台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

臺北創意街區地圖(CITY YEAST)

2017年11月14日 | お役立ち情報
臺北創意街區地圖(CITY YEAST)
上網查詢一些這次台灣研習所需的資訊時,發現了這種地圖.喜歡探尋大街小巷的台北之美的朋友,不妨下載來試用看看!
今回の台湾研修に備えいろいろとネット情報を仕入れていたら、偶然こんなマップを発見。台北の街を探訪するのが好きな方は是非ダウンロードして使ってみてください。

台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんとなく台湾なAmazon prime90秒CM

2017年11月08日 | 日々の日記帳
Amazon Prime CM Motorbike篇 90秒
日ごろからアマゾンのユーザーではある(我是亞馬遜的使用者)が、決してアマゾンの回し者ではない(可不是他們的使者)。
CMのなかの「青年と祖母だけ」は、台湾ではごくごく普通(很常見)のキャストだが、日本ではめずらしい(很少見)ではないかな?
会話がなく、かつ音楽の影響もあってか、まるで台湾のCMを見ているよう...(好像在看台灣的廣告)。バイクの走り抜けるお花畑は東海岸のどこか...(機車馳騁過的花田彷彿是在東海岸的某處)。


台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

百均といっても...(雖說是百元店...)

2017年11月07日 | こう言うんだ!~リアルな中国語
日本の国民的な店「百均」(百元店)。外国人の姿もよく見かける(常常看到有外國人)。

ひと昔と違って、いまは税抜きで200円、300円、500円など単価の高いもの(單價較高的東西)も普通に棚に置かれている(常常在架上看到)。

はじめての訪日で(首次訪日)、商品に貼ってあるシールに気づかず(沒發現貼在商品上的標價)、バンバン買い物かごに入れてしまい(大量往購物籃裡放)、会計時に初めて異変に気がついた(結帳時才發現)。

なんて、訪日外国人にそんな苦い経験をさせないように、「値段が別に表示されているもの(たとえば税込で216円、324円、540円など)以外は全部税込で108円ですよ」を、親切なあなた(好心的你)ならどう伝えますか(會如何提醒)?


【範例(作例)
除了上面有另外標示價錢的以外,其他都是含稅後108円.(実際に216円の商品を見せながら)像這個上面有標216円,就是一件含稅後216円的意思,(今度108円の商品を見せながら)那像這個上面沒有特別標價,所以就是一件108円,這樣子.


台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年台湾現地研修・第二弾(2017.11.16~11.27)11.1現在情況

2017年11月01日 | 交流の広場~誰でも、何でもどうぞ!
教室のトップページ「最新情報」にリンクしています。後日この記事を確認したい方はT-Chineseからどうぞ。
■日程
2017年11月17日(五)~11月27日(一)

■研修場所
1.11月16日(四)午後~19日(日)全日、20日(一)午後:台北(前半)
2.11月22日(三)~23日(四):台南
3.11月24日(五)午後~11月27日(一):台北(後半)
・11月20日(一)は台北から台南へ移動のため、研修は15時迄
・11月21日(二)は休講
・11月24日(五)は台南から台北へ移動のため、研修は15時以降
※漢方受診体験:11月16日午後3時~、24日午後3時~の予定です。

■空き状況(11月16日と24日が午後~夜間受講可能、以外はすべて全日受講可能)
11月16日(四)台北 午後~2名
11月17日(五)台北 全日2名
11月18日(六)台北 全日1名
11月19日(日)台北 全日1名、午前~午後1名
11月20日(一)台北 午前~午後2名
11月21日(二)休
11月22日(三)台南 全日1名
11月23日(四)台南 満員
11月24日(五)台北 満員
11月25日(六)台北 全日1名
11月26日(日)台北 全日3名
11月27日(一)台北 全日1名

■受講形式:各枠3名
・先着順にて受け付けます。ご希望の方はお早めに。万が一ご希望の枠が取れない場合はお許しください。
・合流のタイミングによっては3名を超える時間帯もあるかもしれません。
・台北は後半のほうが混み合いそうです。混み合いを避けたい方はぜひ前半をご検討ください。

■受講可能時間(目安)
・台南:9:30~20:30
・台北:9:00~21:00

■受講料:
①1枠:11000円(午前、午後、夜のみ)
②2枠:16000円(午前~午後・午後~夜)
③3枠:19000円(午前~夜)
・1枠4時間以内。4時間を超えた場合は+1枠となります。異なる日の合算は出来かねます。
・上記料金は講師の現地活動諸費用込みのものです。
 タクシー代、施設利用料など業務遂行に伴う費用は別途受講生のご負担で願いします。

■航空券・宿泊:各自にて手配をお願いします。
■お問合せ:h.n.y@t-chinese.jp
当教室の受講生優先の研修イベントですが、受講生以外の方のご参加もお待ちしております。
.................................................................
・老師がいるから、一歩踏み出して、教室で教わったフレーズを試すきっかけ・勇気が得られやすいでしょう。
・現地で新たに習得した言い回しも、その場で覚え、その場で使うことができます。
・自力でどんなに頑張っても限界を感じる聴く力・話す力はその場で補強され、街歩きがどんどん楽しくなりそうです。
・本当はもっといい言い方があるはずと思いながらも安全な言い方に逃げてしまう方は、ぜひご一緒にその状況に合った表現を探りましょう。



台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老楊綠豆仁鹹蛋黃餅

2017年10月30日 | 台湾発のお土産
有一個學生每次去台灣一定都會買方塊酥之類的零食回來,她這次帶了老楊綠豆仁鹹蛋黃餅來教室送我.
台湾帰りに必ず「方塊酥」のようなお土産を買って来る生徒がいる。今回は「老楊綠豆仁鹹蛋黃餅」のおすそ分け。


我們一起打開包裝,發現裡頭的小包裝背面上印著綠豆蒜,這下子我不覺警覺了起來.
教室で一緒に開封した。個包装の裏に「綠豆蒜」(緑豆にんにく)がプリントされたのを見て、思わずわたしは警備体制に突入。


我不是不喜歡吃蒜頭口味,應該說是喜歡,不過可能是因為體質的關係,除非是完全經過加熱的東西,要不然不管坊間流傳再有效的小撇步都還是沒辦法消除口中的蒜味,一直要到下次吃正餐後.
ニンニクが嫌いなわけではない、むしろ好き。だが体質のせいか、完全に火の通ったものじゃないと、いったん口にしたら、どんなに巷で効くと噂される裏技でも退治できない。結局は次の食事まで消えない。

不過檢查了一下成分標示,發現並沒有含蒜頭,再實地打開聞了一下味道,好像也聞不出蒜味,保險起見小小的咬了一口,終於才放心,根本就沒有蒜頭在裡面!!!
とりあえず成分表示をチェック。あれ?にんにくなんか書いてないぞ!実際にパッケージを開け、匂いを嗅いでみてもにおわないから、小さく一口かじってみてやっと胸をなでおろした。にんにくはどこにあんねん!

那包裝上沒事幹嘛寫蒜字嚇人呢!真是的.所以,它到底要寫什麼,結果寫錯了呢?真讓人狐疑!
なんでパッケージににんにくなんか書くの!驚かさないでよ、もうっ。で、結局なんの間違い?全然想像つかないんですけどぉ。

不過,話說回來,方塊酥之類的製品微甜夾帶香氣,像這款含鹹蛋黃成分的,微甜中帶點微鹹,恰到好處,真是令人百吃不膩!
ま、話を戻そう。方塊酥のようなお菓子は、ほんのり甘くて香ばしい。今回の塩漬け卵黄入り味は、ほんのり甘さなの中にしょっぱさが加わり、絶妙なバランスでいくら食べても飽きが来ない!

像我一樣喜歡吃鹹蛋黃口味的人,也推薦可以買買看這款很暢銷的老楊鹹蛋黃餅,吃起來鹹蛋黃口味更重喔!
人気な老楊鹹蛋黃餅は卵黄の風味がもっと濃厚で、私みたいに塩漬け卵黄味が好きな方はぜひおすすめ!

聊一下題外話,商標裡那位側著臉的叔叔,總覺得有點像鄧小平,只有我一個人這麼覺得嗎?
完全に余談だが、トレードマークの斜め45度のおじさんがどうしても鄧小平氏に見えてしまうのは私一人だけ?

........................................
po完這篇文章後,有網友來信告知所謂的「綠豆蒜」指的就是去皮後的綠豆仁,並不是標示寫錯,這下子,我心中的疑惑頓然而解. 真是謝謝那位網友指點!
記事をアップした後、ある方からメッセージをいただいた。「綠豆蒜」は誤表示ではなく、外皮を取り除いた緑豆のことだという。なるほど、これでナゾが判明した。ご指摘をいただき、誠に有難うございます。

我自己也上網查了一下,發現這好像是恆春一帶的說法, 有影片介紹,可參考一下!
ネットで検索したところ、どうも台湾最南端「恆春」あたりの言い方らしい。参考になる動画はこちら。
綠豆蒜是哪種蒜?問恆春人就知道(蘋果日報)


台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・ 通訳サービス T-Chinese
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加