ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

学園祭

2014年03月04日 | ゆきちゃんの日記
今日は由紀子の通うデイの学園祭!!



なぜ「学園祭」なのかは
去年の日記で!(笑)
こちら

今年も一年間の利用者の成長と努力を讃えて
一人ひとり表彰されました。


その為に今日は正装です。



( *´艸`)フフ

今年はちょっと大人っぽく
ブレザーできめてみました。(笑)


本当は保護者も参列できるのですが
今日はデイの本部が改装中で
別の場所で催されて・・・

会場が狭かったり
駐車場が少なかったりするので
残念でしたが、参加を見合わせることにしました。
o(;_ _)o


PMSの症状が出てきているので
ちゃんと参加できるかどうか
心配をしていたのですが

最後までちゃんと参加できたようで
ホッとしました。


お迎えに行って
車の中で
「ちゃんと表彰状をもらえた?」
と、聞いたら

笑顔で
「はい!」
と、簡単に答えたあとで


カレーを食べたの!
サラダも食べたの!
ケーキを食べたの!

☆・゜:*(人´ω`*)



と、相変わらずの
花より団子のトークでした。(笑)



現在のデイに通いだして
一年半が過ぎました。

学園祭も二回目です。

早いですねぇ~~!


これでデイの一年間の行事は
全て経験したことになるのですが・・・

感じることは
大きな行事がほとんどないということです。


以前通っていた事業所では
法人全体での運動会や遠足、
夏祭りなどがありましたが

今のデイでは
そういう行事が全くありません。


それでは刺激が少ない!
と、言われる方もいると思いますが

自閉症の人にとって
大きな行事は
楽しくもありますが
大きなストレスでもあります。


特に由紀子は
学校時代から
行事に苦しんできました。

次から次へと
押し寄せてくる行事の波の中で
もがいているように見えました。


特に、運動会の時期は
地獄の日々でした。(笑)



それに比べて
今のデイでの生活は



毎日やるべき仕事を頑張り

陶芸やフィットネスなどの
サークル活動をする!


ほとんど毎日ウォーキングや
ドライブに連れて行ってもらい
その景色の中に季節を感じ

デイの中で
こじんまりと季節の行事をする。

そして、時々
外食に連れて行ってもらう!(笑)


そんな淡々とした毎日が
由紀子にとっては
落ち着けていいのかもしれません。




そんな中で、今日の学園祭は
唯一緊張をする行事です。

全員が正装をして
一年の終わりと
新しい年度の始まりを
自覚させる為の行事なのだと思います。

淡々とした生活の中でも
由紀子は確実に成長をしています。

その成長を褒めてもらう
そんな行事でもあるんですよね?!



デイがどんな意図で
こんな活動体制をとっているのかは
聞いていないので分かりませんが

由紀子にとっては
居心地のいい場所を見つけたと
思っています。


=END=
コメント