台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

「特別展 台北国立故宮博物院‐神品至宝」騒動の続き

2014年06月26日 | 日々の日記帳
「特別展 台北国立故宮博物院‐神品至宝」跨越重重障礙,終於在24日如期開幕.
特別展 台北国立故宮博物院‐神品至宝」は直前のごたごたを乗り越えて、ついに予定通りに24日に晴れてオープンした。

(東京 24日 中央社)
國立故宮博物院收藏品24日首度於日本對外公開展出.當天雖然天候不穩,但開館前已有許多民眾大排長龍.
国立故宮博物院(台北市)の収蔵品が日本で初めて展示される特別展「台北 国立故宮博物院 ―神品至宝―」が24日午後から一般公開された。時おり雨が降る悪天候の中、会場となった東京国立博物館には開場前から多くの参観希望者が詰め掛け、長蛇の列ができた。
(写真:中央社サイトより)


乍看之下這次問題似乎獲得解決,但我卻看不出來問題本質有任何改善.
騒動は一「見」落着したが、問題の本質はなんら改善されていないように思う。

當初簽約時,東博並沒有完全掌握媒體將以何種立場參與,再加上在日本言論自由是受到保護的,所以東博也無法干涉媒體的想法.事實上,有些媒體基於政治考量,認為將「國立」兩字拿掉較好辦事,這也就是為何會出現這樣的海報.
出展契約を交わす段階で、東博は民間メディアがどンなスタンスで参加するかまでは把握しきれなかったし、言論の自由が守られる以上、口出しできる立場ではなかった。実際、政治的な考慮から、「国立」の文言をはずしたほうがことがスムーズに運ぶ媒体も存在している。だからあのようなポスターが製作されたわけだ。

這次問題浮上檯面後,東博承諾更正海報,但也有媒體在東博下此決定後馬上表態退出.不得不讓人再度覺得這個問題的根深柢固.
今回の問題発覚を受け、東博はポストを「直させる」約束をした。しかし、それを受け、早々に「退く」と態度を表明したメディアもあったそうだ。あらためて根深い問題だと感じさせられる。

不過,個人覺得若一開始日本就先知會台灣有關單位「有些日方媒體難以承認台灣是一個國家,所以日後有可能會出現無法完全照意思行事的情況」的話,應該就不會演變出這次的風波,因為台灣早已習慣這樣被對待,而且台灣人也知道「顧面子還不如顧實際利益」帶來的好處.
しかし、はじめから「台湾を国として認めかねる日本メディアもあるから、今後何かしら不自由を感じさせるかもしれない」と日本側からのアナウンスがあれば、今回の騒動まで発展しなかった気がする。なにせ、台湾はそのような扱われ方には慣れているし、「メンツより実利」が結果的にプラスになることを知っているからだ。

但,如果是事先已經都先說好了,約也簽了,後來才出現存在另外一套說法,任憑是誰都會反彈的.即使對方是最喜愛的日本.
だけど、契約まで交わして約束をしたあと、一方的に別のルールを押し付けられると誰だって反発するでしょう。たとえ相手がこよなく愛す日本でもだ。

經過這次風波,我又學到了一些事.
今回のことを通じて、また一つ勉強になった。


「特別展 台北国立故宮博物院‐神品至宝」

台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある意味で超話題の「特別展 台北国立故宮博物院‐神品至宝」

2014年06月23日 | 日々の日記帳
明日2014年6月24日より東京国立博物館平成館にて開催予定の「特別展 台北国立故宮博物院‐神品至宝」が前日になっても展示品の設置がされず開催が危ぶまれた、という前代未聞な事が起きた。

事の発端は東京の駅構内などで掲示されたポスターに「国立」の文言が入っていなかったことで、台湾側が20日に総統府から抗議声明を発表したことから。20日の段階で故宮は22日午前0時までに修正が完了しない場合「一切の展示活動を取り消す」とし、21日になって「日本側の対応を見た上で開催に同意するか決める」と態度がやや軟化した。

記念すべき素晴らしい文化交流がなぜこんな事態に?

日本側の言い分はこうだ。(日経記事より)問題となったポスターは主催者として名を連ねるメディア各社が独自に作製。東博によると、中国・北京の故宮博物院を「北京故宮」と記すのと同様に「台北故宮」表記が日本では一般的とし、「国立」を使わないことで各社と合意していた。

文化は政治と直接に関係がないとはいえ、台湾政府が「国としての存在」をなにより気にしていることは、日本側は知っているはずだ。それが今回、日本人が最も得意とする「気配り」がされていなかった。

政治的な圧力などにばかり気を取られ、パートナーである台湾になんの事前相談もなく、出展契約を交わした際に用いた正式名称の「国立故宮博物院」を、自分たちの都合の良いように勝手に変更したとしか思えない。

相手の感情を逆なでし怒らせてしまったのは当然の結果だし、約束事を世界中でもっとも守ると評判の大国日本の品格を疑わせるようなやり方だ。

しかし、出展が決まった段階で、日本はそれなりの覚悟はなかったものか。まさか日本に甘いから勝手に名前を変えられてもただ黙って見ているだけとでも思っているのか。圧力に耐える自信がなければ、はじめから企画をあきらめればよかった。

今回の出来事から見えてきたのは、日本の出展国に対する基本的な尊重の無さと、良いように利用された故宮の姿だ。

日本を信頼しきって、日本国内での宣伝活動にさほどチェックをしてこなかった故宮だけに、直前の問題発覚に受けたショックも大きかっただろう。そして背中にはこんな情けない事態に傷つき嘆く台湾の国民感情。しかし、事態が収束したいまの急務は、大人の対応で気持ちを切り替えて、全力でイベントの成功に専念することだ。

東京での展示を終えた後秋にも九州でも展示予定の故宮は、二度と同じことが起きないように、今後はすべての段取りに厳しくチェックを入れるとした。なぜそんなことをされなければならないのか、日本は真摯に反省をするべきだと思う。


【後記】東京国立博物館は「国立」が外されたポスターに紙を貼るなど修正作業を23日未明までに終えることを約束し、それを果たした。そして正式に謝罪したい意思を表明した。

それを受け、故宮院長馮明珠氏が急きょ今朝の飛行機で来日した。記者会見で東博の謝罪を正式に受け入れ、台湾人からは日本人への好感と信頼を取り戻せると信じているとも述べ、さらに予定通り開催することを発表した。そこには基本的な尊重さえされればあくまで仲良くしたいという日本に対する基本姿勢がうかがい知れる。

特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」


台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現世人生人人皆過客( 人生は冥土までの暇つぶし)

2014年06月19日 | 日々の日記帳
近頃、今年3月に急逝した藤巻幸夫氏の著書「10年後を後悔しない君へ」を拝読し、痛く感銘を受けた。

2012年出版されたこの本の結びに「自分は今50歳、10年後が60歳...」とあった。まさかその2年後に60歳の自分を見ずに故人となったとは、きっと本人が一番悔しかったんだろう。氏のような方がたくさんいれば、日本がもっと元気になったのにと思うと、残念でならない。一方で、自分もそういう亡くなって惜しまれる大人になれたらなと思う。

40歳の大台に乗って1年目が過ぎようとした自分に置き換えると、親の介護など気にせずに自由人でいられるのは、うまくいったらあと十年くらいでしょう。一年が半年の感覚で過ぎていくいま、10年は5年感覚。ぼうっとしていられないリアルな数字だ。

著書のなかで、師と仰ぐ「週刊プレイボーイ」の名物編集長島地勝彦氏の名言が取り上げられた。「人生は冥土までの暇つぶし」だという。一見ネガティブで無為無策の姿勢だが、生き方の本質を見抜いた人ならではの洒落と余裕を感じさせる。衝撃的にかっこういい。

始発に乗っていざ発車したら、いずれ皆それぞれ決められた駅で降りなきゃならないシステムだから、生き急ぐ必要もなさそうだ。が、どの駅で降ろされるかわからないから、やはり気持ちは焦る。仮に10年後まだ車窓から外の風景を眺めていられるのなら、後悔しないために、今できることはなんだろう。自分的な解釈は、してこなかったことをすることだ。

とは言うものの、思い立って急に何かを始めることは現実的にむずかしいから、まずはマンネリ化になりがちな日々を見直すことから。いつもなら買わないものを買ってみたり、食べないものを食べてみたり、普段着ない色を差し色にとりいれてみたり、見過ごしそうな路地を探検してみたり、道端に咲いた花に鼻を近づいてみたり、絶対に読まないジャンルの本を読んでみたり、一年後にはどうでもいいことにこだわることを止めてみたり、と。

そんなことをいろいろ考えるうちに、なんだか肩の力が少し抜けて楽になったような気がする。まだ見ぬ明日へのワクワク感が湧いてきて、「生きるっていいなぁ」と言えそうな気がしてきた。

藤巻氏の著書
「目利き力 」
「特別講義 コミュニケーション学」
「自分ブランドの教科書」
「ビジネスパーソンの街歩き学入門」
「藤巻流 実践・巻き込み術」
など、気になる本がまだたくさんあるので目下図書館の力を借りて、読破する予定だ。


台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「俗甲脫褲」 パンツが脱げちゃうほど安い、か!

2014年06月10日 | ダジャレいそしみ日記
坐在鄉間的公車上,剛好停車在等紅燈時,往窗外一看,便瞄到了某家具店前的這個招牌.
田舎のバスに乗って、ちょうど信号で停車しているとき、窓の外に目をやると、ある家具屋さんの看板が目に飛び込んだ。


「俗甲脫�樔」,吼~,小新還真辛苦,為了脫褲子幫小家具店宣傳,千里迢迢遠從日本來到這麼鄉下的地方.
「パンツが脱げちゃうほど安い」,ふ~ん、しんちゃんも大変だな。名の知れぬ家具屋さんの宣伝のために、はるばる日本からパンツをおろしに、こんな田舎にやってきて。

在台灣,有夠便宜不是「目から鱗が落ちる」(鱗片從眼中掉出來)也不是「腰が抜ける」(腿癱),而是「褲子從腰掉下來」,真讓人覺得逗趣而幽默.
台湾では安すぎて「目から鱗が落ちる」でも「腰が抜ける」ではなく、「腰からパンツが抜け落ちる」んだね!なんだかユーモラスでほほえましいな。



台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2014年夏季餐會ー2014.7.26(六)

2014年06月05日 | 新年会・忘年会・食事会など
各位喜愛台灣的朋友們大家好!
2014年夏季餐會日期及會場決定如下,煩請確認。
台湾をお好きな皆様へ
2014年の夏季食事会の日時と会場が決定しましたので、お知らせします。


■時間:2014.7.26(六)19~22點(18:30~進場)
■地點(会場)台南担仔麺 
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-1-13 十勝ビル2F 
JR水道橋駅東口 徒歩2分 地下鉄神保町駅A4 徒歩2分
TEL:03-3263-4530
■費用:5000円
吃到飽19~21點(食べ放題、L.O.20:30)
喝到飽19~22點(飲み放題、L.O.21:30)

本次也採預先收費制,請於聚餐一周前(7月18日周五)上課時直接交給老師,或匯款繳交。完成匯款後,煩請寫信通知已匯至哪家銀行。
今回も事前に集金させていただきます。食事会の1週間前の7月18日(金)までに教室で直接老師に手渡すか、振込にてお願いします。振込の方はお手数ですが、ご入金後に「○○銀行に入金済み」の旨をご連絡ください。
1)三菱東京UFJ銀行 麹町支店 普通預金0139682 T-Chinese 黄暖螢(ティーチャイニーズ コウダンケイ)
2)ゆうちょ銀行 記号10070 番号57936781 T-Chinese(ティーチャイニーズ)

■當天連絡方式
請直接打電話到老師手機或打到店裡(03-3263-4530).
当日のご連絡は老師の携帯まは店にお電話ください。

<<注意>>
餐會當天有時無法取消預約,所以若須取消者最晚請務必於前一天(7月25日)下午5點之前通知老師,超過時間請恕無法退費。
当日のキャンセルはできない場合があります。万が一キャンセルの場合は必ず前日(7月25日)午後5時までに老師にご連絡ください。この時間を過ぎると参加費を返却できない場合がありますのでご注意ください。




台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加