの価格に戻した。

 

 それでも約5年前より400円ほど高いが、客足は好調だ。店主の松本清さん(55)は「まだ高い状態。本当はもっとお手頃に食べてほしいが……」と話した。

  コンビニ大手のファミリーマートは土用の丑の日に合わせて、21日から販売する「鹿児島県産うなぎ 蒲焼

かばやき重(半尾)」を、昨年より100円値下げして1880円にした。』

 

今年は、産地の偽造がなければと思います。

八目うなぎさんが、屋号なので、目によい八目うなぎもたくさん取れたのでしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通天閣公認、幸運の神様『ビリケンさん』人形焼きカステラ

2017年07月14日 20時39分42秒 | 食・レシピ

株式会社明月堂

大阪市天王寺区玉造本町8-9-501の『人形焼きカステラ』を食べて見ました。

お客様係り

電話フリーダイヤル

0120-712-793

あんこは、はいっていませんが。卵の臭みもなく、甘くない美味しい人形焼きカステラです。日持ちもしますし、200グラム入りです。消費税抜きで、700円です。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 大阪もんの 「二度漬けは、禁止!!」の『大黒印串カツソース』市販品を食べてみました。

2017年07月05日 11時16分23秒 | 食・レシピ

 市販のものも、塩辛くなくあっさりして美味しいです。試しに飲んでみましたが、辛くありませんでした。私の卒業した大阪中央卸売市場に近く大阪市立下福島中学校の町内の大黒屋さんです。

お客様相談室の担当責任者のEさんは、『私の出身中学校の後輩でした。何故二度漬けは、良くないか衛生上串カツ屋さんが、考えた事ですと言われました。串カツソースは、揚げ物の油が落ちているので、二度使わないでくださいと言われました。ソースに油が、よく見ると浮いていますよと説明してくださいました。』

塩辛いソース類の多い中後口のよいソースです。分量の少な目のを買って使い切るのかよいと思います。千切ったキャベツ漬けて食べると美味しいです。串カツだけではなく、キャベツもたっぷり食べれますよ。

大阪浪速区は新世界の通天閣を中心に流行している、“ドボンッ”と漬けて食べる「二度漬け禁止!!」の揚げ物用ソースです。

このソースは、ウスターソースをベースに醸造醤油を加え、更に塩分・香辛料をひかえることで、たっぷり漬けても甘いまろやかな美味しいソースとなっています。揚げ物の素材の味を活かし、非常にあっさりと食べられるように仕上げました。

とんかつ等の揚げ物や、天ぷらの天つゆの代わりにも御使用頂けます。また、サラダ、卵焼きなどにも使用でき、辛くないのでお子様も安心して頂けます。

会社概要

 

代表取締役大西英一氏

資本金3600万円

決算日3月31日

商標『大黒』『酎割』『出し』

事業内容大黒印ウスターソース類、食酢、醤油、酎割及び清涼飲料水、その他液体調味料の製造。

本社

〒553-0004

大阪府大阪市福島区玉川2-9-26

TEL 06-6441-6363

FAX 06-6445-0591

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤いリンゴ消える? 黄色品種に植え替え…農家の事情

2017年06月29日 12時34分47秒 | 食・レシピ

09:00

青森県観光物産館「アスパム」では、黄色と赤のリンゴが所狭しと並べられていた=青森市

(朝日新聞)「リンゴのように赤い」という言葉は、いつか使われなくなるかもしれない――。労働力不足に悩むリンゴ農家の間で、色づきの管理が大変な赤リンゴから、手間がかからない黄色リンゴに植え替える動きが広がっている。ナシと間違えられるなど、国内の需要拡大への課題は多いが、海外では強い甘みや珍しさに人気が集まりつつある。 リンゴの収穫量で全国の6割を占める青森県。4月下旬、青森市から車で40分ほど離れた山あいに広がる約1千平方メートルの畑で、リンゴ農家の工藤武春さん(50)が黄色品種の代表種「トキ」の苗木を植えていた。約4年後に60〜70個の実をつける。農家を継いだ約10年前、栽培していたリンゴの9割は赤リンゴだったが、少しずつ木を植え替えてきた。今では黄色品種が6割だ。 1年間のほとんどを果樹の手入れに費やすリンゴ農家にとって、特に重労働なのが「着色管理」。日光に当たると現れる色素が赤色を演出するため、一つひとつのリンゴにむらなく日を当てる必要がある。 収穫約1カ月前から、日陰にならないよう周りの葉を取ったり、日の当たる面が逆になるよう実を裏返したりする作業に追われる。特に大変なのが、底まで赤くするために果樹の下の地面に反射シートを敷きつめる作業。工藤さんの母(79)も手伝うが、2〜3日がかりの作業で腰が痛くなる。 だが、黄色品種でこうした作業はほとんど不要だ。青森県内では高齢化と後継者不足で、農業全体の労働力はこの20年間でほぼ半減。少しでも省力化しようと、赤リンゴの木が寿命を迎えると、黄色品種に植え替える農家が増えている。2014年産リンゴの県内の栽培面積は2万429ヘクタールで過去10年で約1割減ったが、黄色品種に限れば、同期間に約8%増え、3453ヘクタールになった。 リンゴ苗木の販売会社「原田種苗」(青森市)では、5年ほど前から売り上げの約6割が黄色品種という。原田寿晴社長は「『トキ』は日持ちも良いし、甘い。今後、黄色がメインになっていくのは間違いない」と話す。}

りんごのような子供のほっぺ何て言えなくなりますね。矢張り林檎は、赤い林檎でないとピーンと来ません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べたら“すんごいスコーン”「スゴーン」誕生 海老と鶏の素材本来の味を余すことなく表現

2017年06月23日 17時59分35秒 | 食・レシピ

 (BIGLOBEニュース) 06月22日 12:55

 

 

「スゴーン 海老まるごと」と「スゴーン 鶏炭火焼」

『湖池屋は、ロングセラーブランド「スコーン」から、「スゴーン 海老まるごと」と「スゴーン 鶏炭火焼」を7月3日からコンビニエンスストア、7月24日からスーパーマーケット等で発売する。1987年の発売以来、30年間変わらない製法で作られ、濃厚な味付けと独自の食べ応えで愛されている「スコーン」。「スゴーン」は、その技術をベースに、素材へのこだわりを掛け合わせ、一段上のステージへとグレードアップさせた新商品。海老と鶏の素材本来の味を余すことなく表現していることから、“すんごいスコーン”である「スゴーン」と命名された。 「スゴーン 海老まるごと」は、伊勢海老、桜海老、甘海老の三種の海老をまるごと粉砕して使用。深い海老味噌の風味までしっかりと絡んだ濃厚な味わいに、焙煎唐辛子をきかせている。「スゴーン 鶏炭火焼」は、煮出した鶏と野菜の旨味と、丸鶏のエキスによる濃厚な味わいを楽しめる商品。さらに、炭火焼の香ばしさを加え、後味に七味唐辛子をきかせている。』

 「スゴーン 海老まるごと」と「スゴーン 鶏炭火焼」を食べたくなりますね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加