台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

{イ尓}吃的是什{ノム}豆腐?

2007年01月29日 | こう言うんだ!~リアルな中国語
「吃豆腐」
■発音:chi1 dou4 fu3

■意味:男性が女性にセクハラ的な発言・行為をする。現代的には解釈が広がり、性別問わず、男性も女性も「吃豆腐」(する)、「被吃豆腐」(される)の表現が可能。
似た表現「性騒擾xing4 sao1 rao3」と比べて、「吃豆腐」は程度が軽く、可愛げがあり、まだ冗談と済ませられるもの。「性騒擾」は程度がひどく問題性が強く場合によって犯罪性のあるもの。

■由来:豆腐が外的な力に弱く、押すとくずれるもの。威力を駆使して無力で軟弱な相手をいじめることを「豆腐を喰う」にたとえた表現。

■使い方:A吃B(的)豆腐。(AがBにセクハラする)  A被B吃豆腐。(AがBにセクハラされる)  

■例:老板没事総是喜歓開黄色笑話、吃女員工豆腐。(社長はヒマさえあれば、女性社員にエロいジョークでセクハラをする)     {イ尓}穿得那{ノム}露、小心被吃豆腐。(そんな露出した服を着て、セクハラされちゃうよ)     我只是不小心摸到他的手、没有吃他豆腐的意思。(わたしはたまたま彼の手に触れただけで、彼にセクハラをするつもりはない)   

「吃豆腐」をただの冗談ではなく「性騒擾」と感じる人もいるし、「吃我豆腐、我不介意{口阿}!」(セクハラ?べつに平気よ)と寛容な人もいるが、あなたはどちら?世の中の平和のためにはとりあえず「不要随便吃人家豆腐比較好」(人様には気ままにセクハラっぽいことをしないほうがいい)。



中国語教室のお申込みは台湾人による中国語教室「T-Chinese」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可愛的小野狗「小黄」ke3 ai4 de xiao3 ye3 gou3「xiao3 huang2」

2007年01月23日 | こう言うんだ!~リアルな中国語
台南「成功大学」のキャンパスで出会ったかわいい野良の子犬「黄タン」。
這是我們在台南「成功大学」校園裏発見的一隻可愛的小野狗「小黄」。
(zhe4 shi4 wo3 me zai4 tai2 nan2 「cheng2 gong1 da4 xue2」xiao4 yuan2 li3 fa1 xian4 de yi4 zhi1 ke3 ai4 de xiao3 ye3 gou3「xiao3 huang2」)


じつは最初は兄弟3匹、私たちが近づいたら、2匹が素早くコンクリートブロックの下の穴に潜って、姿を消した。「黄タン」一人だけ入り口をふさぎ、「な~にもないよ」のように...。
其実、一開始有3隻、但是当我們慢慢接近的時候、有両隻快手快脚地鑽進了水泥板下面的洞穴、只剰下他守在洞門口、一副「這裏什{ノム}都没有{口屋}」的様子...。
(qi2 shi2, yi1 kai1 shi3 you3 san1 zhi1, dan4 shi4 dang1 wo3 me man4 man4 jie1 jin4 de shi2 hou4 , you3 liang3 zhi1 kuai4 shou3 kuai4 jiao3 de zuan1 jin4 le shui3 ni2 ban3 xia4 mian4 de dong4 xue4 , zhi3 sheng4 xia4 ta1 shou3 zai4 dong4 men2 kou3 , yi2 fu4 「zhe4 li3 she2 me dou1 mei2 you3 o」de yang4 zi...)



わたしたちがなかなか離れないから、入り口にいる「黄タン」も最初はカッコウ良さげにしていたが、だんだん退屈になってきて腹ばいに...「いつまで見てるんだ、ワン」。
起先看起来很有模有様的「小黄」、見我們遅遅不走、後来只好{足八}下来...「到底要看到什{ノム}時候{口列}...{シ王}!」。
(qi3xian1 kan4 qi3 lai2 hen3 you3 mo2 you3 yang4 de 「xiao3 huang2」,jian4 wo3 men chi2 chi2 bu4 zou3 , hou4 lai2 zhi3 hao3 pa1 xia4 lai2...「dao4 di3 yao4 kan4 dao4 she2 me shi2 hou4 lie...wang4」



結局、彼は負けた。退屈に耐えられず、「みんなのいる穴の中へ入ろうと、ホイ」、おしまい。
結果、他被我們打敗。耐不住無聊、最後也決定鑽進洞裏「{矣欠}!」。完。
(jie2 guo3 , ta1 bei4 wo3 men da3 bai4. nai4 bu zhu4 wu2 liao2 , zui4 hou4 ye3 jue2 ding4 zuan1 jin4 dong4 li3「ei4」. wan2)



そうそ、かれは最後に完全に中へ入ったのでご心配なく。
対了!看官們別担心、他最後完全進了洞裏了。
(dui4 le , kan4 guan1men bie2 dan1 xin1, ta1 zui4 hou4 wan2 quan2 jin4 le dong4 li3 le)


おわり。
完。
(wan2)


中国語教室のお申込みは台湾人による中国語教室「T-Chinese」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性がかぶってよく男性がかぶってよくない「緑帽子」とは?

2007年01月22日 | こう言うんだ!~リアルな中国語
「戴緑帽子」
■発音:dai4 lu"4 mao4 zi
■意味:(男性が)浮気をされる。男性の場合のみ用いられる。「外遇」wai4 yu4は男女問わず用いられる。
■由来:唐の官制規定では、「緑色」は下等官位に用いられる色。元・明は遊女は緑の服・ずきんの着用が規定され、その父親と親族の男性は緑色のずきんの着用を定められていた。「緑頭巾」lu"4 tou2 jin1が遊郭や男女の情事と連想されやすいため、のちに「緑頭巾」が夫が妻に裏切られ浮気されることを指すようになり、今では「緑帽子」というようになった。
■使い方:被~戴緑帽子。(~に浮気される)  譲(or給)~戴緑帽子。(~を裏切り浮気する)
■例:他被老婆戴緑帽子。(彼は奥さんに浮気された)   没有一個老公希望被老婆戴緑帽子。(奥さんに浮気されてもいい旦那さんはどこにもいない)   {女也}給{女也}老公戴了一頂很大的緑帽子。(彼女は派手に浮気をした)

どうしても「緑色の帽子」を言わければというときは、「緑色的帽子」といえばいいのだが、どうしても色眼鏡的なところが払拭しにくいので、「帽子を買うなら、とくに男子の場合は、緑以外の色を」、と個人的な意見ですが。


中国語教室のお申込みは台湾人による中国語教室「T-Chinese」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イ尓想搭看看「国道巴士」口馬?

2007年01月17日 | 台湾の話
 2007年1月4日「台湾高鉄(新幹線)開通した」ニュースが、度重ねた延期のすえ、ついに本当のニュースとして取上げられた。台湾の人々には待ち焦がれすぎた(焦げた?)開通でした。

 ところがだ。日本で見たニュース映像では、車内がどっちかと言えばガラガラ?よっぽど台湾には鉄道マニアが生息していないのか、みんな一番乗りよりも命を大事にしたいのか...。

 みんなが関心を持つことは、もちろん第一に安全問題、その次は従来の交通手段との比較だろう。私事で恐縮だが、私の田舎のある佳里(台北発)までの片道を例にして比べてみよう。
◎飛行機:2時間弱、2,000元(約7,000円)
台北~台南(飛行機50分、1,960元)⇒台南空港~台南駅(バス10分、15元?)⇒台南駅~佳里駅60元(バス50分、60元)。
◎新幹線(普通席):3時間弱、1,460元(約5,000円強)
台北~台南(新幹線1:45、1,350元)⇒台南新幹線駅~台南駅(推測30分、50元)⇒台南駅~佳里駅60元(バス50分、60元)。
◎鉄道(自強号の場合):5時間弱、801元(約2,800円)
台北~台南(鉄道約4時間、741元)⇒台南駅~佳里駅60元(バス50分、60元)。
◎国道巴士(※国道:高速道路。高速バス):約4時間半、500元(1,750円)
台北~佳里、乗換なし。

 まず飛行機は、むかし競争が激しい時期もあった。あの頃はわりと割引率の高いチケットで利用できたが、飛行安全の問題をきたしたことで、いまでは旅行会社が打つ出してる料金はせいぜい50元引きの世界。よっぽど商用みたいに時間を急ぐ場合でなければ、日常的に使うのが難しいだろう。

 新幹線はどうだ?飛行機と、鉄道・国道巴士の間をとったような料金と所要時間....。勝敗は微妙、これからといったところだろうか?でも、「仮に乗るチャンスがあったら乗る?」と聞かれたら、いまの答えは「まだいい」。やはり安全が心配で...。少なくとも半年は様子を見たい。

 実際、いま台湾でもっとも頻繁かる手軽に利用されているのは、鉄道と国道巴士。とくに田舎町に向かう人にとっては、国道巴士は鉄道以上にあり難い存在。鉄道の停車駅が大きな街、たとえば台南市(日本で言うと県庁所在地)など。でも国道巴士は高速を降りたら市町村の市街地まで停車駅があるので、その便利さは利用者にしかわからない。

 この国道巴士は以前、「国光号」以外の民間バス会社が各自台北駅周辺に本拠地を構えていたが、2005年夏以後、「国道客運台北総站」ができたことで、あそこにさえ行けばと、ウンと利用しやすくなった。

国道客運台北総站外観


国道客運台北総站のなか

長距離乗るわけで、乗り心地をよくするサービスも充実。(バス会社によって異なるが)
たとえば:
◎席数が少なく、席もゆったり(全席20席ほど)。ただし、小さいお子さんの場合は、席に埋もれちゃって却って座り心地よくないのでは...の気もするが。

ゆったりとした席


膝もゆうゆうと伸ばせる

◎エンター性:独立モニターだったり、車内2画面で2本の映画を同時に放映したりする。
 独立型の場合は、それこそ自由にチャンネルを行ったり来たりできる。2画面の場合はイアホーンで切り替えして視聴できる。

◎座席がマッサージ機能付き


ついでに台湾の高速道路についてちょこっと勉強しておこう。台湾の西部を結ぶ大動脈の「国道1号」である「中山高速公路」、マークは梅の花(台湾の国花)。基隆~高雄で全長 372.8Km。北から南へ下るのを「南下nan2 xia4」、南から北へ上るのを「北上bei3 shang4」という。
日本と同じく料金所にもETCシステムが使われているが、窓口のサービススタッフは一般的に若い女性。ちなみに、以前、日本にまねてスタッフが料金をもらった後に会釈して「謝謝!」と声をかけるキャンペーンがあったが、首や腰に負担がかかるといって、現場から不評の嵐が起こったと、冗談のような本当の話を、新聞で読んだことがある。なるほど、台湾のサービス業はまだ質の向上云々よりも、「要が足せば」の現実主義的な一面もまだまだ根強い、そんな代表的な一例である。


もう一枚は道路標示。「泰山服務区」tai4 shan1 fu2 wu4 qu1(台中近くにある大型サービスエリア)。「160公里」とあるのは、起点の基隆から数えて160キロということ。


 今度台湾に行ったら、ホットな新幹線に初トライするのもいいし、台湾の庶民の脚であるこの「国道巴士」にも是非トライしてみては?



中国語教室のお申込みは台湾人による中国語教室「T-Chinese」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加