台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

2014年台灣語學研習第二梯次活動報告(2014.12.5~12.8)

2014年12月23日 | 交流の広場~誰でも、何でもどうぞ!
【第一天12月5日(五)】
三人從東京羽田機場出發,前往台灣與其他團員集合.
東京から3人が飛び立ち、ほかのメンバーと台湾で合流。


到達台北後先到永康街附近的「青田街」(日據時代多數教育機關分布於此,當時為多數教職員居住地)走走,這裡叫「青田七六」,是日本時代留下來的建築,目前搖身成為CAFE.
台北に到着後、まずは永康街近くの「青田街」(日本時代は近くに教育機関が多く、教職員が多数在住した文教地区)へ。ここは日本時代からの建物で「青田七六」といい、いまはカフェ。




附近還有一個叫錦安市場的地方,這裡聚集了一些販賣骨董的商店,進出的人都是當地人,沒什麼觀光客.喜歡的人可以待上半天.
近くに骨董商が集まった「錦安マーケット」がある。出入りする人はほとんどが地元の人で、観光客が見当たらない。好きな人は優に半日つぶせる。



我要一杯溫的珍珠奶茶,微甜的.
微糖の温かいタピオカミルクティー一杯ください!


前往參加「舞之祭in台灣」前夕的活動.
「まつりイン台湾」の前夜祭に参加。




數十年來為台灣與日本兩國交流盡心盡力的人士們,謝謝你們!
数十年間台湾と日本の交流に尽力してきた方々。御礼を申し上げます。


【第二天12月6日(六)】
前往國立台灣博物館洗耳恭聽博學多聞的片倉佳史老師講解台灣跟日本的歷史,之後中午一起用餐.
博識の片倉佳史氏にから台湾と日本の歴史の話をうかがいに、国立台湾博物館へ赴く。その後はランチをご一緒した。






下午兩點左右到達台北101附近的活動會場,服務正式開始!
午後二時ころ台北101近くの会場へ到着。いざ仕事モードだ!





活動期間是周末,加上沒下雨,所以客人源源不斷,晚間更是熱鬧.
週末だし、晴天だし、お客さんがどんどんやってくる。夜になると会場はいっそう賑わいをみせた。



攤位營業時間結束,去吃大會為工作人員準備的餐飲為晚餐熱一下身!
ブース営業終了後、スタッフのために用意されたケータリングへ腹ごしらえ!


換場地再去吃一攤.
場所を変え食べなおそう。




【第三天12月7日(日)】
這天集合時間較晚,所以早上去外面吃早餐!原來油條炸之前(右邊)那麼瘦長啊!
この日の集合時間が遅めだから、朝食はお外で食べよう!「油條」は揚げる前はあんなに細長いのね!


我要一份蛋餅跟一碗甜豆漿.
卵クレープと甘い豆乳ください。


三個人點的都不一樣!(照片前方順時針各為鹹豆漿加飯糰,饅頭加蛋跟米漿,蛋餅加甜豆漿)
三人とも違うものを注文した!(写真前方から時計回り順に、塩豆乳とおにぎり、卵焼き入りマントーとライスミルク、卵クレープと甘い豆乳)


吃完早餐去逛市場!
朝食後は市場へ!



我要一顆滷蛋.
玉子の醤油煮ひとつください。


來去做小籠包.
小籠包づくりに挑戦しよう。


一折一折要小小的,捏平,看懂了嗎?
折り目はなるべく小さく、まっすぐに!わかりましたか?


擀皮時棒子要跟桌緣平行,聽好喔,要用手掌肉擀,不是用手指擀喔!
皮を伸ばすときは、めん棒はテーブルの縁と平行に、指じゃなくて手のひらの肉の部分を使うのよ。


蒸前,樣子看來還不.
蒸す前、なかなかいい感じ。


蒸後,還滿像樣的嘛!
蒸した後、それなりに様になってるじゃん。


開動!いっただきま~す!


坐捷運回飯店,問路人「請問慶泰飯店怎麼走啊?」
MRTでホテルへ戻る。「ガーラホテルはどう行けばいいんですか」


三一一地震後日本東北地區誕生的偶像「小野君」おのくん這天專程從日本來共襄盛舉,並登台表演.
3・11地震後に誕生した日本東北地方のキャラクター「おのくん」もこの日わざわあざ日本から駆け付けた。舞台にも上がったよ。



台灣的小野君支援者也前來會場幫忙.
台湾にいるおのくんの支援者も会場に手伝いに来てくれた。


開跳前不忘先屈膝熱一下身.
踊る前はしっかりと屈伸してウォーミングアップ。


站著時三等身,蹲下時二等身的小野君真討喜!
立って三頭身、しゃがんで二頭身のおのくん、かわゆい~!


謝謝台灣攤位第二天也客源滾滾來.
「ありがとう台湾」ブースは二日目もお客様いっぱいだ。


人客,來唷!
っらっしゃい!

今天的布條也簽得滿滿的.兩天份的布條滿載台灣人的祝福,將送至日本東北地區.
今日の横断幕もサインでびっしりだ。台湾人からの励ましの言葉はイベント後にこの横断幕とともに日本の東北地方に送り届けられる。


為期兩天的活動在天公作美之下,圓滿結束.最後大家一起繞著主舞台跳盂蘭盆舞.
二日間のイベントは天気が恵まれたなか無事に終了した。最後は全員がメインステージの前に集まり盆踊り。




犒賞自己這兩天的辛苦,走!來去吃飯去.(糜家莊)
この二日間に働いたご褒美に、さあ、食事に行こうぜい!






【第四天12月8日(一)】
這天是觀光行程.先去總統府.別忘了出示護照喔!
この日はどっちかといえば観光コース。まずは総統府から。パスポートは忘れずに!



跟為我們導覽的林宗澤爺爺合影.林爺爺已經年過八十,還是這麼健朗!
館内を案内してくれた林宗澤おじいちゃんと写真撮影。80を過ぎているのに、とってもお元気。


再來去泡茶吧!
次は、お茶をいただきに行こう!





這次活動的最後,跟小野君團隊的夥伴們一起吃中餐!各位辛苦啦!
今回日程のフィナーレ。おのくんチームと昼食。みなさん、本当にお疲れ様でした!


///////////////////////////////////////////
下次台灣語學研習活動預計於明年2015年11月中旬.敬請期待!
次回の台湾語学研修は来年2015年11月中旬に予定しています。乞うご期待!


台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『天空からの招待状』 12月20日(土)公開しました!

2014年12月21日 | 台湾関連イベント・番組など
映画『天空からの招待状』FB
映画『天空からの招待状』公式サイト

【公式サイトより】
台湾政府内「國道新建工程局」職員として、20年以上航空写真を撮り続けてきたチー・ポーリン監督が、台湾のドキュメンタリー映画史上最高の製作費3億3,500万円を投入し映画化した『天空からの招待状』(原題:看見台湾/英題:Beyond Beauty, TAIWAN FROM ABOVE)が、遂に日本劇場公開される。

台湾での公開時には、観客動員数100万人以上、興行収入7億円を記録し、ドキュメンタリー映画ながらも2013年の台湾興行収入で第3位にランクイン。口コミで話題が広まり3ヶ月半以上のロングランで異例の大ヒットとなった。

空中を漂うカメラは、台湾の様々な姿を捉えていく。フォルモサ(麗しの島)と呼ばれる美しい、山・海・田園。一方で、工場の煙突から噴き出る白煙や、工場排水が流れてしまっている河川など、環境破壊の実態も浮き彫りにしながら、人々の暮らしや日常の営みを見つめていく。

本作には豪華スタッフが集結。製作総指揮に台湾の世界的名匠、ホウ・シャオシェン(『悲情城市』)、音楽はアジアの天才、リッキー・ホー(『セデック・バレ』)。劇中の演唱は、同じく『セデック・バレ』で主役を務めたリン・チンタイ。字幕版中国語ナレーションに、ウー・ニエンジェン(『ヤンヤン夏の想い出』)。日本公開版ナレーションは俳優、西島秀俊。

<プロダクションノート>
企画・監督・撮影・編集までを手がけたチー・ポーリン監督の初長編ドキュメンタリー。本作の企画は、たった一人の男、チー・ポーリンの熱意から始まった。
20年以上、政府の航空写真家として台湾を上空から見続けてきた彼は、自分たちの愛する台湾がどんどんと変質していく姿を目の当たりにして、危機感を覚えていた。
そこで彼は自らの安定した生活をかなぐり捨て、借金を背負いながら、この映画を撮るために全人生をかけた。しかし空撮は予想以上に撮影資金がかかり、スポンサーを見つけるのに苦労を重ねていた。

そんな彼の熱意を汲んだ台湾の巨匠ホウ・シャオシェンが自ら製作総指揮を買って出て、3億3500万円以上もの製作費がなんとかチー監督のもとに集まった。そして2013年の台湾公開時には見事、年間興行成績第3位というミラクル・ヒットを飛ばしたのだった。
単なる美しい映像だけではなく、現代社会に潜む環境問題をはじめ、様々な時事的問題をあぶり出した本作、日本公開版では、俳優・西島秀俊も作品に共感し、ナレーションに参加している。
観終わる頃には、何故か自然と涙が溢れ、美しさの中に潜む強いメッセージが、観るものの心を揺さぶる、感動の映像に仕上がった。

映画『天空からの招待状』FB
映画『天空からの招待状』公式サイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
聽看過的朋友說,這部電影與其說是電影,其教育意義還是比較大.透過影片我們可以看到台灣的地理與自然,也可看到這個島現正面臨的問題.配音有中文版也有日文版,有興趣的朋友可以兩者都看,比較一下.
すでにご覧になった方からは、教育的な意義を感じられる作品だとか。台湾の地理や自然、またこの島が直面している問題を知るきっかけになる作品でしょう。ナレーションは中国語版と日本語版があるので、表現が気になる方は見比べてみては?


台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ふなっしーと台湾グルメ旅!」火曜サプライズ クリスマス2時間SP

2014年12月20日 | 台湾関連イベント・番組など
(yahooテレビより)「ふなっしーと台湾グルメ旅!」
(放送内容未定)
2014年12月23日(火) 19時00分~21時00分

ウエンツ瑛士&DAIGOが、今人気の観光都市・台湾へ!
そこに待っていたゲストは…ふなっしー!これまで何回か訪問歴があるふなっしーは、台湾の言葉もペラペラ!そんな3人で、本当に美味しい台湾の絶品グルメを巡る旅!

まずは、ふなっしーにもシートベルトを装着し、タクシーで街中へ。朝食を外で食べる習慣がある台湾の中でも、特に人気のある行列店を訪れる。豆腐スープにパンをつけて食べる人気メニューをふなっしーも試食し、食リポする。

そして、地元の人の間で評価の高い小龍包のお店へ。アツアツの小龍包を試食したふなっしーは、あまりの熱さに悶絶する。

さらに、ふなっしーが以前訪問したときに体験したというえび釣りに3人が挑戦。釣れなかった人は物まねの罰ゲーム。はたして結果は?

さらに、とんでもないハプニングが起こる。

他にも、志村けんさん行きつけの店や、絶品スイーツの店などを訪れる。夜は、台湾名物の夜市へ。人でごった返す中を食べ歩きする3人。激辛の麺料理を食べたふなっしーは、再び悶絶する。

【情報提供 fumeizi桑】

火曜サプライズ

台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ:2015年新年會ー2015.1.10(六)

2014年12月11日 | 新年会・忘年会・食事会など
各位喜愛台灣的朋友們大家好!
時間過得很快,2014年的月曆又剩下了最後一張.回顧今年,對我來說的大事是帶學生去了兩次台灣.那麼,明年要許下什麼願望呢?
台湾をお好きな皆様へ
今年のカレンダーも残り最後の一枚となりました。あっという間の2014年を振り返り、2回にわたって生徒を台湾に引率しそして無事に帰還したことが、個人的にこの一年間でもっとも大きな出来事でした。さて、来年は何に挑戦しましょう。


2015年新年會日期及會場決定如下,煩請確認。本會場是第三次辦,相信參加過的人都已經很熟悉地點與點菜方式了吧!歡迎大家踴躍參加喔.
さて、2015年新年会の日時と会場が決定しましたので、お知らせします。今回で3回目のレストランなので、場所やオーダー方法がすでにおなじみの方も多いでしょう。どしどしご参加をお待ちしております!

■時間:2015.1.10(六) 19~22點(18:30~進場)
■地點(会場)台南担仔麺 
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-1-13 十勝ビル2F 
JR水道橋駅東口 徒歩2分 地下鉄神保町駅A4 徒歩2分
TEL:03-3263-4530
■費用:5000円
吃到飽19~21點(食べ放題、L.O.20:30)
喝到飽19~22點(飲み放題、L.O.21:30)

本次也採預先收費制,請於12月30日(周二)前上課時直接交給老師,或匯款繳交。完成匯款後,煩請寫信通知已匯至哪家銀行。
今回も事前に集金させていただきます。12月30日(火)までに教室で直接老師に手渡すか、振込にてお願いします。お振込の方はお手数ですがご入金後に「○○銀行に入金済み」の旨をご連絡ください。
1)三菱東京UFJ銀行 麹町支店 普通預金0139682 T-Chinese 黄暖螢(ティーチャイニーズ コウダンケイ)
2)ゆうちょ銀行 記号10070 番号57936781 T-Chinese(ティーチャイニーズ)

■當天連絡方式
請直接打電話到老師手機或打到店裡(03-3263-4530).
当日のご連絡は老師の携帯まは店にお電話ください。

<<注意>>
餐會當天有時無法取消預約,所以若須取消者最晚請務必於前一天(1月9日)下午5點之前通知老師,超過時間請恕無法退費。
当日のキャンセルはできない場合があります。万が一キャンセルの場合は必ず前日(1月9日)午後5時までに老師にご連絡ください。この時間を過ぎると参加費を返却できない場合がありますのでご注意ください。




台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【アドレスリニューアルのお知らせ】

2014年12月03日 | 中国語教室の出来事
【アドレスリニューアルのお知らせ】
2014年12月3日(水)以降より、教室のサイト・メールアドレスが変更しよりコンパクトになります。それに伴い旧アドレスが使用できなくなります。何卒宜しくお願い申し上げます。
■HP:http://t-chinese.jp/ 
■メール:h.n.y@t-chinese.jp

台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加