台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

第12回「舞之祭in台湾」まつりイン台湾2014

2014年11月28日 | 台湾関連イベント・番組など

第12回まつりイン台湾2014
【公式サイトより】

「舞之祭in台湾」是一個透過展現彼此文化活動以加深台灣與日本對彼此文化的了解以及促進雙方交流的國際交流活動.
『まつりイン台湾』とは、日本と台湾の文化披露を通じ、お互いの文化の理解、相互交流の促進を行う国際交流イベントです。

2003年首次舉行至今已進入第十二個年頭,2013年高雄會場參加的日方團體共計250,兩天的活動吸引了10萬人次到場(根據漢神百貨統計),為在台日系活動中最大規模的盛事.
2003年から今年で12年目となり、日本から250団体以上が参加し、2日間の開催で10万人以上(2013年高雄漢神百貨発表)が来場する、台湾で行われる日本のイベントでは最大級の祭典です。

【第12次「舞之祭in台湾」2014活動概要】
■日時:
・第一天:2014年12月6(六)15~21點 
・第二天:2014年12月7(日)12~20點 
■會場:新光三越信義新天地 特設會場(三越A11館旁 香堤廣場) 
活動期間將有3個大小舞台展開各種表演活動,以及介紹日本各地觀光情報的攤位,其他還有感謝台灣對日本支援的「謝謝台灣」攤位,小型熱舞遊行,盂蘭盆舞大會,台日學生交流會等,活動內容豐富多樣,等著大家來共襄盛舉.
会期中は、3つのステージパフォ-マンス、日本のふるさとを紹介する観光ブース、台湾の人々との友情に感謝する謝謝台湾コーナー、舞のミニパレード、盆踊り大会、日台の学生による交流会など、様々なイベントが催されます。

其他相關活動還有,活動前日12月5日(五)的觀光商談會(Japan Travel Fair)以及「『舞之祭in台湾』前夕晚會暨記者發表會 ※筆者譯」(會場:台北寒舎艾美酒店),6日(六)則有慶祝日台相互交流突破400萬人次的「牽牛花大合唱 ※筆者譯」大廳活動(會場:國立台灣戲劇學院).
また、別会場では、5日(金)にビジネスマッチングの観光商談会、記者会見を兼ねた発表会「まつりイン台湾前夜祭」(会場:ルメリディアン台北ホテル)、6日(土)に日台相互交流400万人突破を記念したホールイベント「あさがおハーモニーステージ」(会場:国立台湾戯曲学院)が同時開催で行われます。

【日台表演舞台】日台ステージパフォーマンス
「舞之祭in台湾」的標章形象來自台灣人與日本人攜手共舞姿態.大會期間將有許多來自日本與台灣的團體上台表演,並帶動台下觀衆共同投入活動行列.
まつりイン台湾のロゴマークは、日本と台湾の人々が手を取り合い舞う姿をイメージしています。開期中は日本と台湾の熱く華やかなステージの競演が繰り広げ、出演者と観客が一体となり、笑顔の華が咲き乱れます。

【日本觀光情報攤位】日本観光PRブース
台灣每年有超過230萬(2013年統計)人次造訪日本,「舞之祭in台湾」每年有多數日本團體於此設置攤位介紹日本各地風情.
台湾からは年間230万人以上(2013年)もの多くの方が来日されています。毎年まつりイン台湾の観光ブースは、日本各地の良さをアピールする出展者と来場者でおおいに賑わいます。

【謝謝台灣攤位】謝謝台湾コーナー
311地震過後,日本獲得來自台灣各方的種種支援,為對此表達謝意,「舞之祭in台湾」於2011年起開設了「謝謝台湾」攤位.
3.11の大震災には台湾中から、あらゆる支援が寄せられました。まつりイン台湾では、その温かい気持ちに感謝を伝える「謝謝台湾」コーナーを2011年から開催しています。

p.s.我將與學生於本攤位服務!本攤位位於新光三越A9館與A11館中間廣場
生徒たちとはこのブースに立ちます。場所は新光三越A9館とA11館の間です。


第12回まつりイン台湾2014

台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

趁日幣貶值,幫忙狂掃日貨(円安の機に、日本商品代行購入に一肌脱ぐ)

2014年11月18日 | 日々の日記帳
趁日幣貶值,很多台灣人都比以前更大膽的搶購日貨.
近頃の円安で、多くの台湾人が以前に増して日本商品にお金を費やしている。

我就有朋友平常愛用日貨,所以這種時候自然少不了他.這次他希望我代購的是除濕機.
普段から日本商品が大好きな友人から、当然のように声がかかった。今回は除湿器だ。

他說在台灣買的話一台要19900台幣,等於是基本底薪.想想,在日本會有人花20萬日幣去買一台除濕機嗎?太扯了!不過由此也可得知日本這方面的電器製品有多體貼消費者的荷包.
友人いわく、台湾で買うと、一台で19900台湾ドルもして、基本月給とほとんど変わらない。おいおい、ちょっと待ってよ。日本で20万円を出して除湿器を買う人いるか!あり得ない。いかに日本のこの手の電気製品が手頃かがわかるわ。

幫他買是小事,但怎麼把貨給他呢?答案是去郵局寄.
さて、代行で購入するのはいいが、問題は届け方だ。答えは、郵便局だ。

海運兩周內到貨,按重量計費,16.5公斤,5150日幣.
船便で2週間以内で着荷。重量によって料金が計上される。16.5kgで5,150円なり。

機器本身是34000左右,含運費一共不到4萬,折合台幣(以1:3.7計算)不到11000!差不多是半價耶!真的是賺到了.
機械本体の値段は34000円ほど、運賃込みでも4万円以下だから、11000台湾ドルに満たない(1:3.7で計算)!ほぼ半値じゃ~。半端ないお得感。

機器已經寄出去了,希望他在台灣用得開心!
機械はすでに「出荷済み」。ぜひ台湾で楽しんでください!



台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YOUは何しに日本へ?(沖縄船旅で台湾観光客の密着取材)2014年10月27日

2014年11月12日 | 台湾関連イベント・番組など
【情報提供shanxing】
【FULL HD】YOUは何しに日本へ?2014年10月27日


はじめから29分までは沖縄への船旅で台湾観光客の密着取材。訪れた回数すら覚えていない人がいるくらい、沖縄は本当に台湾人にとって身近な外国。余計なお世話かもしれないが、いくつか気になった点をピックアップする。言葉はオリジナルで理解するに限る!とわかっていただけると思う。

1.番組スタッフがある男性(5:05~)に来日の回数をたずねたところ、男性がしばらく沈黙し、「五六十次了吧! (もう5・60回だろう)」と言葉を発したのと同時に字幕が「今回が60回」と出た。たしかにここまで回数が多いと50回も60回も大して違わないだろうが、どうも誇張効果狙いの匂いがする。

2.自転車2+スクーター1の三人組がギリギリ港に戻ったシーン。男性がまだ戻ってこない女性のことを案じ「找不到那家店(店が見つからない)」と話したときの字幕が「彼女お店に行っちゃったんです」(12:43~)。その直後「どうしても買い物をしたかった彼女YOUだけ別行動したらしい」のテロップが現れた。しかし、その後、ついに姿を現せた彼女が言ったのは「找不到還車的地方,在繞圈圈(スクーターを返す場所が見つからなくて、グルグル回っちゃった)」(13:05~)。
どうなってるの?テロップに嘘がないなら、買い物に行きたい彼女は別行動をし、その後スクーターを返す場所が見つからなくて結局出港時間にギリギリで戻った、ということだっただろうか?だとしたら情報カットで説明不足。
それとも買い物に夢中のあまり乗船に遅れそうになったと話が作り替えられたのか。現に復路に時間の余裕がないのに買い物に走ったとはとても思えない。真相いかんによって視聴者の彼女に対する印象が全然違った。ますます怪しい。

3.那覇港に向かう船のなかで出会ったおばあちゃんと孫娘ペア。その孫娘の使用言語に注目をしていただきたい。方言の台湾語に慣れた世代のおばあちゃんとは台湾語で、対外的に、つまり番組スタッフとは公用語の中国語でやり取りをした。台湾人の一般的な現象である。


台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台北捷運香蕉線?(台北MRTバナナ線?)

2014年11月04日 | 日々の日記帳
【捷運妙事分享】取自以下網頁
老外請問「捷運香蕉線在哪?」網友白眼後才發現自己錯了 | ETtoday新奇新聞 | ETtoday 新聞雲

香蕉線、板南線,傻傻分不清楚!
バナナ線、板南線、ワケがわからん!

台大學生創立的校園社群平台Dcard於本月1日PO出一篇文章,內文中一名網友走在捷運站中,突然被一名外國人叫住問說,「Where is the banana line?(請問捷運香蕉線在哪裡?)」
台湾大学学生の間のコミュニティーサイトDcardで今月1日の投稿。MRT構内を歩いていたところ、突然外国人に「Where is the banana line?(MRTのバナナ線はどこですか?)」と声をかけられた。

而網友聽到後當場傻住,只能回答沒有香蕉線這條線,直到看到以下這個招牌,才恍然大悟。
わけが分からなくてバナナ線はないですよと返すしかなかったが、その後、案内板を見てはっとした。そういうことだったのか!

【取自ETtoday新奇新聞網頁】

是板南線(Bannan Line)才對啦!絕對不是什麼香蕉線(Banana Line)!雖然遠看有點像...
バナナ線(Banana Line)じゃなくて、板南線(Bannan Line)なんですよ!お客さん。遠くからは似てるっちゃ似ているけど。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
其實換個角度想,台灣以水果遠近聞名,是不是可以考慮一下將捷運路線改以水果為名呢?副名也可以!香蕉線,鳳梨線,芒果線,荔枝線...,聽起來好像是什麼遊樂園的遊具,坐起來應該挺開心的.
発想転換して...、そもそも台湾は果物で国内外で有名だし、MRTの路線を果物名に変更してもいいかも!サブでもいい。バナナ線、パイナップル線、マンゴ線、ライチ線...、遊園地の遊具っぽくて楽しそう!

這樣一來還有一個好處是,無論旅客國籍為何年老年幼都會很好認.
メリットがもう一つ。乗客は国籍・年齢問わず、標識がわかりやすい!

捷運負責人是否能認真研究一下本方案的可行性呢?
MRTの方、ぜひ前向きに検討してみませんか?

老外請問「捷運香蕉線在哪?」網友白眼後才發現自己錯了 | ETtoday新奇新聞 | ETtoday 新聞雲



台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加