台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

我的美国簽証qian1 zheng4(米国ビザ)

2007年10月31日 | 日々の日記帳
「日本人と結婚し、日本に住むメリットはなんですか?」「いろんな国に行くのにビザが要らない」と言いたいところだが、実は残念!!

 私の場合、台湾からはビザなしでハワイにいけるのに、日本が第三国だから米国ビザがいる、面倒くさいから、いまだにハワイは未体験。(主人は年に2回テニス遠征で行ってるのに..)

 今年ようやく決心し、必要書類を整えて代行業者に頼んだ。書類はパスポートと外国人登録書のほか、旅行計画書、会社在籍証明書、戸籍謄本、銀行残高証明書。代行業者に一任して数日がたって、「面接日の予約はいつにしますか」の連絡が来た。書類審査はとりあえず無事通過。

 先週金曜日の午前中に予約をとってもらった。面接は5分程度だが、遅くいくと1時間以上待たされることもあるそうなので、9時に現地到着した。私たちの前にはすでに2~30名がゾロゾロ。厳重な荷物検査を通過し、書類確認のカウンターへとやってきた。

 「はい、写真はダメです。背景が白じゃないとダメです」「白黒じゃだめなの!?」「背景がグレーなので。ここを出て右に曲がって、機械が置いてありますからもう一度撮ってきてください」「『白』って何も映ってないということじゃないの?朝の最悪のこのむくみ面で...、ション~」。

 「残り15秒です...」のイヤに親切な機械音が迫るなか、大慌てで顔の筋肉を揉みほぐし写真を撮って再度チャレンジ。今度は無事にパス。「中へ入って書類を提出してください。家族の方は入れないので、ここでお待ちください」。実は前夜、主人は一緒に面接するということで、あれこれ洋服を選んで「そんなちょい悪オヤジの格好、私の面接をダメにする気かい!」と盛り上がったが、結局は無駄だった。別に誰も面接が夫婦そろってと言ってないのに、勝手に勘違い...。アメリカ移民でもあるまいし、まぁ、勉強になった。

 書類提出して、40分は待ったのかな?ようやくアメリカ人職員の聞き取りづらい日本語で名前を呼ばれた(ハアっ?何番窓口っていった??)。窓口で指10本の指紋を採取の後、5分も立たないうち、再度呼ばれ、隣の窓口に移り立って面接をする形(個室に連れてかれないのね...)。前の人みんなが英語の受け答えだったので、「ヤバい、英語力も試されるの?英語ができないとアメリカに入れてもらえないの?」、慌てて知ってる限りの英語を一生懸命シミュレーション。

 そうこうしてるうち、自分の番がやってきた。窓越しに黒人の男性職員がいきなり「こんにちは」。質問は全部日本語だった...。

 全部で5問だった。「今回の目的は新婚旅行、ハネムーンですか?」「はい、そうです」「いつ結婚しましたか?」「2002年です」「どうしていまハネムーンですか?」「ずっと行く時間がなくて、やっと時間ができて」「日本に来て何年ですか?」「12年ぐらいです」「日本の大学は行ったことがありますか?何を勉強しましたか?」「はい、あります。社会教育を勉強しました」2分もかからなかった。最後は「審査が通過しました」の紙を渡され、10時頃に大使館を出た。

 そして、今週の火曜日には、もうホヤホヤのビザが貼られたパスポートが郵送されてきた。先週金曜日の面接からと考えると、結構なスピード。気になる有効年数は、代行業者の話だと窓口の審査官に委ねられるらしい。ドキドキパスポートを開き、「Expiration Date 2012年」とあった。ラッキー!!5年のをもらっちゃった。「初めてなのに5年ももらえる、大したもんだ」と主人。

 12月、晴れてハワイデビューだ!ところでハワイって、日本人がみんなハマるほど、そんなに魅力的なところ?チップを渡さないと「なんか忘れてない?」てせかされる「チッピ文化」は、今ひとつ腑に落ちないし。まあ、なにはともあれ、自分の目で確かめてきま~す!

 
台湾茶イベント・少人数制中国語教室




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小愛台湾留学日記07.10.30~番外編(おみやげ)

2007年10月31日 | 交流の広場~誰でも、何でもどうぞ!
黄老師
イ尓好。
今まで私の台湾日記を老師のブログに載せていただいて、ありがとうございました。最後に番外編?ということで、台湾のお土産たちを少し紹介したいと思います。

*高山茶・・・
お茶やさんで飲んだこのお茶のおいしさが忘れられず、購入しました。家でいれるとその味が出るか、若干不安です・・・
■老師:台湾の定番土産ちゃんとおさえてますね。いれ方が不安なら今度お茶会に持ってきて一緒にいれてみましょう。



*親指型のツボ押しグッズ・・・
これが案外いい感じでツボを刺激してくれます。
■老師:これ、ほしいっ!我要!(妙にリアルな作りで、そこらへんに置いてたら、自分でびっくりしてでんぐり返っちゃいそう)



*かわいい4種類のお茶たち・・・
雑誌社が手掛けるお店で購入。素敵な版画がたくさん飾ってあるお店。茶器やオリジナルのカップ、カードなどお土産品も充実していました。
■老師:その店どこにあるの?那家店在{口那}里?絵柄がかわいらしくて飾っときたいくらい。同じティーバックでもこちらだともっと喜ばれますね。



*スーパーで見つけたかわいいハンドソープ・・・
お土産探しに欠かせないスーパーで見つけました。茉莉花の香りがするようです。
大型スーパー(カルフール)だったので、2時間くらいいろいろ物色しました(笑)スーパーは安くておもしろいものが見つかるので、いいですよね。
■老師:で~た!(思わずにらめっこしちゃった)色といい、デザインといい、台湾チックですね。很有台湾的感覚。そういえば芳香剤もジャスミンの売ってますよ。個人的にとても好きな香りです。我個人很喜歓。



*やっぱりパイナップルケーキ・・・
台湾といえば、やっぱりこれですよね。いろいろ食べてみて辿り着いたのが、阿黙(AMO)というお店のパイナップルケーキでした。一番のお気に入りです。
■老師:台湾土産の2大定番のひとつですね。店によって味が違うので、雑誌に「ランキング特集」なんかあったりして。小愛が買ったのがどんな味?我也想吃吃看!ウーロン茶にパイナップルケーキ、いいね~。



台湾茶イベント・少人数制中国語教室




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小愛台湾留学日記07.10.29~日月潭ri4 yue4 tan2

2007年10月29日 | 交流の広場~誰でも、何でもどうぞ!
■小愛:黄老師
イ尓好。我回来了。
昨日、無事に帰国しました。あっという間に1ヶ月間が過ぎ、まだ日本に戻ってきた実感が沸かないです。

1ヶ月の台湾生活を振り返って、一番に出てくるのは出会ったたくさんの人への感謝、感謝の気持ちです。もちろん、たくさん訪れた台湾の素晴らしい場所、風景も大切な思い出です。しかし、その場所で風景を見たり、台湾のおいしいゴハンを食べたりしたとき、共に感動、共感できた友人たちがいたからこそ、私の台湾生活も忘れられないほど楽しく、充実したものになったと思います。

■老師:謝謝イ尓一回国就写伊妹児給我、イ尓真有精神jing1 shen2!帰国早々メールをくれるなんて、元気満タンですね。そしていっぱいの感動を詰めて帰ってきましたね。イ尓回来{口拉}!おかえり!
ここからは結婚披露宴のことで忙しくなりますね。台湾で得た友情や感動を励みに、これからも充実した日々を過ごしてくださいね。

■小愛:では最後の現地報告を・・・
帰国の前日、友人たちと「日月潭」という湖へ行きました。台北市内から台中を通り、車で片道4時間の長旅日帰り旅行です。湖を1周し、いろんな角度で湖を眺めることができました。点在する寺院などもとてもきれいでした。

*文武廟の入口に立つ大きな獅子


*日月潭・・・
少し霧がかっていましたが、穏やかな湖の美しさに大満足です。


*孔雀園・・・
放し飼いの孔雀を無料で見られる施設です。残念ながら、時期的に羽を広げているところは見られませんでした。


*慈思塔1・・・
湖を一望できる塔。ここに辿り着くまでに570Mの階段を上ります。けっこうキツイです(笑)


*慈思塔2・・・
この塔の最上階からみた日月潭。まさに絶景です。



ではまた台湾で買ったお土産たちを紹介します。
小愛

■老師:「日本帰国前に選んだ地はどこかな?さすが日月潭なんかはなかろう」と思ってました。ホントに脱帽でしたわ!(我真是佩服pei4 fu2イ尓!)山を登ったり下ったりするだけでも8時間ぐらいじゃないかしら?それも台北から出発して。(光是上山下山就要8個鐘頭了口巴?更何況he2 kuang4イ尓們是従台北出発!)
なにはともあれ、今度教室に戻ったとき、じっくりこの1ヶ月の間の出来事を聞かせてください。もう、会うのが待ち遠しいね~。


台湾茶イベント・少人数制中国語教室


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小愛台湾留学日記07.10.25~花蓮hua1 lian2・太魯閣tai4 lu3 ge2

2007年10月26日 | 交流の広場~誰でも、何でもどうぞ!
黄老師、イ尓好。昨日、ついに花蓮&太魯閣へ行ってきました。以前、老師に見せていただいた太魯閣の写真をみて、ぜひ行きたいと思っていました。
 前日に学校が終わってからすぐに電車で花蓮へ向かいました。到着して、なんとか手頃なホテルも見つかり、早速街を探索しました。夜市もちゃっかりとチェックしてしました。翌日、ホテルから出ている太魯閣への観光バスに乗り、大自然をたっぷり堪能してきました。
 観光バスのおかげで、見所ポイントを見ることができました。しかもこの観光にはおいしいお昼ごはんも込みだったので、大満足でした。

■老師:なかなかの強行プランでしたね。よくぞやりました!(拍手)行った甲斐があったでしょう?あのスケールは見たひとぞ知る、ですよね!

*太魯閣1・・・
小型の観光バスに乗って出発。


*太魯閣2・・・
花蓮の中心街から約1時間弱。想像以上の大自然の迫力に圧倒されました。


*太魯閣3・・・
バスから降りて、30分ほど遊歩道を歩いてお散歩です。人がこんな所を歩けることにビックリです。

*太魯閣4・・・
おもしろ標識。落石注意だから、早く通りすぎなければいけないんですね(笑)


*花蓮の海(七星潭)・・・
帰りに時間が余ったので、運転手さんが立ち寄ってくれました。エメラルドグリーンの海と太魯閣のある山々が目の前に広がる、素敵な場所でした。まさか間近で花蓮の海を見られると思っていなかったので、運転手さんに大・大・大感謝です。

残り2日。まだまだ台湾、楽しみます。
小愛

■老師:小愛!時間が限られた中、連日の台湾現地レポート、ありがとう。最後的一個週末、最後的台湾、よ~くよく目に心に焼き付けておいでね。(そういえば、どんなおみやげをゲットされたか、興味があるな~。帰国後の「後記」ということで、よろしくね)

台湾茶イベント・少人数制中国語教室





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小愛台湾留学日記07.10.24~野柳ye3 liu3・深坑shen1 keng1

2007年10月24日 | 交流の広場~誰でも、何でもどうぞ!
■小愛:黄老師 イ尓好。
早いもので台湾滞在も残り4日となりました。たくさんの人に出会い、ようやく慣れてきたころに、帰国しなければならないのが、ホントに残念です・・・
毎日がものすごく、早く過ぎ去り、1ヶ月では足りません(笑)残りの台湾生活もしっかりと楽しみます。
■老師:我很能了解イ尓現在的心情。異国と思えない親近感が心地よかったですね。もうすぐ現実に戻らないといけないのが残念ですが、日本帰国したら、すぐに次に行く目標を立てましょう。

■小愛:では、近況報告を。
台湾人の友人に「野柳」というところへ連れていってもらいました。ガイドブックにはあまり大きく載っていないところでしたが、景色のスケールの大きさに圧倒され、感動の一言です。これまで訪れた中で一番印象深い場所でした。
■老師:すばらしい天然彫刻に、大自然の力を感じさせられますね。ここの海岸は曇りか雨が多い印象がありますが、写真からはまずまずのお天気でよかったですね。

*野柳・・・
台湾北部の岬にある海洋自然公園。波の浸食でできた奇岩が多くある海岸。






*深坑・・・
帰りに臭豆腐の屋台が連なる「深坑」へ行きました。
到着すると、臭豆腐独特のあの香りが・・・。臭豆腐大好きの(台湾人の)友人に勧められ、臭豆腐のお店をハシゴしました。臭豆腐の揚げたもの、鍋もの、そぼろのようなもの、焼いたもの、全部で4種類食べました。
最初はあの香りが苦手でしたが、食べると不思議なことに全く臭わず、おいしい味に驚きました。
この夕飯のおかげですっかり臭豆腐が克服できました。友人に感謝です。
■老師:そんなにしょっちゅう食べてるわけではないけど、個人的に臭豆腐は当たり外れがあると思います。一番初心者向きは揚げたものじゃないでしょうか?ツンとした匂いが飛んで皮もパリッと香ばしくて。
それにしても、臭豆腐大好きの現地の方に案内してもらうのは何よりの強みですね。(私も案内してもらいたいぐらい)

それではまた報告します。

小愛


台湾茶イベント・少人数制中国語教室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愉快だベア({月半}{月半}熊pang4 pang4 xiong2)

2007年10月24日 | 日々の日記帳
■新聞、お茶、日光浴、あなたとわたし。さわやかな朝だベア~。
 一{イ分}報紙、一杯熱茶、日光浴ri4 guang1 yu4、{イ尓和我}、多{ノム}清爽qing1 shuang3的早晨!


■みんなと一緒にいると、ただ立ってるだけでも楽しいベア~。
 只要跟大家在一起、即使只是站着也{多句}gou4開心。


台湾茶イベント・少人数制中国語教室

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

周杰倫(Jay Chou)世界巡迴2008日本演唱會 

2007年10月23日 | お役立ち情報
(情報提供:茶米&香香)
ファンならもうご存知の方も多いかだと思うが、来年(2008年)2月、Jay Chouがまたワールドツアーで来日。

会場は武道館。ここでコンサートをやるのは華人では王菲(フェー・ウォン)に続き2人目、台湾人では初の歌手という。

前回は参加を逃したわたしだが、今回こそはしっかりとこの目とこの耳で彼の実力をチェックしたいと思います!

■日時:2008年2月16日(土)
■会場:日本武道館
■開場・開演:16:00・17:00
■料金:全席8,500円
ほか詳しくは:周杰倫世界巡迴2008日本演唱會

ファンの友情宣伝サイト「周杰倫日本演唱會誘致計画」もチェックを。

台湾茶イベント・少人数制中国語教室

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

団地の小さな風景

2007年10月18日 | 日々の日記帳
 連日すっきりしないお天気。やっと日が差し、まずまずの天気になった。カメラを手に、団地のあっちこちを回ってみた。数枚をここでご披露。

 ちなみに、接写でとったのでサイズがわかりづらいが、たまの形の花は大きさ15mmぐらい、チョウチョウに見えた蛾が全長20mm、ハチが10mmぐらい。接写なら小さな命も鮮明に映りますね!











台湾茶イベント・少人数制中国語教室

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小愛台湾留学日記07.10.17~宜蘭之行yi2 lan2 zhi1 xing2

2007年10月18日 | 交流の広場~誰でも、何でもどうぞ!
■黄老師:小愛、イ尓去台湾已経過了差不多一半的時間、是不是開始覚得累了口尼?
(日本語が懐かしいのでは?ここからは日本語なのでリラックスして見てね)
台湾に行ってからちょうど半分ぐらいたったんですね。疲れのほうは大丈夫ですか?めまぐるしい毎日で、体がついていけなかったり、うまく表現できなくて落ち込んだりしてませんか?
 旅は残り半分です。楽しくも辛くもあと2週間で終点です。新しい気持ちで後半の2週を迎えましょう。またの現地報告を待ってます!

■小愛:
黄老師
謝謝、イ尓的e-mail。我hen3高興。
現在在度過充実的生活。
<添削>
現在我毎天都過得很充実。

■小愛:
 ご心配いただいてありがとうございます。おかげさまで体調を崩すことなく、元気に過ごしています。最近すっかり学校の授業にも慣れ、毎日充実しています。放課後は学校のクラスメイトとあちこち観光がてら、出かけたりして楽しく過ごしています。
 日本に戻ってから、「あ!(台湾の)あの場所に行き忘れた!」ということがないように、「行きたいところリスト」を作りました(笑)。台湾生活も残すところ10日余りとなりましたが、最後までしっかり楽しみたいと思います。

■黄老師:
太好了!我真替ti4イ尓高興!すっかり馴染んでるようですね。旅の後半にストレスがトンと出てくるのは?と心配したのはよけいでしたね。「行きたいところリスト」は好点子!いいアイディアですね。しっかりと現地レポート、頼んだぞ!(老師のいまからの心配事は、小愛が日本に帰ってきてからの台湾への「ホームシック」.....)。

■小愛:
ではここから、最近の出来事を・・・
先日の日曜日、学校の友達4人で「宜蘭」へドライブに出かけました。車で台北市内からおよそ1時間半。高速道路の中では世界一長いといわれる「雪山トンネル」を抜けると、のどかな風景が広がる「宜蘭」へ到着。穏やかな町並みに癒されました。
今回の立ち寄ったところは・・・

*「蜂采館」
蜂を飼っている施設。無料で本物の蜂の巣からはちみつを採って食べさせてくれたり、間近で蜂の巣を見せてくれる面白いところでした。


*冷泉で有名と言われる地域へ
炭酸水が湧き出ているという施設へ行ったのですが、この時期、冷泉(水です・・・)に入る人はさすがにいないらしく、お客は私たちだけでした(笑)とりあえず、炭酸水が湧き出る壷で記念撮影を。夏場はプールになるようで人がたくさんいるようです。


*名物の炭酸ソーダ?
かわいらしく、ぶらさがっています。


*滝!「五峰旗」
ここに着いたのが夕方5時だったので、麓の滝しか見れませんでした。一番上の滝を見るには、山道をさらに1時間登るとか。


*駅前には無料の足湯広場が・・・
さすが温泉の街。駅の真ん前に無料の足湯広場が。みなさんのんびりと足湯してました。私たちも別のところで(もちろん無料)足湯してきました。すごく気持ちよかったです。


昨日は放課後、九[イ分]&基隆へ行ってきました。また報告します。





台湾茶イベント・少人数制中国語教室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都バス・○○パンしゃぶしゃぶ・○○ブリオ

2007年10月16日 | ダジャレいそしみ日記
■都バスとばす。
 とばす都バス。

■鍋という鍋がすべて使ってるとき、深めのフライパンでしゃぶしゃぶを作った。題して「フライパンしゃぶしゃぶ」


■テレビで男性司会者Aさんを見た夫:「え、この人誰?」
 妻:「元NHKのアナウンサーよ」
 夫:「そうだよね」
 妻:「本当は知らなかったでしょう?」
 夫:「そうだよ」
 うちの夫、別名「知ったカブリ男(オ)」。
台湾茶イベント・少人数制中国語教室




コメント
この記事をはてなブックマークに追加