ELサービス:船橋市、習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、佐倉市、地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事を中心に、家電に関する工事全般。
→http://www.el-service3673.com

千葉県:船橋市本町にて、地デジアンテナ”仰角”工事

2011年05月03日 | 千葉県船橋市:アンテナ工事
5月1日分

当初の予定が保留となってしまいましたので、急遽今月17日施工予定のお客様へご連絡し、お伺いする事になりました。

急にで申し訳御座いません<m(__)m>

昨年、ご依頼頂きましたこちらのお客様からのご紹介です!

誠にありがとう御座います<m(__)m>


船橋:本町という事で、一抹の不安が過ぎります。

前回は奇跡的に取れたのですが、毎回そう都合良くいくとは限りません。

そんな事を思いながら、現場へと向かいます。ホントにお隣くらいでした。。。

失礼ですが、大変築年数の経った建物でして、屋根上の状態も定かではありません。

お客様もその事を懸念されており、できればサイドベースで建ててほしいと。

そのご要望に応える為、早速準備に取り掛かります。

丁度立ち上がった壁がありましたので、この付近を重点的に調べていきます。



ところが・・・



時間をかけて隅々まで調べましたが、とても建てられる受信状態ではありません。

アンテナをTMHに換えましたが、それでもほど遠い数値です。

周りを囲む様に遮断されているので、指向性の強いアンテナに変更したところでその効果は望めません。

残るは2Fの屋根上です。

恐る恐る問題の屋根に上りました。

芯がどこに入っているかも分らない状態で、さすがに恐怖感を覚えました。

それでも移動できる範囲内で測定します。

伸縮マストも持ち出し、高さも変えながらあちこちと・・・

全滅でした>>>>>。困りました・・・。



先ほどここのお婆さんから、”何とか取り付けてくれないかなぁー”と頼まれたばかりです。

んーん。

諦めかけたその時、ふっと案が浮かびました。

そう!反射波です。本来は邪道な手法ですが、もうこれ以外に方法はありません。

問題は反射する建物が近過ぎるのが・・・



早速試してみます。

良く取れるChもありますが、相変わらず不安定です。とてもこれでは施工できません。

これでもダメか?と思い、ハシゴを下りかけた瞬間、一気にCNが上昇!!

えっー?下りる時に傾けたのが幸いしたようです。

先日、この方のブログにあった事を思い出し決行してみる事にしました。


下準備をして、故意に仰角を付け確認します。

するとほとんどのChでCN30となりました。これはいける!と取付方法を思考します。

測定した位置の近くに、母屋木が出ていましたのでこれにキャッチャーの”PAX-SJ”をセットします。


そしてこの様に






途中にAMPを挟み、2Fのベランダ側で2分配とします。

既存の分配器は

これですから、もちろん交換します。



2ヶ所へ通線し、確認します。
 
 
 
 

 


Chにより多少の乱れはありますが、まずまずの出来では?と。

LVは高めにしないとダメでした。。。




受信ができた事で、お客様も大変お喜びになり、弊社としてもとしました。



お昼頃から始め、夕方には本降りの雨となり、その雨を避けながら結局19:00まで掛かってしまいました。

相変わらず施工が遅いですね><全く。




これでご紹介者様の面子も保てましたし、苦労した甲斐がありました。

この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

反射波であるが故、障害が出た場合にはご連絡をお願いします。(お客様、了解済みです)


地デジの綺麗な画像をお楽しみ下さい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加