gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

< リアル 大相撲 ルポ > いつ休場するか、稀勢の里の化粧まわしの絵柄が「ラオウ」。だけど、三段目に本当に「羅王」がいる! なんたって本名が「伊藤羅王」。実弟の「伊藤爆羅騎」も揃って3日目、出ます!

2017-05-24 12:17:54 | ニュース

  稀勢の里、やっぱり休場かあ・・・・・・・

 再び、9日前の記事を掲載、致します

 羅王と、爆羅騎のその後も、1本、記事化してます。

 興味抱いたら、読んでみてください

 < 2017・5・15 掲載記事 >毎日、毎日、かなり、ヒヤヒヤもんの取り口で、当座をしのいでいる、新横綱の稀勢の里

 3敗でもしたもんなら、まず、間違いなく、メンツと対面と説得で、途中休場になりそうだ。

 そんな彼が、ケガ意外に、注目を浴びているのが、新しい化粧まわしの絵柄。

 劇画「北斗の拳」の、「ラオウ」だそうな。

 といっても、わし、ソレ、知らんもんね。

 んだけど、昨日の、「5月 夏場所 初日」。

 知り合いの、弱い三段目力士の勝ち負けが気になって、星取り、勝敗表を見ていたら!

 いたあ!!

 「ラオウ」ならぬ、「羅王」が。

  この力士が、しこ名「羅王」。

 な~んだ、劇画の人気にあやかって命名した、と、誰もが想うはず。

 ところが、ぎっちょん!

 なんと、彼の本名が、「伊藤羅王」なんですよ! マジで!

  出身は、埼玉県所沢市。このジャージを着た彼の写真を、撮ったのは、大阪市住之江区にいる、彼の親戚のひと。

 まだ、24歳。

 身長が、173センチと、力士としては小柄

 6年前の初土俵から、多くの力士がそうであるように、三段目までは、割合、トントン拍子に階段を上がってきて、幕下にまで到達。

 が、そこからが、厚い壁にはばまれて、幕下と三段目を昇り降りの、エレベーター状態が、続いている。

 今場所は、三段目10枚目。

 初日に、同9枚目の「琴福寿野」(ことふくじゅの)に、はたき込みで負け、黒星スタート。

 どうも、この力士が苦手なのか、3月場所でも負けている。

 しかし、昨年は、その体重207キロの巨漢に、土俵際でうっちゃり。勝っており、絶対に負けたくないという、ひたむきな取り口は、非常に好感が持てる。

 観客は少ない中「羅王~~~っ!」という、声援も、よく飛んでいる

 というのも、ありがたいことに、「力士 羅王」と、検索し、「動画」で調べると、「youtube」で、何番もの取り組みが、一挙に続けて見られるのだ。

 小柄で、ぽっちゃりしてるのが、「羅王」と想って、画面を見ると、おおよそ、当たっているはず。

 本名の「伊藤羅王」。

 コレ、親がどうやら「北斗の拳」のフアンで、子供の彼に命名したらしい。

 2年前までは「羅王丸」というしこ名にしていたが、本名のまんま「羅王」に戻したようだ。所属は、立浪部屋。

 稀勢の里人気に、あやかっているわけではなく、いわば、こちらが「本家」。

 明日の3日目、5月16日、同11枚目の「禧勢ノ山」(きせのやま)と、対戦する。

 同じ、0勝1敗同士。

 三段目の10枚目。

 NHKのBSナマ中継で、もぐり込めるか、どうか、ギリギリのところだが、そのしこ名だけでも、覚えていて損はない。

 話題の「ラオウ」「羅王」。

 今場所。縁もゆかりも無い力士ではあるが、土俵上の一生懸命さが、気にいった。

 頑張って欲しいと、心から想う。

 なお、この5月10日で23歳になった実の弟の、その名も、本名「伊藤爆羅騎」(ばらき)が、しこ名も「爆羅騎」で、三段目65枚目の位置で、相撲を取っている。

 この本名。親が、マフィアを描いた映画「バラキ」を観て、付けたという、ウソのような本当のハナシ。

 その弟は、なんと身長164センチと、超小柄

  なもんで、入門の身体試験の際、こてこてに、びんつけ油で髪を塗り固め、さらに、コレ、このようにつま先立てて!パスしたという逸話を持っている。

  その「爆羅騎」。

 兄の「羅王」と違い、初日に押し出しで白星を挙げ、明日の三日目、5月16日、同じく1勝を挙げている「有明」と対戦する。

 兄弟揃い踏みで、勝つか!?

 その方にも、興味が湧く。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« < リアル ボクシング ル... | トップ | 朝の連ドラ「ひよっこ」。そ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む